「超ブラックで、どうしてもお金を借りられない……」

このようなときに「ブラックでも借りられた」「この消費者金融は審査が甘い」という情報を見つけると、思わずその会社に申し込みたくなりますよね。

しかし残念ながら、ブラックの状態で消費者金融からお金を借りることは基本的にできません
もし「ブラックでもOK!」とアピールしている業者がいたとしても、危険な闇金である可能性が高くなるため、安易に利用してはいけません。

では、お金を借りる方法が全くないのかと言うとそうではありません

実はブラックでも借りられたという口コミには、「自分自信をブラックだと思いこんでいただけで、本当はブラックじゃなかった人」の意見も多く含まれています。
そのためまずは、ご自身が「本当にブラックなのか」を確認した上で、お金を借りるにはどうするべきなのかを考えていきましょう

この記事ではご自身がブラックなのかを確認する方法や、ブラックでも絶対に利用してはいけないお金の借り方などについて、分かりやすく解説していきます。

超ブラックでも借りられる消費者金融やカードローンは存在しない

残念ながら、ブラックリストでも借りられる消費者金融や銀行カードローンは存在しません

ブラックリスト入りしている人は過去に返済を延滞した等の理由から、返済能力が低い人だと認識されています。
そのため、消費者金融や銀行カードローンの審査に申し込んだとしても、ほとんどの場合は審査に落ちてしまうのです。

もし「ブラックだけど審査に通った!」という口コミがあったとしても、実は「自分がブラックだと思っていただけだった」というケースがあるため、鵜呑みにしないでおきましょう

また、勘違いされている方もいるのですが、消費者金融の審査に落ちる=ブラックリストではありません

記事中ではご自身が、ブラックリストに入ってしまっているかを確認する方法を紹介していますが、その前に消費者金融の審査に落ちてしまう理由について簡潔に解説します。

審査落ち=ブラックではない!審査に落ちてしまう理由

大手の消費者金融で借りられなかったことから、自分がブラックだと感じるかも知れませんね。

しかし、審査に落ちたからと言ってブラックだとは限りません

消費者金融の審査に落ちてしまったときに考えられる理由は、以下のように複数あるのです。

<消費者金融の審査に落ちてしまう理由の例>

  • 個人信用情報に問題がある
  • 安定した収入がない
  • 総量規制の金額(年収の3分の1)を超えている
  • 在籍確認ができなかった
  • 申込要件を満たしていない
  • 必要書類が揃っていない
  • 多重申込みをした

1つめの理由はいわゆるブラックリストの状態を指しますが、それ以外にも審査に落ちてしまう理由は複数考えられます。

過去にクレジットカードの支払いを滞納したことがあったり、他のカードローンを延滞したことがあったりすると不安になるかと思いますが、必ずしもブラックになっているとは限らないのです

審査に不安があるならフクホーを検討しよう

大手の消費者金融で審査に落ちてしまった人や、審査に不安がある人は、柔軟な審査で定評がある「フクホー」に申込みしてみるのも良いでしょう

フクホーは大阪市に拠点をもつ、中小消費者金融です。

審査が甘いというわけではありませんが、大手消費者金融とは異なる審査基準を持っていると言われていて、「大手では断られたけど、審査に通過できた」という口コミも多く存在します。

このため、プロミスのような大手だと審査が不安な人は、フクホーを検討してみるのも良いでしょう。

ブラックの人はフクホーでも借入できない ネット上には「フクホーならブラックOK」というように書いている記事もありますが、何度も説明するように、審査に通ったという人はそもそもブラックではなかった人だけだという点に注意しましょう。

フクホーも信用情報機関に加盟していますので、事故情報のある人は高確率で審査落ちになります

自分がブラックなのかを確認する方法

ブラックリストと言われていますが、実はそのような名前のリストが存在するわけではありません。

個人信用情報機関に「事故情報」が登録されている状態のことを、一般的に「ブラックリストに入る」「金融ブラックになる」というように言われています。

そのため、個人信用情報にどのような情報が保存されているのかを照会すれば、ご自身がいわゆるブラックの状態なのかを調べることが可能です

信用情報機関で開示請求するときの大まかな流れ>

  1. 自分が借入しているローンが、
    どの信用情報機関と提携しているのかを確認
  2. 該当する信用情報機関の公式サイトにて
    希望する開示情報を選択
  3. 各手続きに従って開示請求の手続きを行う

個人信用情報機関は3つあり、それぞれおもに加盟している金融機関には傾向があります。

まずは、自分が利用しているクレジットカードやローンの提供元が、どの個人信用情報機関と提携しているか確認しておきましょう。

信用情報機関おもに加盟している金融機関
株式会社シー・アイ・シー(CIC)・クレジットカード会社
・信販会社
株式会社日本信用情報機構(JICC)・消費者金融
全国銀行個人信用情報センター(KSC)・銀行
・信用金庫
・労働金庫

各機関は独立していて、記録されている情報はその機関に加盟している金融機関のものだけですが、事故情報に関しては3つの信用情報機関で共有されます

すべての事故情報が共有されるわけではありませんが、あなたが利用しているクレジットカードやローンの提供元が加盟している、すべての信用情報機関に開示請求しておくことをおすすめします

CICへスマホで開示請求の流れ

CICにスマホで開示請求するときの流れは次のとおりです。

  1. スマートフォンでの操作方法ページへ移動
  2. 「お手続き前の確認事項」を確認する
  3. クレジット契約で利用した電話番号で
    0570-021-717に電話する
  4. 受付番号をメモする
    (電話してから1時間以内に行う)
  5. メモした受付番号を入力
  6. パスワードを入力して開示報告書(PDF)
    を開いて内容を確認する
サービス時間
8:00~21:45(年末年始も利用できる)
利用手数料
1,000円
※初回開示から96時間以内に再開示を行った場合、手数料は無料
支払い方法
クレジットカード決済(1回払い)

CICの信用情報開示報告書の見方

CIC「信用情報開示報告書」

「信用情報開示報告書」の見方としては、「D」の返済状況に「異動」とあったらそれが事故情報です。

「信用情報開示報告書」の「D」の返済状況に「異動」あり

※出典:CIC「信用情報開示報告書の見方」

開示報告書に関するよくある質問や、信用情報開示報告書の見方についてはこちらに書いてありますので、参考にしてください。

JICCへスマホで開示請求の流れ

JICCにスマホで開示請求するときの流れは以下のとおりです。

  1. 専用アプリをダウンロード
    >iPhone
    >Android
  2. 「利用規約」を確認
  3. パスワードを発行
  4. 発行されたパスワードを入力し、
    必要事項や申込内容を入力
  5. 本人確認書類の撮影と送信
  6. 手数料の支払い方法を選択
  7. 開示結果が簡易書留(親展)
    転送不要で郵送される
サービス時間
24時間365日
利用手数料
1,000円
必要書類

下記書類の中からいずれか1点をご用意ください。
・運転免許証または運転経歴証明書
・各種保険証(カード式・折りたたみ式)
・マイナンバーカード(個人番号カード)
・パスポート
・住民基本台帳カード(写真付)
・在留カードまたは特別永住者証明書
・各種障がい者手帳

※本人確認書類は日本の官公庁が発行した有効期限内のもので、氏名・現住所・生年月日が確認できるものに限ります。
※個人番号に関する「通知カード」は本人確認書類に当たりませんのでご注意ください。
※誤って個人番号が記載された画像を送信された場合は画像を削除いたします。

支払い方法
  1. クレジットカード(1回払いのみ)でのお支払い※
  2. コンビニエンスストアでのお支払い※
  3. 金融機関(銀行、信用金庫等)のATMでのお支払い
    (ペイジー対応ATMに限ります)※
  4. オンラインバンキングからのお支払い
    (ペイジー対応に限ります)※

※上記❶はご本人様名義のカードに限ります。
※上記❷、❸、❹は開示手数料とは別に支払手数料がかかります 。

開示結果「信用情報記録開示書」の郵送について
開示結果は現住所へ簡易書留(親展)・転送不要で郵送される
(送付先の変更不可)

開示請求書が自宅に届くのは申込時期や郵便事情にもよりますが、通常1週間~10日程度となっています。

JICCの公式サイト「スマートフォンによる開示申込手続き」にも詳しい解説がありますので、そちらも確認しておいてください。

JICCの信用情報開示報告書の見方

上記手順を行うと「信用情報記録開示書」という書類を確認することができます。また、JICCの「信用情報記録開示書」は以下の2種類があります。

信用情報記録開示書(ファイルD)
貸金業者からの借入情報等、キャッシングの契約が主に登録されている見方を確認
信用情報記録開示書(ファイルM)
クレジットや金融機関等の契約が主に登録されている見方を確認

どの情報を確認したいかによって、確認する書類や確認箇所が変わるので注意してください。

信用情報記録開示書(ファイルD)の見方

信用情報記録開示書(ファイルD)

「6」の「異参サ内容」の項目に、延滞や破産申立があると、それが事故情報になります。

下図が拡大したものとなります。

「6」の「異参サ内容」の事故情報あり

※出典:JICC公式サイト「信用情報記録開示書の見方について」

この部分に何も書かれていなければブラックではないということになります。
この部分に何も書かれていなかった!という人は「ブラックでないなら「プロミス」に申し込みしてみよう!」を確認してみてください。

信用情報記録開示書(ファイルM)の見方

信用情報記録開示書(ファイルM)

「10」の「支払遅延の有無情報」という箇所に、返済遅延や破産申立、特定調停などの情報が書いてあると、事故情報となります。

拡大した画像はこちらです。

「10」の「支払遅延の有無情報」の事故情報あり

※出典:JICC公式サイト「信用情報記録開示書の見方について」

この部分に何も書かれていなかった!という人は「ブラックでないなら「プロミス」に申し込みしてみよう!」を確認してみてください。

KSCへの開示請求の流れ

KSCの開示請求は郵送のみの受付となり、以下のような流れになります。

  1. KSCのサイトから登録情報開示申込書
    をダウンロード
  2. ・登録情報開示申込書
    ・手数料(定額小為替証書)
    ・本人確認書類(2点)
    をKSCまで郵送
  3. KSCから、希望の郵送方法
    (本人限定受取郵便または簡易書留)
    で開示結果が郵送される
申込先
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-5-1
一般社団法人全国銀行協会 全国銀行個人信用情報センター
必要書類
下記書類の中からいずれか2点が必要
・運転免許証または運転経歴証明書
・パスポート(現住所記載の面も)
・マイナンバーカード(写真付)
・住民基本台帳カード(写真付)
・各種保険証(現住所記載の面も)
・公的年金手帳(証書)
・各種障がい者手帳(証書)
・戸籍謄本または抄本(発行日から3か月以内の原本)
・住民票(個人番号の記載のないもの)
・印鑑登録証明書
支払方法と手数料
支払方法:定額小為替証書
手数料:1,000円
開示結果の郵送について
開示結果は現住所へ、希望の郵送方法(本人限定受取郵便または簡易書留)で郵送される

開示結果の郵送は、KSCが書類を受理してから1週間~10日ほどです。

開示請求の流れについては、KSCの公式サイトでも詳しい解説がありますのでそちらも確認しておいてください。

上記開示請求を行うと、「登録情報開示報告書」という書類でブラックなのかどうかを確認することができます。

KSCの信用情報開示報告書の見方

「登録情報開示報告書」

返済区分の「あ」の部分に、「延滞」と記載があると事故情報です。

返済区分の「あ」に「延滞」と記載がある事故情報

※出典:全国銀行協会登録情報開示報告書の見方について

また、おなじく返済区分に以下の項目がある場合も、事故情報という扱いです。

  • 代位弁済
  • 保証履行
  • 強制回収手続
  • 保証債務未履行
  • 移管

この部分似上記のような内容が書いていなかった人は申込みを検討してみてください。

ブラックでないなら「プロミス」に申し込みしてみよう!

信用情報機関へ開示請求してみて、「自分はブラックになっていない!」と判断できたら、大手消費者金融の「プロミス」に申し込みしてみましょう。

プロミスは以下のようにサービスが充実しており、当サイトのランキング1位のカードローンですのでおすすめです。

メリット
  • 審査時間は最短15秒回答
  • WEBなら最短30分で融資※
  • はじめての人は30日間無利息
  • カードレス&郵送物なしで利用可能
  • スマートフォンひとつで借入や返済ができる
  • 専用カードを利用できるコンビニや銀行が沢山ある
  • 三井住友銀行ATMの利用手数料無料

※スマートフォンからの申込で「少ない項目で最短15秒回答」を利用した場合
「少ない入力項目で最短15秒回答」の申込みは9:00~21:00まで。
「少ない入力項目で最短15秒回答」での融資上限は50万円まで。
審査回答までの時間は、状況により異なります。
申込みの時間帯や、利用する銀行によって、振込みまでの時間が異なる場合あり。
事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。

ブラックでないなら、プロミスの審査に通る可能性がありますので、思い切ってチャレンジしてみる価値はあります。

プロミス

総合評価

  • 4.8点
実質年率 利用限度額 無利息期間
4.5%~17.8% 最大500万円 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
事前審査 最短15秒回答 最短30分※

おすすめポイント

  • 金利が17.8%で他の消費者金融より低め!
  • 初回借入れの翌日から30日間は利息0円!※
  • 国内外20万ヶ所以上の施設で割引優待サービスを受けられる!

※スマートフォンからの申込で「少ない項目で最短15秒回答」を利用した場合。「少ない入力項目で最短15秒回答」の申込みは9:00~21:00まで。「少ない入力項目で最短15秒回答」での融資上限は50万円まで。審査回答までの時間は、状況により異なります。申込みの時間帯や、利用する銀行によって、振込みまでの時間が異なる場合あり。事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。

消費者金融ランキングについては「【完全版】みんなが選ぶ「消費者金融」おすすめランキング!(2021年最新)」をご覧ください。

ブラックの人が安全にお金を借りたいときは

個人信用情報機関に問い合わせてみた結果、自分自身がブラックだった場合はどのようにお金を借りれば良いのでしょうか。

もしブラックになりながらもどうしてもお金を借りたいという状況なのであれば、お金を借りることよりもまずは弁護士に相談することをおすすめします

個人信用情報機関に事故情報が記録されていると、記録機関である「5年~10年」が過ぎるまでは審査に通ることはほぼ不可能だからです

残念ながらブラックでも融資可能な銀行や消費者金融は存在しないので、その情報が消えるのを待つしか手がありません。

また、もし「ブラックでもOK!」とアピールしている業者があったとしても、次の章で紹介している危険な業者である可能性が高いため、絶対に利用しないようにしましょう。

たとえブラックでも絶対に利用してはいけないお金の借り方

ブラックで消費者金融から借入できないとしても、以下の方法にだけは手を出さないようにしましょう。

それぞれ簡潔に説明していきます。

闇金(ヤミ金)、ソフト闇金

闇金はどれだけお金に困っている状態だとしても、絶対に手を出してはいけません。

法外な金利や個人情報の悪用などが当たり前で、とくに「トイチ(10日で10.0%)」や「トサン(10日で30.0%)」というような超高金利に苦しむことになり、新たな借金を生む大きな原因になりやすいのです

そして最後は完全に返済不能になります。

返済できなくなると闇金から脅迫まがいの取立てや嫌がらせをされることもあり、精神的にも追い込まれてしまうため、絶対利用はしてはいけません

SNSやインターネット掲示板での個人融資

SNSやインターネット掲示板には個人間融資の募集がありますが、これらは利用を避けましょう。

見ず知らずの他人からお金の貸し借りをするのはトラブルのもとです。

実際、個人情報を盗まれたり、詐欺に遭って金銭を騙し取られたりといった、数多くのトラブルが報告されていますので利用はおすすめできません

借入の申込み内容で嘘をつかない

消費者金融の申込時に審査に通りたいがため、年収や職業、他社借入などの情報を偽るのもいけません。

消費者金融は融資のプロですので、嘘はすぐに見破られます

年収は収入証明の提出を求めれば分かりますし、用情報を確認すれば他社借入状況やクレジットカードの利用状況なども分かります。
また嘘の勤務先を書いていた場合でも、審査時の「在籍確認」によってすぐにバレてしまいます。

本来であれば審査に通っていた条件でも、申込みに嘘があれば確実に審査に落ちてしまうので、必ず正しい情報を入力しましょう。

複数の金融機関に申し込まない

消費者金融への申込みでは、複数の業者に申し込むこともNGです。

複数社に申込みをすると、消費者金融から以下のような印象をもたれることで、余計に審査に通りづらくなってしまう可能性があるのです

  • 相当お金に困窮している状態であり、融資すると延滞や貸倒れの危険がある
  • 大きな問題があって各社で審査落ちしている
  • 不正利用をしようとしている

このような状態は、通称「申込みブラック」と呼ばれていて、信用情報に履歴が残っている期間は審査に通りづらくなります(半年間)。

「何社も申し込めば、1社くらい通るだろう……」と考える気持ちは分かりますが、複数社への申込みは避けて、本命の1社だけに申込みましょう

「審査が甘い」「ブラックでも借りられる」に騙されない

「審査が甘い」「ブラックでも借りられる」というような情報には、騙されないようにしましょう。

正規の金融業者で審査が甘い会社はひとつもなく、このような宣伝文句を使う業者は基本的に闇金もしくはソフト闇金だと考えておきましょう

先述したように闇金やソフト闇金は法外な金利が適用されるため、より大きな借金に繋がってしまう可能性が非常に高くなります。どれだけお金が厳しい状態だとしても、絶対に利用してはいけません。

審査が甘いやブラックでもOKという表記は正規の業者では使わないので、このような表記をしている業者の利用は避けましょう。

ブラックでお金を借りるにあたってよくある質問

最後にブラックの状態でお金を借りるにあたって、よくある質問をまとめています。

ブラックリストってどういうものなの?

実はブラックリストという名前のリストは実際には存在せず、あくまでも俗称です。

一般的には、個人信用情報機関に「事故情報」が記録されている状態のことを、「ブラックリストに入る」「金融ブラックになる」というように表現します。

個人信用情報機関とは

クレジット会社やローン会社が加盟している機関であり、そうした会社の商品の利用状況が記録されているところ。金融機関は信用情報機関に問い合わせることで、過去の借入状況やクレジットカードの利用状況などを照会できる。

個人信用情報に事故情報が記録される理由はいくつかありますが、多く見受けられるのは以下のようなケースです。

<事故情報が記録される理由の例>

  • 返済や支払いを2~3ヶ月以上延滞した
  • 債務整理(自己破産、個人再生、任意整理)をした
  • 何らかの理由でカードローン業者やクレジットカード会社から強制解約された
  • ローンで返済不能になり保証会社に代位弁済(立替払い)してもらった

事故情報は返済を長期にわたって延滞した場合などに記録され、事故情報が記録された状態では、基本的にはお金は借りられません

ブラックでも即日融資を受けられる方法はある?

ブラックでも即日融資を受けられて、かつ安全な方法は存在しないと考えておきましょう。

即日融資を受けられるのは消費者金融ですが、記事でもお伝えしたようにブラックの状態では消費者金融は利用できません。

「ブラックでも即日融資OK」とアピールしている業者は闇金の可能性が非常に高くなります。くり返しにはなりますが、このような業者は絶対に利用しないことが重要です。

本当にどこからも借りられない…どうすれば良い?

どの業者に申し込んでも審査に通らず、どうしてもお金を借りられない場合は、いわゆるブラックになっている状態が考えられます(短期間に複数の業者に申し込んだのであれば、申込みブラックの場合もあります)。

ブラックになっていては基本的にどの業者からもお金を借りられません。
まずは自分自身が本当にブラックになってしまっているのかを把握するために、個人信用情報機関に問い合わせましょう。

問い合わせた結果、個人信用情報機関に「事故情報」があればいわゆるブラックの状態なので、お金を借りるのではなく、別の方法でお金を工面しなければなりません。

「お金が欲しい…」という状態から抜け出すための11の行動」ではお金を得る手段をいくつか紹介していますので、こちらも参考になさってください。

安心して借りられる個人融資はある?

安心して借りられる個人融資が絶対にないとは言い切れませんが、それでもリスクが非常に高いため個人融資はおすすめできません。

どのようなトラブルに発展するかが未知数なので、個人融資は避けるべきです。

強いて言うのであれば知人から借りるという方法はありますが、こちらも後々のトラブルに繋がりやすいため注意が必要です。

知人から借りる際のトラブルを避けるには、借用証明書を作成しておきましょう。

まとめ

残念ですが、「ブラックでも借入できる」と言える消費者金融は存在しません。

信用情報機関に事故情報を記録されるブラック状態になってしまうと、どの消費者金融でも高確率で審査落ちになります。

このため、審査が甘いやブラックでも借入できるというような言葉を鵜呑みにしてはいけません。

ただし、自分ではブラックだと思っていても本当はそうでないケースもあるため、信用情報機関に開示請求をして確かめるのがおすすめです。

ブラックではなかったのなら、大手消費者金融の「プロミス」や、中小消費者金融の「フクホー」への申し込みを検討してください。

逆にブラックで借入できそうにない場合、お金に困っていてどうしようもないなら、弁護士に相談するというのもひとつの手です。