*
  1. ナビナビキャッシング トップ>
  2. キャッシング基礎知識
  3. > クレジットカードのキャッシングとは?利用方法と4つの注意点を徹底解説!

クレジットカードのキャッシングとは?利用方法と4つの注意点を徹底解説!

最終更新日:2018年4月11日

「急な出費で生活費が…」、「買いたい物があるけど手持ちが足りない…」

そんな一時的なお金のピンチの助けとなってくれる便利なサービスが「キャッシング」です。

一般的に「キャッシング」と定義されるサービスはクレジットカードのキャッシング機能と、カードローンを利用したキャッシングの2種類に分かれます。

キャッシングはお金に困ったときに非常に便利なサービスですが、正しい知識を見につけ計画的に利用することが大切です。

キャッシングを賢く安全に使うために是非本記事を参考にしてください。

この記事では、キャッシングの基礎知識や注意点など、お金のプロであるファイナンシャルプランナー(FP)が解説しています。

最短30分、金利0円で借りる方法

急にお金が必要!という状況になり、今日中にお金を用意しなければならないが、今日中に借りられるの?と思っていませんか?

実は、即日融資可能な商品があります。

それが、「アコム」です。審査にかかる時間は最短30分で、即日での振込融資にも対応!

はじめての方なら30日間金利0円サービスが適応されます!

借入可能かどうかすぐに診断!


クレジットカードのキャッシングとは?

クレジットカードのキャッシングとは

クレジットカードのキャッシング機能を簡単にいうと、クレジットカードを使ってお金を借りるサービスのことです。

クレジットカードには、ショッピング機能キャッシング機能という2つの機能があり、それぞれ取り扱いが異なります。

簡単に触れておきましょう。

クレジットカードのショッピング機能とキャッシング機能

ショッピング機能
クレジットカードのショッピング機能は、お店で商品やサービスを購入する際カードを提示することで、現金を支払うことなく決済できるサービスのことです。

購入代金はクレジットカード会社が一旦立て替え、次回の請求日に一括で請求します。

多くの方が想像するクレジットカードの機能は、この「ショッピング」という使い方です。

ショッピング機能

ちなみに、ショッピング機能は原則として一括払いですが、クレジットカードによっては分割払いを選択することもできます。

その場合、分割回数によって所定の手数料が発生します。

クレジットカード決済の仕組みについて詳しく知りたい人は、「クレジットカードの仕組みを理解しよう!決済の流れや気になる疑問を解説!」を参考にしてください。

キャッシング機能
クレジットカードのショッピング機能とは別に、カードを使って「お金を借りる」サービスのことです。

ショッピング機能のように店舗で直接利用することはできません。商品やサービスを購入する前にATMで現金を引き出しておく必要があります。

ショッピング機能のように購入代金の立て替えではなく、現金を借入するサービスです。

キャッシング機能

したがって、借入したお金を生活費や別の支払い等に充てることもできます。

キャッシング機能の付加は任意です。クレジットカード申し込み時に希望しなければ、キャッシング機能を利用することができません。

また、キャッシングにはクレジットカードのキャッシング機能を利用するほかにも、

もあります。

▶消費者金融のキャッシング・銀行カードローンについて知りたい方はこちら

「キャッシングとは ~キャッシングとカードローンの違い~」
「キャッシングとは ~キャッシングとカードローンの違い~」
銀行カードローンとは?
銀行カードローンとは?

キャッシング機能の4つの特徴

クレジットカードのショッピング機能とキャッシング機能について簡単に触れたところで、キャッシング機能についてもう少し踏みこんで解説しましょう。

次は、キャッシング機能の大きな4つの特徴をご紹介します。

特徴1.手持ちのクレカにキャッシング枠があれば、手続きなしで利用可能

クレジットカードを申し込みした際にキャッシング枠を設定していれば、手続きなしでキャッシング機能を利用することができます

この場合、追加の審査を受ける必要はありません。

なぜかというと、手持ちのクレジットカードにキャッシング枠がある場合、クレジットカードを申し込みした時点でキャッシング枠の審査も通過していることになっているからです。

既に審査に通過しているのであれば、再度審査を受けることなく、すぐに利用することができます。

特徴2.ATMがあれば24時間365日いつでも現金を引き出せる

基本的に、ATMではクレジットカードのキャッシング機能を24時間365日いつでも利用することができます。

万が一、「深夜に入院することになって急遽現金が必要」というような場合でも、コンビニATM等を利用してお金を用意することができます。

いざという時の備えとしても有効だといえるでしょう。

ただし、提携ATMの種類によっては、システムメンテナンスなどで利用不可の時間帯があります。

急ぎでキャッシング機能を利用する方はご注意ください。

特徴3.借り入れの限度額はキャッシング枠で決まる

クレジットカードにはショッピングとキャッシングの機能がありますが、それぞれ「利用枠」というものが設けられます。

ショッピングには「ショッピング枠」、キャッシングには「キャッシング枠」が設けられ、利用者はその枠内で自由にサービスを利用することができます。

注意点として、ショッピング枠をキャッシング枠として利用することはできません。したがって、キャッシングできる最大額は、キャッシング枠の限度になります。

この「利用枠」は、クレジットカード会社によって取り扱いが異なります。

例えば、ショッピング枠に加えてキャッシング枠を設けるクレジットカード会社もあれば、ショッピング枠の枠内でキャッシング枠を設けるクレジットカード会社も存在しています。

これらの取り扱いは商品によって異なりますので、クレジットカードキャッシングを利用する際には、事前にチェックしておくと良いでしょう。

特徴4.海外でもキャッシング可能

クレジットカードのキャッシング機能は、海外でも利用することができます。

その際、わざわざ換金する必要はなく、現地の為替レートでキャッシングすることができます。

したがって、場合によっては、換金手数料よりもキャッシング利息のほうが安くつくケースもあります。

海外での換金は大きな手間を要しますので、クレジットカードキャッシングを利用すれば、無駄な手間を省くことができます。

利用方法はカンタン!通常のATM利用とほぼ同じ

利用方法はカンタン!通常のATM利用とほぼ同じ

クレジットカードのキャッシングを利用する方法は、非常にカンタンです。

クレジットカードキャッシングは、所有しているクレジットカードブランドロゴ(VISA、JCB、Masterなど)が記載されているATMで利用することができます。

ATMの具体的な操作手順は下記のとおりです。

  1. クレジットカードブランドロゴの記載を確認するクレジットカードブランド
  2. 「お引き出し」ボタンを押す。
    ※「クレジットカード」のボタンがある場合はそちらを選択します。
  3. 「お借入れ」ボタンを押す
  4. クレジットカードをATM端末に挿入するクレジットカードをATM端末に挿入する
  5. 暗証番号を入力する
    暗証番号を入力する
  6. 希望の取引を選択する。
    (※一回払い、リボ払いなど)
  7. 希望の借入金額を入力する
  8. 現金を受け取り、明細書を受け取る
    現金を受け取り、明細書を受け取る

※クレジットカードにより手順が異なる場合があります。

※希望の取引で「カードローン」「キャッシングサービス」の2つが表示された場合は、次の取扱いになります。

  • カードローン:リボ払い
  • キャッシングサービス:一回払い

このようにクレジットカードのキャッシングは、通常のキャッシュカード操作とさほど変わりませんので、非常にカンタンです。

ただし、クレジットカードのキャッシングはあくまで「借入」ですので、借入した金額をしっかりと把握しておきましょう。

「カードでキャッシングをする方法:キャッシングカードの使い方」では、具体的に楽天銀行の楽天カードを具体例としてコンビにATMで借りる手順と、銀行ATMで借りる手順について解説しています。

ちなみに楽天銀行のクレジットカードは年会費無料でポイント特典も多く、オススメのクレジットカードの一つでもあります。

▶コンビニ・銀行ATMでの借り方の違いを知りたい方はこちら

キャッシングカード
カードでキャッシングをする方法:キャッシングカードの使い方

キャッシングはいくらからできる?キャッシング枠の設定について

キャッシング枠は、最低10万円のところが多くなっています。(一部1万円から設定できるところも存在します)

最低借入金額は、キャッシング業者によって1,000円からか1万円からに分かれます。
必要な分だけを借りるには1,000円単位で借りられる方が有利です。

借入は少しでも少ない金額にした方が支払利息を抑えることができます。

知っておくべき4つの注意点

ここまで触れた通り、クレジットカードキャッシングは非常に便利なサービスです。

もちろん、活用方法によっては、「知っててよかった!」と思えるような場面も多いでしょう。

しかし当然ながら、そんなクレジットカードキャッシングにも注意すべき点があります。

ここからは、クレジットカードキャッシングの4つの注意点に触れていきましょう。

注意点① 金利が18%前後と高めの設定

クレジットカードキャッシングの金利は、多くの場合18%に設定されています。

この水準は他の融資商品より高いため、長期間の利用になると利息がかさんでしまいます。

クレジットカードキャッシングの金利を、消費者金融・銀行系カードローンの金利と比較してみましょう。

下の表は100万円未満の借入時の各社の金利をまとめたものとなります。

100万円未満の借入時の金利比較
種類 企業名・商品名 金利
クレジットカード 楽天カード 18.0%
三井住友VISAカード 18.0%
エポスカード 18.0%
JCB一般カード 15.0%~18.0%
銀行カードローン 三菱UFJ銀行バンクイック 13.6%~14.6%
三井住友銀行カードローン 14.5%
みずほ銀行カードローン 14.0%
楽天銀行スーパーローン 14.5%
消費者金融 アコム 18.0%
アイフル 18.0%
プロミス 17.8%
SMBCモビット 18.0%

銀行カードローンの金利と比較するクレジットカードキャッシングは4%近く高く、臨時的な利用には適しているものの、日常的な利用には不向きと言えるでしょう。

銀行カードローンなら金利が14.5%前後と低め

クレジットカードキャッシングの上限金利は高めで、長期的な借入や日常的な利用には適していません。

しかしながら、「借りたお金をすぐに全額返せない…」と長期的な返済を望む方も中にはいらっしゃるでしょう。

その場合は、クレジットカードキャッシングより金利の低い「カードローン」と呼ばれる融資商品のほうが適しています

カードローンとは、専用のローンカードを発行する個人向け無担保融資商品のことです。

クレジットカードとは違い、借入専用の商品です。

したがって、クレジットカードのショッピング機能のように店舗で直接利用することはできません。

その分、クレジットカードキャッシングよりも低い金利に設定されている商品も存在しており、効率的に利息を節約することができます

中でも、銀行が取り扱うカードローンは上限金利が15%程度と低く、クレジットカードキャッシングと比較すると、利息を節約しやすい水準になっています。

したがって、「長期的にお金を借入・返済したい」という方や、「日常的に融資を受けたい」という方は、銀行カードローンのほうが適しているでしょう。

例えば、三菱UFJ銀行の「バンクイック」は上限金利が14.6%であり、クレジットカードでキャッシングするよりも低金利です。

インターネット申込+テレビ窓口の併用なら融資までが非常にスムーズで、なるべく早く現金を用意しないといけないという方にもおすすめできるカードローンです。

三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行ATMと提携ATMで手数料が無料

三菱UFJ銀行カードローン
みんなの評判
  • 0.0点
実質年率 利用限度額 審査時間 融資スピード
1.8%~14.6% 最大500万円 - -
担保・保証人 お試し診断 パート アルバイト
不要
  • 銀行口座を開設しなくても利用可能!
  • 金利年1.8%~14.6%とお得

カードローンの利用には審査が必要です。審査回答は消費者金融で最短即日~、銀行カードローンで翌営業日~となっていて商品によって異なります。

お急ぎの方は、金利だけでなく審査・融資時間もあわせて確認しましょう。

注意点② 法人向けカード(コーポレートカード)はキャッシング利用できない場合がある

クレジットカードの契約者が法人になっている場合、キャッシングを利用できないケースがあります。

なぜかというと、クレジットカード会社が法人向けカードのキャッシングを可能にすることで、法人向けの融資=事業性資金としての利用という扱いになってしまうからです。事業性資金は、一般的な貸付よりもリスクの高い資金使途です。

したがって、クレジットカード会社から見れば、回収不能に陥るリスクが高くなってしまうのです。

このような理由から、法人向けクレジットカードの場合、キャッシングを利用できない場合があります。

注意点③ 住宅ローンの審査・借入額にマイナスの影響がある

クレジットカードのキャッシング枠は、「クレジットカード会社が貸付可能と判断した金額」になります。

つまり、キャッシング枠が設定されている場合、利用者の意思でいつでも好きな時にお金を借りることができます。

この状態が影響してしまうのが、「住宅ローン」です。

住宅ローンの審査では、利用者の返済能力を精密に審査した上で、借入可能額を計算します。

しかし利用者のクレジットカードにキャッシング枠が設定されている場合、「キャッシング枠で借入されてしまう可能性がある」と判断されてしまい、住宅ローンの借入可能額にマイナスの影響が出る可能性があるのです。

したがって、住宅ローンの利用を検討している方は、利用しないキャッシング枠を削除するなどの対応をおすすめします。

クレジットカードではなく、消費者金融についても住宅ローン利用時は注意が必要となる場合があります。

そちらについては「消費者金融の利用者は住宅ローンの審査が厳しくなるってホント?」で解説しています。

▶消費者金融と住宅ローン審査の関係について知りたい方はこちら

消費者金融の利用者は住宅ローンの審査が厳しくなるってホント
消費者金融の利用者は住宅ローンの審査が厳しくなるってホント

注意点④ キャッシング枠を他人に不正利用されても補償されない

クレジットカードキャッシングを利用する上での注意点として、「不正利用は補償されない」という点があります。

通常、クレジットカードのショッピング機能で他人の不正利用があった場合は補償の対象になり、利用者側の損害はありません。

しかしキャッシングの不正利用に関しては補償の対象外ですので、利用者が損害の責任を負います。

なぜこのような取り扱いになっているのかというと、クレジットカードキャッシングの利用時には必ず「暗証番号」の入力が必要になるからです。

クレジットカードの現物+暗証番号という2つの手順が必要になる以上、不正利用された場合も利用者自身の過失が大きいと判断され、ショッピングのような補償の対象にならないのです。

したがって、使わないキャッシング枠を放置していて不正利用された場合も、高いリスクを負うことになります。

使わないキャッシング枠は利用を停止するなど、リスクを踏まえた対処をおすすめします。

重要!キャッシング前に必ず返済計画を立てること

重要!キャッシング前に必ず返済計画を立てること

クレジットカードキャッシングの返済は、一括払いリボ払い(キャッシングリボ)次の2通りを選択することができます。

それぞれにメリット・デメリットがありますので、簡単に触れておきましょう。

一括払い

一ヶ月内に利用した金額を翌月に一括で請求されます。

この場合、かかる利息額はひと月分になります。

一括での請求ですので、利用する金額が大きくなればなるほど請求額も大きくなりますが、長期的な返済に繋がる心配がありません。

通常のクレジットカードキャッシングでは、一般的な返済方法です。

一括払いのメリット
  • 長期的な返済に陥る心配がない
  • 利息の発生を少額に抑えることができる
一括払いのデメリット
  • 利用した翌月の負担が大きい
  • 返済額を把握しておく必要がある

リボ払い(キャッシングリボ)

利用残高に応じた一定額を返済する方法です。

利用残高に応じた一定額ずつを返済するので毎月の負担も把握しやすく、計画的な返済にも役立ちます。

また場合によっては、毎月の返済額を状況に応じて増額することも可能です。

ただし注意点として、毎月の返済額が一定であることからズルズルと何度も利用してしまいやすく、長期的な返済に繋がる可能性があります。

「コツコツと一定額ずつを返済したい」という方に適した返済方法です。

リボ払い(キャッシングリボ)のメリット
  • 毎月の返済額が一定なので、返済計画を立てやすい
  • ご自身の状況に応じて返済額を増やすこともできる
リボ払い(キャッシングリボ)のデメリット
  • 残高に応じて返済額も減少するので、完済までに時間がかかる
  • 毎月の返済額が一定なので、ズルズルと長期的に利用してしまいやすい

▶リボ払いについて、より詳しく知りたいなら…

キャッシングのリボ払いのメリット・デメリット
キャッシングのリボ払いのメリット・デメリット

一括払いとリボ払い(キャッシングリボ)に適したケース

一括払いとリボ払いには、上記のような特徴があります。

では、どちらを選択すべきか、どのように判断すれば良いのでしょうか。簡単な判断基準を設けると、下記のようになります。

一括払いを選択すべきケース
  • 一括で返済することも十分可能な金額
  • できる限り短期間で完済したい
  • ズルズルと利息が発生するのを避けたい
リボ払いを選択すべきケース
  • 請求金額が高額で、一括払いだと支払いが苦しい
  • 毎月の返済額を一定にしたい
  • コツコツと返済していきたい

上記を参考に、ご自身がどちらに適しているのかを判断してみましょう。

リボ払いに変更した場合のメリット・デメリット

一括払いからリボ払い(リボルビング決済)に変更した場合のメリット・デメリットは下記のとおりです。

<一括払いからリボ払いに変更した場合のメリット・デメリット>

リボ払いに変更した場合のメリット
  • 毎月の負担が定額になるので、計画的に支払いやすくなる
  • 完済までの期間を伸ばすことができる
  • 複数のショッピングに対してまとめて支払いできる
リボ払いに変更した場合のデメリット
  • 一括払いやボーナス払いに比較すると、発生する手数料が高い
  • 元金に対して一定額を支払うので、完済までの期間が長期化しやすい
  • 一定額の支払いで済むため、ついつい使いすぎてしまう

 
一括払いからリボ払いに変更する際の大きなメリットは、「支払いが定額になる」という点でしょう。

毎月の支払いが定額になることで、家計を正確に把握しやすくなります。

計画的な支払いにつながる場合もあります。

対してデメリットは、やはり「手数料が高い」という点でしょう。

通常の一括払いでは手数料が発生しません。

しかし、リボ払いの場合、残高に対しての一定額を手数料として支払う必要があります。

例えば、リボ払いの手数料が年18%のクレジットカードで考えてみましょう。

元金1万円に対して月3,000円ずつ支払った場合、完済までに335円の手数料が発生することになります。

この手数料は元金が大きくなればなるほど高くなります。

場合によっては大きな負担になってしまう可能性もあります。

そのため、利用者にとってはデメリットだといえるでしょう。

このように、一括払いからリボ払いに変更する際にも、メリット・デメリットがあるのです。

利息の計算方法

クレジットカードキャッシングの利息は、以下の計算式で算出します。

利用残高×適用金利÷365×利用した日数

例えば、クレジットカードキャッシングで30万円を金利18%で15日間借入した場合、次のように計算することができます。

30万円×18%÷365×15=2,219円

この場合発生する利息額は2,219円ですので、合計返済額は30万2,219円となります。

キャッシングの利息の計算方法については、「キャッシングの利息の計算方法について」で詳しく解説しています。

▶キャッシングの利息の計算方法について更に詳しく知りたい方はこちら

キャッシングの利息の計算方法について
キャッシングの利息の計算方法について

返済シュミレーションを活用

返済が複数月におよぶ場合は、返済シミュレーションを活用しましょう。返済シミュレーションとは、クレジットカード各社のサイトに設置されている試算ツールのことです。

▶【便利ツール】返済シミュレーション

この試算ツールを活用することで、具体的な返済計画を簡単に試算することができます。

キャッシングを利用する際は、必ず返済計画を立てつつ借入するようにしましょう。

金利18%で10万円借り入れた場合の総返済額

返済期間 月々の返済額 総返済額
1ヶ月
(一括払い)
101,500円 101,500円
(内利息分1,500円)
5ヶ月
(リボ払い)
20,908円 104,540円
(内利息分4,540円)

負担を減らす返済のコツは「一括払い」「繰り上げ返済」!

クレジットカードキャッシングの金利は高く、利息がかさんでしまう傾向にあります。

したがって、上手く返済しなければ、ズルズルと長期間に渡って借入してしまうような事態に陥りかねません。

クレジットカードキャッシングの負担を減らすコツは、次の2点です。

  • リボ払いより一括払いのほうが利息は少ない
  • 完済が可能になった時点で、繰り上げ返済を利用する

リボ払いは非常に活用しやすい返済方法ですが、毎月の返済額が一定であるために、完済までに時間がかかってしまいます。

完済までに時間がかかるということはすなわち、発生する利息も大きくなるということです。

対して一括払いでは、利用日から次回支払い日以上の利息が発生しません。

したがって、「利息負担を少しでも減らしたい」という方は一括払いを選択すると良いでしょう。
(先述のシュミレーション表でも一目瞭然ですね!)

繰り上げ返済とは?

クレジットカード会社によっては、随時の返済を可能とする「繰り上げ返済」を可能としている業者も存在しています。

繰り上げ返済とは、借入額の一部、あるいは全額を毎月の返済とは別に返済する方法を言います。

通常の返済方法では返済額に利息分が含まれていますが、繰り上げ返済をつかうと返済分が全て元金の返済に充てられます。

つまり、繰り上げ返済によって借入期間を短縮することで、発生する利息を削減することができます。

繰り上げ返済が可能なクレジットカードであれば、ATM返済や電話連絡による振込での繰り上げ返済が可能になります。

クレジットカードキャッシングの負担を減らしたい方は、繰り上げ返済を上手く活用するようにしましょう。

クレジットカード会社によっては繰り上げ返済の取り扱いがなく、引き落としやリボ払いのみの返済となっている場合もあります。

しかしながら、利息の発生は日割り計算ですので、繰り上げ返済可能なクレジットカードを選択したほうが、効率的に利息を節約することができます。

これからクレジットカードを申し込みされる方は、繰り上げ返済可能な商品の選択をおすすめします。

返済遅延した場合の対処方法

クレジットカードのキャッシング返済を遅延してしまった場合はどうすればよいのでしょうか。

答えは、まずコールセンターに電話をして返済を遅れたことを謝罪するのが先決です。

1日の遅れでも遅延には違いありません。とにかくこちらから連絡して遅延解消の手続きを相談する必要があります。

残高不足で返済分の引き落としができなかった場合、自動的に翌日以降に再引き落としが掛かる場合もあります。

再引き落としのタイミングに間に合うように入金すれば、一応遅延は解消します。

ただし再引き落としがかかった場合でも、こちらから確認の連絡を入れるのは必須です。

本人からの連絡があったことが記録され、クレジットカード会社の心証も良くなるのです。

遅延解消の方法はクレジットカード会社や状況によって異なります。

必ずコールセンターへ電話をかけ、遅延解消の方法について指示を仰ぐようにしましょう。

なお基本的に返済が遅延した場合、新規のキャッシングは停止となります。

原則、遅延が解消すればキャッシング再開となるでしょう。

しかし遅延の期間によってはすぐに再開とならない場合もあります。

ちなみに短期間の遅延が一度だけならば、大目に見てもらえることが多いです。

しかし短期間の遅延でも何度も繰り返していると利用停止処分になることもあります。

くれぐれも遅延を繰り返さないように気をつけましょう。

返済遅延時の賠償「遅延損害金」

クレジットカードのキャッシングの返済が1日でも遅延すると、ペナルティーとして「遅延損害金」が発生します。

遅延損害金はおおむね年率20%で1日単位の日割り計算で求められます。

クレジットカードのキャッシングは年率18%程度ですから、通常の倍以上の支払いが発生するわけです。

遅れたら利息が倍以上になると考えておけば、だいたい間違いはありません。

たとえば10万円の借入を10日間返済に遅れた場合…
100,000円×20%÷365×10(日)≒548円

よって548円が遅延損害金としてプラスされることになります。

大した事ないと感じるかもしれませんが、これとは別に利息がプラスされるのを忘れてはなりません。

また遅延損害金を払えば全てが許されるわけではありません。

クレジットカードの信用情報に遅延の記録が着いてしまうのです。

この遅延情報は他社でもチェックできますから、最悪の場合他社のカードまで利用停止になる可能性があります。

遅延損害金を払えばOKと考えるのは危険です。

利用時の手数料

キャッシング利用時には、原則として手数料はかかりません。

審査手数料もありませんし、年会費や利用手数料もありません。(クレジットカードの年会費やカード再発行手数料などは除く)借入限度額の変更時も原則無料です。

ただし、ATMでの借入れや返済時に、ATMの利用手数料がかかることがあります。

ATM利用手数料については、キャッシング業者で差が付きやすい部分です。

何度も利用しそうな場合は、ATM利用手数料が無料のキャッシング会社を選ぶようにすると良いでしょう。

キャッシング枠を増額することはできる?

「追加でキャッシングしようと思ったら、融資枠の上限を超えてしまっていた」と困っている人も中にはいるのではないでしょうか。

そんなとき、クレジットカードのキャッシング枠を「増額」することが出来ます。

キャッシングの増額とは?

増額とは追加融資と違い、キャッシングの融資枠自体を大きくすることを指します。

増額は基本的に10万円ずつ行われ、30万円ぐらいまではインターネットで申し込むことができます。

遅延等のトラブルを起こしていない優良な利用者であれば、カード会社のほうから「キャッシング枠の増額」について、電話やメールで案内があります。

いつ連絡がくるかという明確な基準はありませんが、大体半年くらいが目安と考えて良いでしょう。

しかし、50万円超の借り入れの場合、再度収入を証明できる書類(収入証明書)の提出を求められることがありますので注意が必要です。

学生でもキャッシングはできる?

学生であっても20歳以上で、長期アルバイトで安定収入があれば審査を受けることはできます。

しかし、学生がキャッシングを利用するのは決しておすすめはできません。
余程の事情がない限りは、社会人としてしっかりと収入を得るまで利用しないようにしましょう。

学生でもクレジットカードを作りたい!おすすめカード会社ランキング

「学生のクレジットカードキャッシングはおすすめできない」と先述しましたが、クレジットカードをショッピングで利用する分にはメリットもあります。

さらに、学生のうちからクレジットカードの扱いに慣れておいたほうが、社会人になってからもより賢く活用できるようになるでしょう。

ここでは、学生の方におすすめできるクレジットカードをランキング形式でご紹介していきます。

下記の表をご覧ください。

<学生おすすめクレジットカードランキング>
順位 銘柄 メリット
1 楽天カード
  • 還元率が高く、楽天市場でお買い物すればポイントが溜まりやすい
  • 初回入会時にもポイントが付く
  • 電子マネーとしても使える
2 ライフカード(学生専用)
  • 年会費永年無料
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 誕生日月にはポイント還元率が3倍になる
3 エポスカード
  • 年会費永年無料
  • マルイでのお買い物時に特典あり
  • マルイ他、5,000店以上で優待あり

栄えある1位は、学生の方にも人気の高い「楽天カード」です。

楽天カードは還元率が高いことでも有名で、電子マネー機能を併せて利用することができます。

楽天市場でのお買い物が多い方は、ポイントを効率的に貯めることができます。

貯めたポイントは、楽天の関連サービスで利用することができます。

使い勝手は申し分ないでしょう。

学生で、「クレジットカードを作ろうかどうか迷っている」という方は、上記ランキングも参考になさってください。

知られざる魅力!海外旅行に便利な機能「海外キャッシング」

知られざる魅力!海外旅行に便利な機能「海外キャッシング」

クレジットカードキャッシングは、意外なところでも活躍します。

なんと、海外でも利用できるのです。クレジットカードの海外キャッシング機能をご説明していきましょう。

海外キャッシングとは

クレジットカードの海外キャッシングとは、文字のとおり海外でお金を借りることです。

クレジットカードのキャッシングは、なんと海外のATMでも利用できる優れたサービスなのです。

しかも、海外旅行時に手間となる両替を介さず、直接現地の通貨で引き出せるというメリットがあります。

この機能は、知る人ぞ知るクレジットカードの便利な使い方だといえるでしょう。

実際に利用する上での注意点

クレジットカードの海外キャッシングを利用する上での注意点は、「利息」と「為替レート」です。

利息は、キャッシングを利用した際の手数料のようなものです。

クレジットカードキャッシングの金利は高く、長期利用になると利息が高くついてしまう可能性があります。

加えて、海外通貨での利用になりますから、為替レートにも注意しなければなりません。

為替レートは、クレジットカードキャッシングを利用した当日ではなく、カードの利用データが決済センターに到着した日のものが適用されます。

したがって、為替変動リスクがあります。

しかしながら、このような注意点さえ把握しておけば、海外キャッシングは非常に便利な機能です。

特に、海外旅行が多い方は、知っておいて損はないでしょう。

▶【参考】海外旅行での便利なクレジットカード活用法
知って得する!海外旅行でのクレジットカードの使い方

クレジットカードの気になる疑問を解消!

クレジットカードの気になる疑問を解消!

身近で利用しやすいクレジットカードですが、「クレジットカードの現金化とは?」「盗難時はどうしたらいい?」などの疑問をお持ちの方も多いです。

ここでは、クレジットカードの些細な疑問を1つずつ解消していきましょう。

クレジットカード現金化

最初にお断りしておきますが「クレジットカードの現金化」は悪徳業者のたまり場です。

金融庁のウェブサイトでも「買取屋」の名称で、悪徳業者として注意喚起しています。

クレジットカード会社の規約でも厳重に禁止とされています。

もし現金化が発覚した場合は、強烈なペナルティーが課されてしまうのです。

クレジットカードの現金化は、法律的に解釈が分かれる部分もあり「グレー」と言われることもあります。

しかし「限りなくブラック」と考えておいた方が身のためです。

実際に現金化業者が逮捕される事案も発生しています。また国としても取締を強化する流れが見受けられるのです。

またクレジットカード現金化を利用することは、悪徳の片棒を担いでいることになります。

あなた自身がリスクにさらされるだけでなく、悪に力を与えることにもなるのです。

「クレジットカードの現金化」は決して近寄ってはならないパンドラの箱と言えるでしょう。

「クレジットカード現金化は絶対にNG!」という前提で、その手口について続けて解説します。

クレジットカード現金化の手口

実際にどのような手法でクレジットカード現金化が行われるのか見てみましょう。

なぜ現金化が悪徳であるのかがお分かりいただけると思います。

クレジットカード現金化はこうして行われる
  1. 現金化業者が用意した商品をクレジットカードのショッピング枠で購入
  2. すぐさま購入した商品を現金化業者が安値で買い取り(現金が手に入る)
  3. クレジットカードに商品代金の請求がくる(口座引き落とし)
  4. 現金化業者には商品販売代金がクレジットカード会社より入金になる

言葉だけだと少しわかりづらいかもしれませんね。具体的な事例を当てはめてみましょう。

クレジットカード現金化の事例
  1. 現金化業者から10万円のノートパソコンをクレジットカードで購入
  2. 現金化業者がすぐに7万円でノートパソコンを買い戻し(7万円の現金が手に入る)
  3. クレジットカードに10万円の請求がきて口座から引き落とし
  4. 現金化業者に10万円が入金される。(差額の3万円が業者の利益)

※わかりやすく簡略化しています

クレジットカードはショッピング利用後、支払日まで間が空きます。

そのため現金化業者を利用した日からクレジットカードの支払日までは融資を受けたのと同じ効果があるわけです。

しかしクレジットの支払日までは20日~50日程度の期間しかありません。

先ほどのノートパソコンの例で言えば年利360%前後という大変な暴利ということになります。

カードローンの金利が年利18%で高金利と言われるくらいです。

仮に360%ならカードローンの20倍の金利ということになります。

クレジットカード現金化業者が貸金業にあたるのか議論のあるところですが、どれだけ無茶な商売であるか感じられることでしょう。

クレジットカード現金化とクレジットカードキャッシングの違いとは

クレジットカードを使って適切に現金を手にする方法があります。

それはクレジットカードのキャッシング機能を利用することです。

クレジットカードのキャッシングは法律で認められた借入手段です。

現金化と違って安心して利用できます。

ここで2つの借入方法を比較してみましょう。

  クレジットカードキャッシング クレジットカード現金化
適法性 ×(ほぼブラック)
金利(年率) 年18%前後 数百%もありうる
利用ペナルティー なし 発覚時に強制解約、一括支払い
信用情報への影響 悪影響なし 発覚時は即ブラック入り
安全性 ×(悪徳業者が大半)

ひと目見ただけで、クレジットカード現金化がどれだけ危険な存在か感じていただけるでしょう。

クレジットカードのキャッシング金利は決して低金利とは言えません。

しかし現金化は比べ物にならないほど高金利なのです。

クレジットカードを紛失・盗難にあってしまった!

クレジットカードを紛失、盗難にあってしまった場合は、すぐにクレジットカード会社へ連絡を入れ、カードの機能を停止してもらってください。

そうすることで、被害の拡大を防ぐことができます。

先述したように、ショッピング機能を不正利用された場合は、補償の対象になります。したがって、利用者自身が損害を負うことはありません。

対して、キャッシング機能を不正利用された場合は、補償の対象にはなりません。

暗証番号も同時に漏洩してしまっていることから、利用者自身にも過失があると判断されるためです。

クレジットカード会社の連絡先は、基本的にカード裏面に記載されています。

しかし盗難などでカード自体が無くなってしまった場合は、公式ホームページ等から連絡先を調べる必要があります。

紛失の際は、できるかぎり早急にクレジットカード会社へ連絡を入れるようにしましょう。

キャッシングで借りたお金はボーナス一括払いで返済できる?

借入分をボーナス一括払いで返済したい!と考える方もいると思います。

しかし、キャッシングには自動車ローンのようにボーナス一括払いという方法はありません。

前述したように、翌月一括返済かリボ払いが一般的な返済方法となります。

しかし、繰り上げ返済を使って一部もしくは全額返済することは可能ですので、

ボーナスなどによりまとまった資金ができたときは、繰り上げ返済を使ってまとめて返済してしまうことも出来ます。

学生・収入が少ない人でも利用可能かなのか?

無職や収入の少ない人、あるいは学生でもキャッシングが利用できるのか、と疑問を感じる人もいるかと思います。

結論から言うと、条件が合えば少額ならばキャッシングを利用できる可能性があります。

キャッシングの必須条件として、「安定継続した収入」という条件がありますが、

無職の人、例えば専業主婦(主夫)などは配偶者に収入がある場合「配偶者貸付」を利用できる場合があります。

これは例えば専業主婦(主夫)と配偶者の借入の合算で、年収の3分の1まで借りることが可能な制度です。

また学生の場合、親の同意は必須ですが学生専用の「学生ローン」を利用できる場合があります。

学生ローンについて詳しく知りたい人は学生でも融資可能!学生ローンとはを参考にしてください。

またキャッシングやカードローンは無理でも、クレジットカードのキャッシング枠は認められるケースが数多く報告されています。

クレジットカードのキャッシング枠であれば未成年でも審査を受けることができますが、その審査基準は業者によって様々ですのでご注意ください。

セゾンカードのローン・キャッシングでもポイントは得られるの?

結論からいうと、ポイントを得ることはできません。

セゾンカードのキャッシングはポイント発生対象外になっているためです。

セゾンカードのポイントは、キャッシングではなくショッピングの利用代金に対して発生しますので、注意してください。

ちなみに、キャッシングサービスを利用してポイントを貯めたい場合には、「ノーローン」がおすすめです。

ノーローンであれば、貸付後の資金を返済する際、支払った利息額に応じてポイントが貯まります。

貯められるポイントの種類は、「楽天スーパーポイント」「ネットマイル」「Gポイント」の3種類で、利用者の希望に応じて任意選択することができます。

ノーローンは、「お金を借りたときもポイントを貯めたい」という方にピッタリのサービスです。

キャッシングを検討中の方は選択肢に入れておくと良いでしょう。

おすすめのクレジットカード

クレジットカードは非常に多くの種類があります。

サービスの内容はカードによって思いのほか差があるのです。

こちらではおすすめのクレジットカードをまとめて紹介していきます。

JCBカード(ORIGINAL SERIES)

JCBは日本国内で最も加盟店の多いカードブランドとなっています。そのため国内利用であればJCBカードを1枚持っていればほとんど不自由することはないでしょう。

  • 国内では最大の加盟店数を有する日本唯一の国際カードブランド
  • ポイント制度が充実 利用金額に応じて還元率アップ!
  • 楽天市場・ヤフーショッピング・Amazonなど主要通販サイトと連携。ポイント最大20倍などオトクにショッピングが楽しめる
  • ディズニーランド貸切イベントに抽選で招待など魅力のイベントがたくさん!
  • ショッピングガード保険や海外旅行傷害保険など付帯保険が充実
  • キャッシング専用カード「FAITH」を利用すれば、キャシング年利が4.4%~12.5%と低金利!(一般カードは15.0%~18.0%)
楽天カード

国内最大級のインターネットショッピングモールが発行する楽天カード。年会費無料で入会&初回利用時の5,000ポイントプレゼントは大きな魅力。楽天市場ヘビーユーザーなら必携の1枚です。

  • 年会費永年無料!
  • 新規入会で2,000ポイント+カード初回利用で「3,000」ポイント。合計5,000ポイントがもらえる!
  • 楽天市場のショッピング利用でいつでもポイント4倍
  • 楽天スーパセールではさらにポイント還元率アップ!
  • VISA・マスター・JCBから選べるブランド
イオンカード

イオングループの店舗を利用する機会の多い方には断然おすすめのカードです。イオングループのときめきポイントやWAONポイントが貯まります。またお客様感謝デーでの優待などのサービスを受けることも可能です。

  • 毎月20日30日はイオンでのお買物代金5%OFF!
  • ときめきポイントが最大21倍貯まる!
  • イオングループの対象店舗で、ときめきポイントがいつでも2倍!
  • 一定の条件を満たすと無料でゴールドカードにランクアップ
三菱UFJ-VISAカード

VISAは世界一のカードブランドですが、その中でも特におすすめなのが三菱UFJ-VISAカードです。国内のトップバンクである三菱UFJと世界トップブランドのVISAの組み合わせはステイタス性も十分です。。

  • 高いステイタス性を備えていながら年会費無料!
  • 条件を満たすと三菱UFJ銀行のATMが回数無制限で利用手数料無料。提携コンビニATMも3回まで利用手数料無料
  • ネットショッピングで最大25倍のポイントが貯まる「POINT名人.com」を利用可能
  • 最高500万円の海外旅行保険が利用付帯

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違い

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違い

クレジットカードキャッシングと混同されやすい商品が「カードローン」です。

カードローンもクレジットカードキャッシングと同様カードを使って現金を引き出すため、「どちらもそんなに変わらないんでしょ」と思われがちです。

しかしながら、実はそれぞれ大きな違いがあるのです。

クレジットカードキャッシングとカードローンの違いを簡単にまとめてみました。

商品 クレジットカードキャッシング カードローン
金利 高い 低いものもある
限度額 小さい 大きい
返済方法 少ない 多彩
審査タイミング
  • クレジットカードの新規発行時 または
  • キャッシング機能付加を希望した時
新規申し込み時
海外での利用 可能 不可
適した使い方
  • 臨時的に現金を用意する場合
  • 海外でのキャッシングなど
  • 日常的な借入
  • 中長期的な返済

上記をもとに、クレジットカードキャッシングとカードローンの違いを解説していきましょう。

審査のタイミングが異なる

クレジットカードキャッシングとカードローンでは、審査のタイミングが異なります。

クレジットカードキャッシングの場合、新規申し込み時にショッピング枠とキャッシング枠の審査を同時に受けることができます。

また、新規申し込み時にキャッシング枠を設定しなかった場合でも、後からクレジットカード会社へ連絡を入れることで、キャッシング機能を付加することも可能です。

キャッシング枠が設定されているクレジットカードがあれば、再度審査を受けることなくすぐに利用することができます。

対してカードローンの場合、商品自体借入のみの機能ですので、新規申し込み時のみの取り扱いになります。

クレジットカードキャッシングとカードローンの審査タイミングは、このように異なります。

上限金利の水準が異なる

クレジットカードキャッシングの上限金利水準は、18%と高めに設定されています。

対してカードローンは、商品によって10%前半に設定されているものもあり、幅広い商品ラインナップの中から自身に適した金利帯の商品を選択することができます。

借り入れ可能額(限度額)が異なる

クレジットカードキャッシングとカードローンは、限度額の面でも大きく異なります。

クレジットカードキャッシングの限度額は多くの場合100万円以内で、大きな金額の利用には適していません。

対してカードローンは、小さいものでも300万円~500万円と大きな限度額が設定されており、商品によっては1,000万円以上のものも存在しています。

この限度額の違いは、クレジットカードキャッシングとカードローンの大きな違いだといえるでしょう。

ただし、クレジットカードキャッシングもカードローンも、商品自体の融資限度額が全ての人に適用されるわけではなく、審査の結果に応じて個々の限度額が設定されますので注意してください。

基本の返済方法が異なる

クレジットカードキャッシングとカードローンは、返済方法においても大きな違いがあります。

クレジットカードキャッシングの基本的な返済方法は一括なのに対し、カードローンはリボルビング返済が主になっています。

また、返済の利便性ではカードローンのほうが長けており、コンビニATMやインターネットバンキングでの返済など、多彩な返済手段を利用することができます。

返済の利便性は利用者にとっても大きなメリットになりますので、この点もクレジットカードキャッシングとカードローンの大きな違いでしょう。

カードローン審査のポイント

いざキャッシングを利用する際に、審査のポイントは気になるのではないでしょうか。
またできれば審査の甘い業者を利用したいと思われるかもしれません。

こちらでは、

  • 審査でどのようなポイントが重視されるのか
  • また審査の甘い業者はあるのか

について解説します。

キャッシング審査のポイント

キャッシングの審査の最重要ポイントは、ズバリ「借りたお金を返せるか」の一点です。
キャッシング業者としては貸したお金を返してもらえないと大損害なのですから、当然ですね。

具体的にどのような点が審査で重視されるのか、ポイントをチェックしましょう。

キャッシングはここを審査される!重要ポイントをチェック!
審査項目 ポイント解説
安定継続した収入 毎月の安定した収入があるかどうか
他社の借入金額 他社の借入金額を合算して、年収の3分の1以内が条件です(※)
他社の借入件数 他社の借入がすでに3~4件あると、新規借り入れは厳しいです
他社の返済状況 他社返済に2か月以上の遅れがあると、ほぼ審査は通りません
住居状況 持ち家、住宅ローン無しだと、審査にかなり有利です
正直な申込情報 申込情報に嘘があると審査がかなり厳しくなります

※銀行カードローンは年収の3分の1の借入上限規制はありません。しかし、返済能力以上の借入れと判断される場合には、審査ではマイナス評価となります。

「安定継続した収入」は、一部の例外を除いて必須条件です。収入がなければ毎月の返済ができませんから当たり前とも言えるでしょう。

「他社の借入状況」もとても重要視されます。借入「金額」はもちろん借入「件数」が意外なほどに重要視されます。あまり他社借入の件数が多くなると「計画的に利用できていない」とみなされてしまうのです。

また他社の返済に大きな遅れが出ている場合も審査に致命的影響があります。目安としては2か月以上の遅れがあると審査通過が厳しくなるのです。

ここで「他社の借入状況は申告しなければわからないのでは?」と感じる方もいらっしゃるでしょう。

しかし実は他社の借入は、個人信用情報を照会することで全てお見通しになってしまうのです。

特に他社の返済の遅れの情報は、いわゆる「ブラック情報」の一種と考えておいた方が良いでしょう。
※信用情報にはクレジットカードの支払い情報も含まれます。クレジットカードの「ついうっかり」の支払い遅延にも気を付けてください。

他社の借入状況は申込時に自己申告をしなければなりません。この自己申告の情報と個人信用情報にズレがあると「この人は嘘をついている」とみなされてしまいます。

たとえうっかりの申告漏れだとしても、審査に不利になってしまうのです。

その他の申込情報もプロの審査担当者の目でしっかりチェックされます。

審査に通りたいとの思いからの、ちょっとした嘘が審査を台無しにしてしまうこともあります。正直に申告することが、審査通過の最短コースと心得ましょう。

これらのほかにも細かくチェック項目はあります。しかし審査に大きく影響するのは以上に挙げたような項目です。

もちろんキャッシング業者によって多少、審査基準は異なります。ただし、ここで紹介したポイントを重視しないキャッシング業者はありません

審査の甘いキャッシング業者はある?

残念ながら、「審査が甘い」と言い切れるようなキャッシング業者は存在しません。

きちんとしたキャッシング業者であれば、審査もきちんとしているものなのです。

貸したお金が戻らないとキャッシング業者は商売が成り立ちません。そして借りたお金を返せないで困るのは、借り手も同じことが言えます。

お金を返せそうにない人に貸さないのは、むしろ親切であると考えたほうが良いでしょう。

なぜなら、お金を返せなくなった場合のダメージは想像以上に大きなものだからです。

ただし、少しでも審査通過の可能性を高めたいのであれば、「新規契約率」の高い業者を選ぶ方法はあります。

それでも審査が甘いなどということはありませんが、多少は審査に通りやすくなる可能性はあるかもしれません。

はじめての方におすすめのカードローン

はじめての方にオススメのカードローンは、低金利な銀行カードローンか、利息が発生しない無利息期間のついているキャッシングでしょう。

「プロミス」は初めてご利用の方に限り、借り入れから30日間の利息が0円となる「30日間無利息サービス」が付いてます。

また、女性オペレーター専用のダイアルも用意しているので、女性の方も安心して申し込むことができます。収入証明書が不要なので即日融資にも対応しています。

プロミス

当サイト一押し!最短即日融資OK

プロミス
みんなの評判
  • 3.9点
実質年率 利用限度額 審査時間 融資スピード
4.5%~17.8% 最大500万円 最短30分 最短1時間
担保・保証人 お試し診断 パート アルバイト
不要
  • Web契約で最短1時間融資も可能
  • 申し込み、借入、返済24時間OK!

本日中に借入する場合

あと時間
プロミス利用者の口コミ・評判
  • 電話の対応もよく、安心して借りることができました。
  • ATM設置店舗数が多く便利
  • インターネットで手続きできるので大変便利で、対応も迅速で良かったです。

口コミをもっと見る

「三菱UFJ銀行カードローン バンクイック」比較的金利が低く、オススメの銀行カードローンです。

三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行ATMと提携ATMで手数料が無料

三菱UFJ銀行カードローン
みんなの評判
  • 0.0点
実質年率 利用限度額 審査時間 融資スピード
1.8%~14.6% 最大500万円 - -
担保・保証人 お試し診断 パート アルバイト
不要
  • 銀行口座を開設しなくても利用可能!
  • 金利年1.8%~14.6%とお得
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック利用者の口コミ・評判
  • 借入時にはATMが利用できるので、特別な手続きもなく思ったより簡単だった。また、通常の銀行の入出金と見た目が変わらないため、抵抗感が無かった。
  • 銀行系のキャッシングは金利が低いので良い。
  • 手近で負担は感じなかった。

口コミをもっと見る

レイクALSAは、初めての借入であれば30日間無利息、更に5万円までの借入であれば180日間無利息という2つの無利息ローンを持ち合わせています。

5万円以下であれば半年近く無利息で借入することができる点は、レイクALSAの最大のメリットといえるでしょう。

レイクALSA

初めてなら2種類の無利息ローンが選べる!

レイクALSA
みんなの評判
  • 0.0点
実質年率 利用限度額 審査時間 融資スピード
4.5%~18.0% 最大500万円 最短即日 最短即日
担保・保証人 お試し診断 パート アルバイト
不要
  • 24時間お申込みOK!
    審査結果が最短即日でわかる!
  • 提携ATM手数料無料!

本日中に借入する場合

あと時間

キャッシング履歴と住宅ローン審査への影響

キャッシング履歴が住宅ローンの審査に影響を与える、というのは事実です。少なくとも良い影響は一切ありません。

キャッシング利用状況によっては、申し込みを門前払いされてしまう可能性まであります。

ただしキャッシング履歴があるというだけで、審査にはねられるというわけでもありません。

やはりどのようにキャッシングを利用していたのかということが重要です。キャッシングの履歴がどのように影響するのかを簡単にまとめましたので、チェックしておきましょう。

キャッシングの利用状況と住宅ローン審査への影響
キャッシングの利用状況 審査への影響
現在利用中 審査に大きく悪影響 解約が申込条件となる場合も
解約済 臨時資金として利用 審査への影響は比較的軽微
解約済 生活費として利用 審査に大きく悪影響
解約済 延滞履歴あり 審査通過はまず不可能 申込すらできない可能性も

銀行の審査方針や担当者の判断も入りますので、必ずこの通りになるわけではありません。ただし基本的には上記の対応に近いものになると想定されます。

近い将来に住宅ローンを利用する予定がある方は、キャッシング利用を極力控えたほうが賢明です。

また、クレジットカードのキャッシング機能についても同様となります。「リボ払い」もできれば避けたほうが良いでしょう。

まとめ

クレジットカードキャッシングは、いざという時の強い味方です。

その反面、使わないクレジットカードのキャッシング枠を不正利用されたり、住宅ローンの借入限度額に影響したりと、注意すべき点も当然ながらあります。

また、クレジットカードキャッシングは「借入」ですので、必ず誠実に返済しなければなりません。

加えて、クレジットカードキャッシングの金利は全体的に高めですので、長期の借入になりそうな場合は、低金利な銀行カードローンも併せて検討するようにしましょう。

返済計画を立てつつ、無理のないよう利用してください。

最後にもう一度クレジットカードキャッシングのポイントについておさらいです。

  • クレジットカードの“キャッシング機能”を使って手続きなしでお金を借りられる!
  • ATMで通常のキャッシュカード操作と同じ感覚で引き出すことが可能!
  • 金利がやや高めだったり、住宅ローンの審査・借入額にマイナス影響などのデメリットがある
  • 海外旅行時に手間となる両替を介さず、直接現地の通貨でキャッシングすることができる“海外キャッシング機能”が便利!
このエントリーをはてなブックマークに追加

“クレジットカードのキャッシングとは?利用方法と4つの注意点を徹底解説!”に関する関連記事

【2018年度最新版】金融会社ランキングと業者一覧まとめ 続きを見る

【2018年度最新版】金融会社ランキングと業者一覧まとめ

お金に関連するサービスを提供している「金融会社」。金融会社と一言でいっても、各金融機関やノンバンク等の消費者金融、信販会社、銀行まで非常に幅広い業種が含まれます。 この記事をご覧になっているあなたは、このような業種から「・・・

サムネイル画像はありません 続きを見る

クレジットカードの現金化は違法?リスクと安全に現金を手に入れる方法

「すぐにお金を用意しなければならない…でも、手元にクレジットカードしかない」というような場合にインターネットで情報を収集すると、「クレジットカードの現金化」という言葉をしばしば見かけることになります。 多くの方は、「クレ・・・

サムネイル画像はありません 続きを見る

クレジットカードの仕組みを理解しよう!決済の流れや気になる疑問を解説!

ある程度の年齢になると、クレジットカードの存在が身近になってきます。 また、店舗でのPRやポイントカードにクレジット機能が付帯している場合もあり、「ただなんとなくクレジットカードを作った」という方もいらっしゃるかもしれま・・・

サムネイル画像はありません 続きを見る

借入の利用方法・金利を知り、正しくお金を借りよう!

「お金がないから借入しよう・・・。」と、安易に考えるのはとても危険です! いろいろなリスクや自分に合う方法をしっかり考えたうえで、借り入れをするのか判断をすることが大切です。 それでも借入をしたいけれども、どのような借入・・・

FPおすすめローンと審査のコツ 続きを見る

アコム審査をスムーズに通すための徹底解説

テレビCMや、車内広告などでよく見かける消費者金融といえば「アコム」。アコムは利用者からの人気が高く「利用しやすい」「いつでも使える」と多くの層から支持を得ています。しかし、いくら人気が高いと言っても初めて利用する際に不・・・

教育ローンの審査とは 続きを見る

教育ローンの審査とは

ざっくり言うと… 教育ローンには年収など申し込みにあたっての条件があり、また教育ローンの審査はカードローンより審査が厳しいと言われています。 ただし、金利は2~3%程度の水準で借りることが可能なので、教育資金が足りない方・・・