無職でも即日融資を受けられる!?ニート・失業中でもお金を借りる方法は?
金子 賢司

この記事の執筆者

ファイナンシャルプランナー

金子 賢司さん

ホームページ・運用サイト

「自分は無職だしお金を借りられないのでは?」
「大手消費者金融は審査ハードルが高そうだから諦めてほかを探そうかな」
「そもそも無職でもお金を借りることってできるの?」

という悩み、疑問を解決するため、この記事では「無職でもお金を借りられる可能性がある方法」を6つ紹介します。

無職の人でお金を借りられる可能性がある方法は、以下の6つです。

お金を

借りる方法

お金の
借りやすさ
金利目安 借入までの
期間
有担保ローン 年0.2%~9.0%程度 即日~数週間
クレカのキャッシング枠 年4.0%~20.0%程度 即日
公的融資制度・支援制度 利息なし~年1.5%程度 数日~数週間
内定者向けローン 年6.0%~8.0%程度 数日~数週間
配偶者貸付 年4.5%~18.0%程度 数日~数週間
契約者貸付 年4.5%~5.5%程度 数日~数週間

借りやすさの評価定義

  • ◎:無職でも借りられる可能性が高い
  • ◯:特定の条件を満たせば無職でも借りられる可能性がある
  • △:無職では借りられる可能性が低い

※可能性が高い、低いという評価は相対的なものであり、必ず借りられる/借りられないことを意味するものではありません。

それぞれの借入方法については以下の気になるポイントを踏まえて解説しているので、自分のニーズにマッチした方法を探してみましょう。

  • 借入方法の概要
  • メリット
  • デメリット
  • お金を借りることができる可能性がある人の特徴

無職の人が即日融資を受ける方法

無職の人は、以下のいずれかの方法であれば、即日融資を受けられる可能性があります。

お金を
借りる方法
お金の
借りやすさ
金利目安 借入までの
期間
有担保ローン 年0.2%~9.0%程度 即日~数週間
クレカのキャッシング枠 年4.0%~20.0%程度 即日

借りやすさの評価定義

  • ◎:無職でも借りられる可能性が高い
  • ◯:特定の条件を満たせば無職でも借りられる可能性がある
  • △:無職では借りられる可能性が低い

※可能性が高い、低いという評価は相対的なものであり、必ず借りられる/借りられないことを意味するものではありません。

カードローンや消費者金融の即日融資では、無職の人は審査に通りません。

どうしても今日中にお金が必要な場合は、上記のいずれかの方法でお金を作ることを検討しましょう。

無職で返済能力がなくても「有担保ローン」ならお金を借りられる可能性が高い

有担保ローンは、担保が設定されるため「安定した収入があるかどうか」を重視されなくなります。なぜなら、借り主から返済がされなかったとしても、担保を競売にかけることで「損失を抑えられるから」です。

有担保ローンの代表例は以下の6つです。

  • ゆうちょ銀行の自動貸付
  • 生命保険契約者貸付(解約返戻金を担保にしたローン)
  • 不動産担保ローン(保有する不動産を担保にしたローン)
  • リバースモーゲージ(自宅を担保とした有担保ローン)
  • 年金担保融資制度(将来の年金・年金受給者限定)【制度廃止】
  • 質屋(所有している資産を担保)

見慣れないサービスが多いと思うので、それぞれの特徴や、メリット・デメリットをチェックしていきましょう。

有担保ローン
サービス名
利用のしやすさ 即金性 金利 担保にするもの 注意点
ゆうちょ銀行の自動貸付 約年0.2%~0.5% ゆうちょ銀行の預金 預金額に借り入れ金額が依存する
生命保険契約者貸付 約年3.0% 解約返戻金 積立金に借入額が依存する
不動産担保ローン 約年1.0%~9.0% 不動産 審査時間が長く、厳しい
リバースモーゲージ 約3.0% 自宅 審査時間が長く、物件の制約が多い
年金担保融資制度 廃止 廃止 廃止 廃止 廃止
質屋 約年1.0%~5.0% 値がつく所持品 返済できないと品物を失うことになる

ゆうちょ銀行の自動貸付(預金を担保にしたローン)

使える人は限定されてしまいますが、ゆうちょ銀行口座を保有しており、かつ預金残高がある場合は「ゆうちょ銀行の自動貸付」を利用できます。

ゆうちょ銀行の自動貸付のサービス詳細は以下のとおりです。

貸付けの担保 担保定額貯金・担保定期貯金
貸付期間 2年
※2年以内に貯金が満期を迎える場合は満期までの期間
限度額 預入金額の90%以内で最大300万円まで
金利 ・担保定額貯金の場合は返済時の約定金利(%)+0.25%
・担保定期貯金の場合は預入時の約定金利(%)+0.5%
貸付回数 制限なし
返済回数 制限なし
審査 なし
借りるまでにかかる時間 即日
ゆうちょ銀行の自動貸付のメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 即日借り入れができる
  • 審査不要
  • 貸付金利が相対的に低い
  • ゆうちょ銀行口座を持っている必要がある
  • 借り入れ金額が預金残高に依存する

一時的に失業していたり、専業主婦で急にお金が必要になったりした場合、ゆうちょ銀行の自動貸付サービスは検討の余地ありといえるでしょう。ゆうちょ銀行ならネームバリューもありますし、不信感を抱くことなく借入できます。

また、金利に関しても消費者金融(カードローン)と比較して低金利といえます。

ゆうちょ銀行の自動貸付の金利 カードローンの金利目安
担保定額貯金の場合は返済時の約定金利 0.252%
担保定期貯金の場合は預入時の約定金利 0.502%
(2023年7月現在)
年3.0%~18.0%程度

しかし、銀行に残高があまりなく、預金残高の90%では足りないという場合、十分な金額を借り入れすることは難しいです。その場合は、現預金以外を担保とする他の方法をチェックしてみましょう。

  • 不動産担保ローン(保有する不動産を担保にしたローン)
  • 生命保険契約者貸付(解約返戻金を担保にしたローン)
  • リバースモーゲージ(自宅を担保とした有担保ローン)
  • 年金担保融資制度(将来の年金・年金受給者限定)【制度廃止】
  • 質屋(所有している資産を担保)

生命保険契約者貸付(解約返戻金を担保にしたローン)

生命保険に加入している場合は、生命保険契約者貸付という「解約返戻金」を担保にしたローンを借りられる可能性があります。

解約返戻金とは、生命保険を解約する際に「今まで支払った保険料の一部を払い戻す仕組み」のこと。つまり、生命保険契約者貸付は、将来受け取る予定の「解約返戻金」を担保に設定することで「今」お金を借りられるサービスです。

生命保険契約者貸付のメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 審査が不要なためスムーズに借り入れができる
  • 即日お金が借りられる
  • 返済期限が定められていない
  • 解約返戻金の8割前後が借りられる
  • 金利が単利ではなく「複利」なので期間が伸びると高金利になってしまう
  • 解約返戻金を超えて借り入れをすると保険が失効してしまう
  • 解約返戻金の積立額に借り入れ金額が依存してしまう

「まとまったお金が今すぐ必要」という場合はあまり適していませんが、生活費が少し足りないなどの理由で「短期間のみ借り入れをしたい」というケースでは借入先の有力候補になりますね。

注意点は「金利が複利で働いてしまうこと」です。複利とは元本だけでなく、今後の「利息」に対しても貸付金利が適用されるという意味です。

つまり、最初の金利が年3.0%であっても、長期間の借り入れをしてしまうと「実質金利は年3.0%を超えてしまう」ということです。契約者貸付を利用する場合は「早期の返済」を心がけましょう。

不動産担保ローン(保有する不動産を担保にしたローン)

こちらも利用できる人は限定的ですが、無職であっても不動産を保有している場合には、不動産担保ローンという選択肢もあります。

相続などの関係で不動産を所有している人で、中長期でまとまったお金が必要な場合に、重宝する借り入れ方法でしょう。

不動産担保ローンのメリット・デメリット
メリット デメリット
  • まとまった資金を借り入れられる
  • 貸付金利も比較的低金利
  • 借り入れ期間が長期間
  • 借りるまでに時間がかかる
  • 審査ハードルが高い
  • 事務手数料をはじめとした手数料が多い

不動産担保ローンの概要は、以下の表で確認しましょう。あくまで数値は目安となっているのでご注意ください。

貸付けの担保 不動産
貸付期間 1年~35年 程度
限度額 100万円~1億円程度
金利 固定金利:年1.5%~9.0%程度
変動金利:年1.0%~8.0%程度
審査 あり(査定などのため時間がかかるケースが多い)
借りるまでにかかる時間 数日~数週間

借りられる金額が大きい反面、すぐに融資を受けられない点には注意が必要です。近々にお金が必要な場合には、カードローンや生命保険契約者貸付などの活用を検討しましょう。

リバースモーゲージ(自宅を担保とした有担保ローン)

リバースモーゲージは「50歳~60歳以上」を対象とした、自宅を担保にしてお金を借りる方法です。融資の方法も年金のように毎月受け取る方法(年金型)と一時的に受け取る方法(一時金型)があるため、ニーズにあった借り入れができます。

すでに退職していて老後資金のやりくりやローン返済に困っている高齢者の場合は、一考の余地があります。

リバースモーゲージのメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット デメリット
  • 自宅に住みながら融資を受けられる
  • 融資の受け取り方法が選べる
  • 高齢でも借り入れOK
  • 月々の支払いが利息のみで経済負担が少ない
  • 契約者の死亡時に担保売却されるため元金の支払いがない
  • 不動産価値や所在地などの制限が多い
  • 年金等の安定収入が必要
  • 金利変動や不動産価値の変化により影響を受けやすい
  • 年齢の下限(50歳~60歳)が決められている

利用ハードルが高い反面、返済の負担が少ないのが特徴です。持ち家に住んでおり、老後生活に余裕をもたせたい、自宅の改修をして快適に暮らしたい場合には「リバースモーゲージ」の活用を検討してみましょう。

年金担保融資制度(将来の年金・年金受給者限定)【廃止】

年金を担保に融資が受けられる「年金担保融資制度」を厚生労働省が設けていましたが、2022年(令和4年3月末)をもって申込受付を終了しています。

※参考:年金担保貸付制度終了のご案内

そのため、現在「将来受け取る年金」を担保にお金の借り入れをすることは不可能です。もし、年金を担保にお金を貸す業者がいるとすれば「違法業者」の可能性が高いため、絶対に利用しないようにしましょう。

質屋(所有している資産を担保)

もっとも身近なのが、所有している金品を「質屋」に預けてお金を借りる方法です。

ブランド品や高級腕時計、記念硬貨やバッグなど所有品を預けるだけでお金が借りられる便利さは魅力的でしょう。返済が難しい場合には、預け入れたし品物を手放すことで「お金を返済する必要がなくなる」のは最大の魅力です。

とはいえ、質屋の利用にもメリット・デメリット両方があるので確認しておくと安心です。

メリット デメリット
  • 今持っている品物を預け入れするだけでお金が借りられる
  • 預け入れた品物を手放せば返済の必要がない
  • 手軽にすぐに借りられる(審査なし)
  • 貸付金利は比較的高め
  • 大切なものを預け入れると返済できない場合、売却されて二度と戻ってこない可能性がある
  • 担保の品物がない・価値が低いと十分な金額を借りられない

「そんなに高級な物品は持っていない」という場合でも、ダメ元で質屋に持っていけば少額は借りられる可能性があります。もしくは、すでに手放す気でいる物品であれば、フリマアプリなどで売却したほうが利益が大きい可能性もあるので試してみましょう。

クレジットカードがあればキャッシング枠を使ってお金を借りられる可能性がある

無職であっても、クレジットカードを持っている場合「キャッシング枠」を使うことで現金を借りられる可能性があります。ただし、無職になってからクレジットカードを作るのは審査上難しいため、「あらかじめ持っている場合」に限られると考えてください。

メリット デメリット
  • すぐに現金が手に入る
  • すでにキャッシング枠がある場合は審査不要
  • 金利が高い
  • 総量規制の対象になるため、年収の3分の1以上の借り入れは不可

キャッシング枠はカード発行時に設定できることが多く、0円~50万円程度が多いです。

そのため、持っているクレジットカードにキャッシング枠が設定されていれば、その金額分は「審査なし」で借りられることになります。発行後でも枠を設けることはできますが、審査が必要になるので注意が必要です。

キャッシング枠の金利目安:年利15.0%~18.0%程度

また、クレジットカードのキャッシングは「総量規制の対象」になります。総量規制とは、借り入れ金額が「年収の3分の1」を超えないよう規制する法律のことです。

そのため、キャッシング枠があっても、借り入れ金額の合計(他機関からの借り入れを含む)が年収の3分の1を超える場合、利用できません。

ニート・失業中の無職の人がお金を借りる方法

無職でもお金を借りる方法

ニート・失業中の無職の人でお金を借りられる可能性がある方法は、「有担保ローン」と「クレカのキャッシング枠」に加えて、以下の2つがあります。

お金を

借りる方法

お金の
借りやすさ
金利目安 借入までの
期間
公的融資制度・支援制度 利息なし~年1.5%程度 数日~数週間
契約者貸付 年4.5%~5.5%程度 数日~数週間

借りやすさの評価定義

  • ◎:無職でも借りられる可能性が高い
  • ◯:特定の条件を満たせば無職でも借りられる可能性がある
  • △:無職では借りられる可能性が低い

※可能性が高い、低いという評価は相対的なものであり、必ず借りられる/借りられないことを意味するものではありません。

無職の人がお金を借りづらい一番の原因である「返済能力」を問われない「有担保ローン」は、有力な借り入れ先候補になるでしょう。

ただし、企業からではなく「国」からお金を借りる方法もあることを忘れてはいけません。申請手順などが面倒に思うかもしれませんが、一旦フラットな考えで、どんな借入方法があるかチェックしてみることをおすすめします。

無職・失業中の人で金融機関からの借入が難しい場合は、公的融資制度や支援制度の活用も検討しましょう。
日本国憲法では、「健康的で文化的な最低限度の生活を送る権利」が保障されています。その権利を守るため、公的扶助と呼ばれる「福祉制度」が充実しているのが「日本」です。

馴染み深いもので例をあげると、「生活保護制度」も公的扶助のひとつです。ただし生活保護はその他制約も多いため、今回は「利用ハードルの低さ」を加味して、以下2種類の制度を紹介します。

  • 生活福祉資金貸付制度
  • 生活困窮者自立支援制度

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度とは、以下の貸付対象者に対して、「総合支援金、福祉資金、教育支援資金、不動産担保型生活資金」を給付する制度のこと。

貸付対象
低所得者世帯 必要な資金を他から借り受けることが困難な世帯(市町村民税非課税程度)
障害者世帯 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者等の属する世帯
高齢者世帯 65歳以上の高齢者の属する世帯

連帯保証人も原則必要ですが、保証人を立てずとも条件をクリアすれば借り入れが可能です。貸付金利も企業から借りるよりも抑えられます。

生活福祉資金貸付制度 カードローンの金利目安
連帯保証人あり:無利息
連帯保証人なり:年利1.5%
年3.0%~18.0%程度

また、借りられる金額の一例も掲載しておきます。総合支援資金の一種である「生活支援費」は、以下のとおりに決められています。

  • (二人以上)月20万円以内
  • (単身)  月15万円以内
  • 貸付期間:原則3月(最長12月)

※参考元:政府広報オンライン 生活にお困りで一時的に資金が必要な方へ 「生活福祉資金貸付制度」があります。

都道府県社会福祉協議会 お問い合わせ先一覧

生活困窮者自立支援制度

生活困窮者自立支援制度は、金銭だけでなく「自立」もサポートしてくれる制度です。

生活困窮者自立支援制度の概要

  • 自立相談支援事業
  • 就労準備支援事業
  • 就労訓練事業
  • 一時生活支援事業
  • 住居確保給付金の支給
  • 家計改善支援事業
  • 生活困窮世帯の子どもの学習・生活支援

今暮らすためのお金を借りられるだけでなく、今のような状況に陥らないよう「未来」もサポートしてくれるのが最大のメリット。再就職を目指している人向けの制度なので、ぜひ活用してみましょう。

しかし、支援をしても自立する気配がないと判断されると、支給が打ち切りされる可能性もあります。自分の将来のためにも、「自立」を目標に安定職につくことを目指しましょう。

内定がある学生なら内定者向けローンの活用がおすすめ

現在学生で、正社員として働き始めるまでにバイトをしづらい状況に置かれている場合は、内定者向けローンが使えないか検討してみましょう。内定者向けローンは、地銀やろうきんが提供しているローンです。

お金を

借りる方法

お金の
借りやすさ
金利目安 借入までの
期間
内定者向けローン 年6.0%~8.0%程度 数日~数週間

借りやすさの評価定義

  • ◎:無職でも借りられる可能性が高い
  • ◯:特定の条件を満たせば無職でも借りられる可能性がある
  • △:無職では借りられる可能性が低い

※可能性が高い、低いという評価は相対的なものであり、必ず借りられる/借りられないことを意味するものではありません。

ただし最近ではスポットワーク(日雇いバイト)もあるので、「なんとなくお金が欲しい」という理由であれば、そちらをおすすめします。

一方で、就職のために引っ越し資金が足りない、学生の思い出づくりとして海外旅行に行きたいなど「緊急性も金額感も高い」という場合には、内定者向けローンを検討する価値はあると思います。

内定者向けローンの利用資格

内定者向けローンの利用資格は、以下の3項目です。

  • 銀行・ろうきんが定める対象地域の居住者または勤務予定者
  • 満18歳~30歳未満
  • 内定証明書の提出ができる人

内定者ローンの種類にもよりますが、卒業大学や卒業年度も規定がある場合があるので注意しましょう。

内定者専用ローンの種類

内定者専用ローンの主な種類は、以下5種類です。

  • むさしの新卒予定者応援ローン「ROOKIE」
  • きらぼし銀行「大学卒業予定者ローン」
  • 就職内定者向けローン「みらいず」
  • 静岡ろうきん「就職内定者応援ローン」
  • 長野ろうきん「内定者向けローン」

例えば、きらぼし銀行の「大学卒業予定者ローン」の概要は以下のとおりです。

融資限度額 5万円~50万円以内
金利 年7.4%
据置期間 最大1年間(初任給受取り後の初回返済日まで)
返済期間 1年以上4年以内
担保・保証人 原則不要

金利は若干高めですが、上限額が50万円以内と「無理のない返済額」になっているため、利用ハードルもある程度抑えられています。

内定者向けローンを使いたい場合は、住んでいる地域で使えるローンがないか確認してみましょう。「住んでいる地域 + 内定者向けローン」で検索をかけるのが手っ取り早いですよ。

収入のない専業主婦なら配偶者貸付の利用を検討しよう

配偶者貸付は、配偶者を持つ「専業主婦(夫)」向けのローンです。そのため、職についていなくてもお金を借りられる可能性があります。

お金を

借りる方法

お金の
借りやすさ
金利目安 借入までの
期間
配偶者貸付 年4.5%~18.0%程度 数日~数週間

借りやすさの評価定義

  • ◎:無職でも借りられる可能性が高い
  • ◯:特定の条件を満たせば無職でも借りられる可能性がある
  • △:無職では借りられる可能性が低い

※可能性が高い、低いという評価は相対的なものであり、必ず借りられる/借りられないことを意味するものではありません。

配偶者貸付のざっくりとした仕組みは、「配偶者と専業主婦(夫)の年収を合算した額」で審査をし、審査結果に応じてお金が借りられるようになっています。

また、例外貸付として扱われるため「総量規制の対象外(年収の3分の1以上の借り入れができる可能性がある)」となっている点も特筆すべきポイントです。

配偶者貸付の利用条件・必要書類

配偶者貸付を利用する場合、以下4つの書類が必要です。特に「配偶者の同意書」は必須なため、必ず配偶者と話合いをして「同意」を得た上で借り入れをするようにしましょう。

  • 申込者本人の本人確認書類
  • 配偶者の同意書(各カードローン会社で独自のフォームがある)
  • 配偶者の収入証明書類
  • 申込者本人の収入証明書類(申込者の収入も合算する場合のみ)

配偶者貸付の金利やその他条件は?

配偶者貸付の金利相場は、大方「4.0%~20.0%(年利)」です。借入額に応じて変動するので、「本当にこの金利で利息を払えるのか」を考えたうえで契約をしましょう。

また、事実婚、カップルは配偶者貸付の対象外になるので注意が必要です。

無職だと消費者金融のカードローンでお金を借りることはできないの?

結論として、無職でカードローンの審査を通過し、お金を借りることは非常に難しいです。完全に職についておらず収入が0円の場合、借りられる可能性はないに等しいと考えてください。

なぜなら、大手消費者金融の多くが「安定した収入があること」を申込み条件にあげているからです。

しかし、定職にはついていないものの、日雇いバイト・日雇い派遣はしている人もいるのではないでしょうか。こうした場合は、カードローンでもお金を借りられる可能性が少なからずあります。

  • 長期的に日雇いバイト・派遣を続けている
  • 月収の最低ラインが15万円~18万円程度ある
  • 月ごとの収入の変動が大きくない(安定して収入がある)

などの条件を満たせば少額の融資なら降りる可能性があります。

とはいえ、完全に無職の状態ではカードローンの利用は非現実的であると言わざるを得ません。

無職でお金を借りたいときに絶対してはいけないNG行動

無職でお金を借りるNG行動

無職でなかなかお金を借りることができない場合、「審査不要!即日融資!」などの甘い文言に釣られてしまうケースもあります。

しかし、今記事を読んでいるあなたは、これから紹介する「3つのNG行動」だけはしないよう心がけてください。NG行動をとってお金を借りられたとしても、「良いことはひとつもない」と肝に銘じておきましょう。

  • 闇金・違法業者からお金を借りる
  • クレジットカードの現金化を行う
  • 虚偽申告をしてお金を借りる

闇金・違法業者からお金を借りる

前述のような、「今すぐ借りられます」「審査は不要です」などの誘い文句で法外な金利を設定している「闇金」や「ソフト闇金」と呼ばれる違法業者からお金を借りることは絶対にやめましょう。

高い金利を設定されていると、返済が難しいだけでなく「取り立て」をされたり、身の危険にさらされたりする可能性があります。

日本は、「生活保護」をはじめとした公的扶助が充実している国です。わざわざ闇金に手を出すのではなく、まずは近くの「福祉事務所」などに相談してみましょう。

クレジットカードの現金化を行う

「クレジットカードのショッピング枠を現金化します」といったニュアンスの広告を見かけたことがあるかもしれませんが、こちらも絶対に行わないようにしましょう。

クレジットカードの発行会社はショッピング枠の換金行為を認めていません。カードの利用を停止されたり、信用情報に傷がついたりして、今以上に他社での借り入れが難しくなるリスクがあります。

そもそもクレジットカードのショッピング枠を現金化して、一時的な金銭を手に入れたとしても、以下のようなリスクがついてまわります。

  • 金銭的な損失が必ず発生する
  • 犯罪や詐欺に巻き込まれる可能性がある
  • 個人情報が悪用される可能性がある
  • 自己破産ができなくなる可能性がある

リスクの方が圧倒的に多く、金融庁も注意喚起をしている方法なので、手を出さないのが賢明です。

虚偽申告をして消費者金融からお金を借りる

最後に、虚偽申告をして消費者金融からお金を借りる行為も、絶対にしてはいけません。審査中に嘘がバレた場合は審査落ちする可能性が非常に高いです。

万が一審査が通ったとしても、無職であることを隠し、収入があると偽って融資を受けることは詐欺行為にあたります。その場合、強制解約になるだけでなく「刑事罰」を受ける可能性もあります。

以上の3つのNG行動は、一時的な資金調達のための手段かもしれませんが、長期的な視点から見ると自信の状況をさらに悪化させてしまう可能性があります。

そのため、無職でお金を借りる必要がある場合は、公的な支援を受けることを検討するなど、適切な方法を選ぶことが重要です。また、可能であれば、働き口を見つけて自分の収入を増やす努力をしてみましょう。

まとめ

今回は、無職でもお金を借りられる方法を紹介しました。自分でも借りられそうな方法は見つかりましたか?もし、お金を借りられそうな方法があれば試してみましょう。

しかし、借りる以上に大切なのは「しっかりと返済できるかどうか」の見極めです。返済計画のないまま闇雲にお金を借りてしまうと多重債務にもなりかねません。

  • 本当に今必要なお金なのか
  • いつまでに返せる想定なのか

など、緊急性と返済プランのバランスをとりながらお金を借りるように心がけましょう。