【2024年最新】即日融資が可能なおすすめカードローン一覧!タイムリミットやポイントを解説
北川 ワタル

この記事の監修者

公認会計士 ・税理士

北川 ワタルさん

ホームページ・運用サイト

即日で融資を受けられるカードローンは複数存在しています。

それぞれ特徴が異なるため「あっちで契約した方が利息を低く抑えられた」「返済方法が少なくて不便」などと後悔しないためにも、どれが自分に合っているのか特徴を理解したうえで選びましょう。 

そこで本記事では、カードローンの選び方やおすすめのサービス6つを紹介します。

後半では、カードローンで即日融資を受けるためのチェックポイントも説明しているため、できるだけすぐにお金を借りたい方はぜひ参考にしてください。

即日融資可能なカードローンはある?

即日で融資を受けられるカードローンは存在していますが、即日融資を謳っている会社ならどこでもいいわけではありません。

審査なしで即日融資を受けられるカードローン会社は、国や都道府県に貸金業者の届け出をしていない違法な会社である可能性が高いからです。

闇金業者でお金を借りると法外な利息で貸し付けられたり、違法な方法で取り立てられたりします。

そのほかにもさまざまなトラブルに巻き込まれる場合があるため、カードローン会社には注意が必要です。

即日融資可能なカードローンは存在しています。

しかし、中には「審査なしで即日融資可能」と謳って法外な利息で貸付をおこなう闇金業者も存在しているため、カードローン会社を選ぶ際は違法な会社でないか注意しましょう。

即日融資可能なカードローンの審査は甘い?

即日で融資を受けたいがために、審査の甘いカードローンに申し込みたいと考えている人がいるでしょう。

結論から言うと、審査の甘いカードローンは存在していません。

貸金業者は貸金業法の総量規制と呼ばれる規定を順守しなければなりません。

それは「年収の3分の1以上を貸付してはならない」というものであり、規定額を超えて貸し付けしてしまった場合には法律違反となってしまいます。

また、返済能力のない利用者に貸し付けた場合、資金の回収は難しいでしょう。

このような点から、カードローン会社はきちんと審査をおこなったうえで利用者に貸し付けるのか判断しており、審査は甘くないのです。

(返済能力の調査)
第十三条 貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。

第十三条の二 貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合において、前条第一項の規定による調査により、当該貸付けの契約が個人過剰貸付契約その他顧客等の返済能力を超える貸付けの契約と認められるときは、当該貸付けの契約を締結してはならない。

※引用:貸金業法

金融会社ごとに異なる審査基準が設けられており「大手企業のカードローン会社の審査には落ちたけれど、中小企業のカードローン会社の審査には通った」というケースが存在しています。

審査基準が公表されていないことから、中小企業の審査は大手企業よりも必ず低い基準とはいえません。

しかし、大手企業の審査に落ちた人が中小企業の審査に通る場合があることは覚えておきましょう。

金融会社ごとに異なる審査基準を設けていることから「大手では落ちたけど中小では受かる」可能性はあります。

しかし、中小のカードローン会社だからといって誰でも受かるわけではなく、返済能力が低いと判断された場合には審査に通りません。

即日融資できるカードローンの選び方

即日融資できるカードローンは複数あり、どれを選べばよいか悩んでしまうでしょう。

以下の点を意識して選ぶと、自分に合うものはどれか判断しやすくなり、契約後に後悔しにくくなります。

    • 無利息期間で選ぶ
    • 実質年利で選ぶ
    • 土日祝も対応可能かで選ぶ
    • 振込み方法で選ぶ

無利息期間で選ぶ

無利息期間とは、利息が発生せずに元本だけ返済すればよい期間を指します。

金利に関わらず、無利息期間中に返済できれば元本のみの返済で済むため、低金利のカードローンよりも返済額を低く抑えることが可能です。

無利息期間の用意されているカードローンは「返すあてがあるため、短期間だけお金を借りたい」方の利用に向いています。

カードローンを選ぶ際は、無利息期間が設定されているか、無利息期間の長さはどのくらいかを確認しましょう。

無利息期間の長さを重視してカードローンを選ぶのであれば、最大180日間の無利息期間が用意されている「レイク」の利用がおすすめです。

実質年利で選ぶ

実質年利とは、利息に事務手数料など諸経費を加えた合計額を年率で計算したものです。

実質年利が高いカードローンを選ぶと、元本とは別で高額の利息が発生します。

月々返済する額が少ない場合、利息部分ばかりを返済している状態が続き、なかなか元本が減らない事態に陥るのです。

実質年利の低いカードローンは「長期的にお金を借りたい」方の利用に向いています。

借り入れる期間が長いほど利息も増えるため、実質年利は長期で借り入れする人にとって重要なポイントなのです。

土日祝も対応可能かで選ぶ

土日祝に対応していないカードローンでも申し込み自体はできるものの、審査はおこなわれないため、土日祝に借り入れできません。

一方、土日祝にも営業しているカードローンを選ぶと、最短即日で融資を受けられます。審査がおこなわれる平日まで借り入れを待つ必要はないのです。

「土日祝に緊急でお金が必要になった」方に土日祝も対応可能なカードローンの利用が向いています。

土日祝も対応している点を重視してカードローンを選ぶのであれば、アイフルやレイク・プロミス・アコムの利用がおすすめです。

借入・返済方法で選ぶ

カードローンによって、借入・返済方法は異なります。借入・返済方法は利便性に大きく影響するため、自分にとって使いやすい方法を導入しているものを選びましょう。

たとえば、カードローンのカードを財布に入れて持ち歩きたくない人には、スマホアプリから口座への振込を申し込めるものがおすすめです。

また、返済時にATMへ足を運びたくない人は、給与口座から自動で引き落としできるものを選ぶとよいでしょう。

即日融資できる!おすすめの大手消費者金融カードローン

即日融資可能な大手消費者金融を一覧で紹介する女性行員

消費者金融カードローンの中でも、大手消費者金融カードローンを選ぶことをおすすめします。利用実績が豊富であるため、初めての方でも安心して申し込みができます。

大手消費者金融カードローン各社の「融資スピード」「申込のタイムリミット」をまとめると以下のようになります。

少しでも早く借りたいという方は、最短18分※融資が可能な アイフルに申し込みするのがいいでしょう。

※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

即日融資対応の大手消費者金融カードローンランキング(融資時間)
順位 サービス 申込~融資の時間 今日借りたい場合の申込タイムリミット
1位 アイフル
アイフル
最短18分※ 遅くても20時30分までに申し込みを完了する(日曜は18時30分までに)
2位

レイク
レイク

Webなら最短25分融資も可能※

遅くても20時30分までに申し込みを完了する(日曜は18時30分までに)

遅くても20時00分までに申し込みを完了する(日曜は17時30分までに)

3位 プロミス
プロミス
最短3分※ 遅くても20時30分までに申し込みを完了する(日曜は18時30分までに)
4位 アコム
アコム
最短20分※ 遅くても20時までに申し込みを完了する(土曜・日曜も同様)
5位 SMBCモビット
SMBCモビット
最短即日※ 振込融資を希望するなら、平日14:50までに審査・契約・振込依頼を完了する

※いずれのカードローンも土日・祝日の審査、即日融資に対応しています。
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※レイクの融資時間:審査結果によってはWebでの契約手続きが行えない場合があります。

「中小消費者金融で即日融資を受けたい!」という方は「【中小消費者金融】全国対応・土日でも借りられるカードローンを紹介」で自分にあったカードローンを選んでみてください。

土日に即日融資を受けたい方は、「土日に即日融資可能なカードローンのおすすめ5選!審査は甘い?注意点も解説」で詳しく解説していますのでご覧ください。

アイフル:融資まで最短18分という速さが魅力!

即日融資を希望する人にもっともおすすめなのは、「アイフル」です。

最短18分※という融資スピードや利便性に定評があり、土日・夜間の即日融資でも対応しやすいこともポイントです。

※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

女性のお客様専用のダイヤルが用意されており「女性のオペレーターに相談したい」という方が安心して利用できます。

公式サイトにはAIチャットボット「ぽっぽくん」が設置されており、24時間いつでも不明点を解消できます。

「ぽっぽくん」で解決できないものは、平日9~18時であればオペレーターに質問可能です。

申込~即日融資までの流れは下記のとおりです。

  1. Webで申込み
  2. 審査
  3. 審査結果の通知
  4. 契約・借入

アイフルは審査受付時間が21時00分までです。

その時間までに申込~契約を完了させる必要があります。

最短18分※融資のアイフルの場合、どんなに遅くても20時30分までには審査申込をしましょう。

※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ただし、最短時間はあくまで「最短」のため、できる限り早く申し込むことをおすすめします。

アイフルがおすすめな人の特徴
  • 女性オペレーターに相談したい
  • 契約までWEBで完結させたい
  • 土日祝に即日で融資を受けたい
審査時間 最短18分※
口座振込の可否
土日祝の取り扱い
web完結
利用限度額 最大800万円
融資スピード 最短18分※
実質年率 年3.0%~18.0%
無利息期間 はじめての方なら最大30日間
電話による在籍確認 原則なし

※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

アイフル

総合評価

  • 3.7点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年3.0%~18.0% 最大800万円 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短18分※ 最短18分※ -

おすすめポイント

  • 初めてなら最大30日間無利息!
  • 会話ロボット「ぽっぽくん」に24時間相談OK!
  • 「1秒診断」で融資可能か簡易チェック可能!

※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

レイク:無利息サービスが充実

利息を少しでも抑えたい人におすすめなのは「レイク」です。

カードレスで借り入れできるため、他人バレしにくくなっています。

公式アプリ「レイクアプリ」から申し込むと、セブン銀行のATMから借り入れできるため、スマートフォンだけ済むのです。

レイクでは、選べる無利息があり、借入金額によっては初めてなら最大180日間無利息で融資を受けることが可能です。

無利息期間の日数 無利息金額 条件
30日間 借り入れの全額
  • 無人店舗で申し込む
  • 電話で申し込む
  • 契約額は200万円超え
60日間 借り入れの全額
  • Webで申し込む
  • 契約額は1~200万円まで
180日間 借入額のうち、5万円
  • Webで申し込む
  • 自動契約機で申し込む
  • 電話で申し込む
  • 契約額は1~200万円まで

30日間無利息、60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできない点に注意しましょう。

レイクで即日融資を受けられるおすすめ方法は「WEB申込」です。

申込~即日融資までの流れは下記のとおりです。

  1. レイクの公式サイトから申し込み
  2. 審査~審査結果の通知
  3. 契約手続きフォームに必要事項を入力
  4. 必要書類をメールまたはFAXで提出
  5. 銀行振込で借入(カード到着後はATMからも可能)

レイクは審査受付時間が21時00分まで(日曜は18時まで)です。

審査結果を知らせる時間内であれば申込み後、最短15秒で審査結果を確認できます。

レイクの場合、最短25分融資も可能(※)なため、どんなに遅くても20時30分までには審査申込をしましょう。
※審査結果によってはWebでの契約手続きが行えない場合があります。

ただし、最短時間はあくまで「最短」のため、できる限り早く申し込むことをおすすめします。

WEB申込の場合、クイックに借入できるおすすめな融資方法は下記の2つです。

  • 金融機関口座への振込
  • スマホアプリをダウンロードし、セブン銀行ATMから借入
審査時間 申込み後、最短15秒
口座振込の可否
土日祝の取り扱い
web完結
利用限度額 最大500万円
融資スピード Webなら最短25分融資も可能※1
実質年率 年4.5%~18.0%
無利息期間 はじめての方なら最大180日間
電話による在籍確認 原則なし※2

※1.審査結果によってはWebでの契約手続きが行えない場合があります。
※2.審査の結果により電話での確認が必要となる場合があります。

レイクがおすすめな人の特徴
  • 5万円まで借り入れたい
  • カードレスで借り入れたい
  • 土日祝に即日で融資を受けたい

レイク

総合評価

  • 3.6点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年4.5%~18.0% 最大500万円 60日間
審査時間 融資時間 お試し審査
申込み後、最短15秒 Webなら最短25分融資も可能

おすすめポイント

  • はじめてなら無利息が選べる!
  • 申込み後、最短15秒で審査結果を表示!
  • Webからの申込みで、最短25分融資も可能!(審査結果によってはWebでの契約手続きが行えない場合があります)

※最短即日融資は21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。初めて利用の場合の当日融資は、8時~22時(毎月第3日曜日は8時~19時)となっております。審査結果によってはWebでの契約手続きが行えない場合があります。融資時間は、一部店舗によって異なります。年末年始を除きます。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。Web以外の無人店舗や電話で申込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1万円~200万円まで。30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。無利息期間経過後は通常金利適用。貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。

プロミス:返済方法が6種類と多彩

利便性を重視している人にもっともおすすめなのは、「プロミス」です。

口座振替や自社ATMなど返済方法が6種類用意されています。返済方法が多く、利便性が高いといえるでしょう。

上限金利を年18.0%に設定しているカードローン会社が多いなか、プロミスでは上限金利を年17.8%に設定しています。

借入期間が長い場合は利息額を大きくなるため、長期間の借り入れをおこなう人にとっては年0.3%の金利差が大きく影響するのです。

申込~即日融資までの流れは下記のとおりです。

  1. Web申込み
  2. 審査
  3. 審査結果の連絡
  4. インターネット振込で借入

プロミスは審査受付時間が21時00分までです。

その時間までに申込~契約を完了させる必要があります。

最短3分※融資のプロミスの場合、どんなに遅くても20時40分までには審査申込をしましょう。

※申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。

ただし、最短時間はあくまで「最短」のため、できる限り早く申し込むことをおすすめします。

プロミスがおすすめな人の特徴
  • 長期間の借り入れを予定している
  • スマホアプリで借り入れまで完結させたい
  • 即日融資を受けたい
審査時間 最短3分 
口座振込みの可否
土日祝の取り扱い
web完結
利用限度額 最大500万円※1
融資スピード 最短3分※2
実質年率 年4.5%~17.8%
無利息期間 ○(はじめての方なら最大30日間)
電話による在籍確認 原則なし

※1.新規契約時の融資上限は本審査により決定となります。
※2.申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。

プロミス

総合評価

  • 4.0点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年4.5%~17.8% 最大500万円※ 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短3分 最短3分※

おすすめポイント

  • 金利が年17.8%でほかの消費者金融より低め!
  • 初回借入れの翌日から30日間は利息0円!
  • カードレスで借入も返済もできる!

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。
※無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。
※18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

アコム:楽天銀行株式会社の口座ならほぼ24時間申し込み可能

夜中の借り入れを検討している人にもっともおすすめなのは、「アコム」です。

楽天銀行株式会社の口座であれば、毎日0時10分~23時49分のほぼ24時間、融資を申し込めます。受付完了から10秒程度で振り込まれる点が魅力です。

借り入れできるのか本審査の前に確認できる「3秒スピード診断」を公式サイトで受けられます。

年齢と年収・他社での借り入れ状況を入力するだけと簡単であるため、借入できるか不安な人は診断がおすすめです。

申込~即日融資までの流れは下記のとおりです。

  1. Web申込み
  2. 審査
  3. 審査結果の連絡
  4. インターネット振込・または来店で借入

アコムは審査受付時間が21時00分までです。

その時間までに申込~契約を完了させる必要があります。

最短20分融資※のアコムの場合、どんなに遅くても20時30分までには審査申込をしましょう。

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

ただし、最短時間はあくまで「最短」のため、できる限り早く申し込むことをおすすめします。

アコムがおすすめな人の特徴
  • 楽天銀行株式会社を利用している
  • 仕事終わりの夜中に申請したい
  • 即日融資を受けたい
審査時間 最短20分 
口座振込みの可否
土日祝の取り扱い
web完結
利用限度額 最大800万円
融資スピード 最短20分※1
実質年率 年3.0%~18.0%
無利息期間 ○(はじめての方なら最大30日間)
電話による在籍確認 原則なし※2

※1.お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※2.原則、電話での在籍確認はなく、書面や申告内容での在籍確認が実施されます。

アコム

総合評価

  • 3.9点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年3.0%~18.0% 最大800万円 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短20分 最短20分※

おすすめポイント

  • 最短20分で審査回答!来店不要!
  • 24時間365日いつでも借入&返済できる!
  • はじめての人なら最大30日間、金利0円!

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

SMBCモビット:WEB完結申込なら原則、電話連絡なし!

SMBCモビットTOP

引用:SMBCモビット

次にご紹介するのは「SMBCモビット」です。

SMBCモビットはWEB完結の場合、原則、電話連絡・郵送物の受け取りがないので、カードローンの利用をバレたくない人にはおすすめです。

公式サイトにはシナリオ型チャットボットが設置されており、質問に関する選択肢を選ぶだけで、簡単に回答を得られます。

24時間利用できるため、営業時間外でもすぐに疑問点を解消可能です。

公式サイトには「10秒簡易審査」という機能が搭載されており、自分が借り入れる条件を満たしているのかすぐに調べられます。

生年月日と税込年収・他社借入金額のみの入力であり、10秒あれば完了できます。

あくまで簡易的な審査であるため、必ず本審査に通過できるわけではない点に注意が必要です。

SMBCモビットの申込~即日融資までの流れは下記のとおりです。

  1. SMBCモビットに 「WEB完結申込」で申し込む
  2. フリーコール(0120-03-5000)へ電話
  3. 審査
  4. 書類提出
  5. 入会手続(契約)
  6. 融資

申込後フリーコールで電話を入れ、急いでいること伝えることをおすすめします。

審査を優先的にしてもらえ、審査時間を短縮できる可能性が高まります。

SMBCモビットの審査受付時間は、平日14時50分までに契約完了で当日振込可です。

審査時間は最短30分(※)のため、平日14時頃までに審査申し込みすることをおすすめします。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている
  • 社会保険証または組合保険証を持っている※1

※1.保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。

SMBCモビットがおすすめな人の特徴
  • 自宅に郵便物を送られたくない
  • カードレスで融資を受けたい
  • 即日で融資を受けたい
審査時間 10秒簡易審査 
口座振込みの可否
土日祝の取り扱い
web完結
利用限度額 最大800万円
融資スピード 最短即日※
実質年率 年3.0%~18.0%
無利息期間 -
電話による在籍確認 WEB完結申込なら原則なし

※.申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビット

総合評価

  • 3.5点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年3.0%~18.0% 最大800万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
10秒簡易審査 最短即日※ -

おすすめポイント

  • 10秒で簡易審査結果がわかる!
  • 本審査の結果が出るまで最短30分!※
  • 最短即日融資が可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

カードローンを即日融資で借り入れするためのチェックポイント

黒板に書かれた即日融資を受けるためのチェックポイント項目8つを示しているFP

ここからは「即日融資をスムーズに実現するためのノウハウ」について解説します。

せっかく即日融資が可能な業者に申し込んでも、手続きでつまづいてしまうと即日融資が不可になってしまうことも。下記内容を事前に必ずチェックしましょう。

以下、詳細をみていきましょう。

【チェック①】営業時間と審査対応時間

営業時間や審査対応時間は各社で異なったり、たとえ営業時間内でも営業終了間際や、混雑状況によっては翌営業日の処理になってしまったりするケースもあります。

例えばアコムの場合
自動契約機(むじんくん)の営業時間 … 9:00~21:00(年中無休※年末年始は除く)
審査結果回答時間 … 9:00~21:00

上記の場合、21:00に申込はできても、融資までの手続きは翌営業日になってしまいます。

即日融資を受ける場合は、営業時間と審査対応時間のギャップも加味し、少しでも早めの手続きを心がけましょう。

【チェック②】振込融資の場合最終受付時間

融資方法が「振込融資」の場合、金融機関の営業時間に注意が必要です。

各業者が提携している銀行口座があれば24時間振込対応可能な銀行もあります。

しかし中には最終振込受付が平日14:00~14:50となっており、その時間以降だと翌営業日扱いになってしまいます。

初めて融資を受ける方ほどハマりやすい落とし穴ですので注意してください。

【チェック③】自動契約機の位置

自動契約機で借入を検討している人はあらかじめ自動契約機の位置を必ず確認しておいてください。

離れたところにしか端末が設置されていなくて思いのほか時間がかかる場合があります。

また先客がいて、なかなか自動契約機が使えない場合も考えられます。

近くにある複数の自動契約機をチェックしておくと尚安心です。

最寄りの自動契約機の場所を検索

【チェック④】事前に準備する必要書類

カードローンで融資を受けるには、基本的に「本人確認書類」と「収入証明書類」の提出を求められます。

「収入証明書類」は50万円超の融資に必要となることが多いですが、当日中に用意しずらい書類も多いです。

ちなみに収入証明書類とは下記の書類を指します。

  • 源泉徴収票…勤務先に申告して発行してもらう。少し日数がかかる場合もあり。
  • 給与明細書…勤務先から発行されている。最も入手しやすいが、業者によっては収入証明書類として認めていないケースもあり。提出前に要確認。
  • 所得証明書…市役所で発行してもらえる。窓口へ出向く必要があるので少し手間がかかる。発行自体は即日。

50万円以内の少額融資の場合は収入証明書類が不要となるケースもありますので、事前に利用サービスでの必要の有無を調べておきましょう。

北川ワタル

公認会計士 ・税理士

監修者 北川ワタルの一言コメント!

コメント

「所得証明書とは何か」
ローンの審査で必要書類として求められる所得証明書とはどのようなものでしょうか。これは市役所などの自治体が個人の所得を証明してくれる書面です。自治体では個人に対する住民税を計算する根拠として個人の所得に関する情報を保有しています。そのため、所得証明書を発行することが可能となります。
また、住民税などをいくら支払ったかを示す課税証明書の発行も行っています。課税証明書には住民税だけでなく、その課税標準となった所得も記載されることが多いので、金融機関などに提出する所得証明書の代わりになる場合もあります。
提出先となる金融機関などには「どの年分の所得証明書が必要なのか」、また「課税証明書でも代用できるのか」をよく確認するようにしましょう。

【チェック⑤】連絡のつきやすい電話番号を入力

お金を借りる審査には「在籍確認」という手続きが存在します。

申込者が勤務先に在籍しているかの事実確認として、申告した電話番号に連絡が入ることが一般的です。

お金を借りた事実が周知されないように業者名は伏せ、担当者の個人名で対応してくれます。

在籍確認がクリアできなければ即日融資は難しいため、できる限り連絡がつきやすい番号を記入しましょう。

大手企業で電話番号がいくつもある場合、総務部などではなく自分の在籍部署などを記載するとスムーズに在籍確認が進むのでおすすめです。

カードローンの在籍確認については、更に知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

【チェック⑥】希望限度額は最低限の金額にする

申込時に申告する「希望限度額」は、最低限の金額を記入しましょう。

審査では返済能力が重要視されます。金額が低いほど貸出のハードルも下がり、スムーズに審査通過する可能性が高まります。

【チェック⑦】総量規制に関する注意点

消費者金融には貸金業法の「総量規制」という法律が適用されます。

その法律は「借入額は利用者年収の3分の1まで」と定めたものであり、規定額を超えて貸し付けることを禁止するものです。

利用者の返済能力を超えた借り入れの規制によって、多重債務を防止することを目的としています。

申込時に年収の3分の1を超える金額を借入希望額として申し込んだ場合、審査には通貨できません。

スムーズに審査に通過したいのであれば、あらかじめ借入希望額が年収の3分の1以下におさまっているか確認しましょう。

【チェック⑧】他社借入額と借入件数

チェック⑦の総量規制は1社のみではなく、他社も含んだ「借入総額」でチェックされている点に注意が必要です。ただし住宅ローン・自動車ローンは総量規制対象外となります。

また、少額であっても借り入れ先が異常に多い場合(借入件数が4社以上など)は、返済負担が著しく大きいと判断され、審査落ちの可能性が高くなります。

このような場合は、新たに借入先を増やすとさらに状況は悪化します。

おまとめローン等で出来る限り借入件数を絞ることも検討しましょう。

借入の審査に通過するかどうかは、ランダムではありません。

会社ごとに定められた基準を満たすことで審査に通過できるため、きちんと準備をおこなって即時で融資を受けられるようにしましょう。

深夜に即日融資可能なカードローンに申し込む際の注意点

深夜に新規申し込みをして、すぐにお金を借りることはできません。

なぜなら、カードローン会社の審査対応時間は「9:00~21:00」で、深夜の審査には対応していないからです。

24時間申し込み受付のカードローンであっても、審査時間を過ぎていた場合は翌日に審査が開始されます。

たとえば、深夜2時に申し込みをした場合は、当日の9:00ごろから審査が開始されて当日中に融資が可能となります。

「審査受付は終了しているけど、翌日少しでも早くお金を借りたい」という方は、深夜の内に申し込みを済ませておくことをおすすめします。

審査なしで即日お金を借りる方法

審査なしで即日お金を借りる方法として、以下のようなものがあります。

  • 生命保険の契約者貸付
  • ゆうちょ銀行貯金担保自動貸付け
  • クレジットカードのキャッシング 
  • 質屋 
  • 後払いアプリ

ただし、生命保険を契約している・クレジットカードのキャッシング枠をすでに契約しているといった利用条件があり、実質審査があるようなものです。

ネットショッピング専用の後払いアプリであれば、審査・条件不要で即時利用できるサービスがあります。

審査なしでお金を借りる方法について、詳しくは、「【後悔しない】即日でお金を借りる方法|おすすめの借り方やよくある質問を徹底解説」で解説していますので参考にしてください。

国や公的機関からお金を借りる方法も紹介していますので、「もうダメだ...」と諦めずに相談できる期間を探しましょう。

カードローンで即日融資を受ける場合は、審査を受ける必要があります。

しかし、生命保険の契約者貸付などその他の方法では審査なしで即日お金を借りられる方法は存在しています。

審査はないものの、利用条件は設定されているため、利用したい場合はあらかじめ条件を確認しておきましょう。

まとめ

即日融資を受ける際は、可能な限り融資の素早いサービスから検討する必要があります。

当記事のポイントを簡単にまとめると、下記のとおりです。

  • 即日融資を受けるなら、大手消費者金融5社がおすすめ
  • 大手消費者金融の審査に落ちた人は、中小消費者金融がおすすめ
  • 申込時間は、振込融資の場合は14時までが確実、場合によっては21時まで可能
  • 闇金・ソフト闇金で無審査での即日融資はリスクがある

それぞれ重要なポイントが含まれていますので、しっかりと覚えておいてくださいね。

また、サービス選びだけではなく、審査に通るための準備をすることで、さらに即日の融資を受けられやすくなります。

審査対応時間や必要書類・他社からの借入額など本記事で紹介したチェックポイントを確認して、審査に通過するための準備をおこないましょう。

最短で即日融資を希望する人は、是非この記事を参考にしていただければ幸いです。

即日発行が可能なクレジットカードについては「即日発行が可能なクレジットカードでキャッシング!おすすめ3選」の記事もご参考ください。