ナビナビキャッシング

by Ateam Inc.

このページにはPRリンクが含まれています

  1. ナビナビキャッシング トップ
  2. アコム
  3. アコムの解約方法の流れと必要書類を分かりやすく解説!

  • はい
  • いいえ

アコムの解約方法の流れと必要書類を分かりやすく解説!

「アコムの返済が終わったので解約したい」という方もいらっしゃると思います。

アコムのホームページでは、解約についての詳細事項がほとんど書かれていません。

ここでは、アコムの解約手続きと必要書類、解約の流れなど、順を追ってわかりやすく解説していきたいと思います。

アコムの解約手続きを分かりやすく解説

冒頭でも触れたように、アコムのホームページには解約の流れであったり、必要書類だったり、解約についての情報があまり詳細には書かれていません。

これはなぜかというと、

  • 顧客流出を防ぐ
  • 再利用してもらうため
  • カードローン自体に更新料などの諸費用が発生しないため

という3つの理由が考えられます。

たしかに、アコムのカードローンは自動的に更新となりますし、借り入れしていなければ特に必要な費用もありません。

したがって、自宅に保管しておけば解約する必要は特に無い、とも言えます。

しかし、解約手続きをとることで、「再度利用してしまう可能性を無くしたい」という方が多いのも事実です。

ここでは、あまり公にされていないアコムの解約手続きについて触れていきます。

アコムの解約手続きをするためには、「アコム総合カードローンデスク」に電話しましょう。

アコムの解約手続きは非常に簡単です。

それぞれの解約方法で少し手続きが異なるものの、基本的にはそれほど手間のかかるものでもありません。

ただし、残高がまだある場合は解約できません。
残高の確認方法は以下の4つです。

  • アコム総合カードローンデスク(0120-629-215)
  • 会員サイト
  • アコムATM・提携ATM

次章では解約についてさらに詳しく触れていきます。

アコムの解約に必要な書類とは?

アコム総合カードローンデスクに電話して解約手続きをする場合書類の提出は必要なく、かわりに生年月日や会員番号を質問されます。

さらに、アコムの契約時には「契約通知書」「契約事前説明書」「受領書」をアコムから発行されるのですが、アコムはこのような契約書類を紙面で保管しているのではなく、全てデータベースにデータとして記録しています。

つまり、アコム側の契約書はもともと存在していないため、解約時に返却することはありません。

「解約するときに契約書も返却してほしい」とおっしゃる方もいますが、アコムは先述したように契約書を紙面で保管しているわけではないため、いくら返却を希望したとしても返却することができません。

もし解約の証を書面で欲しい場合は、「解約証明書」を貰うようにして下さい。

電話(アコム総合カードローンデスク)での解約の流れ

アコム総合カードローンデスクに電話して解約する際の流れは、

  1. アコムの総合カードローンデスク(tel:0120-629-215)に電話する
  2. 解約したい旨をコールセンタースタッフに伝える
  3. カードに記載されている会員番号と生年月日を答える
  4. カードの返却方法と解約証明書の受け取り方法を選択する(郵送)
  5. 後日カードを返却し、解約証明書を受領する

となっています。

アコム総合カードローンデスクに電話して解約する場合、特に必要な書類はありません。

また、カードの返却方法も郵送ですので、大きな手間がかかることもありません。

解約証明書の発行を希望する場合は「解約証明書を発行して下さい」とアコムのコールセンタースタッフに伝え、郵送で受け取りします。

もし解約証明書が不要でカードの処分もご自身で行う場合は、電話1本で解約することもできるということです。

アコムで解約証明書を発行してもらう方法

解約証明書とは
解約した事実を客観的に証明する書類です。なぜ解約証明書が存在するのかというと、近年インターネット上で契約する利用者が多いため、解約証明書以外の書類で解約の事実を証明することができないからです。

ちなみに、「契約書の返却をしてもらう」との内容がインターネット上の記事で散見されますが、実はアコムの場合紙面の契約書自体が存在していないため、契約書を返却することができません。

したがって、解約した事実を証明する書類が他には無いため、解約証明書を発行しているのです。

また、解約証明書が必要となるケースの1つに、「おまとめローン」があります

おまとめローンは、複数の貸金契約を1つにまとめるもので、融資条件として解約証明書の提出が求められる場合があります。

解約証明書を発行してもらう方法は、解約時にアコムのスタッフへ「解約証明書がほしい」と伝える必要があります。

しかし、返却書類がほとんどないという都合上、アコムのスタッフは解約時に「解約証明書は必要でしょうか?」と必ず質問します。

解約証明書を発行してもらうには、

  • 残債が無い状態をアコムのスタッフが既に確認している
  • 利用者本人から解約の申し出があった
  • 既に解約状態であること

という3つの条件を満たす必要があります。

もちろん、この条件は解約する際にも必要な条件ですので特に難しい条件ではありません。

アコムの解約はした方がいい?FPからのアドバイスとは?!

消費者金融利用者からよくご相談頂くのは、「完済後は解約したほうがいいのでしょうか」ということです。

結論からいうと、「ご自身の自己管理能力によります」とお応えします。

消費者金融利用者の中には、借り入れが癖になってしまっている方もおられます。

そういったケースでは解約をおすすめします。

なぜなら、「カードを持っているからいつでも借り入れできる」という心理状態だと、必要の無いときでも借り入れしてしまう恐れがあるからです。

対して、短期間で完済し、借り入れが癖になっていない方であれば、カードを保管しておいても問題はありません。

ちなみに、アコムは年会費や更新料などの費用は一切かかりません。

アコムを解約しても再契約できる

アコムは解約後の再契約も可能です。

そのようなケースでも、「半年間は契約できない」というような規定はありませんので、すぐにでも再契約することができます。

ただし、一度解約した後に再契約する場合は、再度審査を受ける必要がありますので注意が必要です。

カードローンの解約について知りたい方はこちらの記事をチェック

まとめ

消費者金融を利用する際に、「一度契約したらなかなか解約できないのでは」と思っていらっしゃる方も非常に多いです。

しかし、アコムはコンプライアンスを重視している企業ですので、いつでも解約することができます。

本当に必要かどうか、しっかりと検討した上で解約することをおすすめします。

アコム

総合評価

  • 3.9点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年3.0%~18.0% 最大800万円 30日間
審査時間 融資時間 お試し審査
最短20分 最短20分※

おすすめポイント

  • 最短20分で審査回答!来店不要!
  • 24時間365日いつでも借入&返済できる!
  • はじめての人なら最大30日間、金利0円!

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

関連記事

種類・特徴でキャッシング・カードローンを探す

キャッシングするときの目的は人それぞれ。即日キャッシングしたい人や個人事業主向けのローンなど目的がはっきりしている方はこちらからキャッシング・カードローンを選んでみましょう!

  • 基本情報

※当サイトでは掲載各社(アコム株式会社等)のアフィリエイトプログラムで収益を得ております。
【三井住友銀行 カードローンについて】
※毎月の返済は、返済時点での借入残高によって約定返済金額が設定されます。
【みずほ銀行カードローンについて】
※みずほ銀行住宅ローンのご利用で、みずほ銀行カードローンの金利が年0.5%引き下がります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
【レイクの貸付条件について】
※【レイクの貸付条件】融資額など借入れに関する諸条件です。 満20歳以上70歳以下の人で安定した収入のある人(パート・アルバイトで収入のある人も可)は、利用できます。 ※取引期間中に満71歳になった時点で、新たな融資は停止されます。 【融資額】1万円~500万円【貸付利率(実質年率)】4.5%~18.0%※貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。 【利用対象】満20歳~70歳(国内居住の人、日本の永住権を取得されている人)【遅延損害金(年率)】20.0%【返済方式】残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式【返済期間・返済回数】最長5年・最大60回 ※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数は借入れ及び返済計画に応じて変動します。 【必要書類】運転免許証等、収入証明(契約額に応じて、新生フィナンシャルが必要とする場合)【担保・保証人】不要-貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。 新生フィナンシャルが契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関(日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター)契約には所定の審査があります。 2023年1月現在。 商号・名称:(新生フィナンシャル株式会社)貸金業者の登録番号:関東財務局長⑽ 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号 ※最短即日融資は21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。 初めて利用の人への当日融資は、8~22時(毎月第3日曜日は8~19時)となっております。 融資時間は、一部店舗によって異なります。 年末年始を除きます。 一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。 Web以外の無人店舗や電話で申込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。 60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。 30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。 無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。 無利息期間経過後は通常金利適用。 貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。
東証プライム市場上場

「ナビナビキャッシング」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。

株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.