1. ナビナビキャッシング トップ
  2. 楽天銀行スーパーローンとは?申し込みだけするデメリットや審査など解説

  • はい
  • いいえ

楽天銀行スーパーローンとは?申し込みだけするデメリットや審査など解説

楽天銀行スーパーローンとは、楽天銀行が提供しているローン業務の名称です。

大きな特徴は以下となります。

入会することで楽天ポイントがもらえるということは、他のカードローンサービスではあまりない大きな特徴と言えます。

楽天カードや楽天市場などを利用している人にとって、1,000ポイントもらえることは大きな魅力ではないでしょうか。

お金を借りなければ、入会するだけでポイントがもらえるのでデメリットがあまりないように感じますが、実はお金を借りていなくてもカードローンの契約をしていることで、住宅ローンの審査に影響が出る場合があります

たとえば限度額が100万円の場合、「いつでも100万円を借りれる状態」にあることから、住宅ローンの金融機関はこの限度額をもしも利用した場合でも住宅ローンの返済が問題なくできるのかと言う視点で審査をする場合もあるからです。

さらに、カードローンの申し込みには、必ず審査があります

その審査に通らなければポイントはもらえませんのでご注意ください。

この記事では、楽天銀行スーパーローンの申し込みから審査などについて解説していきます。

楽天銀行スーパーローン

24時間ご利用できます!

総合評価

  • 3.3点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年1.9%~14.5% 最大800万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
最短翌日 最短翌日 ×

おすすめポイント

  • 年会費・入会金0円!
  • ご入会で楽天ポイント1,000ポイント進呈!
  • いつもの口座でご利用可能!

楽天銀行スーパーローンに向いている人・向いていない人

ここまでの総括として、楽天銀行スーパーローンに向いている人と向いていない人をまとめてみましたのでご確認ください。

向いている人

消費者金融より低金利で借りたい人
楽天ポイントが欲しい人
楽天会員ランクが高い人
コンビニATMの手数料無料にしたい人
いつもの銀行口座で利用したい人

10万円以上借りたい人

スマホのみで申し込みを完結したい人

向いていない人
即日融資を希望する人
無利息期間を利用したい人

消費者金融より低金利で借りたい人

楽天銀行スーパーローンに一番向いている人は「消費者金融より低金利で借りたい人」です。

キャンペーン期間中であれば、上限金利が14.5%であるため、消費者金融よりも低金利で借りやすく、利息も抑えやすくなっています。

初回契約時に上限金利を設定されるのは他社のカードローンでも同様になります。

そこで楽天銀行スーパーローンの金利を、銀行カードローンと大手消費者金融の上限金利と比較してみましょう。

銀行カードローンと比較した場合

楽天銀行スーパーローンの上限金利を銀行系カードローンと比較してみると以下のとおりです。

銀行系カードローンの上限金利の相場は年14.5%前後ですので、あまり大差はありません

カードローン 上限金利
楽天銀行スーパーローン 年14.5%
みずほ銀行カードローン 年14.0%※ 1
三井住友銀行カードローン 年14.50%
三菱UFJ銀行カードローン 年14.60%
auじぶん銀行カードローン 年17.40% ※2

大手消費者金融と比較した場合

楽天銀行スーパーローンの上限金利を大手消費者金融のカードローンと比較してみると以下のようになります。

大手消費者金融の上限金利の相場は年18.0%前後ですので、楽天銀行スーパーローンのほうが低いです。

そのため、低金利で借りやすく、その分だけ利息を抑えやすくなっています。

カードローン 上限金利
楽天銀行スーパーローン 年14.5%
プロミス 年17.80%
アコム 年18.00%
アイフル 年18.00%
レイクALSA 年18.00%
SMBCモビット 年18.0%

楽天銀行スーパーローンの金利に関しては、「楽天銀行スーパーローンの金利は限度額で決まる!金利の引き下げ条件も解説」 でも詳しくお伝えしています。

楽天ポイントが欲しい人

楽天銀行スーパーローンは入会するだけで、楽天ポイントが1,000ポイントももらえます。

楽天銀行スーパーローンは無料で入会可能ですし、1,000ポイントをもらう条件は基本的に入会のみです。

楽天会員ランクが高い人

楽天銀行スーパーローンの公式サイトには「楽天会員ランクに応じて審査優遇」という記載がありますので、楽天会員のランクが高い人は優遇される可能性があります。

しかし、「必ずしもすべての楽天会員が審査の優遇が受けられるとは限らない」との記載もあるため、そこまで大きな期待はしないほうが良いです。

コンビニATMの手数料無料にしたい人

楽天銀行スーパーローンを提携ATMから借りる場合、利用手数料が無料になります。

楽手銀行カードローンが利用できる提携ATMは、以下のようなコンビニや銀行のATMとなります。

  • コンビニATM「E-net」(ファミリーマート、サークルKサンクス、デイリーヤマザキ、コミュニティ・ストア、スリーエフ、ミニストップ、ポプラ、セイコーマート、生活彩家、セーブオン)
  • ローソン銀行ATM
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • 三井住友銀行
  • 北都銀行
  • 東京スター銀行
  • 栃木銀行
  • 愛知銀行
  • 名古屋銀行
  • 高知銀行
  • 富山銀行
  • 大光銀行
  • きらぼし銀行

いつもの銀行口座で利用したい人

楽天銀行スーパーローンは楽天銀行の口座開設が不要です。

銀行系カードローンの場合、カードローン提供元の銀行口座が必要なケースが多いため、口座を持っていないと口座開設の手間も発生します。

このため、口座開設の分だけ借入までの時間が遅くなってしまうことがあります。

しかし、楽天銀行スーパーローンは口座開設の必要がなく、いつもお使いの口座で借入や返済ができます。

10万円以上借りたい人

楽天銀行スーパーローンの利用限度額は10万円~800万円となります。

消費者金融系の場合は限度額は1万円からとなりますので、楽天銀行スーパーローンのほうが消費者金融系より、限度額が高くなる可能性があります。

利用限度額を他社比較

カードローン 利用限度額
楽天銀行スーパーローン 10万円~800万円
みずほ銀行カードローン 10万円~800万円
三菱UFJ銀行カードローン 10万円~500万円
プロミス 1万円~500万円
アコム 1万円~800万円
アイフル 1万円~800万円
レイクALSA 1万円~500万円
SMBCモビット 1万円~800万円

スマホのみで申し込みを完結したい人

楽天銀行スーパーローンはスマホのみで申し込みを完結できます。

申し込み~審査~契約だけでなく、アプリを使えば書類提出もスマホで可能です。

デジカメやスマホで撮った必要書類の写真を画像化する手間も不要なため、とてもスピーディーに申し込みが完了します。

即日融資を希望する人には向かない

逆に楽天銀行スーパーローンに向いていないのは、「即日融資してほしい!」という人になります。

融資は最短翌日なため、どんなに早くても申し込みの翌日になってしまいます。

無利息期間がない

楽天銀行スーパーローンでは無利息期間がないため、「無利息期間を活用して利息を抑えたい!」という人にもおすすめできません。

もし、即日融資や無利息期間を希望するなら、大手消費者金融がおすすめです。

大手消費者金融なら以下のように即日融資に対応してくれ、無利息期間がある業者も多いからです。

カードローン名 融資時間 無利息期間
プロミス 最短30分※ 借入日の翌日から30日
アコム 最短1時間 契約日の翌日から30日
アイフル 最短25分※ 契約日の翌日から30日
レイクALSA Webで最短60分も可能 契約日の翌日から30日
契約日の翌日から60日(WEB限定)
契約日の翌日から180日(借入額5万円まで)

※プロミスの無利息期間について:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とweb明細利用の登録が必要となります。
※アイフルの融資時間について:WEB申込の場合に限る
※レイクALSAの無利息期間について:Web以外の無人店舗やお電話で申込むと、お借入額全額30日間無利息またはお借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。30日間無利息、60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。無利息期間経過後は通常金利適用。貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。

無利息期間があるカードローンを利用したい人は「無利息期間があるカードローンを比較!損せずに借入するために知っておくべき3つのこと」をご覧ください。

楽天銀行スーパーローンの口コミについては「楽天銀行スーパーローンの評判詳細」をご覧ください。

利息はどのくらいの金額になるのかをシミュレーション

「楽天銀行スーパーローンで借りると利息はどのくらいの金額になるのか?」という点は、多くの人が気になる部分かと思います。

そこでこの章では、借入額ごとの利息をシミュレーションしていますので、参考にしてもらえれば幸いです。

今回はすべて金利14.5%で借りると仮定し、シミュレーションしています。

10万円を借りた場合

返済回数 利息 毎月の返済金額
10回 6,760円 約11,000円
20回 13,161円 約6,000円
30回 19,802円 約4,000円

上記の表の見方は、例えば返済回数が20回なら、利息は13,161円になり、毎月の返済額は約6,000円となります。

これが返済回数30回なら、利息は19,802円になり、毎月の返済額は約4,000円です。

返済回数が少ないほど利息は抑えられますが、毎月の返済額は大きくなります。

逆に返済回数が多いと利息は増えますが、毎月の返済額は小さくできます。 この点は他の借入額に関しても同じです。

20万円を借りた場合

返済回数 利息 毎月の返済金額
10回 13,524円 約21,000円
20回 26,329円 約11,000円
30回 39,613円 約8,000円

楽天銀行スーパーローンで20万円を借りる場合、返済回数が10回で利息は13,524円となります。

楽天銀行スーパーローンの利息をなるべく抑えたい人は、毎月の返済額を最低返済額よりも多く返済し、返済回数を減らすことが大切になります。

30万円を借りた場合

返済回数 利息 毎月の返済金額
10回 20,292円 約32,000円
20回 39,499円 約17,000円
30回 59,431円 約12,000円

楽天銀行スーパーローンで30万円を借りたい人はこちらの返済シミュレーションを参考にしてください。

上表で分かるように、返済回数が10回のときの利息と、30回のときの利息を比較すると、39,139円もの差がでます。

楽天銀行スーパーローンの利息をなるべく減らすためには毎月でなくてもいいので、少し多めに返済することです。

そうすることで返済期間が短くなり、利息を抑えることができます。

40万円を借りた場合

返済回数 利息 毎月の返済金額
10回 27,057円 約43,000円
20回 52,672円 約23,000円
30回 79,241円 約16,000円

楽天銀行スーパーローンで40万円を借りる場合の返済シミュレーションは上表のとおりです。

返済回数20回、つまり約2年で完済できる目処があれば、利息は52,672円になります。

その場合、毎月の返済額は約23,000円と大きい金額になりますが、その分、利息を抑えることができます。

50万円を借りた場合

返済回数 利息 毎月の返済金額
10回 33,823円 約53,000円
20回 65,836円 約28.000円
30回 99,053円 約20,000円

楽天銀行スーパーローンで50万円を借りたい人は、こちらの返済シミュレーションを参考にしてください。

50万円を借りた場合、毎月の最低返済額は10,000円となっていますが、最低返済額だけを返済していくとどんどん利息が増えていってしまいます。

お金に余裕がある月に多めに返済することで、返済回数を減らし、利息を抑えることができます。

楽天銀行スーパーローンの審査基準

楽天銀行スーパーローンの審査基準は非公開です。

ただし、カードローンの審査基準はどこも似ているので、以下の3つが重要になってきます。

このため、上記3つに問題なければ審査に通過できる見込みは十分です。 それでは次章より詳しくお伝えしていきます。

楽天銀行スーパーローンの審査基準①安定した収入があること

楽天銀行スーパーローンのようなカードローンの審査で最も重視されるのが「安定収入」です。

安定収入とは、毎月継続して得られる収入になります。

ようは「仕事をしており毎月収入があるか?」という部分です。

毎月収入がある人であれば、きちんと返済していけると判断してもらいやすく、審査通過の見込みがあります。

しかし、安定収入がない人は途中で返済できなくなる恐れがありますので、審査落ちの原因になりやすいです。

このため、何らかの形で毎月継続して収入がある状態で申し込みしてください。

楽天銀行スーパーローンの審査基準②他社での借入件数が多すぎないこと

楽天銀行スーパーローンの審査では他社の借入件数もチェックされます。

ここで言う他社の借入とは以下のようなものです。

  • カードローン
  • キャッシング
  • フリーローン
  • クレジットカードのキャッシング枠

上記のように、無担保ローンでの現金の借入が中心になります。

借入件数が何件までなら良いかは非公開ですので断言できませんが、一般的に3件以上だと審査落ちの原因になると言われているため、2件までに抑えておくのがおすすめです。

楽天銀行スーパーローンの審査基準③過去に延滞経験がないこと

楽天銀行スーパーローンの審査では、ローンやクレジットカードの返済状況を確認されます。

そのため、ローンやクレジットカードで延滞経験があると審査にマイナス評価が付きます。

とくに何度も延滞経験があったり、現在進行形で延滞中だったりするとほぼ審査に通りません。

ローンやクレジットカードの返済はきちんとしてください。

楽天銀行スーパーローンの保証会社

楽天銀行スーパーローンの保証会社は、「楽天カード株式会社」もしくは「SMBCファイナンスサービス株式会社」です。

楽天銀行スーパーローンに申し込みする場合、保証会社についても知っておくべきです。

保証会社とは
保証会社とは、「保証業務」をする会社です。保証業務とは、カードローン利用者が返済不能になった場合、そのお金をカードローン利用者に代わって、返済する業務になります。

そのため、保証会社は保証人の代用のようなものです。

保証会社について知っておくべき理由は、楽天銀行スーパーローンの審査の大部分は保証会社がするからです。

よって、「楽天銀行スーパーローンの審査=保証会社の審査」と言っても過言ではないのです。

保証会社は様々なカードローンの保証業務を担当しているケースが多いです。

そうしたことから、「過去に別のカードローンの審査に落ちた」という人の場合、おなじ保証会社で審査を受けてしまうこともあります。

おなじ保証会社だと審査内容も同様になるため、再び受けるのは得策とは言えないのです。

また、保証会社に悪い情報があると審査に不利になる可能性もあります。

例えば、保証会社の提供商品で返済トラブル等を起こすと、要注意人物として情報が記録される恐れがあります。

それが原因で審査に通らないこともあります。

保証会社については、「楽天銀行スーパーローンの保証会社は楽天カード株式会社!借入する前にチェックすること」でも詳しく解説していますのでそちらもご確認ください。

楽天銀行スーパーローンの審査時間

楽天銀行スーパーローンの審査時間は最短翌日です。

ちなみに他社と比較すると以下のとおりになります。

カードローン 審査時間
楽天銀行スーパーローン 最短翌日
みずほ銀行カードローン -
三菱UFJ銀行カードローン 最短翌日
プロミス 事前審査 最短15秒回答
アコム 最短30分
アイフル 最短25分※
SMBCモビット 10秒簡易審査
レイクALSA 申込み後、最短15秒

※アイフルの審査時間について:WEB申込の場合に限る

銀行系カードローンとしては早い部類になりますが、消費者金融とは差があります。

また、申し込んだ翌日が土日祝日の場合、審査回答は最短で翌営業日になる点も注意。

「今日中に借りたい!」などとスピードを求めるのであれば、プロミスやアコムといった消費者金融をご検討ください 。

消費者金融に関しては、「【完全版】みんなが選ぶ「消費者金融」おすすめランキング!(2021年最新)」で詳しく解説していますのでそちらをお読みください。

「楽天銀行スーパーローンが良いから、審査をできる限り早く終えたい!」という人は、「楽天銀行スーパーローンを審査落ちしないためのまとめ【利用者アンケート有】」を参考にしましょう。

※プロミスの審査時間について:スマートフォンからの申込で「少ない項目で最短15秒回答」を利用した場合 「少ない入力項目で最短15秒回答」の申込みは9:00~21:00まで。 「少ない入力項目で最短15秒回答」での融資上限は50万円まで。 審査回答までの時間は、状況により異なります。 申込みの時間帯や、利用する銀行によって、振込みまでの時間が異なる場合あり。 事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
※アイフルの審査時間について:WEB申込の場合
※レイクALSAの審査時間について:最短即日融資は21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。初めて利用の方への当日融資は、8~22時(毎月第3日曜日は8~19時)となっております。融資時間は、一部店舗によって異なります。年末年始を除きます。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

楽天銀行スーパーローンの申込について

楽天銀行スーパーローンには申込条件があり、申込条件を満たさないと審査に通りません。

楽天銀行スーパーローンの申込条件 
日本国内に居住する20才から62才までで、お仕事に就かれており毎月安定した定期収入のある方であれば、どなたでもお申込みいただけます。

(公式サイトから引用)

とはいえ、それほど厳しい申込条件ではありません。 20才から62才までで、仕事をしており収入がある人であれば問題なく申し込めます。

申込はインターネットからのみ

ここからは、楽天銀行スーパーローンの申し込みについてお伝えしていきます。

まず、楽天銀行スーパーローンの申込方法はインターネットに限られます。 電話は受付していないので注意です。

そして、楽天銀行スーパーローンをインターネットから申し込むときの大まかな流れは以下のとおり。

各手続の詳細に関しては次章からお伝えしていきます。

①公式サイトより申し込む

楽天銀行スーパーローンの公式サイトにアクセスし、申込手続をします。

申し込みフォームに必要事項を記入していきましょう。

その後、申込時に登録したアドレスに「受付メール」が届きますので確認しておいてください。

②審査・在籍確認が行われる

申し込みが完了すると審査が開始されます。

審査は最短で翌日に完了し、結果はメールにて通知されます。 審査の一環として「在籍確認」もあります。

在籍確認とは、「申込者は申告した会社に在籍しているか?」という点を電話で確かめる作業です。

そのため、在籍中の会社に楽天銀行スーパーローンから電話があります。

在籍確認に対応できないと審査に通らないので、必ず電話を取れるようにしておきましょう。

なお、会社に電話があると「カードローンで借入しようとしていることが上司や同僚にバレないか?」という不安がある人もいるかもしれませんが、心配入りません。

楽天銀行スーパーローンの在籍確認は「個人名」でされます。

楽天銀行スーパーローンだと名乗ることはありませんし、カードローンの在籍確認だと申込者以外には明かすこともないので、他人バレする可能性は極めて低いです。

楽天銀行スーパーローンの在籍確認については「楽天銀行スーパーローンの在籍確認はいつ?電話内容や注意点、会社にバレない方法も解説」を参考にしてください。

③契約内容の確認が行われる

楽天銀行スーパーローンの在籍確認が済むと、契約内容の確認の電話があります。

電話は基本的に、楽天銀行スーパーローンに申し込んだときに申請した携帯電話や自宅の電話に電話がかかってくることになり、限度額や金利などの契約内容を確認することになります。

④必要書類を提出する

楽天銀行スーパーローンから契約内容の確認の電話が終わった後は必要書類を提出します。

必要書類は以下の2種類です。

本人確認書類
以下の2点が必要
・運転免許証
・運転経歴証明書
・個人番号カード(顔写真付き)
・パスポート
・住民基本台帳カード(顔写真付き)
・健康保険証
・在留カード
・特別永住者証明書
・各種年金手帳
・各種福祉手帳
・公共料金の領収書等
収入証明
・源泉徴収票
・年収記載のある所得/課税証明書
・市県民税特別徴収税通知書
・個人の確定申告書

本人確認書類は2点が必須となっています。

収入証明は公式サイトによると「審査の結果不要になる場合もある」とのことですが、基本的に必要だと思っておきましょう。

必要書類の提出方法は次の2つになります。

  • スマホアプリ
  • 郵送

郵送だと楽天銀行が受理するまでに数日時間がかかってしまうため、スマホアプリでの提出がおすすめです。

スマホアプリでの提出方法は以下のとおり。

  1. Apple StoreもしくはGoogle Playで「楽天銀行アプリ」を入手
  2. アプリ起動後に「スーパーローン」を選択
  3. スーパーローンの受付番号と生年月日を入力
  4. 送信する書類名を選択
  5. 書類を撮影

写真が不鮮明ですと無効扱いになり、再び提出作業をしなくてはいけないため、以下の6点には気をつけておきましょう。

撮影の注意点
    • ぼやけていない
    • 反射していない
    • 影が映りこんでいない
    • 小さすぎない
    • 見切れていない
    • 明るすぎない、暗すぎない

⑤ローンカードの発行&郵送される

必要書類が受理されますとローンカードが発行されます。 後日、自宅に郵送されてきますので受け取ってください。

ローンカードが自宅に届くのを待たなくても、インターネットバンキングを利用すればお金を借りることができます。

⑥口座振替依頼書を返送する

ローンカードと共に「口座振替依頼書」が同封されていますので、引落し先の口座等の情報を記入し、返送します。

なお、楽天銀行の口座を引落し先に指定した場合は口座振替依頼書の返送は不要です。

楽天銀行スーパーローンの借入方法

ここからは、楽天銀行スーパーローンの借入方法について解説していきます。

楽天銀行スーパーローンの借入方法は以下の3つです。

借入方法 手数料 借入までにかかる時間
パソコンやスマホ(ネットキャッシング) 無料 楽天銀行:即時
他の金融機関:平日0:10~14:45までなら当日中
電話 無料 楽天銀行:即時
他の金融機関:平日0:10~14:45までなら当日中
提携CD・ATM 無料 即時

おすすめの借入方法は「ネットキャッシング」。

ネットキャッシングなら、パソコンやスマホだけで手続できますので、自宅で借入が完結します。

それでは各借入方法について解説していきます。

パソコンやスマホで借りる場合(ネットキャッシング)

ネットキャッシングは手数料0円で登録口座に振り込みしてもらえます。

さらに振込先が楽天銀行口座であれば24時間365日いつでも即時で借入可能です。

楽天銀行の場合
振込サービス受付時間 振込時間
24時間365日 即時

※毎日午前0時から行われる楽天銀行システム処理およびシステムメンテナンス時は利用できません

楽天銀行以外の金融機関の場合
振込サービス受付時間 振込時間
平日 0:10~14:45 当日中
9:00~15:00ごろ
14:45~23:50 翌金融機関営業日中
9:00~15:00ごろ
金融機関休業日 0:10~23:50 翌金融機関営業日中
9:00~15:00ごろ

電話で借りる場合

「楽天銀行カードセンター(0120-730-115)」からも借入可能です。

手数料は無料であり、振込時間はネットキャッシングと同様になります。

提携CD・ATMで借りる場合

楽天スーパーローンのカードを使えば、提携CD・ATMからも借入できます。

全国約10万台のCD・ATMが利用でき、すぐに借入可能です。 以下に関しては手数料0円になります。

  • イーネット
  • ローソン銀行
  • セブン銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • PatSat
  • イオン銀行
  • 北都銀行
  • 東京スター銀行
  • 栃木銀行
  • 愛知銀行
  • 名古屋銀行
  • 高知銀行
  • 富山銀行
  • 大光銀行
  • きらぼし銀行

楽天銀行スーパーローンの借り方についてさらに詳しく知りたい方は「楽天銀行スーパーローンでのお金の借り方とは?借入から返済まで解説」をご参考ください。

楽天銀行スーパーローンの返済について

先の借入方法に続いて、楽天銀行スーパーローンの返済方法を確認していきましょう。

返済方法

返済方法 手数料 返済できる金額
口座引き落とし 0円 千円単位
提携ATM 0円 千円単位
(一部の提携ATMでは1円単位)
インターネット 0円 1円単位
振り込み 0円 1円単位

楽天銀行スーパーローンの返済方法は「口座引き落とし」がメインになりますので、基本は毎月の返済日に指定口座からの引き落としとりなります。

ただし、以下の方法により「随時返済」が可能です。

  • 提携ATM
  • インターネット
  • 振り込み

随時返済をすれば、元金の減りが早くなり返済回数を少なくなくできますので、総返済額を抑えられます。

よって、お金に余裕があるときは随時返済を積極的にしていくのがおすすめです。

随時返済をする際は「インターネット」からが楽です。

インターネットからなら会員サービス「メンバーズデスク」にログインするだけで、手数料無料かつ1円単位で返済できるからです。

提携ATMのように来店が必要だったり、振り込みのように手数料が発生しません。

楽天銀行スーパーローンの返済に関しては、「楽天銀行スーパーローンの返済額はいくら?返済シミュレーションから返済方法など解説」でも詳しくお伝えしていますので合わせてお読みください。

返済日

返済方法が理解できたら、返済日も確認しておきましょう。

楽天銀行スーパーローンの返済日は以下のとおりです。

登録口座 選べる返済日
楽天銀行 1日・12日・20日・27日
その他金融機関 1日・12日・20日

※27日は楽天銀行口座を引き落とし口座に指定した場合のみ選択できます。

27日を選択できるのは楽天銀行のみなので注意です。

続いて、返済金額が確定するのは以下のように「毎月の返済日の15日前」です。

返済日 返済額が確定する日
1日 前月の14日~17日
12日 前月の26日~19日
20日 5日
27日 12日

例えば、返済日が1日であれば、前月の14日~17日に確定します。

前月が31日まであれば17日、28日であれば14日に確定するということですね。

返済日が1日と12日の場合、月によって返済額が確定する日が変わってくるため、気をつけておいてください。

毎月の返済額

楽天銀行スーパーローンの毎月の返済額は「返済方式」によって異なります。

返済方式は「残高スライドリボルビング返済」と「元利込定額返済」の2つがあり、それぞれのメリット&デメリットは以下のとおりです。

残高スライドリボルビング返済

メリット
  • 最小返済額が少なめなので返済負担が軽い
  • 決まった範囲内であれば最小返済額が変化しない
デメリット
  • 最小返済額で返済していくと総返済額が多くなる
  • 利用額によって最小返済額が変わることがある

元利込定額返済

メリット
  • 最小返済額が大きめなので総返済額を抑えやすい
  • 最小返済額が固定なので分かりやすい
デメリット
  • 最小返済額が大きめなので返済に負担がかかる

詳しくは次章よりお伝えいしていきます。

残高スライドリボルビング返済の場合

残高スライドリボルビング返済とは、利用残高によって毎月の返済額が決まる返済方式です。

利用残高が少なければ毎月の返済額も少なく、利用残高が多ければ毎月の返済額も増えるのが基本になります。

そんな残高スライドリボルビング返済には以下の2つの種類があります。

残高スライドリボルビング返済D
平成28年7月19日以降に会員になった人楽天銀行が認めた会員、または限度額が500万円以上の人
残高スライドリボルビング返済
現在、変更を受付している返済方式
残高スライドリボルビング返済D
利用残高 毎月の返済額
10万円以内 2,000円
10万円超30万円以内 5,000円
30万円超50万円以内 10,000円
50万円超100万円以内 15,000円
残高スライドリボルビング返済
利用残高 毎月の返済額
10万円以内 3,000円
10万円超30万円以内 5,000円
30万円超50万円以内 10,000円
50万円超100万円以内 15,000円

残高スライドリボルビング返済Dのほうが10万円以内の返済額が2,000円と、残高スライドリボルビング返済の3,000円よりも1,000円少ないです。

このため、利用残高が10万円以内で少しでも返済額を抑えたいのであれば、残高スライドリボルビング返済Dのほうがおすすめです。

元利込定額返済の場合

元利込定額返済とは、契約時の利用残高によって毎月の返済額が決まる返済方式です。

利用残高 毎月の返済額
50万円以内 10,000円以上
50万円超100万円以内 20,000円以上
100万円超150万円以内 25,000円以上
150万円超250万円以内 35,000円以上
250万円超300万円以内 40,000円以上
300万円超500万円以内 50,000円以上

例えば、契約時の利用残高が50万円であれば、毎月の返済額が10,000円以上です。

この金額は固定ですので、返済完了まで毎月10,000円以上を返済することになります。

なお、元利込定額返済は平成22年5月4日以降は選択できず、現在選択中の人のみが利用可能です。

楽天銀行スーパーローンの解約方法

楽天銀行スーパーローンを解約するには、まず借入残高を0円にする必要があります。

つまり完済しなければいけません。

銀行振込やインターネット返済など、1円単位で返済できる方法で完済してください。

ATMでの返済は1000円単位でしかできません。

また、口座引き落としは指定の金額は返済できません。

完済には使えない返済方法です。

借入残高を0円にしたら、楽天銀行カードセンター(0120-730-115)に電話して解約届を郵送してもらいます。

解約届に必要事項を記入し、返送したら解約完了です。

楽天銀行スーパーローンの解約については「楽天銀行スーパーローンの解約には電話が必要!手続き時の注意点や具体的な流れも紹介」で詳しく書いているので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

楽天銀行スーパーローンは以下の3つが特徴的なカードローンです。

  • 入会&利用で楽天ポイントがもらえる
  • スマホから申込める&書類提出もアプリで可能
  • 楽天銀行の口座を持っていなくても借入できる

そんな楽天銀行スーパーローンを他社と比較すると以下のとおりになります。

金利 ・楽天銀行スーパーローンの金利は「年1.9%~14.5% 」
審査基準 ・審査基準は他社と似たようなもの
・「安定した収入があること」・他社での借入件数が多すぎないこと」・「過去に延滞経験がないこと」が重要。
・楽天会員ランクに応じて審査が優遇される可能性あり
審査時間 ・楽天銀行スーパーローンの審査時間は最短翌日
・銀行系としては早いほうであり、消費者金融系よりは劣る
利用限度額 ・楽天銀行スーパーローンの利用限度額は「最大800万円 」
・最大額は他社と差はないが、最小額が消費者金融系よりも多い

楽天銀行スーパーローン

24時間ご利用できます!

総合評価

  • 3.3点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年1.9%~14.5% 最大800万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
最短翌日 最短翌日 ×

おすすめポイント

  • 年会費・入会金0円!
  • ご入会で楽天ポイント1,000ポイント進呈!
  • いつもの口座でご利用可能!

関連記事

種類・特徴でキャッシング・カードローンを探す

キャッシングするときの目的は人それぞれ。即日キャッシングしたい人や個人事業主向けのローンなど目的がはっきりしている方はこちらからキャッシング・カードローンを選んでみましょう!

  • 基本情報

株式会社エイチームフィナジーは「世の中からお金の不安を解消し、より人生が豊かになる社会を実現する」を目的として、保険代理店業務を筆頭に、金融商品を対象としたメディア運営を行っております。
保険代理店業務では、各種法律・保険業法・原則等に基づきながら、常にお客さま本位で考え、誠実かつ真摯に向き合うべく、「保険募集業における勧誘方針、及び業務運営方針(FD宣言)」を定めており、当方針に基づいた保険サービスの提供メディアは、「ナビナビ保険」となります。【生命保険協会登録番号:10EJTAF000977】
その他の金融商品を対象としたメディア運営では、専門知識がないと理解が難しい金融商品に対し、簡潔にわかりやすい情報・知識の提供、及び商品の比較を行い、有益なサービス提供を心掛けております。

【三井住友銀行 カードローンについて】
※毎月の返済は、返済時点での借入残高によって約定返済金額が設定されます。
【みずほ銀行カードローンについて】
※みずほ銀行住宅ローンのご利用で、みずほ銀行カードローンの金利が年0.5%引き下がります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
【レイクALSAの貸付条件について】
※1.【レイクALSAの貸付条件】融資額など借入れに関する諸条件です。満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)は、利用いただけます。※お取引期間中に満71歳になられた時点で、新たなご融資を停止させていただきます。【融資額】1万円〜500万円【貸付利率(実質年率)】4.5%〜18.0%※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。【利用対象】満20歳〜70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)【遅延損害金(年率)】20.0%【返済方式】残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式【返済期間・返済回数】最長8年・最大96回(ただしカードローンは最長5年・1回~60回)※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数は借入れ及び返済計画に応じて変動します。【必要書類】運転免許証等、収入証明(契約額に応じて、新生フィナンシャルが必要とする場合)【担保・保証人】不要-貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。新生フィナンシャルが契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関(日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター)契約には所定の審査があります。2018年4月現在。商号・名称:(新生フィナンシャル株式会社)貸金業者の登録番号:(関東財務局長(9) 第01024号)
東証一部上場

当サイト「ナビナビキャッシング」は、エイチームフィナジーが運営するサービスです。

株式会社エイチームフィナジーは、株式会社エイチーム(東証一部上場)の グループ企業です。
証券コード:3662

© 2013 Ateam Finergy Inc.