*
  1. ナビナビキャッシング トップ>
  2. キャッシングお役立ち情報
  3. > 【法人で借りたい!】経験豊富なFPがアドバイス!ビジネスローンの活用事例

【法人で借りたい!】経験豊富なFPがアドバイス!ビジネスローンの活用事例

最終更新日:2017年7月7日

【法人で借りたい!】経験豊富なFPがアドバイス!ビジネスローンの活用事例「法人だけど資金繰りが上手くいかない…」と、お悩みの方もなかにはいらっしゃるでしょう。

法人経営者が、融資を急いでいない状態で大きな資金を借りたいのであれば、公的融資や銀行での融資がベストです。

しかし、運転資金を至急用意しなければならなかったり、当月中の支払いに資金を充てたりするような場合は、公的融資や銀行融資では時間が間に合いません。

このように、一時的な資金を至急用意する場合に便利なのが、「ビジネスローン」です。ここでは、実際の事例をもとに、FPがビジネスローンの活用方法を解説します。

相談主Aさんの相談内容と状況

法人が資金を用意する方法として、公的融資や銀行からの融資がよく利用されています。これらの融資方法は金利が低く、大きな金額を借入することができます。

しかしそのデメリットとして、「融資までの時間が遅い」という点があるのです。これらの融資の目安時間としては、おおよそ1ヶ月程度となっています。

したがって、当月末に支払いがあるような場合や、至急運転資金を用意しなければならないような場合には、ビジネスローンが適しているといえます。

ここでは、実際の活用事例をもとに解説していきましょう。

相談主Aさんのプロフィール

  • 法人
  • 年商2,000万円
  • 法人4期目
  • 給与支払分として220万円の資金を12日後に用意する必要がある
  • 事業は順調

相談主Aさんの相談内容

Aさんは、法人4期目の経営者として、事業を行っていました。事業そのものは順調で、前期の年商は2,000万円前後となっています。

事業が順調だったので、事業拡大のため新たに10人の社員を雇用し、毎月の給与支払費が320万円に膨らみました。

「今のままなら大丈夫だろう」と判断したAさんの予想に反し、取引先企業から自社への支払いが1ヶ月遅延する事態に陥ります。支払いが遅延した金額は1,000万円です。

少し無理をして社員を雇用してしまったため、取引先企業の支払いよりも先に、給与分の320万円を用意しなければならなくなりました。

取り急ぎキャッシュで100万円を用意したのはいいものの、残りの220万円を何らかの手段で用意する必要があります。

給与の支払い日まで12日間しかなく、焦ったAさんはアドバイスを求めFPに相談したのでした。

相談主Aさんの状況まとめ

  • 支払日まで残り12日間
  • 給与支払い分として、220万円の資金が足りない
  • 次月には1,000万円の資金を回収できる予定

上記の状況から、FPのアドバイスを含めて考え方のポイントを解説します。

FPのアドバイス!考え方のポイントとは

FPのアドバイスは下記のような内容です。

FPのアドバイス

  1. 給与の支払いを待ってもらえないか、従業員と交渉する
  2. 売却可能な資産があれば、それらを売却し支払いに充てる
  3. 取引先と債務確認書を取り交わしたうえで、ビジネスローンを利用し支払い日までの資金を確保する

上記アドバイスのポイントは、

  • 従業員と交渉するのは信用低下リスクがあるため、経営者の判断による
  • リスクの低い解決策を優先的に検討すること
  • ビジネスローンを利用したとしても、1ヶ月未満の短期融資となる可能性が高い
  • 取引先企業との間で「債務確認書」を取り交わし、支払いがさらに遅延しないよう対策する

という考えのもと、アドバイスされたポイントです。

相談主Aさんからは、「従業員への支払い日交渉は避けたい」との意見があり、売却可能な資産も無かったことから、ビジネスローンの利用を決定しました。

FPがおすすめしたビジネスローンと申込方法

相談主Aさんはビジネスローン経験者ではなく、「どの商品を利用すればいいのかわからない」という状態でした。

したがって、Aさんの条件に合ったビジネスローンを2つに絞り、その中から選択する形で利用する商品を決定しました。

検討したビジネスローンは、下記の2つです。

  • オリックスVIPローンカード BUSINESS
  • ビジネクスト

上記のうち、今後の資金繰りに活用する可能性を含めAさんが選択したのは、「ビジネクスト」です。ビジネクストの商品詳細は下記のとおりです。

ビジネクスト商品詳細
金利 ・限度額100万円未満
13.0%~18.0%
・限度額100万円以上
8.0%~15.0%
融資限度額 1,000万円
対象 ・年齢20歳以上69歳以下まで
・法人または個人事業主の方
融資までの時間 最短3日程度
必要な書類 【法人】
<代表者本人を確認できる書類>
運転免許証、パスポートなど
<事業内容に関する書類>
登記事項証明書(商業登記簿謄本)、決算書原則2期分など【個人事業主】
<本人を確認できる書類>
運転免許証、パスポートなど
<収入証明書類>
確定申告書原則2年分など
申込方法 1.インターネット
2.電話
3.FAX
4.郵送
商品の特徴 限度額が大きく、多用途に活用しやすい。即日融資は不可。

Aさんがビジネクストを選択した理由は、

  • 限度額が大きく、今回の事例以外でも活用しやすい
  • 支払い日まで12日間となっており、即日融資を希望していなかった

という2つがあります。

ビジネクストは、融資限度額が1,000万円と大きく、法人でも利用可能なビジネスローンです。

比較対象となった「オリックスVIPローンカード BUSINESS」は審査スピードが早く、利便性の高い商品ではあるものの、限度額が500万円と小さめです。

Aさんは、今回の事例だけでなく、「ビジネスローンを今後も活用したい」と希望していたため、ビジネクストのほうが適しているという検討結果になりました。

ビジネスローン申込時に困ったこと・トラブル

ビジネクストの申込時に困ったことは、

  • 申込日が土曜日だったため、審査申込完了に時間がかかった
  • 申込書類の「登記事項証明書」の用意に時間を要した

という2つです。

ビジネクストは、インターネットからいつでも申込可能なビジネスローンですが、土日は営業時間外となり、翌営業日の申込完了となります。

つまり、今回のケースは、目安とされている3日程度の審査日数では結果が出ず、融資までに5日間要してしまいました。

ビジネクストを検討中の方は、土日を除く営業日数で融資までの時間を計算するようにしましょう。

また、法人がビジネクストを申込する場合、「登記事項証明書」を提出する必要があります。登記事項証明書は法務局で即日発行できるものの、お近くに法務局がない場合は、オンラインで申請し書類を郵送してもらう必要があります。

つまり、書類を用意するのに、郵送含め3日程度必要となってしまうのです。Aさんのケースでは融資までの日数に余裕があったため、大きな問題にはなりませんでしたが、融資をお急ぎの方であれば特に注意する必要があるでしょう。

ビジネスローンの審査結果

無事申込を完了したAさんの審査結果は、「金利12%、限度額400万円まで融資可能」となりました。

Aさんは早速220万円の資金をビジネクストで借入し、給与の支払いを無事完了することができました。

次月、取引先企業から1,000万円の資金を回収できたため、借入から22日後に完済しました。かかった利息は、15,912円でした。

FPからひとこと

今回のケースでは、リスクの低い手段から検討し、結果としてビジネスローンを利用する形になりました。しかし、もしAさんの状況が時間に余裕のある状態だったとすれば、公的融資もしくは銀行融資で資金調達したほうがいいでしょう。

ビジネスローンは非常に便利な融資手段ですが、全体的に金利が高いため、長期間借入してしまうと膨らんだ利息が大きな負担となる場合があります。

また、今回のケースでは、登記事項証明書の用意に時間がかかってしまうトラブルがありました。

ビジネスローンを利用する際は、必要書類の詳細を事前に確認したうえで、早めに用意するようにしましょう。

まとめ

ビジネスローンは、活用方法次第で非常に便利な資金調達手段となりますが、支払い利息は高めです。

事前に返済シミュレーションを行ったうえで、可能な限り短期間で完済するようにしましょう。

ECショップ運営者や飲食店経営者の方におすすめ!
最大融資額300万円までのスモールビジネスローン「LENDY」。
オンライン完結の新しい便利なサービスが登場しました!


オンラインで完結するスモールビジネスローン


▶LENDYの4つのうれしい特徴

  • カンタン!面倒な書類作成不要、最短5分で借入可能額が分かる
  • スマホやPCで、24時間いつでも手続き可能
  • POSレジや売上データなどのオンラインデータとの連携で借入可能額が決定
  • 借入まで最短翌営業日とスピーディーな資金調達を実現

しかも!
一度審査が完了すれば、その後いつでも借入可能。
繁忙期や将来の運転資金確保にも活躍します!


■便利な無料サービス「LENDY」アカウント開設はこちらから■

このエントリーをはてなブックマークに追加

“【法人で借りたい!】経験豊富なFPがアドバイス!ビジネスローンの活用事例”に関する関連記事

お金が欲しい人必見!収入額別に見る稼げる方法を大解剖! 続きを見る

お金が欲しい人必見!収入額別に見る稼げる方法を大解剖!

「お金が欲しい…」という状況になったとき、あなたならどういった行動を取りますか? 残業をする、副業を始める、などなど、お金を得られる手段にはさまざまなものがあります。 しかしながら世の中には、「こんな方法で稼げるなんて知・・・

「お金がない・・・💸」30代独身OLの嘆き。赤裸々な出費とお金の管理法 続きを見る

「お金がない・・・💸」30代独身OLの嘆き。赤裸々な出費とお金の管理法

同僚にランチを奢ってもらう給料日前の話 内藤夢美(ゆめみ)、30歳独身。 友達が次々に結婚・出産していくから焦りもあるけど、自分の時間をそれなりに楽しんでいる。 でも、ひとつだけ、将来への不安がある。それは、仲の良い同僚・・・

銀行カードローンを徹底比較!おすすめカードローンを選ぶための全知識 続きを見る

銀行カードローンを徹底比較!おすすめカードローンを選ぶための全知識

銀行カードローンを借りようと思った時、 どのような基準で選んだらよいか迷ってしまう方は多いかもしれません。 自分にあった銀行カードローンを選びたいと思った方は、 銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いは何か 総量・・・

ビジネスローン低金利ランキング 続きを見る

ビジネスローンの金利を徹底比較!低金利ランキングとFPのおすすめもご紹介

「運営資金が厳しい…でも、銀行や公的融資を受けるほどの余裕がない…」というような場合に、ビジネスローンの利用を検討する方も多いです。 しかし、ビジネスローンには大きなデメリットがあります。 それは、「金利の高さ」です。 ・・・

FPによるビジネスローンランキング 続きを見る

【2017年最新版】FPが厳選!おすすめビジネスローンランキング

「ビジネスローンを利用したいけど、結局どれがいいのかわからない!」という方、非常に多いです。なぜこのようなことが起こるのかというと、ビジネスローンの違いは非常にわかりにくいからです。 しかし実は、それぞれのビジネスローン・・・

ファクタリングとは 続きを見る

ファクタリングとは?経営者として知っておきたい資金調達と注意点

「『ファクタリング』ってよく聞くけど、どんなものなんだろう?」「ファクタリングを活用してみたい」など、資金調達方法の1つとしてファクタリングを検討中の方も多いのではないでしょうか。 ファクタリングとは、資金を回収する方法・・・