*
  1. ナビナビキャッシング トップ>
  2. 種類・特徴で選ぶ
  3. > 総量規制対象外のキャッシング・カードローン

総量規制対象外のキャッシング・カードローン

年収の3分の1以上借りたい方に!総量規制対象外のキャッシング・カードローンをご紹介!

総量規制とは

総量規制という言葉をご存知でしょうか。
総量規制とは、個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みのことを言います。

これは利用者による借り過ぎや貸金業者による貸し過ぎを防ぐために新たに設けられた規制です。
消費者金融や信販会社などのキャッシング・カードローンのサービスはこの総量規制による規制を受けることになります。

また、クレジットカードを使用したキャッシングも総量規制の対象となります。

一方で、銀行カードローンは、一般の銀行等の借入と同様に、総量規制の対象とはなりません。
つまり、銀行カードローンの場合は、年収の3分の1までという制限はありません。
ただし、銀行カードローンの場合には、必ず年収の3分の1を超えてお金を借りられるというわけではありませんので、注意が必要です。

むしろ、一般的には銀行カードローンのほうが消費者金融に比べ、審査基準が厳しいと言われています。
また、銀行カードローンの場合、収入のない専業主婦の方でも、配偶者の方に安定した収入があれば利用できる場合があります。

総量規制対象外になる貸付とは

総量規制には、「除外」または「例外」となる貸付があります。

除外

  • 不動産購入または不動産に改良のための貸付け(そのためのつなぎ融資を含む)
  • 自動車購入時の自動車担保貸付け
  • 高額療養費の貸付け
  • 有価証券担保貸付け
  • 不動産担保貸付け
  • 売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付け
  • 手形(融通手形を除く)の割引
  • 金融商品取引業者が行う500万円超の貸付け
  • 貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介
  • (施行規則第10条の21第1項各号)

例外とは、少量規制の対象とならない借入のことです。
つまり、住宅ローンや自動車ローンなどは、総量規制の対象となりません。

例外

  • 顧客に一方的有利となる借換え
  • 緊急の医療費の貸付け
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
  • 個人事業者に対する貸付け
  • 預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け
  • (施行規則第10条の23第1項各号)

これらの借入は、総量規制に残高としては算入されますが、例外的に年収の3分の1を超えている場合でも、その部分について返済の能力があるかを判断したうえで、貸付が可能とされています。

“総量規制対象外のキャッシング・カードローン”を読んだあなたにオススメのサービス一覧

  金利 ご利用限度額 審査時間 融資スピード  
アイフル
アイフル
4.5%~18.0% 500万円 最短30分 最短1時間

オススメプロミス
プロミス
4.5%~17.8% 1~500万円 最短30分 最短1時間

“総量規制対象外のキャッシング・カードローン”の関連記事