税理士探しにお困りなら

  • 「銀行系ファクタリングってどういうこと?」
  • 「銀行系ファクタリングを利用したいけど、どんな会社があるの?」

ファクタリングを利用したい方なら、出来るだけ信頼のできる会社を選びたいと思います。

そんな方にピッタリなのが「銀行系ファクタリング」です。

銀行系ファクタリングとは、銀行もしくはその関連会社が提供している「ファクタリングサービス」です。

普通のファクタリング会社と違い、大手の本当に信頼できる会社しかないので、一見するとここでいい!となりそうですが利用にはデメリットもあります。

この記事では、銀行系ファクタリングのメリット・デメリットと、ファクタリングサービスを提供している銀行を紹介しているので、利用しようか悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

ファクタリングの契約方法を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

銀行系ファクタリングとは?ファクタリング会社の種類から説明

下記の表の通り、ファクタリング会社は3種類に分けることが可能です。

ファクタリング会社 特徴
2社間もしくは3社間の一般的なファクタリング会社(ノンバンク) スピードが売りな一般的なファクタリング業者
保険適応業者向けファクタリング会社(医療や介護、調剤など) 「国民年金保険」「社会保険」による保険負担分の売掛金が発生する業種専用
銀行系ファクタリング会社 審査にやや時間がかかるものの、ノンバンクのファクタリングに比べ手数料も安く、信用度も高いもの

メリット・デメリットはいろいろありますが、今回ご紹介するのは銀行系ファクタリングです。

まずは、銀行系ファクタリングにどんな会社があるのか見ていきましょう。

大手銀行系ファクタリング会社

銀行が直接、もしくはグループ会社が提供しているファクタリング業者を「銀行系」と呼びます。

通常のファクタリング業者と同じく条件はさまざまですが、独立系・ノンバンク系にくらべ、審査がやや厳し目なかわり、業者の信用は飛び抜けて良いというのがメリットです。

三菱UFJファクター

文字どおり、三菱UFJ系のグループが提供しているファクタリング業者です。

通常のノンバンク系ファクタリング会社は売掛先が倒産の場合などを加味した高い手数料を徴収します。

また、保険適応業者向けのファクタリング業者は、代表の個人保証などを求められ、万が一の事態が発生した場合に補填を行わないといけないというリスクが存在します。

三菱UFJファクターはそういったリスクを勘案し、万が一損失が発生するような取引であった場合も、100%の保証を行ってくれる(資金調達した人が責任を負う必要はない)のが強みです。

みずほファクタリング

みずほファクタリングは、「3社間ファクタリング」でのみ利用できる「継続的与信枠」が魅力です。

これは売掛債権の「全額」を必ず売却する必要がなく、ファクタリングを受けた売掛債権1件1件に「ファクタリング可能な上限与信枠」を設け、その範囲内で必要な分だけファクタリングできるシステムです。

そのため、「大口の売掛債権しかないが、ほしいのは少額の資金だけでいい」といった場合にも対応でき、無駄な手数料を払わず効率的に資金調達することが可能です。

SMBCファイナンスサービス

大手であるSMBCが提供しているファクタリングサービスです。

条件面に関する詳細は公開されていませんが、建設債権や下請け債権に関して、力を入れているような記載があります

個別にお問い合わせください。

ファクタリングを提供している地方銀行

地方銀行でもァクタリングサービスを提供しているところがあるため、その一部を紹介します。

銀行系ファクタリングのデメリット

信用性が高く安心な銀行系ファクタリングですが、次の4つのデメリットが存在します。

デメリット
  • 2社間ファクタリングに対応していない
  • ファクタリングした情報が開示されてしまう
  • 現金化までに時間がかかる
  • 審査のハードルが高い

以下で詳しく解説します。

2社間ファクタリングに対応していない

文銀行系ファクタリングは、独立系(ノンバンク系)ファクタリング業者が提供している「二社間ファクタリング」に対応していません

そのため、審査に時間がかかる、債権を譲渡売買(ファクタリングした)の事実が売掛債権の支払い元にも通知されてしまうため、信用リスクがあるといったデメリットが存在します。

堅い金融機関系なので、貸し倒れ(買取損)のリスクが存在する二社間ファクタリングは内規で原則として扱われていないので、ご注意ください。

ファクタリングした情報が開示されてしまう

ファクタリングを行ったという情報が外部に開示されてしまうほか、グループ銀行内の社内データにも、「ファクタリングを行った」という事実が記録されてしまいます

債権の流動化により決算書を良くするのを目的とした単発取引であればそれほど大きな問題はありませんが、これが継続的に行われているとなると「資金繰りが苦しく、危ない会社だ」と判断されてしまうため、ご利用は計画的に行いましょう。

現金化までに時間がかかる

ファクタリングで「即日入金」などが可能な二社間ファクタリングを取り扱いしていないという事情に加え、「銀行系」ですのでやはり審査はややハードルが高く、時間がかかってしまうのがネックです。

申込みから現金化まで、各銀行によって違いますがおおよそ2週間から1カ月ぐらいの時間が必要です。

期間だけで判断すると短期的な運転資金借入融資を利用した場合とほぼ変わらないので、急ぎで資金が必要となる場合、銀行系ファクタリングは避けたほうが無難です。

なお、アクト・ウィルであれば、

  • 最短当日対応可能
  • ビジネスローンも提供!
  • 比較的低金利で融資可能!

以上の3つのメリットがあるのでおすすめです。

アクト・ウィル

対応エリア 資金化スピード 買取可能額
全国 最短当日 300万円~1億円
2社間 3社間 個人事業主
非公開 0

おすすめポイント

  • 最短当日対応可能
  • ビジネスローンも提供!
  • 比較的低金利で融資可能!

審査のハードルが高い

ファクタリングは本来、申込みを行った側ではなく、「売掛債権を先々入金する先」の与信をもとに資金を提供するシステムです。

そのため使いやすく、審査ハードルが低いのがメリットとなります。

ですが、「銀行系」は文字通り「銀行業務」をメインとしていますので、融資と同じく、売掛先だけでなく申し込み元の与信枠も審査の対象となります。

もともと申込みから入金まで期間が長い「三社間ファクタリング」にしか対応していないのに加え、こういった事情も相まってファクタリングとはいえ審査ハードルが若干高くなってしまっています。

銀行系ファクタリングのメリット

先にデメリットを紹介しましたが、銀行系ファクタリングならではのメリットもあります。

メリット
  • 信頼できる会社しかない
  • 手数料が安い
  • さまざまな種類のファクタリングを取り扱っている

以下で見ていきましょう。

信頼できる会社しかない

「銀行系」の文字どおり、

  • 銀行が直営で行っているファクタリング
  • グループ会社内に存在するファクタリング業者

以上のどちらかになるため、信頼・信用できる業者ばかりです。

違法・もしくは怪しい業者は一切紛れ込まないため、次のようなリスクを回避できます。

  • 闇金がファクタリング業者に擬態している
  • 契約内容が極端に不利である
  • 利用者の無知につけ込んで法外な事務手数料や消費税相当分を徴収する

このように、銀行系ファクタリングは安心して利用ができる点が最大の長所です。

手数料が安い

銀行系ファクタリング業者のメリットは、なんといっても「手数料のやすさ」です。

これには次の2つの理由があります。

  • 資本力
  • 過去の取引紹介

資本力

もともとが、財務的基盤のしっかりした法人もしくはそのグループ法人ですので、法外な報酬などを要求する必要がありません。

目先のお金でなく長期的な「信用」というものが最大の試算となるため、無茶な手数料を徴収しなくてもいいのです。

また、資本力があるため「来る者拒まず」ですべての取引を受け入れる必要がなく、じっくりと時間をかけて取引対象を選べるというのも強みです。

過去の取引紹介

銀行系ファクタリングの場合、過去の取引(口座内の入出金)などを紹介できるため、ファクタリングを行う売掛債権が「継続的に取引がある、信頼できる取引先」なのか、偶発的に発生した「リスクが高い売掛債権」なのかを判断するための情報が多分に確保できます。

そのためリスクが高い取引を弾き、結果として「優良だと思われる」案件のみ取り扱うことで、手数料を安く抑えることが可能となっています。

さまざまな種類のファクタリングを取り扱っている

グループ自体が「金融のプロ」というべき存在なので、独立系業者では取り扱っていない・取り扱いにくいサービスが提供されています。

例えば「信用保証型ファクタリング」があります。

これは資金調達を目的とするのではなく、売掛債権の入出金を確実なものにし、万が一何かあった場合「保険」のような形で損失を補填するタイプのファクタリングです。

国際ファクタリング、といったような名称で、開運貿易など商品の出荷と入金にタイムラグが生じ、リスクが高い案件などで活用されます。

2つめが「介護・調剤」といった保険負担分が存在する業者向けのファクタリングです。

こういった案件はとりっぱぐれがない反面で大口の取引になってしまうことも多く、体力がない中小のファクタリング業者の場合、引受できないリスクが存在します。

しかし、母体が銀行のファクタリング業者であれば、数千万円単位の取引でも問題なく取り扱いが可能。

介護や調剤、それ以外にも通常のファクタリングにおいて大口の資金が必要となった場合、銀行系ファクタリングは頼れる存在になります。

銀行系ファクタリングを選ぶべき人の特徴

銀行系ファクタリングを選ぶべき人は次に該当する方です。

銀行系ファクタリングを選ぶべき人
  • 取引先にファクタリングを行ったという事実がバレても問題ない
  • 審査に時間がかかっても大丈夫だから、手数料を安く上げたい
  • 継続的に資金繰りに悩んでいるのではなく、単発かつ突発的に資金が必要
  • 借入を行って負債を決算書に載せるのではなく、見栄え良く決算を行うために利用したい

逆に、次のような方には向いていないのでご留意ください。

銀行系ファクタリングが向いていない人
  • 取引先にバレたくない
  • 1日でも早く現金が必要

まとめ

銀行系ファクタリングには、銀行、もしくは銀行のグループ会社が提供しているファクタリング会社なので「審査期間が長く、また通常のファクタリング業者よりチェックも厳しい」というデメリットがあります。

また売掛債権の回収を確実に行うため、「取引先にも債権譲渡を通知する」三社間ファクタリングという形式しか取り扱いがありません。

ですが、これらのリスクを許容できるのでしたら、一般の独立系ファクタリング業者の手数料よりはるかに安価で、かつ信用ができる業者しか存在しないので、安心して利用することができます。

皆様の状況や要望に合わせ、独立系ファクタリング会社と使い分けを行い、活用することをおすすめいたします。

ファクタリングのおすすめ会社について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。