*

モビットの金利

他の消費者金融の金利と比較

モビットと他消費者金融との金利比較は下記のようになっています。

金利 モビット アコム プロミス アイフル
上限金利 18.0% 18.0% 17.8% 18.0%
下限金利 3.0% 3.0% 4.5% 4.5%

下限金利は他社に比べてやや高いと言えますが、下限金利が適用されるのは、ほぼ各社の借入限度額である500万円で設定した場合になります。
モビットなどのような消費者金融は、貸金業法の対象になり、総量規制の対象です。

総量規制では、返済能力を超える貸付は禁止されます。
融資可能な金額はお客様の年収の3分の1以内に限られることになります。

もし、借入限度額の500万円を設定するとなると、年収が1,500万円以上の方でないと設定ができません。
そのため、各社の金利条件を比較する場合は、下限金利ではなく、上限金利を確認したほうがよいでしょう。

少額での借入については、消費者金融大手サービスであるアコム、プロミス、アイフルとそん色ない水準と言えます。
なお、平成18年の利息制限法の改正により、貸付金利の上限が設定されました。

  • ・元本が10万円未満の場合は、年利20%まで
  • ・元本が10万円以上100万円未満の場合は、年利18%まで
  • ・元本が100万円以上の場合は、 年利15%まで

そのため、各社は上限の金利を18.0%に設定します。
また、100万円以上のご利用の場合、モビットなど各消費者金融においては、借入利率は15.0%以下になります。

そのため、少額の借入を希望でも、年収が300万円以上で、他社での借入や過去に延滞の経験がないような方なら、借入限度額を100万円以上に設定すれば、実際に100万円借りなくても、15.0%以下の水準で借入ができます。

利息の計算方法

利息は次の方法で計算されます。

借入残高×実質年率÷365日×返済期日までの利用日数
※ただし、閏年は、年366日の日割り計算がされます。

例)
10万円を30日間利用、実質年率18.0%の場合、
10万円×18.0%÷365×30=1,479 となり、支払う利息は1,479円となります。

返済総額を計算してみると、次のようになります。

【実質年率18.00%の場合】

利用金額 50万円
毎月返済額 3万円
返済総額 579,829円

30,000円×19回(毎月返済額)+9,829円/最終回

【実質年率4.80%の場合】

利用金額 500万円
毎月返済額 10万円
返済総額 5,580,415円

100,000円×55回(毎月返済額)+80,415円/最終回

モビットを見た方におすすめ!

アイフル

アコム

このサービスを見た方はこんなサービスも見ています

プロミス

三井住友銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行カードローン

楽天銀行スーパーローン