「お金を借りたいが健康保険証が手元にない」
「健康保険証がないと本人確認が出来ないのではと心配」

健康保険証が見当たらないときや、健康保険の切り替えができていないなどの理由で、有効な健康保険証がないことってありますよね。
そのような時に限ってお金が足りなくなって、借入申込をためらってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

健康保険証が無いということで困っている方なら

  • 健康保険証がなくてもお金を借りられるのかを知りたい
  • 健康保険証の代わりに本人確認書類になるものがあったら教えてほしい
  • カードローン申込で健康保険証以外の本人確認書類が使えるのか知りたい
  • カードローン申込に必要な書類や提出の注意点を把握したい
  • 健康保険証なしで申込できるおすすめのカードローンがあったら教えてほしい

といったことを思われるのではないでしょうか。

こちらの記事では、ローン利用時に健康保険証がない場合は他の書類で代わりになるのか等について解説します。
最後までお読みいただくことで、健康保険証がないことによる不安を解消することができますよ。
ぜひ参考にしていただいて、安心して借入申込をするようにしてくださいね。

保険証がなくてもお金を借りることはできる?

保険証がなくてもお金を借りることはできるのか悩む男性

健康保険証を失くしてしまって、なかなか見つからないことってありますよね。
病院や歯科に行った時に上着やズボンなどのポケットに入れてしまい、行方不明なんてことは筆者も経験があります。

また「退職直後でまだ健康保険の手続中」「事情があって保険料を支払えていない」といったケースもあるかもしれません。
そうなると有効な健康保険証が手元に無いということになってしまいますね。
そんなとき「健康保険証がなくてもお金が借りられるのか」と心配になってしまうことでしょう。

結論から言えば「多くの場合は健康保険証なしでも借入申込は可能」ということになります。
ただし一部のローンでは健康保険証の提出が必須となっているため、100%大丈夫とは言えません。
100%大丈夫とはいえませんが、健康保険証がなくても申込できるローンのほうが多いのです。
健康保険証は「本人確認に利用できる書類のひとつ」程度の認識で良いのではないでしょうか。
保険証がないからといって、必要以上に悲観することはありません。

健康保険証の代わりに本人確認書類として認められる書類

健康保険証以外には、次のような書類が本人確認書類としてあげられます。
単独で有効な本人確認書類もありますが、複数の組み合わせで本人確認書類として有効となる場合もあるのです。

どの書類が本人確認書類として認められるかは、金融機関やローンの種類ごとに異なります。
申込前に必ず有効な本人確認書類の種類を確認するようにしてくださいね。

なお本人確認書類として公式サイトに案内がない場合でも、相談によって別の書類で認められる場合もあります。
下記のような書類で代わりにならないか、申込前に電話相談してみると良いでしょう。

ほとんどの場合に本人確認書類として認められる書類
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
本人確認書類として認められる可能性がある書類
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 特別永住者証明書・在留カード
  • 住民基本台帳カード
  • 公的機関の発行した顔写真入り証明書類
複数書類の組み合わせで本人確認書類として認められる可能性のある書類
  • 年金手帳
  • 住民票
  • 戸籍謄本
  • 母子健康手帳
  • 公共料金領収書
  • 納税証明書・印鑑登録証明書など

上記の表のうち「運転免許証」「パスポート」については、健康保険証よりも望ましいことが多いです。
むしろ健康保険証だけでは本人確認証類として認められないことも多くあります。
「健康保険証+住民票」といった形で、複数の書類の組み合わせでの提出が必要になるケースが意外と多いのです。

本人確認書類については「運転免許証」「パスポート」を上回るものはないと言って良いでしょう。
どちらかを持っていれば、ほとんどすべてのローンで本人確認をパスすることができます。

健康保険証は、本人確認というよりも勤務先の確認で審査の補助的に提出を求められることがある程度となっています。
勤務先の健康保険組合が発行している保険証であれば、在籍確認ができるというわけなのです。

★忙しい方のための瞬速まとめ

  • 健康保険証がなくても利用できるローンは多い
  • 「運転免許証」「パスポート」などは健康保険証よりもむしろ強力な本人確認書類
  • 認められる書類の範囲は、金融機関や商品ごとに異なるので確認が必要
  • 健康保険証は審査で勤務先の在籍確認目的で利用されることがある

他の身分証明書でもカードローンの利用は可能

他の身分証明書(免許証、パスポート)でもカードローン借入ができると説明するFPの男性

カードローンでも、一部の商品を除いては、健康保険証がなくても申込可能となっています。
むしろ健康保険証が必須となるケースは少ないですから、健康保険証がなくても大きな問題ではありません。

どちらかというと、健康保険証は運転免許証やパスポートよりも優先順位が低い本人確認書類となっています。
健康保険証には顔写真がないことが多いため、健康保険証単体では本人確認として認められないことが多いくらいです。
運転免許証(運転経歴証明書)かパスポートをお持ちなら大半の場合、健康保険証は不要となります。

カードローン申し込み時に必要な書類

カードローン申込に必要な書類は基本的には本人確認書類と収入確認書類だけです。
また原則として50万円以下の借入申込の場合は収入確認書類の提出は不要となっています。

※消費者金融では他社借入と借入希望額の合計金額が100万円を超える場合は50万円以下の申込でも収入証明書類の提出が必要になります

こちらでは大手消費者金融の「プロミス」「アイフル」そしてメガバンクの「みずほ銀行カードローン」を代表例として紹介します。
実際にどのような書類が認められているのか、公式サイトからまとめてみましたので、ぜひチェックしてみてくださいね。

書類の種類プロミスアイフルみずほ銀行カードローン
本人確認書類
  • 運転免許証(最優先提出)
  • パスポート
  • 健康保険証※1+住民票
  • 運転免許証(最優先提出)
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 公的証明書類(顔写真付き)
  • 個人番号カード
  • 運転免許証

    ※変更事項がある場合は両面

  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 各種健康保険証※1
  • 印鑑証明書
  • 住民票
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
収入証明書類※
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

    ※賞与がない方は直近2ヶ月分の給与明細書のみ提出

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

    ※住民税記載がある場合は1ヶ月分でOKの場合あり

  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 課税証明書
  • 納税証明書(その1・その2)

※収入証明書類が必要になるのは、原則として希望借入額が50万円を超える、もしくは他社の利用残高と借入希望額の合計が100万円を超える場合です
※1.保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。

本人確認書類については「プロミス」のシンプルさが目立ちますね。
ただしシンプルということは、裏を返せば公式に認められている書類が少ないということになります。
相談によっては別の書類でも認められる可能性はあるかもしれません。
しかし相談するのが手間に感じる場合は、はじめから別書類が認められる他社を選択するのも良いでしょう。

プロミス

総合評価

  • 4.8点
実質年率 利用限度額 無利息期間
4.5%~17.8% 最大500万円 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
事前審査 最短15秒回答 最短30分※

おすすめポイント

  • 金利が17.8%で他の消費者金融より低め!
  • 初回借入れの翌日から30日間は利息0円!※
  • 国内外20万ヶ所以上の施設で割引優待サービスを受けられる!

※スマートフォンからの申込で「少ない項目で最短15秒回答」を利用した場合。「少ない入力項目で最短15秒回答」の申込みは9:00~21:00まで。「少ない入力項目で最短15秒回答」での融資上限は50万円まで。審査回答までの時間は、状況により異なります。申込みの時間帯や、利用する銀行によって、振込みまでの時間が異なる場合あり。事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。

書類提出する際の注意点

最近では、必要書類の提出は手軽な画像の送信による方法が一般的になっています。
とてもお手軽である一方で、いくつか提出する際に気をつけるポイントもあるので注意が必要です。

必要書類をせっかく用意できても、画像不鮮明などの理由で再提出になってしまっては時間を浪費してしまいます。
注意ポイントをまとめてチェックするのは1分もあれば十分です。

あらかじめチェックしておけば、不備で再提出になるよりも、大幅に時間を節約することができるかもしれません。
ぜひ参考にしてみてください。

  • 本人確認書類に記載の住所が、現在の住まいと異なる場合は、住民票など、現住所が確認できる書類の提出が必要
  • 本人確認書類と一字一句違いがないように入力しないと再確認が必要になる場合も(略字体なども要注意)
  • 「発行日より3ヶ月以内のもの」など、有効期限の設定のある場合がある
  • 提出した書類が不鮮明だと、確認ができず再提出となる場合があるので注意
  • マイナンバー(個人番号)や基礎年金番号などが記載されている書類は、見えないように加工して提出する必要あり
  • 「裏面も提出」「住所記載ページも提出」など、提出条件が設定されている場合もあるので要注意

画像送信でよくある5大ミス

必要書類の提出は、スマートフォンのカメラで書類を撮影するのが最もお手軽です。
最近のスマートフォンのカメラはかなり高性能で、画質も十分すぎるほどですね。
しかしそれでも、意外なほど画像送信でのNGは少なくないようです。

画像送信でNGになりやすいケースは次の5つです

  • ピントが合わずにボヤっとしている
  • 影で暗くなってしまっている
  • 光沢で光が反射して見えにくい
  • 書類の一部が写っていない
  • 書類が小さく写っている

画像NGで再送信となると、審査時間が大幅に伸びてしまいがちです。
書類を撮影したら、上記のようなミスがないか、ひととおりチェックしてみてください。
読み難い文字があったら、再度撮影し直してから送信するようにしましょう。

★忙しい方のための瞬速まとめ

  • カードローンでも一部を除いては、健康保険証なしでも申込は可能
  • 健康保険証は、単独では本人確認書類として認められないこともある
  • カードローンの申込に必要なのは「本人確認書類」「収入証明書類(申込金額によっては不要)」のみ
  • 書類提出時は、画像が不鮮明にならないなど、気をつけるべきポイントがいくつかある
  • 画像送信でありがちな5つのミスに気をつけたい

保険証がなくても申し込みできるおすすめカードローン

保険証がなくても申し込めるおすすめのカードローンについて解説するFPの男性

カードローンは種類がたくさんあって、どれに申込んだら良いのか迷ってしまいますよね。
こちらでは保険証がなくても安心して申込できるFPおすすめのカードローンを紹介します。
「消費者金融」「銀行」「ネット銀行」のそれぞれのおすすめとワンポイント解説をまとめましたので参考にしてみてくださいね。

カードローン名称ワンポイント解説
消費者金融アイフル
  • 大手消費者金融のなかでも、本人確認書類として認められる書類の種類が多い
  • 唯一の独立系消費者金融で、独自の柔軟な審査姿勢に期待できる
銀行横浜銀行カードローン
  • 銀行カードローンのなかでは本人確認書類の範囲が広め(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、在留カード、特別永住者証明書OK)
  • 無料で利用できるATMが充実(横浜銀行・セブン銀行・イーネット・ローソン銀行ATM・イオン銀行)
ネット銀行楽天銀行スーパーローン
  • アプリを利用して必要書類を簡単提出
  • 公式サイトに書類送付方法がわかりやすい動画で説明
  • 撮影方法のコツも動画で案内してくれるので安心

アイフル

30日間無利息!最短25分で審査完了

総合評価

  • 4.2点
実質年率 利用限度額 無利息期間
3.0%~18.0% 最大800万円 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短25分※ 最短25分※ -

おすすめポイント

  • 初めての方なら最大30日間無利息!
  • お悩みなら会話ロボット「ぽっぽくん」に24時間ご相談可能!
  • 「1秒診断」で融資可能か簡易チェック可能!

※WEB申込の場合


横浜銀行カードローン

審査結果は最短翌日もらえる!

総合評価

  • 1.6点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年1.5%~14.6% 10万円~1,000万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
最短で翌日 最短で翌日 ×

おすすめポイント

  • 神奈川県または東京都に居住・勤務されている方がご利用可能です!
  • 横浜銀行の口座がなくてもお申込可能です!
  • ATM は神奈川・東京を中心に 600 拠点以上設置!

※横浜銀行の口座を持っていない場合は、契約までに作成が必要です。


楽天銀行スーパーローン

【期間限定】金利半額キャンペーン実施中!

総合評価

  • 3.3点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年0.95%~7.25%※ 最大800万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
最短翌日 最短翌日 ×

おすすめポイント

  • 年会費・入会金0円!
  • ご入会で楽天ポイント1,000ポイント進呈!
  • いつもの口座でご利用可能!

※金利半額キャンペーン適用条件と期間
申込期間2021年9月2日(木)10:00 - 2021年9月30日(木)16:59
入会期間2021年9月3日(金) - 2021年12月3日(金)
金利半額適用期間2021年9月3日(金)- 2021年12月3日(金)

まとめ

こちらの記事では、健康保険証がなくても借り入れができるのかについて解説しました。
最後にもう一度、重要なポイントを振り返っておきましょう。

  • 健康保険証がなくても申込可能なローンが多い
  • 健康保険証よりも「運転免許証」「パスポート」のほうがむしろ本人確認書類としては望ましい
  • 金融機関や商品によって、認められる書類が異なるので確認が必要
  • 公式サイトで案内されていない書類でも、相談によって利用可能になるケースもある
  • 書類提出時は、画像撮影のミスがないか要チェック

これらのことを理解いただければ、健康保険証の悩みを解消することができるでしょう。
ぜひこちらの記事を参考に、安心して借入申込をするようにしてくださいね。