SMBCモビットでは、勤め先確認の電話連絡なしで即日融資が受けられます。

カードローンの審査の不安要素のひとつが会社への電話ですので、これをナシにできるのはかなり大きなメリットですよね。

しかし、即日融資は時間が重要な鍵を握っているため、タイムリミットを気にしなくてはいけません。

そうでないと「間に合わなかった・・・」と即日融資に失敗してしまう可能性が高まります。

失敗しないためにも、SMBCモビットの即日融資に関しての正しい知識を身に付けるべきです。

この記事を読んでもらえれば、それが可能になり、SMBCモビットの即日融資を成功させることができますので、ぜひご参考にしてください。

SMBCモビット

WEB完結だからスピーディー!

総合評価

  • 3.7点
実質年率 利用限度額 無利息期間
3.0%~18.0% 最大800万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
10秒簡易審査 最短即日※ -

おすすめポイント

  • WEB完結申込!!
  • WEB完結なら電話連絡・郵送物なし!!
  • 来店不要で契約ができる!

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットの即日融資なら手続きを14時50分までに終わらせる!

SMBCモビットで即日融資を受けるなら、「WEB完結」がもっともスピーディーでおすすめです。

WEB完結とは、申し込み~融資までのすべてがネット上で完結する申込方法です。

連絡はメールのみとなり、カードの発行もないため、電話や郵送物なしで借入まで完了できるため非常に素早く借入可能ですね。

ただし、「平日14時50分」までというタイムリミットがあるので注意しておきましょう。

WEB完結の場合、銀行振込によって融資を受けることになります。

SMBCモビットの場合、銀行振込は平日14時50分までとなっているため、この時間内にすべての手続きを終えなくてはいけません。

そうした事からこの時間に注意して、できる限り早めの時間帯に申し込みをしておくのがおすすめです。

どんなに遅くても、13時くらいまでには申し込みを完了させておくのが良いかと思います。

ただ14時50分もローン申し込み機での申請であれば21時まで可能性があります。また、土日祝日の14時50分以降にSMBCモビットで融資を希望なら、こちらを参考にしてください。

SMBCモビットで土日祝日と14時50分以降の融資

WEB完結には利用条件があるので要確認!

先に紹介したWEB完結には利用条件があります。

その利用条件とは以下の2つです。

  1. 三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの口座があること
  2. 上記の口座を振込貨付と口座振替にすること

また、次の3点の書類提出も必要になります。

本人確認書類
(右のいずれか1点)
運転免許証・パスポート
収入証明
(右のいずれか1点)
源泉徴収票・納税通知書・所得証明書・確定申告書・給与明細(直近2ヶ月分)
勤め先を確認できる書類 (右の2点) 健康保険証※・給与明細(直近1ヶ月分)

※ 保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。

SMBCモビットで最速即日融資の手順はこれ!

SMBCモビットでの最速融資の手順は以下のようになります。

  1. SMBCモビットの公式サイトから 「WEB完結申込」
  2. フリーコールへ電話
  3. 審査
  4. 書類提出
  5. 入会手続(契約)
  6. 融資

申し込み~フリーコールへ電話

SMBCモビットの公式サイトには、「カード申込」と「WEB完結申込」の2種類がありますので、WEB完結申込を選択します。

なお、「カード申込」でも即日融資を受けられますが、その場合は電話があり、入会手続後に「カードと入会申込書が郵送される」ので注意しましょう。

申込後は、「フリーコール(0120-03-5000)」に電話するのがおすすめです。

そうすれば審査を優先的にしてもらえるため、審査時間を短縮できる可能性が上がります。

審査~書類提出

審査は最短30分で終了し※WEB完結の場合、結果はメールで通知されます。(通常はメールまたは電話)

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

審査通過後は「本人確認書類」や「収入証明」などの必要書類をネット上からアップロードします。

入会手続~融資

提出した書類に問題がなければ、入会手続をネット上からします。

ここまでの手続きが平日の14時50分までに完了していれば、指定口座に限度額の範囲内で希望額を当日中に振込してもらえます。

SMBCモビットで土日祝日と14時50分以降の融資

先述した通り、SMBCモビットでは振込なら平日の14時50分までしか即日融資できません。

しかし、土日祝など「平日14時50分以降に即日融資を受けたい!」という人も多いでしょう。

その際は、「三井住友銀行のローン契約機」でモビットカードを発行してATMで借入すればOKです。

三井住友銀行内のローン契約機は全国に約400台も設置されており、それらは基本「9:00 ~18:00(一部店舗では営業時間が異なります)」まで利用可能です。

このため、平日14時50分以降でもこのローン契約機でカードを発行して、ATMから借入すれば当日中に借入可です。

三井住友銀行はその場に銀行ATMがあるため、カード発行後すぐに借入可能です。

しかも利用手数料も無料であるというのもメリットです。

そのほか、モビットカードを利用できる主なATMは以下のとおりです。

要チェック!

  • 三井住友銀行(利用手数料無料)
  • 三菱UFJ銀行
  • セブン銀行
  • ローソン銀行
  • イーネット
  • ゆうちょ銀行

三井住友銀行以外では、「1万円以下で110円」・「1万円超で220円」の利用手数料が発生するため気をつけておきましょう。

土日祝日にSMBCモビットに申し込む事を考えている人は「SMBCモビットは土日祝日でも審査OK!借入・返済・問い合わせ先まとめ」を合わせてご覧ください。

三井住友銀行ローン契約機を利用すると郵送物が発生するので注意!

SMBCモビットでは、三井住友銀行ローン契約機を利用すると郵送物が発生します。

後日、「入会申込書」などが自宅に郵送され、必要事項を記入して返送しなくてはいけません。

他の大手消費者金融のように自動契約機を利用したからといって、郵送物をナシにできるわけではないので注意しましょう。

SMBCモビットの勤め先確認

SMBCモビットの審査には「勤め先確認」があります。

しかし、先にお伝えしたようにSMBCモビットにはWEB完結があり、「勤め先を確認できる書類」が勤め先確認になりますので、会社への電話は回避可能です。

このため、SMBCモビットは勤め先確認の電話なしにできる数少ないカードローンですね。

ただし、「WEB完結が利用できない・・・」という人は通常通りの勤め先確認が行なわれます。

そこでこの章では、そんなSMBCモビットの勤め先確認について解説していきます。

勤め先確認は「担当者の個人名・非通知」が基本!

SMBCモビットの勤め先確認は「担当者の個人名・非通知」が基本です。

担当者の個人名を名乗るため、決してSMBCモビットという社名は出しませんし、カードローンの勤め先確認であることも告げません。

電話番号も非通知でかけるのが基本なため、かけ直されてしまう危険性もありません。

このため、SMBCモビットの勤め先確認であなたがキャッシングしようとしていることが会社の人にバレる心配はほとんどないんですね。

勤め先確認が土日祝日でできない場合

「申込日は土日祝日なので勤め先確認ができない」このようなケースもあるかと思います。

そのような場合、申込体験者の口コミを確認していると、勤め先確認ができるまで少額融資されるケースもあるようです。

たとえば、本来は限度額50万円のところ、10万円だけなら借入OKというような感じですね。

ただし、これはあくまで特例措置ですので、可能かどうかは担当者の判断次第になってきます。

このため、そうしたケースもあるかもしれないというくらいに判断してください。

なお、土日祝でも会社に誰かいる場合であれば、その人が対応しても勤め先確認されたことになります。

勤め先確認は単に「申込者は申告した職場にちゃんと在籍しているか?」という部分を確かめるものでしかないため、必ずしも申込者本人が対応する必要はないのです。

そのため、会社の同僚や上司が「本日は出社しておりません」などと対応しても、勤め先確認はクリアできます。

SMBCモビットで増額を即日融資してもらうには

SMBCモビットではある程度の借り入れ利用実績を積めば、限度額を増額にしてもらうことが可能です。

では、「当日中に増額してほしい!」こんなことは可能なのでしょうか?

結論から言いますと、残念ながら難しいです。

増額には審査があり、審査には3日程度の時間がかかるケースが多いようです。

少なくても当日中に審査が終わるケースは少ないと考えるべきでしょう。

増額後はすぐにその金額が利用できますが、このように当日中に審査が終わらないケースが多いため、増額で即日融資というのは困難かと思います。

ただし、「当日中に増額してもらった」という口コミも少数あるため、ダメもとでもやってみる価値はあるでしょう。

そこでSMBCモビットの増額について解説しておきますので参考にしてください。

増額には半年程度の利用実績が必要!

前提として、SMBCモビットで増額するには半年程度の利用実績が必要です。

このため、契約してすぐの増額はできません。

また、ただ単に半年程度経っていれば良いわけではなく、きちんと返済期日を守っている必要があります。

そうでなければ、増額申請をしても審査落ちになってしまう可能性が高いでしょう。

増額の方法と必要書類

増額の方法は以下の2つです。

  1. 会員ページMyモビ
  2. 電話(0120-24-7217)

必要書類は「収入証明」となり、以下のいずれか1点を提出することになります。

  • 給与明細書(2か月分・賞与明細書がある場合はそれも合わせて提出)
  • 源泉徴収票
  • 税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書

増額審査に通りやすいのはこんな人!

SMBCモビットの増額審査に通りやすいのは以下のような人です。

SMBCモビットの増額審査に通りやすい人
    • SMBCモビットの利用実績が十分ある

 

    • しっかりと返済期日を守っている

 

    • 前回の契約時よりも年収がアップしている

 

  • 前回の契約時より他社借入が減っている

SMBCモビットの利用実績が十分ある

SMBCモビットの利用実績が十分ある人ほど審査に有利です。

先にもお伝えしたように、増額にはSMBCモビットの利用実績が半年程度あることが条件です。

また、定期的な利用(借入)がある人は、「増額すれば、また利用してくれる可能性が高い」と判断され、増額に有利に働く可能性もあります。

しっかりと返済期日を守っている

しっかりと返済期日を守っている人ほど、「お金に関して信頼できるし返済能力にも問題ない」と判断されやすいため増額してもらいやすいです。

これはSMBCモビットの返済はもちろんですが、他社のクレカやローンの返済期日も同様です。

クレカやローンなどの返済状況は「信用情報機関」に記録され、SMBCモビットは審査時にその情報を確認します。

なぜなら、他社に返済できていない人に増額するのはリスクが高いからです。

そのような人はSMBCモビットの返済も延滞する可能性があり、最悪の場合は「貸し倒れ(返済してもらえず赤字になること)」になる可能性があります。

よって、増額審査では他社の返済状況もしっかり確認されます。

前回の契約時よりも年収がアップしている

前回の契約時よりも年収がアップしている人は増額に有利となります。

基本的に年収が多い人ほど、お金に余裕がありますので返済できる余力も大きくなります。

そうした事から、「増額しても問題ない」と判断されやすくなるのです。

前回の契約時より他社借入が減っている

前回の契約時より他社借入が減っていれば、その分だけ毎月の返済負担も減ります。

そのため、「返済できる力が大きくなった」と判断してもらいやすくなり、審査にも有利に働くのです。

ここでいう他社借入というのは、カードローンやキャッシング、フリーローンなど「無担保ローン」である現金の借入が中心です。

よって、これらの借入がある場合はそれらを優先的に減らしたいところ。

ただし、住宅ローンやマイカーローン、クレジットカードの利用分なども他社借入として扱われる可能性もありますので、できればそれらも減らしておきたいところです。

SMBCモビット

WEB完結だからスピーディー!

総合評価

  • 3.7点
実質年率 利用限度額 無利息期間
3.0%~18.0% 最大800万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
10秒簡易審査 最短即日※ -

おすすめポイント

  • WEB完結申込!!
  • WEB完結なら電話連絡・郵送物なし!!
  • 来店不要で契約ができる!

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

まとめ

SMBCモビットでは即日融資が可能ですが、以下のようにタイムリミットがあります。

  • 銀行振込の場合は平日14時50分まで
  • 三井住友銀行のローン契約機は9時~18時まで
    (一部店舗で異なる場合あり)

特に銀行振込の場合は平日14時50分までとなり、土日祝に対応していないので注意が必要です。

土日祝などの平日14時50分以降に即日融資を受けたい場合は、三井住友銀行ローン契約機でカードを発行し、提携ATMから借入する必要があります。

このようにSMBCモビットの即日融資には時間制限がるため、その時間内にすべての手続を完了できるように余裕を持って申し込みましょう。