*
  1. ナビナビキャッシング トップ>
  2. キャッシングお役立ち情報
  3. > 【ビジネスローン審査が不安な方へ】FPおすすめローンと審査のコツ・注意点

【ビジネスローン審査が不安な方へ】FPおすすめローンと審査のコツ・注意点

最終更新日:2017年7月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

FPおすすめローンと審査のコツビジネスローンを検討している方の中には、「審査に通りやすいビジネスローンはどれなんだろう…」とお悩みの方も多いでしょう。ビジネスローンはそれぞれ独自の基準で審査が行われており、その基準も明らかではありません。

「審査に通りやすいビジネスローンを利用したい」と考える方がいるのも無理はないでしょう。しかし、「審査の通りやすさ」とはどのように判断すればいいのでしょうか?

ここでは、ビジネスローン審査のコツと注意点を解説します。

【FP解説】ビジネスローンによって審査の甘さに違いはある?

ビジネスローンの審査は商品によって独自の基準で行われていて、審査の難易度には違いがあります。

ただし、それを「○○の審査は甘い」ということではなく、「審査で重視されるポイントが異なる」と捉えてください。つまり、審査が甘いと感じるかどうかは、あくまで個人差だということです。

加えて、基本的にビジネスローンは審査通過率を公表していないので、一概にどこが甘くどこが厳しいと断定することはできません。ただし、「審査に求められる条件の少なさ」を見分ける方法が1つあります。

それが「必要書類」です。提出しなくてはならない事業関連の必要書類が少ないビジネスローンは、審査に求められる条件が厳しくないと考えられるのです。

例えば、ビジネスローンの中には「事業計画書」と「資金計画書」のどちらも提出を必要とするものもあります。

逆に、事業実態の証拠となり得る書類(事業実態疎明書類)だけで審査を受けられるビジネスローンも存在しているのです。当然、後者のほうが審査に求められる条件は少ないと判断できるでしょう。

加えて、ビジネスローン審査の難易度は、融資限度額が影響するケースもあります。分かりやすく言えば、融資限度額300万円のビジネスローンよりも、融資限度額1,000万円のビジネスローンのほうが、審査内容は厳しくなるケースが多いということです。ただし、これも商品によって異なります。

このように、ビジネスローン審査の甘さに違いがあるというよりも、「重視される条件が商品によって異なる」ということなのです。

審査通過率が高いおすすめビジネスローンランキング

先述したように、ほとんどのビジネスローンは審査通過率を公表していませんので、明確な基準で断定することはできません。

ただし、必要書類や限度額から、「審査に求められる条件の少ないビジネスローン」を想定することはできます。ここではこれらの条件から、おすすめのビジネスローンをランキング形式でご紹介しましょう。

順位 ビジネスローン商品名称
1位 プロミス自営者カードローン
2位 オリックスVIPローンカードBUSINESS
3位 ビジネクスト

1位は、「プロミス自営者カードローン」です。このビジネスローンの特徴は、「審査の早さ」と「必要書類の少なさ」です。

多くのビジネスローンが即日融資不可なのに対し、プロミス自営者カードローンは即日融資も可能です。加えて、事業関連の必要書類として営業許可証や受注書などが利用できるため、用意に手間がかかりません。

プライベート資金にも活用できますので、申し込みやすく利用しやすいビジネスローンだといえます。ただし、融資限度額が300万円までと少なめですので、300万円を超える融資を希望する方は他のビジネスローンを選択してください。

2位は「オリックスVIPローンカードBUSINESS」です。オリックスVIPローンカードBUSINESSは、個人事業主に加えて法人格を持つ事業の代表者でも活用可能で、即日振込融資にも対応できることから人気の高い商品です。

限度額は500万円までですので、少し大きめの事業資金ニーズにも対応できるでしょう。ただし、提出する書類の要件は、プロミス自営者カードローンよりも少し多めとなっています。

3位は、ビジネスローン業界で有名な「ビジネクスト」です。最大限度額が1,000万円までなので、大きな事業資金ニーズにも対応することができます。

法人も利用可能で、申込条件は比較的広いといえるでしょう。ただし、審査から融資まで3日程度要しますので、あらかじめ早めに申し込む必要があります。

ここでおすすめしたビジネスローンは、いずれも活用しやすい商品となっています。明確な資金計画を立てて、計画的に利用してください。

FPが教える審査を通りやすくするコツと注意点

ビジネスローンで重視されるポイント

ビジネスローンの審査では、大きく分けて3つのポイントが重視されます。

  1. 利用者の信用情報に問題はないか
  2. 提出書類に不備がないか
  3. 事業の実績・将来性・資金計画に問題はないか

それぞれ簡単に触れておきましょう。

1.利用者の信用情報に問題はないか

信用情報には、クレジットカードの契約内容やキャッシングの利用履歴など、さまざまな情報が記載されています。この信用情報に延滞履歴や債務整理履歴などが記載されていた場合、ビジネスローンの審査に通る確率が格段に低くなります。

特に、ビジネスローンは融資額が大きくなる傾向がありますので、信用情報にネガティブな情報が記載されているだけで審査が否決される場合もあるのです。

2.提出書類に不備がないか

ビジネスローンの場合、必要書類の内容も審査されます。この必要書類に不備があったり、ごまかした数値が記入されていたりすると、審査に通らない可能性があります。

特に、赤字計上しているような事業では、提出書類の審査が厳しくなる傾向がありますので、必要書類は慎重に準備する必要があるでしょう。

3.事業の実績・将来資金計画に問題はないか

事業実績が赤字なのであれば、融資を受けにくくなるのは当然のことです。さらに、審査結果は事業の将来性や資金計画も踏まえて判断される場合があります。

例えば、現状の実績が順調だったとしても、明らかに資金計画の難航が予測できたり、今後の見通しが著しく悪かったりする場合は、審査に落ちてしまうケースもあるということです。

この3点は非常に重要なポイントです。逆に言えば、これら3つのポイントに問題がなければ、ビジネスローンの審査に通過できる可能性は高いということです。では、ビジネスローン審査のコツをまとめましょう。

ビジネスローン審査に通過するコツ

  1. できる限り必要書類の用意に手間取らない商品を選択する
  2. クレジットカード、カードローンなどを滞納しない
  3. 提出書類に不備がないか、事前にしっかり確認する
  4. 事業計画書は、今後の見通しを考慮しつつ作成する

これらのコツをしっかり押さえることができれば、ビジネスローンの審査を通過できる可能性は高くなるでしょう。必ずチェックしておいてください。

審査に落ちた場合の対処法

ビジネスローンに落ちてしまった場合、別のビジネスローンの審査を受けてみるのも手です。ただし、短期間にたくさんのビジネスローンに申し込んだ場合、「金策に走っている。経済状態に問題があるかもしれない…」と捉えられてしまって、より審査に通らなくなる可能性があります。

別のビジネスローンの審査を受ける場合は、半年以上の期間を空けてから申し込みしたほうがいいでしょう。加えて、必要書類の内容に問題があって審査に通らなかったという可能性もありますので、念のため、再度必要書類を確認しておいてください。

まとめ

ビジネスローンの審査内容は商品によって異なり、それぞれ独自の基準で行われます。とはいっても、共通して大事な部分も存在します。本記事でご紹介した審査通過の4つのコツを押さえてしっかり準備し、万全の状態で審査を受けましょう。

なお、「短期間にいくつもビジネスローンに申し込む」行為は意外とやりがちです。資金調達に焦ってやってしまわないように注意して下さい。

ECショップ運営者や飲食店経営者の方におすすめ!
最大融資額300万円までのスモールビジネスローン「LENDY」。
オンライン完結の新しい便利なサービスが登場しました!


オンラインで完結するスモールビジネスローン


▶LENDYの4つのうれしい特徴

  • カンタン!面倒な書類作成不要、最短5分で借入可能額が分かる
  • スマホやPCで、24時間いつでも手続き可能
  • POSレジや売上データなどのオンラインデータとの連携で借入可能額が決定
  • 借入まで最短翌営業日とスピーディーな資金調達を実現

しかも!
一度審査が完了すれば、その後いつでも借入可能。
繁忙期や将来の運転資金確保にも活躍します!


■便利な無料サービス「LENDY」アカウント開設はこちらから■

“【ビジネスローン審査が不安な方へ】FPおすすめローンと審査のコツ・注意点”に関する関連記事

サムネイル画像はありません 続きを見る

お金が欲しい人必見!収入額別に見る稼げる方法を大解剖!

「お金が欲しい…」という状況になったとき、あなたならどういった行動を取りますか?残業をする、副業を始める、などなど、お金を得られる手段にはさまざまなものがあります。 しかしながら世の中には、「こんな方法で稼げるなんて知ら・・・

サムネイル画像はありません 続きを見る

お金がないピンチを乗り越える!緊急度別の対処法を徹底解説!

「お金がない…!どうしよう…!」と頭を抱えていませんか?ただ、一口に「お金がない」といっても、人によって緊急度は異なります。 例えば、明日の生活すら成り立たない人か、何かサービスや商品を購入するためのお金がない人では、緊・・・

サムネイル画像はありません 続きを見る

銀行カードローンを徹底比較!おすすめカードローンを選ぶための全知識

銀行カードローンを借りようと思った時、どのような基準で選んだらよいか迷ってしまう方は多いかもしれません。 自分にあった銀行カードローンを選びたいと思った方は 銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いは何か 総量規制・・・

ビジネスローン低金利ランキング 続きを見る

ビジネスローンの金利を徹底比較!低金利ランキングとFPのおすすめもご紹介

「運営資金が厳しい…でも、銀行や公的融資を受けるほどの余裕がない…」というような場合に、ビジネスローンの利用を検討する方も多いです。 しかし、ビジネスローンには大きなデメリットがあります。 それは、「金利の高さ」です。 ・・・

FPによるビジネスローンランキング 続きを見る

【2017年最新版】FPが厳選!おすすめビジネスローンランキング

「ビジネスローンを利用したいけど、結局どれがいいのかわからない!」という方、非常に多いです。なぜこのようなことが起こるのかというと、ビジネスローンの違いは非常にわかりにくいからです。 しかし実は、それぞれのビジネスローン・・・

ファクタリングとは 続きを見る

ファクタリングとは?経営者として知っておきたい資金調達と注意点

「『ファクタリング』ってよく聞くけど、どんなものなんだろう?」「ファクタリングを活用してみたい」など、資金調達方法の1つとしてファクタリングを検討中の方も多いのではないでしょうか。 ファクタリングとは、資金を回収する方法・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加