ナビナビキャッシング

by Ateam Inc.

このページにはPRリンクが含まれています

  1. ナビナビキャッシング トップ
  2. アコム
  3. アコムの金利・利息は高い?いくらか簡単シミュレーションで徹底検証

  • はい
  • いいえ

アコムの金利・利息は高い?いくらか簡単シミュレーションで徹底検証

「アコムの金利は高い!」と、キャッシング利用者の中には思っている方もいらっしゃるでしょう。

たしかに、低金利な銀行カードローンに比べると、アコムの金利が高く見えるのも仕方が無いのかもしれません。しかし、アコムには「金利0サービス」があり、うまく活用することで利息を少なく抑えることができるのです。

ここではアコムの金利について、徹底検証していきたいと思います。

プロミスとの違いについては「アコムと他社(プロミスなど)を比較!違いや強みからおすすめを解説」の記事もご参考ください。

アコムの金利はいくら?見方とその解説

「アコムって金利高いのかな」と、初心者の方なら思ってしまうかもしれません。

しかし、利息の差がどの程度つくかどうかは、借り入れする期間によって大きく変わるものです。

したがって、高い金利が表記されていても、利息が高くつくかどうかは実際に試算してみるまでわからない、ということです。

ここで、意外と知らない方の多い「金利の見方」を解説しておきます。

アコムの商品データは以下の通りです。

アコムのキャッシング商品詳細
融資上限額 最大800万円
金利
(実質年率)
年3.0%~18.0%
保証人・担保 不要
最短審査時間 最短20分※
即日融資 可能
土日祝日対応 可能
※年末年始期間を除く
自動契約機 自動契約機(むじんくん)
金利0円サービス あり

アコムのキャッシング商品詳細データを参考にすると、金利は年3.0%~18.0%となっています。

これが、利息金額を算出する際に用いる数値です。

さらに、詳しく見方を説明すると、

実質年率(金利)=年3.0%(下限金利)~年18.0%(上限金利)

というようになっています。

実質年率とは、1年間お金を借りた際にかかる利息の割合のことを指します。

例えば、10万円を1年間金利18.0%で借り入れすると、途中返済無しの場合18,000円の利息が掛かるということです。

この場合の実質年率と金利は、同様の意味として捉えて下さい。最低金利は、融資を行う際に設定される最も低い金利のことを指しています。

基本的には、融資金額が大きくなるほど金利は低くなり、融資金額が小さくなるほど金利は高くなる、という特徴があります。

したがって、最低金利が適用されるのは、融資上限額である800万円を借り入れし、加えてアコムの優良顧客の方だと思っておきましょう。

ちなみに、アコムは貸企業法の対象ですので年収の3分の1までの金額しか借り入れすることはできません。

ですので、融資上限額の800万円を借り入れするためには、年収2400万円以上必要だということです。

つまり、ほとんどのキャシング利用者は最低金利を気にする必要はないのです。

アコムの金利は高い?他消費者金融カードローンと比較!

アコムの金利は年3.0%~18.0%なのですが、この金利が高いのか低いのか分からないものですよね。

そんなときは他社消費者金融カードローンと比較してみると、分かります。

アコムと他社消費者金融カードローンの金利比較
消費者金融カードローン名 金利
アコム 年3.0%~18.0%
プロミス 年4.5%~17.8%
アイフル 年3.0%~18.0%
レイク 年4.5%~18.0%
SMBCモビット 年3.0%~18.0%

初めての借入れ時に適用金利になることが多い上限金利(アコムであれば年18.0%)が注意して見るべき金利です。

こうして見ると、ほぼ消費者金融カードローンは同じ金利で差がないことが分かるのではないでしょうか。

他社消費者金融カードローンと比べれば、決してアコムの金利は高いというわけではありません。

銀行カードローンは上限金利が年14.0%台で消費者金融に比べて低金利ですが、消費者金融カードローンが扱っている無利息サービスを利用すれば銀行カードローン並の金利にすることは可能です。

利息はいくら?事例から利息がどれくらいかを理解してみましょう

「アコムの利息が気になるけどイマイチ想像がつかない」という方のために、いくつか利息金額例をまとめました。

アコムから30日間金利18.0%で借りた場合の利息と返済金額表
借入金額 利息金額 合計返済金額
10,000円 147円 10,147円
30,000円 443円 30,443円
50,000円 739円 50,739円
100,000円 1,479円 101,479円
200,000円 2,958円 202,958円

※利息計算式は、【元金×実質年率÷365×利用日数】を利用して試算しています。

上記をご覧頂くとわかるように、1ヶ月以内で返済する場合の利息差は非常に少額となっています。

したがって、大きな金額だったとしても短期的に返済するのであれば、融資スピードの早いアコムは非常に便利な手段だと言えるでしょう。

また、アコムは利用日数に応じて利息を算出するため、早期返済することでムダな利息を節約することができます。

上手くアコムを活用した例として、下記の事例を参考にして下さい。

事例

「給料日まであと10日なのに、お金が無くて困った…」という事情を抱えるAさん、アコムのキャッシングを申し込みすることにしました。

1時間以内に審査回答があり、即日で10万円の融資を受けることができたので10日後10万円を完済しました。

10日間分の利息なので、かかった利息額は493円だけでした。

※金利は18.0%で計算しています。

FPが解説するアコムの活用ポイント

アコムの利息は日数分のみとなっていますので、短期的に返済すれば非常に少ない利息でお金を借りることができます。

事例のほか、ボーナスが支給される前に商品を購入したい場合なども、アコムを上手く活用することができるでしょう。

短期借り入れ・短期返済がアコムを活用する大きなポイントです。

かんたん!利息シミュレーションで利息と返済額をスッキリ理解!

ここまで触れてきたように、利息金額は試算しなければ実感を持つことができません。

しかし、利息計算には手間も必要なので避けてしまう方が非常に多いです。

そこで、ナビナビキャッシングではアコムの金利に対応した返済シミュレーションを作成しましたのでぜひ活用して下さい。

アコムの金利0(ゼロ)サービスはお得?注意点は何?

アコムの特徴的なサービスとして重要なのは「金利0サービス」です。

このサービスは、「初めてアコムを利用する方」という条件を満たした方が利用できるサービスです。

このサービスは、契約日から30日間の金利がかからないというもので、上手く活用することができれば利息を大幅に節約することができます。

例えば、50万円を30日間金利18.0%で借りた場合にかかる利息は、通常であれば7,397円です。

しかし、金利0サービスを利用することができれば、利息は1円もかかりません。

このように、短期的に利用する方なら無利息で借り入れすることも可能だということです。

金利0サービスを利用する上で注意しなければならないのは、金利0の期間が初回借り入れ日からの起算ではなく、契約日から起算だということです。

契約当日に借り入れするなら問題は無いのですが、契約当日から1週間後に借り入れした場合は、金利0期間も1週間短くなってしまうので注意が必要です。

また、金利0のお得感がゆえに、必要以上に借り入れしてしまうケースがあります。

しかし、金利0期間中に約定返済日が来た場合でも、利用金額に応じた返済が必要です。

このときの返済額は全て元金に充当されますが、ご自身の返済能力を超えた金額を借り入れしてしまうと返済ができず、最悪の場合延滞してしまう恐れがあります。

返済能力を把握しつつ、計画的に利用しましょう。

アコム

総合評価

  • 3.9点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年3.0%~18.0% 最大800万円 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短20分※ 最短20分※

おすすめポイント

  • 最短20分で審査回答!来店不要!※
  • 24時間365日いつでも借入&返済できる!
  • はじめての人なら最大30日間、金利0円!

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アコムの金利は引き下げ交渉できる?徹底検証

「アコムの金利は引き下げ交渉可能!」「アコムとの交渉次第で下げてもらえる」など、利用者にとって魅力的な言葉がネット上の記事で散見されます。

しかし、アコムの公式ホームページにそのような内容は記載されていません。

これは一体どういうことなのか、検証を行いました。

検証結果から先に触れておくと、アコムに金利の引き下げ交渉をすることはできません。

ただし、契約時の金利でずっと利用しなければならないかというと、そうではないのです。

これはどういうことなのかというと、アコムは半年毎に「増額審査」をコンピュータ上で行っているので、条件を満たしている方にはメールなどで増額の案内が届きます。

もし、増額できた場合は金利も改定されることになり、金利が引き下げられるのです。

また、アコムは増額審査をいつでも受け付けています。

したがって、もしご自身で金利を引き下げたいのであれば、増額審査に通ることで金利が引き下げられる可能性もあるということです。

しかし、電話などで「金利を引き下げて欲しい」というように相談したとしても断られてしまいます。

まとめると、金利をどうしても下げたい方は、増額審査を受けるか、もしくは低金利な商品を取り扱うキャッシング会社を探す必要がある、ということです。

増額の審査内容や申し込み方法は「アコムの増額方法|審査は甘い?いつから申込みできるか徹底解説」で解説しています。ぜひ参考にしてください。

まとめ

アコムは活用方法によってかかる利息が大きく変わります。

特に、アコムを初めて利用する方には、必ず「金利0サービス」を利用することをおすすめします。

お得にアコムを活用して、上手く利息を節約しましょう。

関連記事

種類・特徴でキャッシング・カードローンを探す

キャッシングするときの目的は人それぞれ。即日キャッシングしたい人や個人事業主向けのローンなど目的がはっきりしている方はこちらからキャッシング・カードローンを選んでみましょう!

  • 基本情報

※当サイトでは掲載各社(アコム株式会社等)のアフィリエイトプログラムで収益を得ております。
【三井住友銀行 カードローンについて】
※毎月の返済は、返済時点での借入残高によって約定返済金額が設定されます。
【みずほ銀行カードローンについて】
※みずほ銀行住宅ローンのご利用で、みずほ銀行カードローンの金利が年0.5%引き下がります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
【レイクの貸付条件について】
※【レイクの貸付条件】融資額など借入れに関する諸条件です。 満20歳以上70歳以下の人で安定した収入のある人(パート・アルバイトで収入のある人も可)は、利用できます。 ※取引期間中に満71歳になった時点で、新たな融資は停止されます。 【融資額】1万円~500万円【貸付利率(実質年率)】4.5%~18.0%※貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。 【利用対象】満20歳~70歳(国内居住の人、日本の永住権を取得されている人)【遅延損害金(年率)】20.0%【返済方式】残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式【返済期間・返済回数】最長5年・最大60回 ※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数は借入れ及び返済計画に応じて変動します。 【必要書類】運転免許証等、収入証明(契約額に応じて、新生フィナンシャルが必要とする場合)【担保・保証人】不要-貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。 新生フィナンシャルが契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関(日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター)契約には所定の審査があります。 2023年1月現在。 商号・名称:(新生フィナンシャル株式会社)貸金業者の登録番号:関東財務局長⑽ 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号 ※最短即日融資は21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。 初めて利用の人への当日融資は、8~22時(毎月第3日曜日は8~19時)となっております。 融資時間は、一部店舗によって異なります。 年末年始を除きます。 一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。 Web以外の無人店舗や電話で申込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。 60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。 30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。 無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。 無利息期間経過後は通常金利適用。 貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。
【アイフルの貸付条件について】
※【商号】アイフル株式会社 【登録番号】近畿財務局長(14)第00218号 【貸付利率】3.0%~18.0%(実質年率) 【遅延損害金】20.0%(実質年率) 【契約限度額または貸付金額】800万円以内(要審査) 【返済方式】借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式 【返済期間・回数】借入直後最長14年6ヶ月(1~151回) 【担保・連帯保証人】不要
東証プライム市場上場

「ナビナビキャッシング」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。

株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

「ナビナビキャッシング」では各種法律を遵守した広告掲載を行うために、
社内において各種法律遵守のためのコンテンツ制作ポリシーを整備しています。

また、コンテンツ制作に携わる編集部では景表法・特定商取引法に関する認定資格「KTAA」シルバー団体認証マークを取得しています。

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.