ナビナビキャッシング

by Ateam Inc.

このページにはPRリンクが含まれています

  1. ナビナビキャッシング トップ
  2. プロミス
  3. コンビニでのプロミスの返済や借入方法を解説!営業時間や手数料もチェック

  • はい
  • いいえ

コンビニでのプロミスの返済や借入方法を解説!営業時間や手数料もチェック

コンビニでのプロミスの返済や借入方法を解説!営業時間や手数料もチェック

「どのコンビニでプロミスを利用できるのかわからない」
「できれば手数料をかけずに借入や返済を済ませたい」

プロミスを利用したい人の中には、こういったことで悩む人がいるのではないでしょうか。

プロミスはセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートといった大手のコンビニATMで借入や返済が可能です。

コンビニであれば、土日や夜間でもプロミスを利用できるので、
「急にお金が必要になった」
「返済日が今日なのを忘れていた!」
といった場合でもすぐに解決することができます。

そんな便利な提携コンビニATMですが、利用時の注意点がいくつかあります。

例としてあげると、手数料がかかる点や、利用できる時間帯がコンビニによって異なる点などです。

そういった注意点の解説や、提携コンビニATMでプロミスからお金を借りる方法・返済方法について紹介しています。

こちらを事前に確認しておけば、これからプロミスに申し込む人はスムーズに借り入れできるので、ぜひ参考にしてください。

プロミスが使えるコンビニエンスストア一覧

プロミスの借り入れ、返済ができるコンビニエンスストアは以下のとおりです。

  • セブン-イレブン
  • ローソン(ナチュラルローソン、ローソンストア100含む)
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ
  • ポプラ
  • 生活彩家
  • ニューデイズ
  • アンスリー
  • セイコーマート
  • サンドラッグCVS(コンビニエンスストア)

全国のコンビニチェーンでプロミスが利用できるので、借り入れや返済に不便を感じることは少ないでしょう。

※ファミリーマートにあるマルチメディア端末「Famiポート(ファミポート)」での返済は、2022年3月末をもってサービスが終了しました。

プロミスの借入や返済ができる提携コンビニATMの営業時間

プロミスを提携コンビニATMで借入・返済できる時間帯は以下のとおりになります。

提携コンビニATM 火~日
セブン銀行ATM 7:00~23:50 0:10~23:50
ローソン銀行ATM

E-net

(イーネット)

店舗によって異なる
ゆうちょATM

セブン銀行とローソン銀行に関してはほぼ24時間利用可能です。

イーネットも24時間営業の店舗なら、約24時間利用可能になります。

ゆうちょ銀行に関しては店舗によって異なりますので、ゆうちょ銀行公式ホームページにある「郵便局・ATMをさがす」で利用可能時間を確認してください。

提携コンビニATMでプロミスの借り入れ・返済するときの注意点

提携コンビニATMでプロミス利用時の注意点

提携コンビニATMでプロミスを利用するときの注意点は上記のとおりです。詳しくは次章より解説していきます。

どの提携コンビニATMでも利用手数料がかかる

提携コンビニATMの利用時には借入・返済ともに手数料がかかってしまいます。

借入方法ごとの手数料
借入方法 手数料
口座振込 0円
プロミスATM
三井住友銀行ATM
提携金融機関ATM
(提携コンビニATM)
1万円以下:110円
1万円超:220円
返済方法ごとの手数料
返済方法 手数料
インターネット返済 0円

口座振替

(口フリ)

プロミスATM
三井住友銀行ATM
提携コンビニATM 1万円以下:110円
1万円超:220円

上記の利用手数料が発生するのはどの提携コンビニATMでも共通です。

利用手数料は少額ではありますが、何度も支払っているとそれなりの金額になるので注意したいところです。

なるべく利用手数料が発生しない方法で借入や返済をするのがおすすめです。

利用手数料が発生しない借入方法については、「プロミスでのお金の借り方は|初めて借りるときの手順と注意点を解説」で詳しく解説していますので参考にしてください。

利用手数料が発生しない返済方法については、「プロミスの返済方法まとめ!ATM・振込など支払い方法・振込先の確認手順まで解説」で解説しています。

カードレスで利用できるコンビニが限られている

プロミスは提携コンビニATMでの利用をカードレス(スマホアプリ)で可能な方法がありますが、それができるコンビニは限られています。

提携コンビニATM カードレスOK
セブン銀行ATM
ローソン銀行ATM

E-net

(イーネット)

ゆうちょATM

上記のとおり、ローンカードなしでも利用できるのはセブン銀行ATMとローソン銀行ATMのみです。

イーネットやゆうちょ銀行での利用はローンカードが必要なので注意してください。

ローンカードなしで提携コンビニATMを利用する方法については、「【カードレス】提携コンビニATMでプロミスの借入や返済する方法」で詳しくお伝えしています。

千円単位で借入や返済できるコンビニが限られている

千円単位で借入や返済できるコンビニは限られるので確認しておきましょう。

何円単位で借りられるか
借入方法 1円単位 千円単位 1万円単位
セブン銀行ATM
ローソン銀行ATM
イーネット
ゆうちょATM

ほとんどのATMが1万円単位でしか借入ができません。

千円単位で借入できる提携コンビニATMはセブン銀行のみです。

なお、プロミスATMや口座振込であれば、手数料無料で千円単位の借入可能ですので、それらを利用するのもおすすめです。

1円単位の借入については残念ですがプロミスではどの方法でもできません。

何円単位で返せるのか
返済方法 1円単位 千円単位 1万円単位
セブン銀行ATM
ローソン銀行ATM
イーネット
ゆうちょATM

返済に関しては、ほとんどの提携コンビニATMで千円単位の返済ができます。

インターネット返済や銀行振込なら1円単位での返済が可能です。

【ローンカードあり】提携コンビニATMでプロミスの借入や返済する方法

ここからは、プロミスのローンカードを使って提携コンビニATMで借入や返済する方法についてお伝えしていきます。

まずは手数料から確認していきましょう。

提携コンビニATM 手数料
セブン銀行ATM 1万円以下:110円
1万円超:220円
ローソン銀行ATM

E-net

(イーネット)

ゆうちょ銀行

ローンカードで借入や返済をする場合、どの提携コンビニATMでも上記の手数料が発生します。

ちなみに、プロミスATMと三井住友銀行ATMなら借入と返済ともに手数料無料なので手数料が気になる人は、この2つのいずれかを利用しましょう。

それでは次章より、ローンカードで提携コンビニATMから借入や返済をする手順を解説していきます。

ローンカードで借り入れする場合

ローンカードで借入するときの流れ

  1. ローンカードをATMに挿入
  2. 暗証番号を入力
  3. 出金(借入)を選択
  4. 出金額を入力

基本的にはどの提携コンビニATMでも上記のような感じになります。

キャッシュカードを使ってお金を下ろすときと同じような流れですので迷うことはないでしょう。

ローンカードで返済する場合

ローンカードで返済するときの流れ

  1. ローンカードをATMに挿入
  2. 暗証番号を入力
  3. 入金(返済)を選択
  4. ATMに入金する

返済に関しても借入とおなじで、どの提携コンビニATMでも上記のような感じです。

ローンカードをATMに挿入して暗証番号を入力したら、「入金(返済)」を選択し、返済したい分のお金をATMに入れるだけでOKです。

【カードレス】提携コンビニATMでプロミスの借入や返済する方法

この章では、カードレスで提携コンビニATMから借入と返済をする方法をお伝えしていきます。

はじめに手数料を確認しておきましょう。

提携コンビニATM スマホで
借入・返済OK
手数料
セブン銀行ATM 1万円以下:110円
1万円超:220円
ローソン銀行ATM
E-net
(イーネット)
ゆうちょ銀行

プロミスのローンカードなしで借り入れや返済するには、取引金額が1万円以下は110円、1万円超は220円の手数料が発生します。

また、ローンカードなしで利用できる提携コンビニATMはセブン銀行とローソン銀行のみなので気をつけてください。

それでは次章より、カードレスでの借入と返済の手順を確認していきましょう。

カードレス(スマホATM取引)で借り入れする場合

スマホATM取引で借り入れする流れ

  1. プロミスのアプリを起動
  2. アプリの「スマホATM取引」をタップ
  3. ATMの「スマートフォンでの取引」を選択
  4. ATMにQRコードが表示
  5. アプリの「出金」をタップ
  6. QRコードをアプリで読み取る
  7. アプリに「企業番号」と「ワンタイム暗証番号」が表示
  8. ATMに企業番号→ワンタイム暗証番号の順で入力
  9. 借入金額を入力

カードレスでの借入方法は上記のとおりです。

一見すると、手続の数が多くややこしそうに見えますがそんなことはありません。

カードレスの借入方法を簡単にまとめると、プロミスのアプリと提携コンビニATMの画面に従っていき、アプリでATMのQRコードを読み取り、アプリに「企業番号」と「ワンタイム暗証番号」を入力するだけです。

カードレス(スマホATM取引)で返済する場合

スマホATM取引で返済する流れ

  1. プロミスのアプリを起動
  2. アプリの「スマホATM取引」をタップ
  3. ATMの「スマートフォンでの取引」を選択
  4. ATMにQRコードが表示
  5. アプリの「入金」をタップ
  6. QRコードをアプリで読み取る
  7. アプリに「企業番号」と「ワンタイム暗証番号」が表示
  8. ATMに企業番号→ワンタイム暗証番号の順で入力
  9. ATMに返済するお金を入れる

カードレスでの返済は上記のとおりになります。

基本的な流れは借入時とおなじで、アプリでATMのQRコードを読み取り、アプリに「企業番号」と「ワンタイム暗証番号」を入力します。

その後は、返済したい分のお金をATMに投入するだけです。

提携コンビニATMでプロミスが利用できない場合の対処法

「提携コンビニATMでプロミスを利用しようとしたのに何故かできない・・・」

このようなときは以下のようなことが原因である可能性があります。

提携コンビニATMでプロミスを利用できないときの場合

この章では上記の原因の詳細や対処法を紹介していきますので、提携コンビニATMでプロミスを利用できないときの参考にしてみてください。

プロミスの借入や返済ができないATMを利用しようとしている

プロミスの借入や返済ができるATMは沢山ありますが、対応していないATMもあります。

当然ですが、プロミスの利用に対応していないATMでは借入や返済はできません。

対処法:対応している提携コンビニATMを利用する

以下のような、プロミスを利用できる提携コンビニATMを使いましょう。

プロミスを利用できる提携コンビニATM一覧

  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • E-net(イーネット)

また、プロミスATMや三井住友銀行ATM、ゆうちょATMなどを利用するのもおすすめです。

プロミスが利用できるATMはプロミスの公式HPの「提携先のご案内」に記載がありますので、確認しておいてください。

メンテナンス時間に利用しようとしている

ATMにはメンテナンス時間があり、その時間帯はプロミスの利用ができなくなります。

ATM稼働時間とメンテナンス時間

提携コンビニATM 火~土 月~日
セブン銀行ATM 前日23:50~当日0:10 日曜23:50~月曜7:00
ローソン銀行ATM
イーネット 店舗によって異なる
ゆうちょ銀行

対処法:インターネットバンキングを利用する

ATMのメンテナンス時間にすぐ利用したいときは、「インターネットバンキング」が最適です。

インターネットバンキングなら、24時間手数料無料ですぐに借入や返済が可能。

利用方法も「プロミスインターネット会員」サービスにログインし、手続するだけでOKと手軽です。

返済が遅れている

プロミスでは延滞すると利用停止になり借入できなくなります。

対処法:すぐに返済して延滞を解消する

延滞で利用停止になった場合は、すぐに返済して延滞を解消してください。

なお、延滞すると遅延損害金の発生や信用情報への登録など、さまざまなデメリットがあります。

プロミスで延滞したらデメリットが5つも!滞納しないために対策しよう」で詳しくお伝えしていますので確認しておいてください。

キャッシングの限度額を超えている

プロミスで借入できるのは限度額の範囲内ですので、限度額いっぱいまで利用しているとそれ以上は借入できません。

対処法:増額申請をする

現在の限度額以上に借入したい場合は「増額申請」をしましょう。

増額申請をして審査に通れば、限度額がアップしますので今よりも借入できる金額が増加します。

プロミスの増額に関しては、「プロミスの増額の流れと利用限度額を上げる方法・審査について」で詳しくお伝えしていますので参考にしてください。

総量規制以上を借入しようとしている

プロミスは貸金業者であるため「総量規制」の対象です。

総量規制とは、貸金業者の貸付は融資希望者の年収の3分の1までという法律になります。

このため、プロミスでは年収の3分の1超の借入はできません。

総量規制については「総量規制対象外とは?メリット・デメリット│おすすめのサービスを紹介」を参考にしてください。

対処法:おまとめローンを利用する

プロミスではどのような対処をしても、総量規制以上の借入は不可能です。

ただし、おまとめローンは総量規制の例外になるため、年収の3分の1超の借入もできます。

もし複数社から借入しており、以下のような理由でに困っているなら、おまとめローンを検討するのもおすすめです。

  • このままだと総返済額が高額になってしまう
  • 毎月の返済額が多くて苦しい
  • 借入先ごとの返済日がバラバラで管理が面倒に感じている

おまとめローンを利用すれば、今よりも総返済額を減らしたり、毎月の返済額が少なくなったり、返済日をひとつにまとめたりすることが可能です。

プロミスのおまとめローンの特徴と注意点」で、プロミスのおまとめローンを詳しく解説していますので参考にしてみてください。

まとめ

プロミスはセブン-イレブンやローソン、ファミリーマートといった大手のコンビニATMで利用できます。

大手のコンビニATMはほぼ24時間利用でき、設置台数も多いため、利便性が高いです。

また、セブン-イレブンとローソンのATMに関してはローンカード不要で、スマホアプリのみで利用できるというメリットもあります。

このため、プロミスは「借りたい」・「返したい」と思ったときに、提携コンビニATMでスピーディーかつ手軽に借入や返済が可能です。

なお、提携コンビニATMを利用するときは以下の5つに注意しておいてください。

  • メンテナンス時間は利用できない
  • どのコンビンニATMでも利用手数料が発生する
  • カードレスで利用できるのは「セブン銀行ATM」と「ローソン銀行ATM」のみ
  • 千円単位で借入できる提携コンビニATMは「セブン銀行ATM」のみ

プロミスの詳細については「プロミス審査の申し込み流れ|カードローンのキャッシング~返済、口コミまで解説」をご覧ください。

プロミス

Web契約で最短3分融資も可能!

総合評価

  • 4.0点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年4.5%~17.8% 最大500万円※ 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短3分 最短3分※

おすすめポイント

  • 金利が年17.8%でほかの消費者金融より低め!
  • 初回借入れの翌日から30日間は利息0円!
  • カードレスで借入も返済もできる!

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。
※無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。
※18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

関連記事

種類・特徴でキャッシング・カードローンを探す

キャッシングするときの目的は人それぞれ。即日キャッシングしたい人や個人事業主向けのローンなど目的がはっきりしている方はこちらからキャッシング・カードローンを選んでみましょう!

  • 基本情報

※当サイトでは掲載各社(アコム株式会社等)のアフィリエイトプログラムで収益を得ております。
【三井住友銀行 カードローンについて】
※毎月の返済は、返済時点での借入残高によって約定返済金額が設定されます。
【みずほ銀行カードローンについて】
※みずほ銀行住宅ローンのご利用で、みずほ銀行カードローンの金利が年0.5%引き下がります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
【レイクの貸付条件について】
※【レイクの貸付条件】融資額など借入れに関する諸条件です。 満20歳以上70歳以下の人で安定した収入のある人(パート・アルバイトで収入のある人も可)は、利用できます。 ※取引期間中に満71歳になった時点で、新たな融資は停止されます。 【融資額】1万円~500万円【貸付利率(実質年率)】4.5%~18.0%※貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。 【利用対象】満20歳~70歳(国内居住の人、日本の永住権を取得されている人)【遅延損害金(年率)】20.0%【返済方式】残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式【返済期間・返済回数】最長5年・最大60回 ※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数は借入れ及び返済計画に応じて変動します。 【必要書類】運転免許証等、収入証明(契約額に応じて、新生フィナンシャルが必要とする場合)【担保・保証人】不要-貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。 新生フィナンシャルが契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関(日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター)契約には所定の審査があります。 2023年1月現在。 商号・名称:(新生フィナンシャル株式会社)貸金業者の登録番号:関東財務局長⑽ 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号 ※最短即日融資は21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。 初めて利用の人への当日融資は、8~22時(毎月第3日曜日は8~19時)となっております。 融資時間は、一部店舗によって異なります。 年末年始を除きます。 一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。 Web以外の無人店舗や電話で申込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。 60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。 30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。 無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。 無利息期間経過後は通常金利適用。 貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。
【アイフルの貸付条件について】
※【商号】アイフル株式会社 【登録番号】近畿財務局長(14)第00218号 【貸付利率】3.0%~18.0%(実質年率) 【遅延損害金】20.0%(実質年率) 【契約限度額または貸付金額】800万円以内(要審査) 【返済方式】借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式 【返済期間・回数】借入直後最長14年6ヶ月(1~151回) 【担保・連帯保証人】不要
東証プライム市場上場

「ナビナビキャッシング」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。

株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

「ナビナビキャッシング」では各種法律を遵守した広告掲載を行うために、
社内において各種法律遵守のためのコンテンツ制作ポリシーを整備しています。

また、コンテンツ制作に携わる編集部では景表法・特定商取引法に関する認定資格「KTAA」シルバー団体認証マークを取得しています。

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.