ナビナビキャッシング

by Ateam Inc.

このページにはPRリンクが含まれています

  1. ナビナビキャッシング トップ
  2. アコム
  3. アコムの一括返済はネットでできる!返済方法やよくある質問を紹介

  • はい
  • いいえ

アコムの一括返済はネットでできる!返済方法やよくある質問を紹介

アコムの一括返済はネットでできる!返済方法やよくある質問を紹介

「借入残高あと少しになってきた」
「ボーナスで一気に返済できそう」

こんなときには一括返済しようかなと思いますよね。

アコムで一括返済するなら、インターネット返済がおすすめです。
土日祝日や夜間でも返済できるだけでなく、端数分である1円単位の返済にも対応しています。

毎月きちんと返済していくのも大事ですが、一括返済すれば大幅に利息が抑えられ、完済するまでの合計の返済金額が変わってきます。

とはいえ、アコムの一括返済はどうすればいいのかよくわからないですよね。

そこでこの記事では、アコムの一括返済に関する情報をまるっとまとめました。
この記事を最後まで読んでいただければ、アコムの一括返済をスムーズに済ませることができます。

アコムの一括返済をしようか悩んでいる…という人のために「アコムの借入を一括返済したほうがいい人・そうでない人」も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

アコムで一括返済するときの大まかな流れ

アコムの一括返済の流れを図解で説明する女性オペレーター

  1. 一括返済する日を決める
  2. 当日の借入残高を確認
  3. 一括返済をする

どの返済方法を選んでも一括返済の流れは上記のとおりです。

まず、一括返済する日を決めてから、一括返済当日の借入残高を確認しなくてはいけません。

アコムの利息は「日割り」でつくため、利息は毎日加算されていくからです。

そのため、当日の借入残高を次のいずれかの方法で確認しておく必要があります。

  • アコム総合カードローンデスク(0120-629-215)
  • 会員サイト
  • アコムATM・提携ATM

当日の借入残高が確認できましたら、各返済方法で一括返済をおこないます。

各返済方法の流れや特徴については後述しているため、そちらでご確認ください。

アコムで一括返済するときの注意点【端数分への対応】

アコムの女性行員と一括返済した時の端数を受け取る男性

アコムで一括返済するときは「端数」に気をつけておく必要があります。

仮に10万5,530円を一括返済する場合ですと、530円までしっかりと返済しなければ完済したことになりません。

とくに一括返済後に「解約」を考えているなら、端数への対処方法は必ず知っておく必要があります。

借入残高には高い確率で端数が発生しており、端数まできちんと返済しないと「完済」したことにはならず、解約ができないからです。

カードローンの解約について知りたい方はこちらの記事をチェック

ここで問題になるのがATMでの返済時です。

ATMは硬貨に対応していないケースがほとんどであるため、千円単位でしか返済できず、端数まできちんと返済できないのです。

そのため、次のいずれかの対処方法を取る必要があります。

  • 多めに返済する
  • 端数分に対応している返済方法を選ぶ

それぞれの詳細については次章で解説していきます。

解決策①:多めに返済する

ATMで端数に対応するには多めに返済するという手があります。

たとえば、「7万3,658円」を一括返済するなら、「7万4,000円」を入金するのです。

そうすると、324円が「無利息残高」として残ります。

無利息残高は、借入残高が残っていてもその金額には利息がかかりません。

残高の324円はアコムに連絡すれば、振込で返金してもらえます。

解決策②:端数分に対応している返済方法を選ぶ

アコムには端数に対応している返済方法が4つあります。

アコムの端数に対応した返済方法

  • インターネット返済
  • 銀行振込
  • 三菱UFJ銀行ATM

上記の返済方法なら1円単位で返済できますので、端数まできちんと返済することが可能です。

アコムで一括返済するための4つの方法

返済方法 営業時間 手数料 端数分への対応 土日祝OK
インターネット返済 24時間 0円
銀行振込 平日15:00まで 金融機関による ×
アコムATM 24時間 0円
提携ATM 24時間 1万円以下:110円
1万円超:220円

アコムで一括返済する方法は上記の5つです。

この中で一番おすすめなのは「インターネット返済」となります。

インターネット返済なら、ネット上から24時間手数料無料で返済でき、端数にまで対応できるからです。

各返済方法の詳細を確認していきましょう。

インターネット返済の場合

インターネット返済で返済するときの流れ

  1. 会員メニューにログイン
  2. 「インターネットでのご返済」を選択
  3. 返済金額などの必要情報を入力
  4. 「金融機関でお手続きを進める」ボタンを押す
  5. 利用中の金融機関を選択
  6. 金融機関のインターネットバンキングから振込手続
営業時間 24時間
手数料 0円
端数分への対応
土日祝日OK

インターネット返済は

「今すぐに完済したい!」

という人におすすめです。

24時間365日すぐに返済することができ、端数にも対応しているからです。

また、手数料がかからない点もメリットになります。

なお、次の時間帯はメンテナンスとなり利用できないので確認しておきましょう。

  • 毎週月曜日 1:00~5:00
  • 1月1日 20:00~ 1月2日 6:00
  • 毎月第3日曜日 0:00~5:30(6月、9月の第3日曜日は、0:00~6:00)
  • その他、各金融機関メンテナンス日

銀行振込で返済する場合

銀行振込で返済するときの流れ

  1. 会員メニューより「返済時の振込入金口座照会」を確認
  2. お使いの金融機関から振込入金口座に振込
営業時間 平日15:00まで
手数料 金融機関による
端数分への対応
土日祝日OK

銀行振込がおすすめなのは、

「完済したいけどインターネット返済に金融機関が対応していない」

という人です。

インターネット返済の場合、対応していない金融機関があるため、お使いの金融機関によっては利用できないケースがあります。

そうした場合は銀行振込を利用するのも手です。

ただし、銀行振込が当日中に反映されるのは基本的に「平日15:00まで」に振込手続が完了しときのみです。

それ以降ですと、アコムの翌営業日になってしまうので注意してください。

また、金融機関ごとに定められた振込手数料が発生します。

アコムATMで返済する場合

インターネット返済で返済するときの流れ

  1. アコムATMにアコムのカードを挿入
  2. アコムATMで返済手続をする
営業時間 24時間
手数料 0円
端数分への対応
土日祝日OK

アコムATMが近くにはある人はこの方法で一括返済しても良いでしょう。

アコムATMであれば24時間手数料無料で返済が可能です。

ただし、「毎週月曜日1:00~5:00」の間はメンテナンスなので利用ができなくなります。

なお、自動契約機(むじんくん)の営業時間(9:00~21:00)以外は、セキュリティ上ATMコーナーのドアにロックがかかっています。

そのため、ドア入口に設置されているカードリーダーにアコムのカードを通してロックを解除してください。

提携ATMで返済する場合

提携ATMで返済するときの流れ

  1. 提携ATMにアコムのカードを挿入
  2. 提携ATMで返済手続をする
営業時間 24時間
手数料 1万円以下:110円
1万円超:220円
端数分への対応 ×
土日祝日OK

提携ATMがおすすめなのは、土日祝日や深夜早朝に

「今すぐ一括返済したいけど、インターネット返済が利用できない。アコムATMも近くにない」

という人です。

土日祝日や深夜早朝にすぐ一括返済できる方法は次の3つしかありません。

  • インターネット返済
  • アコムATM
  • 提携ATM

このため、インターネット返済とアコムATMが利用できないとなると、提携ATMを利用するしかなくなります。

提携ATMを利用した場合

1万円以下:110円
1万円超:220円

の利用手数料が発生します。

また、「毎週月曜日1:00~5:00」はメンテナンスのため、利用できないので気をつけましょう。

アコムで一括返済したときの利息をシミュレーション

アコムで一括返済した時のシミュレーションを紹介する女性行員

多くのの人にとって一括返済する目的は、

「総返済額を減らしたい!」

というものだと思います。

そこでこの章では、アコムで一括返済したときにどのくらい総返済額が減るのかシミュレーションしてみました。

今回は以下の条件で比較しています。

50万円借入を金利年18.0%で借入
・毎月最低返済額(15,125円)のみで返済
・半年後(返済回数6回)に一括返済

返済方法 返済
回数
総返済額
毎月最低返済額のみで返済 46回 695,756円
半年後に一括返済 6回 526,574円

毎月最低返済額で返済した場合の総返済額は695,756円ですが、返済回数6回の時点で一括返済すると526,574円に抑えることができます。

そのため、169,182円も総返済額を減らすことが可能です。

このように一括返済すると総返済額を大きく減らすことができるため、余裕があるならなるべく早い時期に実行したいです。

アコムの借入を一括返済したほうがいい人・そうでない人

アコムの一括返済したほうがいいかしないほうがいいか悩む男性

「一括返済しようかまだ迷っている」

という場合は、以下を参考にして決断してもらえればと思います。

アコムの借入を一括返済したほうがいい人
  • 総返済額を大きく減らしたい人
  • 解約したい人
  • 将来、住宅ローンやマイカーローンなどを組む予定がある人
アコムの借入を一括返済しないほうがいい人
  • 一括返済するとお金に余裕がなくなる人

先にお伝えしたように、一括返済すると利息を大きく減らせるため、

「総返済額を減らしたい!」

という人にはおすすめです。

また、他ローンの審査を有利にするために解約したい人にも向いています。

逆に一括返済が不向きなのは、一括返済をするとお金に余裕がなくなる人です。

無理して一括返済した結果、生活に支障をきたしたり、突然の出費に対応できなくなったりすると、また借入をする羽目になってしまうからです。

アコム

総合評価

  • 3.9点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年3.0%~18.0% 最大800万円 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短20分 最短20分※

おすすめポイント

  • 最短20分で審査回答!来店不要!
  • 24時間365日いつでも借入&返済できる!
  • はじめての人なら最大30日間、金利0円!

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

【注意】アコムで一括返済しても解約にはならない

アコムで一括返済が解約ではないと知らなかった男性にレクチャーするFP

アコムで一括返済をしても「解約」したことにならないと知っておきましょう。

一括返済と解約は次のようにことなります。

  • 一括返済=借入残高を0円にすること
  • 解約=契約を解除すること

一括返済しても契約はそのままであり、アコムの契約は自動更新ですので、解約には別途手続が必要になります。

住宅ローンや教育ローンなどの高額ローンを組む予定がある人は、一括返済後に解約手続をしておくのがおすすめです。

契約中ですといつでも借入できるため、将来借入をして返済不能になることを警戒され、審査に不利となることがあるからです。

アコムの解約方法については、「アコムの解約方法の流れと必要書類を分かりやすく解説!」でお伝えしていますのでそちらをご確認ください。

アコムの一括返済に関するよくある質問

アコムの一括返済に関する質問を聞く男性に対応する女性行員

この章では、アコムの一括返済に関するよくある質問をまとめています。

アコムの一括返済に関して、わからないことや不安があるときの参考にしてください。

多めに返済した分は返ってくる?

アコムに連絡すれば振込で返金してもらえます。

また、「無利息残高」となるため、次回借入するときに借入額から差引いてもらう方法もあります。

たとえば、620円の無利息残高となっているときに5万円を借りると、

5万円-620円=49,380円

となり、借入した金額は5万円ではなく49,380円になります。

無利息期間中に完済したら無利息期間は終わる?

無利息期間中に一括返済しても、無利息期間は終わりません。

契約日の翌日から30日以内なら何度借入しても無利息になります。

返済日以外でも一括返済できる?

返済日以外でも一括返済ができます。

いつでも好きなときにしてOKです。

一括返済ではなく多めに返済することは出来る?

借入算高の半分だけや1/3なども可能です。

アコムではインターネットやATMなどからいつでも返済でき、返済する金額も自由に決めることができます。

まとめ

アコムで一括返済するための重要なポイントは次の2つです。

  • 「当日の借入算高」の確認
  • 端数への対処方法
  • インターネット返済で返済する

アコムは毎日利息が加算され日によって借入算高が変わってくるため、一括返済する際は「当日の借入算高」の確認が必須です。

端数が残ってしまうと完済したことにならないため、

  • ATMで多めに返済して後で返金してもらう
  • 1円単位で返済できる返済方法を選ぶ

のどちらかで端数に対処する必要があります。

インターネット返済はネットから24時間無料で返済でき、1円単位で返済できるため、もっとも一括返済に適しています。

なお、一括返済=解約ではないと知っておくことも重要です。

一括返済しても解約したことにはならないため、解約したい場合は解約手続をするようにしてください。

アコム

総合評価

  • 3.9点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年3.0%~18.0% 最大800万円 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短20分 最短20分※

おすすめポイント

  • 最短20分で審査回答!来店不要!
  • 24時間365日いつでも借入&返済できる!
  • はじめての人なら最大30日間、金利0円!

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

関連記事

種類・特徴でキャッシング・カードローンを探す

キャッシングするときの目的は人それぞれ。即日キャッシングしたい人や個人事業主向けのローンなど目的がはっきりしている方はこちらからキャッシング・カードローンを選んでみましょう!

  • 基本情報

※当サイトでは掲載各社(アコム株式会社等)のアフィリエイトプログラムで収益を得ております。
【三井住友銀行 カードローンについて】
※毎月の返済は、返済時点での借入残高によって約定返済金額が設定されます。
【みずほ銀行カードローンについて】
※みずほ銀行住宅ローンのご利用で、みずほ銀行カードローンの金利が年0.5%引き下がります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
【レイクの貸付条件について】
※【レイクの貸付条件】融資額など借入れに関する諸条件です。 満20歳以上70歳以下の人で安定した収入のある人(パート・アルバイトで収入のある人も可)は、利用できます。 ※取引期間中に満71歳になった時点で、新たな融資は停止されます。 【融資額】1万円~500万円【貸付利率(実質年率)】4.5%~18.0%※貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。 【利用対象】満20歳~70歳(国内居住の人、日本の永住権を取得されている人)【遅延損害金(年率)】20.0%【返済方式】残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式【返済期間・返済回数】最長5年・最大60回 ※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数は借入れ及び返済計画に応じて変動します。 【必要書類】運転免許証等、収入証明(契約額に応じて、新生フィナンシャルが必要とする場合)【担保・保証人】不要-貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。 新生フィナンシャルが契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関(日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター)契約には所定の審査があります。 2023年1月現在。 商号・名称:(新生フィナンシャル株式会社)貸金業者の登録番号:関東財務局長⑽ 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号 ※最短即日融資は21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。 初めて利用の人への当日融資は、8~22時(毎月第3日曜日は8~19時)となっております。 融資時間は、一部店舗によって異なります。 年末年始を除きます。 一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。 Web以外の無人店舗や電話で申込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。 60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。 30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。 無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。 無利息期間経過後は通常金利適用。 貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。
東証プライム市場上場

「ナビナビキャッシング」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。

株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.