1. ナビナビキャッシング トップ
  2. SMBCモビット
  3. SMBCモビットの毎月の返済額はいくら?無理なく返済するための方法を伝授

  • はい
  • いいえ

SMBCモビットの毎月の返済額はいくら?無理なく返済するための方法を伝授

SMBCモビットの毎月の返済額はいくら?無理なく返済するための方法を伝授

SMBCモビットの毎月の返済額は借入金額によって異なります。

ちゃんと返せる金額なのかを事前に把握しておかなければ、

「返済のためにお金を借りて、さらに返済額が増えて…」

と負のループになりかねません。

例えば、10万円以下の借入であれば、毎月4,000円を返済することになります。

しかし、30万円を借りている場合、返済額は毎月11,000円です。

4,000円なら負担なく返せても、1万円を超えてくると返済が苦しいという人もいるでしょう。

そんな最悪なことを避けるためには、毎月の返済額を事前に確認する必要があります。

SMBCモビットの返済額を他社と比較することで、自分にぴったりなカードローンを見つかるでしょう。

記事の最後には、返済の負担を軽減するための方法についても紹介しているので、参考にしてください。

SMBCモビットの返済額一覧・返済シミュレーション

SMBCモビットの返済額一覧・返済シミュレーション

SMBCモビットの毎月の返済額は、次のように「最終借入後残高(最後に借入した時点の借入残高)」によって決まります。

最終借入後残高 毎月の返済額
10万円以下 4,000円
10万円超20万円以下 8,000円
20万円超30万円以下 11,000円
30万円超40万円以下 11,000円
40万円超50万円以下 13,000円
50万円超60万円以下 16,000円
60万円超70万円以下 18,000円
70万円超80万円以下 21,000円
80万円超90万円以下 24,000円
90万円超100万円以下 26,000円

10万円を借入した場合を例にしてみましょう。

10万円を借入した場合ですと、最終借入残高が10万円となるため、毎月の返済額は4,000円です。

しかし、追加で借入して借入算高が20万円になると最終借入残高が20万円になるため、毎月の返済額は8,000円となります。

このように、SMBCモビットの毎月の返済額は最終借入残高によって決まると覚えておきましょう。

SMBCモビットの返済額を他社と比較

SMBCモビットの返済額を他社と比較

この章では、SMBCモビットの返済額を他社と比較しています。

自分にとって無理なく返済していけるカードローンはどこなのかを探すのに役立ててください。

カードローン名 10万円 20万円 30万円 40万円 50万円
SMBCモビット 4,000円 8,000円 11,000円 11,000円 13,000円
プロミス 4,000円 8,000円 11,000円 11,000円 13,000円
アイフル(約定日制) 4,000円 8,000円 11,000円 11,000円 13,000円
アコム(金利18.0%) 3,000円 6,000円 9,000円 12,000円 15,000円
レイクALSA 4,000円 8,000円 12,000円 13,000円 14,000円
楽天銀行スーパーローン 2,000円 5,000円 10,000円 10,000円 10,000円
三菱UFJ銀行カードローン 2,000円 4,000円 6,000円 8,000円 10,000円
みずほ銀行カードローン 2,000円 4,000円 6,000円 8,000円 10,000円

※借入利率 年8.1%超の場合

毎月の返済額を抑えたいなら、銀行カードローンが最適です。

おすすめのカードローン

上記の3社は毎月の返済額が消費者金融系よりも低くなっています。

その中でも三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は土日祝日でも審査をしてくれるため、おすすめです。

なお、毎月の返済額が低くなると、返済期間が長くなり総返済額が増えてしまう点には注意です。

そのため、申込前に各社の公式サイトにある「返済シミュレーション」を利用して、総返済額がいくらになるか確認しておかなくてはいけません。

SMBCモビットの毎月の返済額が決まるタイミング

SMBCモビットの毎月の返済額が決まるタイミング

先にもお伝えしたように、SMBCモビットの毎月の返済額は「最終借入後残高」によって決まります。

最終借入後残高とは、最後に借入したときの利用残高のことです。

例えば、30万円を借入した場合ですと30万円が最終借入後残高になります。

その後、返済をしていき借入算高が10万円になったとしても追加借入していない場合、最終借入後残高は30万円のままです。

追加で借入した場合はその時点の借入残高が最終借入後残高です。

仮に追加借入後の借入残高が15万円であれば、最終借入後残高は15万円となります。

イメージとしては次のような感じです。

SMBCモビットの毎月の返済額が決まるタイミングイメージ図
このため、追加借入すると毎月の返済額が変わってしまうことがあるので注意です。

とくに以前の最終借入後残高よりも増えると、毎月の返済額も増える可能性が高くなります。

返済日当日に追加借入には要注意!

追加借入した時点でその情報が反映されますので、返済日当日でも返済額が変わってしまう場合があります。

その結果、返済額が足りずに延滞扱いになってしまうこともあるので注意です。

返済日当日に追加借入した場合でも、返済額のチェックはしっかりおこなっておきましょう。

返済額の確認方法は「SMBCモビットの毎月の返済額の確認方法」で詳しく解説しています。

SMBCモビット

WEB完結なら電話連絡・郵送物なし!!

総合評価

  • 3.5点
実質年率 利用限度額 無利息期間
3.0%~18.0% 最大800万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
10秒簡易審査 最短即日※ -

おすすめポイント

  • 10秒で簡易審査結果がわかる!
  • 本審査の結果が出るまで最短30分!※
  • 最短即日融資が可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。


SMBCモビットの返済額は減らせる?負担を軽減させるための方法

SMBCモビットの返済額は減らせる?負担を軽減させるための方法

「SMBCモビットの返済額が苦しい!」

このような場合、毎月の返済額を減らす方法はないか気になりますよね。

結論から言えば、SMBCモビットの返済額を減らすことはできません。

ただし、次の方法で総返済額を抑えることはできます。

SMBCモビットの総返済額を抑えるための方法

  • 最低返済額以上を返済する
  • 一括返済する

上記の2つの方法なら、返済期間を短縮でき総返済額を抑えることが可能です。

SMBCモビットの返済負担は毎月の返済額だけではありません。

総返済額についても考えておかないと多くの利息を支払うことになり、トータルで大きな負担を負ってしまいます。

そこで、「最低返済額以上の返済」と「一括返済」について解説していきます。

最低返済額以上を返済する

SMBCモビットの毎月の返済額は最低返済額と呼ばれ、「この金額以上を返済してください」というものになります。

よって、最低返済額以上ならいくら返済しても良いのです。

このように最低返済額以上を返済することを「随時返済」と呼びます。

随時返済をすれば以下のように返済回数が減り、総返済額を減らすことが可能です。

毎月の返済額 返済回数 総返済額
11,000円
(最底返済額)
36回 388,683円
12,000円 32回 378,817円
13,000円 29回 370,993円

※30万円(金利18.0%)で借入している場合

上記のように毎月の返済額を1,000円増やすだけでも、

  • 返済回数を36回→32回
  • 総返済額を388,683円→378,817円

といったように、返済回数は4回、総返済額は9,866円減らすことができます。

このように随時返済はとても有効なのです。

毎月多めに返済するのが苦しい場合は余裕のあるときだけでもかまいません。

それでも返済回数と総返済額の減少に十分効果があります。

一括返済する

ボーナスなどの臨時収入が入ったときは「一括返済」もおすすめです。

一括返済をすればその時点で完済になるため、随時返済よりも返済回数と総返済額の軽減効果があります。

 一括返済のタイミング 返済回数 総返済額
最低返済額で
返済した場合
36回 388,683円
半年後に
一括返済した場合
6回 315,943円
1年後に
一括返済した場合
12回 330,044円

仮に半年後に一括返済した場合ですと、返済回数は6回、総返済額は315,943円です。

最低返済額で返済した場合と比べて、返済回数を30回、総返済額を72,740円も少なくすることが可能です。

借入後なら追加返済で毎月の返済額が減らさせる

借入後であれば返済の状況次第ではありますが、追加借入によって返済額が減らせることがあると知っておきましょう。

例えば、30万円を借入した場合の毎月の返済額は11,000円です。

その後、返済が進み借入残高が10万円に減ったとしましょう。この時に1,000円を借りたとすれば、

最終借入後残高は101,000円になるため、毎月の返済額は11,000円→8,000円に減ります。

このように追加借入によって毎月の返済額が減らせるケースがあります。

SMBCモビットは1,000円単位で借入できるため、返済額が苦しければあえて少額の追加借入をして、返済額負担を減らすという手もあるのです。

SMBCモビットの毎月の返済額の確認方法

SMBCモビットの毎月の返済額の確認方法

返済を滞りなくきちんと行うためには、毎月の返済額の確認が必須です。

SMBCモビットで毎月の返済額を確認する方法は以下の3つで確認です。

それぞれの確認方法の詳細については次章で解説していきます。

SMBCモビット公式スマホアプリで確認する

SMBCモビット公式スマホアプリで確認するときの流れ

  1. ①SMBCモビット公式スマホアプリを起動
  2. ②「ご利用状況照会」から返済額を確認

SMBCモビット公式スマホアプリでの確認はとても簡単で、アプリ起動後に「ご利用状況照会」から返済額を確認するだけです。

とくに注意点などもありません。

「Myモビ」で確認する場合

「Myモビ」で確認するときの流れ

  1. ①「Myモビ」にログイン
  2. ②「契約内容照会」で返済額を確認

Myモビにログイン後、「契約内容照会」で返済額を確認できます。

なお、Myモビで確認する際はログインするために、「ユーザーID」か「モビットカード番号」が必要です。

ユーザーIDでログインする際、入力を一定回数以上間違えてしまうと、ユーザーIDとインターネットパスワードが無効になるので気をつけてください。

モビットコールセンターで確認する

モビットコールセンターで確認するときの流れ

  1. ①モビットコールセンター(0120-03-5000)に電話
  2. ②自動音声になるので「2」を選択
  3. ③再び自動音声になるので「2」を選択
  4. ④オペレーターに繋がるので「今月の返済額を確認したい」と伝える

モビットコールセンターに電話して、オペレーターに「今月の返済額を確認したい」と伝えれば、返済額を教えてくれます。

住所や氏名などを伝えるだけで、会員情報を割り出してくれるため、必要な物はありません。

モビットコールセンターの営業時間は「9:00~21:00」ですので、この時間内に電話してください。

まとめ

SMBCモビットの毎月の返済額は、「最終借入後残高(最後に借入したときの借入残高)」で決まります。

このため、追加借入すると返済額が変わることがあるので注意しておきましょう。

そんなSMBCモビットの返済についてまとめると次のとおりです。

SMBCモビットの返済金額が多いと感じる場合の対処方法

  • 毎月の返済額が少ない銀行カードローンに申し込む
  • 借入後であれば、追加借入で最終借入後残高を更新することで毎月の返済額を減らせる

毎月の返済額だけでなく、次の2つで総返済額を減らす

  • 最低返済額以上を返済する
  • 一括返済する

SMBCモビットの返済額の確認方法はこの3つ

  • Myモビ
  • SMBCモビット公式スマホアプリ
  • モビットコールセンター

今回の記事を読んで、「SMBCモビットなら無理なく返済していけそう!」と感じたのであれば、ぜひ申し込みを検討してください。

そうでない場合は、SMBCモビットよりも毎月の返済額が低めに設定されている三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」などの銀行カードローンへの申し込みがおすすめです。

関連記事

種類・特徴でキャッシング・カードローンを探す

キャッシングするときの目的は人それぞれ。即日キャッシングしたい人や個人事業主向けのローンなど目的がはっきりしている方はこちらからキャッシング・カードローンを選んでみましょう!

  • 基本情報

【三井住友銀行 カードローンについて】
※毎月の返済は、返済時点での借入残高によって約定返済金額が設定されます。
【みずほ銀行カードローンについて】
※みずほ銀行住宅ローンのご利用で、みずほ銀行カードローンの金利が年0.5%引き下がります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
【レイクALSAの貸付条件について】
※【レイクALSAの貸付条件】融資額など借入れに関する諸条件です。満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)は、利用できます。※取引期間中に満71歳になった時点で、新たな融資は停止されます。【融資額】1万円~500万円【貸付利率(実質年率)】4.5%~18.0%※貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。【利用対象】満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)【遅延損害金(年率)】20.0%【返済方式】残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式【返済期間・返済回数】最長5年・最大60回 ※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数は借入れ及び返済計画に応じて変動します。【必要書類】運転免許証等、収入証明(契約額に応じて、新生フィナンシャルが必要とする場合)【担保・保証人】不要-貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。新生フィナンシャルが契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関(日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター)契約には所定の審査があります。2022年2月現在。商号・名称:(新生フィナンシャル株式会社)貸金業者の登録番号:(関東財務局長(10) 第01024号)※最短即日融資は21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。初めて利用の方への当日融資は、8~22時(毎月第3日曜日は8~19時)となっております。融資時間は、一部店舗によって異なります。年末年始を除きます。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。Web以外の無人店舗や電話で申込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。無利息期間経過後は通常金利適用。貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。
東証一部上場

「ナビナビキャッシング」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。

株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.