1. ナビナビキャッシング トップ
  2. SMBCモビット
  3. SMBCモビットの解約方法は?メリットとデメリットをFPが解説

  • はい
  • いいえ

SMBCモビットの解約方法は?メリットとデメリットをFPが解説

SMBCモビットの解約方法は?メリットとデメリットをFPが解説

「SMBCモビット」は、SMBCグループの大手消費者金融カードローンです。
SMBCモビットを契約・利用し、借り入れた金額分を返済した方の中には「借りたお金を完済したら、自動的に解約できるんじゃないの?」と、完済時に解約が完了していると捉えている方もいらっしゃると思います。

しかし、SMBCモビットを解約するには、完済するだけではなく解約手続きをする必要があります。
解約手続きはどのように行なえばよいのでしょうか?
この記事では、以下のような疑問にお答えします!

  • SMBCモビット解約手続きの手順・方法は?
  • SMBCモビットの返済が完了したら即解約すべきなのか?
  • SMBCモビットを解約せずに保有しておくメリット・デメリットはなにか?

この記事では、SMBCモビットの解約方法、解約に関するメリット・デメリット、注意点などを詳しく解説していきます。
SMBCモビットを利用している方、解約を検討している方は必見です!ぜひ参考にしてくださいね。

SMBCモビット

WEB完結だからスピーディー!

総合評価

  • 3.7点
実質年率 利用限度額 無利息期間
3.0%~18.0% 最大800万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
10秒簡易審査 最短即日※ -

おすすめポイント

  • WEB完結申込!!
  • WEB完結なら電話連絡・郵送物なし!!
  • 来店不要で契約ができる!

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットの解約手続き・解約方法の進め方

SMBCモビットの解約の手続きや方法を問い合わせている男性

SMBCモビットの返済をすべて完了しても、自動的に解約にはなりません。別途、解約手続きが必要です。
SMBCモビットの解約手続きの流れは以下のとおりです。

  1. 1.借り入れたお金をすべて返済する
  2. 2.SMBCモビットのコールセンターに電話する
  3. 3.解約証明書の送付、契約書の返還

すでに返済が終わっている方も、すべての項目が完了しているか確認してみましょう。

①まずは借り入れたお金をすべて返済

まず、借りた金額と利息を完済しましょう。
返済計画よりも早く完済したい場合には、返済日を待たずにすべての金額を一度に返済する「一括完済」も可能です。

すべての金額を返済したと思っていても、実は1,000円未満の端数を返済し忘れていることがあります。これを「無利息残高」といいます。
無利息残高があっても完済扱いにはなりますが、解約の手続きはできません。

完済した方も、無利息残高があるかどうかを一度確認することをおすすめします。
SMBCモビットに電話で問い合わせるか、インターネットの会員専用ページ「Myモビ」から、借入残高を確認できます。

もし無利息残高がある場合は、提携ATMでは小銭の入金ができないことも多いため、振込もしくは口座振替で返済しましょう。

②SMBCモビットのコールセンターへ電話

無利息残高も含めてすべて完済し、残高を0円にしたら、SMBCモビットのコールセンターに電話をして、オペレーターに解約を申し出ましょう。
解約そのものはこの電話1本で簡単にできます。とても便利ですね。

【SMBCモビット フリーコール】
0120-24-7217(営業時間9:00〜18:00)

③解約証明書を送付し、契約書の返還

SMBCモビットを解約すると、入会した際の契約書が返還されます。基本的には郵送にて返送されます。
もし郵送されると都合が悪い場合は、解約した時点でフリーダイヤルに電話連絡し、その旨を伝えましょう。

解約したことを証明する「解約証明書」も発行されます。
解約証明書は自動的に発送されるものではないので、必要な方は発送を依頼してください。

ちなみに、完済したことを証明する「完済証明書」と解約証明書は異なる書面で、住宅ローン借り入れ時などに金融機関から提出を依頼されるのは、解約証明書です。
今後ローンの借り入れを予定している場合は、解約証明書を取り寄せておきましょう。

なお、利用していたローンカード自体の返却は必要ありませんので、自分でハサミなどで裁断して処分しましょう。

SMBCモビットを解約しないと起こりうるメリット・デメリット

SMBCモビットを解約するメリットデメリットを説明するファイナンシャルプランナー

SMBCモビットを利用し終わってから解約するかどうかは、顧客の自由です。
SMBCモビットを解約せず、契約を維持する場合のメリットとデメリットは主に下記のとおりです。

メリット
  • 再度利用する際に審査なしで利用できる
  • 年会費無料なので維持コストがかからない
デメリット
  • 住宅ローン・その他ローンを借りにくくなる可能性も
  • 気軽にキャッシングしてしまう可能性がある
  • 契約していることを家族にバレやすくなる

それぞれ詳細をみていきましょう。

【メリット1】必要な時に審査なしで借入が可能

SMBCモビットを一度解約してから再度利用する場合は、もう一度入会審査からやり直す必要があります。
再度申し込みをするためには、審査や必要書類提出の手間と時間がかかります。

また、消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシング枠などは、貸金業法の定める「総量規制」の影響を受けます。
総量規制とは、個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限されるしくみのことです。
再度審査したとき、他のカードローン残高やクレジットカードのキャッシング残高が、収入の3分の1をオーバーしている場合は、審査の承認が下りない可能性が高いです。
もしSMBCモビットを再度利用する可能性がある場合は、解約しない方がよいでしょう。

【メリット2】年会費無料だから維持コストはなし

SMBCモビットは年会費や更新費などの手数料が一切かからないので、契約を維持するコストはありません。
急にお金が必要になったときにすぐに利用できるというメリットもありますので、万が一のために解約せずにおくのもおすすめです。

【デメリット1】住宅ローン借入審査への影響も

住宅ローンやマイカーローンなどを借りる際には、カードローンやキャッシングなどの契約額・利用額を申告する必要があります。
住宅ローンやマイカーローンの融資額は、申込者の収入に対するローンの返済比率などに左右されますが、カードローンやキャッシングの限度額や残高が多いほど、返済比率は上がります。

そのため、もしSMBCモビットを解約していなかった場合、そのことが理由でローンを借りにくくなる可能性があります。
ローンを借りる可能性がある方は、SMBCモビットを事前に解約しておくとよいでしょう。

また、審査時に契約が残っている場合は、すぐに解約することでローン審査に通ることもあります。
この場合は、解約証明書の提出が融資の条件とされることも多いので、手配を忘れないようにしましょう。

【デメリット2】いつでもキャッシングできるので予想外の借金を負う

SMBCモビットを解約せずにいると、日々の生活でお金が足りなくなってきたときに、「カードローンで借りればいいか」と、気軽にキャッシングしてしまう可能性があります。

たしかにカードローンはいつでもお金を借りられて便利ですが、比較的高い金利がかかってしまうことも事実です。
もし不必要な借り入れをしてしまう心配があるなら、思い切って解約してしまうとよいでしょう。

【デメリット3】契約していることが家族にバレやすい

確実にSMBCモビットの金利よりも低金利でなくてはいけません。

ところが実際に審査申し込みの段階では、
あなたに適用される金利がいくらなのか確認できるカードローンは限られています。

たとえば、大手消費者金融のプロミス・アコム・アイフル・SMBCモビットでは、
借入前にあなたに適用される金利を知る術がありません。

気になるカードローンを見つけたら、そのカードローンの金利に適用テーブルがあるか確認しましょう。

金利の適用テーブルとは、借入額が1万円~50万円以下までは、金利15%。
51万円~100万円以下は13%といったように、審査申し込み前に金利条件が確認できるものです。

SMBCモビットを低金利のところで借り換えるには

家族に秘密でSMBCモビットを契約している方もいるでしょう。その場合は、郵送物を自宅に届かないよう配慮してもらっている方も多いと思います。
しかし、契約している期間が長ければ長いほど、メールのやりとりや入金履歴などを家族に発見されるリスクも高まります。

借金していたことが発覚してしまったら、家族間の問題にもなりかねません。
もし、借金したことを家族に絶対にバレたくないという方は、SMBCモビットを完済し次第、解約すると安心でしょう。

方法①利用者数業界No,1の「アコム」を利用する

アコムの全国利用者は、157万3千人(※2019年12月末現在)います。

このカードローン利用者の数は、業界No.1となっています。

これだけ多くの方が申込む理由は、初めてでも申込みやすいイメージがあるからでしょう。

気になるアコムの金利は、SMBCモビットと同じで3.0%~18.0%となっています。
2つのカードローン大きな違いは、アコムでは初めての借入れであれば30日間無利息があることです。

仮にSMBCモビットからァコムに借り換えをすれば、この無利息期間を利用できることになるので金利は同じであっても、少しお得になります。

方法②利息負担の少ない「プロミス」を利用する

プロミスとSMBCモビットの違いは2つあります。

プロミスでは上限金利が始めから18.0%であることと、30日間の無利息期間があることです。

仮にSMBCモビットからプロミスに借り換えをすれば、0.2%低い金利と無利息期間を利用できることになります。

両方のメリットがあるプロミスの方が、アコムよりも借り換えが有利に働きます。

SMBCモビットを解約するなら将来のローン予定や利用計画の見直しを

SMBCモビットを解約することで、将来的に住宅ローンが借りやすくなるでしょう。

そういった将来にローン予定があるのか検討し、解約する方が良いと判断したのであれば、解約しましょう。

また反対に、今後もカードローンの利用を考えている場合、
再審査の必要がなく、緊急時にすぐにお金を利用できる状況は心の安静を保てます。

しっかりとご自身の状況を判断し、後悔しない方法を選択しましょう。

SMBCモビット解約についてのQ&A

SMBCモビットの解約のQ&Aを示すFP

SMBCモビットの解約に関してよくある質問をまとめました。
解約を検討している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

Q.解約の途中キャンセルは可能?解約後でも再契約できるの?

SMBCモビットを一度は解約したけれど、再度検討した結果、解約をキャンセルしたいという方もいるかもしれません。

しかし、解約の取り消しは基本的にできません。

解約後は再度「新規契約扱い」となり、申し込みからやり直すことになります。

そのときの資産状況や他社の借入状況によっては審査が厳しくなる場合もありますので、解約は慎重に行ないましょう。

回答者:FP

Q.SMBCモビット側から突然強制解約されることはありえる?

SMBCモビットは一定期間ごとに顧客との契約を更新しています。

このとき、顧客の再審査を行なっており、返済遅延があるなど返済態度がよくなかったり、他社からの借り入れが多かったりする場合は、契約を更新されないことがあります。

また、長期間利用がなかった場合でも、一方的に解約されるケースがあります。

SMBCモビットから解約されたくない場合は、数年間に一度ほど利用すると安心でしょう。

回答者:FP

Q.SMBCモビットの解約履歴は何年くらい残るの?

SMBCモビットなどのカードローンやクレジットカード、住宅ローンなどを申し込み・利用・解約をすると、「個人信用情報」にその利用履歴や利用限度額、与信残高などが登録されます。

この個人信用情報に、返済遅延や長期滞納、金融事故など、あなたに不利な履歴が記載されていると、その後の融資を受けにくくなる可能性がありますので要注意です。

SMBCモビットの解約をした履歴は、個人信用情報機関にもよりますが、基本的に5年間残るといわれています。

もし早めに履歴を消したい場合は、完済と同時に解約することをおすすめします。

回答者:FP

▼カードローンの解約について知りたい方はこちらの記事をチェック

まとめ

それでは、SMBCモビットの解約に関する重要ポイントについておさらいしましょう。

    • SMBCモビットの解約は、無利息残高を含めてすべて返済してから
    • 解約自体は、電話1本で簡単に行なえる
    • SMBCモビットを解約しないメリットは2つ

  1.再度利用する際は、審査なしでスムーズに利用できる
  2.年会費無料なので、契約の維持コストはかからないこと

    • SMBCモビットを解約しないデメリットは3つ

  1.住宅ローンやその他ローンを借りにくくなることも
  2.気軽にキャッシングしてしまう可能性があること
  3.家族にバレる可能性があること

これらのメリット・デメリットを踏まえて、解約するかどうかを判断するのがおすすめです。
解約のキャンセルはできませんので、よく検討してから解約手続きをしましょう。

SMBCモビット

WEB完結だからスピーディー!

総合評価

  • 3.7点
実質年率 利用限度額 無利息期間
3.0%~18.0% 最大800万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
10秒簡易審査 最短即日※ -

おすすめポイント

  • WEB完結申込!!
  • WEB完結なら電話連絡・郵送物なし!!
  • 来店不要で契約ができる!

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

関連記事

種類・特徴でキャッシング・カードローンを探す

キャッシングするときの目的は人それぞれ。即日キャッシングしたい人や個人事業主向けのローンなど目的がはっきりしている方はこちらからキャッシング・カードローンを選んでみましょう!

  • 基本情報

株式会社エイチームフィナジーは「世の中からお金の不安を解消し、より人生が豊かになる社会を実現する」を目的として、保険代理店業務を筆頭に、金融商品を対象としたメディア運営を行っております。
保険代理店業務では、各種法律・保険業法・原則等に基づきながら、常にお客さま本位で考え、誠実かつ真摯に向き合うべく、「保険募集業における勧誘方針、及び業務運営方針(FD宣言)」を定めており、当方針に基づいた保険サービスの提供メディアは、「ナビナビ保険」となります。【生命保険協会登録番号:10EJTAF000977】
その他の金融商品を対象としたメディア運営では、専門知識がないと理解が難しい金融商品に対し、簡潔にわかりやすい情報・知識の提供、及び商品の比較を行い、有益なサービス提供を心掛けております。

【三井住友銀行 カードローンについて】
※毎月の返済は、返済時点での借入残高によって約定返済金額が設定されます。
【みずほ銀行カードローンについて】
※みずほ銀行住宅ローンのご利用で、みずほ銀行カードローンの金利が年0.5%引き下がります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
【レイクALSAの貸付条件について】
※1.【レイクALSAの貸付条件】融資額など借入れに関する諸条件です。満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)は、利用いただけます。※お取引期間中に満71歳になられた時点で、新たなご融資を停止させていただきます。【融資額】1万円〜500万円【貸付利率(実質年率)】4.5%〜18.0%※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。【利用対象】満20歳〜70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)【遅延損害金(年率)】20.0%【返済方式】残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式【返済期間・返済回数】最長5年・最大60回 ※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数は借入れ及び返済計画に応じて変動します。【必要書類】運転免許証等、収入証明(契約額に応じて、新生フィナンシャルが必要とする場合)【担保・保証人】不要-貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。新生フィナンシャルが契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関(日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター)契約には所定の審査があります。2018年4月現在。商号・名称:(新生フィナンシャル株式会社)貸金業者の登録番号:(関東財務局長(10) 第01024号)
東証一部上場

当サイト「ナビナビキャッシング」は、エイチームフィナジーが運営するサービスです。

株式会社エイチームフィナジーは、株式会社エイチーム(東証一部上場)の グループ企業です。
証券コード:3662

© 2013 Ateam Finergy Inc.