Operated by Ateam Inc.

  1. ナビナビキャッシング トップ
  2. プロミス
  3. プロミスの金利は高い?利息を抑えて返済の負担を減らすコツ

  • はい
  • いいえ

プロミスの金利は高い?利息を抑えて返済の負担を減らすコツ

プロミスの金利は高い?利息を抑えて返済の負担を減らすコツ

プロミスで借り入れすると、金利がいくらなのか気になりますよね。

プロミスで借入したときに適用される金利は4.5%~17.8%です。
初めての借入であれば、ほとんどの場合、上限金利である17.8%が適用されます。

この金利は、ほかの大手消費者金融と比べると低めに設定されているため、プロミスで借入すれば比較的、利息を抑えることができるといえます。

利息を抑えることで返済の負担を軽減させることができます。

そこでこの記事ではプロミスで借入したときの利息を軽減させるコツをご紹介しています。
プロミスの返済を少しでも軽くするために、ぜひ参考にしていただければと思います。

プロミスの金利は高い?他大手消費者金融と比較!

プロミスで初めて借入するときに適用される金利は17.8%になる可能性が高いです。

大手消費者金融で比較してみると、上限金利は低めに設定されています。

カードローン会社 適用される金利
プロミス 年4.5%~17.8%
アイフル 年3.0%~18.0%
アコム 年3.0%~18.0%
SMBCモビット 年3.0%~18.0%
レイク 年4.5%~18.0%

一見すると、「年3.0%~」と書かれているアイフル・アコム・SMBCモビットのほうがお得に感じる人もいるでしょう。

しかし、カードローンの金利はほとんどのケースで「上限金利(一番高い金利)」が適用になります。

上限金利で比較した場合、プロミスは17.8%と大手消費者金融の中では一番低い金利です。

プロミス

Web契約で最短25分融資も可能!

総合評価

  • 3.9点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年4.5%~17.8% 最大500万円※ 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短25分 最短25分

おすすめポイント

  • 金利が年17.8%でほかの消費者金融より低め!
  • 初回借入れの翌日から30日間は利息0円!
  • カードレスで借入も返済もできる!

※融資時間:申込みの時間帯や利用する銀行によって、振込までの時間が異なる場合あり。
※無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。
※18歳、19歳の方の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

プロミスの利息はいくら?借入額ごとの金利を計算

プロミスの10万円~50万円の利息を説明するFP

プロミスの利息は以下のように計算されます。

利息=利用金額×借入利率÷365日×利用日数

例えば、30万円を金利17.8%で30日借りた場合ですと次のとおりになります。

30万円×17.8%÷365×30日=4,389円

上記の場合ですと利息は4,389円になります。

また、利用金額と借入日数を変えて利息を算出していますので参考にしてください。(金利は17.8%)

利用金額 借入日数
1カ月 3カ月 6カ月
10万円 1,463円 2,980円 5,254円
20万円 2,926円 5,961円 10,508円
30万円 4,389円 8,943円 15,765円
40万円 5,852円 11,923円 21,019円
50万円 7,315円 14,904円 26,274円

表をご覧のとおり、借りる金額と借入している期間によって利息が変わるのがわかります。

例えば、10万円を6カ月で返済する場合、かかる利息は5,254円です。
これが1カ月で返済するのであれば利息は1,463円で済みます。

利用金額が30万円の場合だと、6カ月で返済する場合の利息は15,765円、1カ月で返済する際の利息は4,389円です。

このように、プロミスの利息は利用金額と借入期間によって変動します。

借入日数が短ければ短いほど利息を抑えることができるため、なるべくなら早めに返済したいところです。

プロミスの金利を下げるには100万円以上借りるしかない

プロミスの金利を下げるには100万以上の借入が必要と説明するFP

「プロミスの金利を下げる方法はないの?」

と、金利を下げる方法が知りたい人もいるかと思います。

結論から言うと、プロミスの金利を下げる方法は100万円以上を借りるしかありません。

限度額が100万円未満だと上限金利の17.8%が適用になる可能性が高いからです。

これは「利息制限法」が関係しています。

利息制限法とは
消費者金融や銀行などの貸付利率を制限するための法律

つまり、貸し手が暴利を設定できないように借り手を保護するための法律です。

そんな利息制限法では、次のように限度額によって上限金利が定められています。

限度額 上限金利
10万円未満 年20.0%まで
10万円以上100万円未満 年18.0%まで
100万円以上 年15.0%まで

上記の上限金利を守らないと法律違反になり罰則の対象となるため、限度額が100万円以上であれば確実に15.0%以下で借入できます。

これはプロミスでも限度額が上がれば金利を下げることになります。

プロミスの金利や利息の負担を軽減させるコツ

プロミスの金利と利息の負担を下げる方法を確認する男性

ここからは、プロミスの金利や利息の負担を軽減させるコツをお伝えしていきます。

先にお伝えしたように、プロミスの金利を下げるには100万円以上借りるしかありません。
そして、はじめから100万円以上の限度額が適用になるのは稀です。

しかし、毎月の返済負担を楽にする方法は金利を下げる以外にもあります。

これらの方法で、利息を抑えることで返済負担を軽くすることができます。
それぞれの詳細については説明していきます。

無利息サービスを利用する

プロミスには「無利息サービス」があるため、これを利用して利息の負担を軽減させることができます。

無利息サービスとは
サービス期間内は利息が0円になるというものです。

プロミスでは最大37日間利息ゼロで借入可能です。

例えば、20万円を17.8%で37日間借入した場合ですと、以下のように利息をお得にできます。

利息
無利息サービスを利用した場合 0円
通常利息が適用された場合 3,608円

プロミスの無利息サービスについては「プロミスの無利息期間とは?30日間から最大37日間まで引き延ばす方法」でも無利息サービスについて詳しく解説していますので、合わせてお読みください。

最低返済額より多めに支払う

プロミスの毎月の返済額は「最低返済額」にしか過ぎません。

最低返済額とは
「毎月○○円以上返済してください」というものです。

例えば、最低返済額が5,000円なら5,000円以上ならいくら返済しても良いのです。

最低返済額以上の返済をすることを「随時返済」と呼びます。

次のように、毎月1,000円でも多く返済すれば総返済額の軽減されるので、ぜひ随時返済を活用したいところです。

総返済額 ①との差額
①最低返済額で返済した場合
(毎月11,000円)
387.289円 -
②1,000円多く返済した場合
(毎月12,000円)
377,6333円 9,656円
③2,000円多く返済した場合
(毎月13,000円)
369,954円 17,335円

※30万円を金利17.8%で借りている場合で算出

例えば、毎月の最低返済額が11,000円の場合、それよりも千円多く返済するだけで総返済額を9,656円抑えることができます。

随時返済については、「プロミスの月々の返済額は?返済回数や最低支払金額・お得な返済方法まで解説」でも詳しく解説しています。

一括返済をする

ボーナスなどの臨時収入でまとまったお金ができたら、「一括返済」してしまうのも手です。

一括返済をすれば、随時返済よりも総返済額をさらに抑えることが可能です。

総返済額 ①との差額
①最低返済額で返済した場合 387,289円 -
②1カ月後に一括返済した場合 304,389円 82,900円
③3カ月後に一括返済した場合 308,943円 78,349円
④半年後に一括返済した場合 315,765円 71,524円

※30万円を金利17.8%で借りている場合で算出

最低返済額で返済していけば、総返済額は約39万円になりますが、1カ月後に一括返済すれば約30万円になり、総返済額を8万円も節約することができます。

一括返済についは、「プロミスの一括返済方法まとめ!振込やATMから解約までのやり方」でも詳細にお伝えしています。

まとめ

プロミスの金利は「年4.5%~17.8%」であり、ほとんどの人は上限金利の17.8%が適用になります。

上限金利が適用になる可能性が高いのは、ほかの大手消費者金融でも同じです。
ほかの大手消費者金融の上限金利は18.0%であるため、プロミスの金利はほかの大手消費者金融よりも低めです。

「そうはいっても17.8%は高い!プロミスの金利を下げる方法はないの?」

という人もいるでしょう。
しかし、金利を下げるための方法は100万円以上借りることくらいしかありません。

ただし、以下の方法を活用すれば、金利を下げなくても利息を抑えて返済の負担を減らすことが可能です。

  • 無利息サービスを利用する
  • 最低返済額より多めに支払う
  • 一括返済をする

そのため、上記の方法を活用しながら、利息を抑えつつ完済までしっかりと返済していきましょう。

プロミス

Web契約で最短25分融資も可能!

総合評価

  • 3.9点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年4.5%~17.8% 最大500万円※ 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短25分 最短25分

おすすめポイント

  • 金利が年17.8%でほかの消費者金融より低め!
  • 初回借入れの翌日から30日間は利息0円!
  • カードレスで借入も返済もできる!

※融資時間:申込みの時間帯や利用する銀行によって、振込までの時間が異なる場合あり。
※無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。
※18歳、19歳の方の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

関連記事

種類・特徴でキャッシング・カードローンを探す

キャッシングするときの目的は人それぞれ。即日キャッシングしたい人や個人事業主向けのローンなど目的がはっきりしている方はこちらからキャッシング・カードローンを選んでみましょう!

  • 基本情報

【三井住友銀行 カードローンについて】
※毎月の返済は、返済時点での借入残高によって約定返済金額が設定されます。
【みずほ銀行カードローンについて】
※みずほ銀行住宅ローンのご利用で、みずほ銀行カードローンの金利が年0.5%引き下がります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
【レイクの貸付条件について】
※【レイクの貸付条件】融資額など借入れに関する諸条件です。 満20歳以上70歳以下の人で安定した収入のある人(パート・アルバイトで収入のある人も可)は、利用できます。 ※取引期間中に満71歳になった時点で、新たな融資は停止されます。 【融資額】1万円~500万円【貸付利率(実質年率)】4.5%~18.0%※貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。 【利用対象】満20歳~70歳(国内居住の人、日本の永住権を取得されている人)【遅延損害金(年率)】20.0%【返済方式】残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式【返済期間・返済回数】最長5年・最大60回 ※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数は借入れ及び返済計画に応じて変動します。 【必要書類】運転免許証等、収入証明(契約額に応じて、新生フィナンシャルが必要とする場合)【担保・保証人】不要-貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。 新生フィナンシャルが契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関(日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター)契約には所定の審査があります。 2023年1月現在。 商号・名称:(新生フィナンシャル株式会社)貸金業者の登録番号:関東財務局長⑽ 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号 ※最短即日融資は21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。 初めて利用の人への当日融資は、8~22時(毎月第3日曜日は8~19時)となっております。 融資時間は、一部店舗によって異なります。 年末年始を除きます。 一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。 Web以外の無人店舗や電話で申込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。 60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。 30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。 無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。 無利息期間経過後は通常金利適用。 貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。
東証一部上場

「ナビナビキャッシング」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。

株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.