*
  1. ナビナビキャッシング トップ>
  2. 借入の利用方法・金利を知り、正しくお金を借りよう!
  3. > 借入利息をサクっと計算!利息計算をマスターすれば借入はコワくない!

借入利息をサクっと計算!利息計算をマスターすれば借入はコワくない!

最終更新日:公開日:2018年02月26日

借入れ検討中の方や現在借入中の方は「借入利息はどのくらいかかるのか」気になるのではないでしょうか。

借入利息を知らないと、気づかない間に利息ばかり払っていたということになりかねませんね。

借入利息に関心のある方なら

  • 借入利息の計算方法を知りたい
  • 年間利息の計算方法を知りたい
  • 利息の日割り計算の方法を知りたい
  • 利息を自動で計算する方法を知りたい

…といったようなことを思われるのではないでしょうか。

こちらの記事をお読みいただくことで借入利息の計算を知ることができます。さらには利息計算がわかることで、上手に借入れを利用できるようにもなるのです。

ぜひ最後までお読みいただき借入利息の疑問を解消し、借入上手になってくださいね。

借入利息をサクっと計算!利息計算をマスターすれば借入はコワくない!

無利息期間があるカードローン
はじめて借入をする方におすすめのキャッシングは金利0円の無利息期間の付いているキャッシング

アイフル

WEB完結!最短30分で審査完了!

アイフル
みんなの評判
  • 3.3点
実質年率 利用限度額 審査時間 融資スピード
3.0%~18.0% 最大800万円 最短30分 最短1時間
担保・保証人 お試し診断 パート アルバイト
不要
  • 初めての方なら最大30日間無利息!
  • お悩みなら会話ロボット「ルフィア」に24時間ご相談可能!

本日中に借入する場合

あと時間

借入利息の計算方法

借入上手になるには、借入利息の計算方法を理解するところから始めましょう。ここでは「どのくらいの金額をどのくらいの期間借りたら利息はこれくらい」というのがザックリわかれば十分です。

借入が上手でない人は、「自分がどれだけ多くの利息を払っているのか」分かっていないものです。おおよそでも払っている利息がわかれば、「こんなに利息を払うのはもったいない」と感じるでしょう。

暗算、もしくは計算機やスマホでササっと利息が計算できるようになれると理想的ですね。利息の金額を見れば、無駄な利息を払うことはなくなってくるものなのです。

借入利息の計算は「金額」「金利」「期間」の3つから成り立ちます。

「金額」は借りた金額ですので簡単にわかりますね。

「金利」は契約時に必ず提示されますから確認するようにしましょう。

「期間」はお金を借りてから完済するまでの期間のことです。

この3つは、借入する際には必ず知っておくべき数字です。

これを知らないで借入している方は、支払利息で損をするばかりではなく、場合によっては返済に行き詰まってしまうこともあるので気を付けましょう。

年間利息の計算方法

年間利息の計算方法

年間利息をおおよそ計算するのはとてもカンタンです。なぜなら借入金利はもともと「年利」で表示されているからです。

「年利」というのは一年間お金を借りたときに、どのくらいの割合で利息がかかるかということを表しています。

そのため「借入金額」に「年利」を掛ければ、年間利息を計算できます。

カンタンな例を挙げて計算してみましょう。

  • 10万円を年利15%で借りた場合の年間利息の計算

    100,000円×15%=15,000円

    びっくりするほど簡単ですね。ちなみに計算機を使う場合、「100000」 「×」 「15」 「%」
    の順番でボタンを押していただければOKです。

    ※%のかわりに「0.15」に置き換えても計算できます。

  • 50万円を年利10%で借りた場合の計算

    できれば答えを見る前に自分自身で計算してみると、より理解が進みます。

    500,000円×10%=50,000円

いかがでしょうか?特に難しいことは何もありませんね。

もちろん実際の借入では毎月の返済や追加の借入などもあるので、多少金額は変わってきます。

ただし基本的な利息の考え方がわかっていれば、大まかな利息をいつでも把握することができます。

利息の日割り計算方法

利息の日割り計算方法

「利息の日割り計算」と聞くと、なんだか専門的な感じがしてしまうかもしれません。でもこれも電卓やスマホさえあればカンタンに計算可能です。

日割りという言葉通り「1年の日数(365日)」で割ればいいだけなのです。

※うるう年は366日で計算することもあります。気になる方は規約を確認しましょう。

先ほど「金利」は「年利」で表示されていることを説明しました。これを日割りにするためには借りた日数分に直してあげる必要があります。
年利を日割りに直すのはさほど難しくはありません。

  • 10万円を年利15%で借りた場合の1日当たりの利息を計算
    計算式は次の通りになります。

    100,000円×15%÷365日≒41円

  • 同じ条件(10万円を年利15%で借入)で5日分の利息を計算

    100,000円×15%×(5/365日)≒205円

    (※1日分の利息41円×5日分=205円でも計算できます)

ちなみに日割り計算で生じた端数の処理については、借入した金融機関の規約で決められています。

端数処理方法の違いで利息に大きな差は出ませんが、気になる方は規約を確認してみてください。

借入利息の計算の注意点

借入利息の計算の注意点

おおまかな借入利息の計算はとてもカンタンですが、1円単位まで正確に手計算で求めるのはかなり難しくなります。

まず毎月の返済額や返済日を考慮して計算しなければなりません。また実際の毎月の返済額は借入残高に連動して変わってしまうため、金融のプロでも計算するのには時間がかかってしまいます。

あまりにも正確性にこだわってしまうと、計算するのにかなり時間がかかるのでおすすめできません。また非常に複雑なため、計算ミスも起こりがちなのです。

手計算で借入利息を計算するときは、ある程度の割り切りも必要かもしれません。

借入利息を自動で計算する方法

借入利息を自動で計算する方法

手計算よりも手軽で素早く、かなり正確に借入利息を知る方法があります。それは借入する金融機関の公式ウェブサイトに用意されている「返済シミュレーション」を活用することです。

返済シミュレーションは「借入金額」「金利」「返済期間」などの数字を入力するだけで、瞬時に返済額や利息などを表示してくれます。

毎月の返済分なども考慮して計算してくれるため、簡易的な手計算よりも具体的な数字を知ることができるでしょう。

ただし、利用には注意点があります。

返済シミュレーションの機能性は、各社に差があり、なかには借入利息が表示されないものもあります。そのような時には、類似した他社の返済シミュレーションを利用するのもひとつの方法です。

返済シミュレーションの利用のみであれば、都度氏名や住所の個人情報を入力する必要はありません。気軽に何度でも計算することができます。

他社のシミュレーションでは、返済方法などの詳細条件が異なる場合があるので、正確な数字でない場合もあります。

しかしそれでも簡易的な手計算よりは実際に近い数字になるのは間違いありません。

返済シミュレーションは、借入金額や金利などの条件を変えながらいろいろと試してみることができます。

さまざまな返済パターンを計算していると、「借入利息がどのくらいかかるのか」徐々につかめるようになってくるでしょう。

実際に借入する前に、ぜひ返済シミュレーションを活用して、賢く借入するコツをつかんでください。

まとめ

こちらの記事では借入利息について説明しました。最後にもう一度、大切なポイントについて振り返っておきましょう。

  • おおよその借入利息なら、簡単な計算で求めることができる
  • 金融機関の金利は年利表示なので、年間利息を求めるのも比較的簡単
  • 日割りの利息は年間利息を365で割れば求めることができる
  • 1円単位の正確な利息計算は、手計算ではかなり難しい
  • 返済シミュレーションを利用すれば具体的かつ簡単に利息計算が可能

借入利息の計算ができるようになれば、借入を上手に利用できるようになります。利息がいくらかかるのかわからないと不安になってしまいますが、しっかり把握しておけば心配することはありません。

ぜひこちらの記事を参考に、簡単な借入利息の計算法をマスターしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

“借入利息をサクっと計算!利息計算をマスターすれば借入はコワくない!”に関する関連記事

借入の年利って?利息を決める大事な「金額」「金利」「期間」をまるっと解説! 続きを見る

借入の年利って?利息を決める大事な「金額」「金利」「期間」をまるっと解説!

お金が足りなくて借入をしたいと思ったとき、一番気になるのは「利息はどれくらいかかるのか」ということではないでしょうか。 借入利息が気になる!という人は そもそも借入利息とは何かを知りたい 金利や年利などの言葉の意味を知り・・・

銀行からの借入方法を解説!消費者金融との比較も 続きを見る

銀行からの借入方法を解説!消費者金融との比較も

銀行は最も身近な金融機関でしょう。 貯金をしたり、ATMでお金を引き出したりと、生活に欠かせないサービスを提供しています。 インターネットバンキングにログインすれば、24時間振込だって可能です。 その一方で「お金を貸す」・・・

借入金利とは?商品の種類別に金利の決まり方を徹底解説 続きを見る

借入金利とは?商品の種類別に金利の決まり方を徹底解説

カードローンやキャッシングなどローン商品の公式ホームページには、「金利◯%」や「実質借入利率◯%」といった表記が必ずあります。 これらは融資商品を利用する上で非常に重要な情報なのですが、融資商品の利用に慣れていない方にと・・・

cancel

本日中に借入する場合

あと10時間1126