ざっくり言うと…

  • 消費者金融のキャッシングに初めて申し込んだ場合、最初に付与されるキャッシング枠は10~50万円が一般的です。
  • キャッシング枠は、総量規制の範囲内(年収の3分の1以内)で、属性、信用情報などを総合的に判断して設定されます。
  • キャッシング枠とは、安全に借りて返せると金融機関が判断した金額なので、その枠内で計画的に利用することが大切です。

いくらまで借りられる?

消費者金融でキャッシングに申し込むと、申し込みの手続きの際に必ず「キャッシング枠」が設定されます。
この場合のキャッシング枠とは、金融機関で審査を受けた結果、「○万円までなら借りられます」という上限額のことなので、もちろん申し込んだ人によって異なります。

そこで気になるのが、「自分ならいくらまで借りられるのか?」ということです。
今回は、キャッシング枠がどのようにして決まるのか、詳しく解説していきたいと思います。

初めて消費者金融に申し込んだ時のキャッシング枠は?

初めて消費者金融のキャッシングを申し込んだ人のキャッシング枠は、通常10~50万円と言われており、消費者金融でお金を借りたいという人の希望額も、だいたいそのあたりが多いようです。

しかし、審査の結果、「30万円を希望しても10万円までしか借りられなかった」という人も中にはいるようです。
それは、金融機関が以下のような点に注目しながら、キャッシング枠を設定しているからです。

属性

年齢、性別、職業、年収、居住年数など申込者の個人情報を「属性」と言いますが、大手の金融機関は独自の与信システムでこれらをスコアリング(点数化)し、それを元にキャッシング枠を算出します。

信用情報

「信用情報」とは、信用情報機関から取り寄せるローンやクレジットカードの利用記録のことで、その人の借入れや返済の状況が一目でわかるようになっています。
もし過去に滞納などの事故歴があれば、申し込みが否決されたり、限度額が低くなったりすることがあります。

他社からの借入れ

消費者金融でのキャッシングは、総量規制(次項目でさらに詳しく解説します)によって、年収の3分の1までに制限されます。
したがって、他社からの借入額によって限度額が低くなったり、すでに3分の1を超えている場合は申し込み自体を断られてしまったりします。

これらの情報を総合的に判断し、キャッシング枠は決められます。
つまり、安定した収入があって他社からの借り入れがなく信用情報もクリーンなら、少なくとも10万円の融資は可能と考えて良いでしょう。
逆に、いきなり50万円借りようと思っても、よほど属性に優れていない限りは難しいでしょう。

ちなみに、消費者金融の審査で落とされてしまう理由の一つに、「携帯料金の未払い」があります。
これは、月々の料金の中に携帯本体の分割料金が含まれる場合に起こりうることで、もし支払いを怠れば信用情報に記録が残ってしまい、「事故歴あり」と判断されてしまう為です。

キャッシング枠は総量規制により年収の3分の1までに制限される

2010年に施行された「総量規制」という制度は、消費者金融などの金融機関が「個人に年収の3分の1を超えて貸付を行ってはならない」と定めたものです。

これは1社からの借り入れが年収の3分の1を超えなければOKという訳ではなく、「クレジットカードのキャッシング枠を含む他社からの借入れを合算した金額が年収の3分の1以内に収まらなくてはいけない」ということなので、年収300万円の人がすでにA社から50万円、B社から20万円を借りているなら、新たに申し込んだC社では30万円のキャッシング枠しか付与されないということです。

思ったよりも低いキャッシング枠を不満に思う人もいらっしゃるかもしれませんが、「総量規制は多重貸し付けで起こり得る生活破たんから、私たち消費者を守るため作られた制度」であることを、ぜひ心に留めておいてください。

キャッシング枠=安全に借りて返せると金融機関が判断した額

キャッシング枠=安全に借りて返せると金融機関が判断した額

冠婚葬祭などの急な出費や、次のお給料日までの繋ぎ資金など、気軽に現金を借りられるキャッシングは便利なものです。
ただし気を付けていただきたいのは、「30万円のキャッシング枠があるからといって、自由に使えるお金が30万円増えた訳ではない」ということです。

消費者金融のキャッシングは、カードと暗証番号さえあれば、コンビニのATMなどでも簡単に利用できてしまうために、ついつい貯金からお金を下ろす感覚で利用してしまう人がいます。
しかし、キャッシングはあくまでも借金。
そこには利息も発生しますし、もちろん返済の義務もあります。

そして、その返済の義務を怠ってしまえば、自分だけでなく周囲の人にも迷惑がかかってしまいます。

審査によって設定されるキャッシング枠は、イコール「安全に借りて返せる金額と金融機関が判断したもの」とも言えます。
したがって、キャッシングはその枠内で計画的に利用することがなにより大切なのです。