Operated by Ateam Inc.

  1. ナビナビキャッシング トップ
  2. アコム
  3. アコムのおまとめローンの申込み方法と返済方法を紹介!

  • はい
  • いいえ

アコムのおまとめローンの申込み方法と返済方法を紹介!

アコムのおまとめローンの申込み方法と返済方法を紹介!

「アコムカードローンだけでなく、プロミスやアイフルなどの複数の消費者金融から借り入れしていて、毎月の返済が辛い…」という方は、「おまとめローン」の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

「おまとめローン」とは、既に契約している複数のキャッシングを1社にまとめ、返済の効率化を図る仕組みを指します。

おまとめローンのメリット・デメリットについて更に詳しく知りたい人は「おまとめローンのデメリットは?楽な借金返済で背負うリスクを徹底解説!」をご覧ください。

この記事では、アコムのおまとめローンについて注意点を交え解説しています。是非自分に合ったおまとめローンを選ぶ際の参考にして下さい。

アコムでおまとめは可能か?

結論からいうと、アコムでおまとめローンを利用することは可能です。

「消費者金融は総量規制の対象だから、おまとめはできないんじゃないか」と思っている方、非常に多いと思います。

総量規制とは、利用者の年収の3割までしか貸付できない決まりのことで貸金業者であるアコムも対象となっています。

しかし、総量規制にはアコムのおまとめローン然り、例外があるのです。

消費者金融の総量規制について知りたい人は「消費者金融は総量規制の対象?対象外?」も参考にしてください。

なぜアコムでおまとめすることが可能かというと、総量規制の例外貸付に該当するからです。

アコムのおまとめローンは「借換え専用ローン」という名称のカードローンで、総量規制の例外貸付である「顧客に一方的有利となる借換え」に該当しています。

「顧客に一方的有利となる借換え」とは、金利が低いなどのより条件が良い取引に借り換えることによって、返済が有利になる場合は総量規制の対象外となります。

FP
FP

つまり、年収の3分の1以上の借り入れがあったとしても借主にとって有利な取引になるため、おまとめローンが認められるということです。

アコム

総合評価

  • 3.9点
実質年率 利用限度額 無利息期間
3.0%~18.0% 最大800万円 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短30分 最短30分 ×

おすすめポイント

  • 最短30分で審査回答!来店不要!
  • 24時間365日いつでも借入&返済できる!
  • はじめての方なら最大30日間、金利0円!

※18歳、19歳の方は契約に至りづらい可能性があります。また、収入証明書の提出が必要になります。

アコムのおまとめローン「借り換え専用ローン」とは?

おまとめの利用が可能と分かったところで、アコムのおまとめローンである「借り換え専用ローン」について解説していきます。

アコムの借換え専用ローンの商品詳細は以下の通りです。

アコムの借換え専用ローン商品詳細
融資上限額 300万円
実質年率 年7.7%~18.0%
利用条件 18歳以上(高校生を除く)の安定した収入と返済能力を有する人で、アコムの定める審査基準を満たす人

※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性があります。また、収入証明書の提出が必要になります。

資金の使途 貸金業者債務の借換え
※銀行やクレジットカードのショッピングは含まれない
返済期間 借り入れ日から最長13年7ヶ月(2~162回)
申し込み方法 店頭、自動契約機

通常のカードローンとの違いは?

アコムの借換え専用ローンは、通常のカードローンと異なる点があります。

それは、自由に借り入れ・返済を繰り返すことができないという点です。

まず、覚えておいていただきたいのは、なぜアコムでおまとめが可能かという理由です。

おまとめローンは原則として、複数の債務により返済困難な状態に陥ってしまいそうな利用者に対しての救済措置です。

したがって、新たな債務を繰り返すと、より返済困難な状況に陥ってしまいかねません。

FP
FP

借り入れをできないようにすることで返済をスムーズに行うことができるのです。

通常のカードローンより審査時間がかかる?

審査にかかる時間は、普通のカードローンとあまり変わりません。
最短即日はもちろんのこと、30分程度で審査がおりる場合もあります。

確かに、審査に数日かかるおまとめローンがあるのは事実です。
貸出額が普通のローンよりも多くなりがちなので、審査にも慎重にならざるをえません。

それに対してアコムでは、普通のカードローンと同じ程度の時間を目指して審査しています。

もちろん、どうしても時間がかかってしまうこともあります。

審査に時間がかかるケース
  • 貸出額が非常に多い
  • おまとめ元のローンがマイナーな小規模業者
  • 職場への在籍確認に手間がかかる

このようなケースでは、審査に時間がかかってしまうことを覚悟しておきましょう。

アコムのおまとめローンの借入限度額

アコムのおまとめローンは、最大300万円まで借り入れることができます。

ただし、「300万円までなら希望額を借りれる」ということではありません。
審査によって、

  • この人に融資しても大丈夫かどうか
  • この人にはいくらまでなら融資できるか

を判断されます。

アコムの対応はとても丁寧なので、申込者の要望を多少考慮してくれる可能性があります。

しかし、原則、融資額は審査で決まるものと考えておきましょう。

ちなみに、アコムのコールセンターに「大抵の人はこれくらい借りれてる、という融資額ライン」を聞いてみました。

結果、答えは「申込者さまによって左右される」とのことでした。
最低貸付額はいくらと一概に言えないようなので、「いくら借りれるかな」と考えるのは無意味なのかもしれません。

アコムのおまとめローンは即日で借りられる?

アコムのおまとめローンは、カードローンと同様に即日融資が可能です。

混み具合にもよりますが、審査自体も長くて1時間程度で完了し、融資可能かどうかを知ることができます。
(アコムコールセンターへのヒアリング結果)

そのため、お急ぎの方でも充分満足できるスピードで融資を受けることができます。

アコムの借換え専用ローンを利用する上で注意すること

アコムの借換え専用ローンを利用する上で注意しなければならないポイントは以下になります。

  • 30日間無利息サービスは対象外となる
  • 借り入れ先への返済は、銀行振り込みによりアコムが直接行うので、利用者の口座を経由しない
  • 借り入れ可能な金額は、おまとめする債務の合計金額が限度となる

特に借換え専用ローンは返済を重視した商品であるため、一度申し込みすれば完済まで返済し続けていく必要があります。

したがって、自由に借り入れ・返済を繰り返すこともできませんし、毎月決まった日に銀行から引き落としで返済していくことになります。もちろん追加で返済することは可能です。

アコムのおまとめローン利用の手順

アコムの借換え専用ローンを利用するには、店頭窓口または自動契約機(むじんくん)でのお申し込みが必要です。インターネットの会員専用ページやアコムの専用アプリ、郵送などでは申込みすることができませんので注意しましょう。

利用の手順としては、

  1. アコムのフリーコールへ電話し、必要書類の案内を受ける
  2. 必要書類を持参し、店頭もしくは自動契約機(むじんくん)へ行く
  3. その場で審査を行い、審査に通れば契約
  4. 他社への精算をアコムが直接行う

という順序で申し込みします。

審査に必要な書類は、本人確認書類収入証明書類です。

アコムでおまとめが可能かどうか、大体30分~1時間程度で返答があります。

もし、アコムが直接取引の無い他社に対して精算が必要となった場合、利用者自身で返済する必要があります。

そのようなケースでは、他社から精算時に発行される「完済証明書」をアコムに提出する必要がありますので、必ず保管しておきましょう。

アコムのおまとめローンの審査基準

アコムのおまとめローンの審査基準は、通常のキャッシング商品とは異なります。

なぜかというと、より慎重に審査を行わなければ“返済不能”に陥ってしまうリスクがあるからです。おまとめローン利用者は新規の利用者よりも多数の債務を抱えている傾向にあるため、審査は慎重になるのです。

アコムのおまとめローンの審査基準を大まかにまとめると、下記のようなポイントが重視されます。

アコムのおまとめローン審査基準ポイントまとめ
審査項目 チェックされるポイント
個人に関わる情報
  • 本人確認書類と住所が一致しているか
  • 全ての必須項目が正確に入力されているか
  • 架空の情報を記載していないか
収入に関わる情報
  • 勤続年数はどの程度か
  • 雇用形態はどのような状態か
  • 年収はどの程度か
  • 勤務先の事業規模、職種に問題はないか
生活状況に関わる情報
  • 独身か既婚か
  • 子どもはいるか
  • 住居は持ち家か賃貸か
  • 住宅ローンや家賃負担の有無
  • 収入に対して過度の出費がないか
信用情報
  • 他社の借入件数が多すぎないか
  • 他社の借入残高が過度に多くないか
  • 過去の返済状況
  • 滞納はないか
  • 債務整理歴の有無

上記のように、アコムのおまとめローンを利用する際にはさまざまなポイントをチェックされることになります。

もちろん、1社の契約を別契約に変更する「借り換え」も、おまとめローンと同様の審査基準が適用されることになります。

ご自身が無事に審査を通過できそうかどうか、一度チェックしてみましょう。

アコムのおまとめローンに落ちやすい人とは

アコムのおまとめローン審査に落ちやすい人の特徴は、下記のようなポイントに該当している方です。

  • 既に返済余力がなく、返済を長期滞納している
  • 債務整理の手続き中
  • 他社の借入件数が5件以上
  • 安定した収入源がない
  • 年収に対し、借入総額が著しく多い
  • 複数社のおまとめローンに同時申し込みしている
  • 総量規制枠を著しく超過している

上記に該当する方は、おまとめローンの審査に落ちてしまう可能性があります。

万が一、「どうしても返済できない状況に陥っている」という方は、弁護士等の専門家に債務整理を含めて相談するのも1つの選択肢です。

また、おまとめローンを利用すれば全ての返済が楽になる、というわけではありません。

申し込み前には必ず返済シミュレーションを行い、利息総額や返済期間を確認した上で利用するようにしてください。

アコムのおまとめローンの在籍確認

おまとめローンも、通常のカードローンと同様に在籍確認がおこなわれます。

この在籍確認は、ローン利用者がいちばんと言って良いほど不安になる部分ではないでしょうか。

アコムの在籍確認のポイントを下記にまとめました。

アコムの在籍確認のポイント

  • 在籍確認は勤め先への電話連絡でおこなう。
  • 「アコム」とは言わず、「個人名」を名乗ってくれる。
  • 在籍していることが分かる返答をもらえれば、在籍確認は完了。
    (「席を外しています」「本日は休みです」等)

アコムの在籍確認者は、利用者のプライバシーに配慮した対応を徹底してくれます。

利用者が自ら「アコムから電話が来る」と言わない限り、勤め先でバレることはないでしょう。

なお、基本的に在籍確認は、申込者本人がアコムに来店しているときに実施します。

本人が在籍確認の電話を受けることはない、ということです。

ただ、勤め先によっては、取引先でもなんでもないところから電話があることに対して敏感で、トラブルになりそうなケースもあるかもしれません。

そういう場合は、アコムに相談をしましょう。

例外的に、本人が在席しているときに電話をかけるといった配慮をしてくれることがあります。

アコムおまとめローンの返済方法

おまとめローンは、追加借入れのできない「返済専用」のローンです。ぶじ審査に通れば、あとは返済がメインとなります。
この章では、

  • どうやって返済するのか
  • いつ返済するのか
  • いくら返済するのか

についてお伝えします。

返済手段

返済手段はさまざまです。利便性が高い方法としては、次の3つが挙げられます。

  1. アコムATM
  2. 提携ATM(セブン銀行・ローソン銀行ATM・E-net・三菱UFJ銀行ATM)
  3. 口座引き落とし

ATMがあれば、審査通過後に受け取ったカードで、全国どこでも返済が可能です。

特にアコムATMの場合、手数料が無料というメリットがあります。お近くにアコムATMがある方におすすめです。

コンビニATMは数が多く利便性は高いですが、返済(入金)時に手数料がかかるデメリットがあります。

返済額 手数料
10,000円以下 110円
10,000円超 220円

※上記手数料は、消費税10%込みの料金表示です

いちいちATMに入金しに行くのが面倒!という方には、口座引き落としが向いているかもしれません。

ただし、口座引き落としの場合、「口座番号」「銀行に届け出ている印鑑」をアコムに送って手続きしてもらう必要があります。コールセンターに聞いたところ、手続きにはおよそ一ヶ月ほどかかるとのことです。

筆者としては、自分のスケジュールで柔軟に返済できる「ATM返済」がおすすめです。

返済タイミング

おまとめローンの返済は「毎月払い」となっています。
コールセンターに確認したところ、具体的には

  • 35日毎に返済(5週間に1回)
  • 返済は、一番最近の返済日から35日以内であればいつでも可
  • 一番最近の返済日から35日以内であれば、何度でも好きな時に返済してOK

ということでした。

人によって給与振込のタイミング等、お金に余裕が出るタイミングは異なります。

「一番最近の返済日から35日以内」を守れれば、いつでも何度でも返済可能というのはありがたい設定です。

なお、35日に1回の返済でOKとは言え、お財布に余裕が出た時は積極的に返済に回すようにしましょう。

そうすることで、利息を抑えること、返済期間を短くすることが可能になります。

返済金額

アコムのおまとめローンでは、毎回の最低返済額は「貸付金額の1.0%」と決まっています。

最低金額以上であれば、都合の良い金額を返済することが可能です。

例えば、10万円の融資を受けた場合、毎月の最低返済額は次の計算で出せます。

100,000円×1.0%=1,000円

とても少額で、無理なく返済できることがお分かりになると思います。

ただ、毎月の返済額が少ないほど返済期間は長くなるので注意が必要です。

アコムのおまとめローンを検討し始める基準とは?

おまとめローンの利用を検討している人は、すでに複数社から借入しているでしょう。
どのぐらい借入していれば、おまとめローンの利用を検討するべきでしょうか?

実は、検討基準として借入総額を使うのはあまりお勧めできません。
以下のように感じたら、すぐにでもおまとめローンを検討してください。

  • 毎月返す金額が負担になっている
  • 金利が高いので元金がなかなか減らない
  • なるべく早く完済したい

おまとめローンを利用すると金利が下がります。
金利が下がれば利息も減り、返済が楽になります。

毎月の返済が苦しいと感じている人は、すぐにでもおまとめローンを検討しましょう。

また、以下のように感じている人にも、アコムのおまとめローンは向いています。

「複数社に返済しているため、借入総額が把握しにくい」
アコム1社に借り換えることで借入総額が明確になります。
借入総額を把握すると借金返済の意欲が湧きやすいです。
「新規借入できないようにして返済に専念したい」
アコムおまとめローンは返済専用です。
新規借入はできません。
借入できない状態に自分を追い込んで、返済を早めたい人に向いています。
「自分の代わりにおまとめ元に完済して欲しい」
おまとめ元への返済はアコムが行います。
借り入れしたお金を他のことに流用してしまう可能性がありません。
意志の弱い人にお勧めです。

このようにおまとめローンを利用するべきかどうかは、借金総額では決まりません。
今の自分にとって、おまとめローンが必要かどうかという基準で検討してください。

アコムのおまとめローンの金利・限度額はどのように決まる?

アコムのおまとめローンの金利や限度額は、借り手の「返済能力」によって決まります。

  • 返済能力が高い人:金利は低く、限度額は高くなる
  • 返済能力が低い人:金利は高く、限度額は低くなる

基本的にはこのような傾向にあります。

さらに詳しく見ていきましょう。

返済能力とは

そもそも返済能力とは何でしょうか?返済能力とは「ちゃんとお金を完済できる能力」をいいます。

年収が低い人は、返済利息が生活を圧迫し、いつか延滞や自己破産に陥る可能性があります。

消費者金融系や銀行は、このような人を返済能力が低い人として扱います。

逆に年収が高い人は、お金を借りても完済できる可能性が高いでしょう。つまり、返済能力は高くなります。

どのローンの申込時にも、以下の情報が必要になりますよね。

  • 年収
  • 勤続年数や職業
  • 他社借入総額
  • 自宅が賃貸か持ち家か
  • 家族構成

金融機関はこれらの情報を使って、返済能力を自動的に算出しています。この仕組みをスコアリングと呼びます。

なぜ返済能力が低いと金利は高くなるのか?

返済能力が低い人は、自己破産など貸し倒れのリスクが高くなります。貸した資金を回収できなくなる可能性が出てくるのです。

例えば年収200万円の人が、すでに100万円借金しているとします。毎月の返済に追われて生活が破綻し、自己破産してしまう可能性は高くなるでしょう。

金融機関は、このような貸し倒れリスクが高い人に融資する時は、金利を高く設定します。返済利息を多く回収できるため、もし貸し倒れても損害を抑えることができるのです。

アコムのおまとめローンの金利は、以下のように幅があります。

  • おまとめ額が100万円未満:年7.7%~18.0%
  • おまとめ額が100万円以上:年7.7%~15.0%

この金利幅の中から、アコムの審査で借り手の返済能力が計算されて、金利も自動的に決まります。

おまとめ額が同じ200万円の人でも、金利年10.0%になる人もいれば、年15.0%になる人もいるのです。

限度額も返済能力によって決まる

限度額も基本的な考え方は同じです。

アコムのおまとめローンは「おまとめ・借り換え専用」のローンです。

当然借り手としては、他社借入額を全ておまとめしたいと考えます。

しかし、アコムの審査で返済能力が低いと見なされれば、借り換え希望額以下の限度額になることもあります。もし総額100万円をおまとめしたくても、50万円程度の限度額しか提示されないこともあるわけです。

おまとめローンとして利用しづらくなってしまいますが、仕方ありません。

なお、アコムは消費者金融です。

通常のカードローンであれば総量規制の対象となり、年収の3分の1以上の借入はできません。

しかし、おまとめローンは特別に総量規制対象外となっており、年収の3分の1以上の限度額での利用が可能です。

アコムでおまとめローンを利用した人の口コミ・評判とは

残念ながら、アコムのおまとめローンを利用した人の口コミはほとんど見当たりません。

大手比較サイトの価格.comでも、見つけるのは至難です。
アコム自体の口コミは多数ありますが、おまとめローンとなると非常に限られています。

筆者の見解としては、次に当てはまるのであれば、それなりに高い満足度になるでしょう。

  • 他社から借り入れているローンの金利が年18.0%より高い
  • おまとめ(一本化)したいものに、銀行ローン・ショッピングリボ(クレジットカード)を含まない

まとめ

アコムでおまとめが可能かどうか、お分かり頂けましたでしょうか。

アコムの借換え専用ローンは複数社の返済を1つにまとめることで、返済に関する手間を大幅に省くことができます。

また、ムダな利息を削減し、より返済しやすい状態を作ることができます。

アコムの借換え専用ローンを活用することができれば、ご自身の精神的な負担も少なくなるでしょう。

スムーズに完済するための目的を明確にし計画的に利用しましょう。

アコムって安全?
不安を解消する3つのポイント

「不安だから有名どころでお金を借りよう」と思っても、借金は借金。

  • 誰かにバレるかもしれない不安
  • どんな対応をされるかという恐怖
  • 本当に早く融資をしてくれるのか

と次の一歩に勇気が足りないのでは?
だからこそ、本サイトをご覧いただいているのだと思います。

しかし、安心してください。アコムは世間のイメージ以上に優良な貸金業者です。

ポイント1.在籍確認で誰かにバレる心配なし!
アコムの在籍確認は、「アコム」と名乗らず「個人名」で電話をかけます。プライバシーの保護を最優先して対応してくれるので職場の人にバレることはありません。
ポイント2.アコムの対応は親身で丁寧!
アコムの接客対応はとても丁寧で親切です。怖い思いをすることはまずないですし、気になることがあれば丁寧に教えてくれます。
ポイント3.最短即日融資は本当にできる!
アコムは即日融資可能な商品です。審査にかかる時間は最短30分で、即日での振込融資にも対応!

はじめての方なら30日間金利0円サービスが適応されます!

関連記事

種類・特徴でキャッシング・カードローンを探す

キャッシングするときの目的は人それぞれ。即日キャッシングしたい人や個人事業主向けのローンなど目的がはっきりしている方はこちらからキャッシング・カードローンを選んでみましょう!

  • 基本情報

【三井住友銀行 カードローンについて】
※毎月の返済は、返済時点での借入残高によって約定返済金額が設定されます。
【みずほ銀行カードローンについて】
※みずほ銀行住宅ローンのご利用で、みずほ銀行カードローンの金利が年0.5%引き下がります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
【レイクALSAの貸付条件について】
※【レイクALSAの貸付条件】融資額など借入れに関する諸条件です。満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)は、利用できます。※取引期間中に満71歳になった時点で、新たな融資は停止されます。【融資額】1万円~500万円【貸付利率(実質年率)】4.5%~18.0%※貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。【利用対象】満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)【遅延損害金(年率)】20.0%【返済方式】残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式【返済期間・返済回数】最長5年・最大60回 ※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数は借入れ及び返済計画に応じて変動します。【必要書類】運転免許証等、収入証明(契約額に応じて、新生フィナンシャルが必要とする場合)【担保・保証人】不要-貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。新生フィナンシャルが契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関(日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター)契約には所定の審査があります。2022年2月現在。商号・名称:(新生フィナンシャル株式会社)貸金業者の登録番号:(関東財務局長(10) 第01024号)※最短即日融資は21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。初めて利用の方への当日融資は、8~22時(毎月第3日曜日は8~19時)となっております。融資時間は、一部店舗によって異なります。年末年始を除きます。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。Web以外の無人店舗や電話で申込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。無利息期間経過後は通常金利適用。貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。
東証一部上場

「ナビナビキャッシング」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。

株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.