1. ナビナビキャッシング トップ
  2. アコム
  3. アコムの追加融資は審査なし!借り入れできないときの原因や対処法を紹介

  • はい
  • いいえ

アコムの追加融資は審査なし!借り入れできないときの原因や対処法を紹介

アコムの追加融資は審査なし!借り入れできないときの原因や対処法を紹介

「アコムで初めて借り入れしたけど、2回目以降の借り入れはどうすればいいの?」

「追加で融資してもらうには審査を受ける必要がある?」

「追加融資を受けられないってことはあるの?そのときはどうすればいい?」

アコムでの借り入れに慣れていない人の中には、このような不安を持っている人がいるかと思います。

アコムの追加融資は借入限度額内であれば、審査を受ける必要はありません。

仮に限度額が50万円の場合、50万円以内の借入であれば何回でも借りることができます。

アコムで追加融資を受ける3つの方法

  • 銀行口座へ振り込んでもらう
  • ローンカードを使ってアコムATM、提携ATMで借りる
  • 店頭窓口で直接借りる

楽天銀行をお持ちの人なら、24時間最短1分で振込融資を受けることができます。

しかし、場合によってはアコムで追加融資を受けられない人もいます。

どんなときに追加融資を受けられなくなってしまうのか? 追加で借りられない場合はどうすればいいのか?

この記事ではアコムの追加融資に関するあらゆる疑問について、詳しく解説していますのでぜひ参考にしてください。

アコムの追加融資は審査なしで受けられる

アコムの追加融資は審査なしで受けられる

冒頭でもお伝えしましたが、アコムでは限度額の範囲内であれば、審査なしで何度でも追加融資を受けられます。

審査が必要になるのは「増額」をしたいときです。 追加融資と増額は以下のように異なります。

  • 追加融資:限度額内での借入
  • 増額:限度額の枠を上げること

そのため、限度額が残っていればいつでも追加融資が受けられます。

アコムの追加融資を受けるための借入方法

アコムで追加融資を受ける方法は以下の4つです。

追加融資を受ける方法 24時間借入OK 手数料
銀行振込 無料
アコムATM 無料
提携ATM 提携先金融機関による 1万円以下:110円
1万円超:220円
店頭窓口 × 無料

※金融機関・申込時間帯によっては利用できない場合があります。

それぞれの借入方法については詳しく解説していきます。

銀行振込で追加借入する場合

土日祝日に即日融資を受けるときの流れ

  1. 会員サービスにログイン
  2. 「振込によるお借入」を選択し、振込手続

銀行振込はインターネットの会員サービスから手続すれば、指定口座へ振込してくれます。

振込手数料は無料で、楽天銀行の口座であれば24時間最短1分で入金が反映されます。

なお、金融機関によって当日中に入金される時間が異なるので確認しておいてください。

金融機関 当日中に入金される時間
楽天銀行 0:10~23:49
三菱UFJ銀行
ゆうちょ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
月曜 9:00~23:49
火曜~金曜 0:10~23:49
土日祝 9:00~19:59
振込時間拡大(モアタイム)金融機関 平日9:00~17:29
その他の金融機関(コアタイム) 平日9:00~17:29

アコムATMで追加借入する場合

アコムATMで追加借入する流れ

  1. アコムATMにローンカードを入れる
  2. 暗証番号を入力
  3. 「ご融資」を選択
  4. 借入額を入力
  5. 紙幣とローンカード、明細書を受取る

アコムATMは自動契約機や店頭窓口に併設されています。

手数料 無料
営業時間 24時間年中無休
メンテナンス 毎週月曜日の1:00~5:00

ATMの利用手数料は無料です。 営業時間は24時間で年中無休ですが、毎週月曜日の1:00~5:00の間は定期点検のため利用できません。

また、設置場所によっては営業時間が異なる場合や、自動契約機や店頭窓口に併設されていないケースもあります。

提携ATMで追加借入する場合

提携ATMで追加借入する流れ(セブン銀行の場合)

  1. 提携ATMにローンカードを入れる
  2. 「ご出金(借入)」を選択
  3. 暗証番号の入力
  4. 借入額を入力し、問題なければ「確認」を選択
  5. 紙幣とローンカード、明細書を受取る

上記はセブン銀行の場合の流れですが、他の提携ATMでも大きな違いはありません。

提携ATMの場合は以下の利用手数料が発生します。

利用金額 利用手数料
1万円以下 110円
1万円超 220円

また、毎週月曜日1:00~5:00の間はメンテナンスのため、すべての提携ATMが利用できません。

その他、セブン銀行ATMは23:50~0:10の間、イオン銀行ATMは23:45~0:10の間は利用できないので気をつけておきましょう。

店頭窓口で追加借入する場合

店頭窓口で追加借入する流れ

  1. アコムの店頭窓口まで来店
  2. 窓口で追加借入したいと伝える

アコムの店頭窓口でも借入可能ですので、近場にある人は利用しても良いでしょう。

店頭窓口の場合、手数料無料で借入できますが営業時間が「平日9:30~18:00」となり、土日祝日は利用できないので気をつけてください。

また、借入にはアコムのローンカードが必要になるため、忘れずに持参しましょう。

アコムであといくらまで追加で借りられるのかを確認する方法

アコムであといくらまで追加で借りられるのかを確認する方法

アコムであといくらまで追加借入できるかを確認する方法は、以下の4つです。

確認方法 営業時間
会員サービス 24時間
アコムATM 24時間
提携ATM 提携先金融機関による
店頭窓口 平日9:30~18:00
土日祝日は休業日

おすすめなのは「会員サービス」です。

会員サービスならインターネットからすぐに確認できるため、他の方法とは違って来店が必要ないからです。

それではそれぞれの方法について詳しく解説していきます。

会員サービスで確認する場合

会員サービスで借入可能額を確認する流れ

  1. 会員サービスにログイン
  2. 「各種照会・変更のお手続」を選択

会員サービスで限度額を確認するのはログインして、「各種照会・変更のお手続」を選択するだけで良いのでとても簡単です。

24時間利用できるため、いつでも好きなときに限度額を確認できます。

アコムATM、提携ATMで確認する場合

アコムATM、提携ATMで確認する流れ

  1. ATMにローンカードを入れる
  2. 「残高照会」を選択

ATMで限度額を確認する際は、ローンカードをATMに挿入し、「残高照会」を選択します。

利用手数料は発生しませんが、メンテナンス等で利用できない時間帯があるので気をつけてください。

(利用できない時間帯は借入するときと同じです)

アコムの店頭窓口で確認する場合

アコムの店頭窓口で確認する流れ

  1. アコムの店頭窓口まで来店する
  2. 窓口で限度額の確認をしたいと伝える

アコムの店頭窓口でも限度額の確認ができます。

店頭窓口は営業時間が「平日9:30~18:00」ですので、土日祝日は利用できないと知っておきましょう。

アコムの追加融資できないときの原因と対処法

アコムの追加融資できないときの原因と対処法

「アコムで追加融資をしたいのになぜかできない・・・」

場合によっては、そうした状況になることもあります。 その原因はおもに次の3つです。

アコムで追加で借りられないときの原因
  • 返済を延滞・滞納している
  • すでに借入限度額いっぱいまで借りている
  • 総量規制以上を借りようとしている

詳しく解説していきます。

返済を延滞・滞納している

アコムの返済日を守らないと、すぐにサービスの利用停止になるため、追加融資をしてもらえません。

また、アコムだけでなく、他社のローンやクレジットカードなどの返済日を延滞や滞納した場合も、アコムのサービスが利用停止になったり、限度額を減らされたりする可能性があります。

他社の返済記録は「信用情報機関」というところに一定期間残ります。

そして、アコムは定期的に信用情報機関に照会して、他社の返済日をきちんと守っているかもチェックしているのです。

他社の返済日を守っていない人は、お金がなくて返済できない可能性があります。

お金がなくて返済できない人への融資はリスクが高いため、利用停止にして借入できないようにしたり、限度額を下げたりすることがあります。

対処法:返済して延滞を解消する

アコムの利用停止を解除するには、返済して延滞を解消するしかありません。

なるべく早めに延滞を解消し、今後は2度と延滞しないようにするのが大事です。

アコムの延滞については「アコムで支払い延滞すると?返済遅れ・滞納への対処法や遅延しない対策法を解説」をご確認ください。

すでに借入限度額いっぱいまで借りている

限度額いっぱいまで借入するとそれ以上は借入できません。

アコムで借入できるのは限度額の範囲内だからです。

例えば、限度額が50万円であれば借入できるのは50万円までになり、51万円以上を借入することはできないのです。

アコムの限度額については、「初めてアコムで借りる時の限度額はいくら?上限金額を上げる方法を紹介」でも詳しく解説しています。

対処法:増額審査を受ける

アコムの借入額が限度額に達している場合は、「増額審査」を受けるのがおすすめです。

増額審査に通過できれば、限度額がアップするため、また追加で借入することができます。

アコムの増額審査については、「アコムの増額方法を知りたい方必見!審査や申込みについて徹底解説!」をご確認ください。

総量規制以上を借りようとしている

アコムは「総量規制」の対象になるため、総量規制で決まった金額以上の借入はできません。

総量規制とは

貸金業者が融資できる金額は申込者の年収の3分の1までという法律です。

例えば、年収300万円の人なら、3分の1の100万円が借入できる上限になります。

なぜ総量規制があるかと言いますと、過剰融資を防ぐためです。

2010年6月18日に総量規制が導入される前は融資額に制限がなかったため、アコムのような貸金業者で本人の返済能力以上に借入をしてしまう人が増えて社会問題になりました。

そうした背景があり、総量規制が導入されたのです。

このため、貸金業者での借入額が年収の3分の1に達しているとそれ以上は借入できないのです。

ちなみに貸金業者とはおもに以下の3つであり、総量規制の年収の3分の1はアコムだけでなくすべての貸金業者の借入を含めて計算すると覚えておきましょう。

貸金業者として代表的な借入

  • 消費者金融のカードローン・キャッシング・フリーローン
  • 信販会社のカードローン・キャッシング・フリーローン
  • クレジットカードのキャッシング枠

対処法:銀行カードローンでの借入を検討する

アコムでは総量規制以上の借入はできませんので、「銀行カードローン」を検討してみるのがおすすめです。

銀行カードローンは貸金業法ではなく「銀行法」が適用されますので、総量規制の対象外です。

そのため、貸金業者の借入額が年収の3分の1に達している場合でも審査に通過できる可能性があります。

ただし、銀行カードローンも他社借入が多いほど審査に不利になります。

よって、他社の借入額はできる限り減らしてから申し込みするのがおすすめです。

また、延滞していると審査落ちになる可能性が高まるため、延滞を解消してから申し込みしましょう。

銀行カードローンについては、「低金利のカードローンでおすすめ銀行カードローン比較ランキング【2022年版】」でも詳しくお伝えしていますので合わせてお読みください。

まとめ

アコムでは限度額の範囲内であれば何度でも追加融資が受けられます。

審査も必要ないため、

「借入したい!」

と思ったときにすぐ借りられるため、安心してください。

借入するための方法も簡単でインターネットなら、会員サービスにログインして手続するだけでOKです。

限度額いっぱいまで借入している場合は「増額」を検討してみましょう。

増額審査に通過できれば今よりも限度額が増えますので、必要な金額が借入できる可能性があります。

アコム

申込~借入までWEBで完結!

総合評価

  • 3.9点
実質年率 利用限度額 無利息期間
3.0%~18.0% 最大800万円 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短30分 最短30分 ×

おすすめポイント

  • 最短30分で審査回答!来店不要!
  • 24時間365日いつでも借入&返済できる!
  • はじめての方なら最大30日間、金利0円!

※18歳、19歳の方は契約に至りづらい可能性があります。また、収入証明書の提出が必要になります。

アコムの詳しい情報については「アコム審査前に読んでおくべき鉄則!キャッシングまでの流れを徹底解説」をご確認ください。

関連記事

種類・特徴でキャッシング・カードローンを探す

キャッシングするときの目的は人それぞれ。即日キャッシングしたい人や個人事業主向けのローンなど目的がはっきりしている方はこちらからキャッシング・カードローンを選んでみましょう!

  • 基本情報

【三井住友銀行 カードローンについて】
※毎月の返済は、返済時点での借入残高によって約定返済金額が設定されます。
【みずほ銀行カードローンについて】
※みずほ銀行住宅ローンのご利用で、みずほ銀行カードローンの金利が年0.5%引き下がります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
【レイクALSAの貸付条件について】
※【レイクALSAの貸付条件】融資額など借入れに関する諸条件です。満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)は、利用できます。※取引期間中に満71歳になった時点で、新たな融資は停止されます。【融資額】1万円~500万円【貸付利率(実質年率)】4.5%~18.0%※貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。【利用対象】満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)【遅延損害金(年率)】20.0%【返済方式】残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式【返済期間・返済回数】最長5年・最大60回 ※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数は借入れ及び返済計画に応じて変動します。【必要書類】運転免許証等、収入証明(契約額に応じて、新生フィナンシャルが必要とする場合)【担保・保証人】不要-貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。新生フィナンシャルが契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関(日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター)契約には所定の審査があります。2022年2月現在。商号・名称:(新生フィナンシャル株式会社)貸金業者の登録番号:(関東財務局長(10) 第01024号)※最短即日融資は21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。初めて利用の方への当日融資は、8~22時(毎月第3日曜日は8~19時)となっております。融資時間は、一部店舗によって異なります。年末年始を除きます。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。Web以外の無人店舗や電話で申込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。無利息期間経過後は通常金利適用。貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。
東証一部上場

「ナビナビキャッシング」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。

株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.