*
  1. ナビナビキャッシング トップ>
  2. キャッシング基礎知識
  3. > キャッシングとは ~キャッシングとカードローンの違い~

キャッシングとは ~キャッシングとカードローンの違い~

最終更新日:2017年5月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

ざっくり言うと…

  • ショッピングで使うクレジットカードにもキャッシングができる機能が付いている
  • 急にお金が必要になったときに便利なサービスが、キャッシング・カードローンです。
  • キャッシングとカードローンの違いは返済方法で、キャッシングは一括払いの返済が一般的で、カードローンの返済は分割払いになります。
  • キャッシング・カードローンとも事前に審査を受けてカードを作っておけば、必要なときにいつでも利用できます。


急にお金が必要になったときに、ふと頭によぎるキャッシング。

ただし、キャッシングと一言で言っても、クレジットカードによるキャッシング、消費者金融など金融機関に借りるキャッシングもあります。

さらには、大手金融機関のカードローンなど、カードローンという言葉が一般化してきています。

こんなことを思ったことはありませんか?

  • 消費者金融のキャッシングとクレジットカードのキャッシングの違いは?
  • カードローンとキャッシングの違いはあるの?
  • どこでお金を借りるのがいいの?

「キャッシング」の使い方を正しく理解し、返済計画を考えないと、大きく損してしまいます。

今回は、知っているようで意外と知らない上記のような悩みや疑問にお答えしていきます。

キャッシングとはお金を借りれるサービス

キャッシングとは?

キャッシングとは、クレジットカードやキャッシングカードをご利用して、消費者金融の窓口やATM、キャッシュディスペンサー(CD)などからお金を借りることができるサービスです。

キャッシングは主に

  • カードローン(消費者金融系・銀行系)
  • クレジットカードのキャッシング機能

の2種類があり、それぞれサービスで特徴があるものの、使い勝手はほとんど同じです。

▶クレジットカードのキャッシングについて知りたい方

引き出せる金額の上限は、契約内容によって決められます。
また、契約前には審査があり、審査を通過しなければご利用することはできません。

ATMやキャッシュディスペンサーから現金を引き出す、というところは、自分の口座からお金を引き出すことによく似ています。

ただし、口座からお金を引き出すことは借金ではありませんが、消費者金融からお金を借りるキャッシングは借金です。
借りたお金は、きちんと返さなくてはなりません。

キャッシングは状況に応じて使い分ける

キャッシング商品はそれぞれ特徴があり、状況によって向き不向きがあります。
結論を先にお伝えすると、下記のケースで使い分けると良いでしょう。

カードローン

  • 借り入れを複数回繰り返す可能性のある方
  • 急ぎで現金を用意しなくてはいけない方
  • 現金が必要になった時のため、備えておきたい方
  • 利息を抑えたい方

クレジットカードのキャッシング機能

  • 緊急で一時的に現金が必要な方
  • 借入額が少額な方
  • 一括返済できる方

では、返済方法の違いで総返済額にどれほどの差が出るか、次章で確認しましょう。

キャッシングの返済方法は「一括返済」がお得!

キャッシングの返済方法は主に「リボルビング払い(リボ払い)」と「一括返済」の2つです。

金利が高い傾向にあるクレジットカードのキャッシングは「一括返済」を前提にご利用されることが多く、
カードローンは「リボ払い(残高スライド方式)」が採用されていることが一般的です。

例えば、「金利18%のキャッシングで10万円を借り入れ」の場合と「リボ払いでは毎月3,000円ずつ返済」の場合では、利息に23,907円も差があり、返済期間も2年半以上の差がありますので、一括返済のほうがお得になります。

一括返済 リボ払い
利息 1,479円 25,386円
支払回数 1回(1ヶ月) 34回(2年10ヶ月)

一括返済とリボ払いはそれぞれメリット・デメリットがあり、いずれにしても計画的にご利用する必要があります。

利息の計算方法について

1ヶ月借入した場合の利息の計算の仕方は、下記になります。

【借りた金額×年利%÷365日×1カ月(30日or31日)=1か月分の金利】

例えば、金利18.0%で10万円を1ヶ月借入した場合の利息の計算方法は、
10万円×18%(0.18)÷365日×30日=1,479円
になります。
「借りたお金に金利をかけて、365日で割って30日をかける」だけで、計算することができます。

もしくは、こちらにある「借入返済シミュレーション」を使い、実際にいくら支払いする必要があるか事前に知ることができます。

より詳しく金利について知りたい方は「キャッシングの利息の計算方法について」を参考にしてみてください。

はじめて借り入れをする方であればおすすめは、金利0円の無利息キャッシングや低金利の銀行系カードローン、即日融資・収入証明書不要のキャッシングでしょう。

無利息で便利なサービスは、レイクになります。
レイクの場合、2つの無利息ローンがあり、初めての方は「5万円まで180日間無利息」と「30日間無利息」がありますので、ご自身のご返済計画に合わせてプランを選べます。

もっとほかのサービスを見たい方や目的に応じて探したい方はこちらのページも参考にどうぞ。

冒頭でキャッシングは主に2種類あるとお伝えしましたが、安心・安全にキャッシングを利用するためには、それぞれの特徴を知って使い分ける必要があります。こちらについては次章でご紹介いたします。

クレジットカードのキャッシング機能とは

クレジットカードは主にショッピングで使われることが多いですが、実はショッピング機能以外に「キャッシング機能」も兼ね備えています。

キャッシング機能には利用限度額を意味する「キャッシング枠」が設定されており、クレジットカードの申込時に申込者本人が設定するようになっています。

クレジットカードのキャッシング可能額

クレジットカードで現金を借りることができると言っても、無制限にお金を使えるわけではありません。
キャッシング機能には「枠」と呼ばれる利用限度額が設定されており、
お金の借入はキャッシング枠内でのみ可能となっています。

しかし、実際に借入れできる金額は、キャッシング枠より少ないことがほとんどです。
メイン機能であるショッピング機能にも同様に限度額が設定されていて、このショッピング枠の一部にキャッシング枠が含まれているためです。

例えば、ショッピング枠50万円のクレジットカードで40万円の買い物をした場合、使えるショッピング枠の残りは10万円です。

クレジットカードのキャッシングは、キャッシング枠をご利用して、お金を借りる利用方法は問題ありませんが、それを利用して現金化するのは、クレジットカード会社の利用規約に違反するため、決して行わないように致しましょう。
規約については、「dカード」「楽天カード」「エポスカード」こちらから確認することができます。

▶クレジットカードのキャッシングについて知りたい方

キャッシングでの借入方法

キャッシングは、現金をすぐに用意できる点が一番のメリットであり、冠婚葬祭など急にお金が必要になった場合に心強いサービスです。銀行やコンビニのATMで、自分の預金口座からお金をおろす方法とあまり変わりがなく、現金を手にするまでがとても簡単で早いです。

基本的な操作手順は以下のとおりです。

  1. 提携ATMにクレジットカード・キャッシングカードを挿入する。
  2. 画面上の取引メニューから「クレジットカード」「お借入」「ご融資」「お引き出し」等を選択する。
  3. 暗証番号を入力する。
  4. 借入金額を入力する。
  5. 返済方法を選択する。(一括払い/リボ払い)
  6. カード、明細、現金を受け取る。

ATM以外にも、インターネットや専用電話でキャッシングの手続きをすることが可能です。
※海外でキャッシングをご利用したい方は、一部サービス毎に海外キャッシュサービスのご利用枠がありますので、そちらを事前に設定しておく必要があります。

カードローンとは?

カードローンとは?

カードローンの利用方法は、ほとんどキャッシングと同じです。
クレジットカードやキャッシングカード、またはローンカードを利用して、窓口やATMやキャッシュディスペンサーでお金を引き出すことが出来ます。

契約によって上限が決められた金額の中から、自由に何度でも現金を引き出すことができます。
キャッシングと同じように、利用するには審査があります。
利用の仕方については、キャッシングとカードローンで違いはほとんどありません。

カードローン会社では、お急ぎの方は、審査回答が最短30分の「三菱東京UFJ銀行カードローン」やイオン銀行が提供している「イオン銀行カードローン」などがありますので、より詳しく知りたい方は「カードローンとは?」を参考にしてみてください。

キャッシングとカードローンの違いについて

キャッシングとカードローンの違い

頼りになるサービス、とはいっても、借りたお金はいずれ返さなくてはなりません。
返済には利息がつき、借りた金額よりも多めに返す必要があります。

借り方や返し方をきちんと把握していないと、ちょっとしか借りていないのにたくさん返さなくてはいけない、ということも起こりえます。
急場を凌ぐためとはいえ、それはやはり損ですよね。
できれば避けたいことだと思います。

「キャッシング」と「カードローン」の違いを理解し、どちらを利用したほうが自分にとってお得で、損をしないのか、それを知ってもらうことが大切なのです。

キャッシングとカードローン、それぞれの特徴については前述しましたが、両者の一番の違いは、「返済方法」です。

「一括払い」が一般的なキャッシングと違って、カードローンは「分割払い」が一般的です。

分割払い

そのため、キャッシングとカードローンの違いは、「一括払い」と「分割払い」の違いと言えるでしょう。

分割払いの場合は、毎月少額ずつ支払う返済計画を立てます。
一度の返済額が少額になるため、それぞれの負担も少なく、無理なく返済が続けられるという点が分割払いのメリットです。
借入れた金額が大きい場合、一括払いでの返済が困難という場合もあるでしょう。
そういうときには、分割にすることで返済しやすくなります。

ただ、借入れた金額を分割して、細々と支払っていくことになるため、返済完了までの期限は長期になりがちです。
長期の返済になると、利息がその都度加算されるため、一括払いよりも利息分の金額が多くなってしまいます。
そのため、返済完了までに支払う総額が増えてしまいやすいというのが、分割払いのデメリットです。

きちんと毎月支払える金額で、なおかつ利息があまり増えないようなペースで返済が出来るよう、綿密な計画を立てる必要があります。

キャッシング 一括払いが出来るような金額や、一括払いにしたほうが利息を抑えられてお得だ、という場面には、キャッシングが便利です。
カードローン 一括払いが難しいような金額を借入れた場合には、分割払いのカードローンがおすすめです。

どちらの方法にもメリットとデメリットがあり、最適な使い方というのが異なっています。

まとめ

オススメは、キャッシングだけ、カードローンだけという使い方ではなく、その時々に応じて使い分けていく、という方法です。
予め審査を受けておいて、利用枠を用意しておけば、必要なときにいつでも使うことができます。
準備さえしておけば、もう急な出費に困る、というようなこともなくなります。
ぜひご検討ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加