*
  1. ナビナビキャッシング トップ>
  2. キャッシング大調査
  3. > キャッシングの借入先の選び方について、調査!

キャッシングの借入先の選び方について、調査!

最終更新日:2014年5月23日

キャッシングを利用する時、あなたはどんな基準で借入れ先を選びますか? どうすれば失敗しない借入れ先選びができるのでしょう。あなたにもピッタリ合う会社を見つけていただけるよう、みなさんの利用状況を調査してみました。

Q1. キャッシングやカードローンでお金を借入れした経験は?

img

借入れ経験のある人は全体の26.9%。1年以内に利用した人については全体では10%。性年代別では、20代男性が最も高く14.8%でした。若い人を中心に、キャッシングが身近になってることが見受けられます。また、全体的に女性よりも男性の方が利用率は高い傾向にあるようです。

Q2. 借入れにあたり、重視したポイントは何ですか?

img

重視するのは、やはり「金利」が最も多く28.2%。2番目は「安心感があること」(20.7%)、3番目は「銀行系であること」(16.5%)という結果に。
返済方法等の機能的な利便性はもちろんですが、会社やサービスに対する良いイメージも判断材料になっているようです。「銀行系」については総量規制(借入れの総額を年収等の3分の1までに制限するという法律)の対象外ということもありますが、名前からくる安心のイメージが、重視されているのではないでしょうか。

Q3. どんな会社だと「安心感」を感じられますか?

img【金利】
・金利が低いこと
・利息などの値がはっきりしていること
・金利が妥当で無理な勧誘等がない

 

img【企業規模や知名度】
・名前の通った会社で信用がある場合
・有名な企業が経営していること
・長年の業務実績があるところ
・会社の規模が大きく信頼できる

 

img【銀行系】
・大手銀行系
・銀行系の会社であること
・地域の銀行・普段使っている銀行であること
・メガバンクなど、社会的信頼性があること
・単なるキャッシングローンではなく銀行口座と
タイアップした融資であること

 

「安心感」に関するその他の回答を紹介!

  • スタッフの親身な対応や丁寧な言葉遣いで対応してくれること。
  • 問い合わせなど電話でのサポートがあること。
  • 個人情報の管理がしっかりしていること。
  • 利用経験者からの評判が良いこと。
  • 借り手のためになるアドバイスやガイドがあること。
このエントリーをはてなブックマークに追加

“キャッシングの借入先の選び方について、調査!”に関する関連記事

500万円払えば過去に戻れるとしたら、あなたはどうする? 続きを見る

500万円払えば過去に戻れるとしたら、あなたはどうする?

あの時にこうしておけばよかった、と過去の過ちを悔やむことはありますよね。 それでも今の自分はそういった過去があって成り立っているのだからと皆が納得して生きているわけです。 でももし500万円払って過去に戻れるとしたらどう・・・

恋人に借金を隠しますか?隠しませんか? 続きを見る

恋人に借金を隠しますか?隠しませんか?

最近はキャッシングやカードローンなど気軽に借りられるローンも増えてきましたが、やはりどうしても家族や恋人には言えない、という人も多いですよね。 一方で、恋人同士ならば金銭的な問題もしっかりと教えてほしいというカップルも多・・・

高いと感じる金利はどのくらい!? 続きを見る

高いと感じる金利はどのくらい!?

家や車を購入する時には多くの人がローンを利用しますが、それらには金利が発生します。長期間借り入れる場合には、その分利息も高くなってきますので、できるだけムダがないよう金利の値をよく検討することが重要と言えます。 今回は、・・・

みんなが気になる?借金をしてそうな芸能人は誰? 続きを見る

みんなが気になる?借金をしてそうな芸能人は誰?

テレビを見ていると、芸能人が数百万の買い物をしたなどの景気の良い話や、逆に数千万の借金をしたといった話を聞くことがあります。 やはり華やかな世界ですから、そこで活躍している人はお金使いも荒らそうなイメージがあります。 そ・・・

貯金したい!みんなどうやってお金を貯めてるの? 続きを見る

貯金したい!みんなどうやってお金を貯めてるの?

趣味やプライベートを充実させたい!そう思っている方は、手元にあるお金が少ないとちょっと心配な気持ちになってしまう事もあるのでは? とは言え、実際それに対して皆さんはどんな方法で貯金をしているのでしょうか。 そこで「実践し・・・

人生で最もお金が必要になるのはいつ? 続きを見る

人生で最もお金が必要になるのはいつ?

人生には様々なイベントがありますし、何かしようと思うとお金がかかるものです。 そのお金をどう工面するかという事や、どう工夫して節約するかという事を考えるのもあとからしてみるといい思い出になるのですが、本人達にとっては大変・・・