*
  1. ナビナビキャッシング トップ>
  2. 種類・特徴で選ぶ
  3. > 即日融資が可能なおすすめカードローン・キャッシングを徹底解説!

即日融資が可能なおすすめカードローン・キャッシングを徹底解説!

今すぐ借りたい方に!即日キャッシングできるキャッシング・カードローンをご紹介!

2015年03月19日

「とりあえず今すぐにでもお金を借りたい!」というあなたが求めているのは、できる限りスムーズに、かつできる限り簡単な手続きで素早くお金を手に入れられるサービスや手段ですよね。

そしておそらく、インターネットはたくさんの情報で溢れていて、「どのページのことを信じればいいの?」と戸惑っていると思います。

実は、インターネット上には、「現状として即日融資を受けられないサービス」を紹介しているページも非常に多いです。

なぜこのようなことがいえるのかというと、2018年度から審査の仕組みが大きく変わり、銀行カードローンのほとんどが即日融資に対応できなくなったからです。

つまり、最新の情報をもとにサービスを選択しなければ、即日融資のチャンスを逃してしまう可能性があります。

【2018年最新版】即日融資を受けられる-キャッシング・カードローン

即日融資できるおすすめサービスは『プロミス』

「手っ取り早く、即日でお金を借りれるサービスを知りたい!」

そんな方におすすめなのは、大手消費者金融の『プロミス』です。

プロミスは即日融資が可能な商品です。審査にかかる時間は最短30分で、即日での振込融資にも対応!

  • 申し込みから最短1時間で借入れ可能
  • はじめての方なら30日間金利0円サービスが適応される
  • ローンカードなしで融資を受けられる「カードレスキャッシング」に対応

大手消費者金融4社のなかで低めの金利なのも嬉しいポイント!

プロミス

借入可能かどうかすぐに診断!

この記事では、2018年2月現在の最新情報をもとに次の5つのポイントを軸にご説明していきます。

  • 本当に即日融資を受けられるカードローン・キャッシングをピックアップ
  • 即日融資が可能なカードローン・キャッシングの特徴と即日融資の手順
  • 即日融資が可能なカードローン・キャッシングに適した人、適していない人
  • 即日融資を受ける上でのチェックポイント
  • 即日融資を受ける上で覚えておくべき審査知識
  • 「事業資金を急いで用意したい!」即日融資が可能なビジネスローン
  • 即日融資を受けた後におすすめの方法

お急ぎの方は、当記事でピックアップしたサービスの中から申込すればスムーズに即日融資を受けられますので、よろしければ参考になさってくださいね。

即日融資が可能なカードローン・キャッシング

「とりあえず早くお金を借りれるサービスを教えてほしい!」と思っているあなたのために、まずは即日融資が可能なサービスを一覧にまとめておきました。

先にお伝えすると、即日融資が可能なサービスのうちオススメできるのは「アコム」「アイフル」「プロミス」「モビット」の4つです。

なかでも、「一刻も早くお金を用意しないと!」とお急ぎのあなたにオススメのサービスを1つに絞るのであれば、「プロミス」がピッタリだと思います。

プロミスがおすすめな理由は

  • 申し込みから最短1時間で借入れ可能
  • 無利息サービスを取り扱っている
  • ローンカードなしで融資を受けられる「カードレスキャッシング」にも対応

「なんでもいいからすぐにお金を借りたい!」という方はプロミスを優先的にチェックしてみてください。

プロミス

当サイト一押し!最短即日融資OK

プロミス
みんなの評判
  • 3.9点
実質年率 利用限度額 審査時間 融資スピード
4.5%~17.8% 最大500万円 最短30分 最短1時間
担保・保証人 お試し診断 パート アルバイト
不要
  • Web契約で最短1時間融資も可能
  • 申し込み、借入、返済24時間OK!

本日中に借入する場合

あと時間

▶プロミスを検討するかたにおすすめの記事
プロミス審査前に読んでおくべき鉄則!全国の店舗・ATM情報や即日融資の流れを解説

即日融資が可能なカードローン・キャッシング【プロミス】

プロミス

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が展開している「プロミス」は、三井住友フィナンシャルグループに属するサービスです。

CM戦略もさることながら、アプリで融資を受けられる「アプリローン」など、他社よりも「便利さ」を重視したサービス内容になっています。

特に、借入方法に関しては7種類の手段が用意されており、キャッシングサービス利用者の間でも、「使いやすくて便利」と非常に高い評価を得ています。

もちろん、融資の素早さに関しても業界トップクラスで、他社と比較した場合でも全く引けを取りません。「様々な機能を活用しつつ、素早く融資を受けたい」というような方にピッタリのサービスです。

プロミスで即日融資を受ける手順

プロミスで素早く融資を受ける方法はいくつかあるのですが、こちらもやはり「インターネット申込」がスムーズなのでおすすめです。急いでいる方はインターネットを使いましょう。

インターネット申込のなかでも、融資方法は

  • 振り込みで融資を受ける方法
  • ローンカードを発行して融資を受ける方法

の2パターンがあります。それぞれの具体的な手順は下記とおりです。

振込で即日融資を受ける手順

振込で即日融資を受ける場合、平日14:50までに全ての手続きを完了する必要があります。

  1. プロミス公式ホームページ内、「新規お申込みボタン」をクリック
  2. 画面の指示に従って、必要情報を入力する
  3. 審査の申込手続きが完了、審査の開始
  4. 在籍確認の実施
  5. 審査結果の回答連絡が入る
  6. インターネット上で必要書類を提出
  7. インターネット上で契約手続きの完了(※「WEB完結」を利用します)
  8. 電話または会員ページから振込の指示を出す
  9. お金が銀行口座に振り込まれる

WEB完結で利用するカードレスキャッシングに関しては、金融機関での本人確認完了が前提になります。

本人確認が完了していなかったり、指定した金融機関がプロミスと提携していなかったりと、何らかの事情でWEB完結を利用できない場合は、カード発行が可能な無人契約機または郵送でローンカードを受け取る形になります。

無人契約機で即日融資を受ける手順は下記を参考になさってください。

無人契約機でローンカードを発行し即日融資を受ける手順

プロミスの審査実施時間帯は9:00~21:00ですので、即日融資を受けられる際は時間帯に注意してください。

  1. プロミス公式ホームページ内、「新規お申込みボタン」をクリック
  2. 画面の指示に従って、必要情報を入力する
  3. 審査の申込手続きが完了、審査の開始
  4. 在籍確認の実施
  5. 審査結果の回答連絡が入る
  6. 必要書類を持参の上、最寄りの無人契約機(自動契約機)へ行く
  7. 必要書類を自動契約機でスキャンし、提出する
  8. 契約の完了、書類の受け取り
  9. ローンカードが発行される
  10. 受け取ったローンカードをATMに挿入し、現金を引き出す

プロミスの即日融資の手順はこのようなイメージです。

また、プロミスにはアプリでローン融資を受けられる「アプリローン」も用意されています。アプリローンはスマートフォンのみで申込から契約までの手続きを全て完結できるので、来店や郵送に伴う手間がありません。

アプリローンで申込した場合はローンカードが発行されず、アプリのQRコードを使ってATMから現金を引き出す流れになります。非常に便利なサービスですので、「パソコンの操作よりスマホのほうが得意」という方にとてもオススメです。

ただし注意点として、アプリローンのQRコードで融資を受けられるのは「セブン銀行ATM」のみの取扱いですので、近隣にセブン銀行ATMがない方は少し不便かもしれません。

そのような場合は、無人契約機または振込での融資を選択するようにしましょう。

プロミス

当サイト一押し!最短即日融資OK

プロミス
みんなの評判
  • 3.9点
実質年率 利用限度額 審査時間 融資スピード
4.5%~17.8% 最大500万円 最短30分 最短1時間
担保・保証人 お試し診断 パート アルバイト
不要
  • Web契約で最短1時間融資も可能
  • 申し込み、借入、返済24時間OK!

本日中に借入する場合

あと時間

特徴

他社にはない、プロミス独自の特徴を簡単にまとめてみました。

プロミスは「便利さ」に関連する機能が充実しているサービスですから、「いつでもどこでも活用できる融資手段が良い」という方にピッタリだといえますね。

  • ローンカードを発行することなく融資を受けられる、「カードレスキャッシング」を取り扱っている
  • 借入方法、返済方法ともに非常に多彩
  • 三井住友銀行のATMを手数料無料で利用できる
  • 無利息サービスの取扱いが消費者金融の中で唯一「借入日の翌日から」
  • 「プロミスポイントサービス」でポイントを集めれば、無利息サービスや提携ATM手数料などの特典と交換できる

プロミスに適した人・適していない人

ここまで触れた内容から、プロミスに適している人・いない人の特徴をまとめてみます。

プロミスに適している人
  • スムーズかつ簡単に手早く融資を受けたい
  • カードの受け取りや来店など、無駄な手間を徹底的に省きたい
  • アプリで融資を受けたい
  • 便利なサービスを選択したい
  • 三井住友銀行ATMをよく利用する
プロミスに適していない人
  • 職業が専業主婦、または収入が年金のみの方(※該当する方は、後述の「消費者金融で借入できない人もいる」で別の方法をご説明しますので、そちらをご覧ください)
  • 融資の素早さより、金利の低さを求めたい
  • 安定した収入がない
  • インターネットやスマホでの手続きが苦手

プロミスに適している人、適していない人はこのようなイメージです。

先ほども触れましたが、「初めてお金を借りる」という方に筆者が一番おすすめできるのはプロミスですね。融資スピードや利便性も申し分なく、借入した後も便利に活用することができます。

注意すべき点があるとするなら、スマートフォンやインターネット上での手続きがメインになっているところでしょうか。

こちらに関しては郵送やFAXでの手続きにも対応していますので、大きな障害にはならないでしょう。

当然ながら、全ての方に適したサービスというのは存在しません。すなわち、「あなたのニーズを満たせるサービスなのかどうか」が重要なポイントになります。

「プロミスと他のサービスを比較してみたい」という方は、アコムやアイフル、SMBCモビットの特徴もチェックしてみてくださいね。

即日融資が可能なカードローン・キャッシング【アコム】

アコム

消費者金融業界の中でも、トップクラスの知名度を誇る金融会社が「アコム」です。現在のアコムは三菱UFJ銀行と同じグループで、「三菱UFJフィナンシャルグループ」に属しています。

「消費者金融」と聞くと少しかまえてしまう方もいらっしゃると思いますが、現在の消費者金融は法律も厳しいので、適正に営業していない会社には厳しい罰則が下されます。

したがって、利用者にとっては非常に安心して借入できるサービスになっているということですね。アコムは、審査の素早さとシンプルかつスムーズな手続きが大きなメリットのキャッシング会社なので、お急ぎの方でも不安なく選択できると思います。

アコムで即日融資を受ける手順

アコムで即日融資を受ける場合、「インターネット申込」を利用します。

インターネット申込のなかでも、融資方法は

  • 振り込みで融資を受ける方法
  • ローンカードを発行して融資を受ける方法

の2パターンがあります。それぞれの具体的な手順は下記とおりです。

振込で融資を受ける手順

基本的に振込での即日融資は平日14:00までに全ての手続きを完了する必要があります。注意してください。

  1. アコムの「お申し込みボタン」から審査の申込み
  2. 審査の開始
  3. 在籍確認実施
  4. 審査結果の回答連絡が入る
  5. 必要書類をインターネット上でアップロード
  6. 契約手続き完了
  7. 電話またはインターネット上の会員ページから振込の指示を出す
  8. 指定した銀行口座にお金が振り込まれる
  9. カード発行が可能なローンカードを郵送または無人契約機または店頭窓口で受け取る

アコムの審査実施時間帯は9:00~21:00ですので、即日融資を受けられる際は時間帯に注意してください。

無人契約機でローンカードを発行し融資を受ける手順

  1. アコムの「お申し込みボタン」から審査の申込み
  2. 審査の開始
  3. 在籍確認実施
  4. 審査結果の回答連絡が入る
  5. 必要書類を持参の上、最寄りのカード発行が可能な無人契約機(むじんくん)へ行く
  6. 必要書類を端末でスキャンして、契約手続き完了
  7. ローンカードが発行される
  8. 受け取ったローンカードを併設のアコムATMへ挿入し、現金を引き出す

上記のような手順で手続きを進めれば、スムーズに即日融資を受けることができます。

アコム

はじめての方は30日間金利0円

アコム
みんなの評判
  • 3.4点
実質年率 利用限度額 審査時間 融資スピード
3.0%~18.0% 最大800万円 最短30分 最短1時間
担保・保証人 お試し診断 パート アルバイト
不要
  • 最短30分で審査回答!来店不要!
  • 平日14時までに必要書類の確認完了で即日融資可能!

本日中に借入する場合

あと時間

アコムの特徴

アコムの特徴を簡単にまとめると、下記のようなメリットがあります。

他社と比較する際は下記のメリットをチェックしつつ、あなたのライフスタイルに合っているかどうかを考えてみてくださいね。

  • 事業の歴史が長く、大企業としての信頼性がある
  • 大手消費者金融の中で唯一、クレジットカード機能付のカードローンを取り扱っている
  • 無人契約機の設置台数が非常に多く、即日融資にも対応しやすい
  • 初めて融資を受ける方の振込先が「三菱UFJ銀行」「ゆうちょ銀行」「三井住友銀行」の3行だった場合に限り、平日18:00までの受付分が即日で振り込まれる
  • 楽天銀行と提携しているので、振込先が楽天銀行の口座宛なら24時間365日最短1分で振り込まれる

アコムに適した人・適していない人

ここまでに触れたアコムの特徴から、サービスに適している人・いない人をまとめてみましょう。

アコムに適している人
  • とにかく融資を急いでいる
  • 安定した収入がある(パート・アルバイト含む)
  • 無人契約機でローンカードを発行したいので、設置台数は多いほうが良い
  • クレジットとローンを1枚のカードで利用したい
アコムに適していない人
  • 安定した収入がない、または専業主婦、年金収入のみの方(※該当する方は後述の「消費者金融で借入できない人もいる」で別の方法をご説明しますので、そちらをご覧ください)
  • カードレスでキャッシングしたい
  • 融資の素早さではなく、金利の低さを求めている

即日融資が可能なカードローン・キャッシング【アイフル】

アイフル

アイフルは、チワワや有名タレントを起用したCMでおなじみの消費者金融会社です。

アコムやプロミス、SMBCモビットは大手銀行と同グループのサービスとして事業を展開していますが、アイフルに関しては自社で全ての事業を運営しています。

このような背景から、アイフルのサービスは独自の特徴が非常に多くなっています。加えて、融資までのスムーズさでいえば、業界内でもトップクラスでしょう。

公式ホームページ内でも「お急ぎの方は申込後にご連絡ください」と明記していることからもわかるように、手続きのスピードには絶対の自信を持っているサービスだといえますね。

アイフルで即日融資を受ける手順

アイフルで即日融資を受けるには、「インターネット申込」を利用する必要があります。

インターネット申込のなかでも、融資方法は

  • 振り込みで融資を受ける方法
  • ローンカードを発行して融資を受ける方法

の2パターンがあります。それぞれの具体的な手順は下記とおりです。

振込で融資を受ける手順

振込での即日融資を希望する場合、平日14:00までに全て手続きを完了する必要があります。

  1. アイフルの「今すぐお申し込みボタン」をクリック
  2. 画面の指示に従い、情報を入力していく
  3. 全ての情報を入力した後、「0120-337-137」へ連絡を入れ、「審査を急いで欲しい」と伝える
  4. 審査の開始
  5. 在籍確認の実施
  6. 審査結果の回答
  7. 必要書類をインターネット上で提出し、契約を完結する
  8. インターネットの会員ページ、もしくは電話で振込の指示を出す
  9. 指定した銀行口座に現金が振り込まれる

無人契約機でローンカードを発行し融資を受ける手順

アイフルの審査実施時間帯は9:00~21:00ですので、即日融資を受けられる際は時間帯に注意してください。

  1. アイフルの「今すぐお申し込みボタン」をクリック
  2. 画面の指示に従い、情報を入力していく
  3. 全ての情報を入力した後、「0120-337-137」へ連絡を入れ、「審査を急いで欲しい」と伝える
  4. 審査の開始
  5. 在籍確認の実施
  6. 審査結果の回答
  7. 必要書類を持参の上、最寄りのカード発行が可能な無人契約機(無人契約ルーム)へ行く
  8. 端末で必要書類を読み取った後、ローンカードが発行される
  9. 発行されたローンカードをATMに挿入し、現金を引き出す

アイフルで素早く融資を受ける場合は、上記のような手順で手続きを進めてください。平日の日中であればインターネット上で契約を完結後、スピーディに融資を受けられます。

振込での融資はご自身が店舗へ行く必要もなく、会社の休憩時間や移動中でも手続きすることができるので、とても便利ですよ。

アイフル

WEB完結!最短30分で審査完了!

アイフル
みんなの評判
  • 3.3点
実質年率 利用限度額 審査時間 融資スピード
3.0%~18.0% 最大800万円 最短30分 最短1時間
担保・保証人 お試し診断 パート アルバイト
不要
  • 初めての方なら最大30日間無利息!
  • お悩みなら会話ロボット「ルフィア」に24時間ご相談可能!

本日中に借入する場合

あと時間

アイフル特徴

アイフルの特徴を簡単にまとめると、下記のような点が他社にはないメリットになっています。

金利面はアコムと同様ですが、サービスのわかりやすさはアイフルのほうが優秀だと思います。「シンプルに素早くお金を借りたい」という方にはピッタリですね。

  • 申込を完了した後フリーダイヤルに電話を入れることで、審査を優先してもらえる
  • 審査通過率(新規契約率)が高い
  • 公式サイトで手続きに関する動画を公開しているので、初めてお金を借りる方でも理解しやすい
  • 公式サイト内の「1秒診断」を使えば、融資可能かどうかを簡易的にチェックすることができる
  • 取り扱っているサービスの種類が豊富

アイフルに適した人・適していない人

ここまで触れた特徴から、アイフルに適している人・いない人をまとめてみましょう。

アイフルに適している人
  • とにかく素早く審査を進めてほしい
  • 簡易的に融資可能かどうかを診断してもらいたい
  • 審査通過率が高く、安心して申込できるサービスを選びたい
アイフルに適していない人
  • 職業が、「専業主婦」または「年金受給者」(※該当する方は後述の「消費者金融で借入できない人もいる」で別の方法をご説明しますので、そちらをご覧ください)
  • 安定した収入がない
  • 融資の素早さよりも金利の低さを求めたい

アイフルのメリットは、やはり「シンプルな手続きでスピーディに借入できる」という点なので、この点に魅力を感じない方は他の商品のほうがおすすめです。

即日融資が可能なカードローン・キャッシング【SMBCモビット】

SMBCモビット

最後にご紹介するのは、「SMBCモビット」です。SMBCモビットはプロミスと同じく三井住友銀行と同グループの消費者金融です。

大手消費者金融の中でもインターネットを用いたサービスを多く提供しており、カードレスでのWEB完結融資に力を入れています。

もちろん、他社の消費者金融と比較しても引けを取らない融資スピードを持っているので、借入を急いでいる方でも安心して利用できます。

SMBCモビットで即日融資を受ける手順

SMBCモビットで即日融資を受けるには、「インターネット申込」を利用します。

SMBCモビットの場合は、

  • WEB完結を利用して契約する
  • それ以外の方法で契約する

のどちらの方法で契約するかで手順が異なります。

ただし、全ての方がWEB完結を利用できるわけではなく、

  • 「三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている」
  • 「社会保険証または組合保険証を持っている」

という2つの条件を満たしていなければなりません。

これらに該当していない方は無人契約機での手続きがスムーズかと思います。

それぞれのSMBCモビットで即日融資を受ける手順をご説明しておきますね。

WEB完結を利用して、振込融資を受ける手順

振込での融資は平日14:50までに全ての手続きを完了する必要があります。

  1. SMBCモビットの公式ホームページ内、「WEB完結申込ボタン」をクリック
  2. 画面の指示に従い、必要な情報を入力する
  3. 申込の完了、審査の開始
  4. 在籍確認の実施
  5. 審査結果の回答
  6. 必要書類をアップロードし、契約の締結
  7. 指定した銀行口座に振込で融資される

WEB完結の場合、ローンカードの発行はありません。

ローンカード無しで融資を受ける際は、会員ページや電話で振込指示を出すか、モビットアプリを使ってセブン銀行ATMから現金を引き出す流れになります。

無人契約機でローンカードを発行し、融資を受ける手順

SMBCモビットの審査結果回答時間帯は9:00~21:00ですので、即日融資を希望する方は注意してください。

  1. SMBCモビットの公式ホームページ内、「カード申込」をクリック
  2. 画面の指示に従い、必要な情報を入力する
  3. 申込の完了、審査の開始
  4. 在籍確認の実施
  5. 審査結果の回答
  6. 必要書類をアップロードする
  7. 最寄りのカード発行が可能な無人契約機(ローン契約機)へ行く
  8. ローンカードを発行し、提携ATMで現金を引き出す
  9. 後日送付されてきた入会申込書を記載し、返送する

SMBCモビットで即日融資を受ける場合、WEB完結での契約のほうがスムーズに手続きを進めることができます。

加えて、WEB完結の場合は電話での連絡がなく、郵送物の受け取りもありませんので、他の消費者金融よりもシンプルな手続きになっていますね。

ただし先述したように、WEB完結の利用には「三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行」の3行のうち、いずれかの預金口座が必要になります。

これらの銀行口座をお持ちでない方はWEB完結を選択することはできませんので、注意してくださいね。

SMBCモビット

10秒簡易審査・WEB完結
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビット
みんなの評判
  • 3.6点
実質年率 利用限度額 審査時間 融資スピード
3.0%~18.0% 最大800万円 10秒簡易審査 最短即日
担保・保証人 お試し診断 パート アルバイト
不要
※安定収入がある方

※安定収入がある方
  • 24時間ネット申し込み可能!
  • 年会費・入会金無料!

本日中に借入する場合

あと時間

SMBCモビットの特徴

他社にはないSMBCモビットの特徴を簡単にまとめると、下記のようなメリットがあります。SMBCモビットの特徴を簡単にいえば、「シンプルな機能で融資スピードに特化している」という感じですね。

「ごちゃごちゃした機能は必要ないから、お金の借入・返済だけできればいい」という方にピッタリだと思います。ただし1つ注意点に言及しておくと、SMBCモビットには他社のような無利息期間がないんですよね…。

なので、とにかくスピードを求めていて、わかりやすくシンプルにカードローンを利用したい方に向いている商品です。

  • カードレスキャッシングの「WEB完結」を利用すれば、電話連絡なし、郵送なしで融資を受けられる
  • 三井住友銀行ATMを手数料無料で利用できる
  • 消費者金融の中でもトップクラスの融資スピード
  • 機能がシンプルなので、どのような方でも理解しやすい

SMBCモビットに適した人・適していない人

ここまでに触れたSMBCモビットの特徴から、SMBCモビットに適した人・いない人をまとめてみます。

SMBCモビットに適している人
  • とにかく融資を急いでいる
  • ややこしい機能はいらない
  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のうちいずれかの預金口座を持っていて、カードレスキャッシングを希望している
  • 近隣に三井住友銀行ATMがある
SMBCモビットに適していない人
  • 職業が専業主婦、または収入源が年金のみの方(※該当する方は、後述の「消費者金融で借入できない人もいる」で別の方法をご説明しますので、そちらをご覧ください)
  • 融資の早さよりも便利さを重視したい
  • 無利息サービスを活用したい
  • 店舗で申込等の手続きを行いたい
  • WEB完結の適用対象外だけど、郵送されたくない

SMBCモビットに適した人、適していない人はこのように分かれます。

SMBCモビットの良さは、やはり「シンプルさ」でしょう。

したがって、シンプルさではなく機能の充実を求めている方は、SMBCモビットよりもプロミスのほうがおすすめですね。

プロミスとSMBCモビットは同じ三井住友銀行グループということもあり、内容的にも少し似たサービス展開になっています。

あなたのライフスタイルに合ったものを選択してくださいね。

即日融資を受けるためのチェックポイント

即日融資を受けるためのチェックポイント

ここまでは即日融資のサービスについてご説明してきました。ここからは、「即日融資をスムーズに実現するためのノウハウ」について触れていきたいと思います。

わかりやすいように要点をまとめてピックアップしていますので、「スムーズに融資を受けたいので、手続きでつまづきたくない」という方は参考にしてみてくださいね。

営業時間と審査回答時間をチェック

キャッシングやカードローンで即日融資を受ける場合、必ず金融会社の営業時間に注意しておかなければなりません。

これだけを見ると、「そんな当たり前のこと分かってる」と判断してしまいがちですが、実は、「間に合うと思って申込したけど、融資が翌営業日になってしまった…」というようなケースが非常に多いのです。

なぜこのようなことになるのかというと、実際の営業時間と審査可能時間が異なるからです。

例えばアコムの場合、無人契約機の営業時間は8:00~22:00となっているのに対し、審査結果回答時間は9:00~21:00までになっています。

つまりわかりやすくいえば、21:00~22:00の間に申込を行ったとしても、融資を受けることはできません。このように、「営業時間内だけど融資までの手続きは翌営業日」というようなケースもあり得るのです。

即日融資を受ける場合は、このような「営業時間と審査回答時間のギャップ」に注意しておきましょう。

また、たとえ営業時間内であったとしても、営業終了間際で申込した場合、混雑状況によっては翌営業日の処理になってしまうケースもあります。

融資を急いでいるからこそ、手続きはなるべく早く済ませておいたほうがいいということですね。

振込み融資を利用するなら最終受付時間をチェック

即日融資を受ける場合、利用する融資方法にも注意が必要です。特に注意すべき融資方法は、金融機関の営業時間が絡む「振込」ですね。

当記事でご説明した消費者金融でも、平日の14:00~14:50が最終の受付になっています。

各業者が提携しているような即日反映可能口座を除き、基本的に即日融資を受けられるのは、こちらの時間が締め切りになっています。

つまり、平日14:00~14:50を過ぎてしまうと、金融機関の翌営業日、すなわち翌日もしくは次の平日まで融資を受けることができなくなるということです。

初めて融資を受ける方ほどハマりやすい落とし穴ですので、必ず注意しておいてくださいね。

無人契約機の位置をチェック

即日融資でお急ぎの場合、無人契約機の位置を必ず確認しておいてください。なぜかというと、無人契約機が設置されている街によっては、離れたところにしか端末がない場合もあるからです。

「急いでお金を借りたいのに、遠すぎて間に合わない…」というような事態になってしまわないように、あらかじめ無人契約機の位置を確認しておいたほうが良いですね。

無人契約機の位置は、各業者の公式サイト内、「店舗・ATMボタン」等から調べることができます。

ちなみに、無人契約機のページには駐車場の有無や営業時間も記載されているので、そちらもチェックしておくと安心です。

必要書類を事前に準備する

キャッシング・カードローンで融資を受ける際には、書類の提出が必須です。一般的には「本人確認書類」と「収入証明書類」の提出を求められます。

特に即日融資を受ける場合に重要となる書類は、「収入証明書類」というものです。

なぜ収入証明書類が重要なのかというと、収入証明書類の中には即日で用意できないものも含まれているからです。収入証明書類を申込当日に用意できなかった場合、当たり前ですが即日融資を受けることはできません。

つまり、即日での融資を受ける際は、事前に書類を用意しておいたほうが無難だということですね。

ただし、50万円以内の少額融資の場合は収入証明書類が不要となるケースも多いので、事前に利用するサービスの公式サイト等で調べておいてくださいね。

ちなみに、収入証明書類として揃えやすいものを挙げるなら、

  • 源泉徴収票…勤務先に申告して発行してもらう。少し日数がかかる場合もあり。
  • 給与明細書…勤務先から発行されている。最も入手しやすいが、業者によっては収入証明書類として認めていないケースもあり。提出前に要確認。
  • 所得証明書…市役所で発行してもらえる。窓口へ出向く必要があるので少し手間がかかる。発行自体は即日。

の3つですね。

50万円超の即日融資を希望するのであれば、いずれかの書類を用意しておきましょう。

スムーズな在籍確認のために連絡のつきやすい電話番号を入力

「在籍確認ってなんのこと?」という疑問をお持ちの方に簡単に説明しておくと、お金を借りる際の審査では、「本当にこの人が勤務先に在籍しているかどうか」という事実を確認するための手続きがあります。

このような手続きを在籍確認といいます。具体的には、あなたが記入した勤務先の番号に業者から直接電話連絡が入ります。

しかしだからといって、「〇〇さんの勤務状況は…」とか、「〇〇さんの年収は…」というような踏み込んだ質問を第三者にするわけではありませんので、安心してくださいね。

在籍確認の会話例でいうと、「私△△と申しますが、〇〇さんはいらっしゃいますか?」程度です。

さらに加えると、キャッシングやカードローンの利用で在籍確認を行う場合は、会社名じゃなく担当者の個人名で連絡が入ります。

なぜかというと、会社名で「アコム」とか「プロミス」というような名前を出した時点で、周囲にお金を借りた事実が周知されてしまう可能性があるからです。

大手の消費者金融はプライバシー保護を最優先にしていますので、事実が周知されないように個人名で対応しているということですね。

在籍確認は審査の最終段階で行われますので、即日融資の際は当日中にクリアしなければなりません。

したがって、関連する勤務先番号がいくつもある場合は、できる限り連絡のつきやすい番号を記入しておいたほうが、審査をスムーズに進めることができます。

即日融資を受ける上で非常に重要なポイントなので、必ずチェックしておいてくださいね。

即日融資は、無審査でも受けられるの?

「無審査で即日融資!」このような夢のようなサービスが存在するのか知りたい方も多いのではないでしょうか。

まず、言えることは即日融資を無審査で通過するようなことはありません。

今すぐにお金を借りないといけない方にとっては非常に魅力的に感じるとは思います。

しかし、法律を無視したような業者や闇金など無審査で即日融資を受けることが可能だと言われているサービスを利用してしまうと法律で定められた以上の利息を取られるなどの大きなリスクが伴います。

目先のメリットよりも中長期的に考えて即日融資を実現させていきましょう。

また、消費者金融に関しては、「貸金業法」という法律で厳しい規制がされています。

借入をする利用者の返済能力の審査を怠った場合、業務停止になるなどのリスクがあるのです。

即日融資を受ける上で覚えておくべき審査知識

即日融資を受ける上で覚えておくべき審査知識

即日融資を受ける上で、もう1つ重要なポイントがあります。

そう、それは「審査」に関する知識です。審査と聞くと、「落ちそうで怖い…」「審査には自信がない」というような方も多いかもしれません。

しかし安心してください。

結論からいうと、キャッシング・カードローン審査において著しく厳しい基準を導入している業者は非常に少ないです。

なぜかというと、業者側としても貸付しないと利益にならないので、「利用者に問題がなさそうなら貸したい」というのが本音だからです。この点だけをみると、私たち利用者と業者の利害は一致しているということになりますね。

しかし注意点として、審査において著しく厳しい基準は設定していないキャッシングでも、「こういう方には貸付しない」というような条件は当然ながらあります。

ここでは、即日融資を受ける上で覚えておくべき審査知識をわかりやすくご紹介していきます。

総量規制

総量規制とは、「貸金業法」という法律の中にある制度です。貸金業法は、消費者金融や信販会社などの貸金業者を対象としている法律のことです。

総量規制は、これらの貸金業者が、「利用者年収の3分の1を超える貸付を行うこと」を禁止しています。

つまりわかりやすくいえば、アコムやプロミス、アイフル、SMBCモビット等の消費者金融でお金を借りる場合、年収の3分の1を超えた金額を借りることはできないということですね。

ではなぜ、総量規制が審査に関係するのかというと、サービスを申込した時点で総量規制の枠内(※年収の3分の1以内)ギリギリ、もしくは既に総量規制以上の金額を借入してしまっている場合、審査に落ちてしまう可能性が非常に高いからです。

即日融資を希望してはいるものの、審査に落ちてしまっては元も子もありません。

キャッシングを利用する方の中には、既に借入残高がある状態で申込される方も多いので、総量規制が審査においても重要な知識というわけですね。

ただし覚えておいていただきたいのが、「総量規制は貸金業者からの借入に対して適用される」というポイントです。

つまり、銀行が取り扱っているカードローン商品はそもそも対象にならず、総量規制も適用されないということです。(銀行は貸金業者ではない)

また、総量規制の金額は貸金業者による貸付額が対象になるので、

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • クレジットカードのリボ払い

などは残高に含まれません。

したがって、住宅ローンや自動車ローンで長期のローンを組んでいる方でも、キャッシング・カードローンで借入することは可能ですので、覚えておいてくださいね。

消費者金融で借入できない人もいる

「消費者金融の審査は通りやすい」と捉えられている方もいらっしゃるかもしれません。たしかに、銀行が取り扱う融資商品と比較すると、年齢、職業条件ともに幅広い方が利用しやすい基準にはなっていると思います。

しかしながら覚えておいていただきたいのは、消費者金融で借入できない人もいるということです。

代表例でいうと、

  • 無職の専業主婦
  • 年金収入のみの方
  • 金融事故(ブラックリスト)の履歴がある方

という3つに該当する方です。

では、なぜこれらの特徴に該当する方は消費者金融で借入できないのでしょうか。それぞれのケースに分けて簡単にご説明しますね。

無職でもキャッシングしたい方は、無職でお金を借りたい方必見!無職でキャッシング・カードローンを利用する方法を参考にしてください。

無職の専業主婦の方

専業主婦の方は、配偶者の収入で生活を営んでいると思います。しかし先述したように、消費者金融は総量規制の対象になります。

専業主婦の方はご自身に収入がないので、総量規制の対象である「年収の3分の1」で計算したとしても、0円になってしまうんですね。このような理由から、専業主婦の方は消費者金融で借入することはできません。

しかしながら、専業主婦の方はどこからもお金を借入できないのかというと、実はそういうわけではありません。

たしかに総量規制の対象になっているサービスでは借入できないものの、総量規制の対象にならない商品であれば、融資を受けられる可能性があります。

専業主婦でも融資を受けられる商品の例でいえば、銀行が取扱う「カードローン」がありますね。銀行が取扱うカードローンは総量規制の対象になりませんので、商品によっては専業主婦の利用を認めているものもあります。

1つご紹介しておくと、「ソニー銀行カードローン」もこの例に該当します。ソニー銀行カードローンは配偶者に安定収入があれば、専業主婦でも申込可能としています。

「専業主婦だから消費者金融で借入できなくて困った…」というような方は、ソニー銀行カードローンも検討してみてくださいね。

専業主婦の即日キャッシングについて詳しく知りたい人は、「専業主婦が即日でキャッシングするためには」を参考にしてください。

年金収入のみの方

年金収入のみの方は、基本的に消費者金融で借入することはできません。

もちろん年金以外に収入があれば、そちらの収入額をもとに消費者金融で借入することは可能ですが、そもそも年金をもらいながら違う収入もある方は稀だと思います。

したがって、「年金暮らしでお金を貸してもらえなくて困っている」という方も多いのではないでしょうか。

実は、年金収入のみの方でも、消費者金融以外の手段であればお金を借りることが可能です。

例を挙げると、専業主婦のケースと同じく「銀行カードローン」を利用する方法です。意外と、年金収入者を申込対象としている銀行カードローンって多いんです。

1つご紹介するなら、「みずほ銀行カードローン」もそのうちの1つです。みずほ銀行カードローンであれば上限金利も比較的低いですし、大手銀行が取扱う商品という安心感もあります。

銀行カードローンは消費者金融よりも借入までに時間を要しますが、年金収入のみでお金を借りる場合には検討したい選択肢の1つでしょう。

ブラックリスト(金融事故)の履歴がある方

ブラックリストは、信用情報の金融事故と同じ意味を持ちます。実際にブラックリストという名称の記載があるわけではありません。

金融事故の履歴がある方は、基本的にお金を借入する際の審査に通過することができません。

なぜかというと、業者は審査時に「信用情報の照会」を行うからです。業者は信用情報を照会することにより、データベースから利用者の金融事故歴を把握することができます。

したがって、金融事故歴のある利用者が申込を行ったとしても、「この利用者は貸付するリスクが高い」と判断され、融資を受けることができないということです。

このケースに関しては、残念ながら銀行カードローンにおいても審査を通過することはできません。

したがって、友人や親にお金を貸してもらうか、他社の借入で困っている状況であれば、債務整理等の手段を検討する必要があります。

なかには債務整理を専門としている弁護士も存在していますので、まずは無料相談を行ってみるのがおすすめです。

信用情報の照会

審査において非常に大きな部分を占めているポイントが、「信用情報の照会」です。信用情報とは、信用情報機関が取り扱っている、個人の信用に関わる情報のことです。

先述したブラックリスト(金融事故歴)も、信用情報機関の持つ情報の中に記載されています。

信用情報に記載されている項目のうち、特に即日融資と関係しやすいのが、

  • 他社の借入件数
  • 他社の借入残高
  • 滞納、債務整理歴

という3点です。

これらがどのように審査に影響するのか、それぞれに分けてご説明していきますね。

他社の借入件数

審査を受ける上で、他社の借入件数も審査結果に影響を及ぼします。

さらに具体的にいえば、多くの商品では「他社借入件数が4件以上」という方は、審査に落ちてしまう可能性が非常に高いです。

なぜかというと、他社の借入件数が多くなればなるほど毎月の返済が高額になっていくため、滞納に繋がるリスクが非常に高いからです。

既に4件以上の借入がある方は消費者金融の即日融資ではなく、おまとめローン等で借入件数を絞ったほうが、より効率的に返済しやすくなるケースが多いです。

これから審査を受ける方は、できる限り借入件数を絞った状態で申込するようにしてください。

他社の借入残高

借入件数と同様、他社の借入残高も審査の結果に影響します。

特に消費者金融の場合は総量規制もありますから、既に借入している残高が「年収の3分の1以上」の場合は、審査に通過するのは難しいでしょう。

既存の借入残高が年収の3分の1以上になっている方は、銀行カードローン等の総量規制対象外商品を選択するのも1つの手段ですが、そのようなケースでも審査に落ちてしまう可能性は高いと思います。

即日融資を希望する方は、現在の借入残高がどの程度か試算した上で申込するのがオススメです。

ちなみに先述したように、総量規制は消費者金融や信販会社等の貸金業者による借入のみが対象になります。

住宅ローンや自動車ローンは総量規制の対象外ですので、残高に含めないようにしてくださいね。

滞納、債務整理歴

審査を受ける上で、特に重視されるのが「滞納、債務整理歴」です。滞納の有無や債務整理歴は、信用情報に全て記録されています。もちろん、クレジットカードやローンの延滞情報もキッチリと信用情報に記載されています。

つまりわかりやすくいうと、たとえ他社の契約であっても、長期におよぶ滞納や直近の債務整理歴などが見つかった時点で、即日融資はほぼ不可能になります。

長期滞納や過去5年以内に債務整理歴のある方は、民間のサービスで融資を受けるのではなく、友人や親族等にあたってみたほうが確実かもしれません。

「事業資金を急いで用意したい!」即日融資が可能なビジネスローン

「事業資金を急いで用意したい」という理由で即日融資を受けたいと考えている方もおられるのではないでしょうか。

安心してください!ビジネスローンで即日融資を受けることは可能です。

審査時間の短さを売りにしている業者も存在します。

しかし、ビジネスローンの「即日」には下記のように2種類あります。

  • ①審査、融資ともに即日
  • ②審査回答は即日、融資は後日

①は審査も融資も即日で行われるため、すぐに借り入れできる可能性が非常に高いです。

しかし、②は審査回答が即日だとしても実際に融資されるのは後日になってしまうため、その日の内に借り入れすることは不可能です。

どうしても事業資金を即日で用意したいという方は、「即日融資が可能」なビジネスローンを選択してください。

下記のサービスは、即日融資が可能なビジネスローンですので、参考にしてみてください。

オリコ「CREST for Biz」

個人事業主さま専用カード 事業に用する資金調達に利用可能。※法人の方は申込み対象外となります。

オリコ「CREST for Biz」
みんなの評判
  • 0.0点
実質年率 利用限度額 審査時間 融資スピード
6.0%~18.0% 300万円 最短即日 最短即日
担保・保証人 お試し診断 パート アルバイト
不要 ×
  • 年会費無料
  • 世界1200カ所の専用ラウンジ利用可能!

オリックスVIPローンカード BUSINESS

経営者や事業主向けのカードローン

オリックスVIPローンカード BUSINESS
みんなの評判
  • 0.0点
実質年率 利用限度額 審査時間 融資スピード
6.0%~17.8% 500万円 最短60分 最短即日
担保・保証人 お試し診断 パート アルバイト
不要 × × ×
  • 安心の低金利
  • 申込~借入までWEBで完結!

ビジネスローンの申込から即日融資までの流れ

  1. 前もって必要書類を確認
  2. 各申込方法から、ビジネスローンの審査に申込
  3. 必要書類を提出
  4. 審査
  5. 審査回答
  6. 融資

ビジネスローンの必要書類の代表的なものは下記の書類です。

即日融資を受けたいと考えている方は必ず申込前にチェックしておいてください。

  • 本人確認書類・・・運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、健康保険証など(※)
  • 収入証明書類・・・確定申告書、収支内訳書、青色申告決算書など(※)
  • 事業に関する書類・・・事業計画書、資金計画書、事業実態疎明書類(営業許可証)など(※)

※それぞれ該当書類のいずれか、計3種類の書類を提出

借り入れする金額が高くなると、内容がしっかりした事業計画書の提出を求められたりする場合があります。

審査をスムーズに通過するためにも上記の必要書類は前もって準備しておきましょう。

即日融資を受けた後におすすめの方法

即日融資を受けた後におすすめの方法

最後に、即日融資を受けた後のお話をしておきましょう。当然ですが、「融資を受けられた!はい終わり!」ではなく、お金を借りた後は返済を行っていく必要がありますよね。

そのような場合、各商品に設定されている最低限の返済だけでは、利息が高くついてしまう場合が非常に多いのです。

ここでは、即日融資を受けた後におすすめできる、返済を効率化する方法についてご説明していきます。即日融資を受けたばかりの方でも参考になるかと思いますので、できることから試してみてくださいね。

「繰上げ返済」で返済期間を短縮

キャッシングやカードローンでお金を借りたら、必ず「繰上げ返済」を意識してください。繰上げ返済とは、通常の返済額に加え、追加で返済を行うことです。

そうすることで、返済に要する期間を繰上げることができ、より短期間かつ少ない利息で完済することができます。

例えば、金利18%の商品で10万円を借入して、毎月の最低返済額である5,000円ずつで完済した場合と、毎月の最低額に5,000円を加えた1万円ずつで完済した場合では、なんと13ヶ月も返済期間に差が生じ、利息額も10,614円の節約につながります。(※)

このように、最低返済額に頼るのではなく可能な限り繰上げ返済を行うことで、返済による負担を軽減することができます。

利息面にも非常に有効な方法ですので、ぜひ試してみてくださいね。

アコムのシミュレーションツールにて試算

銀行カードローンへの借り換え

消費者金融の商品で即日融資を受けた後、緊急事態が落ち着いたら、銀行カードローンへの借り換えも検討してみましょう。

なぜ銀行カードローンへの借り換えを検討するのかというと、消費者金融よりも銀行カードローンのほうが、設定されている金利は低いからです。

上限金利で比較した場合、3%以上の差が出るケースも珍しくありません。

具体例でいえば、上限金利18%のアコムから上限金利13.8%のイオン銀行カードローンへ借り換えを行った場合、4.2%の金利低下につながるケースもあります。

短期間で完済できる場合は借り換えの必要はありませんが、完済まで3ヶ月以上を要するのであれば、銀行カードローンへの借り換えも賢い手段でしょう。

消費者金融で即日融資を受けた方は、借り換えも検討してみてくださいね。

即日融資が可能なおすすめカードローン・キャッシングのまとめ

即日融資を受ける際は、可能な限り融資の素早いサービスから検討する必要があります。したがって、銀行カードローンよりも消費者金融のほうが格段に有利だといえます。

消費者金融は無人契約機の台数も非常に多いですし、あなたの住む街にも設置されていると思います。

無人契約機は即日融資を受ける際の心強い味方になってくれますから、最寄りの無人契約機を調べてから申込するのもアリだと思います。

当記事のポイントを簡単にまとめると、

  • 即日融資を受けるなら、「アコム」「アイフル」「プロミス」「SMBCモビット」の4社が無難
  • なかでもプロミスは利用者にとってのメリットが多いので特におすすめ
  • 確実に即日融資を受けるため、「即日融資を受けるためのチェックポイント」は押さえておく
  • 必要書類は事前に用意しておく
  • 消費者金融で借入するなら、総量規制の金額は要チェック
  • 即日融資を受けた後は、繰上げ返済や銀行カードローンへの借り換えで利息を最低限に抑えよう

という6つです。

それぞれ重要なポイントが含まれていますので、しっかりと覚えておいてくださいね。あなたの即日融資がスムーズに実現しますように。

おすすめの即日融資が可能なおすすめカードローン・キャッシングを徹底解説!

アコム

満足度

3.4

アコム

実質年率 利用限度額 審査時間 融資スピード
3.0%~18.0% 最大800万円 最短30分 最短1時間
担保・保証人 自動審査 パート・アルバイト お試し審査
不要 ×
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート E-net その他

GOODおすすめポイント

  • 限度額50万円以下なら収入証明不要!
  • 来店不要で審査回答は最短30分。最短1時間でご融資可能です!
  • アコムのご利用がはじめての方は、最大30日間金利0円!

プロミス

満足度

3.9

プロミス

実質年率 利用限度額 審査時間 融資スピード
4.5%~17.8% 最大500万円 最短30分 最短1時間
担保・保証人 自動審査 パート・アルバイト お試し審査
不要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート E-net その他

GOODおすすめポイント

  • ネットで簡単!最短即日融資OK
  • 審査最短30分。Web契約で最短1時間融資も可能!
  • 30日間無利息サービス実施中!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要。

“即日融資が可能なおすすめカードローン・キャッシングを徹底解説!”を読んだあなたにオススメのサービス一覧

  金利 ご利用限度額 審査時間 融資スピード  
プロミス
プロミス
4.5%~17.8% 最大500万円 最短30分 最短1時間

オススメアコム
アコム
3.0%~18.0% 最大800万円 最短30分 最短1時間

SMBCモビット
SMBCモビット
3.0%~18.0% 最大800万円 10秒簡易審査 最短即日

アイフル
アイフル
3.0%~18.0% 最大800万円 最短30分 最短1時間

“即日融資が可能なおすすめカードローン・キャッシングを徹底解説!”の関連記事

種類・特徴でキャッシング・カードローンを探す