低金利なカードローンを選びたいなら、間違いなく銀行系ローンになります。

ただし銀行カードローンにも金利以外で異なる特徴があります。

そんな特徴を1つ1つ確認しながら選ぶのが面倒だという方へ、おすすめの低金利な銀行カードローンの金利を比較して解説します。

銀行カードローン申込み時のデメリットなど事前に知っておくことで回避できる事柄も併せて解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

低金利な銀行カードローンおすすめランキングTOP5!

低金利の銀行カードローンのランキングを紹介する女性行員

1位「三菱UFJ銀行カードローン」

三菱UFJ銀行カードローン

メガバンクならではの安心感

総合評価

  • 2.9点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年1.8%~14.6% 最大500万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
最短翌日 最短翌日

おすすめポイント

  • 三菱UFJ銀行ATMと提携ATMで手数料が無料
  • 銀行口座を開設しなくても利用可能!
  • 金利年1.8%~14.6%とお得

当サイトのおすすめ低金利カードローンとして堂々の1位に輝いたのは、三菱UFJ銀行が提供している三菱UFJ銀行カードローンの「バンクイック」。

「バンクイック」の強み

  • メガバンクならではの安心感
  • 他銀行カードローンと比較して審査が早い
FP
FP

テレビ窓口でカードを受け取る場合は、自宅や勤務先への書類の送付がないことも「安心して利用できるカードローン」としておすすめです。

2位「三井住友銀行 カードローン」

三井住友銀行 カードローン

総合評価

  • 2.2点
実質年率 契約極度額 無利息期間
年1.5%~14.5% 10万~800万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
- - ×

おすすめポイント

  • 契約極度額は10~800万円まで!
  • 金利年1.5%~14.5%!

三井住友銀行 カードローンの強み

  • メガバンクならではの手厚いサポート体制で安心
  • 提携コンビニATMの手数料が無料!
FP
FP

契約完了まで時間がかかるというデメリットを除けば、「安心できるサポートを受けられるカードローンを利用したい!」という方にとってはピッタリのサービスですね。

3位「みずほ銀行カードローン」

みずほ銀行カードローン

総合評価

  • 2.1点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年2.0%~14.0%※ 最大800万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
- ×

おすすめポイント

  • 低金利でお探しなら!
  • 大手銀行だから店舗数も多くコンビニでの利用も可能など利便性も抜群!
  • 来店・郵送不要!最大ご利用限度額800万円

3位にランクインしたのは、「みずほ銀行カードローン」。

みずほ銀行カードローンの強み

  • 低金利と大口利用が好評!
  • 住宅ローンの利用で金利引下げ恩恵あり
FP
FP

返済方法がみずほ銀行からの毎月10日の自動引き落としのみ※というデメリットはありますが、みずほ銀行口座の保持者であれば利便性の高いサービスです。

※一部のATMカードローンや富士メンバーズローンは返済日が17日

4位「りそなカードローン」

りそなカードローン

りそなカードローン

総合評価

  • 1.8点
実質年率 利用限度額 無利息期間
3.5%~13.5%
(変動金利)
最大800万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
- - -

おすすめポイント

  • 年3.5%~13.5%の金利で安心
  • 利用限度額はゆとりの最大800万円!
  • 口座がなくても申し込み可能

公式サイトで申し込む

5位「横浜銀行カードローン」

横浜銀行カードローン

総合評価

  • 1.6点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年1.5%~14.6% 10万円~1,000万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
最短で翌日 最短で翌日 ×

おすすめポイント

  • 神奈川県または東京都に居住・勤務されている方がご利用可能です!
  • 横浜銀行の口座がなくてもお申込可能です!
  • ATM は神奈川・東京を中心に 600 拠点以上設置!

※横浜銀行の口座を持っていない場合は、契約までに作成が必要です。

当サイトのランキングについて

低金利な銀行カードローンの申込で注意すべきデメリット

アテンションマークを示して注意ポイント知らせる女性銀行員

低金利という借入メリットがある銀行カードローンですが、デメリットもあります。特にそのデメリットは審査申し込み時となるので、事前に下記のポイントをチェックしておきましょう。

即日審査・即日融資は不可

銀行が扱うカードローンについては2018年1月より審査が厳格化され、すべての銀行カードローンは「即日審査」「即日融資」が出来なくなりました。

「急な事情で、どうしても即日融資での融資を受けたい…」と融資を急いでいるときは、銀行カードローンではなく消費者金融カードローンを利用しましょう。
消費者金融の中でも特に即日融資を希望する人におすすめなのは「プロミス」です。

プロミス

総合評価

  • 4.8点
実質年率 利用限度額 無利息期間
4.5%~17.8% 最大500万円 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
事前審査 最短15秒回答 最短30分※

おすすめポイント

  • 金利が17.8%で他の消費者金融より低め!
  • 初回借入れの翌日から30日間は利息0円!※
  • 国内外20万ヶ所以上の施設で割引優待サービスを受けられる!

※スマートフォンからの申込で「少ない項目で最短15秒回答」を利用した場合。「少ない入力項目で最短15秒回答」の申込みは9:00~21:00まで。「少ない入力項目で最短15秒回答」での融資上限は50万円まで。審査回答までの時間は、状況により異なります。申込みの時間帯や、利用する銀行によって、振込みまでの時間が異なる場合あり。事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。

即日融資について更に知りたい方は「【厳選】即日融資できるおすすめカードローン|今すぐお金を借りる方法」の記事もご参考ください。

また、消費者金融のランキングについては、【完全版】みんなが選ぶ「消費者金融」おすすめランキング!(2021年最新)を参考にしてください。

土日祝日でも申込できても融資は翌営業日以降

銀行カードローンはシステム的にインターネット申込なら、原則として24時間365日いつでも「申込」だけなら可能。

ただし、銀行窓口は、土日や祝日は基本的に休みとなっています。

申し込みがすぐできるから、審査もすぐに行われる訳ではありません。

カードローンの審査について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

銀行カードローンはシステム上の関係で、平日を待たないと本審査を完了することができません。その理由として、平日稼働の警視庁のデーターベースへの照会が義務付けられていることが挙げられます。

大手消費者金融であれば、土日祝日の申込はもちろん即日融資にも対応しています。

どうしても休日に融資を受けたいのであれば、大手消費者金融への申込を検討してください。

審査が甘い銀行カードローンはある?

結論から言うと「審査の甘い」銀行カードローンはありません。

しかしながら、銀行カードローンの審査が特別に厳しいわけでもないのです。

基本的に安定した収入があり、信用情報に問題がなければ審査に通る可能性は高くなります。

カードローンは、銀行ローンの中では最も審査の難易度が低く設定されています。

住宅ローン、教育ローン、マイカーローンなどと比べると、はるかに審査通過は易しいのは事実。

また一般的に「消費者金融は審査が甘い」と考えられているようですが、実は銀行カードローンの審査の厳しさと大きな差はありません。

お金の支払いまで数日程度の余裕があるなら、消費者金融よりも低金利な銀行カードローンを優先するという方針で良いでしょう。

万が一銀行カードローンの審査に通らなかった場合は、あらためて消費者金融を含めて検討すれば良いのです。

武藤英次

ファイナンシャル プランニング技能士 二級・元銀行員

監修者 武藤英次の一言コメント!

コメント

銀行カードローンは2018年以降、大幅な審査体制の見直しが業界全体で進行中です。
銀行による「貸しすぎ」が社会問題となり、金融庁による厳しいチェックを受けることになってしまったのです。
以前は消費者金融も顔負けの大胆な融資が、銀行カードローンでも行われていたこともありました。しかし現在では金融庁の指導により、以前よりも慎重に審査が行われる傾向となっています。
とはいえ、銀行カードローンの審査が「厳しすぎる」などということは決してありません。
「低金利」は確かな魅力ですから、時間に余裕があるなら銀行系カードローンへのチャレンジはおすすめです。

銀行系カードローンの審査通過のポイント

黒板前で審査通過のポイントを説明する銀行員OB

銀行カードローンの審査に通過するために大切な5つのポイントを紹介しましょう。

①カードローンの他社借入は少なめに

複数のカードを利用できるか悩む男性消費者

銀行カードローンは、複数を同時利用することも可能です。

そのため他社から既に借入をしていても、すぐに審査落ちとなるわけではありません。

ただしカードローンの契約や借入先があまりにも多すぎると、審査段階で落ちる可能性が出てきます

目安として、他社借入件数が3~4件以上ですと審査通過は厳しくなります。

銀行カードローンの申込時には、必ず「他社の借入件数」を申告します。

これは他社借入の返済分を差し引いて返済能力を判断する必要があるためです。

金融機関は信用情報機関と提携をしているため、他社借入について嘘の申告をしても簡単に分かってしまいます。

カードローンに申し込む際には他社での借入情報は正確に申告するようにしてください。

信用情報機関についてはこちらで詳しく解説しています。

もちろん収入と返済のバランスがしっかり取れていれば、審査通過は可能です。

②必要最小限の金額で申込する

カードローンは、申込金額が大きくなるにつれて審査は厳しくなります。

必要最小限の金額に絞って申込することで、審査通過の可能性をアップできます。

③すでに預金取引のある銀行に申込む

銀行は例外なく取引のある顧客を優先します。

口座を持っている以外にも、給与振込、公共料金やクレジットカードの引き落としなど、様々な取引が評価される可能性があるのです。

すでに取引があるだけでも大きなアドバンテージとなります。

まずは取引銀行のカードローンを優先して検討してみましょう。

④申込み前に必要な書類を準備する

銀行カードローンの申し込みには、下記の書類が必要となります。

特に収入証明書は準備に時間がかかるため、申込み前に準備をしておきましょう。

本人確認書類

金融機関は、申告した名前、住所と、本人確認書類の内容が一致するかを確認します。

本人確認書類として利用できるのは、下記の2種類のどちらかが基本です。

運転免許証が本人確認書類としてはベストなので、所持しているなら優先して提出するようにして下さい。

  • 運転免許証
  • パスポート

もしどちらの身分証明書も持っていないという場合には「健康保険証※」「マイナンバーカード」などでも対応してもらえる場合があります。金融機関によってルールが違うため、前もって金融機関に確認しておきましょう。

※保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。

収入証明書

収入証明書は申込みをする全ての人が必要な訳ではなく、下記のケースに該当する場合などに提出が必要となります。

  • 申込金額が50万円を超える場合
  • 他社との借入金額の合計が100万円を超える場合
  • 審査に必要と判断された場合

以前は銀行カードローンの収入証明書類の提出基準は「申込金額が300万円を超える」場合などに限られ、かなりゆるやかな設定となっていました。

現在では上記の消費者金融の基準に準じるレベルで、厳しくなっていることが多いです。

可能な限り収入証明書も準備しておくと安心です。

⑤在籍確認の準備をしておく

カードローンの審査には「在籍確認」という手順が存在します。

これは金融機関が申込本人の勤務先に電話する事で、「申込本人が、実際にその勤務先で働いているのか」を確認するために行われます。

万が一、在籍確認の電話が行われた際に

「誰も電話に出なかった」
「在籍している事実を知らない人が対応してしまった」

等の場合、在籍確認ができません。

在籍確認が不能となると、審査が一旦ストップしてしまうことになります。

申込の際には下記の点に注意することで、スムーズに在籍確認を進めやすくなります。

  • 自分の在籍が確認しやすい部署の電話番号を記載する
  • 誰もオフィスに居ない時間帯がある場合は、申込み後に金融機関のカスタマーサポート等に電話で伝えておく

銀行カードローンの審査に落ちた時は保証会社をチェック

審査に落ちたときの保証会社を説明する銀行員OB

銀行は有担保の大型ローンや、企業向け融資が得意な金融機関です。

逆に個人向けのカードローンは、審査のノウハウ(どのぐらいの年収の人であれば、どの程度貸してもいいのかという部分)があまりありません。

そこで銀行カードローンは例外なく「保証会社」を利用しています。そのため、実際の審査は保証会社が担当していることがほとんどです。

実は銀行カードローンの審査は、銀行本体よりも「保証会社」のウエイトが大きくなっています。

保証会社には、万が一融資が焦げ付いた場合に、借入した人の代わりに完済する役割があるのです。

保証会社が融資したお金を保証してくれるおかげで、銀行は安心して融資ができます。

そして借り手としても、保証があるから銀行からお金を借りることができるわけです。

また銀行は保証会社があるために、ほとんどリスクを追わなくて良くなります。

そのため審査は保証会社にまかせてしまう傾向が強いわけなのです。

そうなると銀行カードローンの審査は、どこが保証会社になっているのか知ることが大切となります。

代表的な銀行カードローンの保証会社を見てみましょう。

銀行カードローンの保証会社

保証会社カードローン名
アコム株式会社バンクイック(三菱UFJ銀行カードローン)
auじぶん銀行カードローン
セブン銀行カードローン
ソニー銀行カードローン
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)三井住友銀行 カードローン
PayPay銀行カードローン
新生フィナンシャル株式会社スターカードローン(東京スター銀行)
オリックス銀行カードローン
オリックス・クレジット株式会社オリックス銀行カードローン
ミスターカードローン(住信SBIネット銀行)
株式会社オリエントコーポレーションみずほ銀行カードローン

アコムやプロミスのような消費者金融が複数の銀行の保証会社を務めているのがわかりますね。

たとえば、アコムは「バンクイック」「auじぶん銀行カードローン」「セブン銀行カードローン」の保証会社となっています。

たとえば「バンクイック」の審査に落ちてたとするなら、「auじぶん銀行カードローン」の審査にも落ちる可能性が高くなります。

なぜなら、両カードローンの保証会社は同じアコムで、審査の傾向が近いと想定されるためです。

カードローンの審査に落ちた時は、保証会社の名前をチェックしてみましょう。

同じ保証会社のカードローンへの申し込みはしばらく避けた方が無難です。

カードローンの保証会社について知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

銀行カードローン借入で自己破産しないためには

自己破産になるか心配な男性消費者と女性銀行員

減少の一途をたどっていた自己破産数が、近年また増加に転じました。その原因の1つが、年々貸出残高を伸ばしてきた銀行カードローンです。

銀行カードローンで自己破産しないための、大事な考え方をご紹介しましょう。

より金利の低いローンを利用できないか検討する

銀行カードローンは消費者金融に比べると金利が低く、毎月の支払利息は抑えられます。

しかし、住宅ローンや教育ローンのように使い道が固定されたローンと比べると、かなりの高金利です。

今回の借入が使途限定であるなら、カードローンよりも使途限定ローンを優先して検討するようにしましょう。

年収の3分の1以上を借りない

消費者金融では年収の3分の1以上の借入はできません。総量規制というルールに抵触してしまうからです。

銀行カードローンも過剰融資問題を受けて自主的な規制をしており、返済能力を超えるような借入(目安として年収の3分の1あるいは2分の1以上)はできないと思っておきましょう。

なお各銀行の自主規制の基準は公表されていませんし、順次見直しが行われている最中です。

ただし全体的な傾向としては、総量規制に沿ったレベルに落ち着いていくと予測されます。

借入総額が年収の3分の1以内に収まっていれば、多重債務で返済困難となる心配が少なくなるのは間違いありません。

審査通過はもちろんですが、あなたの生活を守るためにも「年収の3分の1ライン」はしっかり意識するようにしてください。

約定返済だけで満足しない

約定返済とは、カードローンの毎月の最低返済額のことです。

この約定返済には注意が必要です。

約定返済額は非常に低く設定されがちなため、自主的に多めに返済しないと、なかなか返済が終わりません。

返済期間が長くなれば、それだけ返済利息も増えてしまいます。

自主的に返済金額を増やし、少しでも完済を前倒しするようにしてください。

定期的に借入総額を確認する

カードローンで多重債務に陥っている人の特徴として、借入総額に無頓着な点が挙げられます。

何枚ものカードローンを使っているため、合計でいくら借りているのかわからなくなりがちなのです。

最低でも毎月1回は、カードローンの合計借入残高を計算しましょう。

大手消費者金融や銀行であれば、借入残高の確認はネットで可能です。会員サイトに登録し、残高確認機能をうまく活用してください。

銀行カードローンの返済について

青空背景で銀行カードローンの返済方法を教える女性銀行員

カードローンで借りたお金は返済をする必要があります。

借りたお金を使うのはあっという間で、むしろ返済がスタートしてからが本番と考えたほうが良いくらいです。

返済をいいかげんな気持ち考えていると、後々に返済トラブルとなってしまう可能性が高くなります。

返済方法をしっかりと理解しておくことで、トラブルフリーでスムーズに返済を進めることができるでしょう。

この章では、銀行カードローンの返済についてわかりやすく解説していきます。

しっかりとチェックして、安心&安全な銀行カードローン利用法をマスターしておきましょう。

返済方法は3種類(口座引落・ATM・銀行振込)

銀行カードローンの主な返済の方法は以下の3つです。

  • 口座引落
  • ATM
  • 銀行振込

それぞれの返済方法のメリット&デメリットを一覧表で確認しておきましょう。

返済方法メリットデメリット
口座引落・自動的に返済され、手間がかからない
手数料無料
・返済記録が残り、後々確認しやすい
・給与振込口座を返済口座に指定すれば、残高不足の心配が少なく返済可能
・口座振替の返済金額だけだと、金額が少なめで返済が長引きやすい
・うっかりの残高不足で延滞してしまうことがある
・口座引落必須のカードローンでは口座開設が手間となる
・引落記録から借入がバレてしまう
ATM・仕事帰り等好きなタイミングで返済可能
・銀行ATMからの返済は他人の目が気にならない
・多めに任意返済することで早期完済を目指しやすい
提携ATMでは利用手数料がかかる場合がある
・返済日に遅れないよう毎月自分で返済手続きをする必要がある
・メンテナンスで利用できない場合がある
銀行振込・基本どの銀行からでも返済手続きが可能
1円単位での返済が可能で、一括返済での精算に便利
・インターネットバンキングならいつでも手続き可能
振込手数料は自己負担(※特典でインターネット振込が無料になる場合もあり)
・手続きがやや複雑で手間がかかる
・振込名義や金額にミスが起こる可能性がある

なお、これらの返済方法はひとつしか利用できないわけではありません。

「口座振替を利用しつつ、ATMで追加返済を行う」と行った組み合わせも可能です。

それぞれの返済方法のメリット&デメリットを把握した上で、最適な方法を随時選びながら計画的に返済を進めるようにしてください。

銀行カードローンの返済に遅れるとどうなる?

万が一銀行カードローンの返済に遅れてしまった場合どうなるのでしょうか?
返済に遅れてしまった場合に起こることを順番に説明しましょう。

ローンを踏み倒した場合の一般的な流れ
返済の遅れ状況銀行からのアクション
返済1日以上遅れるコールセンターより入金の案内の電話が入る
入金案内の電話に出ない電話を無視していると入金期日が記された督促状が届く
督促状の期日を過ぎる法的処置も行う旨の最後通告文書が届く
最後通告も無視する回収セクションに移管され、法的措置が検討される
あくまで踏み倒す態度給与もしくは自宅などの資産の差し押さえが行われる場合も

延滞状態となると、基本的には借入枠が残っていても追加借入れができなくなります。

また返済の遅れ状況によっては借入枠が「強制解約」になる場合もあるのです。

一度「強制解約」になりますと、二度と借入枠を復活することができません。

強制解約後はひたすら返済するのみとなってしまうのです。

ちなみに強制解約は特に通知もなく行われてしまいます。

カードローン会社の電話を無視し続けると、思いのほか早く強制解約になる場合があるので注意が必要です。

▼カードローンの解約について知りたい方はこちらの記事をチェック

ちなみにきちんと電話に出るなど誠実に対応している場合、無視している場合よりもはるかに温情的な措置で済むことが多いです。

きちんと電話に対応するだけでも、最悪の事態へのカウントダウンはいくらか緩やかになります。

いずれにしても強制解約まで来てしまいますと、信用情報にキズが付くのは避けられません。

いったん信用情報にキズが付きますと最低5年間は新規借り入れができなくなります。

また信用情報が期間経過後にクリアされても、信用0からの再スタートとなってしまうのです。

以前のように借り入れできるようになるには非常に長い時間が必要となります。

あくまでも返済の意思を見せない場合、最終的には法的措置がとられることになります。

裁判所に強制執行の申し立てがおこなわれ、財産の差し押さえへと進んでいくのです。

非常に恐ろしいことになることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

ただ実際に差し押さえまで行ってしまう方も、最初から踏み倒すつもりの人はほとんどいません。

最初のカードローン会社からの電話に出そびれてしまったというようなささいなことがきっかけになってしまうのです。

コールセンターからの電話は怖いなどということは決してありません。

むしろ返済期日を伸ばしてくれるなど、相談に乗ってもらえる存在です。

早めの相談が道を開いてくれますので、心配せずに相談することから始めましょう。

銀行カードローン借入額の増額方法

銀行カードローンの借入増額方法を図解で説明するFP

銀行カードローンが足りなくなった場合に増額で対応できる場合があります。増額方法は銀行により異なりますが大きく3つのパターンに分けることができます。

借入額の増額方法
  1. 銀行の公式ウェブサイトから増額申込
  2. 銀行のカードローン専用ダイヤルから電話で増額申込
  3. 銀行の店頭窓口で相談

ウェブサイト申込の場合

基本的に24時間365日利用可能となります。
入力事項も初回申し込みよりもはるかに少なく、3分程度で終わってしまう程度のためおすすめの申込方法になります。

カードローン専用ダイヤルの場合

オペレーターの受付時間内に電話をかけるようにします。

自動音声ガイダンスに従ってメニューを選択していくとオペレーターに直接話せます。増額理由を聞かれますので、しっかりと返答できるように答えを用意しておくと良いでしょう。

銀行の店頭窓口へ直接相談する場合

銀行の公式ウェブサイトに増額方法が案内されていない場合もあります。そのときは「銀行の窓口へ直接相談」するようにしましょう。

預金口座があれば、口座のある支店が相談窓口となります。銀行の営業時間内であれば、訪問前に電話しておくのがおすすめです。

▼カードローンの増額について知りたい方はこちらの記事をチェック

まとめ

こちらの記事では銀行カードローンの特徴について、くわしく解説してきました。
最後にもう一度、大切なポイントを振り返っておきましょう。

  • 銀行カードローンの最大の魅力は「低金利」
  • 銀行カードローンは土日や即日の融資には対応していない
  • 返済方法は「口座引落」「ATM」「振込」の3つがメイン

以上のようなことを理解していただいたことで、あなたが銀行カードローンに申込するべきか判断できるようになります。
ぜひ参考にしていただき、最適なカードローンを見つけるヒントをつかんで下さいね。