消費者金融のキャッシングを検討中の人、すでに利用されているという人にも絶対に知っておいてほしいのが金利の相場です。

簡単に言えば、借入金とは別に借入期間に応じて追加で消費者金融に返済しなければならない利率のことです。
契約では一般的に年率で表記されており、金利分の金額は「利息」という形で返済することになります。

消費者金融は、銀行カードローンよりも金利が高いと聞きますが実際はどうなのでしょうか。
金利は返済する総額に大きく影響してきますので、しっかりと正しい金利の相場を身に付けて自分に合ったところから借入を行いましょう。

法律上の金利について知ろう

まず個別の消費者金融の金利の相場について学ぶ前に日本の法律で定められている金利の上限をチェックしておきます。
かつて「グレーゾーン金利」などと呼ばれ、非常にあいまいな規制だった日本の金利ですが、今では裁判所の判決等もあり、金利に対する規制の整備が進みました。

そして、現在貸金業の金利に関して主に適用されているのは上限を20%とする利息制限法と呼ばれる法律です。

詳しく見ていくと借入枠が10万円未満であれば20%、10万円以上100万円未満であれば18%、100万円以上であれば15%が金利の上限となります。

ちなみに消費者金融のキャッシングを利用される方の多くが、10万円以上~100万円未満の借入枠を利用していると言われていますので、金利の上限は一般的には18%が適用されると考えておくとよいでしょう。

また、この利息制限法に則った金利を適用していない消費者金融は悪徳業者、いわゆる闇金の可能性も考えられるため、そうした業者のキャッシングは利用しないよう注意してください。

消費者金融の金利相場はどうなっているの?

では、次に個別の消費者金融のキャッシングの金利について簡単に確認していきましょう。
比較するのは大手消費者金融が提供しているアコムプロミスアイフルの3サービスです。

金融機関 金利
アコム 年3.0%~18.0%
プロミス 年4.5%~17.8%
アイフル 年3.0%~18.0%

いかがでしょうか?

3社とも金利に大きな差はないと感じる方が多いのではないかと思います。

一方で、下限金利と上限金利の間が開きすぎていて、自分はいったいどのあたりの金利が適用されるのかと疑問を持たれるかもしれません。
この点については、100万円未満の借入枠であれば基本的にどの消費者金融を利用しても上限金利が適用されると考えておいて間違いありません。

ただ、これはあくまで初回利用の話であり、借り入れと返済を繰り返していくなかで消費者金融に対して「キャッシングの金利を引き下げてくれないか?」と相談することで段階的に金利の引き下げに応じてくれるケースもあります

また、消費者金融側から「金利を下げる代わりに、借入枠を増やすのはどうか?」といった提案がくることもあります。

ちなみに100万円以上の借入枠を作った場合、15.0%~スタートし、最大の借入枠が認められれば下限金利が適用されるのが一般的です。

金利の安い消費者金融はプロミス

初回利用者が適用される可能性の高い上限金利では各社ともあまり差はないものの、なかでも金利が安いのはプロミスです。

他社が年18.0%とすることが多いところ、プロミスは年17.8%と少しだけ低めに設定されているためです。

どこから借りるべきか悩んでいるのであれば、支払う利息をわずかでも少なくするにはプロミスから検討するとよいでしょう。

無利息期間を有効に使う

大手消費者金融の多くでは、「無利息期間」というサービスをおこなっています。

無利息期間とは、決められた期間内に全額返済を行うと、金利を支払わなくてもいいという仕組みです。

自分が借入した金額以上の返済を行う必要がないため、このサービスを利用すると無駄な返済を抑えることができます。

しかし、主な注意点が下記2点あります。

無利息期間サービスの注意点
  • 初回利用者限定の場合が多い
  • 無利息期間のスタートが会社によって異なる

1. 初回利用者限定の場合
以前に同じ会社から借入を行っている場合は、このサービスを利用できないことが多いです。無利息期間を利用するには、他社へ新規借入申込をし、審査に通る必要があるので書類の準備などをしなければなりません。

2. 無利息期間のスタートが異なる
無利息期間は大体30日間と定めている会社多いですが、その開始日が会社によって異なります。キャッシングの「契約日」か、実際にお金の「借入日」なのかでは返済までの日数が異なります。無利息期間に余裕が欲しい人は、「借入日(利用日)」からの適用となっている会社を選んだほうがいいでしょう。

▼初回借入日翌日から30日間無利息なのはプロミス!

プロミス

Web契約で最短3分融資も可能!

総合評価

  • 4.0点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年4.5%~17.8% 最大500万円※ 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短3分 最短3分※

おすすめポイント

  • 金利が年17.8%でほかの消費者金融より低め!
  • 初回借入れの翌日から30日間は利息0円!
  • カードレスで借入も返済もできる!

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。
※無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。
※18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

意外と知らない利息の計算方法

消費者金融のキャッシング金利については理解しているけれど、実際の利息の計算方法は詳しく知らないという方も多いかもしれません。

例えば、A社から金利18.0%で50万円を借りたとします。そうすると、単純計算で年間50万円×18%=9万円が利息となります。ですから1年間に返済する利息は9万円だと思われるかもしれません。

しかし、これは少し不正解です。
なぜなら、実際は利息の返済と合わせて元本の返済も行っていますから借り入れの初月以降は少しずつ利息額も小さくなるからです。

具体的には初月に1カ月分の利息7,500円と元本30,000円を返済したとすると、残りの元本は47万円となるので、翌月の利息は47万円×18%=84,600円を12カ月で割った7,050円となります。

当然、元本の返済を前倒しにしていけばその分、利息の額も小さくなりますので、経済的に余裕のある月は本来の返済額よりも多めに返済しておくのが上手な消費者金融のキャッシングとの付き合い方となります。

消費者金融についてもっと深く知りたい方はこちらをご参考にしてください。

ぜひ利用されているキャッシングの金利だけでなく、一歩踏み込んで利息の金額も計算してみてくださいね。

おわりに

消費者金融のキャッシングを利用する上で金利はどうしても付き合っていなかなければならないものです。

気にしないでいると思わぬトラブルに発展してしまうリスクもありますからキャッシングを利用する際は、適用される金利や完済するまでに発生する利息についてもしっかり把握しておきましょう。

▼おすすめのキャッシング・カードローン

プロミス

Web契約で最短3分融資も可能!

総合評価

  • 4.0点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年4.5%~17.8% 最大500万円※ 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短3分 最短3分※

おすすめポイント

  • 金利が年17.8%でほかの消費者金融より低め!
  • 初回借入れの翌日から30日間は利息0円!
  • カードレスで借入も返済もできる!

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。
※無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。
※18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。