1. ナビナビキャッシング トップ
  2. SMBCモビット
  3. SMBCモビットの一括返済方法とは?端数分までしっかり完済するためのやり方を解説

  • はい
  • いいえ

SMBCモビットの一括返済方法とは?端数分までしっかり完済するためのやり方を解説

SMBCモビットの一括返済方法とは?端数分までしっかり完済するためのやり方を解説

ボーナスが入ったときや、借入残高があと少しになってくると、一括返済しようかなと思う人がいるかと思います。

SMBCモビットに限ったことではないですが、一括返済のメリットとして「総返済額を抑える」という点があります。

それだけでなく、今後教育ローンや住宅ローン、マイカーローンといった審査に通りやすくなるメリットがあります。

なぜなら、完済したという事実があれば、ローン会社から「返済能力がある」といったように印象が良くなるからです。

このようなメリットがある一括返済を行う際には、借入残高を0円にする必要があります。
1円でも残っていると「完済した」という扱いになりません。

とはいえ、難しい手続きではありませんので、この記事を参考に、SMBCモビットで完済するための方法や流れをしっかりと確認してから手続きしましょう。

SMBCモビットで一括返済すると○円の節約になる

SMBCモビットで一括返済すると○円の節約になるSMBCモビットで一括返済すると○円の節約になる
SMBCモビットで30万円を借入すると、毎月最低でも11,000円を返済していく必要があります。

借りた30万円を半年後に一括返済すると72,740円も節約することができます。

返済回数 総返済額
毎月11,000円
返済した場合
36回 388,683円
半年後に
一括返済した場合
6回 315,943円
1年後に
一括返済した場合
12回 330,044円

※30万円を金利18.0%で借入している場合

1年後であっても58,639円の節約ができます。

当然、一括返済するのが早いほど節約額は大きくなるため、できるだけ早い時期に一括返済できるのが理想です。

SMBCモビットで一括返済するときの大まかな流れ

SMBCモビットで一括返済するときの大まかな流れ

SMBCモビットで一括返済するときの大まかな流れ

  1. ①一括返済する日を決める
  2. ②返済金額を確認する
  3. ③一括返済の手続きをする

SMBCモビットで一括返済するときの流れは上記のとおりです。

各手順の詳細については次章よりお伝えしていきます。

一括返済する日を決める

はじめに一括返済をする日を決めなくてはいけません。

SMBCモビットの利息は「日割り」でつくため、毎日利息が加算されていきます。

一日ずれただけでも、一括返済するための金額が変わってくるため、いつ返済するのか決めておいてください。

返済金額を確認する

一括返済する日になったら返済金額(借入残高)を確認しましょう。

返済金額を確認する方法は次のとおりです。

返済額の確認手順

  1. 会員専用サービス「Myモビ」にログイン
  2. 「契約内容照会」で借入残高を確認

会員専用サービス「Myモビ」にログインして、「契約内容照会」からすぐに確認できます。

基本24時間365日確認可能ですので時間や曜日も選びません。

パソコンだけでなく、スマートフォンやダブレット端末でも確認できます。

一括返済の手続きをする

当日の返済金額を確認したら、次のいずれかの方法で一括返済の手続きをします。

SMBCモビットの一括返済方法

  • インターネット返済
  • 銀行振込
  • 提携ATM

おすすめの一括返済方法は「インターネット返済」です。

インターネット返済なら、24時間365日手数料無料であり、WEB上の手続だけですぐ返済できるからです。

各返済方法の流れや注意点は、次章から解説していますのでそちらでご確認ください。

SMBCモビット

WEB完結だからスピーディー!

総合評価

  • 3.7点
実質年率 利用限度額 無利息期間
3.0%~18.0% 最大800万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
10秒簡易審査 最短即日※ -

おすすめポイント

  • WEB完結申込!!
  • WEB完結なら電話連絡・郵送物なし!!
  • 来店不要で契約ができる!

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットで一括返済するときの注意点

SMBCモビットで一括返済するときの注意点

SMBCモビットで一括返済するときは次の2つに注意しておきましょう。

SMBCモビットの一括返済するときの注意点
  • 端数分もしっかりと返済する
  • 手数料がかからない返済方法を選ぶ

上記の2つを注意しておかないと、きちんと完済できなかったり、余計なお金が発生したりすることがあります。

このため、次章の解説にしっかり目を通しておいてください。

端数分もしっかりと返済する

一括返済するときは「端数分」までしっかりと返済したいです。

例えば、返済金額が10万5,320円であれば、320円まで返済するのです。

そうしないと「完済」したことになりません。

1,000円未満の端数が残っていても「無利息算高」であるため、利息はつきませんし、返済をする必要もありません。

しかし、完済ではないため、解約ができないというデメリットがあります

解約したくなった場合、もう一度返済手続をしなくてはいけなくなるため二度手間になってしまいます。

▼カードローンの解約について知りたい方はこちらの記事をチェック

このため、次のいずれかの方法で端数に対処しましょう。

  • 端数分まで返済できる返済方法を選ぶ
  • 多めに返済する

インターネット返済や銀行振込、一部の提携ATMなら1円単位で返済できるため、端数に対処できます。

硬貨に対応していない提携ATMで一括返済するときは、多めに返済するという方法があります。

例えば、一括返済する金額が7万4,689円であれば、7万5,000円を入金するのです。

多めに返済した311円は後日返金してもらえるので安心してください。(詳しくは「多めに返済したときはどうすればいい?」で解説しています)

手数料がかからない返済方法を選ぶ

手数料がかからない返済方法を選ぶことも大事です。

提携ATM・銀行振込で返済すると手数料を取られてしまいます。

提携ATMは
1万円以下:110円
1万円超:220円

の利用手数料、銀行振込は金融機関によって決められた振込手数料を支払わないといけません。

手数料がかかるということは、その分だけ返済金額が増えることと同じです。

損してしまうため、手数料無料の「インターネット返済」を選ぶのがおすすめです。

SMBCモビット

WEB完結だからスピーディー!

総合評価

  • 3.7点
実質年率 利用限度額 無利息期間
3.0%~18.0% 最大800万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
10秒簡易審査 最短即日※ -

おすすめポイント

  • WEB完結申込!!
  • WEB完結なら電話連絡・郵送物なし!!
  • 来店不要で契約ができる!

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットの一括返済方法まとめ

SMBCモビットの一括返済方法まとめ

受付時間 手数料 端数分への対応
インターネット返済 原則24時間 無料
(月に10回まで)
銀行振込 平日15時まで 金融機関による
提携ATM 原則24時間 1万円以下:110円
1万円超:220円
×

SMBCモビットで一括返済できる方法は上記の3つです。

この章では各返済方法の流れや注意点、どんな人向けなのかを解説していますので、あなたに合った返済方法を見つけるための指標にしてください。

【インターネット返済】SMBCモビットの一括返済の流れや注意点

インターネットで一括返済するときの流れ

  1. ①会員専用サービス「Myモビ」にログイン
  2. ②「インターネット返済」を選択
  3. ③金融機関の選択や返済額の決定などの手続をする
受付時間 原則24時間
手数料 無料(月に10回まで)
端数分への対応

インターネット返済は万人におすすめできる返済方法です。

原則24時間返済がすぐ反映され、手数料も月に10回まで無料です。

インターネットの会員専用サービス「Myモビ」にログインして手続きするだけで良いため、すべての手続が自宅で完結できます。

注意点は、インターネットバンキングに対応した銀行口座でないと利用できない点です。

とはいえ、全国約400の金融機関で利用できますので多くの人は問題ないでしょう。

【銀行振込】SMBCモビットの一括返済の流れや注意点

銀行振込で一括返済するときの流れ

  1. ①「Myモビ」にログインし「利用状況照会」から振込口座を確認
  2. ②銀行からSMBCモビット指定の口座を選択
  3. ③返済額を振込
受付時間 平日15時まで
手数料 金融機関によって異なる
端数分への対応

銀行振込はおすすめできる返済方法ではありませんが、「利用中の口座がインターネット返済に対応していないけど、端数まできちんと返済したい!」というときなら、検討してみても良いかと思います。

銀行振込する場合は、「Myモビ」で振込口座を確認してください。

振込先は「利用者ごとに設定された個別の返済専用の口座」となるからです。

振込が当日中に反映されるのは平日15時までという点と、振込手数料を自己負担しなくてはいけない点にも注意です。

【提携ATM】SMBCモビットの一括返済の流れや注意点

提携ATMで一括返済するときの流れ

  1. ①ATMにモビットカードを挿入
  2. ②入金手続をする
受付時間 原則24時間
手数料 1万円以下:110円
1万円超:220円
端数分への対応 ×

提携ATMは、

「インターネット返済が利用できない。今日中に返済したいけど土日祝日で銀行が休み・・・」

というようなときに利用するのが良いかと思います。

提携ATMなら原則24時間できるケースが多いため、土日祝日でもすぐに返済が可能です。

利用時の注意点は次の3つです。

3つの注意点
  • 利用明細や領収書が後日郵送されるATMがある
  • 利用手数料がかかる
  • 端数に対応できないATMが多い

とくに気をつけたいのが、「利用明細や領収書が後日郵送されるATMがある」という点です。

ATMで借入や返済をすると利用明細が発行されるのが基本ですが、ATMによっては発行ができないことがあります。

例えば、ゆうちょ銀行ATMです。

そうしたATMを利用すると後日、自宅に利用明細や領収書が郵送されます。

利用明細や領収書が後日郵送されるATMはSMBCモビット公式サイトで確認できますので、チェックしておきましょう。

セブン銀行ATMならスマホATMでも返済できる!一括返済の流れや注意点

セブン銀行ATMでは「スマホATM」も利用できると知っておきましょう。

スマホATMとはスマートフォンのアプリを利用して、ATMから入出金ができるサービスです。

スマホATMなら、スマートフォンだけで返済できますので「カードレスで契約したのでモビットカードがない」という人でもATMから返済できます。

そんなスマホATMの一括返済の流れと利用条件は次のとおりです。

セブン銀行のスマホATMで一括返済するときの流れ

  1. ①SMBCモビット公式スマホアプリの「スマホATM取引」をタップ
  2. ②「ご入金」をタップ
  3. ③「ご入金金額」を確認し、「次へ」をタップ
  4. ④スマホに「QRコード読取画面が」が表示されたのを確認
  5. ⑤セブン銀行ATMの「スマートフォン・出金・入金」を選ぶ
  6. ⑥セブン銀行ATMに表示された「QRコード」をスマホで読み取る
  7. ⑦アプリに「企業番号」が非常されるので、セブン銀行ATMに入力する
  8. ⑧セブン銀行ATMの指示に従って返済手続をする
受付時間 原則24時間
手数料 1万円以110円
1万円超220円
端数分
対応
×

SMBCモビット公式アプリをダウンロードしたスマートフォンと、セブン銀行ATMの画面の指示に従っていくだけで良いため、迷うことなく手続していけるかと思います。

ただし、利用手数料がかかる点と、端数分には対応できない点には注意しておきましょう。

銀行のATMは端数に対応できるケースもある

提携ATMの多くは硬貨が利用できないため端数に対応できませんが、銀行のATMであれば硬貨が利用できるケースもあります。

例えば、次の3つのATMは硬貨が使用できます。

  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行

このため、お近くに上記のATMがあるのであれば、そちらを利用すれれば端数まできちんと返済できます。

ただし、設置場所によっては硬貨に対応していないケースもあるので注意です。

三井住友銀行とみずほ銀行の場合ですと、硬貨が利用できるのは「窓口に併設されたATM」に限られ、さらに平日のみとなります。

そうしたことから、各金融機関の公式サイト等で硬貨が利用できるATMの場所や時間を確認しておきましょう。

SMBCモビットで一括返済したら完済証明書をもらう

SMBCモビットで一括返済したら完済証明書をもらう

SMBCモビットで一括返済したあとは、「完済証明書」をもらっておくのがおすすめです。

完済証明書とは、「借入金額を全額返済した」という証明書になります。

完済証明書をもらうメリットは、教育ローンや住宅ローン、マイカーローンなどの高額ローンを組むときに提出すれば、審査に有利となることです。

また、高額ローンの審査では完済証明書の提出が必須になるケースもあります。

そのため、事前に準備しておけばわざわざ後から用意しなくても良くなります。

教育ローンや住宅ローン、マイカーローンなどの高額ローンを組む予定があるなら、ぜひもらっておきましょう。

完済証明は以下のように、「Myモビ」から簡単に発行できますので手間もかかりません。

SMBCモビットで完済証明書をもらうときの流れ

  1. ①会員専用サービス「Myモビ」ログイン
  2. ②「残高証明書を発行する」を選択
  3. ③「残高証明書作成」より発行

上記のようにインターネット上での発行になるため、すぐに発行が可能です。

手数料なども発生しません。

発行後はプリンターで印刷して、保管しておけばOKです。

SMBCモビットの一括返済に関するよくある質問

SMBCモビットの一括返済に関するよくある質問

この章では、SMBCモビットの一括返済に関してよくある質問をまとめています。

SMBCモビットの一括返済に関する疑問や不安が解決できる可能性がありますので、参考にしてもらえれば幸いです。

多めに返済したときはどうすればいい?

多めに返済したときは「Myモビ」の「Myモビメッセージ」をご確認ください。

返金方法などが書かれていますので、その案内に従って返金してもらいましょう。

完済したら解約したほうがいい?

教育ローンや住宅ローン、マイカーローンなどの高額ローンを組む予定があるなら、解約がおすすめです。

高額ローンの審査はとても厳しいため、SMBCモビットのようなカードローンと契約していると、将来借入をして返済できなくなることを警戒され、審査に不利となることがあるからです。

このため、もう利用しないのであれば解約しておいたほうが良いです。

なお、「完済=解約」ではないため、解約には別途手続が必要になります。

モビットコールセンター(0120-24-7217)に電話して解約手続をしましょう。

すでに一括返済したけど端数が残っている場合は?

残っている端数分に関しては以下のいずれかの方法で返済してください。

  • インターネット返済
  • 銀行振込
  • 硬貨が使用できる提携ATM

インターネット返済がもっとも手軽かつ、手数料無料なので一番おすすめです。

まとめ

SMBCモビットで一括返済する際は「端数分」まできちんと返済するようにしましょう。

端数分が残っていると完済したことにはならないからです。

このため、次のいずれかの方法で端数分に対処するようにしてください。

  • インターネット返済
  • 銀行振込
  • 硬貨が利用できる提携ATM
  • 提携ATMで多めに入金する

もっともおすすめなのは「インターネット返済」です。

インターネット返済なら、ネット上から手数料無料で24時間365日すぐに返済でき、1円単位で返済できるからです。

その他、次の点を確認しておくことも重要です。

  • 一括返済する前には返済日を決めておき、その日になったら当日の返済額(借入残高)を確認する
  • 手数料がかからない返済方法を選ぶ
  • 一括返済したあとは、「完済証明書」を発行する
  • 一括返済=解約ではないので、解約したい場合はモビットコールセンターに電話する

こうした部分を抑えておけば、SMBCモビットの一括返済をスムーズにこなすことが可能です。

SMBCモビットの借入をきれいに一括返済してカードローンを完済しましょう。

SMBCモビット

WEB完結だからスピーディー!

総合評価

  • 3.7点
実質年率 利用限度額 無利息期間
3.0%~18.0% 最大800万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
10秒簡易審査 最短即日※ -

おすすめポイント

  • WEB完結申込!!
  • WEB完結なら電話連絡・郵送物なし!!
  • 来店不要で契約ができる!

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。


関連記事

種類・特徴でキャッシング・カードローンを探す

キャッシングするときの目的は人それぞれ。即日キャッシングしたい人や個人事業主向けのローンなど目的がはっきりしている方はこちらからキャッシング・カードローンを選んでみましょう!

  • 基本情報

株式会社エイチームフィナジーは「世の中からお金の不安を解消し、より人生が豊かになる社会を実現する」を目的として、保険代理店業務を筆頭に、金融商品を対象としたメディア運営を行っております。
保険代理店業務では、各種法律・保険業法・原則等に基づきながら、常にお客さま本位で考え、誠実かつ真摯に向き合うべく、「保険募集業における勧誘方針、及び業務運営方針(FD宣言)」を定めており、当方針に基づいた保険サービスの提供メディアは、「ナビナビ保険」となります。【生命保険協会登録番号:10EJTAF000977】
その他の金融商品を対象としたメディア運営では、専門知識がないと理解が難しい金融商品に対し、簡潔にわかりやすい情報・知識の提供、及び商品の比較を行い、有益なサービス提供を心掛けております。

【三井住友銀行 カードローンについて】
※毎月の返済は、返済時点での借入残高によって約定返済金額が設定されます。
【みずほ銀行カードローンについて】
※みずほ銀行住宅ローンのご利用で、みずほ銀行カードローンの金利が年0.5%引き下がります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
【レイクALSAの貸付条件について】
※1.【レイクALSAの貸付条件】融資額など借入れに関する諸条件です。満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)は、利用いただけます。※お取引期間中に満71歳になられた時点で、新たなご融資を停止させていただきます。【融資額】1万円〜500万円【貸付利率(実質年率)】4.5%〜18.0%※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。【利用対象】満20歳〜70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)【遅延損害金(年率)】20.0%【返済方式】残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式【返済期間・返済回数】最長5年・最大60回 ※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数は借入れ及び返済計画に応じて変動します。【必要書類】運転免許証等、収入証明(契約額に応じて、新生フィナンシャルが必要とする場合)【担保・保証人】不要-貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。新生フィナンシャルが契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関(日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター)契約には所定の審査があります。2018年4月現在。商号・名称:(新生フィナンシャル株式会社)貸金業者の登録番号:(関東財務局長(10) 第01024号)
東証一部上場

当サイト「ナビナビキャッシング」は、エイチームフィナジーが運営するサービスです。

株式会社エイチームフィナジーは、株式会社エイチーム(東証一部上場)の グループ企業です。
証券コード:3662

© 2013 Ateam Finergy Inc.