Operated by Ateam Inc.

  1. ナビナビキャッシング トップ
  2. SMBCモビットの審査前に読んでおくべき鉄則!申込の流れから利用方法を解説!

  • はい
  • いいえ

SMBCモビットの審査前に読んでおくべき鉄則!申込の流れから利用方法を解説!

田尻 宏子

この記事の監修者

2級ファイナンシャル・プランニング技能士

田尻 宏子さん

SMBCグループの会社のノンバンクカードローン「SMBCモビット」。
大手消費者金融のなかでも、顧客満足度が高いと評判です。

テレビCMでは竹中直人さんが出演しており、親しみやすいCMとなっています。

その「SMBCモビット」のカードローンの特徴は大きく3つあります。

  • WEB完結申込!
  • 電話連絡・郵送物なし!
  • 来店不要で契約ができる!

少しでも周囲の人に知られずに借り入れをしたい方には、おすすめのカードローンです。

この記事ではSMBCモビットの特徴やメリット・デメリットを詳しく紹介しています。

  • 「消費者金融でSMBCモビットってどんな特徴がある?」
  • 「電話連絡なしってほかの会社とどう違う?」

と、少しでもSMBCモビットが気になっている人は読んでポイントを抑えて自分にあった借り入れをしましょう。

田尻宏子

2級ファイナンシャル・プランニング技能士

監修者 田尻宏子の一言コメント!

コメント

お金を借りたいけれど、どのカードローンを選べばいいのか分からないというお悩みを持つ方は多いでしょう。 初めて、カードローンを利用するならば、WEBで申込から契約ができる大手消費者金融系カードローンを検討してみてはいかがでしょうか。 その中でも、SMBCモビットの「WEB完結」は電話連絡・郵送物なしで契約ができるというメリットがあります。どのような特徴があるかを見ていきましょう。

SMBCモビットについて

SMBCモビットは多数の利用者から高い支持を受けています。
まずは、SMBCモビットの概要を紹介します。

会社概要

株式会社SMBCモビットは、三井住友銀行と同グループのノンバンク系消費者金融です。

社名の由来は、「mobile」と「bit」を組み合わせた造語になっており、先進技術と金融を組み合わせた企業という意味を持っています。

2016年、2018年度の顧客満足度でNO.1(※オリコン調べ)に輝き、魅力的なサービスであるといえます。

また、2021年度には申込み手続き 満足度ランキングNO.1(※オリコン調べ)を獲得しており、申込みやすい会社として評価されています。

SMBCモビットの特徴

  • WEB完結申込!
  • 電話連絡・郵送物なし!
  • 来店不要で契約ができる!

SMBCモビットのカードローンには、利用者にとって魅力のある特徴が複数あります。

特にWEB完結申込は消費者金融のなかで最初にはじめており、そのスムーズな申込方法はSMBCモビットが人気である最大の理由でしょう。

WEB完結については「【来店不要】即日融資もできるWeb完結キャッシングを紹介!ネット完結でバレない借入」でも詳しく紹介しています。

SMBCモビットの歴史・沿革

SMBCモビットは20世紀の最後、2000年に誕生した「消費者金融会社」です。(※当初は「SMBC」がつかない「モビット」の名前で営業開始)

「都市銀行(三和銀行)」「消費者金融(プロミス)」「信販会社(アプラス)」の3業態が共同出資で設立したことが、業界で大きな注目を集めました。(※三和銀行は現三菱UFJ銀行)

こちらでは簡単にSMBCモビットの歴史を簡単にまとめてみました。SMBCモビットの歴史を知ると「なぜSMBCモビットの顧客満足度が高いのか」納得できると思います。

  • 2000年 「モビット」設立&営業開始
  • 2004年 三井住友銀行が資本参入(プロミス)
  • 2007年 インターネット会員サービス「Myモビ」開始
  • 2017年 業界初のセブン銀行とのスマホATM取引開始
        三井住友銀行のローン契約機の共同利用開始
         株式会社SMBCモビットに社名変更

2004年には三菱UFJ銀行のライバルである三井住友銀行が一部資本参入して業界に衝撃を与えました。

日本のトップレベルのメガバンク2行が消費者金融経営に関わるというのはかなりのインパクトがあったのです。

ちなみに当初は三菱UFJ銀行よりでしたが、現在は三井住友色が強くなっています。

SMBCモビットは、他社を驚かせるような先進的なサービスを積極的に取り入れていきました。

たとえば以下のようなサービスは、SMBCモビットのサービスレベルを一気に引き上げています。

  • 各種手続きのほとんどをカバーするインターネット会員サービス「Myモビ」
  • 来店不要の「WEB完結サービス」
  • スマホがローンカード代わりになる「セブン銀行とのスマホATM取引」

インターネット会員サービス」「Myモビ」は今もリニューアルを続けており、絶え間ない進化を見せています。

今後もSMBCモビットのサービスがどこまで便利になっていくのか注目ですね。

SMBCモビットのサービスメリット・デメリット

株式会社SMBCモビットは優秀で顧客満足度の高い消費者金融です。

しかしながら、メリットばかりではなく、中にはデメリットともいえる部分もあります。

ここでは、SMBCモビットのメリット・デメリットについて触れていきましょう。

メリット

SMBCモビットのメリット
  • WEBで申込を完結できる
  • 10秒簡易審査で簡単な審査結果を得ることができる
  • 審査スピードが最短30分と早い
    (申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)
  • 即日融資にも対応可能
  • カードレスでキャッシング可能

それぞれのポイントを簡単に解説していきましょう。

WEBで申込を完結できる

SMBCモビットは、WEB上で契約手続きを完結できる商品です。

多くのカードローン商品では、契約書類の郵送があったり、電話連絡があったりと、利用者の手間となる手続きが必ずあります。

しかしSMBCモビットのWEB完結では、郵送物なし、電話連絡なしで利用までの手続きをすべて完了することができます。

「職場に電話連絡を入れられると困る」というような方でも申込しやすいでしょう。

web完結させるためには、下記の書類が必要になります。

  • 本人確認ができる「運転免許証」か「パスポート」
  • 現在の収入が証明できる「源泉徴収票」か「税額通知書」か「所得証明書」か「確定申告書」か「給与証明書(直近2カ月分)」
  • 勤め先が確認できる「健康保険証※1」か「給与証明書(1カ月分)」

※1.保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。

どれか1つでも欠けてしまうと、審査に通らずWEB完結できませんので、準備しておきましょう。

このようにWEB完結を利用できる点は、利用者から見ても手続きに伴う手間が少ないため、SMBCモビット独自のメリットだといえます。

ただし、WEB申込を利用する条件として、「三井住友銀行、ゆうちょ銀行またはみずほ銀行、三菱UFJ銀行の口座を持っているというポイントを満たしておく必要があるため、注意が必要です。

10秒簡易審査で簡単な審査結果を得ることができる

「お借入診断」という10秒簡易審査機能がSMBCモビットの公式ホームページに、設置されています。

この機能では、

  • 生年月日
  • 税込年収
  • 現在の他社借入金額

という3つの項目を入力するだけで、簡易的な審査結果を知ることができます。

したがって、「自分でも借入可能なのかを素早く知りたい」という方は、10秒簡易審査を利用されることをオススメします。

ただし、このお借入診断はあくまで簡易的な審査を行うためのものです。

お借入診断において融資可能という審査結果を得たからといって、必ずしも本審査に通過できるわけではありませんので、注意してください。

審査スピードが最短30分と早い

SMBCモビットの審査にかかる時間は、最短30分とスピーディです。

審査スピードの素早いカードローンであれば、よりスムーズに手続きを進めることができるため、利用者にとっても大きなメリットだといえます。

ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があるので、注意が必要です。

即日融資にも対応可能

SMBCモビットは、即日での融資にも対応可能な商品です。

カードレスでのキャッシングできる点に加え、自社契約機も有しているため、即日での融資を受けることがでる可能性があります。

このような手続きのスムーズさは、顧客満足度が高い1つの要因でしょう。

カードレスでキャッシング可能

SMBCモビットは、「カードレスキャッシング」に対応しています。

カードレスキャッシングとは、取引するときに必要なローンカード無しでお金を借入できるサービスのことです。

SMBCモビットのカードレスキャッシングは、スマホを使って手続きを行います。

スマホを使ってカードレスキャッシングする流れは下記のとおりです。

  1. SMBCモビットのスマホサイトにアクセスする
  2. 「WEB完結申込」を選択する
  3. ご自身の情報を記入する
  4. 入力途中で10秒簡易審査の結果が表示される
  5. 必要書類を提出後、本審査の開始
  6. メールで審査結果の連絡が入る
  7. 審査回答メールに記載されているURLから審査結果確認ページにアクセスし、入会手続きを進める
  8. 入会完了メールを受信
  9. 会員ページ、アプリ、電話などで振込依頼をかける
  10. 口座に振込で融資される

ちなみに、SMBCモビット公式アプリを使用することで、ローンカード無しでもセブン銀行ATM・ローソン銀行ATMから借入・返済することができます。

便利な機能ですので、セブンイレブンやローソンがお近くにある方はぜひ活用するようにしてください。

デメリット

SMBCモビットのデメリット
  • 金利が高い
  • 無利息期間がない
  • 提携ATMを利用する際に手数料がかかる(三井住友銀行ATMは手数料無料)
  • 自社ATMがない
  • 店舗がないので直接契約ができない

上記のうち、利用者にとって特に大きなデメリットになるのが、「金利が高い」「無利息期間がない」という点でしょう。

SMBCモビットの金利は3.0%~18.0%です。

この水準は、消費者金融の中では標準的であるものの、銀行が取り扱う商品と比較した場合、やはり高めだといえます。

キャッシングの金利は高ければ高いほど利息も膨らみやすくなりますので、利用者にとってデメリットだといえるでしょう。

また、SMBCモビットには無利息期間がありません。

無利息期間とは、規定条件を満たすことで、一定期間 お利息を免除してもらえるサービスのことです。

無利息期間は短期融資を希望する利用者にとって、大きなメリットのあるサービスですが、残念ながらSMBCモビットにはこのようなサービスがありません。

したがって、「短期間の融資を希望している」という場合には、他社を含めて検討したほうが良いでしょう。

SMBCモビットのサービスに適している人

ここまでの内容から、SMBCモビットに適している人を簡単にまとめてみましょう。

  • 急いでお金を借りたい
  • 会社に電話を掛けられたくない
  • ローンカードを発行せず、スマホだけでキャッシングしたい
  • 電話や郵送などの余計なやりとりをしたくない
  • ややこしい機能はいらない
  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のうちいずれかの預金口座を持っていて、カードレスキャッシングを希望している
  • 近隣に三井住友銀行ATMがある

SMBCモビットの特徴として、「即日での融資に対応している」という点があります。

したがって、すぐにでも融資を受けたい方、スマホで簡単に素早く融資を受けたい方にはピッタリの商品だといえるでしょう。

また、WEB完結を利用した場合、電話や郵送などの面倒な手続きがありません。

「キャッシングしたいけど面倒な手続きはイヤ」という方にも向いているサービスです。

SMBCモビットのサービスに適していない人

SMBCモビットのサービスに適していない人を下記にまとめてみましたので参考にして下さい。

  • 職業が専業主婦、または収入源が年金のみの方(※該当する方は、後述の「消費者金融で借入できない人もいる」で別の方法をご説明しますので、そちらをご覧ください)
  • 融資の早さよりも便利さを重視したい
  • 無利息サービスを活用したい
  • 店舗で申込などの手続きを行いたい
  • WEB完結の適用対象外だけど、郵送されたくない

モビットカードとは?

「モビットカード」はSMBCモビットを便利に使うのにお役立ちのローンカードです。

SMBCモビットはカードレスでも利用可能なのですが、ローンカード発行によって全国約12万台(※2022年4月現在)もの提携ATMが手軽に利用できるようになります。

カードの特徴

SMBCモビットのモビットカードは2018年4月24日から「Tカードプラス(SMBCモビットnext)」が新たにサービスインしています。

こちらでは2種類のモビットカードの特徴をまとめてチェックしておきましょう。

カードの種類 特徴
モビットカード(一般タイプ)
  • 全国約12万台の提携ATMでキャッシング&返済に利用可能
  • 前項の三井住友銀行ATMの利用手数料無料
  • 年会費無料&発行手数料0円
  • 三井住友銀行内のローン契約機で即日カード発行も可能
Tカードプラス(SMBCモビットnext)
※2018年4月24日スタート
  • モビットカードの基本機能に加えてクレジットカード&Tカードの機能をプラス
  • モビット一般カードが発行されていることが申込み条件
  • クレジットカードの年会費永年無料
  • クレジットカードはリボ払いのMasterCard
  • 支払方法は入会後にリボ払い以外にも変更可能
  • クレジットカード利用200円ごとに(消費税などを含む)Tポイント1ポイントを付与
  • 審査は「三井住友カード株式会社」があらためて実施

最初に注意しておきたいのは「Tカードプラス」単独では申込みできないということです。

Tカードプラスの申込時にすでにモビットカードが発行されていることが申込条件となっています。

モビットカードとTカードプラスがそれぞれ別会社で審査されることがその理由です。

モビットカード SMBCモビットが審査(カードローンの審査)
Tカードプラス 三井住友カードが審査(クレジットカードの審査)

つまりモビットカードの審査に通過すれば、さらにクレジットカード機能付きのTカードプラスの審査を受けられるというわけです。

なお「最初からTカードプラスだけ発行すれば良いのでは?」という疑問もありますが、

  • SMBCモビットの審査に通ってもTカードプラスの審査に落ちる場合がある
  • モビットカードよりもTカードプラスの発行に時間がかかる
  • クレジットカードだけ解約したいというニーズも想定される

おそらく以上のような理由で、別カード発行としているのではないでしょうか。

なおTカードプラスにはモビットカードの基本機能が含まれています。そのためTカードプラスとモビットカードの2枚を持ち歩く必要はありません。

利用用途

モビットカードのそれぞれの利用シーンをチェックしておきましょう。

特にTカードプラスは機能が充実しているので、知らないと損してしまうかもしれませんね。

カードの種類 想定される利用用途
モビットカード(一般タイプ)
  • 三井住友銀行ATMで手数料無料のキャッシング&返済
  • いざというときには全国12万台のATMでキャッシング&返済
  • 振込キャッシング利用時の会員番号確認(カード券面に記載)
Tカードプラス(SMBCモビットnext)
  • 上記モビットカードの用途全般に利用可能
  • 国内・海外でのクレジットカードショッピング
  • インターネットショッピング
  • Tポイント提携先でのカード提示でTポイントを貯める
  • Tポイント提携先でクレジット払いにしてダブルでTポイントを獲得
  • Tカードプラスにをチャージ(入金)して、Tマネー支払に利用

クレジットカード支払方法の初期設定がリボ払いなのがちょっと気になりますが、後からリボ払い以外にも変更可能です。

また手数料も永年無料ですし、海外でも強いマスターカードブランドなので、海外旅行でも便利に使えます。

SMBCモビットのサービスを他社比較

SMBCモビットは高い顧客満足度からもわかるように、優れたキャッシングサービスです。

しかしながら、他社と比較した場合、どのような点がメリットになるのでしょうか。

ここでは、SMBCモビットと他社を比較してみたいと思います。

比較項目

SMBCモビットと比較するのは、「アコム」「アイフル」「プロミス」の3社です。

SMBCモビットと他社の大手消費者金融との比較は下記の表をご覧ください。

どの会社にするときに気にする人が多い項目を以下のように分けて比較しています。

  • 金利・限度額
  • 審査時間・借入方法・無利息サービスの有無
  • 返済期日・最小返済額・提携ATM手数料

金利・限度額についての比較

名称 SMBCモビット アコム アイフル プロミス
金利 年1.5%~14.5% 年3.0%~18.0% 年3.0%~18.0% 年4.5%~17.8%
限度額 10万~800万円 最大800万円 最大800万円 最大500万円※

上記をご覧いただくとわかるように、SMBCモビットの最大限度額はアコムなどと並び800万円と高額です。

SMBCモビット独自のサービスとしては、同グループである三井住友銀行ATMを無料で利用できることも大きい点でしょう。

大きな限度額を設定していることにより、さまざまな目的資金として活用しやすいといえます。

このような点は、SMBCモビットの大きなメリットです。

審査時間・借入方法・無利息サービスの有無


名称 SMBCモビット アコム アイフル プロミス
審査時間 10秒簡易審査 最短30分 最短25分※ 1 最短25分
借入方法
  • 銀行振込
  • 提携ATM
  • 銀行振込
  • 自社ATM
  • 提携ATM
  • 店頭窓口
  • 銀行振込
  • 自社ATM
  • 提携ATM
  • 店頭窓口
  • 銀行振込
  • 自社ATM
  • 提携ATM
  • 店頭窓口
無利息サービス なし あり
(契約日の翌日から30日間)
あり
(契約日の翌日から30日間)
あり
(契約日の翌日から30日間)

※1.WEB申込の場合

最後に、返済に関わる項目について比較してみました。

返済期日・最小返済額・提携ATM手数料

名称 SMBCモビット アコム アイフル プロミス
返済期日 毎月5日、15日、25日、末日のうち、任意指定日
  • 35日ごと
  • 毎月指定日
  • 35日ごと
  • 毎月指定日
毎月5日、15日、25日、末日のうち、任意指定日
最少返済額 4,000円 3,000円 4,000円 2,000円
提携ATM手数料 有料
(一部利用者負担)
有料
(1万円以下の取引1回につき110円、1万円超の取引1回につき220円)
有料
(1万円以下の取引1回につき110円、1万円超の取引1回につき220円)
有料
(1万円以下の取引1回につき110円、1万円超の取引1回につき220円)

中小消費者金融や銀行カードローンとも比較

大手消費者金融の他に、中小消費者金融や銀行カードローンとも比較してみましょう。

まずは中小消費者金融と比べてみます。

SMBCモビット フタバ ダイレクトワン フクホー アロー
金利 年3.0%~18.0% 14.959%~19.945%※ 年4.9%~18.0% 年7.3%~18.0% 年15.0%~19.94%
限度額 最大800万円 10万円~50万円 300万円 200万円 最大200万円
審査時間 10秒簡易審査 - 最短即日(申込日当日) 最短即日 最短45分
無利息サービス なし 30日間 なし なし なし
自動契約機 あり なし なし なし なし

SMBCモビットと中小消費者金融を比較してみると、中小消費者金融は上限金利が高い業者があり、最大限度額が少なめになっているのが分ります。

また、中小消費者金融は自動契約機のある業者が少ないです。

今回比較した業者の中で自動契約機のある業者はひとつもありません。

中小消費者金融の場合、審査時間はあくまで目安程度だと思っておきましょう。

大手のようなスピード感は期待できないため、表記してある審査時間よりかかってしまうことも多いです。

その他、中小の業者は独自の審査基準をもっている可能性があるという特徴があります。

このため、大手よりも審査はやさしい傾向にあります。

続いて大手銀行カードローンと比較してみましょう。

SMBCモビットと大手銀行カードローンの比較

SMBCモビット 三井住友銀行 カードローン 三菱UFJ銀行カードローン バンクイック
金利 年3.0%~18.0% 年1.5%~14.5% 年1.8%~14.6%
契約極度額 最大800万円 10万~800万円 最大500万円
審査時間 10秒簡易審査 最短翌営業日※ 最短翌日
無利息サービス なし なし なし
自動契約機 あり あり あり

SMBCモビットと銀行カードローンを比較した場合、銀行カードローンは上限金利が低い傾向にあります。

このため、SMBCモビットよりも利息をおさえやすいです。

一方で、銀行カードローンは審査の都合上、即日融資ができません。

2018年1月以降、審査に警視庁データベース照会が加わったからです。

また、銀行カードローンは「普通預金口座の開設」が必要なケースも多いです。

カード発行元の銀行口座を持っていない場合、口座を同時開設する必要があり、融資までに時間がかかってしまうこともあります。

「SMBCモビット」と「クレジットカードのキャッシング」の比較

SMBCモビットのようなキャッシング商品とよく比較されるサービスとして、「クレジットカードキャッシング」というものがあります。

このサービスはクレジットカードにキャッシング機能を付加することにより、1枚のカードでショッピングとキャッシングを両方利用することができるものです。

しかし、SMBCモビットとクレジットカードキャッシングにはどのような違いがあるのでしょうか。

簡単な比較表を作成しましたので、ご覧ください。

SMBCモビットとクレジットカードキャッシングの比較
サービス SMBCモビット クレジットカードキャッシング
利用可能額 大きい 小さい
適した属性 安定継続した収入のある方 クレジットカードを所持していて、キャッシング枠の審査に通過した方
審査にかかる時間 早い クレジットカード申込時に審査済みのため、原則なし
融資までにかかる時間 早い 一般的にATMにて出金可能な場合が多い
金利 高め 高め
ショッピング機能 なし あり

上記表を見るとわかるように、「お金を借りる」という目的の機能だけを見れば、SMBCモビットのほうが優秀です。

しかし、SMBCモビットには店舗で直接利用できるショッピング機能は付いていませんので、店舗でお買い物をする際は、ATMで事前にお金を引き出しておく必要があります。

対してクレジットカードであれば、ショッピングの機能も1枚のカードで利用することができますので、複数の機能を便利に活用することができます。 

SMBCモビットとクレジットカードキャッシングにはこのような違いがあります。

ご自身のニーズを把握した上で、適したサービスを選択しましょう。

田尻宏子

2級ファイナンシャル・プランニング技能士

監修者 田尻宏子の一言コメント!

コメント

銀行カードローン、クレジットカードのキャッシングなど、お金を借りる手段はさまざまです。 しかし、即日融資や高額の借入を希望する場合、銀行カードローンやキャッシングでは物足りない部分があるのも事実です。 急いでお金を借りたい、コンビニなどのATMから出金したい、指定口座に振込してもらいたいなどの希望がある場合はSMBCモビットを始めとした消費者金融系カードローンを選択した方がよいでしょう。

SMBCモビットを今まで利用がしたことがない人でも安心?

こちらの章ではSMBCモビットを今まで利用したことがない方が、特に心配されることについてわかりやすく解説していきます。

こちらをお読みいただければ「なんとなく不安」が解消できることでしょう。是非参考にしてみてくださいね。

SMBCモビットを利用してこわい思いをする心配は無用

SMBCモビットを初めて利用を検討する場合、よくわからないことで不安に感じられることもあるでしょう。

とくに昔の「サラ金」と呼ばれていた時代の印象が強いと「怖い思いをするのでは」と思ってしまう方も多いようです。

じつは最近の消費者金融は、そのような心配はまったく無用となっています。

法律が改正され、昔のように自宅へ夜間に訪問するなどの行き過ぎた取立行為は厳しく禁止されているのです。万が一そのような取立をした場合、業務停止命令などの厳しい処分を受けることになります。

SMBCモビットはメガバンクと同じグループに入っています。お客さんに迷惑をかけて、評判を落とすようなことは絶対にできないと言って良いでしょう。

SMBCモビットはカードローン初心者でもわかりやすい

SMBCモビットはインターネット(パソコンもしくはスマホ)で誰でも簡単に申込できます。

わかりやすい案内がありますし、入力する項目もシンプルで迷う心配がありません。

パソコンが苦手な方は、電話での申込みも可能です。

その場合、自宅に入会申込書類やローンカードが送られてくるため、家族にバレたくない方にはおすすめしません。

また、契約後もSMBCモビットは会員サービスが充実していて便利です。

必要な情報はスマホやパソコンからいつでもチェックできます。また増額などの申込や各種手続もネット・アプリで完結できてしまいます。

さらに、万が一期日までに返済できない場合でも、電話なしでネットから支払予定日を登録可能です(実質年率20.00%が発生します)。

領収書や利用明細が必要な場合は、ネットでダウンロードが可能なのでプライバシーも守られますね。

初回利用の注意点

SMBCモビットは良くできたサービスなので、普通に利用するのであれば心配することはほとんどありません。

それでもなお、あえて気にかけておくと良い点を紹介しておきます。

  • 無料で利用できるATMが三井住友銀行ATMに限られるため、利用しやすい場所に利用できるATMがあるかは重要
  • 口座振替返済に指定できるのは「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「ゆうちょ銀行」に限られる
  • 大手消費者金融のなかでは唯一「無利息期間」の設定がない

無料で利用できるATMが三井住友銀行ATMに限られるというのは、他社に比べて不利というわけではありません。

ただし三井住友銀行ATMが近所や通勤経路など利用しやすい場所にあるかどうかは利便性を大きく左右します。

また口座振替での返済を考えている場合は「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「ゆうちょ銀行」の3つの金融機関限定となっているので注意が必要です。

基本的には給与受取口座での返済が便利ですから、あなたの給与受取口座が入っているかはチェックしておいたほうが良いでしょう。

最後に気になるのが「無利息期間」の設定がないことです。長期で借入する場合は、あまり差を感じられないかもしれません。

しかし数カ月で完済を考えている場合、無利息期間の有無は支払利息のお得感に大きく影響します。

少しでもオトクに借りたい場合は、SMBCモビット以外の選択も検討したほうが良いでしょう。

SMBCモビットへの申し込み、審査時に必要な書類

SMBCモビットでは申込画面の入力の途中で10秒簡易審査の結果が表示されます。

必要な書類は10秒簡易審査を通過してから提出する流れです。

なお、書類の提出は簡単です。

書類をスマートフォンのカメラなどで撮影し、画像を送信するだけでOKです。

書類提出を含めてWEBで手続きが完結するため、お手軽です。

ちなみに「WEB完結申込」はカードレスの取り扱いとなります。

ATM利用希望の方は「カード申込」を利用しましょう。

続けて、SMBCモビットで提出が必要となる書類について説明していきます。

実際に申込みされる前にしっかり確認しておきましょう。

SMBCモビットでは本人確認書類の提出は絶対に必要

SMBCモビットに申し込みをする際に、本人確認書類を提出する必要があります。

書類の種類と注意すべきポイントを表にまとめましたので、申込みする前に確認しておきましょう。

本人確認書類
書類の種類 注意すべきポイント
運転免許証 変更事項がある方は裏面コピーも必要
健康保険証※1 氏名・生年月日・住所のページ ※カード型保険証は裏面コピーも必要
パスポート 顔写真および住所のページ

※いずれも有効期限内、もしくは現在有効なものを提出します。

SMBCモビットでは、3種類の本人確認書類が認められています。

ただし、健康保険証とパスポートは、運転免許証を持っていない場合に限られますので注意してください。

※1.保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。

SMBCモビットでは収入証明書類の提出を求められることが多い

SMBCモビット申込時に収入証明書類の提出を依頼される場合があります。

貸金業法では条件によって、収入証明書類による年収確認が義務づけられているためです。

法律により収入証明書類を必ず提出するケース
  • SMBCモビットと他社の借入合計額が100万円を超える場合
  • すでに提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合

ただし、SMBCモビットの場合は、以上の条件に当てはまらない場合でも提出を求められることが 多いようです。

そのため、以下のいずれかの収入証明書類を事前に用意しておくと、手続きがスムーズに進みます。

収入証明書類
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 税額通知書
  • 確定申告書
  • 給与明細書(直近の給与明細書2カ月分)

※賞与支給のある方は、年間の賞与額(夏・冬)が確認できる賞与明細書も必要です。

※個人事業主の方は「営業状況確認のお願い」の提出が必要になる場合があります。不明な点は電話で確認するようにしましょう。

SMBCモビットの審査に落ちるよくある理由

SMBCモビットに限ったことではないですが、審査に落ちる理由はある程度想定できます。

例えば、下記のような理由がよくあります。

SMBCモビットの審査に落ちる理由
  • 収入が一定基準に達していない
  • 総量規制を超える借入をしようとしている
  • 偽った情報で申し込んだ
  • 信用情報に傷がある
  • 複数社に申し込んでいる

収入が一定基準に達していない

SMBCモビットに限らず、業者は申込者の「返済能力があるか」という点をみています。

そして、単に多額の収入があればいいというわけではなく、「安定収入」が求められます。

業者は、返済する可能性が低い方よりもしっかりと安定的に返済される方にお金を貸したいのです。

また、収入に対して希望額が大きすぎることも審査に落ちる原因ですので、注意しましょう。

総量規制を超える借入をしようとしている

前提条件として、年収の3分の1以上の借入をすることができません。

いくらSMBCモビットが「返済能力がある」と判断しても総量規制のルールを無視できません。

他社借入がある方は、あといくら借りる余裕があるのかを把握してから申し込みましょう。

また、目安として4社以上から借入していると、審査に通過することが困難になります。

偽った情報で申し込んだ

審査に通過するために個人情報などを偽って申告するとバレてしまいます。

信用情報の照会により確認されますので、偽った情報を入力することは避けてください。

バレてしまうと、嘘をついた事実が残り、今後の借入時に悪影響を及ぼす可能性があります。

また、確認不足で誤った情報を入力することも偽った情報として疑われてしまいますので十分にチェックしてから申し込みましょう。

信用情報に傷がある

過去の借入や奨学金など、滞納したことがある方は事故情報として登録されている可能性があります。

このような状態を「ブラックリスト入り」と言いますが、一度ブラックリスト入りすると、5年間は消えない可能性があります。

「返済能力がない」という判断をされてしまいますので、この点には最も気を付ける必要があります。

複数社に申し込んでいる

信用情報機関には約半年間の借入申込情報の記録が残っています。

ですので、短期間で複数社に申込をしてしまうと審査の際に不利になります。

1社審査に落ちたからといって一気に沢山の業者へ申込することは避けましょう。

複数社への申込の情報が記録されてしまうと、SMBCモビット以外の業者の審査も通過できなくなりますので注意してください。

▼SMBCモビットの審査について詳しく知りたい人におすすめの記事

カードローンの審査について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

SMBCモビットの申込みから融資までの流れ

SMBCモビットには、さまざまな申し込み方法があります。

ここでは、SMBCモビットの申し込みから融資までの流れをご説明していきましょう。

お申込み(申込み完了までの流れを記載)

SMBCモビットの申し込み方法は、

  • パソコン
  • スマートフォン
  • 電話
  • 三井住友銀行のローン契約機

の4通りで、ご自身の都合にあわせて申し込みすることができます。

大まかな申し込みの流れは下記のとおりです。

  1. 各申し込み方法で審査を申し込む
  2. 審査の実施
  3. 審査結果の回答
  4. 必要書類の提出
  5. 契約手続き
  6. ローンカードの受け取り
  7. 会員サイトやATMなどを利用し、お金を引き出す

上記のように、申込から審査、結果回答という流れで手続きを進めます。

審査結果の回答後、必要書類を提出する流れになっていますので、申込の時点であらかじめ準備しておきましょう。

審査

SMBCモビットの審査に要する時間は、最短30分となっています。

審査の結果は電話もしくはメールでの回答になります。(WEB完結の場合はメールのみ)

申込の曜日・時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合がありますのでご注意ください。

審査の最終段階として、「在籍確認」が実施されます。

在籍確認とは、利用者の在籍事実を確認するために行われる手続きのことで、業者から利用者の勤務先へ直接電話連絡が入ります。

連絡の内容としては、「〇〇さんはいらっしゃいますか?」程度のものですので、周囲にキャッシングの事実がバレてしまうことはまずありませんので、安心してください。

加えて、SMBCモビットの在籍確認は個人名で行われ、会社名を告げることもありません。

「会社の同僚にバレてしまいそうで不安…」という人はWEB完結申込で申し込みましょう。

SMBCモビットのWEB完結申込なら、電話での在籍確認なしで借り入れできるため、会社の人にバレるという心配はありません。

▼SMBCモビットの在籍確認について詳しく知りたい人にオススメの記事

カードローンの在籍確認については、更に知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

またSMBCモビットでは、「どうしても勤務先へ連絡されると困る…」という方に対し、一定の条件を満たす場合に限って「電話連絡なし」のサービスがあります。

それは「WEB完結申込」です。

WEB完結申込を利用できる条件は下記となっています。

  • WEBで申し込める
  • 三井住友銀行または三菱UFJ銀行の口座を持っている
  • 全国健康保険協会発行の保険証または組合保険証を持っている(勤務先で受け取った保険証)※1
  • 直近の給与明細書を提出できる

保険証と給与明細書で勤め先を確認することで「電話連絡なし」が実現しています。

※1.保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。

▼電話連絡なしでSMBCモビットを利用する方法について詳しく紹介

ちなみに、「審査を通過できる自信がない」という方は、SMBCモビットの公式ホームページ内に設置されている「お借入診断」で融資可能かどうかを事前にチェックしましょう。

お借入診断では、簡易的な項目を入力するだけで大まかな審査回答を得ることができます。

ただし注意点として、お借入診断で出た審査結果が問題なかったとしても、本審査が通過できないケースもあります。

あくまでも10秒簡易審査ですので、その点を踏まえた上で活用してください。

▼10秒簡易審査や審査基準など、SMBCモビットの審査のすべてを徹底紹介中!

契約手続き

無事にSMBCモビットの審査を通過した後は、契約手続きに進みます。SMBCモビットの契約手続きは、

  • WEB完結
  • 郵送

のどちらかになります。

WEB完結の場合はインターネット上での入会手続きになり、そのほかの申込方法ではローンカードと入会申込書が郵送で届く流れになります。

したがって、「自宅に郵送されると困る」という方は、WEB完結で申込するようにしてください。

融資

SMBCモビットは、即日での融資にも対応しています。即日融資を受ける際は、「インターネット申込」を活用するのが便利でしょう。

インターネット申し込みを利用し、即日融資を受ける流れは下記のとおりです。

三菱UFJ銀行または三井住友銀行の口座をお持ちの方

  1. SMBCモビット公式ホームページ内にある「WEB完結申込」から審査を申し込む
  2. 審査の実施
  3. 在籍確認の実施
  4. インターネット上で入会手続き、本人確認書類の提出
  5. 入会完了メールが届き、手続き完了
  6. SMBCモビット会員ページから振込依頼を申請する
  7. 指定した口座に現金が振り込まれる

※WEB完結申込となり、ローンカードは発行されません。

三菱UFJ銀行または三井住友銀行の口座をお持ちでない方

  1. SMBCモビット公式ホームページ内にある【カード申込】から審査を申し込む
  2. 審査の実施
  3. 在籍確認の実施
  4. インターネット上で入会手続き、本人確認書類の提出
  5. 三井住友銀行のローン契約機へ行き、ローンカードを発行する
  6. SMBCモビットと提携しているATMへ行き、ローンカードを挿入の上、現金を引き出す
  7. 後日、契約関係書類を自宅で受け取り、必要書類を返送する

※契約書類は、後日自宅郵送になります。

SMBCモビットの審査時間は素早く、土日祝日問わず即日融資を受けられる可能性が高いです。

即日融資を希望する方は、上記の流れを参考になさってください。

土日祝日にSMBCモビットに申し込む予定の人は「SMBCモビットは土日祝日でも審査OK!借入・返済・問い合わせ先まとめ」を参考にしてください。

SMBCモビットに申し込める三井住友銀行内ローン契約機・提携ATMを検索

先述のとおり、Web完結申込ではない場合は三井住友銀行内ローン契約機で契約・ローンカードの発行をすることで、即日融資を受けることが可能です。

最寄りの三井住友銀行内ローン契約機・提携ATMを調べたい方は、下記の検索機能をご活用ください。

  • 沖縄県

借入方法

SMBCモビットの借入方法は、

  • 振込キャッシング
  • 提携ATM

のどちらかになります。

振込キャッシングは、SMBCモビットの会員ページから手続きを行うことができます。

SMBCモビットの最短融資の方法と審査にかかる時間

ここからは、SMBCモビットで最短融資するための方法と審査にかかる時間について解説していきます。

はじめに「お借入診断」を試してみよう!

審査を受ける前に「お借入診断」で借入できそうか事前審査してみましょう。

お借入診断とは、「生年月日」・「税込年収」・「現在他社借入金額」の3つを入力するだけで、借入可能かを即座に判断してくれる10秒簡易審査です。※三井住友銀行ローン契約機からの申込では、10秒簡易審査は適用されないので注意が必要です。

あくまで目安となりますが、すぐに借入可能かどうかが分りますので、試してみるのがおすすめです。

最短融資におすすめの申込方法

お借入診断で借入可能と判断されたら、さっそく申し込みをします。

SMBCモビットの場合、申込方法は以下の6つがあります。

  • パソコン
  • スマートフォン
  • 電話
  • 三井住友銀行ローン契約機

最短融資を狙うなら、基本的にパソコン・スマートフォンから申し込むのが一番おすすめです。

申し込みは24時間いつでもできますし、申し込み~審査~融資まで自宅で完結することが可能です。

なお、土日祝に即日融資を受けたい場合は「三井住友銀行ローン契約機」を利用しましょう。

ローン契約機であれば、その場でカードを発行してくれますので、銀行がお休みとなる土日祝でもATMから即日借り入れが可能です。

審査にかかる時間

SMBCモビットの審査時間は最短30分となっています。

審査は「スコアリング(コンピューターによる審査)」が中心となるため、スピーディーです。

ただし、最終的には人の目視も入りますので、申込する人が多く混み合っているときなどは時間がかかってしまうこともあります。

とはいえ、ほとんどの場合は当日中に終了するかと思います。

SMBCモビットに三井住友銀行内ローン契約機から申し込むときの流れや注意点

SMBCモビットに三井住友銀行内ローン契約機から申し込むときの利用方法、手順は下記のとおりです。

  1. SMBCモビット公式サイトで最寄りの三井住友銀行内ローン契約機の場所を検索する
  2. 必要書類を持参の上、三井住友銀行内ローン契約機へ行く
  3. 三井住友銀行内ローン契約機から「SMBCモビット」を選択して申し込む
  4. 電話で審査項目を聞かれる
  5. カードが発行される
  6. 審査結果がメールで届く
  7. インターネットか電話で入会手続きをする
  8. 発行したカードが利用可能になる
三井住友銀行内ローン契約機を利用する際の注意点
  • 必ず本人確認書類を持参する
  • 無人契約機で申込を完了した場合でも、後日入会申込書が自宅に届く
  • カードが発行された後でも、本審査結果の回答を承認するまでは借入できない

困った場合の対処法

  • 無人契約機の操作、利用手順に困った場合は、ローン申し込み機内に備え付けられている受話器でスタッフに連絡することができます。
  • または、モビットコールセンター(0120-03-5000)に連絡し、相談するようにしてください。

SMBCモビットの提携ATMの利用方法

  1. SMBCモビットの公式ホームページ内上部、「借り方、返し方」ボタン内、「提携ATM」ボタンをクリック
  2. 最寄りの提携ATMをチェック
  3. ローンカードを持参の上、提携ATMへ行く(※セブン銀行ATMであれば、アプリを使ってカードレスキャッシングも可能)
  4. ATMにローンカードを挿入し、「お借入」または「ご返済」を選択
  5. 金額を入力、または、お金を端末へ入れる
  6. 借入・返済の完了
ATMを利用する際の注意点
  • 基本的には、千円単位からの利用
  • 全額返済の場合は事前にモビットコールセンターへ電話連絡を入れた上で総額を確認しておく
  • セブン銀行ATMであれば、ログイン後アプリを使ってキャッシングすることも可能
  • 三井住友銀行ATM以外は手数料が発生する

困った場合の対処法

  • 操作方法で困った場合は、モビットコールセンター(0120-03-5000)へ連絡するようにしましょう。
  • ATM端末のトラブルに関しては、ATMに備え付けられている受話器を使って管理会社へ連絡してください。

SMBCモビットの公式スマホアプリ

SMBCモビットではiOS版とアンドロイド版のスマホアプリをリリースしています。

スマホアプリのショップで「SMBCモビット」と検索すればすぐに見つかり、無料でダウンロード可能です。

またSMBCモビットの公式サイトから直接ダウンロード、もしくはQRコードでアクセスできます。こちらではSMBCモビットの公式スマホアプリについて、詳しく解説してきます。

SMBCモビットの公式スマホアプリとは?

最近は公式スマホアプリを利用できる金融機関も増えてきています。しかしそんな中でもSMBCモビットの公式スマホアプリは機能で常に一歩先を進んでいる印象です。

公式スマホアプリをインストールすれば「増額審査申込」「書類提出」などの手続が24時間スマホでできるようになります。

またセブン銀行ではローンカードレスで入出金が可能になるなど利便性がアップしているのです。

公式スマホアプリは随時アップデートが行われていて、更新のたびに新機能が登場しています。スマホをお持ちなら、契約直後にインストールしておくことのがおすすめです。

続けてSMBCモビットの公式スマホアプリでできることを完全解説していきます。

スマホアプリでできること

SMBCモビットではインターネット会員サービス「Myモビ」が「パソコン版」「モバイル版」「アプリ版」の3種で利用可能となっています。

こちらではスマホで使える「アプリ版」の機能に絞ってわかりやすく一覧にまとめました。

あなたの利用したい機能が含まれているか、実際に利用しているシーンを思い浮かべながらチェックしてみてくださいね。

SMBCモビットの公式スマホ「アプリ版」でできること

スマホATM取引 セブン銀行ATMでローンカードを使わずに入出金が可能
振込キャッシング 最短3分で指定の預金口座へ融資金を振込(口座は最大3つまで登録可能)
※平日9:00~14:50までに手続完了の場合
増額審査申込 申込、結果案内、契約額変更の手続をアプリ上で完結
※収入証明書類の提出が必要となる場合あり
お支払予定日登録 万が一支払日に間に合わない場合、電話なしで支払予定日の登録が可能
※返済が遅れた日数分だけ年20.00%の遅延損害金が発生
※キャッシングが停止になる場合あり
約定支払日変更 毎月の返済日(5日、15日、25日、末日)の契約変更手続きが可能
※次回支払期日の日数が短縮される場合あり
利用状況照会 残高・利息額・利用可能額などを確認できます
ユーザーID変更 SMBCモビットが発行した初期設定ユーザーIDの変更手続きが可能
パスワード変更 インターネットパスワードが変更できます
書類提出 撮影された本人確認書類・収入証明書類の画像を提出可能
振込返済口座照会 専用の振込返済口座番号を確認可能
Myモビメッセージ SMBCモビットからのお知らせや案内の一部を表示

なお、アプリ版ではすべてのMyモビサービスを利用できるわけではありません。

パソコンなら利用できてアプリではできない機能を参考までにまとめて紹介します。

「パソコン版」からできてアプリ版ではできないこと

登録内容変更 住所、電話番号、勤務先などの変更手続きが可能
カード紛失・盗難連絡 カード破棄・再発行の申請について案内
契約内容照会 契約額、借入利率、毎月支払い日などの契約内容を確認可能。契約内容確認書のダウンロードもできます
取引履歴照会 過去の利用状況を確認できます
電子領収書ダウンロード 領収書や利用明細書を郵送ではなく、ネット上でダウンロード可能。
返済シミュレーション 利用残高や契約内容などをもとに「追加借入」「繰上返済」「一括返済」した場合などの返済シミュレーションを試せます。公式サイトの返済シミュレーションよりも高機能かつ正確
借入・返済相談 借入・返済について相談できます
提携ATM一覧 提携銀行・ATMを確認できます
ローン契約機検索 ローン契約機の設置場所を検索可能
Myモビメッセージ アプリ版でとどかないメッセージもすべて表示

やはり「お出かけ先で利用したい機能」がアプリ版でも利用でき、「自宅でじっくり手続したい機能」がパソコン版に集中しているようですね。

もちろんアプリ版とパソコン版は併用できますので、上手に使い分けするようにしましょう。

SMBCモビットの借入額はいくらまで可能?

SMBCモビットの利用限度額は、1万円から最大800万円となっています。

ちなみに最低利用限度額が1万円からというのは珍しいです。

また最高限度額800万円は消費者金融としては大きいほうと言えます。

契約時にSMBCモビットから指定された利用限度額の範囲内で何度でも繰り返し借入することができます。

ただし利用限度額の範囲内でも、次のような場合は借入できない可能性があるので気を付けましょう。

  • 返済が遅れた
  • 他社からの借入額が増加した

また借入には審査がありますので、最高限度額まで借りられるわけではありません。

加えて、総量規制によって借入限度額は年収の3分の1以内までと決められています。

たとえば年収が300万円の方は、最高でも借入限度額は100万円以内に制限されるのです。

そのため最高限度額の800万円を利用するためには少なくとも年収2,400万円が必要となります。

ご自身の年収から無理のない返済計画を立て、必要な金額だけ申込むことが大切です。

SMBCモビットのおまとめローン

SMBCモビットにおまとめローンという商品はありません。

ただし、SMBCモビットの利用目的は基本自由なため「借り換え」として使う分には問題ありません。

このため、実質的なおまとめローンとして利用ができます。

とはいえ、SMBCモビットはおまとめローンに不向きです。

まず上限金利が18.0%で高いという問題があります。

初回の金利は上限金利なることがほとんどですので、18.0%という高金利で借り入れすることになってしまう可能性が高いです。

月々の支払額は楽になるかもしれませんが、最終的な利息は大きくなってしまう確率が大きくなります。

これではおまとめするメリットが少ないです。

また、「総量規制」があるという点もおまとめローンに不向きです。

年収の1/3までしか借り入れできませんので、希望額に満たないケースもでてきます。

こうした理由がありますので、SMBCモビットをおまとめローンとして利用するのはおすすめできません。

SMBCモビットの返済方法について

SMBCモビットで借入できたからといって、これですべての手続きが完了したわけではありません。

なぜかというと、SMBCモビットで借入した後は毎月1回の返済を欠かさず行う必要があるからです。

ここでは、SMBCモビットの返済方法についてご説明していきましょう。

最少返済額(一覧)

SMBCモビットの返済は、借入残高によって最低額が規定されています。

SMBCモビットの最低返済額は下記のとおりです。

借入残高 返済額
10万円以下 4,000円
10万円超20万円以下 8,000円
20万円超30万円以下 11,000円
30万円超40万円以下 11,000円
40万円超50万円以下 13,000円
50万円超60万円以下 16,000円
60万円超70万円以下 18,000円
70万円超80万円以下 21,000円
80万円超90万円以下 24,000円
90万円超100万円以下 26,000円

※実質年率18.0%(100万円以上は15.0%)の場合

上記は、毎月最低返済額を一覧にしたものです。

注意点として、上記はあくまで最低限の返済ですので、最低返済額だけに頼ってしまうと、完済までに利息がかさんでしまう可能性があります。

余裕でできたときには、随時追加で返済を行うようにしましょう。

返済シミュレーションツール

返済を一括ではなく複数月をかけておこなう場合は、金利計算がむずかしくなります。

返済金額・返済期間・借入可能額をチェックしたい方は、返済シミュレーションツールの活用がおすすめです。

かんたんな入力で調べることができるので、返済計画に役立ててください。

返済金額を知りたい!

借入額と返済日数から毎月の返済金額を算出します。

  • 万円

    例)10万円

  • ヶ月

    例)12ヶ月

あなたの毎月の返済金額予想▶
こちらに結果が表示されます

返済期間を知りたい!

借入額と毎月の返済金額から返済期間を算出します。

  • 万円

    例)10万円

  • 千円

    例)8千円

あなたの返済期間予想▶
こちらに結果が表示されます

借入可能額を知りたい!

返済回数と毎月の返済金額から借入可能額を算出します。

  • 千円

    例)8千円

  • ヶ月

    例)12ヶ月

あなたの借入可能額▶
こちらに結果が表示されます
  • ※最終回のご返済金額は端数調整のため多少変動します。
  • ※実際のご利用の際は、月の日数の相違などにより、この表の金額とは多少異なる場合があります。
  • ※このシミュレーションでの試算結果は参考値です。実際のご返済内容とは異なる場合がありますので、あくまでも目安としてご利用してください。

返済方法

SMBCモビットの返済方法は、

  • 提携ATM
  • 口座振替(三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行)
  • 銀行振込
  • インターネット
  • ポイント
  • スマホATM取引

の6通りで、ご自身の都合にあわせて返済することができます。返済期日は、毎月5日、15日、25日、末日のいずれかとなっています。

一括返済

SMBCモビットを一括返済する場合は、会員専用サービス「Myモビ」内の「一括返済シミュレーション」で一括返金予定日の返済金額が確認できます。

返済金額を確認した後、

  • 銀行振込
  • 提携ATM

の2通りの方法で返済を行います。

注意点として、提携ATMからの返済においては硬貨の取り扱いが原則としてありません。

その場合、1,000円単位での返済を行うことになりますが、多めに返済してしまった端数分はSMBCモビットコールセンターへその旨を伝えることにより、後日返金してもらうことができます。

SMBCモビットの限度額増額の方法

SMBCモビットの利用限度額は、1万~800万円になります。

800万円までなら増額は可能ですが、増額にはいくつか条件が必要です。

まず、SMBCモビット「総量規制対象」と商品となります。

つまり、年収の1/3までしか借りることができませんので、ご自身の年収の1/3が限度額となります。

そして、返済実績を作ることが大切です。

増額するには、審査が必要となります。

新規申込時とは違い、今までの返済実績や総量規制対象内なのかがなどが審査で見られるポイントとなります。

ですので、返済が何度も遅延している場合は、増額審査に通ることが難しいです。

▼カードローンの増額について知りたい方はこちらの記事をチェック

SMBCモビットの増額手順

増額はスマートフォンの「SMBCモビット公式スマホアプリ」もしくはパソコンの「会員専用サービス『Myモビ』から申し込めます。

増額申請をすることで、審査が行われて最短30分で結果が分かります。

時間帯によっては、翌日などにもなることがあるため、余裕を持って電話を掛けるようにしましょう。

延滞への対応

滞納してしまうとたとえ延滞が解消されたとしても、その事実が消えることにはなりません。

滞納した記録は残り、信用情報機関にも登録されてしまいます。

このような状態になると、追加融資や増額できる可能性は大幅に低下し5年毎の契約も更新されなくなります。

延滞すると
  • 書面での督促が届く
    SMBCモビットから返済を催促する郵送物が自宅に届く。
  • 電話での督促
    担当者から電話連絡がある。
  • 利用停止・強制解約
    カードが使用停止になり、強制解約となる。再度カードを作成できる可能性が大幅に低下する。
  • 保証会社から一括請求
    カード残高に加えて延滞金を一括払いで払うことになる。

借入れに家族の同意や担保は必要か?

借入れに家族の同意や担保は必要ありません。

そもそも、SMBCモビットは「無担保ローン」です。

20歳以上で安定収入があれば基本どなたでも利用可能となっています。

そのため、家族の同意や担保が必要になるケースはありません。

領収書の郵送はあるか?

「領収書が自宅に郵送されて来ないか?」と不安になっている人もいるかと思いますが、この心配は無用です。

SMBCモビットは「WEB明細」という形になっているため、自宅に郵送されてくることはありません。

WEB明細とは、WEB上で利用記録を管理するシステムです。

このため、自宅に領収書が郵送されることはありません。

もし、領収書がほしいときはダウンロードする形になります。

また、ATMで入金や出金をすると簡易的な領収書の発行がありますので、そちらでも代用可能です。

SMBCモビットの返済遅延時の和解方法

SMBCモビットで返済を遅延した場合、当然ながら電話やハガキなどで督促を受けることになります。

では、そのような状態からどうやって和解するのでしょうか。

実は、短期間の返済遅延であれば、残金の完済と遅延損害金を支払うことで和解することができます。

さらにいえば、完済後に事情をSMBCモビットに話しておくことで、強制解約を避けられるケースもあるかもしれません。

重要なのは、早期に遅延状態を解消することです。

SMBCモビットの解約手続き

SMBCモビットを利用していると、将来的にこのままカードを持ち続けているべきか?と悩むときが来るかもしれません。

そんな時にはこちらの記事を参考に、今後どうしていくべきか判断してみてはいかがでしょうか。

実際にSMBCモビットを利用している方の意見・口コミ・評判

総合評価

3.5

* 口コミ(71件)を見る

総合評価ランキング

5
*申込から借入までの時間

男性(30代)

  • 男性
  • 30代
  • 公務員
  • 北海道

選んだサービス

SMBCモビット

5

申込方法 インターネット(WEB完結)
申込〜借入までにかかった時間 1日以内
借入方法 スマホを使って提携ATMで借入
借入金額 100万円~300万円未満
返済方法 ローンカードを使って提携ATMで返済

使ってみた感想

すごく使いやすくてよかった!友人などに勧めたいです

男性(40代)

  • 男性
  • 40代
  • 会社員(技術系)
  • 北海道

選んだサービス

SMBCモビット

4

申込方法 インターネット(WEB完結)
申込〜借入までにかかった時間 1日以内
借入方法 口座振込で借入
借入金額 5万円~10万円未満
返済方法 口座から引き落としで返済

使ってみた感想

助かった。一時的に資金がショートしていたので、危険なところを助けてもらえた。

男性(30代)

  • 男性
  • 30代
  • 会社員(その他)
  • 宮崎県

選んだサービス

SMBCモビット

4

申込方法 三井住友銀行内ローン契約機
申込〜借入までにかかった時間 1日以内
借入方法 スマホを使って提携ATMで借入
借入金額 3万円~5万円未満
返済方法 スマホを使って提携ATMで返済

使ってみた感想

少額でしたがすぐに借りれて助かりました

男性(20代)

  • 男性
  • 20代
  • 会社員(技術系)
  • 東京都

選んだサービス

SMBCモビット

4

申込方法 電話
申込〜借入までにかかった時間 1時間以内
借入方法 口座振込で借入
借入金額 1万円未満
返済方法 口座から引き落としで返済

使ってみた感想

消費者金融には悪いイメージを持っており、そのイメージに変わりはないが、まぁ使って良かったと思う。

男性(20代)

  • 男性
  • 20代
  • 自由業
  • 静岡県

選んだサービス

SMBCモビット

3

申込方法 インターネット
申込〜借入までにかかった時間 1時間以内
借入方法 ローンカードを使って提携ATMで借入
借入金額 10万円~30万円未満
返済方法 ローンカードを使って提携ATMで返済

使ってみた感想

申し込みから利用までとても分かりやすくつかいやすかったです。

男性(30代)

  • 男性
  • 30代
  • 会社員(技術系)
  • 千葉県

選んだサービス

SMBCモビット

4

申込方法 インターネット
申込〜借入までにかかった時間 2~3時間以内
借入方法 ローンカードを使って提携ATMで借入
借入金額 5万円~10万円未満
返済方法 ローンカードを使って提携ATMで返済

使ってみた感想

簡単に借りれて良かった

男性(20代)

  • 男性
  • 20代
  • 会社員(技術系)
  • 神奈川県

選んだサービス

SMBCモビット

5

申込方法 インターネット
申込〜借入までにかかった時間 2~3日以内
借入方法 口座振込で借入
借入金額 30万円~50万円未満
返済方法 ローンカードを使って提携ATMで返済

男性(30代)

  • 男性
  • 30代
  • 自営業
  • 福岡県

選んだサービス

SMBCモビット

3

申込方法 三井住友銀行内ローン契約機
申込〜借入までにかかった時間 6日~7日以内
借入方法 ローンカードを使って提携ATMで借入
借入金額 50万円~100万円未満
返済方法 ローンカードを使って提携ATMで返済

男性(30代)

  • 男性
  • 30代
  • 会社員(事務系)
  • 東京都

選んだサービス

SMBCモビット

3

申込方法 三井住友銀行内ローン契約機
申込〜借入までにかかった時間 1時間以内
借入方法 ローンカードを使って提携ATMで借入
借入金額 5万円~10万円未満
返済方法 ローンカードを使って提携ATMで返済

男性(30代)

  • 男性
  • 30代
  • 会社員(その他)
  • 長崎県

選んだサービス

SMBCモビット

3

申込方法 インターネット(WEB完結)
申込〜借入までにかかった時間 1時間以内
借入方法 スマホを使って提携ATMで借入
借入金額 10万円~30万円未満
返済方法 スマホを使って提携ATMで返済

SMBCモビットの口コミをもっと見る

SMBCモビットを検討している方にとって、やはり気になるのは「実際の使い心地」でしょう。

そこで、ここではSMBCモビットを既に利用している方の意見をいくつか集めてみました。ぜひ参考になさってください。

田尻宏子

2級ファイナンシャル・プランニング技能士

監修者 田尻宏子の一言コメント!

コメント

SMBCモビットはパソコン・スマホから申し込める「WEB完結」を選択すると郵送物なし、勤務先への在籍確認もなしで契約ができます。 パソコン・スマホから申し込めない場合は自動契約機や電話からも申込可能ですが、その場合はローンカードの発行がある点に気を付けましょう。 また、借入も提携ATMからだけでなく、スマホアプリや振込キャッシングからも行うことができます。 「30日間無金利」のサービスは行っていませんが、使いやすいカードローンです。 大手のカードローンを探している方はぜひ注目してみてはいかがでしょうか。

まとめ

SMBCモビットは、スピーディな融資が特徴の商品です。

カードレスキャッシングなど利用者にとってメリットの大きいサービスを取り扱っていますので、お急ぎの方にはピッタリの商品でしょう。

キャッシングを利用する際は返済能力を踏まえた上で、借りすぎないように注意してください。

SMBCモビットの融資条件

SMBCモビットの利用を検討されている方は、融資条件を確認しましょう。

特に、ご自身が「ご利用いただだける方」の条件に該当するかどうかは要チェックです。

ご利用いただける方 ・満年齢20才~74才の安定した収入のある方(SMBCモビットの基準を満たす方)
・アルバイト、パート、自営業の方も利用可能です。
資金使途 自由
利用限度額 1万円~800万円
借入利率 3.00%~18.00%(実質年率)
お申し込み時に
ご用意いただく書類
運転免許証・健康保険証等の写し、現在の収入を証明する源泉徴収票等の写し
担保 不要
保証人 不要
お借入方法 ・提携ATM
・振込
ご返済方法 ・ATM返済
・振込返済
・口座振替
返済期日 毎月5日、15日、25日、末日
ご返済額 借入後残高スライド元利定額返済方式
最終借入後残高 返済額
10万円以下 4,000円
10万円超過、 20万円以下 8,000円
20万円超過、 30万円以下 11,000円
30万円超過、 40万円以下 11,000円
40万円超過、 50万円以下 13,000円
50万円超過、 60万円以下 16,000円
60万円超過、 70万円以下 18,000円
70万円超過、 80万円以下 21,000円
80万円超過、 90万円以下 24,000円
90万円超過、100万円以下 26,000円

※100万円以下:実質年率18.0%、100万円超過:実質年率15.0%の場合。
※100万円超過の場合、最終借入後残高が20万円増すごとに、返済額が4,000円追加となります。
返済期間及び
返済回数
最長60回(5年)。ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、合理的な理由があるとSMBCモビットが認めた場合には、最長106回(8年10カ月)
遅延損害金 20.00%(実質年率)
その他 -

関連記事

種類・特徴でキャッシング・カードローンを探す

キャッシングするときの目的は人それぞれ。即日キャッシングしたい人や個人事業主向けのローンなど目的がはっきりしている方はこちらからキャッシング・カードローンを選んでみましょう!

  • 基本情報

【三井住友銀行 カードローンについて】
※毎月の返済は、返済時点での借入残高によって約定返済金額が設定されます。
【みずほ銀行カードローンについて】
※みずほ銀行住宅ローンのご利用で、みずほ銀行カードローンの金利が年0.5%引き下がります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
【レイクの貸付条件について】
※【レイクの貸付条件】融資額など借入れに関する諸条件です。 満20歳以上70歳以下の人で安定した収入のある人(パート・アルバイトで収入のある人も可)は、利用できます。 ※取引期間中に満71歳になった時点で、新たな融資は停止されます。 【融資額】1万円~500万円【貸付利率(実質年率)】4.5%~18.0%※貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。 【利用対象】満20歳~70歳(国内居住の人、日本の永住権を取得されている人)【遅延損害金(年率)】20.0%【返済方式】残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式【返済期間・返済回数】最長5年・最大60回 ※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数は借入れ及び返済計画に応じて変動します。 【必要書類】運転免許証等、収入証明(契約額に応じて、新生フィナンシャルが必要とする場合)【担保・保証人】不要-貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。 新生フィナンシャルが契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関(日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター)契約には所定の審査があります。 2023年1月現在。 商号・名称:(新生フィナンシャル株式会社)貸金業者の登録番号:関東財務局長⑽ 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号 ※最短即日融資は21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。 初めて利用の人への当日融資は、8~22時(毎月第3日曜日は8~19時)となっております。 融資時間は、一部店舗によって異なります。 年末年始を除きます。 一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。 Web以外の無人店舗や電話で申込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。 60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。 30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。 無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。 無利息期間経過後は通常金利適用。 貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。
東証一部上場

「ナビナビキャッシング」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。

株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.