*
  1. ナビナビキャッシング トップ>
  2. キャッシングお役立ち情報
  3. > キャッシング・カードローンで借入しやすい人とは?

キャッシング・カードローンで借入しやすい人とは?

最終更新日:2017年12月27日

借金をすることは悪いこと?

かつてキャッシングやカードローンはサラ金(サラリーマン金融)とも呼ばれ、主にサラリーマンをターゲットとした商品でした。

近年は貸金業法の改正やグレーゾーン金利の撤廃など、利用者を守るための法整備もすすみ、また銀行系の消費者金融も増えてきたことから、クリーンで明るいイメージが定着し、女性や若者の利用も増えてきました。

そこで、これから利用しようと考えている人が一番気になるであろう、「借入しやすいのはどういう人なのか?」について検証していきたいと思います。

審査に通りやすい人とは

キャッシングやカードローンを利用するためには、申込手続きの後、審査を受けなければなりません。審査は信用情報機関に照会をかけることで行われ、その際一定の条件を満たしていないと借入はできません。
しかし、それぞれの業者は明確な審査基準を提示している訳ではないので、ここではネットの口コミや評判などから導き出される審査に通りやすい人について検証していきたいと思います。

審査に通りやすいとされる人は以下の通りです。
・正社員の人
公務員や一部上場企業に勤めている人はなお有利

・年収が高い人
年収100万円のアルバイトでも審査に通ることはありますが、総量規制の観点から限度額が極端に低くなってしまうことも

・勤続年数が長い人
一般的には勤続1年以上が望ましいと言われています

・他社からの借入がない人
他社からの借入は、信用情報機関に照会をかければ一発でわかります

・利用実績(クレジットヒストリー)がある人
過去にクレジットカードやカードローンを利用しており、なおかつ返済の実績がある人

就労形態や収入、勤続年数といった部分は簡単に変えることはできませんが、クレジットヒストリーに関しては、ある程度コントロールすることも可能です。
例えば、比較的審査に通りやすいと言われる流通系のクレジットカードや、携帯電話の月賦割を利用することでも、クレジットヒストリーは育てることができます。

複数社から借りている人は特に注意が必要

img68他社からの借入が審査に影響するということは前述しましたが、具体的にどのように作用するのでしょうか?

銀行系を除くキャッシングやカードローンは、すべてに総量規制が適用されます。
総量規制とは、「年収の3分の1以上の借入ができない」ことを定めた法律で、多重債務などのトラブルから利用者を守るためにあります。
そのため、年収300万円の人の場合、100万円までしか借入ができません。
その100万円は1社からの借入ではなく、利用しているローンを合算した金額になります。
つまり、A社で50万円、B社で30万円すでに利用しているのなら、C社では20万円までしか利用できない計算になります。
A社50万円、B社50万円で、すでに100万円に達しているのなら、審査に通ることすら難しいでしょう。

他社からの借入状況は、信用情報機関に照会をかけることですべて確認できるので、申し込みの際に虚偽の申告をしてもすぐにバレてしまいます。
また、複数社から借入をしているという状況は「よほどお金に困っているのではないか」と受け取られてしまうので、どうしても審査の目は厳しくなってしまいます。

複数社からお金を借りているという状況は多重債務に他なりませんので、新たな借入をするよりもできるだけ返済を優先し、それが難しいようでしたら債務整理も検討されたほうが良いかもしれません。

過去に事故を起こしている人は借りやすい人になれる?

過去にキャッシングやカードローンで、遅延や延滞などの金融事故を起こしている人は、やはり新たな借入は難しくなってきます。

他社からの借入の件もそうですが、返済の遅延や滞納といった記録のすべては、信用情報に残されています。自己破産をして借金を清算していたとしても、自己破産をしたという記録も信用情報には残っているので、最低でも5年間新たにカードを作ることはできません。
さらに過払い請求まで行っているとなると、業者から見てあまり心証が良くありませんので、余計に厳しくなってしまうでしょう。(信用情報だけでなく業者独自の顧客情報もあると考えましょう)

このように新たな借入が難しい人に対し、「ブラックでもOK」など文句で勧誘している業者もありますが、それはヤミ金のような違法業者の可能性が極めて高いでしょう。
かえって自身の首を絞めることにもなりかねないので、注意が必要です。

では、事故歴がある人が新規で借入をするためには、どうすれば良いのでしょうか?
その答えはひとつです。
優良なクレジットヒストリーを新たに築き、信用を得ることです。
お手持ちのカードがあれば(クレジットカードでも可)、月々の返済に困らない程度に利用し、きちんと返済を行うことでクレジットヒストリーを育てることができます。(もちろん事故を起こしてから一定期間経過している必要があります)

いかがでしたか?
もし「借入しやすい人」の条件に当てはまっていたなら、この機会にカードローンを検討してみるのも良いかもしれません。
また、「借入しにくい人」であっても、属性を磨くことで「借入しやすい人」になることは可能です。

▼おすすめのキャッシング・カードローン

アコム

アコム

実質年率 限度額 審査時間 融資スピード
3.0%~18.0% 1万円~800万円 最短30分 最短1時間

GOODおすすめポイント

  • 限度額50万円以下なら収入証明不要!
  • 来店不要で審査回答は最短30分。最短1時間でご融資可能です!
  • アコムのご利用がはじめての方は、最大30日間金利0円!

公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

“キャッシング・カードローンで借入しやすい人とは?”に関する関連記事

honki-fire 続きを見る

「お金が欲しい…」って毎日言ってる私が、お金を手に入れる方法を書き出してみた!

はじめまして。都内在住29歳、独身OLのみゆきです。 すっかり休みボケが抜けて自分も世間も通常モードに戻りました! しかし、年末年始に使いすぎたお金は戻ってきません・・・。 1ヵ月の間にクリスマスから忘年会、故郷への帰省・・・

lunch-invitation 続きを見る

お金がない人が知るべき対処法を紹介!

「お金がない・・・」と、誘うたびにこのような返答がくる人って周りにいませんか? もしくは、思い返すと自分自身がそうだ!という人もいらっしゃると思います。 どんなに楽しそうなイベントでも、お金がなくて参加できないのはすごく・・・

銀行カードローンを徹底比較!おすすめカードローンを選ぶための全知識 続きを見る

銀行カードローンを徹底比較!おすすめカードローンを選ぶための全知識

銀行カードローンを借りようと思った時、 どのような基準で選んだらよいか迷ってしまう方は多いかもしれません。 自分にあった銀行カードローンを選びたいと思った方は、 銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いは何か 総量・・・

ファクタリングとは 続きを見る

ファクタリングとは?経営者として知っておきたい資金調達と注意点

「『ファクタリング』ってよく聞くけど、どんなものなんだろう?」「ファクタリングを活用してみたい」など、資金調達方法の1つとしてファクタリングを検討中の方も多いのではないでしょうか。 ファクタリングとは、資金を回収する方法・・・

結婚にかかるお金とブライダルローンの利用 続きを見る

結婚にかかるお金とブライダルローンの利用

結婚は一生に一度…とは限りませんが、基本的には一生に一度の方が圧倒的に多く、結婚式を特別で盛大なイベントにしたいとみなさん思っていることでしょう。主役とも言うべき新婦になる女性は、特に悔いがないようにしたいと思っているこ・・・

303 続きを見る

消費者金融に関する法律

消費者金融などからのお金の借入は金銭消費貸借と呼ばれる法律上の契約行為になります。そのため、お金の借り入れにはいくつかの法律が関係することになります。どういった法律が関係するかを知っておけば、いざという時のトラブルにも対・・・

cancel

本日中に借入する場合

あと10時間1126