奨学金制度の利用について

大学や専門学校などへの進学にあたって、初期費用の準備ができたら次は在学中の生活資金を工面しなければなりません。

特に一人暮らしをする場合には毎月の生活費が必要になります。

この10年で親世帯から1人暮らし学生への仕送りは年々減少しています。

その分アルバイトや奨学金で生計を立てている学生が増えているのです。

ここでは奨学金制度の種類や、毎月の借入額の目安、奨学金を利用する上での注意点をご紹介します。

奨学金制度の種類

一口に奨学金といってもその種類は様々です。

返済が不要なもの、必要なもの、そして返済が必要な奨学金制度の中にも無利子のもの、有利子のものがあります。

返済不要の奨学金

当然ですが、ベストなのは返済不要の奨学金を借りることですが、返済不要の奨学金の利用条件はハードルが高くほとんどの学生が利用することができません。

「●●県内の大学で医学部に在学し、卒業後も2年間は●●県内の病院に勤務すること」といった学部指定のものから「入学試験における成績が上位3位以内であること」といった成績を指定しているものもあり、手軽に利用することはできませんよね。

要返済の奨学金

そうなると多くの学生が利用するのが、返済が必要な奨学金です。

返済が必要な奨学金にも種類があり、

  • 学校が運営しているもの
  • 地方自治体が運営しているもの
  • 日本学生支援機構(旧日本育英会)が運営しているもの

上記のものが挙げられます。

ほとんどの学生がその知名度からか日本学生支援機構の奨学金を利用していることが多いです。

日本学生支援機構の奨学金は有利子と無利子の2つにわかれており、大学や専門学校進学用の奨学金は、高校時代の成績によって有利子と無利子が振り分けられます。

有利子はちょっと…と言う人は日本学生支援機構の奨学金制度を検討する前に地方自治体の奨学金制度を調べてみることをおすすめします。

特に小さい自治体の場合は利用者自体が少ないので低い競争率で好条件の奨学金をゲットできる可能性もありますよ。

奨学金借入額の目安

ここでは多くの人が利用する日本学生支援機構の奨学金を例にとってご説明します。

日本学生支援機構の奨学金は無利子有利子の2種類があります。

無利子奨学金の場合(第1種奨学金)

無利子の場合、国立か私立か、自宅外通学か自宅通学か、によって借りることができる金額が異なります。

国公立大学に自宅外から通学する場合の借入額は51,000円、私立大学の場合は64,000円です。

そんなにいらないよ、という人は30,000円を選択することもできます。

有利子奨学金の場合(第二種奨学金)

有利子奨学金制度の場合は、30,000円、50,000円、80,000円、100,000円、120,000円の5種類から選択します。

金利は親の収入に応じて0.5%~3%です。

在学中は金利と返済義務は発生しません。

この有利子奨学金の選択が卒業後の生活に大きな影響を与えるので、要注意です。

「とりあえず多く借りておけば安心じゃない?」と多めの額を借りるのは絶対にNGです。

必要と思われる額よりも少なめの金額を選択してください。

必要な額はそれぞれの家庭事情によって変わってきますが、「授業料は親が支払ってくれる、仕送りも月に50,000円はある」という自宅外通学の学生の場合、30,000円か50,000円の奨学金を選択し、足りない分はアルバイトで補う努力をしましょう。

親からの授業料の援助も、仕送りも全く期待できない、という場合は、奨学金制度に頼る前に各大学の授業料免除規定を調べてみてください。

国公立の場合は親の所得に応じて授業料が減免される制度があります。

奨学金の注意点

奨学金制度は大変役に立つものですが、使い方を誤ると卒業時点で多大なる借金を背負ってしまうことになります。

例えば毎月100,000円の奨学金を選択し、4年間借り続けた場合、元本だけで480万円となります。

そして、金利が3%だった場合の総返済額は645万円を超えるのです。

返済期間は20年。

毎月の返済額は27,000円弱です。

はっきり言って奨学金と言う名のローンです。

進学をする際に奨学金の借入をしようと決めたら、返済については家庭内でじっくりと話し合いましょう。

本人だけで返済することが困難になる可能性が高い月額80,000円以上の借入を受ける場合には、親も返済の手助けをする覚悟が必要です。

たった27,000円と思っても、卒業後に正社員になれず1人暮らしを余儀なくされた場合には大きな足枷となってしまいます。

実際に大学卒業後に、奨学金の返済が滞ってしまう例が頻発しており社会問題化しています。

日本学生支援機構の奨学金の場合、遅延した分にかかる遅延損害金は5%~10%です。

雪だるま式とまでは言わなくてもあっという間に総返済額はふくれあがってしまうのです。

そして毎月の返済が滞れば、「信用情報機関」と言うクレジットカードや住宅ローンの審査の際に重要視される個人の借入状況を登録する機関に、「遅延履歴」が残ってしまいます。

さらに、本人が返済不能となり自己破産をしてしまうと、残った奨学金はすべて連帯保証人や保証人に請求されてしまうのです。

親族や友人知人に保証人を頼む場合には、確実に返済を滞らせないように注意しなければなりません。

奨学金制度を利用する場合は、奨学金=ローンであることを念頭に置き、返済計画をしっかりと立てておくことが大切です。

まとめ

奨学金制度は経済的に進学が難しい家庭でも、大学などへの進学を可能とする素晴らしい制度ですが使い方を誤ると、卒業後の人生に大きな影を落としてしまうことになります。

返済不能となり自己破産をすると、最低6年はクレジットカードや住宅ローンの審査に通らないと思ってよいでしょう。

また遅延の履歴もクレジットカード等の審査に悪影響を与えます。

奨学金を借りなければ進学が難しいようであれば、安易に有名な奨学金を選ぶのではなく、多くの奨学金制度を調べてなるだけ条件のよい奨学金を選択するようにしましょう。

また借入する場合は、毎月の借入額は低めに抑えた上で、卒業後の返済は親の協力を仰ぐことも必要です。