ナビナビキャッシング

by Ateam Inc.

このページにはPRリンクが含まれています

  1. ナビナビキャッシング トップ
  2. プロミス
  3. プロミスでのお金の借り方は|初めて借りるときの手順と注意点を解説

  • はい
  • いいえ

プロミスでのお金の借り方は|初めて借りるときの手順と注意点を解説

田尻 宏子

この記事の監修者

2級ファイナンシャル・プランニング技能士

田尻 宏子さん

「プロミスでお金を借りたい」と思っても、初めて利用するときは、どんな手順でお金を借りればよいか分かりませんよね。

しかしながら公式サイトには簡単な流れしか書いておらず、選べる手段や詳細な条件、実際の手順を調べるのは少し難しいかもしれません。

さらにいうと、人によっては「できる限り最短で借りる方法だけを知りたいのに」という場合もあると思います。

この記事ではそんなあなたに向けて、

  • 実際にプロミスでお金を借りるための手順
  • 最短かつ面倒な手続きなくプロミスでお金を借りる方法
  • 確実に融資を受けるための条件や申込~融資までの目安時間

をわかりやすく解説していきます。

お急ぎの人は「プロミスの即日融資は20時までに申込を!当日中に借入するための方法を解説」をご覧ください。

プロミス

Web契約で最短3分融資も可能!

総合評価

  • 4.0点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年4.5%~17.8% 最大500万円※ 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短3分 最短3分※

おすすめポイント

  • 金利が年17.8%でほかの消費者金融より低め!
  • 初回借入れの翌日から30日間は利息0円!
  • カードレスで借入も返済もできる!

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。
※無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。
※18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

田尻宏子

2級ファイナンシャル・プランニング技能士

監修者 田尻宏子の一言コメント!

コメント

初めてのカードローン利用。具体的な借り方が分からないと困りますよね。この記事ではプロミスの融資について分かりやすくご紹介します。お金を借りるまでの手順だけでなく、申込から融資までにかかる時間についても解説します。プロミスでの借入を希望している方はもちろん、これからカードローンを探したいという方もぜひ参考にしてください。

プロミスでのお金の借り方【大まかな手順】

プロミスでお金を借りるまでの流れを簡単にまとめると、以下のようなイメージです。

プロミスでお金を借りるまでのかんたん手順

  1. 各種方法から審査を申込する
  2. 審査が始まる
  3. 在籍確認が行われる
  4. 必要書類を提出する
  5. 審査結果の連絡が来る
  6. 契約手続きをする
  7. ローンカード、振込、アプリなどでお金を受け取る

このように、プロミスでは7つのステップでお金を借りることができます。

上記の流れのうち、特に不安になりやすいのが「在籍確認」でしょう。

在籍確認とは、利用者の勤務先に貸付業者が直接連絡を入れ、在籍している事実を確認するための手続きのことです。

勤務先に直接連絡がある、と聞くと「周囲にバレてしまうかも…」と不安になってしまう場合もあるかと思います。

「在籍確認がどうしても不安…」という場合は、プロミスコール(0120-24-0365/営業時間:9:00~21:00)に相談してみましょう。

プロミスの在籍確認については「プロミスは在籍確認なしにできるか?職場への電話連絡の内容とタイミングを解説」で解説しています。

田尻宏子

2級ファイナンシャル・プランニング技能士

監修者 田尻宏子の一言コメント!

コメント

カードローン審査の在籍確認は不安ですよね。特に勤務先へ電話があるという場合は心配になる方も多いのではないでしょうか。ただ、どのカードローン会社もプライバシーに十分配慮して連絡しますのでご安心ください。なお、プロミスでは原則勤務先への電話確認は行っていません。「電話があるのがどうしても困る」という方はプロミスのカードローンに注目してみてはいかがでしょうか。

プロミス申し込み方法とポイント・注意点

プロミスの申込方法には以下の2つがあります。

申込方法 受付時間 土日でも申込OK 即日融資OK
インターネット 24時間365日
プロミスコール 9:00~21:00

申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

この2つの中で一番おすすめな申込方法はインターネットです。

インターネットであれば、24時間365日申込手続きを進められます。

まずはインターネットから申し込むときの具体的な流れや注意点について紹介していきます。

インターネットから申し込めば最短即日融資も可能

最もスムーズかつ手間なく融資を受ける方法として、「インターネット」があります。

申し込み書類を記入する必要がなく、インターネット上で情報を入力すれば、審査の申し込みを完了することができます。

インターネットでプロミスを申し込み 、融資を受けるまでの手順

  1. インターネットから申し込む
  2. ご自身の情報を入力する
  3. 必要書類をアップロードする
  4. 審査が始まる
  5. 在籍確認が行われる
  6. メールまたは電話で審査結果の連絡が来る
  7. 返済方法の選択する
  8. ローンカード発行の有無を選択する
  9. 契約手続きが完了する
  10. メールで送付されたログイン情報を使って、プロミスの会員ページにログインする
  11. 会員ページ内、「瞬フリ(キャッシング)」ボタンから、振込先の口座情報、希望借入額を入力する
  12. 口座に現金が振り込まれる

「手間を減らして融資を受けたい」という場合、

  • WEB完結で申込む
  • 「カードの発行を希望しない」を選択

という2つのポイントさえ押さえれば、郵送などの手間を省略することができます。

ちなみに、ローンカードを発行せず融資を受けたとしても後日自動契約機で発行することもできるので、安心してくださいね。

インターネットで申込する際のオススメポイントを簡単にまとめると、下記のような点があります。

インターネットでプロミスに申込むメリット
  • 申込から融資までの手間が少ない
  • ローンカードを発行せず融資を受けることもできる
  • 融資スピードが最速

このように、インターネットの特性を活かしたメリットがあります。ご自身の希望とこれらのメリットを踏まえつつ検討してみてくださいね。

インターネット申込の注意点は、下記のようなポイントです。

WEB完結を利用する際の注意点
  • 「WEBでご契約」を選択する
  • 審査結果の連絡方法を「メール」にする
  • 書面の受取方法を「Web明細」にする

これらを選択しないと、WEB完結で申込むことができなくなるので注意してください。

プロミスのWEB完結の申込方法については「プロミスのweb完結(ネット完結)で自宅に書類が郵送されない流れ」で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

電話で申し込む方法

プロミスには、「プロミスコール(0120-24-0365)」という専用ダイヤルがあります。

営業時間は

  • 平日、土日祝日問わず 9:00~21:00
    (※新規申込対応のみ、その他は異なる)

となっており、ご自身の都合の良い時間帯に申込手続きを進めることができます。

無人契約機で契約する場合

  1. プロミスコール(0120-24-0365)へ電話をかける
  2. 新規申し込み用のダイヤルを選択
  3. スタッフに「新規で申し込みしたい」と伝える
  4. スタッフから申込に必要な情報を質問されるので、1つずつ正確に返答していく
  5. 審査が開始される
  6. 審査結果の回答(最寄り契約機の案内がある)
  7. 必要書類を持参の上、無人契約機へ行く
  8. 氏名と生年月日を入力後、指示に従い契約手続きを進める
  9. 契約書類を確認の上、ローンカードを受け取る
  10. ローンカードを最寄りのATMに挿入し、現金を引き出す
プロミスに電話で申込むメリット
  • 疑問点をその場でスタッフに質問できる
  • キーボード操作やスマホなどでの入力作業がない
  • 営業時間が長い

電話で申し込みする場合のオススメポイントとしては、「その場でスタッフに相談できる」という点が大きいでしょう。

インターネットであればスタッフと関わる必要がないため楽ではありますが、その分ミスや疑問点を解消できないなどのデメリットもあります。

電話での申し込みであれば書類や情報を入力する必要がなく、スタッフの質問に答える形で手続きを完了できるので、比較的面倒は少ないでしょう。

「インターネットやスマートフォンでの操作が苦手…」という方に適した手段だといえますね。

電話でプロミスに申し込むときの注意点
  • 営業終了間際の時間帯に申し込みすると、審査回答が翌営業日になってしまう可能性がある
  • 契約手続きは「来店(無人契約機)」のみ
  • 回線が混雑していると手続きに時間がかかる

プロミスを電話で申し込みすると、審査自体はそのまま電話だけで手続きを進められますが、契約を電話で済ますことはできません。

したがって、無人契約機での契約手続きが必要となります。

しかしながら、無人契約機が近くになければ、移動に時間を要してしまいます。

このような理由を踏まえると、ご自身でインターネットの操作ができるのであれば、インターネット上で契約手続きを進めるほうが、よりスムーズかつ少ない手間で融資を受けることができますね。

ご自身の状況にあわせて、使いやすい手段を選択してください。

電話でもプロミスから即日融資を受ける条件

  • 夜20:00までに審査を完了させる
  • 近くに無人契約機が設置されている
  • 近くにATMがある

電話で即日融資を受ける際の条件の中で特に重要なのは、「夜20:00までに審査を完了させる」という点です。

なぜ20:00までなのかというと、プロミスの審査対応可能時間がこの時間で終了してしまうからです。

つまり、20:00以降に申し込みしたとしても、原則当日中の融資は期待できないということですね。

プロミス審査で必要な書類と提出方法

当記事ではプロミスの申し込み方法について触れてきましたが、すべての手続き方法で共通しているのは「必要書類を提出すること」です。プロミスの必要書類とそれぞれの申し込み方法で選択できる提出方法について解説していきましょう。

プロミスの必要書類

プロミスを申し込みする際の必要書類は下記のとおりです。

プロミスの必要書類

【プロミスでの借入希望額が50万円以内、かつ、他社との借入合計額が100万円以内の方】

・本人確認書類…運転免許証。お持ちでない場合はパスポートまたは健康保険証※+1点(住民票の写しなど)

※健康保険証:保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。

【プロミスでの借入希望額が50万円超、または他社との借入合計額が100万円超の方】

・本人確認書類 + 収入証明書類…源泉徴収票(最新のもの)、給与明細書(直近2カ月分+賞与のある方は直近1年分の賞与明細)、確定申告書、所得証明書、税額通知書のうち、いずれか1つ

※本人確認書類の記載住所が現住所と異なる場合は、「税額の領収書または納税証明書」「社会保険料の領収書」「公共料金の領収書」「住民票の写しまたは記載事項証明書」のうち、いずれか1つがあわせて必要となります。

プロミスの必要書類をまとめると、他社で借入しておらず、初めてプロミスで50万円以内を借りるのであれば、運転免許証だけで問題ありません。

既に他社で借入していてプロミスとの合計額が100万円を超える場合や、プロミス単体での借入希望額が50万円を超える場合には、運転免許証に加えて収入を証明するための書類が必要となります。

ご自身の借入計画に合わせて、必要書類をしっかり用意しておきましょう。

無職の方は「プロミスは無職でも借りられるの?」の記事もご参考ください。

申し込み方法ごとに選択できる、必要書類の提出方法

プロミスにはさまざまな申し込み方法がありますが、選べる必要書類の提出方法はそれぞれ異なります。選べる提出方法の詳細は下記のとおりです。ご自身の申し込み方法と選択できる必要書類の提出方法について、簡単に目を通しておきましょう。

プロミスの申し込み方法別 、必要書類の提出方法
申し込み方法 選択できる必要書類の提出方法
インターネット(スマホ)
  • インターネットでアップロード(WEB契約)
  • 無人契約機に持参して読み取り(カード発行時)
  • アプリで申し込み、そのまま撮影してアップロード(WEB契約)
無人契約機
  • 申し込み時に持参しそのまま無人契約機で読み取り
プロミスコール(電話)
  • 無人契約機に持参して読み取り(カード発行時) ・契約書類に同封して返送(郵送契約時)

アプリローン®については「プロミスのアプリローン®は借入まで楽々!申込・借入・返済の方法を紹介」の記事もご参考ください。

実際にプロミスからお金を借り入れる方法と注意点

プロミスに無事申し込みできたら、実際にお金を借りるステップへ進みます。プロミスで実際にお金を借りる方法と注意点について解説していきましょう。

プロミスでお金を実際に借入する方法

プロミスでお金を実際に借入する方法は下記のとおりです。

プロミスの借入方法一覧

  • 銀行振込…インターネット、電話から操作
  • プロミスATM…ローンカード
  • 提携ATM…ローンカード。セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMはアプリも利用可

上記のうち、便利な方法は「銀行振込」と「ATM」ですね。これらの方法は比較的身近ですし、利用するのも簡単です。都合の良い方法で借入なさってくださいね。

お金を借りる際の注意点

プロミスは便利なサービスですが、その反面、「便利すぎてズルズルと借りてしまいやすい」という傾向があります。

実際にお金を借りる際は、将来発生する利息額を具体的にシミュレーションし、返済可能な範囲の利用に留めましょう。

シミュレーションはプロミスの公式サイトで行うことができますので、借入する前にぜひ活用してください。

【プロミス借り入れサポート情報!】受付時間と振込実施までの目安時間まとめ

「今の時間なら、実際の振込までにどのくらい時間がかかるの?」という不安をお持ちの場合もあるかと思います。

プロミスの受付時間、振込実施までの目安時間やATMの手数料など、借入する際に役立つ情報をまとめていきますね。

プロミスATMでの借り入れ詳細

プロミスATMの営業時間は、「曜日問わず7:00~24:00」が基本となっていますが、地域によって異なる場合があります。

最寄りのプロミスATMを調べる際は、公式ホームページ内上部「店舗・ATM」から確認することができますので、足を運ぶ前にチェックしておくと安心です。

基本的には、プロミスの無人契約機に併設されているケースが多いので、街中で見かけた際は覚えておきましょう。

プロミスATMの利用手数料は無料ですので、借入・返済時には優先的に活用なさってください。

提携ATMでの借り入れ詳細

プロミスの提携先ATMは、下記のとおりです。

プロミス提携先ATM一覧
手数料無料の提携先
三井住友銀行ATM
手数料有料の提携先
ゆうちょATM EnetATM
三菱UFJ銀行ATM ローソン銀行ATM
イオン銀行ATM セブン銀行ATM
西日本シティ銀行ATM 横浜銀行ATM
東京スター銀行ATM 三十三銀行ATM
福岡銀行ATM 熊本銀行ATM
十八親和銀行ATM 広島銀行ATM
八十ニ銀行ATM クレディセゾンATM
手数料

・1万円以下の利用…1回につき110円
・1万円超の利用…1回につき220円

※借入、返済時ともに同額の扱いとなります。

上記のように、プロミスを手数料無料で利用できる提携ATMは三井住友銀行ATMのみです。したがって無駄な費用をできるかぎり節約するためにも、極力三井住友銀行ATMを優先的に利用したほうが良いですね。

提携ATMを利用する際の注意点として、それぞれの営業時間は提携先によって異なります。

提携コンビニATMは原則24時間利用することができますが、金融機関のATMは営業時間がバラバラなので、注意してください。特に、ゆうちょATMは設置数こそ多いものの、営業時間がATMによって大きく異なります。場合によっては、夕方ぐらいで取り扱い終了となっているATMもありますので、利用する際は特に注意してくださいね。

提携コンビニATMでの借り入れ注意点

プロミスはコンビニに設置している提携ATMで引き出しできます。

注意点としては、引き出しに上記の提携ATMでも触れたように利用手数料がかかること。

また、ローソン、ミニストップ、ファミリーマートに設置されているメディア端末からは、返済のみとなっています。

登録口座への振込での借り入れ詳細

プロミスの登録口座へ振込で借入する場合、下記のような取り扱いとなっています。

プロミス振込対応一覧
曜日 受付時間 振込実施予定時間
月曜日~日曜日 0:00~24:00
(24時間受付)
受付完了から10秒程度

※三井住友銀行やPayPay銀行をはじめとした、全国約200の金融機関の口座へ振込する場合

振込融資の場合、手数料はプロミス負担となります。したがって、手数料は無料です。

上記の振込目安時間はインターネットまたは電話で申し込みした場合に適用となりますので、振込融資を希望する方は一度目を通しておいてくださいね、

電話で申し込んだ場合の振込の目安時間

電話で申し込みした場合、新規申し込み手続き開始から振込実施までの目安時間は1.5~3時間程度です。

最短1時間で振込してもらえるケースもありますが、回線や審査などの混雑状況によっては、想定よりも長い時間を要する可能性もあります。あらかじめ長めの時間を想定しておき、余裕をもった借入を心がけてくださいね。

インターネットで申し込んだ場合の振込の目安時間

インターネットで申し込みした場合、新規申し込み手続き開始から振込実施までの目安時間は1~3時間程度です。

最短3分※で融資を受けられる可能性もありますが、在籍確認などで長引いてしまう場合も当然ながらあります。3時間以内程度を目安にしておいて、早めの手続きを心がけましょう。

プロミス

総合評価

  • 4.0点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年4.5%~17.8% 最大500万円※ 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短3分 最短3分※

おすすめポイント

  • 金利が年17.8%でほかの消費者金融より低め!
  • 初回借入れの翌日から30日間は利息0円!
  • カードレスで借入も返済もできる!

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。
※無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。
※18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

田尻宏子

2級ファイナンシャル・プランニング技能士

監修者 田尻宏子の一言コメント!

コメント

プロミスはWebだけでなく、電話・郵送・自動契約機など多くの申込方法があるカードローンです。それぞれの特徴を見比べて自分に合った方法で申し込みましょう。また、最短即日融資も可能ですが、申込はなるべく早い時間に行ってください。借入はWeb・アプリ・ATM・口座振替から選択できます。限度額の範囲内であれば何度も借入は可能ですが、返済計画をしっかり立てた上で利用しましょう。

まとめ

プロミスは、申し込み方法、借入返済方法ともに、選択肢が豊富なサービスです。借入の手順もシンプルなので、ご自身の状況に合ったものを選択しましょう。

ただし、どのような申し込み方法だったとしても、提出書類は必要となります。書類を事前に準備しておくことで、よりスムーズにお金を借りることができますよ。お金を借入する際は必ず返済計画を立てて、無理のないように活用なさってくださいね。

プロミスの審査について詳しくはこちらの記事をチェック

関連記事

種類・特徴でキャッシング・カードローンを探す

キャッシングするときの目的は人それぞれ。即日キャッシングしたい人や個人事業主向けのローンなど目的がはっきりしている方はこちらからキャッシング・カードローンを選んでみましょう!

  • 基本情報

※当サイトでは掲載各社(アコム株式会社等)のアフィリエイトプログラムで収益を得ております。
【三井住友銀行 カードローンについて】
※毎月の返済は、返済時点での借入残高によって約定返済金額が設定されます。
【みずほ銀行カードローンについて】
※みずほ銀行住宅ローンのご利用で、みずほ銀行カードローンの金利が年0.5%引き下がります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
【レイクの貸付条件について】
※【レイクの貸付条件】融資額など借入れに関する諸条件です。 満20歳以上70歳以下の人で安定した収入のある人(パート・アルバイトで収入のある人も可)は、利用できます。 ※取引期間中に満71歳になった時点で、新たな融資は停止されます。 【融資額】1万円~500万円【貸付利率(実質年率)】4.5%~18.0%※貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。 【利用対象】満20歳~70歳(国内居住の人、日本の永住権を取得されている人)【遅延損害金(年率)】20.0%【返済方式】残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式【返済期間・返済回数】最長5年・最大60回 ※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数は借入れ及び返済計画に応じて変動します。 【必要書類】運転免許証等、収入証明(契約額に応じて、新生フィナンシャルが必要とする場合)【担保・保証人】不要-貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。 新生フィナンシャルが契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関(日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター)契約には所定の審査があります。 2023年1月現在。 商号・名称:(新生フィナンシャル株式会社)貸金業者の登録番号:関東財務局長⑽ 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号 ※最短即日融資は21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。 初めて利用の人への当日融資は、8~22時(毎月第3日曜日は8~19時)となっております。 融資時間は、一部店舗によって異なります。 年末年始を除きます。 一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。 Web以外の無人店舗や電話で申込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。 60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。 30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。 無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。 無利息期間経過後は通常金利適用。 貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。
東証プライム市場上場

「ナビナビキャッシング」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。

株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.