*
  1. ナビナビキャッシング トップ>
  2. オリックス銀行カードローン>
  3. オリックス銀行カードローンの返済はどうすればいい?返済方法と注意点は
最終更新日:2017年11月20日

オリックス銀行カードローンの返済はどうすればいい?返済方法と注意点は

カードローンを利用しようと考えている方にとって、一番気がかりなのは「返済」でしょう。もちろん、カードローンも完済までは返済し続ける必要があるのですが、気になるのはその返済方法です。返済の利便性が悪いと、「せっかくカードローンを申し込みしたけど使いにくい!」なんてことにもなりかねません。高い人気を誇るオリックス銀行カードローンの返済方法は、どのような方法があるのでしょうか。今回は、オリックス銀行カードローンの返済方法と注意すべき点について解説します。

オリックス銀行カードローンの返済方法は3つ

「カードローンの返済方法よりも金利の方が大事!」このようにおっしゃる方は意外と多いものです。たしかに、金利は低い方が利息は少なくなりますし、精神的負担も少ないでしょう。
しかし、返済の利便性を軽視してしまうと、返済のたびに手間が掛かったり、余分な手数料が掛かったりと、利用内容以外のデメリットが多いのでしっかり確認しましょう。では、オリックス銀行カードローンの返済方法はどのようになっているのでしょうか。下の図記をご覧ください。

返済方法の紹介

上記の図を参考に、オリックス銀行カードローンの返済方法を詳しく見ていきます。

返済は大きく分けて「約定返済」と「随時返済」の2種類に分かれます。この2つを簡単に説明すると、

約定返済…あらかじめ設定された日に返済することです。融資金額によって最低返済金額(約定返済金額)が決まります。

随時返済約定返済日以外に臨時で返済することです。振り込みで返済する場合、起算日によって約定返済と随時返済に分かれます。

というように、臨時の返済かどうかで見分けることができます。それぞれ具体的な返済方法が異なりますので、詳しくご説明します。

オリックス銀行カードローンの約定返済方法と随時返済方法は

オリックス銀行カードローンの約定返済方法と随時返済方法は以下のとおりです。それぞれ注意点がありますので、しっかり把握しておきましょう。

オリックス銀行カードローンの約定返済方法

約定返済の方法は「口座引き落とし」「返済専用口座振り込みによる返済」「提携ATMから返済」の3通りあります。

それぞれ解説していきましょう。

口座引き落とし

毎月10日、もしくは月末日のどちらに引き落としするのかを選択できます。

口座引き落としで返済するには、事前に「登録口座」を申請する必要があります。注意点としては、口座引き落としできない金融機関があることです。

下記の金融機関では、引き落としは不可となっています。

  • ゆうちょ銀行
  • オリックス銀行
  • セブン銀行、楽天銀行、イオン銀行等のネットバンク
  • シティバンク等の外資系銀行
  • 農林中央金庫
  • 商工中金

オリックス銀行カードローンの利用時に上記の銀行口座しか持っておられない方は、他の返済方法を選びましょう。

返済専用口座振り込みによる返済

返済専用口座に約定返済金額を約定日までに振り込みする返済方法です。

振り込みによる返済と、後述する提携ATMからの返済には重要な注意点があります。これらの返済方法では約定返済金額決定基準時という、毎月の約定返済金額を決定する時間が関係します。オリックス銀行カードローンは、返済日の14日前午前3:00時点を約定返済金額決定基準時に定めています。

つまり、約定返済金額決定基準時以前に返済すると随時返済扱いになってしまい、約定返済金額決定後に再び返済する必要があるので注意してください。

提携ATMから返済

申込時に郵送されたローンカードを使って、提携ATMから返済する方法です。振り込み返済と同様、約定返済金額決定基準時が関係しますので注意が必要です。

オリックス銀行カードローンの随時返済方法

随時返済は「返済専用口座振り込みによる返済」「提携ATMから返済」の2通りがあります。

返済専用口座に振り込みする方法と提携ATMで随時返済する方法は、約定返済のときと同様、約定返済金額決定基準時が関係します。

したがって返済日から14日以前に返済する必要があります。

もし、基準時以降に返済してしまった場合は、約定返済金額に充当後残った部分が随時返済扱いとなります。

オリックス銀行カードローンの一番便利な返済方法はこれだ!

ここまでお話した返済方法の中で総合的に利用しやすいと言えるのは「提携ATMから返済する方法」です。

オリックス銀行カードローンの提携ATMは、

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • 西日本シティ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • コンビニATM「E.net」
  • ローソンATM
  • イオン銀行
  • ゆうちょ銀行

などがあり、非常に利便性が良いと言えます。

提携ATMが利用可能な時間帯は、PM23:50~AM0:15、AM3:00からAM4:10を除く全ての時間帯(※)となっており、ご自身のライフスタイルに合わせて利用することが可能です。

また、提携ATMは土日夜間問わず借り入れ・返済に対して手数料もかかりませんので、オリックス銀行カードローンの返済は提携ATMを活用しましょう。

※提携ATMの所在により、店舗営業時間やメンテナンス実施時間は異なる場合があります。詳しくは、ご利用ATM運営元へお問い合わせください。

まとめ

オリックス銀行カードローンの返済方法は様々な方法があり利便性が非常に良いと言えるでしょう。注意点をしっかり把握して、ご自身自分にピッタリの返済方法を見つけましょう。

オリックス銀行カードローンでスムーズに借りるための関連記事