*
  1. ナビナビキャッシング トップ>
  2. キャッシング基礎知識
  3. > クレジットカードの現金化は違法?リスクと安全に現金を手に入れる方法

クレジットカードの現金化は違法?リスクと安全に現金を手に入れる方法

最終更新日:2017年10月2日

「すぐにお金を用意しなければならない…でも、手元にクレジットカードしかない」というような場合にインターネットで情報を収集すると、「クレジットカードの現金化」という言葉をしばしば見かけることになります。

多くの方は、「クレジットカードの現金化ってなんのこと?」「手元のクレジットカードを使ってすぐにお金を用意できるのか」というような疑問を持つでしょう。結論からいえば、クレジットカードを現金化すれば、すぐにお金を得ることは可能です。

しかし実は、クレジットカードの現金化は非常に大きなリスクを含んでいます。この記事では、クレジットカードの現金化で生じるリスクと、安全にお金を用意できる方法を併せて解説します。

クレジットカードの現金化とは?仕組みを解説

クレジットカードの現金化とは、本来商品・サービス等の購入のために利用する「ショッピング枠」を使って、現金を作りだす方法のことです。

クレジットカードには、

  • ショッピング枠
  • キャッシング枠

という2つの利用枠がありますが、キャッシング枠はお金を借りるためのものです。

したがって、ショッピング枠とは異なる審査を受ける必要があります。加えて、基本的にキャッシング枠の利用限度額は極めて小さく、ショッピング枠に比べると活用できる用途が限られてしまうのです。

このような背景から、クレジットカードのショッピング枠を現金化するというニーズが出てくるのです。

クレジットカード現金化の方法には、

  1. クレジットカード現金化の業者を利用する
  2. クレジットカードを使って商品や金券を購入し、現金に換金する

という2つがあります。

それぞれの大まかな流れを解説していきましょう。

クレジットカード現金化の業者を利用する

クレジットカード現金化の業者を利用する場合、下記のような流れで手続きが進められます。

クレジットカード現金化業者利用の流れ

  1. 利用の申し込み
  2. 手持ちのクレジットカードで決済手続き
  3. 指定した口座に現金が振り込まれる
  4. キャッシュバック用の商品が発送される

※商品を購入した後に買取という形で現金化を行う業者も存在しています。

クレジットカード現金化業者の多くは、「商品を購入してもらったキャッシュバック」として現金を振り込みます。この際に購入する商品は低価なもので、あくまでキャッシュバックとしての体裁を保つだけのものです。

クレジットカード現金化業者は上記の流れで素早くショッピング枠を換金する代わりに、振り込みする際には手数料を差し引くようなサービスになっています。

クレジットカードを使って商品や金券を購入し、現金に換金する

業者を利用せず、ご自身で商品や金券を購入し、現金に交換する方法です。大まかな流れは下記のとおりです。

商品や金券を購入し、クレジットカード現金化をする流れ

  1. 換金率(※)の高い商品や金券を見つける
  2. 見つけた商品や金券を必要額分クレジットカードで決済する
  3. 購入した商品や金券を買取店へ持参し、買い取ってもらう
  4. 現金を受け取る

※換金率とは、本来の価値に対してどのくらいの割合でお金に換えられるかを判断するための割合です。金券等は換金率が高いため、クレジットカード現金化に利用されるケースも多いとされています。

ご自身でクレジットカード現金化を行う場合、換金率の高い商品や金券を見つける必要があります。

加えて、必要額が大きければ大きいほど大量に購入しなければならないため、明らかに不自然な購入履歴が残ってしまう場合もあります。

クレジットカードの現金化はこのような流れで行われます。しかし必ず注意していただきたいのが、「クレジットカードの現金化には非常に大きなリスクがある」という点です。

現金化は違法か?

クレジットカードの現金化が違法か合法か、という二択でいえば、違法ではありません。ただし、金融庁やクレジットカード会社が認めているわけではないため、実情としてはグレーゾーンなのです。

ほとんど全てのクレジットカード会社が利用規約で現金化を禁止しています。なぜクレジットカードの現金化を禁止するのかというと、そもそもキャッシング枠とショッピング枠の審査基準が大きく異なるからです。

キャッシング枠は、もともと「お金を貸す」という目的で設けられています。したがって、ショッピング枠とは違い、利用者の他社借入件数、他社の残高、返済状況などを慎重に調査した上で審査の結果を回答します。

対してショッピング枠は、あくまでも利用代金を「立て替える」という目的で設定しますので、キャッシング枠よりも滞納リスクが低いです。したがって、審査結果も寛容な結果になるケースが多いです。

つまり、ショッピング枠を使ってクレジットカードを現金化されると、クレジットカード会社は本来負う必要のない非常に大きなリスクを背負うことになってしまうのです。

このような理由から、クレジットカードの現金化は違法ではないものの、利用規約としてはNG行為に該当するということです。

現金化が発覚した場合の3つのリスク

クレジットカードの現金化が発覚した場合、

  • クレジットカードの強制解約
  • 利用料金の一括返済が求められる
  • 債務整理ができなくなる

という3つのリスクがあります。

いずれも非常に重要なポイントですので、それぞれの要点を解説していきましょう。

クレジットカードの強制解約

クレジットカードの現金化は違法でないものの、ほぼ全てのクレジットカード会社の利用規約内で禁止されている行為です。

したがって、万が一現金化後クレジットカード会社にバレてしまった場合、強制解約になってしまう可能性があります。

当然ながら、強制解約の残高は全て請求されることになりますので、非常に大きなリスクだといえるでしょう。

利用料金の一括返済が求められる

クレジットカードの現金化がバレてしまった場合、クレジットカードを強制解約されてしまう可能性があります。

加えて、強制解約時には分割処理ではなく、一括での返済が求められるケースもあるのです。

お金に困ってショッピング枠を現金化したのにも関わらずその代金を一括請求されてしまっては、元も子もありません。この点も、クレジットカード現金化による大きなリスクです。

債務整理ができなくなる

クレジットカードの現金化で借金を作ってしまった場合、本来の目的とは異なる方法での利用だと判断されます。

したがって、どうしても返済できなくなって債務整理しようとしても、利用規約に反する現金化を行ったことで裁判所の印象が悪くなってしまい、債務整理を認めてもらえない可能性があるのです。

このように、クレジットカードの現金化は非常に大きなリスクを含んでいます。さらに、クレジットカードの現金化を取り扱っている業者が全て良心的とは限りません。

場合によっては、現金化に伴って高額な手数料を請求されたり、現金化したにも関わらずお金が振り込まれなかったりと、悪徳業者や詐欺などの犯罪に巻き込まれてしまうリスクもあるのです。

したがって、クレジットカードの現金化は素早くお金を得られる魅力的な方法ではあるものの、それに伴うリスクが大きすぎるといえるでしょう。

しかし、クレジットカードの現金化を利用できない以上、別の手段でお金を用意しなければなりません。次章では、安全に現金を手に入れる手段をご説明します。

安全に現金を手に入れたいなら断然キャッシングやカードローンがおすすめ!

結論からいうと、安全かつスムーズに現金を手に入れられる手段は限られています。そのような中、現実的な1つの手段として挙がるのが、「キャッシング・カードローン」です。ここでは、キャッシング・カードローンのポイントを解説します。

キャッシング・カードローンとは?

キャッシング・カードローンとは、個人向けの融資商品です。無担保かつ保証人を用意することなく利用でき、資金使途も自由になっています。

したがって、生活費や商品サービスの購入、他支払いの立て替えまで、非常に幅広く活用することができます。

ちなみに、キャッシングとカードローンに大きな違いはありません。従来は、カードローン=利用時にローンカードを発行、キャッシング=ローンカード不要、というような違いがありましたが、現在ではどちらも基本的にローンカードが発行されます。

キャッシング・カードローンを提供している事業者には、

  • 消費者金融
  • 銀行
  • 信販会社

の3通りがあり、それぞれメリットが異なります。

ただし、クレジットカード現金化のようにスピーディに現金を手に入れる場合は、手続きスピードに定評のある、消費者金融キャッシング・カードローン選択したほうが良いでしょう。

ここからは、キャッシング・カードローンの特徴について解説していきます。

自由に借入・返済できる

キャッシング・カードローンの大きな特徴として、自由に借入・返済できるという点があります。キャッシング・カードローンは、契約後に「限度額」というものが個々に設定されます。

限度額とは、キャッシング・カードローン会社が「この金額までは融資可能」と判断した金額のことで、利用者はこの限度額の枠内であれば、自由に借入・返済を繰り返すことができます。

その際、再度審査を受ける必要もありませんので、非常に自由度の高い融資手段だといえるでしょう。このような特徴は、キャッシング・カードローン独自のものとなっています。

即日融資もできる

手続きの素早いキャッシング・カードローンであれば、申し込みした当日に融資を受けることも可能です。

中には、審査に要する時間が最短30分、融資までに1時間以内という商品もあり、「急いでお金を用意したい」という方でも問題なく利用することができます。

手数料が安い

キャッシング・カードローンの手数料は、クレジットカードの現金化よりも低く設定されているケースが多いです。

特に、銀行が取り扱っている商品は手数料(金利)が低く設定されており、不要な利息を節約しつつ現金を用意することができます。

さらに、提携ATMを利用する際の手数料も全て無料となっているキャッシング・カードローンもありますので、より安全かつ便利に活用できるでしょう。

家族・友人にバレずに借りることができる

キャッシング・カードローンの場合、家族や友人にバレずにお金を借入することも可能です。

商品によっては、「無人契約機」が設置されている場合もあり、無人契約機を活用すれば郵送物を一切無くして契約することもできます。

このように利用者のプライバシーに徹底配慮されている点は、キャッシング・カードローンの大きな特徴だといえます。

キャッシング・カードローンで現金を用意するまでの具体的な流れ

では、実際にキャッシング・カードローンで現金を用意するまでには、どのような手順が必要なのでしょうか。

キャッシング・カードローンで現金を用意するための具体的な流れを簡単にまとめると、下記のような手順になります。

キャッシング・カードローンで現金を用意するまでの流れ

  1. 各キャッシング・カードローンの公式ホームページから審査を申し込む
  2. 審査の実施
  3. 在籍確認の実施
  4. 審査結果の連絡が入る
  5. 必要書類の提出、契約手続き
  6. 実際に融資を受ける

※利用する商品によって手順が若干異なる場合があります。

上記のような流れで手続きを進めます。

ここからは、上記の流れで重要となる

  1. 必要書類の準備
  2. 各申し込み方法で審査を申し込む
  3. 契約手続き

についてそれぞれの要点を解説していきましょう。

必要書類の準備

キャッシング・カードローンを利用する際に必要となる書類には、下記のようなものがあります。

キャッシング・カードローンの必要書類

本人確認書類 運転免許証、各健康保険証、パスポート、マイナンバーカードなどいずれか1つ。
収入証明書類(規定額以上の借入を希望する方) 源泉徴収票、所得証明書、確定申告書、税額通知書などいずれか1つ。

※口座の開設を必要とする商品の場合、上記に加えて印鑑が必要となりますのでご注意ください。

基本的に50万円以内の少額融資であれば、本人確認書類のみで借入できるケースが多いです。できる限りスムーズに現金を用意できるよう、必要書類は事前に用意しておきましょう。

各申し込み方法で審査を申し込む

キャッシング・カードローンの申し込み方法には、

  • インターネット
  • 電話
  • 無人契約機
  • 郵送
  • 店頭窓口

などがありますが、利用する商品によって選択できる申し込み方法は異なります。それぞれの簡単な特徴に触れていきましょう。

インターネット

各商品の公式ホームページから審査に申し込みする方法です。待ち時間や混雑等のロスが少なく、スムーズかつ無駄なく申し込みを完了することができます。

また、24時間365日申し込みすることができるため、ご自身の都合の良い時間に利用することができます。

電話

電話で質問に答え、審査を申し込みする方法です。その場で疑問を解決することができるため、インターネットが苦手な方でも利用しやすいでしょう。その反面、時間帯によっては混雑してしまい、申し込み完了までに時間を要する可能性があります。

無人契約機

キャッシング・カードローン会社の中には、自社で無人契約機を設置している商品もあります。無人契約機は、審査の申し込み~ローンカードの発行までを一貫して行うことができます。

加えて、利用可能時間帯も長いため、忙しい方でも問題なく利用することができるでしょう。

ただし、無人契約機は利用できる人数が少ないので、先客がいた場合は待ち時間が発生する可能性があります。

郵送

申込書を郵送することで申し込みできるキャッシング・カードローンもあります。ただし、郵送には日数が必要になってしまうため、お急ぎの方が利用する機会は少ないでしょう。

店頭窓口

店頭でも受付しているキャッシング・カードローンであれば、店頭窓口で申し込みすることもできます。その場でスタッフと相談しながら手続きを進められる点は、他の方法にはないメリットです。

ただし、利用できる時間帯は基本的に平日の限られた時間のみですので、事前に営業時間を調べておく必要があるでしょう。

このように、キャッシング・カードローンはご自身に合った方法で申し込みすることができます。

契約手続き

キャッシング・カードローンの契約手続きは基本的に、

  • 無人契約機
  • 郵送
  • インターネット上

の3通りの方法を利用して行われます。

即日での融資の場合、無人契約機またはインターネット上で契約手続きを進める形になりますので、必ず手元に必要書類を用意しておきましょう。

まとめ

クレジットカードの現金化は、違法ではないものの高いリスクを伴います。

また、万が一現金化がクレジットカード会社にバレてしまった場合、強制解約および一括請求という大きな損失を受ける可能性があります。

したがって、お金に困った場合でも別の方法で現金を用意したほうが、より安全に事態を乗り越えることができます。

しっかりポイントを押さえつつ、できるかぎりリスクの低い方法を利用してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

“クレジットカードの現金化は違法?リスクと安全に現金を手に入れる方法”に関する関連記事

サムネイル画像はありません 続きを見る

クレジットカードの仕組みを理解しよう!決済の流れや気になる疑問を解説!

ある程度の年齢になると、クレジットカードの存在が身近になってきます。 また、店舗でのPRやポイントカードにクレジット機能が付帯している場合もあり、「ただなんとなくクレジットカードを作った」という方もいらっしゃるかもしれま・・・

サムネイル画像はありません 続きを見る

借入するときに知っておきたい!借入方法の特徴・注意点・選び方の全知識

借入をしたいけれども、どのような借入方法を選んだらよいのかわからないという悩みを持つ方もいらっしゃるかもしれません。 借入方法をについて迷っている方は、 借入サービスの種類にはどのようなものがあるか知りたい 借入方法のそ・・・

FPおすすめローンと審査のコツ 続きを見る

アコム審査をスムーズに通すための徹底解説

テレビCMや、車内広告などでよく見かける消費者金融といえば「アコム」。アコムは利用者からの人気が高く「利用しやすい」「いつでも使える」と多くの層から支持を得ています。しかし、いくら人気が高いと言っても初めて利用する際に不・・・

教育ローンの審査とは 続きを見る

教育ローンの審査とは

ざっくり言うと… 教育ローンには年収など申し込みにあたっての条件があり、また教育ローンの審査はカードローンより審査が厳しいと言われています。 ただし、金利は2~3%程度の水準で借りることが可能なので、教育資金が足りない方・・・

個人信用情報って何? 続きを見る

個人信用情報って何?

キャッシングは冠婚葬祭や衝動買いなど突然の出費をフォローするのにとても便利なサービスです。 そんな頼りになるキャッシングですが、使い方を間違えてしまうと個人信用情報にキズが付いてしまい、その後のローンなどの金融サービスの・・・

土日でも審査可能なキャッシング・カードローン 続きを見る

土日でも審査可能なキャッシング・カードローン

キャッシング・カードローンを利用する時は緊急にお金を必要としていることが多く融資までの時間も限られています。 したがって「土日に審査を受けたい!」と思っている方も多いでしょう。 しかし、全てのキャッシング・カードローンが・・・