新しい車を購入しようと考えたとき、車のグレードや予算のことは気にしても、マイカーローンをどこで組むかを深く考える人は多くはないでしょう。

ほとんどの人が自動車ディーラーに勧められるがままに、あるいは他に選択肢があることすら知らずに、ローンを組んでいることはほとんどです。

しかし、ディーラーで勧められるマイカーローンより、もっと有利な条件で借りられるマイカーローンが世の中には存在します!

自動車のローンは比較的高額です。ディーラーのローンより金利を抑えてお金を借りることができれば、支払総額は数万~数10万円単位で少なくなる可能性が高いのです。

この記事では、マイカーローンにどんな種類があり、どう選べばいいのかを検証していきす。これから車をローンで購入しようという方は必見です。

横浜銀行マイカーローン

実質年率 利用限度額 無利息期間
年0.9%~2.4%(変動金利) 最大1,000万円※ -
審査時間 融資時間 お試し審査
最短即日(仮審査回答) 最短7日

おすすめポイント

  • WEB契約なら来店不要!
  • 中古車、新車、借り換えも同一金利!
  • 仮審査結果は最短即日回答!

※限度額:使いみちが「車検・定期点検・修理費用、保険費用」と「車庫・電気自動車充電設備の設置費」の場合は10万円以上500万円以内

自動車ローン・マイカーローンの選び方

自動車ローンやマイカーローン銀行系か信販系か悩む男性

自動車の購入を目的としたローンは、金融機関によって自動車ローンやマイカーローン、カー&バイクローンなどと呼ばれています。
この記事では、マイカーローンで表記します。

そして、マイカーローンを選ぶには、その違いを知らなくてはできせん。詳しく説明していきます。

マイカーローンは2種類がある

マイカーローンは、大きく分けて以下の2つです。

  • 銀行、信用金庫、JAなどが取り扱っている銀行系マイカーローン
  • 自動車メーカーが所有、もしくは提携する信販会社系マイカーローン

このうち、信販会社のマイカーローンは「ディーラーローン」とも呼ばれています。

トヨタならトヨタファイナンス株式会社、ホンダなら株式会社ホンダファイナンスといった会社を持ち、自動車購入のためのローンサービスを提供しています。

2つのマイカーローンの特徴を「金利」「手続き方法」「審査基準」の3項目で説明していきます。

銀行系マイカーローンの特徴

●金利について
借入総額や返済期間でも変わるので一概には言えませんが、銀行系マイカーローンは信販系マイカーローン(ディーラーローン)に比べ金利が低めに設定されていることが多いです。

もちろん、金利は融資金額により異なりますが、年利約3.0%~5.0%前後です。

さらに、その銀行で住宅ローンなどを借りているなど利用状況に応じて、金利が優遇されることもあります。

●手続き方法
銀行などの金融機関の窓口などで直接申込、もしくはネットにて申込となります。

例えば、三菱UFJ銀行の「ネットDEマイカーローン」であれば、契約まですべてWeb完結できて便利です。

提出書類は通常のカードローンよりも多少多くなります。

運転免許証などの本人確認書類の他、見積書や注文書などの使いみちを確認できる書類、借り入れ金額が多くなる場合には、年収が確認できる源泉徴収票や住民税決定通知書などの提出を求められます。

また、ネット申込であれば仮審査の結果が最短で翌営業日、契約には3~4営業日ですが、金融機関によっては2週間から1カ月程度かかる場合もあります。

●審査基準
金利が抑えられているため、一般的に銀行の審査は消費者金融や信販会社などに比べて厳しいと言われています。

しかし、融資を希望している銀行口座に一定額以上の貯金があったり、既に住宅ローンなどを利用していたりなど、ある程度の条件を満たしていれば審査に通りやすくなります。

自分がメインバンクとしている銀行に、マイカーローンがあるかまずは確認してみるのがおすすめです。

三菱UFJ銀行 ネットDEマイカーローン

事前審査は最短即日で回答
三菱UFJ銀行 ネットDEマイカーローン
実質年率 利用限度額 無利息期間
変動年1.5%~年2.45%※ 1,000万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
最短翌々営業日 WEB契約で最短9日(7営業日) ×

おすすめポイント

  • 【マイカーローン】インターネットだから簡単、便利。
  • 銀行なのに原則来店不要で契約できる!
  • 月々の返済は安心の1万円台から。返済期間も最長10年まで設定OK!

当サイトでは現在申込できません

※据置タイプは金利が異なります。
※三菱UFJ銀行の住宅ローンを利用中なら年0.2%が引き下げられます。

信販系マイカーローンの特徴

●金利について
販売店を通じて信販会社やクレジット会社と契約を行うため、銀行系のカードローンに比べて金利は高めです。

一般的には年利約6.0%~8.0%程度になります。

また、販売店はお客さまにディーラーローンを組ませることで手数料を得ていることが多く、交渉次第では提示よりも抑えてローンを組むことができます。

ただし、ローンを組む時に保証金などを必要とすることが多いです。

●手続き方法
販売店を通じて申し込むため、面倒な手続きはほぼありません。

必要な書類に関しても、本人確認書類や年収が分かる書類以外は、販売店が準備してくれることがほとんどです。

ただし、購入を決めたその場で申込を行わないと、マイカーローンの申請ができない場合が多くあります。

審査結果は数時間で反映し、契約はその場ですぐに行うことができます。

●審査基準
ディーラーローンは完済するまで所有者がディーラー(販売店)となり、購入する車が担保となります。

そのため、ディーラーローンは銀行系のマイカーローンに比べ審査には通りやすいです。

注目を集める残価設定ローンとは

マイカーローンのなかで、最近注目を集めているのが、「残価設定型」のマイカーローンです。

残価設定ローンとは、購入者がローン申し込み時に返済回数を設定し、購入から3~5年経った時に、新車に乗り換えるのか、残価を支払って自分のものにするのか、それともそのまま返却するのかを決めることになります。

つまり、ローン終了後の下取り価格を残価として据え置くことで、月々の返済額を抑えられるようになっています。

残価設定ローンもディーラーローンと同じですので、銀行系のローンに比べ金利は高めに設定されています。しかし手続きは容易で審査もそう厳しくありません。

最近では、自動車メーカーが若者の自動車離れに対し危機感を感じており、残価設定ローンのように、収入の少ない若年層でも車を購入できるような仕組みに積極的に取り組んでいます。

ここまで聞くとかなりお得な購入方法に思えますが、車を返却する時に規定以上の走行距離に達していたり、事故などで車の価値が下がっていたりすると、追加でお金を払う必要も出てきます。

また、残価をローンで支払う場合には、当然新たに金利が発生します。金利の設定によっては、普通のマイカーローンより多く支払わなければならない可能性もあります。

次の車に乗り換える際には、購入していればその車を下取りに出して、新車に乗り買える際に新車の購入額を抑えることができます。

ただし、残価設定で乗り換える場合は返却というかたちになりますので、下取りとして利用することができません。

マイカーローンを選ぶ際の注意点

よりお得にマイカーローンを利用するためには、販売店で勧められるがまま「なんとなく」契約してはいけません!

月々の支払額や支払い総額なども考慮して、複数の選択肢から考える必要があります。

購入する車が決まったら、利用できる可能性があるマイカーローンについて、できるだけたくさんの情報を集めてください。

銀行なら窓口に問い合わせたり、信販系であれば販売店に確認をしておくのも良いです。それらの情報を元に、月々の返済額、返済総額などをシミュレーションしてください。

そのあとで、必要な手続きの詳細、融資までにかかる時間なども考慮して、どのマイカーローンが自分にとって一番ベストなのかを判断してください。

マイカーローンに使い道が自由な消費者金融カードローンという選択も

自動車購入に合わせての必要経費を考える男性消費者とカードローンの選択を紹介する女性行員

自動車の購入に便利なマイカーローンですが、実はマイカーローンでは使えないものがあります。

例えば、自動車税納付資金や別日の支払いになるカー用品のアクセサリーやオプション類、購入のための手付金、個人間売買などです。

つまり、見積書や契約書等で確認できない資金に関しては、マイカーローンを利用することができません。

しかし、プロミスアコムアイフルなどの消費者金融カードローンであれば、使用用途は自由となっているため、マイカーローンを利用できない費用に関してもフォローすることができます。

金利にしては融資額により異なりますが、一般的にはマイカーローンよりも高く年15%~18%程度です。

車体購入などをすべてカードローンで賄うのではなく、本体購入はマイカーローンで、アクセサリなどの購入はカードローンでなどに利用するなど、フレキシブルに活用できるのが魅力です。

プロミス

総合評価

  • 4.0点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年4.5%~17.8% 最大500万円※ 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短3分 最短3分※

おすすめポイント

  • 金利が年17.8%でほかの消費者金融より低め!
  • 初回借入れの翌日から30日間は利息0円!
  • カードレスで借入も返済もできる!

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。
※無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。
※18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

マイカーローンは借金があっても借りられる?

マイカーローンの借り入れが可能だと説明するFPとできて喜ぶ男性消費者

結論から言うと、借金があっても借りることができます。

マイカーローンは総量規制の範囲外なので、消費者金融などでお金を借りていても、住宅ローンなどを組んでいたとしても、借りることは可能です。

マイカーローンの審査の際、重視されるのは「返済負担率」です。

返済負担率とは
年収に対する返済の比率を計算し、申込者の支払い能力を確認するものです。計算式は「年間返済額÷年収×100」となります。
どのぐらの返済率ならいいのか、どこの金融機関も明らかにはしていませんが、一般的には25%を目安にしていると言われています。

年収500万円の人であれば、120万円程度です。

また、すでにカードローンなどを借りている人であれば、限度額いっぱいまで借り入れをしていないか、返済が滞ったなどの金融事故を起こしていないかが重要になります。

以前、カードローンなどを利用し、すでに完済しているのであれば、審査に影響はありません。

まとめ

車の購入は金額も大きく、大きな買い物です。マイカーローンはその大きな買い物に対する支払額に直結するものです。

上記の、マイカーローンを選ぶ際の注意点の項でもお伝えしましたが、よりお得にマイカーローンを利用するためには、販売店で勧められるままに契約するのは止めましょう。

いろいろな金融機関が提供しているマイカーローンは、それぞれにメリット・デメリットやサービスの特徴があります。
それらをしっかりと把握した上で慎重に比較検討し、賢く利用してください。

横浜銀行マイカーローン

実質年率 利用限度額 無利息期間
年0.9%~2.4%(変動金利) 最大1,000万円※ -
審査時間 融資時間 お試し審査
最短即日(仮審査回答) 最短7日

おすすめポイント

  • WEB契約なら来店不要!
  • 中古車、新車、借り換えも同一金利!
  • 仮審査結果は最短即日回答!

※限度額:使いみちが「車検・定期点検・修理費用、保険費用」と「車庫・電気自動車充電設備の設置費」の場合は10万円以上500万円以内