*
  1. ナビナビキャッシング トップ>
  2. キャッシングお役立ち情報
  3. > お金がないピンチを乗り越える!緊急度別の対処法を徹底解説!

お金がないピンチを乗り越える!緊急度別の対処法を徹底解説!

最終更新日:2017年9月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

「お金がない…!どうしよう…!」と頭を抱えていませんか?ただ、一口に「お金がない」といっても、人によって緊急度は異なります。

例えば、明日の生活すら成り立たない人か、何かサービスや商品を購入するためのお金がない人では、緊急度は異なります。緊急度が異なるということはつまり、それぞれに応じた対処法を選択しなければならないということです。

この記事では、緊急度別に具体的な対処法を解説していきたいと思います。

緊急度別お金がないときの対処法一覧

この記事の大まかな流れとして、緊急度別の対処法を一覧にまとめてみました。まずは、下記の表をご覧ください。

緊急度 場面 対処法
★★★★ 明日の生活すら成り立たない人 国の制度を活用する
法的処置を取る
家族、友人に助けてもらう
★★★☆ 急な出費で今すぐお金が必要な人 消費者金融のキャッシングでお金を借りる
融資の素早い銀行カードローンでお金を借りる
★★☆☆ 今すぐというわけでもないけどお金が欲しい人 必要のないものを売る
短期間で稼げるバイトを見つける
★☆☆☆ お金がない未来を避けたい人 お金の使い方を見直してみる
副業を始めてみる
投資を始めてみる

上記のように、緊急度に応じた対処法をご紹介していきますので、該当する方は参考になさってください。

【緊急度★★★★】明日の生活ですら成り立たない!どうしよう…という人

緊急度の高さでいうと、「明日の生活費すら確保できていない」「支払いの期日が明日で仕事も失い、どこからもお金を借りることはできない」という方が星4つの緊急度に該当します。

ここでは、緊急度が高い方が利用できる対処法をご紹介します。

国の制度を活用する

国の制度には、

  • 生活保護制度…資産や能力等を活用してもなお生活に困窮する方に対し、困窮の程度に応じて健康で文化的な最低限度の生活を保障する
  • 総合支援資金…失業等の事情により、日常生活全般に困難を抱えている方に対して貸付を行い、自立を支援する

などがあり、金銭的な理由で生活が成り立たない方の支援を目的に、社会福祉を実施しています。

これらの制度を利用することで、少なくとも最低限の生活を確保することができます。まずは、管轄の市役所や福祉協議会に相談してみましょう。

法的措置をとる

借金によって生活困難な状態に陥っている場合、最終手段として「債務整理」を検討する必要があります。

債務整理とは、弁護士等の第三者が間に入ることで、借金そのものを減額したり、支払いの期限を延長したりと、借金を返済できるように交渉する手続きのことです。債務整理手続きの種類には、下記のようなものがあります。

任意整理

貸付側と交渉し、金利の引き直しや借金の減額などを実現することによって、利用者が返済できるような返済計画に変更する手続きです。

ただし当然ながら利用者にとって都合の良い条件を必ず実現できるわけではなく、場合によっては交渉決裂になってしまう可能性もあります。

民事再生

借金が返済できない状況にあることを裁判所に認めてもらい、減額された返済額を5年程度の分割で返済していく手続きのことです。

住宅等の資産を残したまま債務を整理することができるため、自己破産よりも私生活への影響が少ないとされています。

自己破産

裁判所に返済できない事実を認めてもらい、全ての借金を免除する手続きのことです。自己破産後には全ての借金がなくなり、人生をリスタートすることができます。

ただし、全ての借金を免除してもらえる代わりに、一定以上の財産は全て処分され、得られた売却費用を借金の返済に充てられます。

債務整理手続きを行うには、専門家の協力が必要不可欠です。まずは、債務整理専門の弁護士に現在の状況を相談してみましょう。

家族、友人に助けてもらう 

どうしても生活が成り立たないような状況に陥ってしまった場合に、家族や友人に助けてもらうのも1つの手段です。もちろん、お金の話を第三者に話すのは勇気が必要です。

しかし誠実かつ真摯に状況を説明し助けを求めれば、支援を受けられる場合もあるでしょう。苦しい状況を一人で抱え込まず、誰かに相談するようにしましょう。

【緊急度★★★☆】急な出費で今すぐにお金が必要な人

明日の生活が成り立たない程ではなくとも、「急な出費で今月の給料が底をついてしまった…」というように、急いで資金を確保しなければならない方もいらっしゃるでしょう。

ここでは、今すぐにお金を用意しなければならない方の対処法をご説明します。

消費者金融のキャッシングでお金を借りる

すぐにお金が必要な場合、やはり有利なのは「消費者金融キャッシング」です。消費者金融のキャッシングは融資スピードに特化しているため、申し込み当日に融資を受けられる可能性が高いです。

また業者によっては、「無利息期間」というサービスを提供しています。このサービスは条件を満たす利用者に対して、一定期間の利息を免除するものです。

多くの消費者金融では、契約日の翌日から30日間を無利息期間としているため、「次の給料日までだけお金を借りたい」というようなケースに活用することで、利息を大幅に節約することができます。

短期間の融資を希望する方は、無利息サービスを最大限活用しましょう。
 

融資の素早い銀行カードローンでお金を借りる

消費者金融には及ばなくとも、銀行が取り扱うカードローンの中にも融資の素早い商品はあります。銀行カードローンは消費者金融キャッシングよりも金利が低く、借入後の利息を節約することができます。

中には、その場でローンカードを発行できる自動契約機を設置している銀行カードローンもありますので、お急ぎの場合はそちらも活用するようにしましょう。

【緊急度★★☆☆】今すぐという訳でもないけどお金が欲しい人

「今すぐお金が必要なわけじゃないけど、お金自体は欲しい」というような方も中にはいらっしゃるのでは?緊急度は高くありませんが、お金に関する準備は早めの行動が重要です。ここでは、緊急度星2つの対処法をご説明しましょう。

必要のないものを売る

すぐにお金になる手段として、家の中の不用品を買取してもらう方法があります。どのような家庭でも、本や家具、ゲームソフトなど不要なものが必ずあるはずです。

不要なものをまとめて売却すれば、少しだけでもお金を得ることができるでしょう。

短期間で稼げるバイトを見つける

今の収入に加え、短期で稼げるバイトを見つけるのも有効な手段です。収入源が増えることで、毎月貯金に回せる金額も大きくなるでしょう。

ただし、正社員とバイトの掛け持ちは副業禁止規定に触れる可能性がありますので、規則を把握した上で働くようにしましょう。

【緊急度★☆☆☆】お金がない未来を避けたい人

「お金がない将来は嫌だ!」という方もいらっしゃるかと思います。もちろん、現状の生活のままで何不自由ない生活レベルであれば問題ないものの、将来のお金は必ず確保しておかなければなりません。

ここでは、お金がない未来を避けるための対処法をご説明します。

お金の使い方を見直してみる

未来のお金を確保する場合に非常に重要なのが、「家計の見直し」です。

なぜかというと、いくら高額な年収を稼いでいたとしても全て浪費してしまっては、未来が真っ暗になってしまうからです。まずは、現状の家計を紙に書き出すところから始めましょう。

紙に書き出すことで、

  • 普段どのようなモノにお金を使っているのか
  • 削れる出費はどれか
  • 見直しにより毎月いくら残せるようになるのか

というポイントを正確に把握することができます。未来のために、現在の家計を見直してみましょう。

副業を始めてみる

場合によっては、副業を始めてみるのも1つの手段です。

現在では、「クラウドソーシング」などインターネット上で仕事を受注できるサービスも充実しており、ご自身さえ行動すれば、副業を始めることも難しくありません。

ただし、副業を始める際は、必ず会社の「就業規則」を確認しておきましょう。就業規則において副業禁止規定が設けられている場合、副業が本職のトラブルに繋がる可能性があります。

トラブルを避けるためにも、事前にチェックしておいてください。

投資を始めてみる

余剰資金を使い、投資を始めてみるのも賢い選択です。今では、FXやIPOなど、少額の元手で投資を始められる商品も非常に豊富です。また、NISAを活用すれば、節税しながら利益を出すことも可能です。

ただし当然ながら、多くの投資商品は元本保証がありません。したがって、まずは本などで基本知識を揃えた上で、余剰金を使って始めるのがベストでしょう。必ずリスクを把握した上でチャレンジしてください。

こんな人は要注意!お金がない人の特徴

あなたの周りにも、「お金がない…」と常々言っている人はいませんか?実は、お金がない人には、共通の特徴があるのです。お金がない人の特徴を簡単にまとめると、下記のような点が挙げられます。

  • ギャンブルが好き
  • 口癖が「お金がない」
  • 周囲の人にお金を借りる癖がついている
  • 高額なお買い物を頻繁に繰り返すなど、浪費癖がある
  • 飲み会が何よりも好きで、毎日飲みに行っている
  • 給料日までの残額を全く把握していない

お金がない人には、「高額な出費を繰り返す癖がある」「お金のことを把握していない」という共通点があります。お金を手元に残すようにするには、ご自身の収支を正確に把握することが必要不可欠です。

心あたりのある方は、まず出費の把握から始めてみましょう。

お金がない彼氏と結婚しても大丈夫?

「彼氏が全くお金を持っていなくて、結婚が考えられない….」などの悩みを持つ女性は意外と多いのではないでしょうか。
お金がない彼氏と結婚する場合、

  • 結婚式を挙げるか挙げないか
  • 借金の有無
  • 結婚後の家計シミュレーション

を必ず結婚前に確認しておきましょう。

これらのポイントを未確認のまま結婚してしまうと、想定外のトラブルに繋がりかねません。将来のためにも、お金の話題はハッキリさせておいたほうが良いでしょう。

ただし、「普段から貯金はしているが、結婚式を挙げるだけの大金がない」というような場合は、ブライダルローンを利用することも可能です。

もちろん、結婚式後にローンを返済していく流れになりますが、返済計画を立てた上で利用すれば、夫婦で希望する時期に結婚式を挙げることも可能でしょう。夫婦で話し合い、将来の家計を想定しておきましょう。

結婚式だけに限らず、全くお金がない彼氏と結婚する場合、

  • 万一の場合に資金が足りなくなる
  • 子どもを産めない可能性がある
  • 結婚式が挙げられない
  • 結婚後も貯金できない

などのリスクがあります。

結婚は、夫婦の生活が基盤になります。したがって、将来の基盤のためにも、必ず相手と話合っておきましょう。

お金がない時を有意義に過ごそう!ケース別対処法

お金がない状況=悪い、というわけではありません。長い人生お金がある時もあれば、お金がない時もあるからです。

しかしながら、お金がない状態で浪費を繰り返していては、将来の資金計画に影響してしまいます。したがって、お金がないときでも有意義に過ごすことが、人生において非常に重要なポイントなのです。

ここでは、お金がない時でも有意義に過ごす方法をご紹介していきましょう。

日々の食事編(節約レシピ等)

お金がないときは、日々の食事にも工夫が必要です。

例えば、牛肉を避けて豚肉を使用するとか、野菜中心の自炊生活にするとか、日々の食事を節約レシピで乗り切るのも有効でしょう。節約レシピを日々工夫してみるのも、楽しいかもしれませんね。

彼女とのデート編(格安で楽しめるデート方法)

「彼女とデートしたいけどお金がない…!」というようなときは、無理に外出せずにお家デートを企画しても良いと思います。DVDをレンタルして楽しんだり、ゲームなどで遊んだりなど、室内でも楽しめる方法を工夫しましょう。

外出する場合は、大きな公園や神社仏閣巡りなど、できるかぎり大きな出費に繋がらないようなデートコースを考案しましょう。

ストレス発散編(お金のかからないストレス発散方法)

お金を使うことで日々のストレスを発散している方、非常に多いです。

しかしそのような状態でお金がなくなってしまっては、ストレスを発散できなくなってしまいます。

そこで、お金がかからないストレス発散法として有効なのが、「体を動かすこと」です。お散歩や筋トレ、マラソンなど、お金をかけずに体を動かす方法はいくらでもあります。まずは、筋トレやお散歩からチャレンジしてみましょう。

お金がなくても幸せに生きるには?

結論からいうと、お金がある=幸せ、というわけではありません。もちろん、人生を生きる上でお金は必要不可欠ですが、お金があればそれだけで幸せになれるわけではないのです。

まずは、ご自身が求める「幸せ」はどのようなものなのか、一度考えてみてください。そして、それを支えてくれる家族や友人などの「当たり前を支えてくれる人たち」にもスポットを当ててみましょう。そのような人達に支えてもらっていることこそ、幸せなのだと思います。

お金がない状態に嘆くよりも手元にある大切なモノを意識したほうが、幸せなのではないでしょうか。普段の当たり前を意識しつつ、お金がなくても得られる幸せを確認してみてください。

まとめ

お金がない状態は、精神的な負担も非常に大きいです。さらに、お金を借入していて返済できない状態なのであれば、さらに大きな負担を抱えていると思います。

しかしながらこの記事でも触れたように、お金の問題には必ず改善策があります。ご自身の現状を把握し、将来に向けて行動していきましょう。

“お金がないピンチを乗り越える!緊急度別の対処法を徹底解説!”に関する関連記事

サムネイル画像はありません 続きを見る

お金が欲しい人必見!収入額別に見る稼げる方法を大解剖!

「お金が欲しい…」という状況になったとき、あなたならどういった行動を取りますか?残業をする、副業を始める、などなど、お金を得られる手段にはさまざまなものがあります。 しかしながら世の中には、「こんな方法で稼げるなんて知ら・・・

サムネイル画像はありません 続きを見る

銀行カードローンを徹底比較!おすすめカードローンを選ぶための全知識

銀行カードローンを借りようと思った時、どのような基準で選んだらよいか迷ってしまう方は多いかもしれません。 自分にあった銀行カードローンを選びたいと思った方は 銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いは何か 総量規制・・・

ビジネスローン低金利ランキング 続きを見る

ビジネスローンの金利を徹底比較!低金利ランキングとFPのおすすめもご紹介

「運営資金が厳しい…でも、銀行や公的融資を受けるほどの余裕がない…」というような場合に、ビジネスローンの利用を検討する方も多いです。 しかし、ビジネスローンには大きなデメリットがあります。 それは、「金利の高さ」です。 ・・・

FPによるビジネスローンランキング 続きを見る

【2017年最新版】FPが厳選!おすすめビジネスローンランキング

「ビジネスローンを利用したいけど、結局どれがいいのかわからない!」という方、非常に多いです。なぜこのようなことが起こるのかというと、ビジネスローンの違いは非常にわかりにくいからです。 しかし実は、それぞれのビジネスローン・・・

ファクタリングとは 続きを見る

ファクタリングとは?経営者として知っておきたい資金調達と注意点

「『ファクタリング』ってよく聞くけど、どんなものなんだろう?」「ファクタリングを活用してみたい」など、資金調達方法の1つとしてファクタリングを検討中の方も多いのではないでしょうか。 ファクタリングとは、資金を回収する方法・・・

【法人で借りたい!】経験豊富なFPがアドバイス!ビジネスローンの活用事例 続きを見る

【法人で借りたい!】経験豊富なFPがアドバイス!ビジネスローンの活用事例

「法人だけど資金繰りが上手くいかない…」と、お悩みの方もなかにはいらっしゃるでしょう。 法人経営者が、融資を急いでいない状態で大きな資金を借りたいのであれば、公的融資や銀行での融資がベストです。 しかし、運転資金を至急用・・・

執筆者情報

K&T FP事務所

K&T FP事務所

はじめまして。当サイトの執筆を担当している「K&T FP事務所」と申します。どうぞよろしくお願いいたします。当サイトにおきまして私は、「読者のライフスタイルに貢献できる具体的な情報を発信する」をモットーに記事を執筆しております。

このエントリーをはてなブックマークに追加