ナビナビキャッシング

by Ateam Inc.

このページにはPRリンクが含まれています

  1. ナビナビキャッシング トップ
  2. みずほ銀行カードローン
  3. みずほ銀行カードローンで増額・増枠する方法!限度額引き上げ時の審査ポイントも解説

  • はい
  • いいえ

みずほ銀行カードローンで増額・増枠する方法!限度額引き上げ時の審査ポイントも解説

みずほ銀行カードローンで増額・増枠する方法!限度額引き上げ時の審査ポイントも解説
田尻 宏子

この記事の監修者

2級ファイナンシャル・プランニング技能士

田尻 宏子さん

「みずほ銀行カードローンを利用しているけど現在の限度額に不満がある」

このような時に検討するのが増額です。

しかし、みずほ銀行カードローンの公式サイトを確認しても増額についての記載はあまりないため、増額はどんな申込方法や条件があるのか、あまりよくわからないですよね。

とはいえ、わからないまま増額申請するのはおすすめできません。

増額する前に申込条件や注意点などをちゃんと知っておかないと、増額できずにお金を借りられなくなります。

そこでそうした失敗を防ぐために、増額するメリット・デメリット、申込の流れ、よくある質問について分かりやすく丁寧にまとめました。

この記事を読んでもらえれば、みずほ銀行カードローンの増額についての必要な知識がすべて身につき、迷うことなくスムーズに増額手続きをすることができます!

田尻宏子

2級ファイナンシャル・プランニング技能士

監修者 田尻宏子の一言コメント!

コメント

カードローンを利用している方が今の限度額以上のお金を借り入れたい場合、「他のカードローン会社で申し込む」「今の会社で増額の申込をする」という2パターンがあります。 今回は、増額にスポットを当て、みずほ銀行カードローンの増額について詳しく解説します。 増額審査の申込方法、増額することのメリットやデメリットを確認しておきましょう。 増額審査で見られるところについてもご紹介しますので、ぜひご覧ください。

みずほ銀行カードローン

毎月の返済は2,000円から!

総合評価

  • 3.4点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年2.0%~14.0%※ 最大800万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
最短当日※ 最短当日※ ×

おすすめポイント

  • WEB完結申込なら24時間いつでも受付!
  • 提携コンビニATMで借入も返済も可能
  • みずほ銀行のキャッシュカードで利用できる

※審査時間・融資時間:みずほ銀行の口座を持っている場合は最短当日~1週間程度、持っていない場合は2~3週間程度かかります。
※借入金利:住宅ローンの利用で、みずほ銀行カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

みずほ銀行カードローンで増額するメリット・デメリット

増額するメリットデメリットを説明するFPと喜ぶ、落ち込む男性消費者

はじめに、みずほ銀行カードローンで増額するメリットとデメリットについて知っておきましょう。

メリットとデメリットをしっかりと理解しておけば、増額するか否かの判断がしやすくなります。

デメリット

まずは増額のデメリットから解説していきます。

みずほ銀行カードローンで増額するデメリットは以下の5つ
  • 増額には再申し込みが必要
  • みずほ銀行側から案内がきていないと審査に落ちやすい
  • 増額審査に3営業日以上かかる
  • 在籍確認の電話連絡がある
  • 利用限度額の減枠やカード利用停止の可能性あり

増額には再申し込みが必要

みずほ銀行カードローンの場合、増額には再申し込みが必要になります。

このため、申込手続を最初から行うことなり、審査も再度受けなくてはいけません。

みずほ銀行側から案内がきていないと審査に落ちやすい

みずほ銀行側から案内がきていないと審査に落ちやすいとうデメリットもあります。

みずほ銀行カードローンの場合、増額が可能であれば、増額案内が届くケースが多いです。

このため、増額案内が届いていないと、まだ増額が可能でない場合が多く、審査にも通りにくいという問題があります。

増額審査に3営業日以上かかる

増額審査には3日以上かかるケースが多いです。

増額には再申し込みが必要ですので、初回申込み時と同じくらいか、それ以上の審査期間が必要になります。

このため、「今すぐにお金を借りたい!」という場合には不向きです。

そのような場合は、アコムプロミスなどの消費者金融のカードローンがおすすめです。

消費者金融のカードローンであれば審査は当日中に完了するのが基本ですし、即日融資も受けやすくなっています。

在籍確認の電話連絡がある

増額は再度申し込みすることになりますので、在籍確認があります。

このため、現在の勤め先に電話連絡がきます。

利用限度額の減枠やカード利用停止の可能性あり

利用限度額の減枠やカード利用停止の可能性もあるので注意です。

審査の結果によっては、「返済能力が減った」、「返済能力がなくなった」などと判断されてしまうこともあります。

そうなると、利用限度額の減額やカード利用停止の可能性もあるのです。

とくに以下の人は注意が必要です。

  • 返済で遅延・延滞した人
  • 他社借入が増えている人

このように増額にはデメリットもあるため、注意しておく必要があります。

とはいえ、増額するメリットはデメリットを上回るものが多いため、増額するメリットはちゃんとあります。

メリット

増額のメリットは以下の3つ
  • 金利が下がる可能性がある
  • 借入先をひとつにまとめておくことで管理がしやすい
  • 住宅ローンを利用していれば金利が下がる

金利が下がる可能性がある

増額すると金利が下がる可能性があります。

みずほ銀行カードローンの金利は次のように限度額によって決まります。

限度額 適応金利
10 万円以上100万円未満 年14.0%
100 万円以上200万円未満 年12.0%
200 万円以上300万円未満 年9.0%
300 万円以上400万円未満 年7.0%
400 万円以上500万円未満 年6.0%
500 万円以上600万円未満 年5.0%
600 万円以上800万円未満 年4.5%
800 万円 年2.0%

上記のように限度額が大きくなるほど、金利は反比例して下がっていくんですね。

このため、増額して限度額がアップすれば今よりも金利が下がることがあります。

借入先をひとつにまとめておくことで管理がしやすい

借入先をひとつにまとめておくことで管理がしやすいという点もメリットです。

増額せずに他社で借入してしまうと、返済日や借入額の把握が複雑化し、場合によっては延滞などのミスをしてしまうこともあります。

しかし、増額であれば返済日や借入額の把握は簡単ですので、そうした危険を防げます。

住宅ローンを利用していれば金利が下がる

増額時にみずほ銀行で住宅ローンを利用していれば、次のように金利が下がります。

利用限度額 基準金利 住宅ローン利用時の適応金利年
10万円以上100万円未満 年14.0% 年13.5%
100万円以上200万円未満 年12.0% 年11.5%
200万円以上300万円未満 年9.0% 年8.5%
300万円以上400万円未満 年7.0% 年6.5%
400万円以上500万円未満 年6.0% 年5.5%
500万円以上600万円未満 年5.0% 年4.5%
600万円以上800万円未満 年4.5% 年4.0%
800万円 年2.0% 年1.5%

みずほ銀行カードローンは、上記のように住宅ローンの利用で基準金利から金利を年0.5%引き下げられるという特長があります。

このため、みずほ銀行で住宅ローンを利用している人であれば、増額することで今よりも金利が下がります。

みずほ銀行カードローン

毎月の返済は2,000円から!

総合評価

  • 3.4点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年2.0%~14.0%※ 最大800万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
最短当日※ 最短当日※ ×

おすすめポイント

  • WEB完結申込なら24時間いつでも受付!
  • 提携コンビニATMで借入も返済も可能
  • みずほ銀行のキャッシュカードで利用できる

※審査時間・融資時間:みずほ銀行の口座を持っている場合は最短当日~1週間程度、持っていない場合は2~3週間程度かかります。
※借入金利:住宅ローンの利用で、みずほ銀行カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

みずほ銀行カードローンについてもっと詳しく知りたいという方は以下の記事をご覧ください。

田尻宏子

2級ファイナンシャル・プランニング技能士

監修者 田尻宏子の一言コメント!

コメント

カードローン限度額の増額のメリットには限度額が上がることで金利が下がる可能性が高くなるということ以外にも、借入を1つの会社でまとめられるため、管理がしやすいというものもあります。 反対に、審査が再度行われるため落ちる場合もある、収入が下がった人は限度額を下げられることもある、というデメリットもありますので、申込は慎重に考えましょう。 なお、みずほ銀行で住宅ローンを利用しているのであればカードローン金利の優遇があります。このような制度を上手に利用していきましょう。

みずほ銀行カードローンの増額審査への申込はどうすればいい?

増額審査の申込を図で紹介するFP

ここからは、みずほ銀行カードローンの増額審査の手続方法について解説していきます。

何度かお伝えしているように、みずほ銀行カードローンの増額には再申し込みが必要です。

このため、新規申し込みのときと同様に、以下のいずれかの方法で申込手続をして審査を受け、契約をし、利用枠を設定してもらうという形になります。

  • パソコン・スマートフォン
  • 電話
  • みずほ銀行に行って申し込む

おすすめは、パソコンかスマートフォンでの申し込みです。

パソコンかスマートフォンであれば、「WEB完結申込」が利用できますので、申込手続のほぼすべてをWEB上で完結できます。

そのため、来店の必要もなく、パソコンかスマートフォンの画面の指示に従っていくだけで良いため、申し込みが簡単です。

そこで今回は、このWEB完結申込を利用するとして話を進めていきますね。

再審査の流れ

再審査の流れは以下のとおりです。

  1. 公式サイト「みずほ銀行口座のお持ちの方はこちら」から申し込む
  2. 「ご希望極度額を選択してください」の項目で現在の利用限度額より高い限度額を希望
  3. 「ご本人様情報の登録」で「ご利用中のカードローン口座情報」を入力
  4. 仮審査と在籍確認
  5. 審査結果がメールで送られてきて、必要があれば書類の提出

初回申込時と異なる点は、「利用中のカードローンの口座情報を入力」部分です。

このため、口座の支店名とローンカードに記載されている番号を入力する必要があります。

また、審査は前回とは異なり、カードの利用実績も加味されて行われる可能性が高いです。

このため、きちんと返済期日を守っていることや、定期的な利用があるほど、審査に有利となる可能性があります。

増額審査に必要な書類

増額審査に必要な書類は前回申し込みしたときと同じで、「本人確認書類」「収入証明」です。

「初めての審査のときって何が必要だったっけ?」と忘れてしまった人は、もう一度確認しておきましょう。

本人確認書類

本人確認書類は必須です。

有効なものは以下となり、この中から1点を提出します。

  • 運転経歴証明書(変更事項がある場合は両面)
  • パスポート(写真および住所のページ)
  • 各種健康保険証※(被保険者および被扶養者のページ)
  • 印鑑証明書(発行後3カ月以内)
  • 住民票(発行後3カ月以内)
  • 住民基本台帳カード(変更事項がある場合は両面)
  • 在留カードまたは特別永住者カード(外国人の場合)

※保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。

収入証明書類

収入証明も必要です。

有効なものは以下となりますので、この中から1点を提出してください。

  • 源泉徴収票(最新年度分)
  • 住民税決定通知書または課税証明書(最新年度分)
  • 納税証明書(最新年度分)

なお、個人事業主および会社経営者の人は「住民決定通知書または課税証明書」「納税証明書」どちらか1つが有効ですので、注意しておきましょう。

みずほ銀行カードローンの増額審査の受付時間

増額審査の受付時間をお知らせする女性オペレーターと思案する男性消費者

増額審査を受け付けている時間は「平日9時00分~20時00分」となります。

このため、土日祝には対応してくれないので気をつけてください。

よって、土日祝の前日(たとえば金融日)に申し込むと、通常よりも審査に時間がかかってしまうケースが多くなります。

また、12月31日~1月3日、振替休日も審査の対応時間外です。

みずほ銀行カードローンの増額が完了するまでにかかる時間

増額の電話をかける男性消費者と完了までの時間を示すFP

増額審査にかかる時間は最短でも2~3営業日です。

長いときは1週間以上かかる場合もあります。

そうしたことから、ある程度の時間はかかると思っておきましょう。

みずほ銀行カードローンの増額審査で見られるポイント

増額審査のポイントをボードで説明するFPとチェックする男性消費者

ここからは、増額審査で見られるポイントはどこなのかをお伝えしていきます。

増額審査で見られるポイントは以下の3つです。

  • 今までのカードの利用実績
  • 他社からの借入状況
  • 年収が上がっているかどうか

今までのカードの利用実績

増額審査では、みずほ銀行カードローンの利用実績が影響してきます。

きちんと返済期日を守っていれば、みずほ銀行カードローンからの信用が高くなりますので、増額審査に有利です。

また、定期的に利用しているのであれば、増額すればまた利用してくれると判断してもらいやすくなるため、審査にも良い影響があります。

それに対して、返済期日を守っていないと増額できる可能性は低いです。

そのような人はお金に関して信用できませんし、返済能力にも問題があるケースが多いためです。

また、返済期日に関しては他社のクレジットカードやローンなども影響してきます。

その他にも、携帯電話の本体分割払いなどの支払いも影響しますので、これらの返済期日も必ず守るようにしてください。

他社からの借入状況

他社からの借入状況では、金額や件数が多すぎないかという部分を確認されます。

ここで言う他社借入とは、次のような「無担保ローン」の借入を指します。

  • カードローン・キャッシング
  • クレジットカードのキャッシング枠
  • フリーローン

カードローンの審査ではこれらの借入額と件数が多いほど、返済できるお金が少ないと判断されやすくなり、審査に不利となってしまいます。

逆に借入額と件数が少ないほど、返済できる余力があると判断されやすくなるため、審査に有利です。

年収が上がっているかどうか

年収が上がっているかどうかも重要です。

年収がアップしていれば返済能力も増えたと判断してもらいやすくなるため、増額の成功率も上がります。

しかし、そうでない場合は返済能力が以前と変わらないと判断されやすくなり、増額してもらえない可能性が高くなってしまいます。

みずほ銀行カードローンの増額案内が来ていたら増額できる可能性が高い

増額案内のお知らせを紹介する女性行員と郵便物やATMで喜ぶ男性消費者

先述したとおり、みずほ銀行から増額案内がくるケースがあります。

そんな増額案内は以下の2つの方法で通知されます。

  • 郵便物が自宅に届く
  • みずほ銀行のATMに表示される
    (提携コンビニATMでは表示されないので注意)

この増額案内が来ている場合は増額できる可能性が高いです。

なぜなら、増額案内がきたということは、みずほ銀行側から「増額の見込みあり」と判断されたということだからです。

よって、増額案内が来ている状況であれば、増額できる可能性が高いですね。

ただし、100%増額できるとは限らないためその点は理解しておいてください。

まとめ

みずほ銀行カードローンで増額するには再申し込みが必要です。

そのため、前回と同じように申し込みをして、審査を受け、契約をしなくてはいけません。

そんなみずほ銀行カードローンの増額にはメリットだけでなく、デメリットも存在します。

このため、メリットとデメリットをしっかりと把握しておき、デメリットよりもメリットのほうがあると感じられた場合のみ、申し込むようにしてください。

また、増額前には知っておくべきポイントや注意点があります。

増額申請する前に今回の記事を参考にして、みずほ銀行カードローンの増額についてしっかりと把握しておきましょう。

田尻宏子

2級ファイナンシャル・プランニング技能士

監修者 田尻宏子の一言コメント!

コメント

増額審査では新規申込時と同様に収入や他社の借入状況が確認されます。それらに加え、現在の借入の利用状況・返済状況も見られます。延滞の記録がある場合、審査通過はかなり厳しいと思ってよいでしょう。 また、みずほ銀行を含め、銀行カードローンの審査結果は即日では判明しません。早くても翌日の返事になります。急いで増額してほしいという場合には適しませんので注意してください。

みずほ銀行カードローン

毎月の返済は2,000円から!

総合評価

  • 3.4点
実質年率 利用限度額 無利息期間
年2.0%~14.0%※ 最大800万円 -
審査時間 融資時間 お試し審査
最短当日※ 最短当日※ ×

おすすめポイント

  • WEB完結申込なら24時間いつでも受付!
  • 提携コンビニATMで借入も返済も可能
  • みずほ銀行のキャッシュカードで利用できる

※審査時間・融資時間:みずほ銀行の口座を持っている場合は最短当日~1週間程度、持っていない場合は2~3週間程度かかります。
※借入金利:住宅ローンの利用で、みずほ銀行カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

▼カードローンの増額について知りたい方はこちらの記事をチェック

関連記事

種類・特徴でキャッシング・カードローンを探す

キャッシングするときの目的は人それぞれ。即日キャッシングしたい人や個人事業主向けのローンなど目的がはっきりしている方はこちらからキャッシング・カードローンを選んでみましょう!

  • 基本情報

※当サイトでは掲載各社(アコム株式会社等)のアフィリエイトプログラムで収益を得ております。
【三井住友銀行 カードローンについて】
※毎月の返済は、返済時点での借入残高によって約定返済金額が設定されます。
【みずほ銀行カードローンについて】
※みずほ銀行住宅ローンのご利用で、みずほ銀行カードローンの金利が年0.5%引き下がります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
【レイクの貸付条件について】
※【レイクの貸付条件】融資額など借入れに関する諸条件です。 満20歳以上70歳以下の人で安定した収入のある人(パート・アルバイトで収入のある人も可)は、利用できます。 ※取引期間中に満71歳になった時点で、新たな融資は停止されます。 【融資額】1万円~500万円【貸付利率(実質年率)】4.5%~18.0%※貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。 【利用対象】満20歳~70歳(国内居住の人、日本の永住権を取得されている人)【遅延損害金(年率)】20.0%【返済方式】残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式【返済期間・返済回数】最長5年・最大60回 ※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数は借入れ及び返済計画に応じて変動します。 【必要書類】運転免許証等、収入証明(契約額に応じて、新生フィナンシャルが必要とする場合)【担保・保証人】不要-貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。 新生フィナンシャルが契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関(日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター)契約には所定の審査があります。 2023年1月現在。 商号・名称:(新生フィナンシャル株式会社)貸金業者の登録番号:関東財務局長⑽ 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号 ※最短即日融資は21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。 初めて利用の人への当日融資は、8~22時(毎月第3日曜日は8~19時)となっております。 融資時間は、一部店舗によって異なります。 年末年始を除きます。 一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。 Web以外の無人店舗や電話で申込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。 60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。 30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。 無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。 無利息期間経過後は通常金利適用。 貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。
東証プライム市場上場

「ナビナビキャッシング」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。

株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.