*

債務整理とは

借りたお金は当然返すべきです。しかしながら、過大な借金の返済に苦しむ方もいらっしゃいます。
特に、借りたお金の利息の支払いに困り、借金の返済のために借金を繰り返してしまったような方は特に大変です。
借金が雪だるま式に増えてしまうとその借金地獄から抜け出すことは非常に難しくなります。

そんな状況に陥ってしまった方を救済するために、実はさまざまな制度や法的な手続きが用意されています。
これらの制度や手続きを利用して借金を整理することを債務整理と呼びます。

債務整理の方法には、貸主と借主の話し合いによる任意整理や法的な手続きによる自己破産など、借金の額や債務者の返済能力によりいくつかあります。
そのような債務整理について相談できる専門家として弁護士や司法書士がいます。

借金で苦しむ方が借金苦から抜け出すためには、債務整理の方法を知り、弁護士や司法書士といった法律の専門家に相談する必要があります。
もし、借金返済に困ったら、そのまま放置することはせず、早めに債務整理を検討しましょう。

債務整理は専門家に相談しよう

2015年12月1日

債務整理は専門家に相談しよう

もし、借金返済のために消費者金融などからさらに借金し、その借金が雪だるま式に増えていくような状況になってしまった場合どうすればいいのでしょうか。そのような場合にはできるだけ早くしかるべきところに相談すべきです。任意整理や・・・

303

2015年12月1日

消費者金融による債権回収方法とは?

貸金業者が行う債権回収のための取り立ての手段としては、手紙、電話、訪問などがあります。貸金業法ができる前には、深夜の電話や大勢で押しかけて行ったり、大声をあげたり、貼り紙をしたりさまざまなケースがありました。しかし、貸金・・・

304

2015年12月1日

返済ができなくなったら

「借りたお金は返さないといけない…」そんなことは十分に分かっていても、突然のリストラなどでお金が返せなくなることもあります。 ここでは、借りたお金が返済できなくなった場合、一体どうなるのかを解説したいと思います。 ① 貸・・・

過払い金とは

利息制限法で決められた金利を超える高い金利の借金を長い間返済した方は、利息制限法に従って計算し直すと、すでに完済しているどころか利息を払い過ぎている場合があります。この払い過ぎている利息のことを過払い金と呼びます。

平成22年6月18日に貸金業法が施行され、貸金業者の貸付金利の上限は、利息制限法で定める上限金利となりました。それ以前はみなし弁済規定と呼ばれる条件を満たせば利息制限法を超える金利でお金を貸しても違反にはなりませんでした。

しかし、このみなし弁済規定はとても厳格な条件が定められており、貸金業者はみなし弁済の適用を主張することは非常に難しいと言えます。そのため、みなし弁済規定が適用されない借金で、利息制限法の制限を超えている利息は法律上無効となります。

この利息は、債権者にとって不当利得となり、債務者は債権者に対して不当利得を返還するよう請求することができます。これが過払い金請求と呼ばれるものです。

一般に平成22年の6月17日以前の借金は過払いになっている可能性があり、過払い金の対象は、現在借り入れのある方だけでなく、すでに返済し終わっている方も対象になります。過払い金を請求しても貸金業者が要求通りに過払い金を返済してくれないような場合には、訴訟を起こすことになります。訴訟となれば、個人で対応することは難しいと言えますので、弁護士に相談したほうがよいでしょう。

任意整理とは

任意整理とは、比較的借金の額が少ない場合などに、裁判所などの公的な機関を通さずに債務者が貸金業者などの債務者と交渉して債務を整理する方法です。交渉によって債務者の支払い能力などに応じて借金の元本や利息が減額され、一括弁済や分割弁済で返済することになります。

ただ、こういった交渉を債務者本人が貸金業者などと直接行うことは難しいので、弁護士などに依頼することになります。弁護士は、債務者の債務を調査して、整理案を作成し、貸金業者などの債務者と交渉します。任意整理は交渉による和解であるため、万が一話がまとまらなかった場合には、任意整理をあきらめて個人再生や自己破産などを選択することになります。

305

2015年12月1日

任意整理の方法

債務整理のなかでも比較的困窮の度合いが低い方に向いている任意整理の手続きについて解説します。 任意整理の手続き 任意整理は、裁判所などの法的な手段を利用しないで借金をしている債務者(借主)が消費者金融などの債権者(貸主)・・・

任意整理とはについての一覧はこちら

特定調停とは

借金の額がそれほど多くない場合に債務整理を行う方法として、任意整理のほかに特定調停と呼ばれる債務整理の方法があります。任意整理は弁護士などの専門家に任せることが一般的ですが、弁護士報酬などの費用が必要となります。

そのような費用を払えないという人は特定調停の制度を利用するとよいでしょう。特定調停とは、裁判所を利用して債務者の経済的再生を図る手続きのことです。返済ができなくなった債務者が、債権者の住所地を管轄する簡易裁判所に調停申立書を提出することで手続きは開始されます。

特定調停では、裁判所の調停委員会で申立人である債務者と消費者金融などの債権者の意見を調整しながら和解案を作成します。双方が合意して調停がまとまると調停調書が作成され、その調停内容に従って債務者は返済をしていくことになります。

特定調停とはについての一覧はこちら

民事再生/個人再生とは

民事再生とは、民事再生法による再生手続きのことです。民事再生法は経済的に窮地にある債務者に対して、債務者の事業または経済生活の再生を合理的かつ機能的に図ることを目的としています。自己破産とは異なり、破産することなく再生することができるのが特徴です。

民事再生法による再生手続きは、法人も個人も対象になります。しかし、個人を対象とした個人再生と一般の民事再生手続きでは、異なる点がいくつかあります。まず、手続き機関として、一般の民事再生手続きでは監督委員や調査員の専任がありますが、個人再生の場合には個人再生委員という機関が設けられます。個人再生委員は、債務者の財産や収入の調査、債権の調査、再生計画作成のための勧告等を行います。

また、通常の民事再生で必要な債権確定手続きも個人再生の場合には行われません。このように個人再生の手続きでは、通常の民事再生手続きと比べると、手続きが簡略化されています。

個人再生は、負債額が5,000万円を超えない個人で、継続的・反復的に収入を得る見込みがある場合に適用されます。自己破産をしてしまうと、法律で認められた自由財産を除いて、債務者は所有する資産を処分して債権者に配当しなければなりません。

しかし、個人再生なら、再生計画通り返済する必要はありますが、住宅の差し押さえや強制競売は免れることができます。個人再生には、主に個人事業主を対象にした小規模個人再生と、主にサラリーマンを対象にした給与所得者等再生の2つがあります。

img257

2015年12月1日

民事再生による債務整理

大企業の債務整理についても最近よく利用されているのが民事再生法による民事再生手続きです。民事再生法は経済的に窮地にいる債務者について経済生活の再生を合理的かつ機能的に図るために制定された法律です。したがって、自己破産等は・・・

民事再生/個人再生とはについての一覧はこちら

自己破産とは

自己破産とは、どうしても借金を返すことができず、また任意整理をしようにもまったく財産がない場合などに、借金地獄から抜け出すためにする最後の手段とも言うべき申し立てのことです。債務者は自己破産の申し立てを裁判所にして、借金を返せない状態であることを裁判所に認定してもらい、裁判所から免責許可の決定を出してもらうことで借金の支払いを免れます。

自己破産に対して、世間では、もう普通の生活を送れなくなるといったイメージがあったり、戸籍に傷がつくなどと考えている方もいらっしゃいますが、実際は違います。破産者となっても、それが戸籍や住民票に記載されることはありませんし、選挙権、被選挙権も失われません。

また、自己破産を理由に会社はその人を解雇することもできません。自己破産を極度に恐れて、自己破産の申し立てをしなかったばかりに、さらに泥沼にはまってしまう方もいるので、まずは自己破産のことを正しく理解しましょう。

img147

2015年12月1日

自己破産による借金整理

任意整理しようにも、配当するための資金がない場合等は、借金地獄から脱出するための最後の手段が自己破産になります。自己破産とは、借金を返せない状態であるということを裁判所に認定してもらう制度です。自己破産の申し立てをし破産・・・

自己破産とはについての一覧はこちら