ナビナビキャッシング

by Ateam Inc.

このページにはPRリンクが含まれています

  1. ナビナビキャッシング トップ
  2. dスマホローンでお金を借りる方法|審査は厳しい?在籍確認は電話?気になるポイントを解説

  • はい
  • いいえ

dスマホローンでお金を借りる方法|審査は厳しい?在籍確認は電話?気になるポイントを解説

dスマホローンでお金を借りる方法|審査は厳しい?在籍確認は電話?気になるポイントを解説
金子 賢司

この記事の執筆者

ファイナンシャルプランナー

金子 賢司さん

ホームページ・運用サイト

「dスマホローンを使ってお金を借りたいと思っているが、審査に通過できるかどうか心配だ」
初めてのカードローン利用で、審査の難しさや手続きの進め方について不安を覚えている方も多いでしょう。そして、急な出費でお金が必要になったときは、できる限りスムーズに借り入れを行いたいと思いますよね。

この記事では、dスマホローンの審査の特徴、審査に要する時間やその確認方法、また審査を円滑に通過するためのコツを詳細に解説します。

この記事を読めば、dスマホローンをはじめとするカードローンの審査がどのように行われ、どのような点が評価されるのかが理解できるでしょう。また、審査を通過するための実践的なアドバイスも解説しますので、不安を感じることなくdスマホローンでの借り入れを進めることができます。

dスマホローンの基本情報|金利や限度額・申込み条件をチェック

dスマホローン 基本情報

まずは、dスマホローンの基本情報を一緒に確認していきましょう。

審査時間 最短即日※
融資までの必要時間 最短即日※
金利(優遇あるなし) 年0.9%~17.9%※
限度額 最大300万円
対象年齢 満20歳以上満68歳以下
連帯保証人 不要
郵送物の有無 無し
在籍確認(電話) 実施の場合あり
専用アプリ
Web完結
土日祝日の審査 〇 ※年末年始を除く

※金利:ドコモ回線などの利用状況に応じて、最大年率3.0%の金利優遇が適用。優遇適用後金利は、0.9%~17.9%(実質年率)基準金利 3.9%~17.9%(実質年率)です。優遇金利適用条件はこちら
※審査時間:年末年始を除く。17時までの申込みに限ります。申込み状況等により、翌営業日以降の審査となる場合があります。
※融資時間:契約には所定の審査があります。システムメンテナンス時間は利用できません。振込実施のタイミングは利用する金融機関により異なります。
※参考:dスマホローン公式サイト「商品概要」
※2023年10月時点

dスマホローンスペックを見ると、dスマホローンの基準金利は年3.9%~17.9%であり、優遇適用後は年0.9%~17.9%となっています。また、最大300万円までの融資が可能で、審査時間は最短即日※完了します。

つまりdスマホローンは、優遇金利で返済の負担を軽減することができ、必要な資金を素早く調達できるというローンサービスと言えるでしょう。

dスマホローン

実質年率 利用限度額 無利息期間
年0.9%~17.9%※ 最大300万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
最短即日※ 最短即日※ -

おすすめポイント

  • ドコモユーザーなら最大年率3.0%金利優遇!※
  • d払い残高へは少額1,000円から借入できる!
  • スマホ完結のローンサービス!

※借入金利:ドコモ回線などの利用状況に応じて、最大年率3.0%の金利優遇が適用。優遇適用後金利は、0.9%~17.9%(実質年率)基準金利 3.9%~17.9%(実質年率)です。適用条件はdスマホローン公式サイトを確認してください。
※審査時間:年末年始を除く。最短即日審査は17:00までの申込みに限ります。申込み状況等により、翌営業日以降の審査となる場合があります。
※融資時間:契約には所定の審査があります。システムメンテナンス時間は利用できません。振込実施のタイミングは利用する金融機関により異なります。 

dスマホローンの特徴やメリットは何がある?

dメリット

では、dスマホローンの特徴やメリットは何があるのでしょうか。
dスマホローンの主な特徴やメリットとしては、次のような点が挙げられます。

  • ドコモサービスのユーザーは最大で年3.0%の金利優遇が受けられる
  • ドコモスコアリングという独自の信用スコアがある
  • 手続きが全てスマホで完結し、利便性が高い

また、dスマホローンは株式会社NTTドコモが提供するカードローンサービスで、関東財務局長から正式な登録を受けている信頼できるサービスです。

登録番号 関東財務局長(7)第01421号
貸金業者名 株式会社NTTドコモ

※引用元: 貸金業者登録一覧-金融庁

これらの特徴とメリットにより、dスマホローンは利便性、経済性、信頼性を兼ね備えた使い勝手のよいローンサービスと言えます。

ドコモサービスのユーザーは最大で年3.0%の金利優遇が受けられる

dスマホローンにおいて最大のメリットの一つは、dカード GOLDを保有しているユーザーに対し、その他条件も達成すると最大で年3.0%の金利優遇が受けられることです。金利優遇の内訳は以下の通りです。

ドコモの回線契約等 -1.0%
dカードの契約 dカード GOLD:-1.5%
dカード:-0.5%
d払い残高からの支払い
(判定基準日の前月)
-0.5%

金利優遇制度は、借り手が低い金利でローンを利用できるように設けられたもので、ローンを利用する際の経済的な負担を軽減することが可能となります。

では、金利が年3.0%低下すると、借入金額や返済期間によって利息がどれだけ変わるのかを理解するため、1年間の借入れでの利息を計算してみましょう。

5万円(借入金額) 10万円(借入金額) 30万円(借入金額) 50万円(借入金額)
実質年率0.9%の場合(優遇適用) 450円 900円 2,700円 4,500円
実質年率3.9%の場合(通常) 1,950円 3,900円 11,700円 19,500円

上記の表からわかるように、dカード GOLD(クレジット枠あり)を保有していると、借入金額によっては年間で数千円~数万円単位の金利負担が軽減されることが確認できます。

そのため、dスマホローンを考えている人は、金利優遇制度の適用条件を確認し、必要に応じてdカード GOLDの取得を検討するとよいでしょう。

ドコモスコアリングという「信用スコア」を

dスマホローンの特徴として、他の金融機関や保証会社の審査体制とは異なる方法として「ドコモスコアリング」と呼ばれる独自の信用スコアリングシステムを採用していることが挙げられます。

多くのカードローンサービスでは、信用リスクの評価や管理のために外部の保証会社に審査を依頼することが一般的です。これに対し、dスマホローンはNTTドコモの顧客データを基にしたドコモスコアリングを用いており、外部の保証会社の追加審査はありません。

以下の表は、各カードローンサービスが使用している保証会社を示しています。

カードローン名 保証会社 系列銀行
dスマホローン なし なし
アコム なし 三菱UFJ銀行
レイク(旧レイクALSA) 新生フィナンシャル株式会社 SBI新生銀行
プロミス なし 三井住友銀行
アイフル なし なし
SMBCモビット なし 三井住友銀行
三井住友銀行 カードローン SMBCファイナンスサービス株式会社 三井住友銀行
みずほ銀行カードローン 株式会社オリエントコーポレーション みずほ銀行
三菱UFJ銀行カードローン アコム株式会社 三菱UFJ銀行
楽天銀行スーパーローン 楽天カード株式会社または三井住友カード株式会社 楽天銀行

表から分かるように、dスマホローンは保証会社と系列銀行を持っていないという特徴があります。

ただし、このドコモスコアリングは「独自の審査=甘い審査」というわけではありません。ドコモスコアリングもまた、貸出先の信用リスクを評価するための一つの手法であり、利用者の返済能力や信用度を評価するための重要な審査基準となります。

dスマホローンの具体的な審査基準については公開されていませんが、信用情報や返済能力、利用状況などを基に総合的に判断されるでしょう。そのため、審査が必ずしも甘いとは限らず、他のカードローンと同じように必要な審査は適切に行われることに注意が必要です。

カードを受け取る必要なし!スマホ完結で利便性が高い

dスマホローンは、申込みから返済まで全てがスマホで完結するという特徴を持っています。このため、面倒な郵送手続きは一切不要な上、郵送物が送られてくることによる不安や心配などもありません。

一般的なローンサービスやカードローンでは、審査に通った後は郵送でカードを受け取る必要があります。しかし、dスマホローンでは、このカードを受け取る手続きが必要ないため申込みから利用開始までの手続きがスムーズに行えるのです。もちろん、カードを受け取ることによるプライバシーの懸念も心配もありません。

そのため、dスマホローンはカードを受け取る必要がなく、手続きがスマホで完結するという利便性が高いサービスと言えるでしょう。

dスマホローン

実質年率 利用限度額 無利息期間
年0.9%~17.9%※ 最大300万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
最短即日※ 最短即日※ -

おすすめポイント

  • ドコモユーザーなら最大年率3.0%金利優遇!※
  • d払い残高へは少額1,000円から借入できる!
  • スマホ完結のローンサービス!

※借入金利:ドコモ回線などの利用状況に応じて、最大年率3.0%の金利優遇が適用。優遇適用後金利は、0.9%~17.9%(実質年率)基準金利 3.9%~17.9%(実質年率)です。適用条件はdスマホローン公式サイトを確認してください。
※審査時間:年末年始を除く。最短即日審査は17:00までの申込みに限ります。申込み状況等により、翌営業日以降の審査となる場合があります。
※融資時間:契約には所定の審査があります。システムメンテナンス時間は利用できません。振込実施のタイミングは利用する金融機関により異なります。 

審査通過のポイント?ドコモスコアリングの仕組みを理解しておこう

ドコモスコアリング

では、上述の「dスマホローンの特徴やメリットは何がある?」の章でも登場したドコモスコアリングとは、具体的にどのような仕組みなのでしょうか。

ここでは、ドコモスコアリングについて詳しく深掘りしていきます。

ドコモスコアリングは5つの項目をメインに算出される

ドコモスコアリング

※引用:報道発表資料

ドコモスコアリングは、主に5つの項目を中心に信用スコアを算出します。ここでいう5つの項目とは「ドコモ回線の利用期間」「ドコモ回線の契約内容」「ドコモ携帯料金の支払い履歴」「金融サービスの利用状況」「コンテンツサービスの利用状況」です。これらの情報は、借り手の信用力や貸出リスクを評価する上で重要な情報となります。

たとえば、ドコモ回線の長期利用者であれば、安定した支払い能力があると見なされ、高い信用スコアを獲得する可能性があるでしょう。また、過去に携帯代等の支払い遅延などがなければさらに信頼度は増しますよね。

もちろん今回紹介した5つの項目が全てではなく、ほかの要素も評価に影響を及ぼす可能性がありますが、ドコモスコアリングはこれら5つの項目を中心に顧客の信用スコアを評価しています。

ドコモのヘビーユーザーであればあるほど金利が下がる可能性が高くなる!

ドコモスコアリングは具体的な評価比重は明らかにされていませんが、ドコモの各種サービスを多く利用し、かつ支払い遅延がないユーザーは、信用評価が高まり金利が低くなる可能性があります。

たとえば、長年ドコモの携帯料金をきちんと支払い続けているユーザーや、ドコモの各種サービス(d払い、dポイント、dマーケット等)を積極的に利用しているユーザーが対象となります。

審査基準として重視されているかどうかは明言されていない

ドコモスコアリングは、審査基準としてどれくらい重視されているかは明言されておりません。

しかしドコモのサービスを活用し、料金の支払いをちゃんと行うことでドコモスコアリングを上げることができ、審査が有利に進むことは事実です。そのため、ドコモスコアリングを高めておくに越したことはないと言えます。

dスマホローンの審査は厳しい?それとも甘い?

dスマホローン 審査

dスマホローンの審査が厳しいのか、甘いのかという質問には一概に答えることは難しいと言えるでしょう。審査は申込者の個々の状況や申請情報に基づいて行われ、その結果はケースバイケースであるためです。

しかし、どのカードローンでも審査で共通して重視される項目があります。それらを理解し、その基準を満たすことで審査の成功率を上げることが可能です。

カードローン全般に共通して言える項目としては、次のようになります。

  • 安定した収入:審査の際には、申込者が一定の安定した収入を得ているかどうかが重要なポイントとなります。これは、借入金を返済する能力があるかどうかを判断するための基準です。たとえば、正社員や公務員といった安定した職業に就いているほうが、アルバイトやパート、フリーランスといった職業の人よりも審査では有利とされます。
  • 他社からの借入金額とのバランス:金融機関は、他社からの借入金額と申込者の収入とのバランスをチェックします。これは、借入額が返済能力を超えていないかという確認もありますが、総量規制という法律により年収の3分の1以上を借り入れることが禁止されているためです。したがって、他社から多額の借入をしている場合は、新たな借入が認められない可能性があります。
  • 信用情報に支払い遅延(事故情報)がないか:金融機関は過去の返済履歴や信用情報をチェックします。これには、他のローンやクレジットカードの返済が遅れていないか、過去に破産などの事故がないかなどが含まれます。これらのネガティブな情報があると、審査に影響を及ぼす可能性があります。

以上の項目は、dスマホローンの審査に限らず、一般的なカードローンの審査でも重視されるポイントです。しかし、これらを全てクリアしていても、必ずしも審査が通過するとは限りません。

最終的な判断はdスマホローンの審査基準によるもので、これにはドコモスコアリングという独自の信用スコアが含まれています。このため、「審査が甘い」「審査が厳しい」と一概に言うことは難しく、個々の状況に応じた総合判断となることを理解しておきましょう。

dスマホローンの申込みから審査の流れ|スマホ完結で手間が掛からないのが嬉しいポイント!

dスマホローン 申込み

dスマホローンの申し込みから審査までの流れは、スマートフォンがあれば全て完結します。次の5ステップで完了する手軽さが、dスマホローンのメリットの一つです。

  • dアカウントを作成する
  • 申込みに必要な項目を入力する
  • 本人確認を行う
  • 審査
  • 審査結果がメール・アプリ・電話のいずれかで届く

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

事前確認で審査をスムーズに!dスマホローンの申込みに必要な書類・ものは何がある?

dスマホローンの申請には次のものが必要になります。

  • 必要書類
  1. 本人確認書類:運転免許証もしくは運転経歴証明書。これらを持っていない場合、日本国籍の方はパスポート※、マイナンバーカード。外国籍の方は在留カード、特別永住者証明書。
  2. 収入証明書類:借入金額が50万円以上の場合は収入を証明する書類が必要。対象者には、メールやアプリ通知にてご提出に関する案内が送られる。

※日本国パスポートのみ有効です。住所記入欄に住所を記載してください。2020年2月4日以降に申請されたパスポートには所持人記入欄が存在しないため利用できません。

  • 必要なもの(dアカウント)

dアカウントが必要。dスマホローンへのログイン、各種手続きを行うためのアカウントです。事前に作成しておくと良いでしょう。

dスマホローンの利用を考えている方は、事前に準備を整えておくことで、審査をスムーズに進めることができるでしょう。

dアカウントを作成する

dスマホローンの申込みには、dアカウントが必要になります。

dアカウントはNTTドコモの公式サイトから作成できるので、dスマホローンの申込みを考えている方は、事前に作成しておくと良いでしょう。

申込みに必要な項目を入力する

dスマホローンの申込みには、以下の情報が必要になります。

  • 基本情報(氏名、住所、生年月日、配偶者の有無、家賃・ローンの有無など)
  • 勤め先情報
  • 借入希望額
  • 目的
  • 他社借入件数
  • 他社借入合計金額

申込みに必要な項目を入力する際に絶対に忘れてはならないのが、入力する情報は全て正確で真実である必要があるということです。

虚偽の情報を申請すると、法的な問題につながる可能性があるだけでなく、信用情報にも悪影響を及ぼす可能性があります。そのため、申込みを行う際には、すべての情報が最新で正確であることを確認してから申請しましょう。

本人確認を行う

dスマホローンの申込みには本人確認が必要になります。本人確認書類としては次のものが使えるので、あらかじめ準備しておきましょう。

本人確認書類

  • 日本国籍の場合:運転免許証、運転経歴証明書(日本国内で交付されたもの)、パスポート※、マイナンバーカード
  • 外国籍の場合:在留カード、特別永住者証明書

※日本国パスポートのみ有効です。住所記入欄に住所を記載してください。2020年2月4日以降に申請されたパスポートには所持人記入欄が存在しないため利用できません。

また、借入金額が50万円以上の場合、収入証明書類の提出も必要となる点は注意が必要です。

※dスマホローンの借入希望額とdカードのキャッシングサービス(枠または、借入残高の高い方)の合計額が50万円以下、かつ他社借入額を含めた総合計が100万円以下の場合のみ不要。

本人確認書類が揃ったらdスマホローン側に提出する必要がありますよね。提出方法としては次の2つの方法があります。

  • dスマホローンアプリまたはWebで事前に撮影した画像をアップロードして提出する

申込みの際にアプリまたはWebから書類をアップロードする方法。

  • dスマホローンアプリで写真を撮影して提出する

書類をスマートフォンアプリで撮影し送信する方法。dスマホローンアプリをダウンロードする必要がある。

PCやスマホの操作が苦手な人は、「dスマホローンアプリで写真を撮影して提出する」方法がおすすめです。

審査

dスマホローンの審査の完了は最短即日※となっており、このスピーディな審査は評価ポイントと言えるでしょう。ただし、即日審査を希望する方は17時までに申し込む必要があり、それを超えると審査が翌営業日以降にずれ込む可能性がある点は注意が必要です。

審査中に必要になる可能性がある対応としては、在籍確認が挙げられます。dスマホローンの審査では、在籍確認のために申込者が申告した勤務先への電話確認が行われることがあるのです。そのため、申込みの際は正確な勤務先の情報を提供するようにしましょう。

審査時間は何日かかる?長いのか目安を紹介

具体的な日数を明確に示すことは難しいですが、通常の業務日かつ17時より前に申込みを行い、必要な情報を迅速に提供できれば、早ければ当日中に審査結果を得ることも可能です。

しかし、即日に結果が出るのは17時までの申込みが前提で、それ以降の申込みや特定の状況では翌営業日以降の審査となる可能性があるでしょう。

また、土日や大型連休などの申し込みが重なる時間や、17時以降に申し込みを行うことで審査が遅延する可能性があります。これにより審査完了まで数日から1週間以上かかる場合もあるでしょう。そのため、余裕を持った申込みを心がけることが大切です。

審査結果がメール・アプリ・電話のいずれかで届く

審査結果は登録時に入力したメールアドレスへのメール、またはdスマホローンアプリの通知に届きます。郵送や電話等で審査結果が届くことはありません。

しかし、お申込み後、確認事項等がある場合は電話が来る可能性があることを覚えておきましょう。

H4.審査が遅い・通知が来ない場合の対処法
dスマホローンの審査は基本的には迅速に対応されますが、稀に審査が遅い、あるいは通知が来ないといった事態が発生することもあります。

そういった場合には、dスマホローンのお問い合わせ窓口に直接連絡することが最も効率的でしょう。

お問い合わせ窓口では、具体的な事情や問題点について直接話すことができるため、適切な対応を受けることが可能です。そのため、何か問題が発生した場合には、すぐにお問い合わせすることをお勧めします。

dスマホローンセンター

  • お問い合わせ・お客さま相談ダイヤル(0120-818-360)
  • 受付時間:10:00~20:00(年中無休)

dスマホローンの審査通過後「お金を借りる方法」

審査通過後

dスマホローンの借入方法は、「d払い残高にお借入れ」と「ご登録の金融機関口座にお借入れ」の2種類です。

「d払い残高にお借入れ」を選べば、24時間365日いつでも必要な分だけ、最低1,000円から借入れが可能で、即時に借入れ金額がd払いの残高に追加されます。手数料は一切かからず、d払いで買物をすればdポイントがたまるのでお得な借入方法と言えるでしょう。

※d払い残高を利用する場合は、d払いアプリのダウンロード、d払い残高の利用登録および本人確認が必要です。(d払い残高種別が「現金バリュー」の場合のみ利用できます。)

また「ご登録の金融機関口座にお借入れ」も24時間365日いつでも、最低1,000円から借入れが可能です。こちらも手数料は無料で、最短10秒でご登録の口座に振り込まれます。

dスマホローンはどちらの借入方法も手数料が無料なので、自分のニーズに合った借入方法を選択できるでしょう。

d払い残高に借入をした場合は「セブン銀行ATM」から引き出しも可能

「d払い残高にお借入れ」を選択した後、やはり現金が必要になってしまったというケースもあるでしょう。

実はd払い残高に借入を選択した場合も、セブン銀行ATMからの引き出しができるのです。お近くのセブン銀行ATMで24時間365日いつでも、スマートフォンを使ってお金を引き出すことが可能なので、いつでも、どこでも、手軽に現金を手に入れることができます。

d払いで決済できる場面はd払いでポイントを貯め、現金が必要になった場合はセブン銀行ATMから引き出して使うことで、よりお得に利用できますね。

dスマホローンの返済方法は振込?自動引き落とし?

dスマホローンの返済方法は、登録された金融機関口座からの自動引き落としが基本です。

具体的には、毎月27日が返済日となっており、登録口座から自動的に返済金額が引き落としになります。ただし、27日が金融機関の休業日(土・日・祝日)にあたる場合は、次の営業日に引き落としされます。

また、dスマホローンでは、借り手の都合に合わせて追加返済も可能です。d払い残高からの支払いや指定口座への振込みにより行うことができ、必要に応じてより多くの金額を返済することもできます。

自動引き落としの注意点として、引き落とし日に口座残高が不足してしまうと遅延料等が発生する可能性があるため、引き落とし日に向けて適切な資金管理を行うようにしましょう。

毎月の返済額は「借入残高ごと」に決められている

dスマホローンの返済金額は「残高スライド元利定額リボルビング方式」という方式を採用しており、最終借入の直後の借入残高に応じて変動します。

例えば、借入残高が1円~1,000,000円の場合は以下のようになります。

借入残高 毎月の返済金額
1円~20,000円 1,000円
20,001円~50,000円 2,000円
50,001円~70,000円 3,000円
70,001円~100,000円 4,000円
100,001円~130,000円 5,000円
130,001円~150,000円 6,000円
150,001円~180,000円 7,000円
180,001円~210,000円 8,000円
210,001円~230,000円 9,000円
230,001円~260,000円 10,000円
260,001円~280,000円 11,000円
280,001円~300,000円 12,000円
300,001円~340,000円 9,000円
340,001円~380,000円 10,000円
380,001円~420,000円 11,000円
420,001円~450,000円 12,000円
450,001円~490,000円 13,000円
490,001円~530,000円 14,000円
530,001円~570,000円 15,000円
570,001円~610,000円 16,000円
610,001円~650,000円 17,000円
650,001円~680,000円 18,000円
680,001円~720,000円 19,000円
720,001円~760,000円 20,000円
760,001円~800,000円 21,000円
800,001円~840,000円 22,000円
840,001円~880,000円 23,000円
880,001円~910,000円 24,000円
910,001円~950,000円 25,000円
950,001円~990,000円 26,000円
990,001円~1,000,000円 27,000円

このように、dスマホローンでは「残高スライド元利定額リボルビング方式」に基づいて借入残高に応じた返済金額が設定されています。

「残高スライド元利定額リボルビング方式」の特徴は、返済が進んで借入残高が減少していくことで、毎月の返済額も同時に小さくなり、ユーザーの負担も軽減するという点です。これは、経済的な負担が減り、生活に余裕が生まれる可能性があるため大きなメリットと言えます。

しかし、この方式には注意が必要な一面もあります。具体的には、毎月の返済額が減少すると、それに伴って返済期間が延長し、結果として支払う利息の総額が増加する可能性あるのです。

要するに、この「残高スライド元利定額リボルビング方式」は、短期間での返済負担を軽減する一方で、長期的に見ると利息の総額が増加する可能性があるという点に注意しましょう。

元金からの返済はできないが「追加返済」をすれば減らすことが可能

dスマホローンでは、返済が始まるとまず利息から返済されます。これは一般的なローン返済の形式で、まず始めに借入金の利息部分を返済してから、元本(借入れた金額そのもの)に触れる形となります。

しかし、dスマホローンでは「追加返済」を利用することで、これを緩和することが可能です。追加返済とは、毎月の定期返済額に加えて、自由に返済金額を上乗せできる制度です。追加返済を行うことで元金を直接減らすことができ、結果として全体の借入期間を短縮し、長期的に見た場合の利息総額を抑えることができます。

このように、元金そのものから返済することは基本的にできないものの、追加返済を活用することで、より効率的な返済計画を立てられます。

一方で、追加返済はあくまで自由な選択であり、無理な返済計画を立てるよりは、自身の生活設計や収入状況を踏まえた上で、無理のない範囲で追加返済を考えるのがよいでしょう。

dスマホローンの審査に落ちてしまったら?代替案を紹介

もしdスマホローンの審査に落ちてしまった場合でも、さまざまな選択肢があります。代替案としては、以下の選択肢が考えられるでしょう。

  • 他の消費者金融(カードローン)
  • 中小消費者金融
  • 公的融資制度
  • 有担保ローン

ここでは、これらの選択肢について詳しく解説していきます。どの選択肢もそれぞれのメリット・デメリットがありますので、自身の状況に最も合った選択肢を選ぶことが大切です。

他の消費者金融(カードローン)を検討する

もしdスマホローンの審査に落ちてしまった場合でも、他の消費者金融やカードローンを検討することができます。

まずポイントとして、dスマホローンの審査に落ちたからといって、全ての金融機関から融資を受けられないわけではありません。各金融機関は自社の基準に基づき審査を行うため、dスマホローンで審査に落ちても、他の消費者金融やカードローンで審査に通る可能性があります。

しかし、ここでの注意点は、複数の金融機関に同時に申し込むことです。これは「一斉借入れ」や「散財」の疑いがあると見なされ、審査に通りにくくなる可能性があります。

この状況は金融業界では「申込みブラック」と呼ばれ、通常なら容易に審査をパスできるはずの個人でも、この状況にあると審査に落ちる可能性があるのです。

「申込みブラック」になる条件は、申込む金融機関やカードローンのタイプによって多少異なるものの、通常は「1カ月から3カ月の期間内に3社以上」の業者に申し込むことで発生するとされています。

そのため、審査に落ちると焦る気持ちも分かりますが、期間を空けて1社ずつ申し込むようにしましょう。

緊急度が高い場合は中小消費者金融からの借入も検討する

緊急度が高い場合は、中小消費者金融からの借入も検討するのも一つでしょう。中小消費者金融の特徴として、大手と比べて審査基準が若干緩い点が挙げられます。

これは、中小消費者金融が地域に根ざした業態をとっているため、借り手の個々の状況を対話を通じて詳細に理解し、柔軟な対応を行うことが可能だからです。

しかし、一方で中小消費者金融から借り入れをする際には、いくつかの注意点が存在します。まず、大手金融機関と比較して、中小消費者金融の金利は高い傾向にあります。そのため、返済計画をきちんと立て、返済力を上回る借り入れをしないように注意が必要です。

さらに、借り入れの記録は信用情報機関に記録され、これが将来的に大手金融機関での借り入れに影響を及ぼす可能性もあります。この点も念頭に置いて、借り入れの判断を行うことが重要と言えます。

公的融資制度が活用できないか考えてみる

公的融資制度の活用を検討することも一つの選択肢でしょう。これは、国や地方自治体が行っている融資サービスで、特定の条件を満たす者や特定の事業を展開する方を対象としています。

具体的な制度の例としては、以下のようなものが存在します。

公的融資制度一覧 対象者
生活福祉資金貸付制度 低所得世帯や高齢者世帯、障がい者世帯のための制度
求職者支援資金融資制度 仕事を失った人や新たな仕事を探している人のための制度
母子父子寡婦福祉資金貸付 未成年の子供を扶養していて、配偶者がいない人のための制度
年金担保貸付 年金だけでは生活が難しい人のための制度
緊急小口資金貸付 生活費が急に必要になった人のための制度
教育一般貸付 子供の入学金や留学費用などを支払う必要がある保護者のための制度
看護師等修学資金 看護師などの養成学校に通い、学費を必要としている学生のための制度

公的融資制度のメリットとしては、民間の金融機関に比べて低い金利で借りられることが挙げられます。さらに、一部の制度では、返済期間を長く設定することや返済の猶予期間を設けるなど、返済に関する条件が柔軟になっている点もポイントです。

一方で、注意が必要な点として、公的融資制度は個々に特定の借り入れ目的が設定されていることが多く、目的外の利用ができないことがあります。また、公的融資でも審査は必要で、一定の基準を満たすことが求められます。

公的融資制度は、見かけ上は利用しづらいと感じるかもしれませんが、審査をクリアすれば有利な条件で借り入れが可能です。そのため、自身の状況を見つめ直し、対象となる制度が存在するか確認し、利用を検討することをおすすめします。

有担保ローンなら返済能力を問われないため利用しやすい

有担保ローンは、不動産や車など価値を持つ資産(担保)を提供し、それによって融資を受ける形式のローンのことです。

代表的な例としては、住宅ローンや自動車ローンなどがあります。これらは希望する住宅や自動車などを担保に、資金を借りることが可能です。

有担保ローンのメリットとしては、担保がないローンと比べて金利が低めに設定されていることや、大額の資金を借りることができることが挙げられます。さらに、担保が存在するため、信用情報に問題がある人でも比較的容易に融資を受けることが可能です。

しかし、注意が必要な点として担保となる資産を失う可能性があることが挙げられます。もし返済が滞った場合、金融機関は提供された担保を取り立てる権利を持っているため、担保付きローンを利用する際は、しっかりと返済計画を立ててから利用することが大切です。

まとめ

今回は、dスマホローンについて詳しく解説してきました。dスマホローンは、24時間365日いつでもスマホから簡単に借入申込みが可能で、最短即日※で審査が完了します。さらに借入金額は1,000円単位から可能で、借入れ手数料は無料というメリットがあります。

※17時までの申込みに限ります。申込み状況等により、翌営業日以降の審査となる場合があります。

また、d払い残高にお借入れが可能なため、d払いを使うことでdポイントが貯まってお得に使えるのも大きな特長の一つです。しかし、審査に必要な情報が分からず、申込みにてこずったり、不備があったりすることで審査が遅れたり、最悪の場合は審査に落ちてしまう可能性もあります。

今回紹介した必要な書類の準備を事前に行い、申込情報をしっかりと確認してから申込みするとよいでしょう。

dスマホローン

実質年率 利用限度額 無利息期間
年0.9%~17.9%※ 最大300万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
最短即日※ 最短即日※ -

おすすめポイント

  • ドコモユーザーなら最大年率3.0%金利優遇!※
  • d払い残高へは少額1,000円から借入できる!
  • スマホ完結のローンサービス!

※借入金利:ドコモ回線などの利用状況に応じて、最大年率3.0%の金利優遇が適用。優遇適用後金利は、0.9%~17.9%(実質年率)基準金利 3.9%~17.9%(実質年率)です。適用条件はdスマホローン公式サイトを確認してください。
※審査時間:年末年始を除く。最短即日審査は17:00までの申込みに限ります。申込み状況等により、翌営業日以降の審査となる場合があります。
※融資時間:契約には所定の審査があります。システムメンテナンス時間は利用できません。振込実施のタイミングは利用する金融機関により異なります。 

種類・特徴でキャッシング・カードローンを探す

キャッシングするときの目的は人それぞれ。即日キャッシングしたい人や個人事業主向けのローンなど目的がはっきりしている方はこちらからキャッシング・カードローンを選んでみましょう!

  • 基本情報

※当サイトでは掲載各社(アコム株式会社等)のアフィリエイトプログラムで収益を得ております。
【三井住友銀行 カードローンについて】
※毎月の返済は、返済時点での借入残高によって約定返済金額が設定されます。
【みずほ銀行カードローンについて】
※みずほ銀行住宅ローンのご利用で、みずほ銀行カードローンの金利が年0.5%引き下がります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
【レイクの貸付条件について】
※【レイクの貸付条件】融資額など借入れに関する諸条件です。 満20歳以上70歳以下の人で安定した収入のある人(パート・アルバイトで収入のある人も可)は、利用できます。 ※取引期間中に満71歳になった時点で、新たな融資は停止されます。 【融資額】1万円~500万円【貸付利率(実質年率)】4.5%~18.0%※貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。 【利用対象】満20歳~70歳(国内居住の人、日本の永住権を取得されている人)【遅延損害金(年率)】20.0%【返済方式】残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式【返済期間・返済回数】最長5年・最大60回 ※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数は借入れ及び返済計画に応じて変動します。 【必要書類】運転免許証等、収入証明(契約額に応じて、新生フィナンシャルが必要とする場合)【担保・保証人】不要-貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。 新生フィナンシャルが契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関(日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター)契約には所定の審査があります。 2023年1月現在。 商号・名称:(新生フィナンシャル株式会社)貸金業者の登録番号:関東財務局長⑽ 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号 ※最短即日融資は21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。 初めて利用の人への当日融資は、8~22時(毎月第3日曜日は8~19時)となっております。 融資時間は、一部店舗によって異なります。 年末年始を除きます。 一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。 Web以外の無人店舗や電話で申込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。 60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。 30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。 無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。 無利息期間経過後は通常金利適用。 貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。
【アイフルの貸付条件について】
※【商号】アイフル株式会社 【登録番号】近畿財務局長(14)第00218号 【貸付利率】3.0%~18.0%(実質年率) 【遅延損害金】20.0%(実質年率) 【契約限度額または貸付金額】800万円以内(要審査) 【返済方式】借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式 【返済期間・回数】借入直後最長14年6ヶ月(1~151回) 【担保・連帯保証人】不要
東証プライム市場上場

「ナビナビキャッシング」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。

株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

「ナビナビキャッシング」では各種法律を遵守した広告掲載を行うために、
社内において各種法律遵守のためのコンテンツ制作ポリシーを整備しています。

また、コンテンツ制作に携わる編集部では景表法・特定商取引法に関する認定資格「KTAA」シルバー団体認証マークを取得しています。

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.