1. ナビナビキャッシング トップ
  2. プロミス審査の申し込み流れ|キャッシングから返済までを解説

  • はい
  • いいえ

プロミス審査の申し込み流れ|キャッシングから返済までを解説

プロミス審査の申し込み流れ|キャッシングから返済までを解説
初心者向けガイド
プロミスでの借り方 プロミスの審査
プロミスのWEB完結 プロミスの土日融資
プロミスの返済 プロミスの口コミ

テレビCMでおなじみの大手消費者金融「プロミス」。

有名な消費者金融ですが、プロミスがどんなサービスなのかプロミスを利用しても大丈夫なのか不安になりますよね。

お金を借りたあとで「やっぱりあっちの会社にしておけばよかった…」と後悔することだけは避けておきたいはずです。

念のためお伝えすると、プロミスは当サイトにおいて人気ランキング1位であり、各スペックを総合的にみてもおすすめできる消費者金融です。プロミスでいいのか心配だな…という人でも安心していただければと思います。

とはいえ、なにが良いのか分からないと不安でしょう。

この記事では、「金利」「借入限度額」「手数料」「返済の利便性」「無利息期間」「審査時間」の6つの観点で、プロミスと大手他社(アコム、アイフル)のキャッシング・カードローンを徹底的に比較しています。

さらに、実際にプロミスを利用した人の口コミから、プロミスのメリットとデメリットを洗い出しました。

少々ほかのサイトと比べて内容が濃く、すべてを読むのは疲れるかもしれません。

しかし、こちらの記事をひと通り読めば、「プロミスで借りるべきか、ほかの会社で借りるべきか」を判断できるようになるでしょう。

▼おすすめ記事

プロミスの審査とは

プロミスの審査とは

即日融資が可能なプロミスを利用したい!と思っても、まずは審査に通過しなければなりません。

プロミスの審査は一体どのような内容なのでしょうか。

プロミスの審査基準

まず、プロミスに申し込むにあたり最低でも次の条件に当てはまる必要があります。

  • 年齢20~69歳
  • ご本人に安定した収入のある方

銀行などのカードローン商品の中には、「配偶者に収入があれば専業主婦でも利用可」なものもありますが、プロミスでは収入のない専業主婦などは利用することができません。

なぜならば、プロミスをはじめとする貸金業者は法律によって「利用者の年収の3分の1以上」を貸し付けることを規制されています。(貸金業法の総量規制による制限)つまり、収入がある人にしかお金を貸すことができないのです。

逆に言えば、正社員ほどの給与水準でなくても、パート・アルバイトなどで安定した収入があれば、主婦・学生の人でも申し込みが可能です。

プロミスの審査に落ちたらと不安なら「お借入シミュレーション」を活用

実際に申し込んでプロミス審査に落ちたらどうしよう・・・と不安になる人は多いでしょう。

確かにプロミスの審査は甘くはありません。なので不安になる気持ちは分かります。

そんな不安な方にオススメなのは、プロミスの「お借入シミュレーション」です。借り入れできるかどうかをネットで簡易的に診断できるツールで、「生年月日」「年収」「現在のお借入れ金額」のたった3項目を入力するだけで仮診断を受けることができます。

簡易的なものですのでプロミスの仮審査・本審査の通過を100%保証するものではありませんが、ひとつの目安にはなるでしょう。

▼消費者金融の審査について詳しくはこちらの記事をチェック

必要な書類

プロミスで借入するための申し込み必要書類は下記のとおりです。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 健康保険証※1+1点(住民票等)
  • パスポート
収入証明書類(プロミスで50万円を超える、もしくは他社との借入合計額が100万円を超える場合のみ提出要)
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書

※いずれも有効期限内、最新のもの
※外国籍の方は在留カードまたは特別永住者証明書を併せて提出要
※1.保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。

上記書類を提出する前に、「住所の記載」と「有効期限」を必ず確認しておきましょう。もし、本人確認書類の住所と申し込みフォームに記入した住所が異なる場合には、現住所を証明するために公共料金等の領収書が必要となります。提出書類が否決になってしまうと即日融資を受けられなくなる場合もありますので、必ず事前にチェックしておきましょう。

在籍確認について

在籍確認とは、キャッシング会社が利用者の勤務先に対して、在籍事実を確認する手続きのことです。主な手続き方法は電話連絡で、利用者が本当に在籍しているかどうか、電話応答にて確認します。

もちろん、電話連絡の際に「プロミスですが」なんて言おうものなら、すぐに借り入れの事実が周囲に漏れてしまうため、会社名ではなく担当者の個人名で連絡が入ります。したがって、周囲にバレてしまうことはまずありませんので安心してください。

プロミスの在籍確認についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

審査をスムーズに進めるコツ

プロミスの審査をスムーズに進めるためのコツは、「インターネットで申し込みすること」です。

プロミスの申し込み方法はたくさんありますが、インターネットでの申し込みが最も便利かつ効率的です。審査をスムーズに進めるため必要書類を事前に確認し、インターネットから申し込みしましょう。

プロミスの審査に落ちたときはどうすればいい?

審査に落ちたとしても、お金が必要な状況は変わりません。ほかの消費者金融での借り入れを検討する方は少なくないでしょう。

しかし、「なぜ審査に落ちたのか」を分かっていないと、次のところでも同じ結果を招く可能性があります。

審査に落ちたときは、次の項目に当てはまらないかチェックしてみてください。

他社借入額が年収の3分の1を超えていないか

プロミスをはじめとする貸金業者は、貸金業法で定められた「総量規制」の対象です。総量規制とは、借り入れ残高が年収の3分の1を超える場合に、新規の借り入れを制限するものです。

プロミスに申し込んだ時点でほかの消費者金融などからお金を借りていませんか?既に年収の3分の1ギリギリな場合は、プロミスの一次審査通過ですら難しいと考えた方が良いでしょう。

過去に延滞を繰り返していないか

審査では、申込者に返済能力があるかどうかを見られます。ひとつの指標として、安定して十分な収入があるかどうかが見られますが、それだけではありません。

「過去にトラブルなく、滞りなく返済できているか」が非常に重要です。自分がお金を貸す立場だったら…と想定すると、その重要性は納得できるのではないでしょうか。プロミスも同じです。

貸金業を営む事業者は「個人信用情報」で、申込者の借り入れ・返済記録を確認することができます。もし過去に延滞などのトラブルがある(事故情報が記録されている)場合は、それが他社での出来事であってもバレてしまうのです。

なお、個人信用情報への「返済状況に関する情報」の登録期間は「契約継続中及び完済日から5年を超えない期間」と定められています。

一度に複数のカードローン・キャッシングに申し込んでいないか

カードローン・キャッシングの申し込み履歴は、個人信用情報に記録されます。申し込んだ事実自体は、特に問題はありません。

しかし、短期間に複数社へ申込をしている状況は、貸す側からすれば「金策に走るほど相当困っている」と見れます。月に1~2社程度ならまだしも、3~4社の申し込みはマイナス印象となりえます。

なお、個人信用情報への「申込みに関する情報」の登録期間は「申込日から6ヵ月を超えない期間」と定められています。最初の申し込みから6ヶ月経てば、個人信用情報上の「カードローン申込」記録は消えるということになります。

以上、3つのチェックポイントを紹介しました。

筆者としては、上記いずれかに当てはまる人は新規の融資を受けない方が良いと考えます。

ほかの貸金業者に申し込んで審査が通ったとします。その時は助かるかもしれませんが、自分の首をさらに絞めることになります。その場を乗り切ることを考えてしまいがちですが、「この先」のことをしっかり考えることが解決の近道です。

3つのチェックポイントに該当しない場合は、プロミスによる審査を避けて別のカードローンに申し込むのもひとつの方法です。プロミスは一部金融機関の保証会社を担当しており、プロミスの審査に落ちてしまった人がそのようなカードローンに申し込むと、審査に悪影響が出る可能性があるからです。

プロミスが保証会社をしていないカードローンは、「プロミスの保証会社はなし!プロミスが審査を担当しないカードローンも紹介」で解説していますのでぜひ参考にしてみてください。

プロミスの申込方法

プロミスの申込方法

プロミスの申し込み方法は下記のとおりです。インターネットが待ち時間も少なく常に申し込めるためおすすめですが、ご都合に合わせて様々な申込方法が用意されています。

申し込み方法 特徴
インターネット 24時間365日申し込みすることができます。待ち時間や混雑する時間帯などの影響を最小限に抑えることができるため、最も時間のロスが少ない申し込み方法です。プロミスは「web完結」というサービスを取り扱っており、全ての手続きをweb上で完結することも可能です。
電話 全日9:00~21:00の間で利用できるフリーコールから申し込みする方法です。相談しつつ手続きを行うことができるため、安心して契約することができます。ただし、混雑するケースも多く、待ち時間を考慮したうえで利用する必要があります。
無人契約機 全日9:00~21:00で利用できる申し込み方法です。申し込みから審査の実施、カードの発行までを一貫して行うことができます。ただし、すでに利用中の先客がいた場合は待ち時間が発生するため、時間に余裕を見て利用する必要があります。
サービスプラザ(店頭) 店頭で申し込みする方法です。営業時間は平日の10:00~18:00までとなっており、それ以外の時間帯では利用することができません。スタッフと直接相談することができ、安心して契約することができます。その他の方法よりも営業時間が短いため、時間的な制約の大きい申し込み方法です。
郵送 プロミスATMや店頭窓口に設置している申込書を記入し、郵送にて契約する申し込み方法です。インターネットが苦手な方でも手続きすることができますが、郵送にかかる時間が長く、融資までに1週間程度の時間を要します。お急ぎの方は、他の申し込み方法を選択してください。

プロミスのWeb完結とは?

プロミスでは「カードのいらないカードローン」とのうたい文句でWeb完結サービスを行っています。
申込・契約(口座開設)・借入・返済までWebで全て手続き可能で、郵送物もなしにできます。

また審査スピードもスマホからの申し込みなら、事前審査が最短15秒回答と早く、即日融資にも対応しています。

Web完結のポイントをまとめると、次の7点となります。

  • パソコン・スマホ・ケータイから24時間365日いつでも申込可能
  • スマホ申込みの事前審査は最短15秒回答のスピード審査
  • メールか電話のどちらか希望した方法で契約可能額を連絡してくれる
  • 返済方法として口座振替が必須
  • カードの発行がなく郵送物もなし
  • 即日融資も可能
  • 金融機関口座へ融資金を振込

プロミスのWeb完結では、郵送物がなく、契約可能額の連絡もメールで行われます。
そのため、あまり家族に借入れを知られたくない場合には適しているでしょう。

融資金は既に持っている口座に振り込んでもらえます。
そのためキャッシュカードを用いてATMから好きな時に引き出すことができるのです。

また、最短15秒回答のスピード審査で即日融資に対応していることも評価できます。
急いで内緒で借入れしたい場合に、プロミスのWeb完結はおすすめと言えるでしょう。

プロミスでWeb完結を利用する際の注意点

プロミスのWeb完結を利用するためには条件があります。

以下の二つに当てはまるか、申込前にチェックしておきましょう。

要チェック!

  • 口座振替を利用予定の金融機関で本人確認が完了していること
    (本人確認ができていない場合は契約書類の郵送が必要になります)
  • Web完結を利用できない金融機関も一部あること
    (Web完結が利用できる金融機関はこちらでチェック)

プロミスのWEB完結についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

プロミスの即日融資の流れと注意点

プロミスの即日融資の流れと注意点3

プロミスは審査スピードが早いため、即日融資が可能です。ここでは次の2つを紹介いたします。

  • 最短で融資してもらう方法(カードレスによる銀行振込)と時間
  • 自動契約機を利用した即日融資の方法

急いでいる方は次の「最短で融資してもらう方法」をご覧ください。

最短で融資してもらう方法(カードレスによる銀行振込)と時間

プロミスで最短融資を受ける方法としてWeb完結の申込をし、カードレスによる銀行振込をしてもらう方法があります。インターネットでの申し込みは時間のロスが少なく、融資までの手続きをスムーズに完了することができます。

具体的な手順は下記のようになります。

  1. プロミスの公式ホームページへアクセスする
  2. 全ての情報を入力(※契約方法は「Web」を選択してください)
  3. プロミス審査の実施
  4. プロミス審査結果の回答
  5. スマートフォン等で必要書類の写真を撮り、プロミスアプリからアップロードする
  6. 次に、返済方法「口座振替」を選択
  7. 返済時の引き落とし口座を入力し、「カードの発行不要」を選択
  8. プロミスの公式ホームページから会員ページにログインし、「振込による融資」ボタンをクリック
  9. 振り込み口座を指定し、振り込み融資を受ける

上記手順をスムーズに完了することができれば、1時間以内に融資を受けることも可能です。

最短融資を希望する場合は、できる限り早い時間帯で申し込みを完了させておきましょう。

三井住友銀行やPayPay銀行をはじめとした、全国約200の金融機関を振り込み先に指定した場合は、最短10秒振り込みも可能な「瞬フリ」を利用して土日問わず24時間即時着金可能です。このケースに関しては、営業時間内で申し込み完了することさえできれば、即日融資を受けることができます。

※金融機関によって振込実施時間が異なるため、ご利用の金融機関の振込実施時間をご確認ください。
※メンテナンス時間は除く

次章では「自動契約機を利用した即日融資の方法」を解説しています。
振込以外の融資を希望の場合はこちらを参考にする方が良いかもしれません。

▼即日融資を希望する人は下記の記事もチェック

自動契約機を利用した即日融資の方法

インターネットでの申込後にカードの発行を自動契約機で行うことで即日融資する方法があります。移動の必要はありますがこちらは審査の実施時間が21時までと長いためぜひご検討ください。

具体的な手順は下記のようになります。

  1. プロミスの公式ホームページへアクセスする
  2. 全ての情報を入力する(※ページ中段の契約方法は「来店」を選択してください)
  3. プロミス審査の実施
  4. プロミス審査結果の回答
  5. スマートフォン等で必要書類の写真を撮り、プロミスアプリからアップロードする
  6. 返済方法「ATMによる返済」を選択
  7. 必要書類(※次章参照)を持参のうえ、自動契約機へ行く
  8. 契約書類の発行後、ローンカードを受け取りする
  9. 受け取ったローンカードを併設ATMへ挿入し、現金を引き出す

注意点としては審査の実施時間は、土日問わず9:00~21:00までとなっているため、ギリギリに申し込みした場合は翌日審査回答になる可能性があります。

確実に即日融資を受けるために、できる限り早い時間帯に申し込みを完了するようにしてください。

▼プロミスの自動契約機の使い方や注意点をチェック!

全国のプロミスATM・店舗情報

プロミスの全国にあるATM・店舗情報

自動契約機や併設されているATMはローンカードの受け取りや融資、返済などをスムーズに行うことができます。

最寄りの自動契約機の場所や営業時間、駐車場や最寄駅の情報をナビナビキャッシングではまとめていますのでぜひ活用してください。

▼プロミスの無人契約機の使い方や注意点をチェック!

プロミスのATMの使い方

プロミスではプロミスATMのほか、提携ATMでも借り入れが可能です。

ATMの操作方法は通常のATM利用とほとんど同じで、3ステップだけのかんたん操作です。

  1. 提携ATMにローンカードを挿入
  2. 「お引き出し」または「お借入」を選択
  3. 借りたい金額を入力

なお、借り入れ時にATM利用手数料がかかる場合がありますので注意して下さい。

ATMの種類 利用手数料
プロミスATM 無料
三井住友銀行ATM 無料
ゆうちょ銀行ATM 110円~220円
コンビニATM(E-net・ローソンATM・セブン銀行) 110円~220円

プロミスのatm・店舗利用の方法・選び方

プロミスのATM・店舗を利用する際は、先述したマップから最寄りの場所をクリックし、都合の良いところを探しましょう。もしくは、プロミス公式ホームページのトップページ上部、「店舗・ATM」ボタンから最寄りの場所を検索することも可能です。

勤務先に近い場所や近所にある端末など、ご自身にとって便利な場所を選びましょう。

ATMを利用する際は、必ずローンカードを持参してください。

また、自動契約機・有人店舗を利用する際は、本人確認のための免許証やパスポート等の本人確認書類を持参するようにしましょう。

有人店舗に関しては営業時間が10:00~18:00(土日祝日休み)と非常に短いため、時間に余裕を持って利用するようにしてください。

プロミスの自動契約機・atm利用時の注意点

プロミスの自動契約機・ATMを利用する際の注意点をそれぞれご紹介していきます。自動契約機・ATMを利用する際は、必ず下記の注意点を把握しておくようにしましょう。

自動契約機

自動契約機を利用する際は、手続きに必要な書類を必ず持参するようにしましょう。

必要書類としては、

  • 本人確認書類(※代表例:運転免許証)
  • 収入証明書類(※代表例:源泉徴収票)

の2つです。

これらの書類を忘れてしまった場合、ご自身にとってのデメリットが発生してしまいます。申込できなくなってしまったり、手続きに時間を要してしまったりと良いことはありません。

スムーズに申込を行い、最短融資を成功させるためにも、必ず事前に確認しておきましょう。

万が一手続きで困ってしまった場合は、自動契約機内に備え付けられている電話機を使って、プロミスのスタッフに直接相談してください。

ATM

ATMを利用する際は、基本的にローンカードを持参するようにしましょう。

ただし実は、プロミスには「アプリローン」というサービスがあります。万が一ローンカードを忘れてしまった場合でも、セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMと専用アプリを活用してローンカードなしで借入することができます。

もちろん、このサービスはWEB契約を利用している方でも同様に活用することができますので、ATMを利用したい方は必ず覚えておくと良いでしょう。

ただし注意点として、利用には申込の際に通知された「web-IDとパスワード」もしくは「カード番号と暗証番号」でアプリにログインする必要がありますので、ATMへ向かう前に必ずチェックしておくようにしてください。

万が一どちらもわからない場合は、プロミスコール(0120-24-0365)へ連絡を入れ、スタッフに確認してもらってください。

プロミスってどんな会社?

プロミスってどんな会社?

他社との比較に入る前に、プロミスの会社概要を簡単に紹介します(こちらは興味のない人は読み飛ばしても問題ありません)

プロミスは、株式会社三井住友銀行グループの子会社である「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」が運営する消費者金融です。

以前は独立した消費者金融でしたが、現在は三井住友銀行の完全子会社となっています。親会社が銀行であることも高い知名度・人気度の証なのではいでしょうか。

CM広告にも力を入れており、映画女優や俳優を多く起用しています。冒頭で触れたCMも頭に残っている人は多いのではないでしょうか。

また、プロミスの創業は1962年と古く、昔からあるアコム(創業1962年)やアイフル(創業1978年)よりも古い消費者金融となっています。

したがって、キャッシング利用者の中ではもちろんのこと、キャッシングを利用したことのない方の中でも高い知名度を誇っています。

また他社にはない、プロミス独自の特徴を簡単にまとめてみましたので参考にしてみてください。

プロミスは「便利さ」に関連する機能が充実しているサービスですから、「いつでもどこでも活用できる融資手段が良い」という方にピッタリだといえますね。

  • ローンカードを発行することなく融資を受けられる、「カードレスキャッシング」を取り扱っている
  • 借り入れ方法、返済方法ともに非常に多彩
  • 三井住友銀行のATMを手数料無料で利用できる
  • 無利息サービスの取扱いが「借入日の翌日から」
  • 「プロミスポイントサービス」でポイントを集めれば、無利息サービスや提携ATM手数料などの特典と交換できる

プロミスに適した人・適していない人

ここでは、プロミスに適している人・適していない人の特徴をまとめています。

プロミスに適している人
  • スムーズかつ簡単に手早く融資を受けたい
  • カードの受け取りや来店など、無駄な手間を徹底的に省きたい
  • アプリで融資を受けたい
  • 便利なサービスを選択したい
  • 三井住友銀行ATMをよく利用する
プロミスに適していない人
  • 職業が専業主婦、または収入が年金のみの方(※該当する方は、後述の「消費者金融で借り入れできない人もいる」で別の方法をご説明しますので、そちらをご覧ください)
  • 融資の素早さより、金利の低さを求めたい
  • 安定した収入がない
  • インターネットやスマホでの手続きが苦手

他社比較から分かるプロミスのメリット・デメリット

ここからは「金利」「借入限度額」「手数料」「返済の利便性」「無利息期間」「審査時間」の6つの観点から比較したメリット・デメリットを説明しています。

プロミスの公式サイトを見ただけでは分からない情報ですので、こちらは要チェックです。

プロミスのメリット

まずは他社比較から分かるプロミスのメリットから説明していきます。

メリット① 無利息期間が“初回利用”の翌日から発生

プロミスの大きなメリットの一つとして、30日間無利息サービスが挙げられます。

その名の通り、初回利用日の翌日から30日間無利息で利用することができる※サービスです。

※30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とweb明細利用の登録が必要となります。

例えば20万円を1ヵ月間借り入れした場合にかかる利息は2926円(年率17.8%の場合)です。

初回利用の翌日から30日間に返済するのであれば、利息がなんと...0円になるのです。

追加の利用があった場合も、初回利用から30日間分の利息はもちろん0円です。

このサービスは利用者にとって非常にお得なサービスなので、初めて利用する方は必ず活用しましょう。ご利用するには事前に以下のことをしておく必要があります。

  • 明細の受け取り方法を書面ではなくWeb明細に指定する
  • 申し込みの際にメールアドレスを登録する

プロミスの無利息期間についてはこちらの記事も参考になります。

ただ、このような無利息サービスは正直他のキャッシングサービスでも当たり前のように存在しています。

「じゃあ大したメリットでもないのでは?」と言いますとそうでもないのです。どういうことかといいますと、他社の無利息サービスは契約日の翌日から発生するのです。

他社の無利息サービスであれば、例えば何らかの事情により契約日から2日か空いた状態で初めて借り入れした場合、無利息が適応されるのは契約日からなので、その2日分の無利息期間を失ってしまったことになるのです。

それに対してプロミスであれば無利息期間が発生するのは初回利用の翌日からですので、契約日から借り入れする時間を気にする必要はりません。

メリット② 上限金利が低い

まずは各社の金利をまとめた以下の表をご覧ください。

サービス 金利
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%

プロミスの金利は4.5%~17.8%となっており他社と比べて上限金利が0.2%低くなっています。

消費者金融の金利は一般的に100万円以下の金利は18%に設定されていることが多く、プロミスはその中でも唯一18%を切る形になっています。

「0.2%?大した差じゃないのでは?」と思われるかもしれませんが、借入期間が長くなる程利息もかなりの額になり0.2%の差といえど決して侮ることは出来ません。

キャッシングの金利について詳しく知りたい方はこちら

アコムは下限金利が3.0%となっていますが、こちらの金利は500万円以上の融資枠が設定された方にだけ認められる金利ですので、大多数のキャッシング利用者にとってはほぼ影響がありません。

500万円以上の高額な金額を借りるのであればアコムも選択肢の一つとなります。

アコムの詳細はこちら

メリット③ 最短30分融資が可能

「今すぐお金が欲しい!」という人に嬉しいメリットがプロミスの融資スピードの速さです。

スマホからの申し込むと事前審査は最短15秒回答で、融資までの時間は最短30分※です。

※スマートフォンからの申込で「少ない項目で最短15秒回答」を利用した場合 「少ない入力項目で最短15秒回答」の申込みは9:00~21:00まで。 「少ない入力項目で最短15秒回答」での融資上限は50万円まで。 審査回答までの時間は、状況により異なります。 申込みの時間帯や、利用する銀行によって、振込みまでの時間が異なる場合あり。事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。

以下の表のように、どこも審査時間の短縮に力は入れています。

サービス 審査時間
プロミス 事前審査 最短15秒回答 (最短30分※ 1融資)
アコム 最短30分 (最短1時間 融資)
アイフル 最短25分※ (最短25分※ 2融資)

※1.スマートフォンからの申込で「少ない項目で最短15秒回答」を利用した場合 「少ない入力項目で最短15秒回答」の申込みは9:00~21:00まで。 「少ない入力項目で最短15秒回答」での融資上限は50万円まで。 審査回答までの時間は、状況により異なります。 申込みの時間帯や、利用する銀行によって、振込みまでの時間が異なる場合あり。事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。

※2.WEB申込の場合

審査時間に関しては3社とも大きな差はありません。

いずれも即日融資を受けることのできる確率が高いです。審査にかかる時間は利用者の提出書類等も関係します。お急ぎの方は書類の有無を必ず確認しておきましょう。

キャッシングの審査時間について詳しく知りたい方はこちら

プロミスの審査時間について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

メリット④ 返済方法の種類が多く、利便性が高い

他社と比べて返済方法の種類が豊富なのもプロミスのメリットの一つです。

銀行のカードローンと比べ、消費者金融のキャッシングは金利が高めに設定されていることもあり、早期返済できる手段が多いというのはお得に利用するコツです。

サービス 返済方法
プロミス 7種類。ゆうちょ銀行ATMも利用可能
アコム 6種類
アイフル 6種類。アコムと比べ提携ATMが若干少ない

プロミスの返済時に利用できる手段は7種類となっており、非常に利便性が良いと言えるでしょう。

プロミスの返済方法7種
  1. 口座振替
  2. 店頭
  3. 自社ATM
  4. 提携ATM
  5. インターネットバンキング
  6. コンビニ端末
  7. 銀行振り込み

加えて、プロミスは4社の中で唯一ゆうちょ銀行と提携しており、ゆうちょ銀行ATMでも借り入れ・返済を行うことができます。

メリット⑤ 会員サービスが充実している

お金がないピンチは、1度だけでなく2度3度と続くものです。

プロミスは、そんな利用頻度の高い利用者にとって非常にメリットの大きい独自サービスである「会員サービス」が充実しています。

プロミスの会員サービス
  • プロミスポイント会員制度
  • 優待サービス「おとくらぶ」
  • 口座振込サービス「瞬フリ」
  • 返済日お知らせメール
  • インターネット返済

上記の中でもピックアップしたいのが、「プロミスポイント会員制度」です。

「プロミスポイント会員制度」は、一定項目に対してポイントが付与されるものです。貯めたポイントは「1週間無利息」「提携ATM手数料無料」など、魅力的なサービスと交換することができます。

ポイントを貯めるにはプロミスの会員ページからポイント会員へ登録する必要がありますが、収入証明書類の提出などでもポイントがもらえるので非常にお得なサービスです。

もちろん、プロミスポイント会員は登録無料です。プロミスを利用する際はぜひ活用してください。

プロミスのデメリット

メリットに続いて、ここではプロミスのデメリットを説明しています。

公式サイトではややメリットばかりを押しがちなものですが、キャッシングする場合は商品のメリット・デメリットを理解した上で借り入れすることが大切です。

デメリット① 手数料

提携ATM利用時や銀行振込時に、手数料が発生する場合があります。

キャッシングは限度額内で何度も借り入れができることがメリットです。このため、手数料は安いところがおすすめです。

サービス 手数料に関して
プロミス 提携ATM利用手数料が有料ではあるものの、三井住友銀行ATMに関しては手数料が無料
アコム 自社ATM以外の提携ATMを利用する際には「ATM利用手数料」がかかる
アイフル アイフル 自社ATM以外の提携ATMを利用する際には「ATM利用手数料」がかかる

プロミスの手数料は、1万円以下の取引1回につき110円、1万円以上の取引1回につき220円が必要となります。アコム、アイフルの手数料も同様です。

しかし、プロミスは三井住友銀行ATMのみ手数料無料で利用することができます。お近くに三井住友銀行ATMがある場合は是非利用しましょう。

デメリット② アコムと比べると借入限度額が低い

キャッシングはクレジットカードのキャッシングと比較すると大きな金額が借りられることが特徴です。

限度額いっぱいにお金を借りるケースは少ないですが、以下の表のようにプロミスはアコムと比較すると限度額が低いです。

サービス 限度額
プロミス 500万円
アコム 800万円
アイフル 最大800万円

プロミスの限度額は500万円となっており、アイフルやアコムに比べると低くなっています。

ただし、消費者金融は貸金業者であるため総量規制の対象となっています。総量規制とは、年収の3分の1以上を借り入れすることはできない、貸金業者特有の法律のことを指します。

したがって、もしアコムで限度額ギリギリの800万円を借り入れをしようとおもったら、限度額を3倍した金額である2,400万円以上の年収が必要だということです。

キャッシング利用者に関わらず、これだけの高年収の方は非常に稀ではないでしょうか?(というかこれだけ高年収の人がキャッシングする必要があるのでしょうか….)限度額はアコムと比べた場合のみの、“あえて言うと”のデメリットとなります。

アコムとの違いについては「アコムとプロミスの違い|金利や営業時間、無利息期間で徹底比較!」の記事もご参考ください。

プロミスの口コミから分かる評判

プロミスの口コミから分かる評判

プロミスを実際に利用した方はどのように感じているのでしょうか。
ここでは口コミの傾向からプロミスの評判を解説していきます。

弊社でとったアンケートをグラフにまとめたところ、次のような結果となりました。

総合評価

4.8

* 口コミ(12件)を見る

総合評価ランキング

1
*みんなの審査スピード
*みんなの融資スピード

審査と融資のスピードは1時間以内と早かった人が多いですね。
ここはさすが消費者金融、審査ノウハウを持っている強みでしょう。

ただ、金利に関してはやや満足度が低いです。
融資スピードよりも金利を重視するのであれば、銀行カードローンの検討をオススメします。

また、当サイトで調査したプロミスを利用した方の口コミをまとめると次のようになります。

プロミス利用者の口コミ・評判
  • 審査スピードはかなり早いと感じた
  • 早く借りられてよかった
  • 他社にないサービスがあって利便性が高いと感じた

プロミスの口コミは高評価なものが多く、審査に関しても「早かった」という意見があるなど、比較的利用しやすい基準で行われていることがわかります。

一方で金利に関しては「少し高め」という意見もあり、金利が少し高めの水準だということがわかります。

ではプロミスの特徴や評判からどんな人がプロミスに合うのでしょうか。次の章で紹介していきます。

プロミスの金利

プロミスの金利

実際にプロミスでお金を借りたときの金利が気にある方がいるのではないでしょうか。
ここでは、プロミスの利息金額、返済額、返済期間等を細かくシミュレーション計算し下記にまとめました。

借入額 想定上限金利 毎月の約定返済額 返済に要した月数 合計利息額 返済合計額
5万円 17.8% 2,000円 32ヶ月 12,923円 62,923円
10万円 4,000円 32ヶ月 25,864円 125,864円
20万円 8,000円 32ヶ月 51,743円 251,743円
30万円 8,000円 56ヶ月 141,402円 441,402円
40万円 11,000円 53ヶ月 179,111円 579,111円
50万円 13,000円 58ヶ月 246,160円 746,160円
100万円 15% 20,000円 79ヶ月 579,052円 1,579,052円

※値はプロミスの返済シミュレーションを利用しています。

プロミスの返済額の特徴は、「最低限の負担に設定されていること」です。

プロミスは、他の消費者金融に比べて毎月の返済金額が低く、返済に対するプレッシャーも少ないです。
これは利用者にとってメリットです。しかし、使い方次第ではデメリットになってしまいます。

どういうことかというと、毎月の返済額が少なくなることで、返済が長期化する可能性が高くなってしまうのです。

したがって、プロミスを利用する際は毎月の返済だけに頼るのではなく、追加返済を組み合わせて利息を節約すると良いでしょう。キャッシングの利息を膨らませないために、「短期借入・短期返済」を心がけましょう。

プロミスの金利について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

また、短期借入・短期返済のために下の返済シミュレーターをぜひ活用してください。
返済期間や返済額などを条件からシミュレーションすることができます。

返済金額を知りたい!

借入額と返済日数から毎月の返済金額を算出します。

  • 万円

    例)10万円

  • ヶ月

    例)12ヶ月

あなたの毎月の返済金額予想▶
こちらに結果が表示されます

返済期間を知りたい!

借入額と毎月の返済金額から返済期間を算出します。

  • 万円

    例)10万円

  • 千円

    例)8千円

あなたの返済期間予想▶
こちらに結果が表示されます

借入可能額を知りたい!

返済回数と毎月の返済金額から借入可能額を算出します。

  • 千円

    例)8千円

  • ヶ月

    例)12ヶ月

あなたの借入可能額▶
こちらに結果が表示されます
  • ※最終回のご返済金額は端数調整のため多少変動します。
  • ※実際のご利用の際は、月の日数の相違などにより、この表の金額とは多少異なる場合があります。
  • ※このシミュレーションでの試算結果は参考値です。実際のご返済内容とは異なる場合がありますので、あくまでも目安としてご利用してください。

プロミスの返済方法

プロミスの返済方法

プロミスの返済方法の中でおすすめは、「三井住友銀行ATMを利用すること」です。

三井住友銀行とプロミスは同グループであるため、三井住友銀行ATMを手数料無料で利用することができます。三井住友銀行ATMは、設置台数が多く非常に便利です。もし近隣に三井住友銀行ATMが無い場合は、インターネットバンキングを利用しましょう。インターネットバンキングからの返済も手数料無料で利用することができるため、お得に返済することができます。

▼返済方法の詳細や延滞について知りたい方は、こちらの記事がオススメ!

プロミスの増額方法

借り入れできる金額は、最初の審査で決められた「限度額」が上限となっています。

多くのケースで、最初は30万円~50万円を限度額として設定されています。しかし、利用する中で、限度額以上のお金が必要となるケースも出てくるでしょう。

そのようなときには「限度額の増額」をする必要があります。

プロミスではこれを「ご利用限度額変更申込」といい、インターネットで簡単に申請することが可能です。

ただし、申請すれば限度額を変えられるという簡単なものではありません。初めて申し込んだ時と同様に、審査に通る必要があるのです。

審査の基準は公開されていませんが、おそらく「これまでのプロミスの利用実績」が加味されます。遅滞なく返済ができているのか、ということが増額のポイントとなってくるでしょう。

今後、限度額の増額を考えている方は、プロミスにとって「返済をちゃんとしてくれる優良顧客」となるように真面目に返済を続けることをおすすめします。

利用可能額の引き上げ相場

プロミスの利用可能額引き上げ相場においては、年収が非常に大切なポイントです。なぜかというと、総量規制の関係上、プロミスでは年収の3分の1までしか借入することができないからです。

例えば、年収600万円で現状の利用可能額が100万円の場合を考えてみましょう。総量規制の理論上、年収600万円なら最大200万円まで借入れ可能です。つまり、この場合は相場としてさらに100万円の引き上げが可能になります。

しかしながら著者の経験上の意見でいえば、総量規制枠ギリギリまで増額を行うケースは少ないと思われます。まずは、ご自身の年収から総量規制枠を算出しましょう。そして、余裕がある状態での増額申請が望ましいでしょう。

その他のプロミスのサービス

ここではプロミスの通常のキャッシングとは異なるサービスや、最近流行りのアプリについて紹介しています。

プロミスレディースとは

プロミスレディースとは、女性のためのカードローン商品を指します。
正確には「レディースキャッシング」というサービス名称です。

通常のプロミス(正式なサービス名称:フリーキャッシング)との違いは、女性専用ダイヤルがあるかどうかです。「女性専用ダイヤル」では、女性のオペレーターが親身にやさしく対応してくれます。「男性相手だと相談しにくい・・・」「男性に借金の相談は怖い・・・」と不安な女性利用者におすすめです。

なお、プロミスレディースには独自の女性優遇ポイントがあるわけではありません。
融資限度額や金利、無利息サービス、申し込み方法などすべてプロミスと同じです。
もちろん、安定収入があれば主婦・学生の方でも利用できるという点も同じです。

プロミスおまとめローンとは

プロミスのおまとめローンとは、複数の借入先をひとつにまとめるサービスのことです。

例えば、A社・B社・C社から借入があり返済を継続している場合を考えてみましょう。

毎月の返済が各社1万円ずつだとすると、毎月の返済合計額は3万円となり中々高額です。

ここでD社のおまとめローンを利用すると、月々の返済は1万円のみになります。

また、それにより返済計画が立てやすくなります。

注意点として、おまとめローンとは返済専用の商品であることが挙げられます。

おまとめローンでは、「借り入れ」をすることができないのです。

また、プロミスのおまとめローンにも審査があり、落ちることも当然あります。

  • 返済を1本にまとめることができる
  • 返済先が1つになることで、月々の返済額を無理のない金額にすることができる
  • 返済専用の商品なので、借り入れはできない
おまとめ限度額 300万円
金利 年6.3%~17.8%
返済日 5日、15日、25日、末日の中から選べる
申込条件 年齢20歳以上、65歳以下のご本人に安定した収入のある方
資金使途 他貸金業者からの借り入れ額の返済に限る
おまとめ対象 無担保ローン(消費者金融、クレジットカードのキャッシング等)
※銀行カードローンは対象外

全額返済する前に追加融資してもらうための条件とは?

先述したように、プロミスのおまとめローンは返済を目的とする金融商品です。つまりわかりやすくいえば、全額返済する前後問わず、返済を目的としない追加融資を受けることはできないのです。

したがって、おまとめローン利用中に追加融資を希望する場合は、他社のカードローンを併用することになるでしょう。

また、おまとめローンは多重債務による返済不能を防ぐ目的もあります。

全額返済前に他社カードローンの審査を受けたとしても、「この利用者は返済困難に陥る可能性が高い」と判断される可能性があります。

加えて、プロミスは金融業界大手として名高い「三井住友銀行グループ」の傘下企業です。(プロミスの社名は「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」)そのような企業が相応の審査を行ったうえで下した融資判断です。おまとめローン利用中に他社で追加融資をしてもらうのは難易度が高いかもしれません。

もちろん、全額完済寸前や総量規制にかからない範囲であれば、他社融資を受けられる場合もあります。

しかし、まずはご自身の支出を見直した上で、余剰資金を確保するのが大切だといえます。

プロミスアプリって何?

プロミスには「アプリローン」というサービスがあります。スマホ専用のアプリ上で申し込みから借り入れまで完結できる、非常に便利なサービスです。

ローンカードがないので、「財布を取り出したときに見られてしまった!」というような誰かにバレる心配がありません。

  • 本人確認書類の提出は、スマホで撮影したものをアップロードすればOK
  • アプリ上の手続きで、自分の口座へ振込むことが可能
  • カードなしで、セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMでの借り入れが可能(「スマホATM取引」)

※現在スマホATMでの取引(出金)は出来ません。詳細はホームページをご確認ください。(2020/12)

アプリローンといっても、通常のプロミス(フリーキャッシング)と商品内容は同じです。金利は4.5%~17.8%、融資限度額は500万円となっており、商品自体に違いはありません。インターネットや無人契約機などのように、申込・利用方法のひとつに「アプリ」があると考えると分かりやすいかもしれません。

まとめ

今回はプロミスのキャッシングサービスについて、他社との比較、口コミによる評判や金利、審査など情報についてご紹介しました。

改めてプロミスに向いている人・向いていない人はどんな人なのかおさらいしましょう。

向いている人
  • 無利息期間を利用したい
  • すぐに融資を受けたい
  • 返済しやすいキャッシングがいい
  • 近くに三井住友銀行ATMがあり、よく利用する
  • 長期的に利用していきたいので、お得な会員サービスが欲しい
向いていない人
  • 提携ATM利用手数料は払いたくない
  • 500万円以上の借入がしたい

借入する頻度が高く、三井住友銀行ATMが近くにない人無駄な手数料がかかってしまい不向きだといえますが、「無利息期間」や「ポイント会員サービス」など、初心者でも理解しやすいメリットが多いため、「初めてお金を借りるから不安・・・」という方にピッタリのキャッシングだと言えるでしょう。

是非、今回の記事を参考にプロミスでの借り入れを検討してみて下さい。

プロミスの融資条件

最後にプロミスの融資条件を紹介します。気になるかたは詳細にご確認することをおすすめします。

ご利用いただける方 年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方
※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合お申込みいただけます。
資金使途 -
利用限度額 1~500万円
借入利率 4.5%~17.8%(実質年率)
※新規契約の方が対象となります。
お申し込み時に
ご用意いただく書類
運転免許証(運転免許証をお持ちでない方は、「パスポート」または「健康保険証」※1+「1点(例:住民票)」をご用意ください。 ※外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」 (法令により、有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む) をあわせてご用意ください。 ※お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票等)が必要です。 ※「健康保険証」※1と「+1点(例:住民票)」が必要となるのは、ご来店によるご契約手続きの場合です。 ※個人事業主の方は確定申告書(写し)等が必要です。 ※1.保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。
担保 不要
保証人 不要
お借入方法 -
ご返済方法 -
返済期日 5日、15日、25日、末日の中から、お客さまのご都合にあわせてお選びいただけます。
※三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、PayPay銀行以外の金融機関からの口座振替によるご返済を希望される場合、ご返済期日は5日となります。
ご返済額 残高スライド元利定額返済方式
※最終お借入れ後のご利用残高に応じて、ご返済額が変動します。

設定された金額以上であれば、お客さまのご都合にあわせて、おいくらでもご返済いただくことが可能です。

お借入残高 ご返済額 ご返済回数
30万円以下 お借入後残高 × 3.61%(1,000円未満切り上げ) ~36回
30万円超過~100万円以下 お借入後残高 × 2.53%(1,000円未満切り上げ) ~60回
100万円超過 お借入後残高 × 1.99%(1,000円未満切り上げ) ~80回
返済期間及び
返済回数
-
遅延損害金 年率20.0%(実質年率)
その他 -

▼プロミスで申し込めるか不安な方へオススメの記事

プロミスの口コミ一覧

女性(40代)

女性(40代)

5

  • 女性(40代)
  • その他
  • 愛知県
  • 年収:200万円未満
  • キャッシング経験:2回
  • 目的:生活費
  • すでに借りている額:5万円~10万円未満
選んだサービス
プロミス

5

審査までの時間 3時間以内 融資までの時間 1時間以内
借入金額 5万円~10万円未満 利息 4.5%
返済金額 10,000円
決めた理由

特に理由はない

申込方法 WEB 借入方法 ATM
返済までの期間 8ヶ月 返済方法 コンビニ
キャッシングをした感想 特に何も感じなかった

男性(40代)

男性(40代)

5

  • 男性(40代)
  • 会社員(その他)
  • 東京都
  • 年収:800万円~1000万円未満
  • キャッシング経験:3回
  • 目的:趣味・レジャー・旅費
  • すでに借りている額:50万円~100万円未満
選んだサービス
プロミス

5

審査までの時間 3日 融資までの時間 3日
借入金額 10万円~30万円未満 利息 5%
返済金額 300,000円
決めた理由

信頼出来る金融危機だから

申込方法 WEB 借入方法 ATM
返済までの期間 6ヶ月 返済方法 ATM
キャッシングをした感想 借りやすい雰囲気が良い

男性(50代)

男性(50代)

5

  • 男性(50代)
  • 会社員(その他)
  • 東京都
  • 年収:400万円~600万円未満
  • キャッシング経験:5回以上
  • 目的:趣味・レジャー・旅費
  • すでに借りている額:5万円未満
選んだサービス
プロミス

5

審査までの時間 1時間以内 融資までの時間 1時間以内
借入金額 5万円未満 利息 8%
返済金額 30,000円
決めた理由

テレビCMとティッシュで選んだ

申込方法 店舗(有人) 借入方法 ATM
返済までの期間 1ヶ月 返済方法 店舗窓口
キャッシングをした感想 助かったという気持ちが強かった

男性(30代)

男性(30代)

5

  • 男性(30代)
  • 会社員(技術系)
  • 大阪府
  • 年収:400万円~600万円未満
  • キャッシング経験:2回
  • 目的:趣味・レジャー・旅費
  • すでに借りている額:5万円~10万円未満
選んだサービス
プロミス

5

審査までの時間 1時間以内 融資までの時間 1時間以内
借入金額 5万円未満 利息 8%
返済金額 20,000円
決めた理由

近かった

申込方法 店舗(無人) 借入方法 コンビニ内ATM
返済までの期間 2ヶ月 返済方法 ATM
キャッシングをした感想 意外に簡単だった

男性(40代)

男性(40代)

5

  • 男性(40代)
  • 会社員(事務系)
  • 東京都
  • 年収:400万円~600万円未満
  • キャッシング経験:5回以上
  • 目的:趣味・レジャー・旅費
  • すでに借りている額:10万円~30万円未満
選んだサービス
プロミス

5

審査までの時間 4時間以内 融資までの時間 半日
借入金額 5万円未満 利息 9%
返済金額 50,000円
決めた理由

借りやすいイメージ

申込方法 店舗(無人) 借入方法 ATM
返済までの期間 11ヶ月 返済方法 ATM
キャッシングをした感想 借りやすい

男性(50代)

男性(50代)

4

  • 男性(50代)
  • 会社員(技術系)
  • 千葉県
  • 年収:600万円~800万円未満
  • キャッシング経験:2回
  • 目的:趣味・レジャー・旅費
  • すでに借りている額:5万円~10万円未満
選んだサービス
プロミス

4

審査までの時間 1時間以内 融資までの時間 1時間以内
借入金額 5万円~10万円未満 利息 12%
返済金額 70,000円
決めた理由

窓口が家から近かった

申込方法 店舗(無人) 借入方法 ATM
返済までの期間 1ヶ月 返済方法 ATM
キャッシングをした感想 早く借りられて良かった

男性(40代)

男性(40代)

5

  • 男性(40代)
  • 自営業
  • 青森県
  • 年収:200万円未満
  • キャッシング経験:5回以上
  • 目的:生活費
  • すでに借りている額:100万円~300万円未満
選んだサービス
プロミス

5

審査までの時間 1時間以内 融資までの時間 1時間以内
借入金額 5万円未満 利息 15%
返済金額 20,000円
決めた理由

信頼性が高いから。

申込方法 店舗(有人) 借入方法 ATM
返済までの期間 5年以上 返済方法 インターネット
キャッシングをした感想 他社に無いサービスがあって利便性が高いと感じている。

男性(60代)

男性(60代)

5

  • 男性(60代)
  • 会社員(事務系)
  • 東京都
  • 年収:600万円~800万円未満
  • キャッシング経験:5回以上
  • 目的:生活費
  • すでに借りている額:50万円~100万円未満
選んだサービス
プロミス

5

審査までの時間 1時間以内 融資までの時間 1時間以内
借入金額 50万円~100万円未満 利息 17%
返済金額 530,000円
決めた理由

若い時に借りたことがある

申込方法 店舗(無人) 借入方法 コンビニ内ATM
返済までの期間 3ヶ月 返済方法 ATM
キャッシングをした感想 便利

女性(30代)

女性(30代)

3

  • 女性(30代)
  • 会社員(その他)
  • 大阪府
  • 年収:200万円未満
  • キャッシング経験:5回以上
  • 目的:商品・サービスの購入費用
  • すでに借りている額:10万円~30万円未満
選んだサービス
プロミス

3

審査までの時間 1時間以内 融資までの時間 1時間以内
借入金額 5万円未満 利息 17%
返済金額 50,000円
決めた理由

審査が通ったから

申込方法 電話 借入方法 インターネット
返済までの期間 2年 返済方法 口座引き落とし
キャッシングをした感想 助かりました親切ですし

男性(30代)

男性(30代)

5

  • 男性(30代)
  • 会社員(技術系)
  • 愛媛県
  • 年収:400万円~600万円未満
  • キャッシング経験:2回
  • 目的:趣味・レジャー・旅費
  • すでに借りている額:10万円~30万円未満
選んだサービス
プロミス

5

審査までの時間 2時間以内 融資までの時間 2時間以内
借入金額 10万円~30万円未満 利息 17.8%
返済金額 100,000円
決めた理由

友人の勧め

申込方法 WEB 借入方法 ATM
返済までの期間 6ヶ月 返済方法 ATM
キャッシングをした感想 手軽で便利

プロミスの口コミをもっと見る

プロミスの返済早見表

借入利率17.8%でご利用された場合のご返済額になります。
下記以外のお借入金額の方で、ご返済総額が知りたい方は、プロミスの返済シミュレーションをご利用下さい。

お借入金額 ご返済期間 毎月ご返済額 ご返済総額
10,000円 1ヶ月 10,146円 10,146円
2ヶ月 5,111円 10,222円
3ヶ月 3,432円 10,296円
6ヶ月 1,754円 10,524円
1年 915円 10,980円
30,000円 1ヶ月 30,438円 30,438円
2ヶ月 15,334円 30,668円
3ヶ月 10,298円 30,894円
6ヶ月 5,262円 31,572円
1年 2,747円 32,964円
100,000円 1ヶ月 101,463円 101,463円
2ヶ月 51,115円 102,230円
3ヶ月 34,327円 102,981円
6ヶ月 17,542円 105,252円
1年 9,158円 109,896円
200,000円 1ヶ月 202,926円 202,926円
2ヶ月 102,230円 204,460円
3ヶ月 68,654円 205,962円
6ヶ月 35,085円 210,510円
1年 18,316円 219,792円
300,000円 1ヶ月 304,389円 304,389円
2ヶ月 153,345円 306,690円
3ヶ月 102,981円 308,943円
6ヶ月 52,627円 315,762円
1年 27,475円 329,700円
400,000円 1ヶ月 405,852円 405,852円
2ヶ月 204,460円 408,920円
3ヶ月 137,308円 411,924円
6ヶ月 70,170円 421,020円
1年 36,633円 439,596円
500,000円 1ヶ月 507,315円 507,315円
2ヶ月 255,576円 511,152円
3ヶ月 171,635円 514,905円
6ヶ月 87,712円 526,272円
1年 45,792円 549,504円
お借入金額 ご返済期間 毎月ご返済額 ご返済総額

関連記事

種類・特徴でキャッシング・カードローンを探す

キャッシングするときの目的は人それぞれ。即日キャッシングしたい人や個人事業主向けのローンなど目的がはっきりしている方はこちらからキャッシング・カードローンを選んでみましょう!

  • 基本情報

株式会社エイチームフィナジーは「世の中からお金の不安を解消し、より人生が豊かになる社会を実現する」を目的として、保険代理店業務を筆頭に、金融商品を対象としたメディア運営を行っております。
保険代理店業務では、各種法律・保険業法・原則等に基づきながら、常にお客さま本位で考え、誠実かつ真摯に向き合うべく、「保険募集業における勧誘方針、及び業務運営方針(FD宣言)」を定めており、当方針に基づいた保険サービスの提供メディアは、「ナビナビ保険」となります。【生命保険協会登録番号:10EJTAF000977】
その他の金融商品を対象としたメディア運営では、専門知識がないと理解が難しい金融商品に対し、簡潔にわかりやすい情報・知識の提供、及び商品の比較を行い、有益なサービス提供を心掛けております。

【三井住友銀行 カードローンについて】
※毎月の返済は、返済時点での借入残高によって約定返済金額が設定されます。
【みずほ銀行カードローンについて】
※みずほ銀行住宅ローンのご利用で、みずほ銀行カードローンの金利が年0.5%引き下がります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
【レイクALSAの貸付条件について】
※1.【レイクALSAの貸付条件】融資額など借入れに関する諸条件です。満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)は、利用いただけます。※お取引期間中に満71歳になられた時点で、新たなご融資を停止させていただきます。【融資額】1万円〜500万円【貸付利率(実質年率)】4.5%〜18.0%※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。【利用対象】満20歳〜70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)【遅延損害金(年率)】20.0%【返済方式】残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式【返済期間・返済回数】最長8年・最大96回(ただしカードローンは最長5年・1回~60回)※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数は借入れ及び返済計画に応じて変動します。【必要書類】運転免許証等、収入証明(契約額に応じて、新生フィナンシャルが必要とする場合)【担保・保証人】不要-貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。新生フィナンシャルが契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関(日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター)契約には所定の審査があります。2018年4月現在。商号・名称:(新生フィナンシャル株式会社)貸金業者の登録番号:(関東財務局長(9) 第01024号)
東証一部上場

当サイト「ナビナビキャッシング」は、エイチームフィナジーが運営するサービスです。

株式会社エイチームフィナジーは、株式会社エイチーム(東証一部上場)の グループ企業です。
証券コード:3662

© 2013 Ateam Finergy Inc.