「転勤で引っ越ししなければならないが、引越し費用がない」
「事故にあってしまって保険でカバーしきれない。でもお金がない……」

20万円や30万円のまとまったお金が突然必要になることは、人生で何度か訪れるものです。しかもそういう時に限って、大きな出費をしてしまった後だったりします。

数万円程度であれば、親類や知人に借りたり、不用品を売ったりして準備できることもあるでしょう。

しかし20~30万円というまとまった金額は、そうそう簡単に工面できるものではありません。

そんな時に頼りになるのが「カードローン」です。

カードローンは担保も保証人も必要がなく、20~30万円のお金を最短で即日融資してもらうことも可能です。

こちらの記事ではカードローンで上手に利用して、お金のピンチをスマートに乗り切る方法をお伝えします。

30万円までの即日融資なら大手消費者金融を選択

30万円までの即日融資なら大手消費者金融を選択

親類や友人に20~30万円もの借金は頼みづらいですし、またポンと貸してくれるケースはレアケースです。

しかし、銀行や消費者金融会社などの金融機関であればお金を貸すのが本業ですから、後ろめたい気持ちにならずに借入申込ができます。

特に、20万円~30万円のお金をその日のうちに手にしたいと思うのであれば、大手消費者金融のカードローン一択となります。

カードローンのメリットや、即日融資ならなぜ大手消費者金融なのかなどの理由を説明していきます。

借り入れの限度額について知りたい方は「いくらまで借りられる?消費者金融のキャッシング枠(限度額)について検証してみた」の記事もご参考ください。

カードローンはお金の使いみちが自由

一般的に銀行などのローン商品は、「住宅ローン(家を買う)」や「マイカーローン(自動車を買う)」などお金の使いみちが決まっており、その購入に対して必要な金額を申請して借りるというものです。

これに対しカードローンは基本的に使いみちは自由です。

お金の使いみちが自由というのは大きなポイントであり、カードローンの真価の1つがここにあると言って良いでしょう。

使いみちが決められているローンでは、実際にお金を何に使ったかの証明が必要です。

たとえば教育ローンなら学校などへ支払った証明として、領収書の提出や金融機関からの振込が求められます。

このような確認を「資金使途確認」と言いますが、かなり厳格なルールなので「融通が利かない」と感じる方も多いでしょう。

カードローンなら何に使っても自由ですし、原則としてお金の使いみちを確認されることもありません。

※審査時にごく簡単に使いみちを聞かれる場合はあります

プロミス

総合評価

  • 4.8点
実質年率 利用限度額 無利息期間
4.5%~17.8% 最大500万円 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
事前審査 最短15秒回答 最短30分※

おすすめポイント

  • 金利が17.8%で他の消費者金融より低め!
  • 初回借入れの翌日から30日間は利息0円!※
  • 国内外20万ヶ所以上の施設で割引優待サービスを受けられる!

※スマートフォンからの申込で「少ない項目で最短15秒回答」を利用した場合。「少ない入力項目で最短15秒回答」の申込みは9:00~21:00まで。「少ない入力項目で最短15秒回答」での融資上限は50万円まで。審査回答までの時間は、状況により異なります。申込みの時間帯や、利用する銀行によって、振込みまでの時間が異なる場合あり。事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。

プロミスの融資をご検討の方は下記もご参考ください。
プロミス審査の申し込み流れ|キャッシングから返済までを解説
プロミスの最低返済額は毎月いくら?お得に返済するために知っておくべきこと

カードローンの審査突破は、決して難しいものではない

住宅ローンなどの高額ローンでは、準備や記入する書類も多く、審査通過も決して簡単ではありません。

しかしカードローンは「小口のスピード融資」に力を入れているため、申込は24時間、365日ネットから行えます。

審査に関しても大手消費者金融なら最短30分、銀行カードローンであれば翌営業日以降に結果が知らされることが多く、住宅ローンなどど比較してもかなりスピーディであり、審査はさほど厳しくはないと言えます。

即日融資なら選択肢は銀行ではなく消費者金融のみ

カードローンは銀行や消費者金融などで取り扱いがありますが、残念ながら銀行カードローンは即日融資に対応していません。

2018年以降、銀行はカードローンの申込みを受けた時に警察庁の反社会勢力データーベースの照会し、不適切な融資にあたらないかの確認が義務付けられたためです。

(データーベースの照会の回答は最短で翌営業日となります)

これに対して消費者金融6社アイフルプロミスアコムSMBCモビットレイクALSA)、J.Score(ジェイスコア)は、基本的に即日融資に対応しています。

土日祝日であっても申込タイミングによっては即日融資に対応できる場合もあるので、ぜひチェックしてみて下さい。

即日融資に関してもっと詳しく知りたい人は、

の記事も参照してください。

30万円は即日融資にちょうどいい金額

30万円の即日融資で喜ぶ男性消費者とレクチャーするFP

20万円~30万円というと、多くの人にとっては「大金」に感じられることでしょう。

このような大金を融資してもらうのは、審査通過が難しいと思われるのも無理はありません。

しかし金融機関にとって、20万円~30万円の融資は「かなり小口」の金額です。

たとえばマイカーローンでは数百万円、住宅ローンでは数千万円もの融資額になってきます。

それらに比べると20~30万円は、金融機関からすれば少額であるというのがイメージできることでしょう。

ちなみに、50万円を超える借入申込では収入証明書の提出義務があり、審査レベルも1段階アップします。

20~30万円の借入であれば基本的に収入証明書の提出義務はないので、その意味でも金融機関にとって貸し出しやすく、お手軽な金額というわけなのです。

※他社の借入を合算して100万円を超える場合は収入証明書の提出義務があります

20万円や30万円を借りるための最低条件

カードローンの審査通過は決して難しくはありませんが、いくつかの最低条件はクリアする必要はあります。

以下のような「年齢」&「収入」については、すべてのカードローンで必須条件となっています。

  • 年齢条件:満20歳以上~おおむね69歳まで
  • 収入条件:本人に安定した収入があること

※カードローン会社により上限年齢設定が異なる場合があります
※銀行カードローンでは配偶者の収入で利用できる場合があります

仮に30万円を借りるとなると、総量規制(次の項にて詳しく説明します)をクリアするために年収は最低でも90万円必要です。

※あくまでも最低条件なので、90万円の年収があれば必ず30万円借りられるわけではありません。

また、銀行カードローンの場合は原則として「保証会社の保証が得られること」という条件が追加されます。

いずれにせよカードローンは他のローンに比べれば申込ハードルはかなり低めです。

カードローンを利用できる年齢については「年齢制限なしのカードローンはある?未成年や高齢者が借りるときの注意点」で解説しています。

消費者金融の限度額は「総量規制」に注意

消費者金融のカードローンの利用で注意すべきなのが「総量規制」です。

総量規制とは「借りすぎ」や「貸しすぎ」を抑えるために、年収の3分の1までに貸金業者からの借入を制限する法規制のことです。

消費者金融は総量規制を守らなければ、厳しい行政処分を受けかねません。

そのため消費者金融では、年収の3分の1を超える借入はできないことになります。

※総量規制にはおまとめローンなど、一部「例外」と「除外」規定があります

厳しいように感じるかもしれませんが、総量規制の範囲で借りることで返済トラブルの心配が少なくなります。

即日融資を受けるなら申込時間に注意

即日融資の申込時間を注意するFPと青ざめる若手男性消費者

大手消費者金融であれば、基本的に即日融資に対応していますが、24時間いつでも対応してくれているわけではありません。

融資を受けるには必ず審査を通過する必要がありますが、土日祝日営業の消費者金融と言っても、深夜~翌朝は審査がお休みとなっています。

また最短30分審査をうたう消費者金融であっても、終了時間ギリギリの申込だと審査結果通知が翌日に繰越になることもあります

各企業により変動はありますが、審査可能時間は9時~20時としているところが多いです。審査に最短30分、そこから契約を行うことを考えると、19時までには申し込んでおくといいでしょう。

スムーズな審査に進むためにも、カードローンを利用したいと思ったらすぐにインターネット(パソコン・スマホ)から申し込み手続きをしておき、なるべく早く審査に臨めるように準備してください。

消費者金融自動契約機の営業時間も考慮

即日融資を受けるためには、審査に通過した後に契約手続きを行わなくてはなりません。そこで、即日融資対応可能な消費者金融の、自動契約機営業時間を下記にまとめました。

営業時間は申込タイムリミットではなく「実働時間」ですので、申込と審査にかかる時間を逆算して申込スタートする必要があります。

即日融資を希望するなら営業終了時間から遅くとも1時間前には申込を完了しておいてください。

ちなみに自動契約機というと、コンビニATMのように24時間営業のイメージがあるかもしれませんが、深夜早朝は休止しています。

自動と言っても、じつは遠隔カメラの向こうでは審査担当者が対応しているので、完全に全自動というわけではありません。

自動契約機で営業時間ギリギリに飛び込んでも、即日融資は間に合わない場合があります。

1分でも早いタイミングで申込することで、即日融資の可能性が高まります。

金融業者名自動契約機の営業時間
アイフル8:00~22:00
プロミス9:00~21:00
アコム8:00~22:00(年末年始以外無休)
レイクALSA平日・土曜日:8:00~24:00
日曜日・祝日:8:00~22:00
毎月第3日曜日:8:00~19:00
SMBCモビット9:00~21:00
J.Score(ジェイスコア)自動契約機なし

※自動契約機の営業時間は、各社とも店舗により営業時間が異なる場合があります
※レイクALSAでは「初めての申込」の即日融資は8:00~22:00となります

借入までに余裕があるなら銀行カードローンもおすすめ

借入に余裕がある若手男性消費者に銀行カードローンをすすめる女性行員

即日融資がマストであれば、カードローンの選択肢は消費者金融から選ぶしかありません。

しかし翌営業日~1週間程度は待てるのであれば、銀行カードローンを含めて検討できるようになります。

実は、銀行カードローンは即日融資には対応できない反面、適用金利が年3%程度消費者金融よりも低いというメリットがあるのです。

基本的に同金額かつ同期間借りるのであれば、低金利の銀行カードローンのほうが支払利息を少なくできます。

とくに1年以上の長期にわたって借入するなら、銀行カードローンの低金利が効いてくるのです。

借りるのも返すのも「すぐ」ではない場合、銀行カードローンを優先して検討してみましょう。

楽天銀行での融資をご検討の方は、「楽天銀行スーパーローン」に関しての詳細が分かるこちらの記事も参照してください。

数カ月程度の借入なら無利息期間のある消費者金融がお得な場合も

適用金利で消費者金融は銀行カードローンにかないませんが、30日間程度の短期間での返済ができる予定があるなら、無利息でお得になるサービスを検討してみましょう。

先に挙げた消費者金融6社の中で、アコムプロミスアイフルレイクALSA※の大手消費者金融4社では、初めての契約時には一定期間無利息になるサービスが利用できます。

※Web以外の無人店舗やお電話で申込むと、お借入額全額30日間無利息またはお借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。30日間無利息、60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。無利息期間経過後は通常金利適用。貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。

この無利息期間サービスは、基本的に大手消費者金融ならではのサービスと言えます。

無利息期間内であれば、利息はもちろん付きませんので言わば金利0円。元本のみの返済でOKです。

返済条件にもよりますが、おおむね半年以内であれば無利息期間のある消費者金融のほうがお得です。

無利息期間については「無利息期間があるカードローンを比較!損せずに借入するために知っておくべき3つのこと」の記事もご参考ください。

まとめ

こちらの記事では20万円~30万円を借りたい場合の消費者金融活用法について解説しました。

最後にもう一度大切なポイントを振り返っておきましょう。

  • 20万や30万円を即日で借りたいなら大手消費者金融から選ぶ
  • 20万や30万円を借りるのは、審査通過のハードルは決して高くはない
  • 消費者金融でも24時間即日融資対応ではなく、なるべく早いタイミングでの申込が大切
  • 日数的に余裕があるなら銀行カードローンも視野に入れる

これらのポイントを理解していただいたことで、お金を借りることに関しての不安や疑問をある程度解消できたのではないでしょうか。

ぜひ参考にしていただき、お金のピンチをのりきってください。

三菱UFJ銀行カードローン

総合評価

  • 2.9点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年1.8%~14.6% 最大500万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
最短翌日 最短翌日

おすすめポイント

  • 三菱UFJ銀行ATMと提携ATMで手数料が無料
  • 銀行口座を開設しなくても利用可能!
  • 金利年1.8%~14.6%とお得

武藤 英次

ファイナンシャル プランニング技能士 二級・元銀行員

武藤 英次

資格
ファイナンシャル・プランニング技能士 二級・宅地建物取引士・銀行業務検定(法務・財務・税務・投資信託)・日本証券業協会一種外務員資格試験合格
経歴
成蹊大学経済学部経営学科卒。地方銀行勤務中にカードローンを含む個人・法人の融資業務等を幅広く担当。
2016年3月に美樹ライティングオフィスを開業し代表を務める。
趣味は一眼レフでの写真撮影、5人家族でのおでかけ、ピアノ演奏、甲子園を目指す長男の高校野球応援など。
カナヘイのピスケ&うさぎグッズを大量コレクト中。