今すぐ5万円を借りる方法!即日・審査なしで借りたいときの注意点もわかりやすく解説
小栗 健吾

この記事の執筆者

ファイナンシャル・プランナー

小栗 健吾さん

お財布が心もとない状況のなか、急に結婚式に招待された、生活費に余裕がなくなったなどの理由で、急ぎで5万円ほどの金銭を用意しなければならずに焦った経験がある人もいるでしょう。金銭を確保する主な方法は「借入」となるため、借入をするために消費者金融や銀行カードローンの利用を検討している人も多いのではないでしょうか。

また、審査に時間をかける余裕もないことから、審査不要で借りられる方法を探している人もいると思います。

そこで本記事では、5万円を借りる際のおすすめの方法とその理由、審査なしで借りる方法について紹介します。消費者金融が苦手な人向けの対策も紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を読んでわかること

  • 今すぐ5万円を手にする方法
  • 消費者金融を利用するメリット
  • 審査なしで5万円を借りる方法

今すぐ5万円欲しい場合は「借りる」か「稼ぐ」

今すぐに5万円を手に入れる方法は主に「借りる」と「稼ぐ」の2パターンがあります。手軽に手に入れたい場合は借りる方法がベストですが、人によっては審査に通らない、借入限度額に達しているなどの理由で借りられないケースもあるでしょう。そのような場合には、稼ぐ方法を選択するしかありません。

どちらの選択もとれる人は、どちらが自身に適しているかを判断するためにも、それぞれの特徴やメリット・デメリットを知っておくことが重要です。

借りる メリット
  • すぐに現金を確保できる
  • 働く時間や手間がかからない
デメリット
  • 利息が発生する
  • 借りすぎると返済負担が大きくなりすぎてしまう
稼ぐ メリット
  • 返済負担がかからない
デメリット
  • 働くこと自体が大変
  • 1日で5万円を稼ぐのは難しい
  • そもそも仕事が見つからない可能性がある

当たり前のことではありますが、稼ぐ方法で5万円をすぐに集めるのは決して簡単なことではありません。1日で5万円を稼げる仕事はほとんどなく、日雇いの求人を探しても大体が8,000円~20,000円くらいの報酬設定となっています。仮に稼いで5万円を確保しようとしたら3~4日は続けて働かないと確保できないでしょう。

そのため、即日でお金が必要な人は借りる方法を選択することを推奨します。金利はかかるものの、急ぎで必要な分は確保できますし返済も翌月からになるため、ある程度の期間面での余裕は持てます。収入の目途が立っていない場合は、稼ぐ方法である「日雇いバイト」などをすれば3~4日で返済分を確保できるでしょう。

即日で今すぐ5万円を借りたいなら消費者金融がベスト

5万円をすぐに借りたい場合は、消費者金融の利用をおすすめします。

なぜなら、即日融資可能な金融機関が多く、少額から借入ができるためです。また初回の利用に限り無利息で借入できるサービスを利用すれば、指定の期限までに返済することで利息負担を抑えられます。

他にも、在席確認が不要なサービスもあるため、親族に借入をしていることがバレたくない人にとっては5万円を確保する最適な方法であるといえます。

即日融資に対応している

ほとんどの消費者金融カードローンは即日融資に対応しています。

たとえば、大手の消費者金融カードローンと銀行カードローンの融資スピードは以下の通りです。

金融機関 融資スピード
レイク(消費者金融) Webなら最短25分融資も可能※1
アイフル(消費者金融) 最短18分※2
プロミス(消費者金融) 最短3分※3
SMBCモビット 最短即日※4
三井住友銀行 カードローン(銀行) 最短当日※5
楽天銀行スーパーローン(ネット銀行) 最短翌日

※2024年4月時点
※1.最短即日融資は21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。初めて利用の場合の当日融資は、8時~22時(毎月第3日曜日は8時~19時)となっております。審査結果によってはWebでの契約手続きが行えない場合があります。融資時間は、一部店舗によって異なります。年末年始を除きます。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
※2.申込の状況によっては希望にそえない場合があります。。
※3.申し込みの時間帯や利用する銀行によって、当日中の融資ができない場合があります。
※4.申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※5.申し込み完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もあります。

多くの消費者金融カードローンが即日融資に対応しており、融資のスピードが早い消費者金融カードローンであれば、最短3分で借りられるものもあります。5万円をすぐに確保したい人にとって審査時間や融資までの時間はかなりストレスになりやすいため、融資スピードが早いのは重要なポイントです。

また、融資までのスピードは審査結果が出るまでのスピードに直結します。仮に審査に落ちてしまった場合でも、早い段階で結果が聞けていれば次の対策が取りやすくなるでしょう。

少額融資に対応している

消費者金融カードローンは、少額融資に対応している会社がほとんどです。消費者金融カードローンとそのほかの金融機関の借入限度額を比較してみましょう。

金融機関 借入限度額
レイク(消費者金融) 最大500万円
アイフル(消費者金融) 最大800万円
プロミス(消費者金融) 最大500万円※1
SMBCモビット 最大800万円
三井住友銀行 カードローン(銀行) 10万~800万円
楽天銀行スーパーローン(ネット銀行) 最大800万円

※2024年4月時点
※1.新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。

消費者金融カードローンはいずれも1万円から借入できるため、5万円を借りたい人にもおすすめです。

しかし、そのほかの金融機関については、借入限度額が高いケースもあります。特に三井住友銀行 カードローンの場合は、10万円からでないと借入できません。余分にお金を借りることで返済負担額が多くなるため、無駄に負担を増やさないためにも必要な分だけ借りられるサービスの利用を推奨します。

提携コンビニATMで借りられる

消費者金融を利用する場合、自動契約機だけでなく提携コンビニATMでもお金を借りられます。

たとえば、アコムで契約してセブン銀行ATMから借入する場合、以下の手順で借入が可能です。

  1. アコムのカードをATMに入れて暗証番号を入力
  2. アコムの公式サイトから契約
  3. アコムのスマホアプリをダウンロード
  4. スマホにQRコード読み取り画面を表示する
  5. セブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」を選択
  6. ATMに表示されるQRコードをアプリで読み取る

セブン銀行ATMだけでなく、ローソン銀行ATMやE-netが利用できるコンビニ(ファミリーマートやデイリーヤマザキなど)からも借入ができます。

ただし、消費者金融によって利用できるコンビニのATMが異なるため、事前に公式サイトなどで確認しておきましょう。

初回は無利息期間がある

多くの消費者金融では、初回の借入に限り無利息期間を設けています。無利息期間とは、契約日や借入初日から一定期間、利息がかからないサービスのことです。

無利息期間に借金を全額返済すれば、利息を支払わなくて済みます。消費者金融と銀行カードローンの無利息期間の対応状況について比較します。

金融機関 無利息期間
レイク(消費者金融) 30日、60日(Web申込申し込み限定)、180日(5万円まで)から選択可能
アイフル(消費者金融) 契約日の翌日から30日間
プロミス(消費者金融) 初回借入の翌日から30日間※
三井住友銀行 カードローン(銀行) なし
楽天銀行スーパーローン(ネット銀行) なし

※2024年4月時点
※プロミスの30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とweb明細利用の登録が必要となります。

どの消費者金融も無利息期間があります。特にレイクにおいては条件を満たすと、最大180日の無利息期間が適用されるため、5万円といった少額であればかなりお得に借入が可能です。

家族や会社にバレにくい

消費者金融を利用しても、家族や会社にバレることはあまりありません。

なぜなら、家族や会社に利用がバレないための対応として、以下の方法を実施している消費者金融が多いためです。

  • 勤務先への在籍確認の電話はかけない(電話をかける場合は同意を得て行う)
  • 自宅や勤務先に書類を送らない(万が一送る場合も社名の入っていない封筒で送る)
  • カードを受け取らない選択肢もある

家族にバレるのを避けたい場合は、書面を郵送ではなくWebで受け取りましょう。

また、提携コンビニATMからの借入なら、自動契約機に行くよりも怪しまれにくくなります。

5万円を即日借りたい人が利用できる消費者金融カードローン

5万円を即日借りたいけれど、どの消費者金融カードローンを選べばいいのかわからない人もいるでしょう。

そこで、5万円を即日借りたい人が利用できる消費者金融カードローンを5社紹介します。

サービス名 融資スピード 金利 無利息期間
レイク Webなら最短25分融資も可能 年4.5%~18.0%
  • 60日(Web申し込み限定)
  • 180日(5万円まで)
アイフル 最短18分※1 年3.0%~18.0% 契約日の翌日から30日間
プロミス 最短3分※2 年4.5%~17.8% 初回借入の翌日から30日間
アコム 最短20分※3 年3.0%~18.0% 契約日の翌日から30日間
SMBCモビット 最短即日※4 年3.0%~18.0% なし

※2024年4月時点
※1.申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2.申し込みの時間帯や利用する銀行によって、当日中の融資ができない場合があります。
※3.お申し込み時間や審査によりご希望にそえない場合がございます。
※4.申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

レイク

レイクの場合、審査にかかる時間が申込み後、最短15秒です。融資についてもWebなら最短25分融資も可能で受けられます。スマホのみで申し込みをすれば、自宅に郵送物が届かないため、家族にお金を借りたことがバレる心配もないでしょう。

さらに、5万円を借りたい人にとって嬉しいサービスが最大180日間の無利息サービスです。

期間内かつ5万円までなら何度でも無利息で借入ができます。Webだけでなく、自動契約機や電話の申し込みも対象となるため、これからお金を借りたい人におすすめの消費者金融です。

消費者金融名 レイク
融資スピード Webなら最短25分融資も可能
金利 年4.5%~18.0%
無利息期間 最大30日
最大60日(Web申込み申し込み限定)
最大180日(5万円まで)
受付時間 8:10~21:50
提携コンビニATM セブン銀行ATM
ローソン銀行ATM
E-netが使えるコンビニ

※2024年4月時点
※最短即日融資は21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。融資時間は、一部店舗によって異なります。年末年始を除きます。一部金融機関および、メンテナンス時間などを除きます。

レイク

総合評価

  • 3.6点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年4.5%~18.0% 最大500万円 60日間
審査時間 融資時間 お試し審査
申込み後、最短15秒 Webなら最短25分融資も可能

おすすめポイント

  • はじめてなら無利息が選べる!
  • 申込み後、最短15秒で審査結果を表示!
  • Webからの申込みで、最短25分融資も可能!(審査結果によってはWebでの契約手続きが行えない場合があります)

※最短即日融資は21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。初めて利用の場合の当日融資は、8時~22時(毎月第3日曜日は8時~19時)となっております。審査結果によってはWebでの契約手続きが行えない場合があります。融資時間は、一部店舗によって異なります。年末年始を除きます。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。Web以外の無人店舗や電話で申込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1万円~200万円まで。30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。無利息期間経過後は通常金利適用。貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。

アイフル

アイフルの公式サイトでは、審査可能かどうか、わずか1秒で診断してくれます。入力する内容は以下3項目です。

  • 年齢
  • 年収
  • 他社借入金額

はじめて利用する人の場合は最大30日間の無利息サービスがあるため、緊急でお金が必要なときにも使いやすいでしょう。

また、カードを発行しなくてもスマホから借入や返済ができるため、誰かに見られる心配もありません。

消費者金融について詳しく知らない人でも利用しやすいでしょう。

消費者金融名 アイフル
融資スピード 最短18分※1
金利 年3.0%~18.0%
無利息期間 契約日の翌日から30日間
受付時間 月曜日 8:00~23:50
火~土曜日 0:10~2:00、4:00~23:50
日曜日 6:00~19:00
連休(最終日除く)6:00~23:50
提携コンビニATM セブン銀行ATM
ローソン銀行ATM
E-netが使えるコンビニ

※2024年4月時点
※1.申し込みの状況によっては希望にそえない場合があります。

アイフル

総合評価

  • 3.7点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年3.0%~18.0% 最大800万円 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短18分※ 最短18分※ -

おすすめポイント

  • 初めてなら最大30日間無利息!
  • 会話ロボット「ぽっぽくん」に24時間相談OK!
  • 「1秒診断」で融資可能か簡易チェック可能!

※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

プロミス

プロミスは、他社と比べると若干上限金利が低く設定されている消費者金融です。

したがって、5万円を借りて1か月以上かけて返済する場合は、他社よりも少し利息を抑えられます。

また書面の受け取り方法をWeb明細にしておけば、原則書類が自宅に届くことはないため、家族にバレにくいでしょう。

消費者金融名 プロミス
融資スピード 最短3分※1
金利 年4.5%~17.8%
無利息期間 初回借入の翌日から30日間※2
受付時間 月曜日 7:00~24:00
火~日曜日 24時間
提携コンビニATM セブン銀行ATM
ローソン銀行ATM
E-netが使えるコンビニ

※2024年4月時点
※1.申し込みの時間帯や利用する銀行によって、当日中の融資ができない場合があります。
※2.30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とweb明細利用の登録が必要となります。

プロミス

総合評価

  • 4.0点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年4.5%~17.8% 最大500万円※ 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短3分 最短3分※

おすすめポイント

  • 金利が年17.8%でほかの消費者金融より低め!
  • 初回借入れの翌日から30日間は利息0円!
  • カードレスで借入も返済もできる!

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。
※無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。
※18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

アコム

アコムでは、はじめて利用する場合、契約日の翌日より最大30日間無利息で借りられます。急にお金が必要になっても、すぐに返済できる見込みがある場合は返済負担を最小限に抑えたうえで借入が可能です。

また、以下の手順を参考に申し込むことでカードレスの契約ができます。

  1. インターネットから申込み申し込み手続きをする
  2. 本人確認書類をスマホアプリで提出する
  3. 届いたメールから手続きをする際にカード受け取り方法の場面で「カード不要」を選ぶ

この手順で手続きをすれば、自宅にカードが届きません。また借入や返済もセブン銀行ATMでできるため、家族にバレにくくなるでしょう。

消費者金融名 アコム
融資スピード 最短20分※
金利 年3.0%~18.0%
無利息期間 契約日の翌日から30日間
受付時間 24時間
提携コンビニATM セブン銀行ATM
ローソン銀行ATM
E-netが使えるコンビニ

※2024年4月時点
※融資時間:お申込申し込み時間や審査によりご希望にそ添えない場合がございます。

アコム

総合評価

  • 3.9点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年3.0%~18.0% 最大800万円 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短20分※ 最短20分※ ◯ ※3秒診断

おすすめポイント

  • 最短20分で審査回答!来店不要!※
  • 24時間365日いつでも借入&返済できる!
  • はじめての人なら最大30日間、金利0円!

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

SMBCモビット

SMBCモビットでは、以下の方法を実施することで家族に利用がバレるリスクを低くできます。

  • モビットカードをコンビニで受け取る
  • Web完結なら電話ではなく書類での在籍確認が可能
  • コンビニでの振込みや返済に対応

また、申し込み完了後10秒程度で事前審査結果が出るため、すぐに借りられる可能性があるか判断できます。

消費者金融名 SMBCモビット
融資スピード 最短即日※1
金利 年3.0%~18.0%
無利息期間 なし
受付時間 24時間
提携コンビニATM セブン銀行ATM
ローソン銀行ATM
E-netが使えるコンビニ

※2024年4月時点
※1.申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビット

総合評価

  • 3.5点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年3.0%~18.0% 最大800万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
10秒簡易審査 最短即日※ -

おすすめポイント

  • 10秒で簡易審査結果がわかる!
  • 本審査の結果が出るまで最短30分!※
  • 最短即日融資が可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

審査なしで今すぐ5万円を借りる方法

お金を借りるうえで審査の有無は比較的気にされやすいポイントです。そのため、「他で借入していて審査に通るか不安」「審査にかかる時間のせいですぐに融資が受けられないかもしれない」などの理由で、審査の有無を気にする人も珍しくないでしょう。

審査なしで5万円を借りる方法は主に4種類あり、それぞれの詳細は以下の通りです。

方法 借入上限額 金利の有無
クレジットカードでキャッシングをする 1,000円~300万円 あり(実質18.0%が多い)
生命保険の契約者貸付制度で借りる 解約返還金に対して7割~8割程度 あり(約1.0%~6.0%)
家族や友人から借りる なし
質屋でお金を借りる 預ける品物の価値による あり(月約1.25%~1.50%)
  • クレジットカードのキャッシング枠がある場合は「キャッシング(クレジットカード)」がおすすめ
  • 解約返還金(返戻金)のある生命保険に加入している場合は「生命保険の契約者貸付制度」がおすすめ
  • お金を借りられる関係性の人がいるの場合は「家族や友人から借りる」のがおすすめ
  • 質屋に預けられる価値のあるものを所有している場合は「質屋でお金を借りる」のがおすすめ

クレジットカードでキャッシングをする

クレジットカードによってはキャッシング機能が付帯している場合があり、利用可能額が設定されていればその範囲内での借入が可能です。可能額が5万円以上なら、提携コンビニATMを利用していつでも借入できます。

また、仮に設定されていなくても、カスタマーサポートに連絡をして利用したい旨を伝えれば新規での申し込みが可能です。ただし、新規で申し込む場合に限っては審査が必要になるため、即日融資ができない可能性もあるでしょう。

なお、クレジットカードに付帯するキャッシングは金利が高く、返済負担は大きくなりやすいです。5万円をすぐに返済できる場合は問題ありませんが、過剰に借りすぎると返済期間も延びてさらに負担が大きくなるため気を付けましょう。

生命保険の契約者貸付制度

生命保険の契約者貸付制度とは、保険契約を継続したまま解約返戻金の一定範囲内でお金を借りられる制度のことです。

一般的に借りられる金額は解約返戻金に対しての7割から8割程度になります。Webサイトの会員ページから申し込むことで数日以内に借りられる保険会社が多いです。即日借り入れは難しいですが、審査は不要で借りられます。

なお、契約者貸付制度を利用すると借入額に対して利息が発生するため、利息負担分は想定しておく必要があります。年利は数%であるため、消費者金融や銀行カードローンよりは低い金利で借りられるでしょう。

また、生命保険会社にもよりますが借入金に対する利息計算の方法が複利の場合は気を付けなければいけません。複利は利息発生分に対して金利がさらにかかる仕組みであるため、返済が長引くほど返済額は大きくなります。仮に、解約返戻金よりも利息が多くなると生命保険の契約が失効になるため気を付けなければいけません。

家族や友人から借りる

お金を借りられるような関係性にある家族や友人がいる場合には、その人たちに頼ってみるもの一つの方法です。家族や友人がすぐにお金を貸せるような状況にあれば、すぐにでも5万円を準備できるでしょう。また、家族・友人から借りる場合は利息が発生しないため、返済負担を最小限に抑えられます。

ただし、「すぐに借りられて返済負担も最小限」というのは、あくまでも理想的なケースです。相手との関係性によっては、「1か月以内に返して欲しい」といった条件になることも考えられるでしょう。

仮にいつまでに返済して欲しいか明言されなかったとしても、返済が遅くなれば関係性が悪くなる可能性もゼロではありません。金の切れ目が縁の切れ目ともいうように、知り合いから借りる場合はお金のトラブルに発展しないよう、借りる側が細心の注意を払わなければいけません。

質屋でお金を借りる

質屋とは、所有する物品を預かることでその物品の価値に合わせた金額を貸してくれる業者のことです。物品を売るわけではなく担保として預けるだけであるため、利息分も含めた借入分を返済しきればその物品を返してもらえます。

しかし、返済ができなければその物品は質屋に回収されてしまうため、大切なものを預ける場合には絶対に返済しきらないといけません。

借入できる額は、物品の査定額から少し割り引いた金額が借りられますが、実際にどのくらい借りられるかは質屋によって異なります。一例ではありますが、ある質屋では自社のサイト上に物品ごとの査定目安、借入目安が記載されているため参考にすることでどのくらい借りられるか予測できるでしょう。

今すぐ5万円を稼ぐ方法

クレジットカードのキャッシング機能が付帯していない、積立の生命保険に入っていない、貸してくれる友人や家族もいなければ質屋に入れられるものもない、といった場合には稼ぐしか方法がないです。5万円を稼ぐのは無理なことではありませんが、決して簡単なことではありません。ましてや、すぐに5万円を稼ぐとなるとそのハードルはかなり高くなるでしょう。

たとえば、日雇いのバイトを検討する場合、日雇いで得られる給与は大体1万円~1万5,000円くらいのケースが多いため、仮に5万円稼ごうとすれば3日~5日程度はかかります。即日で5万円を準備したい人にとってはかなり難しいといえます。

また、雇われてお金を稼ぐ以外にもフリマアプリ等の利用や、物品を売るなどの方法もありますが、いずれにしても5万円を工面することは決して簡単ではありません。

銀行カードローンがすぐ欲しい場合に適さない理由

お金を借りる手段の一つに銀行カードローンがありますが、すぐに現金を用意したい場合にはあまり適していません。その理由は以下の通りです。

  • 即日融資に対応していない
  • 消費者金融と比べると審査が厳しい

銀行カードローンの場合は審査から融資までの期間が最低でも数日、長いと1週間以上かかることもあります。そのため、即日で5万円を確保したい人にとっては適した方法であるとはいえません。

また、審査も比較的厳しいため通らないといった事態も十分に考えられます。仮に審査が長引いて、結果的に通らなかった場合、別の方法を再度探さなければいけないためさらに借入までの期間が延びてしまうでしょう。

消費者金融やネット銀行で5万円を借りるときの注意点

消費者金融やネット銀行で5万円を借りるときの注意点は以下の通りです。

  • ブラックリストに載っていると借りられない
  • 複数社で借入があると審査に通りにくい
  • 借入の希望金額は必要最低限にする

審査落ちを避けるためにも、これらの注意点は必ず押さえておく必要があります。審査落ちの理由は基本的に告知されないため、事前にできる限り審査落ちしないための対策を取っておきましょう。

ブラックリストに載っていると借りられない

ブラックリスクに載っている場合、お金を借りられないため注意が必要です。

ブラックリストとは、以下のようなことを行った際に、信用情報機関に情報が載ることを指します。

  • 過去にクレジットカードやローンの返済が滞った場合
  • リスト
  • 債務整理(任意整理、個人再生、自己破産)をした場合

金融機関では、審査をする際に信用情報機関への問い合わせを行うため、問題があれば一定期間お金を借りられなくなります。

ブラックリストに載らないためには、クレジットカードの支払いやローンの返済に遅れないことが重要です。

特に延滞の状態が一定期間続くと、ブラックリストに載るため、万が一返済が遅れてしまった場合はすぐに支払いをしましょう。

複数社で借入があると審査に通りにくい

消費者金融やネット銀行などの金融機関でお金を借りる際に、複数社での借入があると審査に通りにくくなります。

複数社からの借入があると、審査の担当者にお金に困っている印象を与えてしまうでしょう。返済してくれるか不安な人にお金を貸すことはしないため、審査に通る可能性が低くなります。

また、短期間のうちに借入を申し込む場合、申し込む会社の数は3社までにしましょう。短期間に何度も借入の申し込みをしてしまった場合においても、審査担当者に「お金に困っている」という印象を与える可能性があるため、審査に影響が出てしまいます。

すでに複数社で借入がある場合は、1社でも完済をしたうえで申し込んだほうが、審査に落ちにくくなるでしょう。

借入の希望金額は必要最低限にする

消費者金融やネット銀行などの金融機関でお金を借りる場合は、借入希望金額を必要最低限にしましょう。年収に対して借入希望金額が多すぎると、審査に落ちやすくなります。

また、5万円だけを借りたいのにそれ以上の金額を希望するのは、お金の借りすぎです。後々返済が苦しくなる原因になるため気を付けなければいけません。

希望金額が大きくなると、審査をする側もより収入証明書の提出を求めるなど慎重に判断します。5万円のみ必要な場合は、希望金額も5万円にしましょう。

無職の場合は公的支援制度の利用を検討

消費者金融やネット銀行などでは、安定した収入がない無職の人がお金を借りることは基本的にできません。たとえお金を借りられたとしても、返済に苦労するでしょう。

無職で現在収入がない場合は、公的支援制度の利用を検討すべきです。

たとえば、厚生労働省は「生活福祉資金貸付制度」として、低所得者で他にお金を借りる手立てがない人を対象に必要な資金の貸付を行っています。

生活福祉資金貸付制度には、用途に応じていくつか種類があり、そのうちもっとも代表的な総合支援資金について紹介します。

種類 資金の内容 貸付限度額
生活支援費 生活再建までの間に必要な生活費用 単身:月15万円以内
2人以上:月20万円以内
住宅入居費 敷金、礼金など住宅の賃貸契約を結ぶために必要な費用 40万円以内
一時生活再建費 生活を再建するために一時的に必要かつ日常生活費で賄うことが困難である費用 60万円以内

総合支援基金を利用するメリットや注意点

総合支援資金を利用するメリットは以下の通りです。

  • 国がお金を貸してくれる
  • 低利子もしくは無利子
  • 自立支援の相談に乗ってもらうこともできる

総合支援資金の利子は無利子か年1.5%のため、金融機関からお金を借りるよりも返済の負担はかかりません。

ただし、連帯保証人を用意するなど手続きに手間が発生するため、お金を手に入るまでに時間がかかります。

また、申し込みをすれば必ずお金を借りられるわけではないため注意が必要です。

どうしても5万円が必要でも絶対にやってはいけないこと

すぐにでも5万円が必要なケースでは、とにかく工面することに焦ってしまい冷静な判断ができなくなることもあるでしょう。そのような状態であっても、絶対にやってはいけないことが3種類あるため、必ず覚えておくべきです。

どうしても5万円が必要でも絶対にやってはいけないこと
  • ギャンブル
  • 闇金
  • 個人間融資

    ギャンブルや闇金は絶対に手を出してはいけません。ギャンブルは違法ではありませんが、5万円を工面するための方法としてはリスクが高すぎます。闇金は違法であるため、問答無用でNGです。

    また、個人間融資は聞き慣れないワードではありますが、こちらも同様にやってはいけません。個人間融資は昨今におけるSNSの発展に合わせて特に目立つようになってきたもので、許可を得ていない個人がお金を貸すような商法です。こちらも違法になるため、絶対に手を出さないようにしましょう。

    ギャンブルでお金を稼ごうとしてはいけない理由

    ギャンブルは違法ではありませんが、基本的に5万円を手にするために行うものではありません。前提として、パチンコ屋が儲けるような仕組みとなっているため、ギャンブルをする人が勝ち越せる可能性は低いです。

    仮に過去に勝ったことがあったとしても、それはたまたまでしかなく、「今回は確実に勝てる」といった確証もないため、絶対に利用すべきではありません。3万円が手元にあったとして、それをギャンブルに使うくらいなら2万円を借りる、もしくは稼ぐなどして工面する方向で考えるべきです。

    ギャンブルは、勝ってしまうと脳の報酬系という回路が刺激され、強烈な快楽を感じるようになるため、そのあとに何度も繰り返してギャンブルをしてしまう状態になりかねません。いままでギャンブルをやったことがない人なら、なおさら手を出すべきではないため他の方法を考えるようにしてください。

    闇金でお金を借りてはいけない理由

    闇金とは、法で決められた上限を超える金利で金銭の貸付を行う違法金融業者です。闇金は違法であるため借入すること自体がまずNGではありますが、それ以前に異常な金利設定と返済プランを押し付けられるため、借りたら最後、返済できずに息詰まることは確実でしょう。

    出資法第5条2項により金利の上限は年利20.0%と定められており、これを超える金利で貸付を行っている業者は刑事罰が科されます。そのため、この金利を超えて貸付を行っている業者とは絶対に取引をしないでください。

    万が一借りてしまい、返済が難しくなると過酷な取り立てが待っている可能性が高いです。取り立ては本人だけでなく、親族まで及ぶ可能性もあるため、まわりに迷惑をかけないためにも利用は避けましょう。

    個人間融資でお金を借りてはいけない理由

    個人間融資とは、面識のない相手とのお金の貸し借りを行うことです。知人同士の貸し借りであれば問題ありませんが、面識のない相手が営利目的で融資をしている場合には注意しなければいけません。なぜなら、個人の貸し借りだとしても営利目的の場合は、財務局長または都道府県知事に申請して貸金業者として登録しなければいけないためです。

    相手が登録しているのであれば問題ないですが、その証明を確認できない場合は借りないようにしましょう。なお、登録していない業者の場合、「審査なし」「他店で断られたほうもOK」といった文言を謳っているケースが多いため、接触前にその文言を見つけた場合は警戒することを推奨します。

    まとめ

    借入額5万円くらいであれば、即日融資が可能で無利息サービスを行っている会社の多い消費者金融をおすすめします。一方で、銀行カードローンは、少額の借入に向いているとはいえません。融資まで時間がかかりますし、審査も厳しくなるためです。

    なお、消費者金融のイメージが悪くて利用しにくい人は、ネット銀行のカードローンを利用しましょう。なぜなら、借入限度額が大手銀行のカードローンより高くないのに加えて、スマホから借入や返済ができる会社もあるためです。

    5万円のみを借りたいのであれば、少額から利用できる金融機関を利用してみてください。