*
最終更新日:2017年9月14日

ノンバンクカードローンで人気のモビットの特徴を調査・解説

ノンバンクカードローンの中で特に高い人気を博しているのが、「モビット」です。

モビットは大手消費者金融の1社で、三井住友銀行グループに属しています。テレビCM等でもPR活動を行っており、カードローン利用者の間でも高い知名度を誇っています。

しかしながら、「他社と比較した場合異なるポイントは?」「モビットのメリットを知ってから申込したい」などの悩みを抱えている方も多いでしょう。

この記事では、モビットの特徴を調査した上で、利用者が気になってしまうポイントを中心に解説していきたいと思います。

モビットについて

ノンバンクカードローンで人気のモビットの特徴を調査・解説

冒頭でも触れたように、モビットは多数の利用者から高い支持を受けています。まずは、モビットの概要について触れていきましょう。

会社概要

モビットは、三井住友銀行と同グループのノンバンク系消費者金融です。社名の由来は、「mobile」と「bit」を組み合わせた造語になっており、先進技術と金融を組み合わせた企業という意味を持っています。

オリコン調べによると、2016年度の顧客満足度でNO.1になっています。したがって、顧客事情に寄り添ったサービスが大きな魅力だといえるでしょう。

テレビCMでは、竹中直人さんや夏菜さんを起用しており、PR活動にも力を入れています。

したがって、「モビットのサービス内容はよくわからないけど、社名は知っている」という方も中にはいらっしゃると思います。記事内では、モビットのサービス内容についても詳しくご説明しますので、参考になさってください。

モビットのサービスメリット・デメリット

モビットのメリット・デメリット

モビットは非常に優秀で顧客満足度の高い消費者金融です。しかしながら、メリットばかりではなく、中にはデメリットともいえる部分もあります。ここでは、モビットのメリット・デメリットについて触れていきましょう。

メリット

モビットのメリットを簡単にまとめると、下記の5つがあります。

  • WEBで申込を完結できる
  • 10秒簡易診断で簡単な審査結果を得ることができる
  • 審査スピードが最短30分と非常に早い
  • 即日融資にも対応可能
  • カードレスでキャッシング可能

それぞれのポイントを簡単に解説していきましょう。

WEBで申込を完結できる

モビットは、WEB上で契約手続きを完結できる商品です。多くのカードローン商品では、契約書類の郵送があったり、電話連絡があったりと、利用者の手間となる手続きが必ずあります。

しかしモビットのWEB完結では、郵送物なし、電話連絡なしで利用までの手続きを全て完了することができます。加えて、書類での在籍確認にも対応していますので、「職場に電話連絡を入れられると困る」というような方でも申込しやすいでしょう。

このようにWEB完結を利用できる点は、利用者から見ても手続きに伴う手間が非常に少ないため、モビット独自のメリットだといえます。

ただし、WEB申込を利用する条件として、「三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の口座を持っている」というポイントを満たしておく必要があるため、注意が必要です。

10秒簡易診断で簡単な審査結果を得ることができる

モビットの公式ホームページには、「お借入診断」という簡易審査機能が設置されています。

この機能では、

  • 生年月日
  • 税込年収
  • 現在の他社借入金額

という3つの項目を入力するだけで、簡易的な審査結果を知ることができます。

したがって、「自分でも借入可能なのかを素早く知りたい」という方は、お借入診断を利用することにより、スピーディに簡易審査結果を知ることができます。

ただし、このお借入診断はあくまで簡易的な審査を行うためのものです。お借入診断において融資可能という審査結果を得たからといって、必ずしも本審査に通過できるわけではありませんので、注意してください。

審査スピードが最短30分と非常に早い

モビットの審査にかかる時間は、最短30分と非常にスピーディです。審査スピードの素早いカードローンであれば、よりスムーズに手続きを進めることができるため、利用者にとっても大きなメリットだといえます。

即日融資にも対応可能

モビットは、即日での融資にも対応可能な商品です。カードレスでのキャッシングできる点に加え、自社の無人契約機も有しているため、高い確率で即日での融資を受けることができます。このような手続きのスムーズさは、顧客満足度が高い1つの要因でしょう。

カードレスでキャッシング可能

モビットは、カードローン全体で見ても非常に珍しい、「カードレスキャッシング」に対応しています。カードレスキャッシングとは、取引するときに必要なローンカード無しでお金を借入できるサービスのことです。

モビットのカードレスキャッシングは、スマホを使って手続きを行います。スマホを使ってカードレスキャッシングする流れは下記のとおりです。

  1. モビットのスマホサイトにアクセスする
  2. 「WEB完結申込」を選択する
  3. ご自身の情報を記入する
  4. 入力途中で簡易審査結果が表示される
  5. 必要書類を提出後、本審査の開始
  6. メールで審査結果の連絡が入る
  7. 審査回答メールに記載されているURLから審査結果確認ページにアクセスし、入会手続きを進める
  8. 入会完了メールを受信
  9. 会員ページ、アプリ、電話等で振込依頼をかける
  10. 口座に振込で融資される

ちなみに、モビット公式アプリを使用することで、ローンカード無しでもセブン銀行ATMから借入・返済することができます。非常に便利な機能ですので、セブン銀行ATMがお近くにある方はぜひ活用するようにしてください。

デメリット

モビットのデメリットをまとめると、下記のような点があります。

  • 金利が高い
  • 無利息期間がない
  • 提携ATMを利用する際に手数料がかかる
  • 自社ATMがない
  • 店舗がないので直接契約ができない

上記のうち、利用者にとって特に大きなデメリットになるのが、「金利が高い」「無利息期間がない」という点でしょう。

モビットの金利は3.0%~18.0%です。この水準は、消費者金融の中では標準的であるものの、銀行が取り扱う商品と比較した場合、やはり高めだといえます。キャッシングの金利は高ければ高いほど利息も膨らみやすくなりますので、利用者にとってデメリットだといえるでしょう。

また、モビットには無利息期間がありません。無利息期間とは、規定条件を満たすことで、一定期間 お利息を免除してもらえるサービスのことです。

無利息期間は短期融資を希望する利用者にとって、非常に大きなメリットのあるサービスですが、残念ながらモビットにはこのようなサービスがありません。

したがって、「短期間の融資を希望している」という場合には、他社を含めて検討したほうが良いでしょう。

モビットのサービスに向いている人

ここまでの内容から、モビットに向いている人を簡単にまとめてみましょう。

  • 急いでお金を借りたい
  • 会社に電話を掛けられたくない
  • ローンカードを発行せず、スマホだけでキャッシングしたい
  • 電話や郵送等の余計なやりとりをしたくない

モビットの特徴として、「即日での融資に対応している」「在籍確認を書類で対応可能とするなど面倒な手間が少ない」という点があります。

したがって、すぐにでも融資を受けたい方、スマホで簡単に素早く融資を受けたい方にはピッタリの商品だといえるでしょう。

また、WEB完結を利用した場合、電話や郵送などの面倒な手続きがありませんので、「キャッシングしたいけど面倒な手続きはイヤ」という方にも向いているサービスです。

今すぐ申し込む

モビットのサービスを他社比較

モビットと他社との比較

モビットは高い顧客満足度からもわかるように、非常に優れたキャッシングサービスです。しかしながら、他社と比較した場合、どのような点がメリットになるのでしょうか。ここでは、モビットと他社を比較してみたいと思います。

比較項目

モビットと比較するのは、「アコム」「アイフル」「プロミス」の3社です。モビットと他社の大手消費者金融との比較は下記の表をご覧ください。

名称 モビット アコム アイフル プロミス
口座数 410000
(暫定数値)
1441686 721818 1302619
貸付残高 225000
(暫定数値)
784806 322087 749256
金利 3.0%~18.0% 3.0%~18.0% 4.5%~18.0% 4.5%~17.8%
限度額 800万円 800万円 500万円 500万円
申込方法
  • インターネット
  • 電話
  • 無人契約機
  • 郵送
  • インターネット
  • 店頭窓口
  • 無人契約機
  • 電話
  • 郵送
  • インターネット
  • 店頭窓口
  • 無人契約機
  • 電話
  • インターネット
  • 店頭窓口
  • 無人契約機
  • 電話
  • 郵送
審査時間 最短30分 最短30分 最短30分 最短30分
新規貸付率、審査通過率 48% 43.5% 42.4%
土日祝日対応 可能 可能 可能 可能
在籍確認 有り 有り 有り 有り
借入方法
  • 銀行振込
  • 提携ATM
  • 銀行振込
  • 自社ATM
  • 提携ATM
  • 店頭窓口
  • 銀行振込
  • 自社ATM
  • 提携ATM
  • 店頭窓口
  • 銀行振込
  • 自社ATM
  • 提携ATM
  • 店頭窓口
提携ATM手数料 有料
(一部利用者負担)
有料
(1万円以下の取引1回につき108円、1万円超の取引1回につき216円)
有料
(1万円以下の取引1回につき108円、1万円超の取引1回につき216円)
有料
(1万円以下の取引1回につき108円、1万円超の取引1回につき216円)
即日融資 可能 可能 可能 可能
無利息サービス 無し 有り
(契約日の翌日から30日間)
有り
(契約日の翌日から30日間)
有り
(契約日の翌日から30日間)
返済期日 毎月5日、15日、25日、末日のうち、任意指定日
  • 35日ごと
  • 毎月指定日
  • 35日ごと
  • 毎月指定日
毎月5日、15日、25日、末日のうち、任意指定日
最少返済額 4,000円 3,000円 4,000円 2,000円
店舗数 1068(内、有人22) 910(内、有人25) 963(内、有人18)
自動契約機数 1107 943 997

上記をご覧いただくとわかるように、モビットの商品内容の中で他社と似通っている部分もあります。モビット独自のサービスとしては、同グループである三井住友銀行ATMを無料で利用できる点と、限度額が800万円と大きい点でしょう。

大きな限度額を設定していることにより、さまざまな目的資金を活用しやすいといえます。このような点は、モビットの大きなメリットです。

今すぐ申し込む

お申込みから融資までの流れ

お申込みから融資までの流れ

モビットには、さまざまな申し込み方法があります。ここでは、モビットの申し込みから融資までの流れをご説明していきましょう。

準備するもの

まず、モビットに申し込みする前に、提出する必要書類を確認しておきましょう。モビットの必要書類は下記のとおりです。

本人確認書類 運転免許証。
運転免許証をお持ちでない場合は、健康保険証、パスポートのいずれかの写しを提出
収入証明書類 源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、給与明細書(直近2ヶ月分)のいずれかの写しを提出
※個人事業主の場合は、「営業状況確認のお願い」の提出を求められる場合があります。

お申込み(申込み完了までの流れを記載)

モビットの申し込み方法は、

  • パソコン
  • ケータイ
  • スマートフォン
  • 郵便
  • 電話
  • ローン申込機

の6通りで、ご自身の都合に併せて申し込みすることができます。

大まかな申し込みの流れは下記のとおりです。

  1. 各申し込み方法で審査を申し込む
  2. 審査の実施
  3. 審査結果の回答
  4. 必要書類の提出
  5. 契約手続き
  6. ローンカードの受け取り
  7. 会員サイトやATMなどを利用し、お金を引き出す

上記のように、申込から審査、結果回答という流れで手続きを進めます。審査結果の回答後、必要書類を提出する流れになっていますので、申込の時点であらかじめ準備しておきましょう。

審査

モビットの審査に要する時間は、最短30分となっています。審査の結果は電話もしくはメールでの回答になります。(WEB完結の場合はメールのみ)

審査の最終段階として、「在籍確認」が実施されます。在籍確認とは、利用者の在籍事実を確認するために行われる手続きのことで、業者から利用者の勤務先へ直接電話連絡が入ります。

連絡の内容としては、「〇〇さんはいらっしゃいますか?」程度のものですので、周囲にキャッシングの事実がバレてしまうことはまずありませんので、安心してください。

加えて、モビットの在籍確認は個人名で行われ、会社名を告げることもありません。したがって、過度に心配する必要はないでしょう。

またモビットでは、「どうしても勤務先へ連絡されると困る…」という方に対し、審査の内容によっては、書類提出での在籍確認を認めてもらえる場合があります。

書類での在籍確認は事前相談が必要となりますので、申込の際にあらかじめモビットコールセンター(0120-03-5000)へ連絡を入れておくようにしてください。

ちなみに、「審査を通過できる自信がない」という方は、モビットの公式ホームページ内に設置されている「お借入診断」で融資可能かどうかを事前にチェックしましょう。お借入診断では、簡易的な項目を入力するだけで大まかな審査回答を得ることができます。

ただし注意点として、お借入診断で出た審査結果が問題なかったとしても、本審査が通過できないケースもあります。あくまでも簡易審査ですので、その点を踏まえた上で活用してください。

契約手続き

無事にモビットの審査を通過した後は、契約手続きに進みます。モビットの契約手続きは、

  • WEB完結
  • 郵送

のどちらかになります。

WEB完結の場合はインターネット上での入会手続きになり、その他の申込方法ではローンカードと入会申込書が郵送で届く流れになります。

したがって、「自宅に郵送されると困る」という方は、WEB完結で申込するようにしてください。

融資

モビットは、即日での融資にも対応しています。即日融資を受ける際は、「インターネット申込」を活用するのが便利でしょう。

インターネット申し込みを利用し、即日融資を受ける流れは下記のとおりです。

三菱東京UFJ銀行または三井住友銀行の口座をお持ちの方

  1. モビット公式ホームページ内にある「WEB完結申込」から審査を申し込む
  2. 審査の実施
  3. 在籍確認の実施
  4. インターネット上で入会手続き、本人確認書類の提出
  5. 入会完了メールが届き、手続き完了
  6. モビット会員ページから振込依頼を申請する
  7. 指定した口座に現金が振り込まれる

※WEB完結申込となり、ローンカードは発行されません。

三菱東京UFJ銀行または三井住友銀行の口座をお持ちでない方

  1. モビット公式ホームページ内にある【カード申込】から審査を申し込む
  2. 審査の実施
  3. 在籍確認の実施
  4. インターネット上で入会手続き、本人確認書類の提出
  5. モビット自動契約機へ行き、ローンカードを発行する
  6. モビットと提携しているATMへ行き、ローンカードを挿入の上、現金を引き出す
  7. 後日、契約関係書類を自宅で受け取り、必要書類を返送する

※契約書類は、後日自宅郵送になります。

モビットの審査時間は非常に素早く、土日祝日問わず即日融資を受けられる可能性が高いです。即日融資を希望する方は、上記の流れを参考になさってください。

今すぐ申し込む

モビットの無人契約機・ATMを検索

先述のとおり、Web完結申込ではない場合は自動契約機で契約・ローンカードの発行をすることで、即日融資を受けることが可能です。

最寄りの無人契約機・ATMを調べたい方は、下記の検索機能をご活用ください。

借入方法

モビットの借入方法は、

  • 振込キャッシング
  • 提携ATM

のどちらかになります。

振込キャッシングは、モビットの会員ページから手続きを行うことができます。

返済方法について

モビットの返済方法

モビットで借入できたからといって、これで全ての手続きが完了したわけではありません。

なぜかというと、モビットで借入した後は毎月1回の返済を欠かさず行う必要があるからです。ここでは、モビットの返済方法についてご説明していきましょう。

最少返済額(一覧)

モビットの返済は、借入残高によって最低額が規定されています。モビットの最低返済額は下記のとおりです。

借入残高 返済額
10万円以下 4,000円
10万円超20万円以下 8,000円
20万円超30万円以下 11,000円
30万円超40万円以下 11,000円
40万円超50万円以下 13,000円
50万円超60万円以下 16,000円
60万円超70万円以下 18,000円
70万円超80万円以下 21,000円
80万円超90万円以下 24,000円
90万円超100万円以下 26,000円
100万円超20万円増 毎に4,000円追加

※実質年率18%(100万円以上は15%)の場合

上記は、毎月最低返済額を一覧にしたものです。

注意点として、上記はあくまで最低限の返済ですので、最低返済額だけに頼ってしまうと、完済までに利息がかさんでしまう可能性があります。余裕でできたときには、随時追加で返済を行うようにしましょう。

返済シミュレーションツール

返済を一括ではなく複数月をかけておこなう場合は、金利計算がむずかしくなります。返済金額・返済期間・借入可能額をチェックしたい方は、返済シミュレーションツールの活用がおすすめです。 かんたんな入力で調べることができるので、返済計画に役立ててください。

返済金額を知りたい!

借入額と返済日数から毎月の返済金額を算出します。

  • お借入希望額
    万円

    例)10万円

  • ご返済期間
    ヶ月

    例)12ヶ月

あなたの毎月の返済金額予想▶
こちらに結果が表示されます

返済期間を知りたい!

借入額と毎月の返済金額から返済期間を算出します。

  • お借入希望額
    万円

    例)10万円

  • 毎月のご返済金額
    千円

    例)8千円

あなたの返済期間予想▶
こちらに結果が表示されます

借入可能額を知りたい!

返済回数と毎月の返済金額から借入可能額を算出します。

  • 毎月のご返済金額
    千円

    例)8千円

  • ご返済期間
    ヶ月

    例)12ヶ月

あなたの借入可能額▶
こちらに結果が表示されます
  • ※最終回のご返済金額は端数調整のため多少変動します。
  • ※実際のご利用の際は、月の日数の相違などにより、この表の金額とは多少異なる場合があります。
  • ※このシミュレーションでの試算結果は参考値です。実際のご返済内容とは異なる場合がありますので、あくまでも目安としてご利用してください。

返済方法

モビットの返済方法は、

  • 提携ATM
  • 口座振替(三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行の口座のみの扱い)
  • 銀行振込

の3通りで、ご自身の都合に併せて返済することができます。返済期日は、毎月5日、15日、25日、末日mのいずれかとなっています。

一括返済

モビットを一括返済する場合は、事前にモビットコールセンターへ連絡を入れ、返済日当日までの合計返済額を正確に把握しておく必要があります。

返済金額を確認した後、

  • 銀行振込
  • 提携ATM

の2通りの方法で返済を行います。

注意点として、提携ATMからの返済においては硬貨の取り扱いが原則としてありません。その場合、1,000円単位での返済を行うことになりますが、多めに返済してしまった端数分はモビットコールセンターへその旨を伝えることにより、後日返金してもらうことができます。

実際にモビットを利用している方の意見・口コミ・評判

モビットの評判と口コミ

モビットを検討している方にとって、やはり気になるのは「実際の使い心地」でしょう。そこで、ここではモビットを既に利用している方の意見をいくつか集めてみました。ぜひ参考になさってください。

目的別に実際に利用した人の声(意見)

  • 三井住友銀行の口座を持っていたので、カードレスでキャッシングできるモビットにした。即日で借入できる点がメリットだが、金利は少し高め。
    (40代、会社員、年収400万円~600万円未満、商品・サービスの購入費用として利用)
  • 審査も早いが当日借入も可能なので、現実的に即日融資を希望する方向けの商品だと感じた。在籍確認も相談可能だった。
    (30代、パート・アルバイト、年収200万円~400万円未満、生活費として利用)
  • 審査時間は最短30分だが、実際は1時間程度だった。手続きもスピード重視の対応。無利息期間はなかったが、急いでいるときは非常に便利。
    (40代、会社員、年収400万円~600未満、商品・サービスの購入費用、生活費として利用)

※参考URL 価格.com

まとめ

モビットは、スピーディな融資が特徴の商品です。カードレスキャッシングなど利用者にとってメリットの大きいサービスを取り扱っていますので、お急ぎの方にはピッタリの商品でしょう。

キャッシングを利用する際は返済能力を踏まえた上で、借りすぎないように注意してください。

モビットの融資条件

モビットの利用を検討されている方は、融資条件を確認しましょう。 特に、ご自身が「ご利用いただだける方」の条件に該当するかどうかは要チェックです。

ご利用いただける方 ・満年齢20才~69才の安定した収入のある方(モビットの基準を満たす方)
・アルバイト、パート、自営業の方も利用可能です。
資金使途 自由
利用限度額 1万円~800万円
借入利率 3.00%~18.00%(実質年率)
お申し込み時に
ご用意いただく書類
運転免許証・健康保険証等の写し、現在の収入を証明する源泉徴収票等の写し
担保 不要
保証人 不要
お借入方法 ・提携ATM
・振込
ご返済方法 ・ATM返済
・振込返済
・口座振替
返済期日 毎月5日、15日、25日、末日
ご返済額 借入後残高スライド元利定額返済方式
最終借入後残高 返済額
10万円以下 4,000円
10万円超過、 20万円以下 8,000円
20万円超過、 30万円以下 11,000円
30万円超過、 40万円以下 11,000円
40万円超過、 50万円以下 13,000円
50万円超過、 60万円以下 16,000円
60万円超過、 70万円以下 18,000円
70万円超過、 80万円以下 21,000円
80万円超過、 90万円以下 24,000円
90万円超過、100万円以下 26,000円

※100万円以下:実質年率18.0%、100万円超過:実質年率15.0%の場合。
※100万円超過の場合、最終借入後残高が20万円増すごとに、返済額が4,000円追加となります。
返済期間及び
返済回数
(最長)8年10ヶ月(最大106回)
遅延利率 20.00%(実質年率)
その他 -

今すぐ申し込む

執筆者情報

K&T FP事務所

K&T FP事務所

はじめまして。当サイトの執筆を担当している「K&T FP事務所」と申します。どうぞよろしくお願いいたします。当サイトにおきまして私は、「読者のライフスタイルに貢献できる具体的な情報を発信する」をモットーに記事を執筆しております。

プロミスの関連記事一覧

モビットを見た方におすすめ!

アイフル

アコム

このサービスを見た方はこんなサービスも見ています

プロミス

三井住友銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行カードローン

楽天銀行スーパーローン