ざっくり言うと…

  • クレジットカードとカードローンの最大の違いは買い物ができるかできないか(商品代金の決済に使えるか使えないか)です。
  • クレジットカードとカードローンは別物ですが、審査においては同じような内容、項目で審査が行われます。
  • そのため、クレジットカードの審査に通らない人は、カードローンの審査にも通りにくいと言えます。

クレジットカードとカードローンは当然のことながら別物です。
しかし、クレジットカードにはキャッシング機能も付けられることから、私たちは「お金を借りるための手段」として、ついつい混同しがちです。

そのため、クレジットカードとカードローンそれぞれの仕組みや、審査基準に違いがあることを知る人はあまり多くありません。
そこで今回は、「クレジットカードの審査に通らない人でも、カードローンの審査は通るのか?」といった部分をクローズアップして、解説していきたいと思います。

クレジットカードとカードローンは何が違うの?

クレジットカードの審査に通らない人が、「カードローンの審査なら通るかもしれない」と考えて手当たり次第に申し込んだ……という話はよくあります。
それが良いことなのか悪いことなのかはさておき、まずはクレジットカードのキャッシングと、カードローンの違いについて整理しておきましょう。

クレジットカードとカードローン、その最大の違いは「買い物ができるかできないか」(商品代金の決済に使えるか使えないか)ということです。
クレジットカードはお店と提携して発行しているものも多く、普段の買い物や旅行代金などのサービス、公共料金の支払いなどで利用できます。

近ごろでは、ネットショッピングにも欠かせません。
一方、現金を借りることに特化したカードローンでは、そのような使い方はできません。
しかもクレジットカードにはキャッシング機能を付けることもできるので、一見クレジットカードのほうが優れているようにも思えます。

しかし「お金を借りる」という観点で見ると、必ずしもそうではありません。
その理由をいくつかピックアップしてみましょう。

借入れの上限

クレジットカードのキャッシング枠が最大100万円程度と限定的なことに対し、ローンカードなら500万円くらいまで利用できるものも(ただし事業性資金は不可)。
しかもクレジットカードのキャッシング枠はショッピング利用と合算されるため、さらに制限があります。

金利

カードローンに比べ、クレジットカードのキャッシングが若干割高です。
カードローンの場合は、借入限度額に応じて金利が下がることがあります。

返済方法

クレジットカードのキャッシングは、基本的に翌月一括払いですが、カードローンは毎月決まった日に決まった額を返済する「リボルビング払い(リボ払い)」が主流なので、家計を管理しやすいという利点があります。

ざっと見ただけでもこのような違いがあります。
ただ、近ごろはクレジットカードのキャッシングでもリボ払いが利用できるものは増え、繰り上げ返済などの自由度も高まってきているため、ますますその差はなくなりつつあります。

クレジットカードとカードローン、審査の違いは?

クレジットカードの審査も、カードローンの審査も、実のところチェックされる項目に、大きな違いはありません。
その項目はだいたい以下の通りです。

属性を満たしているか

年齢や性別、職業や年収、家族構成や居住形態などの情報を「属性」といいます。
審査の際にはこれらを点数化(スコアリング)し、その点数が返済能力を見極める材料となります。

申込書に記入した内容に間違いはないか、免許証など身分証の提出は必須です。
収入のわかる書類(源泉徴収票や納税証明書等)が必要なこともあります。

信用情報に問題ないか

クレジットカードやカードローンの利用履歴を「信用情報」といい、JICCやCIC(CREDIT INFORMATION CENTER)などの信用情報機関で管理されています。
審査の際にはこれらの機関に照会をかけることになるので、もし過去に遅延などの事故歴があれば、断られてしまうことがあります。

在籍確認がとれるか

申し込んだ人の勤め先に電話をかけ、「勤務実態がちゃんとあるか」の確認が行われます。

総量規制の対象になっていないか

クレジットカードのキャッシング枠も総量規制の対象となっています。
すでに他社から年収の3分の1以上(複数社利用している場合は合算して)借り入れている場合は否決となってしまうでしょう。

クレジットカードやカードローンを利用するためには、最低限このような条件をクリアしている必要があります。
しかし、商品代金の決済に使用するクレジットカードと違い、担保になるものがなく、また利用目的が限定されない(ギャンブル資金だったとしても確認する術がないため)カードローンは、若干審査が厳しくなる傾向にあるようです。

したがって、「クレジットカードの審査に通らない人は、カードローンの審査に通りにくい」と考えて良いでしょう。

カードローンの審査について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

申し込む前に確認しよう

申し込む前に確認しよう

クレジットカードのキャッシングやカードローンは、その仕組みや審査の基準に違いはあれども、どちらも大変役に立つものです。
「借りたら返す」は当たり前ですが、これを怠ってしまうと信用情報にも残ってしまい、いざという時にカードを作ることができません。
また、手当たり次第に申し込みを行えば、かえって審査に通りにくくなってしまいます。

「クレジットカードの審査に通らないからカードローンにも申し込んでみよう」という人は、自身が審査基準を満たしているのか、今一度確認する必要があるでしょう。
カード会社によっては、ホームページ上で簡易的な診断を行えるところもあるので、こちらも是非活用されてください。

▼おすすめのキャッシング・カードローン

プロミス

総合評価

  • 4.8点
実質年率 利用限度額 無利息期間
4.5%~17.8% 最大500万円 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
事前審査 最短15秒回答 最短30分※

おすすめポイント

  • 金利が17.8%で他の消費者金融より低め!
  • 初回借入れの翌日から30日間は利息0円!
  • 国内外20万ヶ所以上の施設で割引優待サービスを受けられる!

※スマートフォンからの申込で「少ない項目で最短15秒回答」を利用した場合。「少ない入力項目で最短15秒回答」の申込みは9:00~21:00まで。「少ない入力項目で最短15秒回答」での融資上限は50万円まで。審査回答までの時間は、状況により異なります。申込みの時間帯や、利用する銀行によって、振込みまでの時間が異なる場合あり。事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。