土日でも即日融資を受けたいのであれば、消費者金融系のキャッシングやカードローンを検討しましょう

意外と知らない方も多いのですが、銀行系のキャッシングやカードローンは即日融資に対応していません。土日に申し込んだとしても、週明け以降にならなければお金を借りることはできないのです。

このページでは土日や祝日に即日融資を受けたい方に向けて、最短即日でお金を借りられるキャッシングや、即日融資を受けるための注意点について解説していきます。

土日でも即日融資に対応しているカードローン
サービス名 何時までに申し込むべき?

プロミス

20時までに申し込めば即日融資も可能
アイフル
アコム

武藤英次

ファイナンシャル プランニング技能士 二級・元銀行員

監修者 武藤英次の一言コメント!

コメント

銀行窓口は基本的に平日の日中しか営業していません。そのため土日祝日や夜間に融資を受けるのは難しそうな印象を持たれる方も多いのではないでしょうか。
実際に銀行カードローンでは、土日祝日&夜間に融資を受けることはできません。しかし消費者金融のカードローンであれば十分に融資を受けられる可能性があるのです。
ただし同じ消費者金融でも、会社によっては土日の融資の受けやすさに大きな違いがあります。こちらの記事を参考に、あなたにピッタリのサービスを見つけてみてください。

土日でも即日融資を受けたい方向けのキャッシング・カードローン

2018年以降は銀行系カードローン・キャッシングはすべて、即日融資ができなくなりました(後述)。

そのため土日ですぐにお金を借りたい方は、最短即日での融資に対応している大手消費者金融3社がおすすめです。

サービス名 土日祝日の審査回答時間 当日融資の条件
プロミス 9:00~21:00 審査回答時間内に審査を完了し、
インターネット、自動契約機などで契約する
アイフル 9:00~21:00 審査回答時間帯に審査を完了し、22:00までに無人契約ルームでローンカードを発行する
アコム 9:00~21:00 審査回答時間内に申し込み手続きを完了し、
22:00までに自動契約機(むじんくん)でローンカードを発行する
年中無休※年末年始期間は除く

※当日の審査の混雑具合や、審査内容によってはさらに時間が必要な場合もあるため、少しでも早い時間に申込開始するようにしましょう。

上記の3社を選んだ具体的な理由は次の3つ。それぞれ条件を満たしているサービスなので、土日祝日に即日融資を受けたい方でも利用しやすいでしょう。

  • 土日祝日でも融資を受けやすいかどうか
  • 融資を受けた後も使いやすいサービスかどうか
  • 利用者にとってメリットがあるかどうか

なお、土日に融資を受けるためには、それぞれの金融機関の審査回答時間内に審査を完了させる必要があります

申込み手続きや審査にかかる時間を考えると、遅くとも審査回答時間終了の1時間前には申込みをスタートさせましょう

プロミス(土日祝の審査回答時間 9:00~21:00)

プロミスをもっともおすすめする理由は、以下のとおりです。

  • スマホだけで手続きを完了できる「アプリローン」を利用できる
  • もちろんスマホなしでも利用できる
  • プロミスの「自動契約機」は約1,000ヶ所にあり、ローンカード発行に便利
  • 曜日を問わず24時間振り込み可能な金融機関が多数あり、振り込みキャッシングでも利用しやすい

このようにプロミスは土日祝日の対応力に優れており、多くの人に安心しておすすめできます。

当サイトのおすすめはコチラ!

プロミス

総合評価

  • 4.8点
実質年率 利用限度額 無利息期間
4.5%~17.8% 最大500万円 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
事前審査 最短15秒回答 最短30分※

おすすめポイント

  • 金利が17.8%で他の消費者金融より低め!
  • 初回借入れの翌日から30日間は利息0円!
  • 国内外20万ヶ所以上の施設で割引優待サービスを受けられる!

※スマートフォンからの申込で「少ない項目で最短15秒回答」を利用した場合。「少ない入力項目で最短15秒回答」の申込みは9:00~21:00まで。「少ない入力項目で最短15秒回答」での融資上限は50万円まで。審査回答までの時間は、状況により異なります。申込みの時間帯や、利用する銀行によって、振込みまでの時間が異なる場合あり。事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。

プロミスでの融資をご検討の方は「プロミスの即日融資は20時までに申込を!当日中に借入するための方法を解説」の記事もご参考ください。

アイフル(土日祝の審査回答時間 9:00~21:00)

アイフル

総合評価

  • 4.2点
実質年率 利用限度額 無利息期間
3.0%~18.0% 最大800万円 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短25分※ 最短25分※ -

おすすめポイント

  • 初めての方なら最大30日間無利息!
  • お悩みなら会話ロボット「ぽっぽくん」に24時間ご相談可能!
  • 「1秒診断」で融資可能か簡易チェック可能!

※WEB申込の場合


▼オススメ記事

アコム(土日祝の審査回答時間 9:00~21:00)

アコム

総合評価

  • 4.4点
実質年率 利用限度額 無利息期間
3.0%~18.0% 最大800万円 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短30分 最短1時間 -

おすすめポイント

  • 最短30分で審査回答!来店不要!
  • 24時間、土日も銀行振込可能!(金融機関・申込時間帯によっては利用できない場合あり。)
  • 自動契約機(むじんくん)が多く、即日融資にも対応しやすい!

【注意】銀行系カードローンは即日融資ができない

2018年以降は「暴力団関係者などへの融資を防ぐための仕組み」が導入され、現在では銀行カードローン・キャッシングでの即日融資はできません

銀行法では暴力団関係者などへの融資が禁止されているため、銀行はカードローンの申込みを受けた際には、必ず警視庁のデータベースを照会する義務があります。

しかし、警視庁データベースへの照会は平日稼働かつ最短翌営業日の回答となるため、即日の対応ができなくなってしまったのです

そのため、土日でも即日融資を受けたい場合は、ここまで紹介してきた消費者金融のカードローン・キャッシングから申込み先を検討しましょう

即日融資をご検討の方は、

の記事もご参考ください。

武藤英次

ファイナンシャル プランニング技能士 二級・元銀行員

監修者 武藤英次の一言コメント!

コメント

銀行カードローンは少し前(2017年頃以前)には、即日融資が可能なところもありました。さらには消費者金融に課せられている「総量規制」も対象外ということもあり、カードローンを積極的に拡大していました。
しかし前述の反社会的勢力への対策や、銀行カードローン自体の「貸しすぎ」が社会的問題となり、銀行カードローンは強力な「自主規制」が求められることになったのです。
一時期は銀行カードローンに圧倒されていた消費者金融も、ここ最近は即日融資のメリットを生かしつつ復活途上にあると言えます。

土日でもスムーズに即日融資を受けるための審査準備

土日に即日融資を受けるためには、審査に使われる「提出書類の準備」がとても重要です。
なぜならば、提出書類に不備があると、融資を受けられるタイミングが翌日になってしまうことがあるからです

次の表を見ながら、漏れのないよう準備しておきましょう。

本人確認書類 下記のいずれか1点
  • 運転免許証【おすすめ】
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 健康保険証※

※ 確認書類の顔写真がない場合や、書類に記載された住所が現住所と異なる場合には、住民票や公共料金の領収書などが併せて必要となるケースがあります。

収入証明書類 下記のいずれか1点
  • 給与明細書(直近2ヶ月分など)
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 市民税・県民税額通知書

※ 1社の借入が50万円超、もしくは他社との借入合計額が100万円を超える場合に原則必要

※個人番号、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。

提出できる本人確認書類にはいくつか種類がありますが、もっともおすすめの書類は「運転免許証」です
運転免許証は信用力が高く、審査に有利に働く可能性があることが理由です。

また、次の条件に該当する場合は本人確認書類以外にも提出が必要になるため、あわせて用意しておきましょう。

▼当日キャッシングについて詳しくはこちらの記事をチェック

本人確認書類の住所と現住所が違う場合は「補助確認書類」を提出

本人確認書類に記載されている住所と、実際に住んでいる住所が異なる場合には「補助確認書類」の提出が必要になります

※補助確認書類には、現住所が記載されている必要があります。

補助確認書類として認められる書類は申込み先によって若干異なりますが、以下表のような書類を求められることが一般的です。

補助確認書類の例

  • 住民票の写し
  • 公共料金の領収書(電気・水道・ガス)
  • 地方税などの領収書
  • 社会保険料の領収書
  • NHKの領収書

電気やガスなど、公共料金の領収書が比較的用意しやすいでしょう。

借入希望額によっては「収入証明書類」を提出

借入希望額が50万円を超える場合、もしくは他社で借り入れている金額と希望額の合計が100万円を超える場合には、「収入証明書類」の提出も求められます

収入証明書類として一般的に認められるものは次の通りですが、なかでも用意しやすいのは「2ヶ月分の給与明細書+賞与明細書」でしょう。

収入証明書類の例

  • 直近2ヶ月分の給与明細書+賞与明細書
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書(市民税・県民税の決定通知書)
  • 課税証明書

ただし給与明細書以外の書類は、借り入れ先によって認められる書類が微妙に異なります。

もし収入書類を求められる借入金額を希望する場合は、前もって公式ホームページから確認しておきましょう。

即日融資をご希望の方は「即日融資可能!中小消費者金融セントラルでの融資流れ」の記事もご参考ください。

土日に即日融資を受けるために知っておくべき4つの注意点

土日でも即日を受けるためには書類の準備が重要だとお伝えしましたが、それ以外にも注意しておくべきポイントが4つ存在します。

それぞれ簡単に解説していきましょう。

「申込可能」と「融資可能」の大きな違い

「申込可能」と「融資可能」がどう違うか示す女性社員

土日に即日でお金を借りたい方が知っておくべきことのひとつに、「申込可能」と「融資可能」の違いがあります。

申込可能と融資可能の違い
  • 申込可能…申込は受け付けているが、即日で融資ができるかは別途表記で要確認
  • 融資可能…即日融資ができるタイムリミットに間に合えば、即日での融資が可能

また、「24時間365日申込可能」という記載も同様で、申込みはいつでもできますが、融資はいつでも受けられるわけではありません。

当ページでご紹介しているサービスはすべて、「土日祝日に申込可能、かつ融資も最短当日中に受けられる商品」なので、安心して利用できます。

在籍確認(勤務先が土日祝日休みの場合)

在籍確認の日が会社休みで悩む男性

『在籍確認』とは申込み時に入力した勤務先に対して、キャッシング会社が電話連絡を入れることで勤務事実の確認をする手続きのことです。

土日祝日に即日融資を受けたい場合は、在籍確認も当日中に完了しなければなりません。そのため、勤務先が休業日の方は、翌営業日での融資になってしまう可能性があるのです

もし土日での在籍確認が心配な場合は、借入先によっては書類での在籍確認をできるケースもあるため、申込み後すぐに電話で相談してみましょう。

「在籍確認」は避けて通れない

カードローン会社は法律により返済能力の調査が義務付けられているため、「在籍確認なし」で即日融資を受けられることはありません。「ブラックOK!審査なし!絶対バレない!」など甘い情報を売り文句にして悪質な誘導を行うサイトもありますが、在籍確認は省略できませんので注意しましょう。

土日の即日融資に対応している中小消費者金融はほとんどない

実は土日の即日融資に対応している中小消費者金融は、ほとんど存在しません
中小消費者では銀行振込による融資が主流なので、銀行が営業していない土日では融資を受けられないのです。

そのため、記事の冒頭でお伝えしたように銀行系カードローンも即日融資に対応していないため、必然的に大手消費者金融から借り入れ先を検討することになります

ただし、「セントラル」は中小消費者金融ではめずらしく自動契約機があり、即日融資を受けられる可能性もあります

※平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

セントラルについては別記事で詳しく解説していますので、以下を参考になさってください。

中小消費者金融セントラルは柔軟な審査が強み!キャッシング前に確認したいことまとめ

土日に即日でお金を借りるための基本条件

土日に即日でお金を借りるためには、そもそも「お金を借りるための条件」を満たしていなければなりません。

お金を借りるための3つの条件
  • 満20歳以上であること
  • 安定した収入があること
  • 本人確認書類の提出ができること

未成年は奨学金などを除いて、原則お金を借りることはできません。

また、「安定した収入があること」に関しては、正社員やアルバイト、パート、派遣社員のように週3日以上働いていて、毎月ある程度の決まった収入があることを指します。
そのため、無職の方はもちろん、専業主婦の方もキャッシングの審査には通りません

本人確認書類は記事の前半で解説したとおり、運転免許証やマイナンバーカードなどを求められます。

上記3つの条件を満たしていない場合は、残念ながらお金を借りることはできなのです。

これで即日キャッシング可能!各サービスの申し込み手順

当日融資の申し込み方法を案内する女性社員

では、冒頭で触れた「当日中に融資を受けられるサービス一覧」の第1位である「プロミス」と、第2位である「アイフル」で、具体的に融資を受けるための申し込み手順をご紹介しましょう。

プロミスで申し込み(スマホOK)する場合

プロミスの振込キャッシング「瞬フリ」は、三井住友銀行やPayPay銀行をはじめとした、全国約200の金融機関で24時間365日土日・夜間でも振込みが可能となっています。

※金融機関によって振込実施時間が異なるため、ご利用の金融機関の振込実施時間をご確認ください。
※メンテナンス時間は除く
※振込時間拡大非対応の場合は、平日14:50までの手続きが必要のため、土日の振込は不可です

また振込可能時間も金融機関ごとに異なる場合があるので注意してください。

土日祝日にプロミスで即日キャッシングすることを考えている人は「プロミスに土日祝日でも最短即日融資してもらうための方法を徹底解説」の記事を参考にしてください。

アイフルで申し込み(スマホOK)する場合

申し込み完了後フリーダイヤルへ連絡することで、審査を優先してもらうことができます。お急ぎの場合は、連絡を忘れないようにしましょう。

土日祝日でもアイフルで即日融資を受ける方法はこちらに詳しく紹介しているのでご検討中の方は参考になさってください。

アコムで申込みする場合

アコムで土日に即日融資を受けたい場合は、インターネットで申込みを行い、自動契約機でローンカードを受け取る方法がおすすめです

ローンカードを受け取ったあとは、自動契約機に併設されたATMから原則24時間、現金を引き出すことが可能です。 ※設置場所によっては営業時間が異なる場合があります

また、審査の混雑具合や審査内容によっては、当日中の審査完了まで間に合わなくなってしまう可能性もあるため、なるべく早い時間帯に申込みをしましょう。

詳しい手順は「アコムで土日に即日借りる方法」のページで解説していますので、こちらも参考になさってください。

その他で借入をご検討の方は以下記事もご参考ください。
レイクALSAは土日祝日でも借りれる!審査を最短で済ませて即日融資を受ける方法
消費者金融アローで即日融資キャッシング!審査の流れ~借入まで解説

まとめ

土日祝日に即日融資を希望する場合、土日祝日の融資に強いカードローンを選択することが大切です。

こちらの記事をぜひ参考にしていただき、あなたにとって最適なカードローンを選択し、土日・祝日に即日でお金を借りられるように準備しましょう。

当サイトのおすすめはコチラ!

プロミス

総合評価

  • 4.8点
実質年率 利用限度額 無利息期間
4.5%~17.8% 最大500万円 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
事前審査 最短15秒回答 最短30分※

おすすめポイント

  • 金利が17.8%で他の消費者金融より低め!
  • 初回借入れの翌日から30日間は利息0円!
  • 国内外20万ヶ所以上の施設で割引優待サービスを受けられる!

※スマートフォンからの申込で「少ない項目で最短15秒回答」を利用した場合。「少ない入力項目で最短15秒回答」の申込みは9:00~21:00まで。「少ない入力項目で最短15秒回答」での融資上限は50万円まで。審査回答までの時間は、状況により異なります。申込みの時間帯や、利用する銀行によって、振込みまでの時間が異なる場合あり。事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。