ナビナビキャッシング

by Ateam Inc.

このページにはPRリンクが含まれています

  1. ナビナビキャッシング トップ
  2. プロミス
  3. プロミスの一括返済方法まとめ!振込やATMから解約までのやり方

  • はい
  • いいえ

プロミスの一括返済方法まとめ!振込やATMから解約までのやり方

プロミスの一括返済方法まとめ!振込やATMから解約までのやり方
田尻 宏子

この記事の監修者

2級ファイナンシャル・プランニング技能士

田尻 宏子さん

「プロミスの一括返済ってどうやったらいいの?」
「ボーナスが入ったら、カードローンを一括で返済したほうがいい?」

プロミスで借入している人は気になる内容ですよね。

プロミスの一括返済する方法は全部で6種類あります。
インターネットやATMからでも一括返済できるので、便利で助かりますよね。

しかし、そんな便利なプロミスの一括返済ですが、返済方法によっては手数料がかかったり、端数分の返済ができなかったり場合があります。

せっかく一括で返済しようと思っているのに、完済できなくて二度手間になります。

そんな手間がかからないために、この記事ではプロミスの一括返済する際の注意点や各返済方法の手順について詳しくまとめました。

この記事を最後まで読めば、一発で完済できるだけでなく、今後、ほかのローン審査を受けるときに有利になる方法がわかります。

プロミス

総合評価

  • 4.0点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年4.5%~17.8% 最大500万円※ 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短3分 最短3分※

おすすめポイント

  • 金利が年17.8%でほかの消費者金融より低め!
  • 初回借入れの翌日から30日間は利息0円!
  • カードレスで借入も返済もできる!

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。
※無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。
※18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

田尻宏子

2級ファイナンシャル・プランニング技能士

監修者 田尻宏子の一言コメント!

コメント

カードローンの借入残高を一括返済すると、ほかのローン審査が有利になるなどの大きなメリットがあります。 もし、まとまったお金ができたら一括返済を検討することをおすすめします。 カードローンのプロミスではどのようにして一括返済をすればいいのでしょうか。プロミスの一括返済の具体的な方法と疑問点について詳しく解説します。

プロミスに一括返済する際の注意点

プロミスの一括返済の注意点を項目ごとに説明するFP

プロミスの一括返済の注意点があり、それは以下の3つです。

プロミスに一括返済する際の注意点

どの項目も重要な内容となっていますので、詳細をしっかり確認しておいてください。

返済日が決まらないと最終返済金額がわからない

プロミスの利息は「日割り」でつくため、毎日利息が発生します。

いつ返済するかによって最終返済額が異なってくるため、返済日が決まっていないと最終返済額もわかりません。

たとえば、6万円を金利17.8%で借入している場合、7日後、14日後、30日後に一括返済するのでは、以下のように利息が違うのです。

一括返済する日 利息
7日後 204円
14日後 409円
30日後 877円

※「利息=借入額×金利÷365×借入期間」で算出

このため、一括返済する当日には最終返済額がいくらなのかを、「会員サービス」や「プロミスコール(0120-24-0365)」で確認しておく必要があります。

また、一括返済する日が早いほど、利息を少なく出来ますので、できる限り早く済ませてしまうのがおすすめです。

返済方法によっては端数が残ってしまう可能性がある

最終返済額には高確率で端数が発生しているため、返済方法によっては端数が残ってしまう可能性があります。

たとえば、プロミスATMと提携ATMでは硬貨の取り扱いが基本できないため、そのままでは端数を処理できません。

端数を処理したいときは一旦多めに入金をして、あとから返金してもらうという方法を取る必要があります。

「あとから返金してもらうのは面倒くさい」

というような人は、以下のような端数に対応できる返済方法を利用しましょう。

  • インターネット返済
  • 銀行振込

詳しくは、「プロミスの一括返済する際の端数分はどうすればいい? 」で解説しています。

金額によってはATM手数料が高くなる可能性がある

提携ATMの場合、三井住友銀行ATM以外ですと、「1万円以下:110円」・「1万円超:220円」の利用手数料がかかります。

三井住友銀行ATM以外の提携ATMの利用手数料
1万円以下 110円
1万円超 220円

また、一度に入金できる金額や紙幣の枚数に上限があります。

セブン銀行ATMであれば、一度に入金できる紙幣の枚数は「50枚まで」です。

50枚以上入金する場合、再度手続きする必要があり、再び利用手数料が発生します。

このため、一括返済する金額によっては、ATM手数料が高くなるケースがあるのです。

ATMで一括返済するなら、利用手数料無料になる「プロミスATM」や「三井住友銀行ATM」がおすすめです。

プロミスの一括返済するときの大まかな流れ

プロミスの一括返済までの流れを確認する男性

プロミスの一括返済するときの流れは以下のような感じになります。

  1. 一括返済する日を決める
  2. 最終返済金額を確認する
  3. 返済手続きをする

先にも解説したように、プロミスは毎日利息が発生するため、一括返済する日を決め、その日が来たら最終返済額を確認しましょう。

その後は、希望の方法で返済手続きをするだけでOKです。

それぞれの手続きについて詳しく解説していきます。

最終返済金額の確認方法

最終返済額の確認は以下の2つですぐに行えます。

  • 会員サービスにログイン
  • プロミスコール(0120-24-0365)

会員サービスでは現在の利用状況を確認できますので、そちらから最終返済額を知ることが可能です。
プロミスコールに電話しますと、自動音声になるため、

  1. 「2」を押す
  2. 「1」を押す
  3. カード番号か会員番号が分かる場合は「1」、そうでない人は「2」を選ぶ

上記のように手続して、その後は自動音声やオペレーターの指示に従っていけばOKです。

プロミスで一括返済するための具体的な流れや注意点

ここからは、プロミスの一括返済の流れや注意点を解説していきますので、一括返済前に確認しておいてください。

プロミスの一括返済の方法には以下の4つががあります。

返済方法 取扱金額単位 手数料 返済可能時間
インターネット返済 1円単位 無料 24時間
プロミスATM 千円単位 無料 7時~24時※
提携ATM 千円単位

110円~220円

ATMによる
銀行振込 1円単位 金融機関による 銀行の営業時間内のみ

※:ATMにより営業時間、休日が異なります。

ちなみに、「口座振替」では一括返済を行えません。

口座振替の人も先の表のいずれかの方法で一括返済する必要があります。

それでは、それぞれの返済方法について詳しく確認していきましょう。

インターネット返済の場合

インターネット返済を利用する場合は、会員サービスから手続きします。

インターネット返済の手続方法は通常の銀行振込とおなじように、振込金額を入力するだけです。

注意点として、以下の時間帯はメンテナンスとなるため利用できないと知っておきましょう。

  • 毎週月曜0:00~7:00
  • 1月1日、1月2日0:00~7:00
  • 12月31日18:50~1月4日8:00

インターネット返済がおすすめなのはこんな人

インターネット返済による一括返済がおすすめなのは、

「今すぐに端数まできちんと返済したい!」

という人です。

基本的に24時間振込が反映され、1円単位で返済できるため、即座に完済することが可能です。

プロミスATM・提携ATMの場合

プロミスATMや提携ATMで一括返済する方法は、通常の返済方法と同じです。

ATMにプロミスのカードを挿入し、返済を選択して、入金をするだけです。

ATMの返済は硬貨に対応できないケースが多いため、端数が残ってしまうことが多いので注意です。

また、提携ATMの場合は三井住友銀行ATM以外ですと、110円か210円の利用手数料が発生してしまいます。

プロミスATM・提携ATMがおすすめなのはこんな人

近くにプロミスATMや提携ATMがあり、「今すぐに一括返済したい」という人にはおすすめです。

ですが、先ほども説明したように、三井住友銀行ATM以外の提携ATMだと利用手数料がかかってしまいます。

利用手数料だけでなく、端数分に対応していないことも注意が必要です。

ですので、

「利用手数料がかかったとしてもすぐに返済したい」
「端数分はあとからもらえたらそれでいい」

という人にはこの返済方法がおすすめです。

コンビニでプロミスを利用したい人は「コンビ二でのプロミスの返済や借入方法を解説!営業時間や手数料もチェック」をご覧ください。

銀行振込の場合

銀行振込で一括返済する場合、専用の振込先口座へ入金をします。

専用の振込先口座は、会員サービスかプロミスコール(0120-24-0365)で確認可能です。

銀行振込の場合、振込手数料は自己負担になってしまうので注意しましょう。

銀行振込がおすすめなのはこんな人

銀行振込による一括返済はほとんどメリットがないため、おすすめできません。

銀行振込で返済するなら、インターネット返済を選択したほうが、返済スピードも早く、手数料もかからないからです。

ただし、インターネット返済がメンテナンスなどで利用できないときに

「端数まで返済したい!」

というのであれば、利用を検討してみても良いでしょう。

プロミス

総合評価

  • 4.0点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年4.5%~17.8% 最大500万円※ 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短3分 最短3分※

おすすめポイント

  • 金利が年17.8%でほかの消費者金融より低め!
  • 初回借入れの翌日から30日間は利息0円!
  • カードレスで借入も返済もできる!

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。
※無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。
※18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

プロミスの一括返済する際の端数分はどうすればいい?

プロミスの端数の返済に悩む男性に対応する女性オペレーター

ここまでお伝えしてきたように、プロミスATMまたは提携ATMでは硬貨が使用できないため、借入残高に端数が残ってしまう可能性が高いです。

プロミスATMや提携ATMで完済したいのであれば、多めの入金をするという方法を取ってください。

たとえば、借入残高が45,654円であれば、46,000円を入金するのです。

そうすれば端数を処理でき、借入残高を0円にして完済とすることが可能です。

多めに入金した分はちゃんと返してもらえるので安心

多めに入金した分に関しては、以下のいずれかの方法で返金してもらえるため、

「損をするのでは?」

という心配ありません。

  • 銀行振込
  • 次回利用時の借入残高から相殺

銀行振込では希望口座に返金をしてくれます。

「次回利用時の借入算高から相殺」という方法も選択可能です。

たとえば、560円の返金分が残っているときに、1万円を借入した場合ですと以下のようになります。

1万円-560円=9,440円

上記のケースですと、本来は1万円の借入となるところを9,440円の借入にするという形の返金になります。

借入残高が1,000円未満なら返済しなくても良いが解約ができない

1,000円未満の借入残高に関しては、利息が発生せず、返済もする必要がありません。

しかし、借入残高が1円でも残っていると完済したことになりませんので、次章で解説している解約ができません。

完済後に解約を考えている場合は、端数まできちんと返済するようにしてください。

プロミスに一括返済(完済)しても解約にはならない

プロミスへの完済が解約と勘違いした男性に注意を促すFP

プロミスの場合、「一括返済=解約」ではないと知っておかなくてはいけません。

一括返済をしても解約したことにはならず、プロミスの契約は自動更新なため、契約は半永久的に更新され続けます。

このため、解約するには別途手続が必要です。

なお、解約にはメリットとデメリットがあります。

解約のメリット 解約のデメリット
  • 借りすぎを防止できる
  • 住宅ローンやマイカーローンなどの審査への影響を防げる
  • 不正利用されるリスクが無くなる
  • 追加融資を受けられなくなる
  • もう一度利用するには再審査が必要

このため、メリットとデメリットをよく確認してから、解約したほうが良いかどうかを判段してください。

プロミスの解約については、「プロミスの解約前にメリット・デメリットを確認!手続き方法を紹介」でも詳しく解説中ですので、そちらをお読みください。

まとめ

プロミスで一括返済する前には、一括返済する当日の借入残高を確認しておく必要があります。

プロミスの利息は毎日発生するため、返済日によって借入残高が変わってくるからです。

また、端数にも気をつけなくてはいけません。

一括返済後は解約を予定している人も多いかと思いますが、端数が残ってしまうと完済したことになりませんので解約ができません。

解約をしようと思ったら、もう一度返済して借入算高を0円にする必要があるため、二度手間になってしまいます。

プロミスで端数分も返済する方法

  • 1円単位で返済できる方法を利用する
  • ATMの場合は多めに入金する

そうすれば、一発で完済できますので一括返済から解約までスムーズにすることが可能です。

プロミス

総合評価

  • 4.0点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年4.5%~17.8% 最大500万円※ 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短3分 最短3分※

おすすめポイント

  • 金利が年17.8%でほかの消費者金融より低め!
  • 初回借入れの翌日から30日間は利息0円!
  • カードレスで借入も返済もできる!

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。
※無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。
※18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

関連記事

種類・特徴でキャッシング・カードローンを探す

キャッシングするときの目的は人それぞれ。即日キャッシングしたい人や個人事業主向けのローンなど目的がはっきりしている方はこちらからキャッシング・カードローンを選んでみましょう!

  • 基本情報

※当サイトでは掲載各社(アコム株式会社等)のアフィリエイトプログラムで収益を得ております。
【三井住友銀行 カードローンについて】
※毎月の返済は、返済時点での借入残高によって約定返済金額が設定されます。
【みずほ銀行カードローンについて】
※みずほ銀行住宅ローンのご利用で、みずほ銀行カードローンの金利が年0.5%引き下がります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
【レイクの貸付条件について】
※【レイクの貸付条件】融資額など借入れに関する諸条件です。 満20歳以上70歳以下の人で安定した収入のある人(パート・アルバイトで収入のある人も可)は、利用できます。 ※取引期間中に満71歳になった時点で、新たな融資は停止されます。 【融資額】1万円~500万円【貸付利率(実質年率)】4.5%~18.0%※貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。 【利用対象】満20歳~70歳(国内居住の人、日本の永住権を取得されている人)【遅延損害金(年率)】20.0%【返済方式】残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式【返済期間・返済回数】最長5年・最大60回 ※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数は借入れ及び返済計画に応じて変動します。 【必要書類】運転免許証等、収入証明(契約額に応じて、新生フィナンシャルが必要とする場合)【担保・保証人】不要-貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。 新生フィナンシャルが契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関(日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター)契約には所定の審査があります。 2023年1月現在。 商号・名称:(新生フィナンシャル株式会社)貸金業者の登録番号:関東財務局長⑽ 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号 ※最短即日融資は21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。 初めて利用の人への当日融資は、8~22時(毎月第3日曜日は8~19時)となっております。 融資時間は、一部店舗によって異なります。 年末年始を除きます。 一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。 Web以外の無人店舗や電話で申込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。 60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。 30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。 無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。 無利息期間経過後は通常金利適用。 貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。
【アイフルの貸付条件について】
※【商号】アイフル株式会社 【登録番号】近畿財務局長(14)第00218号 【貸付利率】3.0%~18.0%(実質年率) 【遅延損害金】20.0%(実質年率) 【契約限度額または貸付金額】800万円以内(要審査) 【返済方式】借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式 【返済期間・回数】借入直後最長14年6ヶ月(1~151回) 【担保・連帯保証人】不要
東証プライム市場上場

「ナビナビキャッシング」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。

株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

「ナビナビキャッシング」では各種法律を遵守した広告掲載を行うために、
社内において各種法律遵守のためのコンテンツ制作ポリシーを整備しています。

また、コンテンツ制作に携わる編集部では景表法・特定商取引法に関する認定資格「KTAA」シルバー団体認証マークを取得しています。

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.