「転職したばかりだとカードローンの審査に落ちやすいのかな?」
「転職したことはカードローン会社にバレるの?」

転職によって、カードローンの審査に落ちやすくなるのは事実です。

そう聞くと、「転職したことを黙っておけば審査に通るのでは?」と思う人がいるかも知れませんが、そう上手くはいきません。

審査の際に収入証明書類の提出を求められるからです。

転職したばかりだと、この収入証明書類を発行することができません。

転職について黙っていても、収入証明書が提出できなければ審査に落ちてしまいます。

どちらにしても結果は同じになるので、虚偽の申告をすることは絶対に避けましょう。

では、転職したばかりの人でもカードローンでお金を借りるのにはどうすれば良いのでしょうか?

そんな悩みを抱える人のために、転職したばかりでも審査に通るためのコツについて紹介しています。

また、カードローンを利用している最中に転職した人には報告義務があります。

カードローン会社への連絡方法については「カードローン利用中に退職や転職したときに必要な対応」で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

転職したばかりだとカードローンの審査に通りにくい理由

転職直後はカードローンの審査に通りにくい理由
  • 在職期間が短いと返済能力が低いと判断される可能性がある
  • 収入証明書類を提出できない可能性がある

まず、在職期間が短いと返済能力が低いと判断される可能性があります。

カードローンの審査に通過するには返済能力があると見てもらうことが必須です。

しかし、在籍期間が短いと短期間でまた転職・退職する不安があり、収入が途絶えてしまうことを警戒され、返済能力が低いと判断されてしまい審査に落とされることがあるのです。

次に、収入証明書類を提出できない可能性があります。

カードローンの審査では以下のような収入証明が必要なケースがあるからです。

収入証明書類として認められるもの
・源泉徴収票
・給与明細書
・住民税決定通知書
・納税通知書
・確定申告書
・青色申告決算書
・収支内訳書
・支払調書
・所得証明書

しかし、転職したばかりですと収入証明が提出できず、審査に通らないこともあるのです。

また、冒頭でもお伝えしたとおり、収入証明書類の提出を求められると転職したばかりであることを隠すことができないこともあるため、嘘をついて申し込むのは絶対止めてください。

カードローンの審査については、「カードローン審査の流れと審査落ちの特徴から対策を徹底解説」でも詳しく解説しています。

転職したばかりの人がカードローン審査に通るコツ

転職直後でもカードローン審査に通るコツ

転職したばかりの人がカードローン審査に通るコツは上記のとおり。

詳細についてはこれから解説していきます。

収入証明書類を提出できるようになってから申し込む

どのカードローン会社でも収入証明書類として認められる書類の中に「給与明細」があります。

仮に収入証明書類として給与明細を提出するとなると2カ月分が必要です。

カードローン名 何ヶ月分の給与明細が必要か
プロミス 直近2カ月分
アイフル
アコム
SMBCモビット
レイクALSA

このため、転職してから最低2カ月経ってから申し込みするようにしてください。

カードローン以外の方法でお金を借りる

収入証明書類を用意できるまで待てない人は、カードローン以外の方法でお金を借りることを検討してみましょう。

カードローン以外でお金を借りる方法の例

例えば、クレジットカードのキャッシング枠なら、すでに付属済みであれば審査なしで借入できるため、収入証明の提出も不要です。

これから付属させる場合は審査がありますが、収入証明の提出は必要ないケースが多いです。

お金を借りる方法まとめ!即日可能・低金利・タイプ別などに解説」でも、様々なお金を借りる方法を解説していますので合わせてお読みください。

カードローン利用中に退職や転職したときに必要な対応

カードローン利用中に退職や転職したときに必要な対応は「カードローン会社への連絡」です。

カードローン会社とは「転職前」もしくは「退職前」の勤務先情報で契約しており、これによって限度額等も決まっています。

よって、勤務先情報が変更になると再度審査をするカードローン会社もあるのです。

審査の結果、限度額が引下げられてしまうことも可能性としてあります。

また、在籍確認が必要になるケースもあります。

このため、退職や転職したときにはその旨をカードローン会社に伝えないといけません。

ちなみに、「審査や在籍確認をされるのが嫌だから黙っておこう・・・」というのは絶対に避けましょう。

勤務先情報が変更になった際はその旨を伝えることが必須と、以下のようにカードローン会社の規約で決まっていることがあるからです。

第24条(届出事項の変更等)
氏名、住所、勤務先等当社に届出た事項(以下、「届出事項」といいます。)に変更があった場合、お客様は、そのつど、変更があった日から14日以内に当社に届出ます。

引用元:プロミスカード会員規約

上記は「プロミス」の規約の一部ですが、このような決まりはどこのカードローン会社でもほぼ共通です。

簡単にいうと以下のような内容となっています。

契約時に届け出た事項に変更があった場合には、変更した日から14日以内にプロミスに連絡しなければならない

どのカードローン会社を利用していたとしても同じような規約が書かれているため、勤務先情報が変更になったらカードローン会社に必ず連絡しましょう。

変更の連絡を怠ると最悪の場合、契約を解除されて一括返済を求められる可能性もあるので注意しましょう。

以下に各社の住所や勤務先の変更について解説した記事を載せておきますので、利用中のカードローン会社がある際は参考にしてください。

まとめ

転職したことをカードローン会社に隠すことは難しいです。

カードローンの審査では収入証明の提出が必要なケースがあるからです。

また、転職したばかりですと在籍期間が短いため、返済能力が低いと判断され、カードローンの審査に通りにくくなる可能性があります。

そのため、転職したばかりの人は以下の対応を取るのがおすすめです。

  • 転職先で最低でも2ヶ月勤務して、2ヶ月分の給与明細を提出できるようにする
  • カードローン以外の借入方法を検討してみる

なお、勤務先が変わった場合は規約に書かれているとおり、速やかに変更手続きを済ませましょう。

情報を変更しないままでいると規約違反となり、契約を解除されて一括返済を請求される可能性も否定できません。

カードローン全般に関して詳しく知りたい人は「【誰でもわかる】カードローンとは」をご覧ください。