*
  1. ナビナビキャッシング トップ>
  2. キャッシングお役立ち情報
  3. > 主婦でもカードローンでお金を借りられる?

主婦でもカードローンでお金を借りられる?

最終更新日:2017年5月10日

カードローンでお金を借りれるか心配な主婦

家計のやりくりのプロである主婦の方でも、お金の工面に苦労することは多々あるのではないでしょうか。

家計の範囲でまかなうのが最善ですが、状況によっては「お金を借りる」という選択肢をとらざるを得ないこともあるでしょう。

そんな時に便利なのが「カードローン」。お金が必要な時にすぐに借りれるという、大きなメリットのある商品です。

ただ、主婦の方がカードローンを利用するとなると「主婦でも申し込みできるのか」「審査は通るのだろうか」と気になる点は多々あります。

結論から言うと、主婦の方でもお金を借りられるカードローンはあります。
一体どんな商品なら利用できるのか、どのような点に注意して選ぶと良いのかについて解説します。

主婦の方が利用できるカードローンは収入の有無で異なる

主婦の方がご利用できるサービスは、ご自身に収入があるかないかで異なってきます。

カードローンには必ず利用条件が定められており、条件に該当していなければ審査に通ることができません。
この利用条件に

  • 専業主婦の方(配偶者に安定した収入がある場合)
  • パート、アルバイトなど安定した収入のある方

といった記述がされている場合があり、いずれかに該当する主婦の方はカードローンの利用が可能です。

正社員でなくても、パートやアルバイトで安定した収入を得ている主婦の方であれば、利用できるカードローンサービスは多くあります。また、ご自身に収入がなくても、配偶者の方に安定した収入があればOKとしているサービスもあります。

なお、むやみな申し込みは個人信用情報に悪影響を及ぼす可能性がありますので、カードローンを検討する場合は事前に「利用条件」をしっかり確認するようにしましょう。

消費者金融のカードローンは“本人に収入のあること”が条件

収入のない専業主婦の方が利用できるカードローンは一部の銀行カードローンに限られ、消費者金融を利用することはできません

というのも、テレビCMなどでおなじみのアコムなど消費者金融は、次のような申込基準があるためです。

消費者金融 申込基準
アコム 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方
アイフル 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、アイフルの基準を満たす方
プロミス 年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方
モビット 満年齢20歳~69歳の安定した収入のある方(モビットの基準を満たす方)

上述のとおり「本人に安定した収入があるか」が審査ポイントのひとつになるため、収入のない専業主婦の方が消費者金融カードローン・キャッシングを利用することはできません。

なお、専業主婦の方はでも利用可能はカードローンはありますので、次章でご説明します。

銀行カードローンは“配偶者に収入があれば利用可能”な商品も!

先ほどお伝えしたように、専業主婦の方でも利用できるカードローンはあります。それは「銀行カードローン」です。

なぜ利用できるかというと、「本人に収入がなくても、配偶者(夫)に安定した収入があるなら、きちんと返済できるだろう」と銀行が判断するためです。

ただし、すべての銀行カードローンを利用可能というわけではありません。
まずは利用条件に「専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば申し込みができる」と表記してあるサービスを選びましょう。利用条件を読んでも分かりづらい場合は、コールセンターなどのお問合せ窓口で確認すると良いでしょう。

銀行カードローンの注意点として、専業主婦の場合は借入上限金額(限度額)が低めに設定されているケースがあります。カードローン商品として最大限度額500万円を謳っていても、「専業主婦の方は30万円まで」といった制限がありますので注意してください。

パート等で本人に収入のある主婦はほとんどのサービスを利用可能!

パートなどで安定した収入のある主婦の方なら、消費者金融・信販会社・銀行のカードローンなど、ほとんどのサービスを利用できます。ご自身に返済能力があるとみなされるためです。

では、消費者金融のカードローンと銀行カードローンなら、どちらのほうが良いのでしょうか。

融資スピード重視なら消費者金融

一般的に、消費者金融のカードローンのほうが、審査スピード・融資スピードは早いです。そのため、今日中にお金が必要という方などすぐにお金を借りたい人は、消費者金融のカードローンを選ぶと良いでしょう。

補足として、消費者金融や信販会社のカードローンは総量規制の対象で、借りられる金額は年収の3分の1までとなります。例えば、借入可能な金額は、年収が100万円の方なら33万円まで、年収が60万円の方なら20万円までとなります。

金利重視なら銀行カードローン

一方、銀行カードローンなら、消費者金融のカードローンに比べて金利が低くなります。消費者金融が年率18%程度の水準であるのに対し、銀行カードローンは年率14%程度の水準で設定しているところが多いです。

急ぎで資金が必要というわけではなく、また、長期的にカードローンを利用したいと考えている方なら、銀行カードローンのほうが良いでしょう。

まとめ

同じ主婦の方でも、収入があるかないかで利用できるカードローンは異なります。
以下を参考に、ご自身に合ったカードローンを計画的に利用するようにしましょう。

タイプ 利用できるカードローン
専業主婦の方 銀行カードローンのうち、利用条件に「専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば可」といった表記があるもの。
収入のある主婦の方
  • 急ぎでお金が必要な場合:消費者金融
  • 低金利を重視するの場合:銀行カードローン
このエントリーをはてなブックマークに追加

“主婦でもカードローンでお金を借りられる?”に関する関連記事

電卓 続きを見る

お金が欲しい人必見!収入額別に見る稼げる方法を大解剖!

「お金が欲しい…」という状況になったとき、あなたならどういった行動を取りますか? 残業をする、副業を始める、などなど、お金を得られる手段にはさまざまなものがあります。 しかしながら世の中には、「こんな方法で稼げるなんて知・・・

「お金がない・・・💸」30代独身OLの嘆き。赤裸々な出費とお金の管理法 続きを見る

「お金がない・・・💸」30代独身OLの嘆き。赤裸々な出費とお金の管理法

同僚にランチを奢ってもらう給料日前の話 内藤夢美(ゆめみ)、30歳独身。 友達が次々に結婚・出産していくから焦りもあるけど、自分の時間をそれなりに楽しんでいる。 でも、ひとつだけ、将来への不安がある。それは、仲の良い同僚・・・

銀行カードローンを徹底比較!おすすめカードローンを選ぶための全知識 続きを見る

銀行カードローンを徹底比較!おすすめカードローンを選ぶための全知識

銀行カードローンを借りようと思った時、 どのような基準で選んだらよいか迷ってしまう方は多いかもしれません。 自分にあった銀行カードローンを選びたいと思った方は、 銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いは何か 総量・・・

ファクタリングとは 続きを見る

ファクタリングとは?経営者として知っておきたい資金調達と注意点

「『ファクタリング』ってよく聞くけど、どんなものなんだろう?」「ファクタリングを活用してみたい」など、資金調達方法の1つとしてファクタリングを検討中の方も多いのではないでしょうか。 ファクタリングとは、資金を回収する方法・・・

結婚にかかるお金とブライダルローンの利用 続きを見る

結婚にかかるお金とブライダルローンの利用

結婚は一生に一度…とは限りませんが、基本的には一生に一度の方が圧倒的に多く、結婚式を特別で盛大なイベントにしたいとみなさん思っていることでしょう。主役とも言うべき新婦になる女性は、特に悔いがないようにしたいと思っているこ・・・

303 続きを見る

消費者金融に関する法律

消費者金融などからのお金の借入は金銭消費貸借と呼ばれる法律上の契約行為になります。そのため、お金の借り入れにはいくつかの法律が関係することになります。どういった法律が関係するかを知っておけば、いざという時のトラブルにも対・・・