ナビナビキャッシング

by Ateam Inc.

このページにはPRリンクが含まれています

  1. ナビナビキャッシング トップ
  2. SMBCモビット
  3. SMBCモビットの返済日はいつ?間に合わない・延滞しそうなときの対処法も紹介

  • はい
  • いいえ

SMBCモビットの返済日はいつ?間に合わない・延滞しそうなときの対処法も紹介

SMBCモビットの返済日はいつ?間に合わない・延滞しそうなときの対処法も紹介

カードローンを利用すると、必ず毎月の返済日までに返済する必要があります。
これはSMBCモビットでも同様です。

SMBCモビットの返済日は「5日・15日・25日・末日」から選べます。
いわゆる「五十日(ごとおび)」に設定されているため、給料日に合わせやすく、返済日を忘れにくくなっています。

しかし、これから初めての返済日を迎える人にとっては
「どのタイミングに返済すればいいのかわからない…」という人もいるでしょう。

返済方法によっては、返済日よりも早く返済すると「追加返済」と見なされてしまい、返済日当日にまた返済しなければなりません。

そのことを知らずに、「今月はもう返済したから返済日当日には何もしなくていい」と思っていると延滞になってしまいます。

カードローンを延滞すると信用情報にキズがついたりカードローンを利用できなくなるだけでなく、一括返済を求められたりすることも…。

そんなことは何としてでも避けたいですよね。

さきほど挙げたのはあくまで一例ですが、SMBCモビットの返済日に確実に返済するためにも、返済日までにSMBCモビットの返済日の特徴や注意点について確認しておきましょう。

SMBCモビットの返済日は「5日・15日・25日・末日」から選べる

SMBCモビットの返済日をカレンダーをもって説明する女性行員

SMBCモビットの返済日は「5日・15日・25日・末日」から選べます。

この返済日は「口座振替型」・「ATM返済型」どちらの返済方法でも同じになります。

もし、SMBCモビットの返済日が不便だと感じるのであれば、「アイフル」がおすすめです。

アイフルでは「指定した日」することができますので、SMBCモビットよりも返済日の自由度が高いです。

また、「35日ごと」も選べますので、返済してから次の返済日を長くできるというメリットもあります。

アイフルの返済日については「アイフルの返済日は変更できる!毎月の返済額や過ぎたときの対処法」をご参考ください。

SMBCモビットの初回返済日の決まり方

SMBCモビットの初回返済日が決まるタイミングを男性消費者にレクチャーするFP

SMBCモビットの初回返済日の決まり方は、初回借入のタイミングによってことなるので確認しておきましょう。

返済日を5日にした場合

SMBCモビットの返済日を5日にした場合

返済日を5日にした場合は次のとおりになります。

  • 1日~19日に借入:借入日の翌月の5日に返済
  • 20日~末日に借入:借入日の翌々月の5日に返済

返済日を15日にした場合

SMBCモビットの返済日を15日にした場合

返済日を15日に指定した際は、「借入日の翌月の15日」が初回返済日です。

返済日を25日にした場合

SMBCモビットの返済日を25日にした場合

返済日に25日を選んだ場合は次のようになります。

  • 1日~9日に借入:借入日の同月の25日に返済
  • 10日~末日に借入:借入日の翌月の25日に返済

返済日を末日にした場合

SMBCモビットの返済日を末日にした場合

毎月末日を返済日に指定した際は以下のとおりです。

  • 11日~14日に借入:借入日の同月の末日に返済
  • 14日~末日に借入:借入日の翌月の末日に返済

SMBCモビット

WEB完結なら原則、電話連絡・郵送物なし!!

総合評価

  • 3.5点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年3.0%~18.0% 最大800万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
10秒簡易審査 最短即日※ -

おすすめポイント

  • 10秒で簡易審査結果がわかる!
  • 本審査の結果が出るまで最短30分!※
  • 最短即日融資が可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットの返済日・返済額の確認方法

SMBCモビットの返済日や返済額の確認方法を男性消費者に紹介する女性行員

「返済日や返済額をうっかり忘れて延滞扱いになった・・・」という事態を防ぐため、SMBCモビットの返済日と返済額を確認する方法を知っておきましょう。

SMBCモビットの返済日・返済額の確認方法

  • 会員専用サービス「Myモビ」から確認
  • SMBCモビット公式スマホアプリから確認

それでは、それぞれの確認方法について詳しく解説していきます。

会員専用サービス「Myモビ」から確認する場合

  • 会員専用サービス「Myモビ」にログインする
  • 「契約内容照会」を選択
  • 返済日と返済額の確認

会員専用サービス「Myモビ」にログインして、「契約内容照会」を選択するだけですので簡単に確認できます。

必要な書類などもありません。

SMBCモビット公式スマホアプリから確認する場合

  • SMBCモビットの公式アプリから会員専用サービス「Myモビ」をタップ
  • 会員専用サービス「Myモビ」にログインする
  • 返済日と返済額の確認

公式アプリで確認する場合は、公式アプリから「Myモビ」にログインすればOKです。

ログイン後にすぐに次回の返済日と返済額が表示されます。

もちろん必要書類なども不要です。

SMBCモビットの返済期間を確認しよう

SMBCモビットの返済期間について男性消費者に図で説明する女性行員

SMBCモビットの返済を延滞しないためには「返済期間」の確認も大事です。

返済期間とは

「当月の返済をした」と判定される有効期間のことです。

返済期間にあたる日に返済しないと、当月の返済が済んだことにはならず、そのまま返済期日を過ぎてしまうと延滞したことになります。

SMBCモビットの返済期間は下図のように、「前回の返済日の翌日から当月の返済日当日まで」です。

SMBCモビットの返済期間(15日返済日の場合)

たとえば、返済日が15日の場合は、その翌日の16日から翌月の15日までが返済期間です。

このため、上記の期間内にATMで返済をするようにしてください。

なお、返済方法に口座振替を選んでいる人は、返済日の前日までに返済用口座にお金を振り込んでおけばOKです。

返済期日が土日祝日にあたる場合

月によっては返済期日が土日祝日になることもあります。

その場合は下図のように、翌営業日が返済日となるため返済期間も変化します。

SMBCモビットの返済期間(土日祝日返済日の場合)

たとえば、返済日に15日を指定しており、15日が日曜日だった場合は翌日の16日が返済期日です。

このため、次回の返済期間は「前月17日から当月15日」までと通常とは変わります。

通常とは違って「前月16日から当月15日」までが返済期間ではありませんので、前月の16日に返済をしても当月の返済をしたことにはなりません。

返済をしたつもりでも返済が完了しておらず、延滞してしまうことがあるので注意しましょう。

SMBCモビットの返済日に関する注意点

SMBCモビットの口座振替での返済についての注意点を男性消費者に促すFP

SMBCモビットの返済方法を「口座振替型」にしている人は返済日に関して注意点があります。

それは、ATMから返済しても「追加返済」にしかならないという点です。

追加返済とは

当月で決まった返済額とは別に返済することを指します。
「繰上げ返済」や「随時返済」などと呼ばれるものです。

口座振替型でもATMから返済ができますが、すべて追加返済という扱いになるため、返済日になったら通常どおり引落しがあります。

引落し口座にお金が入っていないと延滞になってしまうので注意してください。

SMBCモビットの返済日の変更方法は2つ

SMBCモビットの返済日の変更方法を男性消費者にレクチャーする女性オペレーター

「給料日が変わったので返済日の変更をしたい!」

このような場合、SMBCモビットでは次の2つの方法によって簡単に可能です。

  • 会員専用サービス「Myモビ」
  • SMBCモビット公式スマホアプリ

それぞれの変更方法については次章で詳しく解説しています。

会員専用サービス「Myモビ」から変更する場合

受付時間 24時間
手数料 無料
変更が反映される時間 原則即時
必要なもの 場合によっては利息の清算

返済日の変更手順

  • 会員専用サービス「Myモビ」にログイン
  • 「約定支払日変更」を選択
  • モビットカード番号(振込キャッシング番号)・暗証番号・生年月日を入力
  • 「認証」をクリック
  • 希望の返済日を選び「申込む」をクリック
  • 内容を確認し、「変更」をクリック

変更方法自体は上記のように、Myモビにログインして手続するだけでいいので難しくありません。

ただし、変更する際に「利息金額の清算」が必要な場合があります。

SMBCモビットに電話で確認したところ、

前回の返済日から次回の返済日の期間が長くなってしまうときは利息の清算が必要になるケースがある

とのことです。

たとえば、次のようなケースです

  • 返済日の変更をする日:9月26日
  • 前回の返済日:9月5日
  • 変更希望の返済日:25日

上記の場合、返済日を変更すると次回の返済日は10月25日です。

このため、前回返済した9月5日から2カ月近く経ってしまうことになります。

2カ月近くも返済がないのは問題があるため、一旦利息を清算した上で返済日を変更することが必要になるのです。

なお、利息の清算方法は通常の返済方法とおなじでATMや銀行振込でおこないます。

SMBCモビット公式スマホアプリから変更する場合

受付時間 24時間
手数料 無料
変更が反映される時間 原則即時
必要なもの 場合によっては利息の清算

返済日の変更手順

  • SMBCモビットの公式アプリから会員専用サービス「Myモビ」をタップ
  • 会員専用サービス「Myモビ」ログイン
  • 「約定支払日変更」を選択
  • モビットカード番号(振込キャッシング番号)・暗証番号・生年月日を入力
  • 「認証」をタップ
  • 希望の支払日を選択し、「上記の内容を承認し申込む」をタップ
  • 内容を確認して「変更」をタップ

公式アプリから返済日変更する場合も、アプリ上から「Myモビ」にログインするだけで良いので簡単です。

変更する返済日によっては、利息の清算が必要になる点も「Myモビ」から直接変更する場合と変わりありません。

SMBCモビットの返済日に間に合わない・延滞したときのリスク

SMBCモビットの返済日に間に合わず慌てる男性消費者に注意するFP

SMBCモビットの返済日を延滞すると次のようなリスクがあります。

返済日を延滞するリスク
  • 遅延損害金を支払わなければならない
  • カードローンを利用できなくなる
  • 個人信用情報にキズがつく
  • 一括返済を求められることがある
  • 限度額を減らされることがある

内容によっては、かなり不便な状況になるものもありますので安易に延滞してはいけません。

次章でどのようなリスクがあるのか詳細に伝えていますので、しっかり確認しておいてください。

遅延損害金を支払わなければならない

延滞をするとその翌日から「実質年率20.0%」の「遅延損害金」が発生します。

遅延損害金とは

延滞したことに対しする罰則金のようなものです。

この遅延損害金は次のように算出されます。

遅延損害金=借入残高×延滞損害金利率÷365×延滞日数

仮に30万円借入しており5日間延滞した場合ですと、次のようになります。

30万円×20.0%÷365×5日間=821円

上記の場合ですと遅延損害金は821円となり、もちろん利息とは別に支払わないといけません。

遅延損害金が発生すると、その分だけSMBCモビットに支払うお金が増えるため損してしまいます。

個人信用情報にキズがつく

延滞をすると「個人信用情報」にキズがつくというデメリットもあります。

個人信用情報とは

クレジットカードやローンなどの利用記録を指します。

延滞をした場合、個人信用情報に「延滞記録」が残り、その状態を「キズがつく」といいます。

個人信用情報はクレジットカードやローンなどの審査時に必ず確認されるため、キズがあると審査に不利になります。

場合によっては審査落ちの原因にもなるでしょう。

特に住宅ローンやマイカーローン、教育ローンといった高額ローンの審査は厳しいため、将来高額ローンを組む予定がある人は要注意です。

カードローンを利用できなくなる

延滞をすると高い確率でカードローンの利用が停止されます。

延滞解消するまでは借入ができなくなるため、お金が必要になっても利用ができません。

一括返済を求められることがある

延滞が長引くと契約を解除され、「一括返済」を求められることがあります。

一括返済しなければいけなくなると、借入残高を一回ですべて返済しなければいけないため、負担が大きくなります。

また、個人信用情報に「金融事故」が記録されてしまうというデメリットもあります。

契約を解除されるのは「強制解約」の金融事故になるからです。

強制解約されるまで延滞していると、「長期延滞」の金融事故も記録される可能性があるため、個人信用情報に2つの金融事故が記録されてしまうことがあります。

そうなると、新たにクレジットカードやローンに申し込みしても審査にまず通りません。

利用中のクレジットカードの契約を更新してもらえないこともあります。

限度額を減らされることがある

延滞すると限度額を減らされることがあります。

限度額はあなたの「信用力」によって決まるため、延滞をすると「信用力が低下した」と判断されてしまうことがあるからです。

SMBCモビットの返済日を忘れないための対策

SMBCモビットの返済日を忘れないようアプリや公式サイトの会員専用サービスを使用した対策をレクチャーするFP

前章でお伝えしたとおり、SMBCモビットの返済を延滞するとさまざまなペナルティがあるため、しっかりと返済しないといけません。

そこで利用したいのが「支払期日案内メール」です。

支払期日案内メールを利用すれば、「支払日7日前から当日」の指定した日に支払期日をお知らせしてくれます。

そんな支払期日案内メールの利用方法は次の2つです。

  • 会員専用サービス「Myモビ」から登録
  • SMBCモビット公式アプリから登録

それぞれの登録の流れは以下に記載しています。

会員専用サービス「Myモビ」から登録

  • 会員専用サービス「Myモビ」ログイン
  • 「登録内容変更」をクリック
  • モビットカード番号(振込キャッシング番号)・暗証番号・生年月日を入力
  • 「認証」をクリック
  • メールアドレスを登録
  • 支払期日案内メールの送信を「希望する」にチェックを入る
  • 送信希望日を選択

SMBCモビット公式アプリから登録

  • SMBCモビット公式アプリで会員専用サービス「Myモビ」を選択
  • 会員専用サービス「Myモビ」ログイン
  • 「各種変更」を選択
  • 「登録内容変更」を選択
  • モビットカード番号または振込キャッシング番号・暗証番号・生年月日を入力
  • 「認証」を選択
  • 「メールについて」を選択
  • メールアドレスを登録
  • 支払期日案内メールの送信を「希望する」にチェックを入れる
  • 送信希望日を選び、「確認」をタップ
  • 登録内容を確認し、「送信」をタップ

SMBCモビットの返済日に遅れたときの対処法

SMBCモビットの返済日に遅れてしまった男性消費者に対処法を伝えるFP

「SMBCモビットの返済日をうっかり忘れて延滞した!」

どんなに注意していてもこのようなときはあり得ます。

そうした場合でも落ち着いて次の対策をするようにしてください。

  • SMBCモビットに連絡する
  • 返済予定日を延長してもらう

それぞれの対策方法についての詳細は次章で解説しています。

SMBCモビットに連絡する

延滞してしまったことに気づいたら、SMBCモビットにすぐ連絡するようにしましょう。

連絡しても延滞した事実をなしにできるわけではありませんが、黙ったままでいるよりもSMBCモビットに対する心象が良いです。

なお、SMBCモビットに連絡するときは返済意思があることを伝えるのが重要です。

「○日に給料が出るので○日までなら返済できます」というように、いつまでに返済でき、その根拠はなんなのかまで伝えておけば、SMBCモビットも安心できます。

返済予定日を延長してもらう

あらかじめ返済日までに間に合わないとわかっているときは、「返済日の延長」をしておくという手もあります。

会員専用サービス「Myモビ」に「お支払予定日登録」という項目がありますので、そちらに返済予定日を入力するだけで返済日の延長してもらえます。

そうすれば返済予定日を過ぎるまでは、電話や郵送物などの連絡がこなくなります。

ただし、以下の3点には気をつけておきましょう。

  • 返済日の延長ができるのは返済日当日まで
  • 返済日の延長は返済日の最大1カ月先(30日間)まで
  • 遅延損害金が発生する

とくに延滞損害金が発生する点には要注意です。

返済日の延長はあくまで返済予定日の延長であり、返済期日が延びたわけではありません。

「○月○日までに返済します」という自己申告のようなものなのです。

そのため、返済日の延長をしても返済期日を過ぎると延滞してしたことになります。

もし、30万円を借入しているときに最大延長期間である1カ月先(30日間)まで延長すると、次の遅延損害金が発生します。

30万円×20.0%÷365×30日間=4,931円

借入残高や延長期間によっては遅延損害金が大きくなってしまうケースがあるので注意しましょうs。

まとめ

SMBCモビットの返済日は「5日・15日・25日・末日」から選べるため、自分の都合の良い日に設定しやすいです。

そんなSMBCモビットの返済日をまとめると次のとおりです。

SMBCモビットの返済日の注意点

  • 初回返済日の決まり方は初回借入のタイミングによってことなる
  • 返済有効期間は「前回の返済日の翌日から当月の返済日当日まで」
  • 返済方法を「口座振替型」にしている場合、ATMから返済しても返済日に引落しがある

SMBCモビットの返済日の確認・変更方法

  • 会員専用サービス「Myモビ」
  • SMBCモビット公式スマホアプリから「Myモビ」にログイン

SMBCモビットで延滞したときのペナルティ

  • 遅延損害金が発生する
  • カードローンが利用停止になる
  • 個人信用情報にキズがつく
  • 一括返済を求められることがある
  • 限度額を減らされる可能性がある

SMBCモビットの返済日に遅れない&遅れたときの対処方法

  • 支払期日案内メールに登録しておく
  • 延滞したらすぐに電話する
  • 延滞しそうならMyモビの「お支払予定日登録」から返済の延長をする

SMBCモビット

WEB完結なら原則、電話連絡・郵送物なし!!

総合評価

  • 3.5点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年3.0%~18.0% 最大800万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
10秒簡易審査 最短即日※ -

おすすめポイント

  • 10秒で簡易審査結果がわかる!
  • 本審査の結果が出るまで最短30分!※
  • 最短即日融資が可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

関連記事

種類・特徴でキャッシング・カードローンを探す

キャッシングするときの目的は人それぞれ。即日キャッシングしたい人や個人事業主向けのローンなど目的がはっきりしている方はこちらからキャッシング・カードローンを選んでみましょう!

  • 基本情報

※当サイトでは掲載各社(アコム株式会社等)のアフィリエイトプログラムで収益を得ております。
【三井住友銀行 カードローンについて】
※毎月の返済は、返済時点での借入残高によって約定返済金額が設定されます。
【みずほ銀行カードローンについて】
※みずほ銀行住宅ローンのご利用で、みずほ銀行カードローンの金利が年0.5%引き下がります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
【レイクの貸付条件について】
※【レイクの貸付条件】融資額など借入れに関する諸条件です。 満20歳以上70歳以下の人で安定した収入のある人(パート・アルバイトで収入のある人も可)は、利用できます。 ※取引期間中に満71歳になった時点で、新たな融資は停止されます。 【融資額】1万円~500万円【貸付利率(実質年率)】4.5%~18.0%※貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。 【利用対象】満20歳~70歳(国内居住の人、日本の永住権を取得されている人)【遅延損害金(年率)】20.0%【返済方式】残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式【返済期間・返済回数】最長5年・最大60回 ※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数は借入れ及び返済計画に応じて変動します。 【必要書類】運転免許証等、収入証明(契約額に応じて、新生フィナンシャルが必要とする場合)【担保・保証人】不要-貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。 新生フィナンシャルが契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関(日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター)契約には所定の審査があります。 2023年1月現在。 商号・名称:(新生フィナンシャル株式会社)貸金業者の登録番号:関東財務局長⑽ 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号 ※最短即日融資は21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。 初めて利用の人への当日融資は、8~22時(毎月第3日曜日は8~19時)となっております。 融資時間は、一部店舗によって異なります。 年末年始を除きます。 一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。 Web以外の無人店舗や電話で申込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。 60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。 30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。 無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。 無利息期間経過後は通常金利適用。 貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。
【アイフルの貸付条件について】
※【商号】アイフル株式会社 【登録番号】近畿財務局長(14)第00218号 【貸付利率】3.0%~18.0%(実質年率) 【遅延損害金】20.0%(実質年率) 【契約限度額または貸付金額】800万円以内(要審査) 【返済方式】借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式 【返済期間・回数】借入直後最長14年6ヶ月(1~151回) 【担保・連帯保証人】不要
東証プライム市場上場

「ナビナビキャッシング」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。

株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

「ナビナビキャッシング」では各種法律を遵守した広告掲載を行うために、
社内において各種法律遵守のためのコンテンツ制作ポリシーを整備しています。

また、コンテンツ制作に携わる編集部では景表法・特定商取引法に関する認定資格「KTAA」シルバー団体認証マークを取得しています。

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.