*
  1. ナビナビキャッシング トップ>
  2. キャッシング基礎知識
  3. > 借入するときに知っておきたい!借入方法の特徴・注意点・選び方の全知識

借入するときに知っておきたい!借入方法の特徴・注意点・選び方の全知識

最終更新日:2017年9月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

借入をしたいけれども、どのような借入方法を選んだらよいのかわからないという悩みを持つ方もいらっしゃるかもしれません。

借入方法をについて迷っている方は、

  • 借入サービスの種類にはどのようなものがあるか知りたい
  • 借入方法のそれぞれのメリットとデメリットを知りたい
  • 金利や利息にはどのような関係があるのか知りたい
  • 金利の相場について知りたい
  • 利息計算の方法とシミュレーション方法を知りたい
  • カードローンの借入の流れを知りたい

といったようなことを思われるのではないでしょうか。

こちらの記事をお読みいただくことで、あなたに最適な借入方法を選ぶことができ、実際に申し込みをすることができるようになります。
是非最後までお読みいただき、あなたの借入手続きの参考になさってください。

借入におすすめはカードローン

金融機関からお金を借りる方法には様々な方法が用意されています。特に銀行のウェブサイトをチェックすると、非常にたくさんのローン商品が見つかります。
金融のプロフェッショナルでもない限り、一目見てどのローンが自分に合っているのか判断するのは難しいでしょう。
こちらの章では代表的なローン商品や借入の方法について詳しく解説します。

借入サービスの種類

消費者金融では、ひとつのカードローン商品のみの場合が多いのですが、銀行ではお金の使い道によって専用のローンがいくつもあります。
「住宅ローン」などのように、お金の使い道がそのままローン商品名になっていることも多いのです。
しかしその商品内容を全て理解するのは、銀行のサイトを見るだけでは難しいところがありますので、それぞれの商品についてわかりやすく解説してゆきます。

用途に応じたローン(住宅ローン、マイカーローン、フリーローン、カードローン)

銀行ローンの代表選手と言えば住宅ローンです。数千万円単位で30年程度の長期間の融資が受けられるのが大きな特徴です。

土地や建物を担保に取るため、銀行は比較的安全な融資ができます。焦げ付いて回収できなくなってしまう不安が少ないことから、銀行は低い金利で貸し出すことができるのです。
近年では住宅ローンは1%程度の超低金利で借りることのできる銀行が大半となっています。
参考:不動産担保ローンとは?

またマイカーローンもほとんどの銀行で取り扱いのあるローン商品で、自動車購入専用のローンとなっています。
車は担保に取ることができませんので、銀行にとってはリスクのある融資ということになります。そのため住宅ローンに比べると、若干高めの金利が設定されています。
参考:自動車ローン・マイカーローン

ちなみに銀行ローンの金利の決め方のおおむねの法則として、お金の使い道がはっきり決まっているほど金利が低く設定される傾向があります。
反対に使い道が自由なフリーローンやカードローンとなりますと、金利は高めに設定されてしまうのです。

クレジットカード

クレジットカードのキャッシング機能でお金を借りる方法もあります。

すべてのクレジットカードにキャッシング機能が備わっているわけではないのですが、キャッシング機能が付いているカードであれば特別な手続きなしで借入できます。
クレジットカードを持っていない場合、キャッシング機能を付けたクレジットカードを最初から申し込むことも可能です。

ちなみにクレジットカードのキャッシングの金利や返済方式は、おおむね消費者金融系のカードローンと同じと考えて差し支えないでしょう。
場合によっては、キャッシング機能を付けていないクレジットカードでも、後付けの申込みをすることもできます。

もちろん所定の審査はありますので、100%キャッシン機能がつけられるというわけではありません。しかしながらクレジットカード1枚でショッピングとキャッシングの両方を利用したい方には申し込んでみる価値はあるでしょう。

参考:【賢く使えてる?】クレジットカードのキャッシング機能と4つの注意点を徹底解説!

カードローン(消費者金融系)

最後に紹介するのは消費者金融系のカードローンです。銀行カードローンとの違いをこちらで簡単に紹介しておきましょう
銀行カードローンと比べると消費者金融系のカードローンの上限金利は高めとなりますが、比較的審査は通りやすい傾向にあります。
また審査も即日で行われることが多く、即日融資対応をうたうカードローンも数多く存在します。

借入はどこがおすすめ?メリット・デメリットで徹底比較

ここで一度それぞれの借入方法のメリットとデメリットを一覧表で確認しておきましょう。

借入方法 メリット デメリット
銀行専用ローン 金利が低い お金の使い道が限られる
銀行カードローン 若干金利は低め 即日融資は約束されない
クレジットカードキャッシング 一枚二役で便利 金利は高い
消費者金融カードローン 即日融資も可能 金利は高い

それぞれのメリット・デメリットを把握いただくことで、あなたにピッタリの借入方法を見つけやすくなります。

総合的におすすめな借入は対応力の高い「カードローン」

住宅ローンや教育ローンなど、専門性の高いローンと同じ土俵で比べるのは難しい面もあるかもしれません。
そのような中で先ほどご紹介した借り入れ方法の中であえて一つおすすめを選ぶとしたら対応力のたかさでカードローンということになるでしょう。

カードローンは金利が高めなのが珠にキズではありますが、それを補って余りある対応力の高さが魅力です。
クレジットカードのキャッシング機能を除きますと、他のローンは一度借りたあとは返済するばかりです。

途中で借り増しすることもできませんし、一括返済するのにもわざわざ銀行に手続きをして手数料まで払う必要があるのです。
その点カードローンであれば、いつでも借入も返済も自由ですので、普段使いのお供としては抜群の使い勝手を誇ります。

またお金に余裕がある場合は借入残高をゼロにしておけば、支払利息も手数料もかかりません。残高ゼロ状態でも解約手続きをしなければ、費用負担なしで借入枠を維持することができます。

他の借り入れ手段の大半は、借入のたびに申し込みをして審査に通らなければなりませんから、カードローンの普段使いの優位性を感じていただけるのではないでしょうか。

カードローンの普段使いの便利さについては十分にご理解いただけたと思いますが、次の項目ではカードローンの中でも特におすすめの3つのカードローンをご紹介させていただきます。

おすすめの人気カードローン3選

カードローンを選ぶ際には、あなたが重視するポイントをはっきりさせると自ずと答えは決まってきます。

基本的には「審査の通りやすさ」「金利の低さ」「審査時間の早さ」などを軸に選ぶのが良いでしょう。
全ての面で優れるカードローンはありませんので、あなたがどのポイントを最も重視したいのかの見極めが肝心です。

最初におすすめするのが高い審査通過率を誇る、消費者金融最大手の「アコム」のカードローンです。

カードローンはどこを選んでも審査なんてそれほど変わらないだろうと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら各社が申告している審査通過率を比較してみると5割弱~3割強ぐらいの間で意外とバラツキがあることが確認できます。
審査に通ることを優先したいのであれば、審査通過率の高いアコムを選ぶのがベストでしょう。

アコム アコム

◎特徴

  • はじめての方は30日間金利0円
  • 最短30分で審査回答!来店不要!
  • 平日14時までに必要書類の確認完了で即日融資可能!

金利を優先したい方におすすめなのが「みずほ銀行カードローン」となります。

みずほ銀行カードローンは、全国ネットワークの大手銀行カードローンの中においては最も低い上限金利となっていますので、なるべく低い金利で借りたい方に最もオススメです。

審査から融資までのスピードを最優先にしたい方におすすめなのが「プロミス」のカードローンです。

プロミスはインターネット経由の申込みであれば、なんと最短1時間で融資が可能であると公式にアピールしています。
アコムなどでも最短30分審査は明言していますが、融資実行までの時間までは示してはいません。
公式サイトに融資時間をしっかりと明記するのは、プロミスの自信の表れとみて良いでしょう。

なるほど!金利と利息の関係から分かる返済額をやさしく解説

カードローンの返済額を知るためには、先に金利と利息などについて理解しておく必要があります。
もちろん返済シミュレーションのサービスを利用すればすぐに返済額を知ることはできます。

しかしながら金利と利息、そして返済額の関係をしっかりと理解しておけば、借りた後の返済プランや借り換えなどを検討する際にも感覚的にお得かどうかを理解できるようになります。
この機会にぜひこれらの用語の意味などについてしっかりとマスターしてしまいましょう。

金利と利息をやさしく解説

「金利」や「利息」と言った言葉に、なんとなく難しさを感じられる方もいらっしゃるかもしれません。
こちらの項目で誰でもわかるように解説しますので、是非ともマスターしておきましょう。

金利とは

「金利」という言葉は、専門用語のような雰囲気も感じるかもしれませんが、その考え方はいたってシンプルでカンタンです。
特にカードローンの金利を理解するには小学校で習う算数レベルで十分です。

ちなみに金利は基本的に「年率」で示されるのですが、この年率というのは1年間でどれだけの利息がかかるかということを示しています。

たとえば簡単な例で言いますと100万円を年率10%の金利で1年間借りたとすると100万円×10%=10万円という計算式が成り立ちます。
また同じ条件で3年間借りたとすると100万円×10%×3(年)=30万円ということになります。

利息とは

「金利」は割合を%で示すものに対し、「利息」はズバリ金額そのものを指すと考えるとわかりやすくなります。
たとえばカードローンの「金利は10%」なので(100万円を1年間借りた場合の)「利息は10万円」になるといった具合です。

ちなみに「利息」と似た言葉に「利子」という言葉がありますが、意味としては全く同じと考えて差し支えありません。
厳密にいうと銀行預金は「利息」郵便貯金は「利子」と呼ぶなどの使い分けがされていたりもするのですが、一般の方がわざわざ分けて考えなくても大丈夫です。

金利相場の事情

金利と利息の関係をお分かりいただけたところで、それぞれの借入の金利の相場をチェックしておきましょう。
ちなみにカードローン金利は2.0%~14%といった具合に幅をもって表示されていることが多いのですが、
初回借り入れ時は上限金利の適用が大半ですので、上限金利で比較しておきます。

借入サービスの種類 上限金利の相場
銀行カードローン 14%~16%
クレジットカード キャッシング 16%~18%
消費者金融カードローン 17%~18%

※上限金利にて比較。

このように上限金利で比べてみますと、銀行カードローンは低めの金利となっており、クレジットカードのキャッシングと消費者金融カードローンはおおむね同じレベルであることがわかります。

借入におすすめのカードローン利息はどれくらい?

金利をどのくらい重視するのかにもよりますが、銀行カードローンであれば14%~15%であればおすすめできます。
クレジットカードのキャッシングや消費者金融カードローンでは18%がベースとなりますので、それを下回る金利であれば比較的お得ということができるでしょう。

事例紹介:10万円を3ヶ月借りたときの利息

ここで、金利の違いによって利息がどのくらい変わるのか、実際の数字で体感してみましょう。
わかりやすさを優先して、毎月の返済分などの細かい条件は考えないことにします。

「10万円を3か月借りた場合」の利息を代表的な金利で実際に計算してみると、

銀行カードローン:10万円×14%×3/12=3,500円
消費者金融カードローン:10万円×18%×3/12=4,500円

このように金利の違いで利息に1,000円の差が付くことがわかります。

事例紹介:30万円を6ヶ月借りたときの利息

次に条件を「30万円を6か月借りた場合」に変えて計算してみましょう。

銀行カードローン:30万円×14%×6/12=21,000円
消費者金融カードローン:30万円×18%×6/12=27,000円

金利の差によって利息に6,000円の差が付くことがわかります。

また借入金額と借入期間が増すことで利息が大きく膨らむことも実感できるのではないでしょうか。

利息の計算方法とシミュレーション

シンプルな利息の計算式は以下のようになります。この計算式でざっくりと利息の金額を把握することができます。

借入金額(円)×金利(%)×借入期間(年)=利息(円)

ただしカードローンには毎月の返済がありますので、実際の利息は途中で借増しなどしない限りは若干少なくなります。
毎月の返済額は「残高スライドリボルビング方式」や「元金定額方式」など、返済方式によっても異なりますし、同じ方式でも返済額が異なるため、詳細の説明はこちらでは省略します。

返済額を加味した計算は、早くて正確な「返済シミュレーション」の利用がおすすめです。
返済方式などまでは反映されませんが、簡易計算よりは実際に近い計算結果が得られます。

カードローン借入の流れ

今まで解説させていただいたようなことを活かしていただくことで、あなたに最適なカードローンを選ぶことができるでしょう。
この章では実際のカードローンの借り入れの流れについて解説していきます。

1.借入申し込み

まずカードローン会社に借入の申込みを行います。借入申し込みの方法には「インターネット」「自動契約機」「電話」「郵送」「窓口」など、様々な方法が用意されています。

このなかで人気が高いのは、24時間いつでも気軽に申込みのできるインターネットでの申込です。
インターネット申込みではパソコンだけではなくiPadなどのタブレットやスマートフォンでも申し込みができるところが多くなっています。

2.審査開始

借り入れ申込みが完了するとすぐにローン審査が開始されます。審査が順調に行われた場合最短30分ほどで審査結果が出る場合もあります。
ちなみに申込み内容に間違いや確認事項があった場合、電話連絡などが途中で入る場合があり、この場合は審査に余分な時間がかかってしまいます。

3.在籍確認

審査と同時に勤務先への在籍確認も行われます。在籍確認の電話は、ある程度審査が順調に進んでから行われることが一般的です。せっかく在籍確認を行ったのに審査はダメということになりますと、在籍確認の手間が無駄になってしまうためです。

裏を返せば在籍確認の電話があったということは、その時点では審査に大きな問題は起こっていないと考えることもできます。

4.本人確認と申込み意思確認

在籍確認とは別に本人確認の電話も掛かってきます。この本人確認のタイミングで、本人確認書類の提出をおこなうケースが多くなっています。本人確認書類の提出は、スマートフォンで運転免許証などを撮影したものを送信するだけでOKですので極めて簡単で時間もかかりません。

念のため申込み金額などの内容の確認も同時に行われます。
ちなみに審査落ちの場合には本人確認は行われずに、メールなどで審査落ちが知らされるという対応になる場合があります。

5.ローンカード発行(融資金振込)

審査に無事通過して、本人確認も完了するとローンカードの発行手続きに移ります。
ローンカードは書留郵便で郵送されるのが一般的ですが、自動契約機に出向いて発行する方法を選べる場合もあります。
万が一の家族バレが心配な場合や、すぐにでもローンカードを受け取りたい場合に自動契約機での受け取りはおすすめです。

ちなみにローンカードを発行せずに、銀行預金口座への振込で融資を受けることも可能です。その場合はローンカードの発行を待たずに融資を受けることができますが、即日融資は銀行振込の関係で午後2時までに契約完了などの条件が付いてしまいます。

ローンカードがあればATMでいつでも借入可能ですし、返済時にも手続きが楽ですので、特段の事情が無ければローンカードは発行してもらった方が良いでしょう。

カードローンの審査事情

カードローンの審査は誰でも通過できるものではなく、半分以上は落ちてしまう厳しさもあります。こちらの章では審査の流れや時間、審査に落ちてしまいやすい方の特徴について解説していきます。

カードローンの審査の流れと必要書類

カードローン審査は、申し込み手続きが完了するとすぐに自動審査が開始されます。自動審査はコンピューターが行いますので瞬時に結果が出ます。

ただし自動審査は仮審査ですので、審査担当者のチェックを経て在籍確認と本人確認まで完了すると本審査通過という流れになります。
本人確認書類の提出は必須で、さらに申込み金額や審査状況によって収入証明書類の提出が求められる場合もあります。

収入証明書類としては直近2ヶ月ぶんの給与明細と1年分の賞与明細、もしくは源泉徴収票や確定申告書類など、指定された書類を提出するようにします。

カードローンの審査にかかる時間

カードローン審査は、自動審査で問題が無ければ30分といった極めて短時間で終了してしまうことも実際にあります。
ただし審査が込み合っている場合や、申込み内容に誤りや確認事項が発生した場合、予想以上に審査が長引いてしまう場合もあります。

カードローンの審査に落ちやすい人の傾向

カードローンの審査落ちの経験のある方や、自分が審査に通ることができるのか自信が持てない方は審査落ちしやすい人の傾向が気になるところかもしれません。
審査落ちには様々な理由が考えられますが、いくつか代表的な審査落ちの理由を紹介しておきましょう。

最初に考えられるのが、他社の借入件数が多すぎるという理由です。もちろん借入金額も審査に影響がありますが、他社での借入件数は想像以上に審査に大きく影響します。
カードローン会社ごとに審査基準は異なり、その中身は公表されてはいないのですが、4社以上借入がある方は審査落ちする可能性がかなり高まってしまいます。

次に考えられるのは他社の借入やクレジットカードの支払いが遅延している、もしくは過去に遅延したことがあるという理由です。
他社の支払いの遅延がなぜ審査に影響するのかと、疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

実はカードローン会社は申し込みを受けると必ず他社の借入と返済状況をチェックしています。
他社の借入件数が多すぎる人は多重債務者の延滞予備軍として見られかねないのです。

カードローンの審査に落ちたときの対処法

審査に落ちてしまった時、すぐに別のカードローンに申し込みをするのは、実はあまり得策ではありません。

なぜならば、審査落ちした情報も信用情報として記録されるために、別会社に申し込んだときに審査落ちした事実が伝わってしまうからです。
審査落ちの情報があるからといって、必ずしも審査が門前払いされるというわけではありませんが、万全を期すのであれば審査落ちの記録が消えるのを待った方が良いのです。

審査落ちした情報は、記録がされてから6か月が過ぎますと抹消されますので、次のカードローンの申込みは6か月以上の間隔を空けるのがベターです。

ちなみに審査落ちの情報が抹消されるのは信用情報機関の記録に限られ、申込みしたカードローン会社では情報が残っている可能性が大です。
そのため、同じカードローンにチャレンジするよりも、他のカードローンへ申し込むようにしたほうが好ましいでしょう。

カードローンで借入をするときの注意点

カードローンはどうしても他のローンと比較して金利が高めですから、借りっぱなしにならないように計画的な利用が大切です。
金利が高くても、借りる期間をできるだけ短くするなど工夫次第で大幅に支払い利息を少なく抑えることはできるのです。

カードローンは長期の借入とは相性があまり良いとは言えませんので、他の借入方法がないか検討したほうが良いかもしれません。

カードローンのおすすめサービス一覧

最後にカードローンのおすすめサービスを紹介しておきましょう。

サービス サービス内容
スマホアプリサービス 新規申し込み、書類提出、ローンシミュレーションなど機能満載
返済日お知らせサービス メールで返済日をお知らせ。うっかり延滞を防げます
振込融資サービス 銀行口座へ振込融資が利用できます
みなし完済 1,000円以下の端数の借入残高に利息がかからないサービスです

これらのサービスを利用することでさらに便利にカードローンを利用することができます。

まとめ

「借入するときに知っておきたい!借入方法の特徴と注意点、選び方の全知識」の記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

カードローンが持つ利便性や、どのようなポイントに注意して選んだらよいかなどについてお分かりいただけたのではないでしょうか。
是非こちらの記事を参考にして、あなたにピッタリのカードローンを選んでみてください。

“借入するときに知っておきたい!借入方法の特徴・注意点・選び方の全知識”に関する関連記事

FPおすすめローンと審査のコツ 続きを見る

アコム審査をスムーズに通すための徹底解説

テレビCMや、車内広告などでよく見かける消費者金融といえば「アコム」。アコムは利用者からの人気が高く「利用しやすい」「いつでも使える」と多くの層から支持を得ています。しかし、いくら人気が高いと言っても初めて利用する際に不・・・

教育ローンの審査とは 続きを見る

教育ローンの審査とは

ざっくり言うと… 教育ローンには年収など申し込みにあたっての条件があり、また教育ローンの審査はカードローンより審査が厳しいと言われています。 ただし、金利は2~3%程度の水準で借りることが可能なので、教育資金が足りない方・・・

個人信用情報って何? 続きを見る

個人信用情報って何?

キャッシングは冠婚葬祭や衝動買いなど突然の出費をフォローするのにとても便利なサービスです。 そんな頼りになるキャッシングですが、使い方を間違えてしまうと個人信用情報にキズが付いてしまい、その後のローンなどの金融サービスの・・・

土日でも審査可能なキャッシング・カードローン 続きを見る

土日でも審査可能なキャッシング・カードローン

キャッシング・カードローンを利用する時は緊急にお金を必要としていることが多く融資までの時間も限られています。 したがって「土日に審査を受けたい!」と思っている方も多いでしょう。 しかし、全てのキャッシング・カードローンが・・・

土日でも即日でキャッシングできる? 続きを見る

土日でも即日でキャッシングできる?

「土日に急な飲み会でお金が必要になってしまった!」 このようなときにキャッシングを利用する場合、土日に即日キャッシングできるかどうかが非常に重要となります。 土日は平日と比べると制限が多いため、申し込み方法をしっかり事前・・・

消費者金融は総量規制の対象?対象外? 続きを見る

消費者金融は総量規制の対象?対象外?

消費者金融市場といえば、平成22年6月18日に完全施行された「改正貸金業法」により、業界として大きなダメージを負ったことが記憶に新しいと思います。 改正内容のなかでも、消費者保護の観点から導入された「総量規制」は、消費者・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加